Vamos福島
天の神様のご褒美! ~明日、梅雨明け宣言!?~
本日、関東地方で梅雨明け宣言が発表された。いよいよ夏本番来る!である。(笑)

そして、そのニュースの際、「東北地方も明日梅雨明けが発表される見込み!」とのアナウンスが・・・・・・

やったー!!  でも、待てよ。見込みか~・・・・・・・・(苦笑)

とにかく明日を待つことにしよう。その時を、その瞬間を!!(笑笑)



明日は朝から会場準備等々。そして、いよいよ明後日から本番。

もちろん、第15回奥の細道サッカーフェスティバルのこと!!!



天の神様のご加護を受けて!?、最高の天候の下、フェスティバルが開催できますように!!!!!


それもこれも明日の発表次第・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・たのみまっせ~!!!(笑笑笑)





【7月26日提出サッカーノートより】
20160728_130800_convert_20160728193523.jpg

※イラストと下の文は別。ちなみにイラストは6年生のH君のノートより

「ぼくは、この前の日曜日、よしきとぼくと友だちの3人で練習をしました。まず、ぼくとよしきがリフティングで大平グランドを1周する間に、友だちが走ってグランドを2周する練習をしました。次に、よしきとぼくで10分間の間に何回メッシ(練習のひとつの名称)をできるかきそいました。その結果、ぼくが勝ちました。うれしかったです。そして、最後に、2対1の試合をしました。ぼくがボールを持っている時に相手(友だち)が取りに来た時に、ぼくはドリブルでぬこうとしたけど、相手の体が当たるのが強くて取られそうになった時に、よしきが「しゅんと、パス!」と言ってるのが聞こえました。だから、いったんさがってよしきを見つけたけど、いじをはってぬこうとして取られました。サッカーは一人じゃなくてみんなでやってるということをいしきしてやりたいです。」


「ぼくは、家で弟と1対1をしました。ぼくは、特に、この前の試合で学んだ引きつけて逆を取ることを意識してやりました。何度か失敗したけれども、意識して出来たことがとてもうれしかったです。弟から一つ学んだことがありました。それは、どんなに相手が体の大きな人でも、あきらめずに体を当ててくることを学びました。また、学んだことから考えたことは、せとものとせとものの話しです。それを思い出して、1対1をやってみました。やはりしつこく当たってきたから、ジンガの5をやってみたら、上手くぬけました。その後、リフティングをやりました。インアウトを10区切りで100回位やりました。家での練習でも学ぶことができるので、もっとずっと続けていこうと思いました。」


「水曜日の練習に、こしたけ君としょう君(ホワイトリバーOBの中学生)が来ました。国のゲーム(練習ゲームの一つの名称)をやりました。ぼくは、上から4番目の国でした。しょう君とやった時に、1回もボールにさわれませんでした。相手は体が大きい人です。なので、体で負けて1回もボールにさわれませんでした。前に、○○○○のノートに、体が小さくてもぎじゅつをみにつければ勝てるようになると書いてありました。ぼくは、ぎじゅつをもっとあげて先ぱいにも勝ちたいです。」


※その通り! 体の小さい者が大きい者に勝つには、いっぱい練習して技術を身につけること! そして何より、「絶対に負けたくない!」 その強い強い気持ちを持ってくらいつく、そんな人になることです。そうすれば体の大きな人にも負けない人になるのです!! <上記の○○○○○君のノートの私のコメント>





☆現在、大阪府堺市J-GREEN堺で行われている『第21回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会』。昨年、ホワイトリバーOGの遠藤純さんが大会得点王となりながら、決勝戦で0対1で敗戦し涙涙涙・・・・だった大会。純さんの後輩であるJFAアカデミー福島女子U-15チームは、本日の準決勝戦に完勝し、2年連続で決勝戦の舞台に立ちました。決勝戦は30日(土)AM11:00~ 対戦相手は、なでしこリーグ下部組織のジェフユナイテッド市原レディースU-15チーム。どちらが勝っても初優勝の栄冠を手にすることとなります。もちろんその栄冠は・・・・・・・。(JFAアカデミー福島は4年前からこの大会に出場し、そのうち2度準優勝。一度も栄冠を手にしていない。ちなみに、純さん中1の時と中3の時が準優勝。)

そんな後輩の勝利を後押しするかの如く、純さんは、明日行われるチャレンジリーグ最終戦に出場すべく本日静岡県から大移動して佐賀県入り。チャレンジリーグWEST3~4位を決する大事な大事な試合。そして何より、その勝利は、翌日に決勝戦を控える後輩たちのモチベーションを高めること間違いなし!!! キックオフはAM11:00~。 ちょうどその頃は、奥の細道の会場準備(コート作成)をしている時間。石灰塗れになりながら!?(笑)思いっきり心の中で声援を送りたいと思っています。一緒に準備している5~6年生の子供たちにばれないように!!(苦苦笑)
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック