Vamos福島
それぞれの子供たちの【今】を託された者としてできることは・・・・・
本日、この地の公立学校の子供たちは第1学期の終業式。と言うことは、明日から待ちに待った夏休み。8月25日が第2学期の始業式と言うことなので、35日間のサマーバケーション!!!(笑)

少年よ大志を抱け! ならぬ、少年よ思いっきり遊べ!!  と言いたいところですが、大量の宿題を終わらせないことには・・・・・・(苦笑)

8月24日、お家の方に思いっきりどやされて泣き目にならないように、コツコツコツコツだぞ!! サッカーも勉強も日々のたゆまぬ努力が大切です!!

な~んて一端のことを言っておりますが、子供の頃の自分はと言うと・・・・・・・・・・ご想像下さい!!(笑笑)



子供たちの夏休みに伴い、幼稚園・保育園を訪問しての復興支援活動も明日で一時終了となります。(夏休み期間は、各種大会、遠征、合宿、キャンプ等々の為、例年小休止となります。8月30日から再開します。)

4月12日から開始した今年度の『21世紀の福島の未来を担う子供たちの心と体の復興支援活動』

延べ54回の活動を15園の子供たち延べ1000人強を対象に行わせて頂きました。(平成28年度は16園で延べ157回の活動予定。ですので3分の1の活動を終了しました。)

「頂きました?」 変な表現に聞こえるかも知れませんが、この言葉以外に表わす言葉は見つかりません。

海の者とも山の者とも分からない我がクラブに、保護者の方よりお預かりしている大切な大切なお子さまの【今】をお与え頂き活動させて頂けること、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今日訪問した園は、4歳児が最高学年!?の園で今年度初の訪問でしたが、

「子供たちとの接し方、子供たちののせ方、さすがとしか言えません」

活動後に職員室で園長先生に頂いたありがたい御言葉。

「こういった機会を与えて頂いている以上、この活動で子供たちが少しでも元気に明るくなればと言う思いだけでやらせて頂きました。」

その返答に嘘偽りはありませんでした。

明日が復興支援活動の第1学期終業式!?となります。老体に鞭打って明日も頑張ります!!(苦苦笑)



[7月19日提出 サッカーノートより]

20160720_134756_convert_20160720135229.jpg

『白沢大会』

「ぼくは、白沢大会の前に学校でけがしちゃいました。でも、白沢大会に行きたいので、病院に行きました。レントゲンをとって、だいじょうぶと言われたので、やれると思い出ることにしました。大会の前にけがをしてしまってショックでした。
大会では、1日目全勝出来ました。ぼくは、フェイントで相手をだんだんかわせるようになってきました。とてもうれしかったです。日ごろの練習のせいかが出てきたのかなと思いました。2日目は、相手チームはとても強かったです。シュートを決めたかったけど、決めることが出来なかったです。チームは、じゅんゆうしょうできてとても自信がつきました。でも、自分はまだまだたりない部分がたくさんありました。それは、なかまのプレーや相手のチームのプレーを見て、ぼくは、シュートもドリブルもパスもトラップもまだまだだと思いました。でも、一番は自信を持ってプレーすることだと思いました。自信を持ってプレーしないと、いくら練習しても上手にならないと思いました。ぼくは、自信を持ってプレーしたいです。」


『白沢サッカー大会』

☆○○○○○君は、ノート2ページにわたっていろいろなタイトル(小見出し)を付けていろいろな思いをびっしりと書き記していました。そのタイトルと最後の言葉のみ紹介します。タイトル毎に何が書かれていたのか・・・・・・・・ご想像下さい。

『あいさつの大切さ』・『点を取られてから・・・』・『ワナにつっこんでいく自分たち』・『ふざけていい場所と悪い場所』・『親への感謝と恩返し』・『1対1の弱さ』・『今までで最も高い試練』

「この2日間は、ものすごい重要な収かくだったから、このノートを何度も読み返してこれからはこういうことがないようにすること。」



『大きな目標と小さな目標』

「ぼくは、この2日間に練習でも試合でも目標を立てると決めました。練習では、リフティングとドリブルをやりました。ドリブルでは、だまし・かわし・ぬくをいしきすることと、コーンを相手と思い練習するという目標を立てました。あげドリ(ドリブル練習の名称の一つ。某コンビニ店の商品名ではありません。笑)では、だまし・かわし・ぬくをいしきしました。すると、今まではぬくことがなかったり、どれがだましでぬくかが分からなかったけれど、今までより楽しくなりました。かんとくに、ドリブルは、ななめに行くんだと教えてもらいました。今までの試合中をふり返ると、ななめにドリブルできなくて、ボールをとられていたけど、あげドリでいしきして練習して試合にのぞんだら今までよりもボールを取られる回数がへりました。でも、まだとられることがあるので、練習をがんばりたいです。練習は、試合を助ける大事な役目なんだなとあらためて分かりました。リフティングでは、時間内に終わらせるという目標を立てました。目標通り時間内に終わることができました。その後、空き時間がありました。だけど、ぼくはその時間を上手く使うことができませんでした。あとから考えて、空き時間は大事な時間なんだなと思いました。なぜなら、空き時間に人よりも練習できるのに、練習しなければ他の人と同じことしかやっていないし、上手い人よりも上手になれないからです。目標を決めてたっせいしても、次の目標に向かって練習しないと上手になれないのだなと思いました。

試合では、どの試合も仲間との関わりを大事にしたり、強い気持ちを持ってプレーするという目標を立てました。1日目は、強い気持ちを持ってプレーしたから勝てました。でも、仲間との関わりが上手くできませんでした。試合には勝てたけれど、目標をたっせいしなければ、目標を立てた意味があまりないのでがんばりたいと思います。2日目は、1試合目は勝ちました。ぼくも2点を決めました。うれしかったです。それに、目標をたっせいしたのでいい試合になりました。この試合をつづけられるようにがんばりたいです。2試合目は、がんばったけれど負けました。でも、強い気持ちでは勝てていました。ぎじゅつが足りないので、もっと練習して勝てるようにがんばりたいです。

ぼくの大きな目標は、サッカー選手になることです。大きな目標をたっせいするには、小さな目標をコツコツたっせいしないといけないと思います。大きな目標をたっせいできるように練習をがんばっていこうと思いました。」
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック