Vamos福島
なめんなよ!
09-3.jpg

私が中学時代!? なめんなよ!ブームの到来!!

あっ、あれね! このブームを知ってる方は、私と同世代の年配の方!???(笑)

それにしても、あの当時のなめ猫ブームは、本当凄まじかった! 右を向いても左を向いても上を向いても下を向いても、どこを向いてもなめ猫のグッズグッズグッズ・・・・・のオンパレード!!(笑笑) 

当時は、何も考えず、その美しさ!?に魅了されていたのですが、噂か本当か、猫の背中に鉄板を入れて猫背を無理やり矯正、いや、強制され、どれだけの猫が虐待!?されていたとかないとか・・・・・・

事実かどうかは定かではありませんが、よくよく考えてみれば、猫が自然にこのようなポーズをとれるわけもなく、人間たちに商売として利用され、それを子供とは言え、私は喜んでそのグッズを買いあさっていたわけで・・・・・・・・・


本当に、なめんなよ!! とはこのことで・・・・・・(泣泣)


ところで、なぜ突然、この話!?


なぜかと言うとですね・・・・・・・・


実は我が家には、次女が小学5年生の夏頃に道端に捨てられていた猫を拾ってきて、その猫が5年の時を経て、遠藤家にはなくてはならない家族の一員として君臨!?しています。その名は、『スター』君。男の子です。

そのスター君が、これです!!
20160403_124346_convert_20160518160223.jpg

この前の春休みに次女が帰省してきた時に、次女に撫でられている時に撮影した1枚です。めんこい、めんこい、超めんこい!

親バカならぬ猫バカか~!!

と笑われそうですが、実は・・・・・・・・ 次女が小学校卒業と同時に静岡へ。言ってみれば、この猫の母親!?が我が家を巣立ってしまったため、残された家族は一丸となってスター君の母親代わりに大奮闘!(笑) 娘の留守の間に、何事かあってはさあ大変!と、家を脱走!?しようものなら、「このまま帰って来なかったら・・・・その辺で車にひかれでもしたら・・・・・・純(娘=母親!?)にあわせる顔がない!」とばかりに、家族総出で四方八方駆けずり回る始末で・・・・・・


別に溺愛しているわけではないのですが、いや、溺愛してる?かも・・・・・・・・・やはり長い時間を共にしていると、情は嫌と言うほどうつるわけで・・・・・・・・

猫は猫で、常にべったり!と言うわけでもなく、猫特有のツンデレ!状態なのですが、それでも本人!?も家族の一員!?育ての親!?と思ってくれているようで、それなりに愛想を振りまき・・・・・(苦笑) そんなこんなで5年間、ひとつ屋根の下で暮らしているのですが、時として猫科の王様!?である虎、それも凶暴な虎に豹変!?することがあり・・・・・・・・


日頃はめっきりかわいいスター君、けれど、思い通りにならないこと!?があると口に出せない分、その気持ちを恐ろしいほどの態度に表わし・・・・・・・

それが今日現れ、私の腕や手は見るも無惨な状態に・・・・・・それがこれで・・・・・・・

20160518_135648_001_convert_20160518160259.jpg

朝、事務所に行く前に実家に預けると、(普段は、日中、実家で首輪を付けて実家の庭で日向ぼっこしたり、くつろいだり・・・・飽きると、家に戻り・・・・・)

「窓開けておいたら逃げられた!」 との一報を実家の母から受けたのですが、今日は郡山の保育園での復興支援活動。家に戻っている時間もなかったので、「そのうち帰ってくるよ!」と言い、脱走犯!?の追跡は母に任せ・・・・・・活動終了後、戻ってるよな~・・・と思いながら、実家に直行。脱走!?してから約4時間が経過。結果は・・・・・ 「戻ってきていない!」「方々捜し回ったけどどこにもいない!」と言うことで、とりあえず家の近くの山を歩いていると・・・・・木の下にちょこんと座っているではありませんか!!名前を呼びながら近づいて行くと、そこから動こうとしないので、逃げられないように1歩1歩近づき、真近になって、「捕獲!!」と言いながら抱き上げた瞬間、凶暴な虎に変身!! 見たこともないような表情になり、親の敵!!?と言わんばかりに、怒号!?をあげながら、私の腕や手を骨も砕かんばかりの勢いで噛みつき掻きむしり・・・・・・・

その成果!?が上記の写真の有様で・・・・・・・(泣泣泣)


実は、このような被害者!?犠牲者!?は、私が初めてではなく、これで4人目で・・・・・・・・・

他の猫が実家に近寄ってきて、家の中と外でにらみ合いをしていたので窓を閉めた途端に襲われた長男。

長女が連れてきた犬を可愛がっていたら、突然襲いかかってきて大変な目にあわされた家内。

やはり今回同様脱走!?して、車の下にいるところを捕獲する際に襲われた母。

そして、今回の私・・・・・(泣)

「すごい顔で襲ってきた!」 「普段からは想像も出来ない姿になった!」 その度に、3人がその時の様子を、ものすごい傷を見せながら、それはそれは興奮して話しをしてくれてはいたのですが、直接その場面を見たわけではなかったので、まさかスターが・・・・・・・・・と思っていたのですが、身を以てそれを目の当たりにし、経験する日が来るとは・・・・・(泣泣泣)



確かに分からなくもないんです。口が聞けたら、きっと、「何すんだよ!」 その一言で気持ちが伝わるところを、口が聞けないためゆえに、その思いを伝える術もなく、それを行動で示すしかない。


今日だって、本当なら、もっと自由にさせてほしかった! そう言いたかったに違いない。でも、こちらの言い分としては、このままどこかにいかれたら、娘に会わす顔が・・・・その思いで捕獲したわけで・・・・・・・・


今、こうしてキーボードをパチパチしているだけでも、ずきずきずきずき・・・・・・・・


あまりにあまりの腕と手の状態だったので、病院に駆け込み、先生に診せると・・・・・・・

「こりゃ酷い!」と言いながらも、「猫も必死だったんでしょうね!」と涼しい顔。

「こっちも必死だったんじゃい!」と言いたかったのですが、あまりに傷口が深いからと、麻酔をして消毒しましょう!と言って、数カ所に局部麻酔の注射をピンポイントにぶち込んで来るので、その痛さで何も言えなくなり、ただただ涙目に・・・・・・(泣泣笑)


「まっ、化膿止めの薬を飲んでいれば大丈夫だとは思いますが、とりあえず凄い傷なので当分通院を・・・・・・」

と言いながら、塗り薬を塗って、包帯でぐるぐる巻きに・・・・・・・・・・


「え~っ! 監督、その腕、どうしたんですか~!!!」

と心配してくれた子供たちよ、けが!?の理由はそう言うことでありました。チャンチャン♪♪(笑笑)



なめんなよ!



そう、たかが猫、されど猫、なめたらあかんぜよ~!!  以上、タイトル「なめんなよ、猫」のノンフィクションストーリーでした。(苦苦苦笑)


それにしても、我が家の猫だけだろうか、自分の意に反したことが起こると、凶暴な虎に化すのは・・・・・・・・・


動物の気持ちを知れたら、動物にこちらの気持ちを伝えられたら、動物と言葉でコミュニケーションが取れたら・・・・・・・本気も本気のド本気で、包帯を見つめながら思いに耽る2016年5月18日の出来事でした。



本当は、今日は、このようなブログを書きたかったわけではなく、

「がんばろう熊本!がんばろう九州!!がんばろう日本!!!」の復興祈願Tシャツの販売申込が明後日に迫ってきたので、趣旨をご理解頂き、たくさんの方々にお申込み下さい!etc の内容を書こうと思っていたのですが、急遽とんでもないネタ!?が出来たので、と言うより、できてしまったので、それを取り上げさせて頂きました。

この件に関しては、締切直前になってしまいますが、明日のブログに記載しようと思います。



それにしても、ずきずきずきずき・・・・・・・・・・・


これから帰ってスター君とご対面。彼は、この包帯を見て、何を思うやら・・・・・・・・

思うわけないでしょ! 猫だぞ!!

確かにそうかも知れませんが、我が家の猫は違います! きっと、耳元で、「ごめんね! でもね、あの時、もうちょっとだけ散歩していたかったんだ! でもでも本当、ごめんね!」 と言ってくれるはずです。 おそらく、きっと、たぶん・・・・・・・・・


ありえへん!!


でしょうね・・・・・・・・(苦苦苦泣泣泣笑)
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック