Vamos福島
残り約1ヶ月
平成27年度の活動も残すところ約1ヶ月。何かにつけて、「これで最後の・・・・・」のフレーズが聞かれ、なんだか心淋しい気持ちとなり・・・・・・

そんな、「最後の・・・・・・」の活動のひとつに、「21世紀を担う福島の子供たちの心と体の復興支援活動」(体育遊び)があります。

今年度も、市内村内及び近隣町村の幼稚園・保育園をはじめ、郡山市、そして南相馬市の幼稚園、合わせて16の園から活動の依頼を受けて従事してきました。その活動も残すところ延べ7園で8回の活動を残すのみとなりました。


本日も、とある園での最終活動を行ってきました。ポカポカ陽気の中で、体をいっぱい動かし笑顔いっぱいで張り切る子供たち!

そんな姿を見ていて、とってもとっても嬉しくなりました!! と同時に、今日でこの子たちともお別れかと・・・・・・・(泣)

活動終了後、心温まるご挨拶を頂いたり、記念撮影をしたり、贈り物を頂いたり・・・・・・・

こちらこそ ありがとう!


みんなのこれからの成長を、陰ながら精一杯応援しているからね!!  今まで、本当にありがとう!!!


(来年度も今年度と同じく16園から約160回近くの活動の依頼を受けました。この復興支援活動の趣旨をご理解頂けたこと、そして、たくさんの子供たちに触れあえる機会を頂けたことに感謝し、精一杯尽力させて頂こうと思っています。来年度は、県内の幼稚園・保育園の先生方を対象にした講演及び実技指導の依頼も頂戴しました。恐れ多い!!と正直気が引けたのですが、福島県の幼児の体力向上のためにぜひ力を! この活動を受けていない園の先生方にもその術の伝授を!etcと言うことで・・・・・・とにかく我がクラブが少しでも多くの方々の役に立つなら・・・・・精一杯がんばります!!)



2月7日~17日の約10日間、U17女子日本代表の一員としてアメリカ遠征を行ってきた娘が、先日無事帰国しました。

帰国の翌日、「時差ぼけがひどくて・・・・」と泣き言ラインが送られてきましたが、「気合いと根性で時差ぼけを吹き飛ばせ~!」と返信。時差ぼけって気合いと根性で吹き飛ぶものかどうか定かではなかったのですが・・・・・・(苦笑)

1勝1分で迎えた4カ国対抗戦の最終試合、vsアメリカ戦。勝てば優勝、負ければ準優勝。

イングランド戦に引き続き、先発メンバーに名を連ねた純さん。

純、がんばれ~!!

結果は・・・・・・1対2で敗戦。 しかし、その1点は、純さんのキーパーの逆をついたすばらしい得点!! 得点後に歓喜のガッツポーズ!と思いきや、ゴールに向かって一目散にひた走り、シュートしたボールを取ってすぐに試合再開の準備をしようとする姿に、「相変わらず負けん気の強いこと!」と感心感心!!(笑)


試合後の純さんのコメントが、日本サッカー協会ホームページに掲載されていたので、下記をクリックしてご覧下さい!

アメリカ遠征の軌跡



平成27年度残すところ約1ヶ月。 ラストスパート! がんばるぞ~!!!  そう言えば、来週で51才だ~!!(泣)
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック