Vamos福島
五十にして天命を知る
「吾、十五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心に欲するところに従えども、のりをこえず。」

今から約2550年前に、中国の魯の国で生まれた儒教の創始者である、『孔子』の思想を編集した「論語」の一節である。

解説としては以下の内容となる。

「十五歳の時に学問に志したとは、いろはを学ぶのではなく、自分の求める分野の専門的な勉強を始めたことを意味します。三十歳にして立つとは、自分の精神の立場を確立したことです。四十歳にして惑わずとは、悟りが開け、人生に対しての疑いをいだかなくなったことです。五十歳にして天命を知るとは、自分の生涯における使命を見極めたことです。六十歳にして耳順うとは、修行がますます進み、聞くところ理屈に合えば、何の障害もなく理解し、他人の言葉を自然に受け入れることができるようになったことを意味します。七十歳にして、心の欲する所に従えどものりをこえずとは、自分の思うことすべてが、真理にかない、思うがままの行いをとっても自然の法則から外れることのない、悟りの究極を体得したことを意味します。」



五十になった今年、私はどんな天命を知り、どんな使命を見極めたのだろうか・・・・・・・・・・・



五十一を目前に控え、強く思うことがある。


『人を知り人の生き様にふれ人から学ぶ』


様々な場面でそのことを強く意識して生きているような気がする。日常生活から読書から映画鑑賞から・・・・・・・・etcから







「誰かのために懸命に生きたい」 「誰かのための役に立ちたい」 「誰かの・・・・・・」

幸いにも、私は今、たくさんたくさんたくさんの子供たちの「今」にふれる機会を与えて頂いている。それは自ら欲し求めても得れるものではない。本当に幸運なことだと思っている。

これこそが、このことこそが、まさに私の天命・・・・・・・・・・・





本日は、いつもの愚かな自作自演劇を論じるのはやめよう。


誰かのために・・・・・・・・・・・与えられた使命を全うするのみ!!
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック