Vamos福島
サッカー教室
 5月5日子供の日、石川町母畑レークサイドグランドで、あの横浜Fマリノスのジュニアユースの指導者で、全日本少年サッカー大会全国大会3連覇時代の監督であった、『川合 学氏』によるサッカー教室が行われた。午前中は、石川町内の子ども達を対象にした教室が開催され、午後は、特定のクラブを対象にした教室が行われ、我がホワイトリバーフットボールクラブからも11名の選手が参加した。

 2時間近くの教室であったが、どのトレーニングも大変興味深く、「これは、見ているだけではなく、子ども達に混じって身体でいろいろと感じて見よう!」と思い様々なトレーニングを体感。とても貴重な体験であった。しかし、はりきりすぎたせいか、途中で腰が・・・ 今こうしていても、右腰に違和感が・・・

 トレーニングの中味もさることながら、なにより印象に残ったのは、川合氏の指導中の声掛けのタイミングとその具体的でわかりやすい言葉であった。その言葉を聞く度に、「なるほど、これは分かりやすくて理解しやすいなあ。」と感心させられるばかりであった。【目から鱗】まさにその状態であった。指導者としての引き出しの多さと懐の深さを目の当たりにした。さすが、全国大会3連覇!もっともっとその指導を見ていたかったが、限りある時間の中での教室だったため・・・ 「今年中に、Fマリノスのホームタウンである、横浜みなとみらいに招待(小学生・中学生の試合も含む)して下さい!」と教室終了後、懇願!?すると、「もちろん!ぜひとも来て下さい!!」と快諾して頂いた。必ず実現するぞ!

 ところで、昨晩は、川合氏が前泊で福島入りしたため、白河市内某所で歓迎会を行った。夕方6時過ぎから、深夜3時頃まで、それはそれは、本当に中味の濃~~い会になった。「サッカー教室も良かったけど、前日の会での話がとても勉強になりました!」我がクラブの津川コーチの言葉が、歓迎会がいかにすばらしいものであったかが想像できるはず・・・。それにしても、あんなに遅い時間まで
○○○していたにも関わらず、たった数時間後には、既にプロの指導者の顔に戻り、子ども達の指導に従事している。会場に遅れて到着した時に、既に川合氏はもちろんのこと、山崎氏・野口氏・水野谷氏・津川コーチが、シャキッとした姿でグランドに立っている姿を見て、「すごい!」の一言を発し、心から感服してしまいました!

☆本当は、今日はオフにしようと思っていたのですが、スタッフのみんなががんばっているのに、休んでいる場合ではないな・・・と思い教室に参加することに急遽しました。「行って良かった!」心から、そう思いました。参加した子ども達の中には、3日間の全日本少年サッカー大会県南最終予選を終え、休む間もなく教室に参加した者がたくさんいました。4日間サッカー漬け!?にも関わらず、みな生き生きと活動している姿を見ていて、疲れが吹き飛んでしまいました。「こんなにしてまでサッカーが上手くなりたい!と望んでいる子ども達が我がクラブにはいるんだよな。俺もがんばらなくては・・・」改めて気持ちが引き締まる思いがした一日でした。教室終了後、福島市に直行。ジュニアユースの子ども達がレンタルでお世話になっているクラブの練習を参観。3時間の練習中、我がクラブの子ども達は、熱き指導者のK氏の指導の下、くたくたになるまで走り回っている姿を目の当たりにし、「これなら、充実した1年間をこの子達は過ごすことができるなあ。」と確信することができました。白河に戻ってきたのは、深夜23時過ぎ。長い長い1日でしたが、たくさんのエネルギーを得ることができた、最高の子供の日になりました。

明日1日は、ゆっくり休み、また木曜日からがんばろう!(とは言うものの、ゆっくり休めないような・・・と言うのも、小学3年生の娘が、プランターで野菜作りをしたい!と以前から言っていて、それを明日行う約束になっていて・・・「明日忘れないでね!」と釘をさされているので・・・明日は、プチファーマーに変身だ~!!!トホホ・・・・・・)





サッカー教室写真
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック