Vamos福島
皆様の気持ちをしっかり届けます!
DSCN1764.jpg

10月4日(日)のVAMOS福島マッチ(交流試合)から開始した「甚大な水害に見舞われた茨城県常総市の子供たちのための募金活動」。先週末で活動を終え、本日募金箱を開け、募金の集約作業を行いました。

午前中の復興支援活動を終え、12時に作業を開始し、終了したのは13時30分。大量の硬貨を触った手は、尋常でない表現し難い色合いに・・・・(苦笑)

しかし、1枚1枚の硬貨(お札もありました)に詰まったその思いを考えるだけで、そんな手も何だかとっても気高く思えて・・・・・(苦苦笑)

集まった募金の総額は・・・・・・・・


DSCN1768_20151013200253c35.jpg


1円硬貨-2247枚   5円硬貨-314枚   10円硬貨-365枚    50円硬貨-95枚   100円硬貨-236枚
500円硬貨-41枚   1000円札-13枚

合計金額は、69317円となりました!!

この金額に683円クラブより捻出70000円とし、半分の金額35000円ずつを、今回甚大な被害を受けた常総市の2チーム(MFC三妻チームとバンビーノSCチーム)のそれぞれの代表の方に今週中に現金書留で郵送し、チーム内で被害の大きかった子供たちのために役立てて頂くことにしました。


今回ご協力頂きました、

FCEnble様(宮城県)・フェリースFC様(茨城県水戸市)・FCガナドール様(栃木県)・モンターニャFC様(福島市)・白沢FC様(本宮市)・棚倉FC様(棚倉町)・FCRegate様(石川町)・そして募金箱の作成から募金活動に至まで並々ならぬご協力を頂きましたホワイトリバーフットボールクラブをはじめとする、VAMOS福島スポーツクラブ関係者の皆様

全ての皆様のおかげで今回このような活動を展開することが出来ましたことを、この場を借りて改めて御礼申し上げます。



最後になりますが、茨城県常総市を含めて、今回の関東東北豪雨被害に見舞われた皆様が、一日も早く以前同様の平穏な日々を平穏な時間を取り戻せますよう、心より念じております。
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック