Vamos福島
鎮魂の祈り -2015年3月11日- 富岡町
ひとつの町の中で、今現在、【帰還困難区域】 【居住制限区域】 【避難指示解除準備区域】と三つに分断されている町、富岡町。我がクラブにもこの町から避難してきているお子さんが今もおり・・・・・・・

昨年も訪れた我がクラブゆかりの地へ。(あの日まで、低学年の冬休みの毎年恒例の合宿場所で・・・)見た目には、最高の人工芝のグランドも・・・・・・
富岡町①

放射線測定器の恐ろしいほどの数値。1年前と全く変わらないもので・・・・・・
富岡町②

昨年には無かった仮設のトイレが駐車場に設置されていた。誰が使うの?と思ったのだが、昨年全町が帰還困難区から上記の3つの区域に再編されたため、一時帰宅する人たちが使用するのでは・・・・・と思ったが、実際は・・・・・・・
富岡町③

こちらも昨年訪れた富岡駅。ここが駅であったと言う姿形は朽ち果てたレールからしか想像できないものとなっていた。
富岡町④
富岡町⑤
富岡町⑥

しかし、駅周辺の様子は・・・・・・・・・・・・・・
富岡町⑦
富岡町⑧
富岡町⑨
富岡町⑩
富岡町⑪
富岡町⑫
富岡町⑬
富岡町⑭
富岡町⑮

しかししかし、居住制限区域・避難解除区域と呼ばれる地区では、懸命な『除染作業』がそこかしこで施されていた。
富岡町⑯
富岡町⑰
富岡町⑱

しかししかししかし・・・・・その作業に伴う「放射線廃棄物」の量は、それはそれは尋常なものではなかった・・・・・・
富岡町⑲
富岡町⑳
富岡町21

道路に無造作に置かれていた廃棄物の袋に、なぜか虚しさが込み上がってきた・・・・・・・・・・
富岡町22

それでも確実に復興の足音が聞こえてきている!そんな気がした。途方もない時間を要することは間違いないが、この花を、町民の人たちが(我がクラブにいる子も含めて)平穏な気持ちで眺めることができる日がくることを願わずにはいられなかった。
富岡町23

その日が来るまで、どうかいつまでも芽を膨らませ花を咲き続かせていてほしい・・・・・・・・・・そう願っています。
富岡町24
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック