Vamos福島
気は心
まままさか!1

まままさか~!!!!!!って感じの本日の大雪~!!!!!!!(苦笑)

「東北地方は、夕方以降降雪!」 天気予報のお兄さんもお姉さんもおじさんもおばさんも誰もかれもがそうは言ってはいたのですが、まさかこれほどまでに突然降ってくるとは・・・・・・・・(泣)

14時頃に外出した時には、雪の「ゆ」の字も全く見当たらなかった!?のに、16時頃トレーニングに行くために事務所の玄関を開けて飛び込んできた真っ白な世界に、唖然騒然!! まるで、浦島太郎状態!!(苦笑) 更に、体育館でのトレーニングを終了し外に出た時には、空いた口が塞がららず涎だらだら状態に・・・・・・・(苦苦笑) 思わず記念の一枚をパチリ!(上記の写真) 幻想的な光景だ~!! な~んて感心している場合じゃな~い!!!  これで明日の朝6時からの団地の坂の雪かき決定!!(泣泣泣)

やっぱりこの地は、紛れもない雪国だった~!!!!!!




話しはがらがらっと変わって、先日の高校サッカー準決勝観戦ツアーのイベント開催時の時のお話。

実は、この開催の前日、大変なトラブルが発生していたのです。それは何かと言うと・・・・・・・・・企業うんちゃらかんちゃら!(笑)ではないのですが、このツアーにはクラブバスを使用して移動を行ったのですが、このバスの駐車場に関するお話しです。

準決勝当日、会場となった埼玉スタジアム2002の駐車場は、準決勝戦進出チームと関係者のみしか使用できないとのことで、はてさてどうしたものか???これではイベントが開催できない!と頭を抱えてしまったのです。乗用車の場合、腐るほど?スタジアム周辺には民間の駐車場はあるのは分かっていたのですが、バスとなると話しは違ってきて・・・・昨年まで準決勝戦が開催されていた東京都の国立競技場の場合には、隣接の明治神宮外苑絵画館駐車場を事前に予約すれば使用できることは知っていたので何ら問題はなかったのですが、今回の埼玉スタジアムの場合にはそのような施設もなく情報も一切なかったので路頭に迷ってしまい・・・・・しかし、そこは執念!!(苦笑)  あっちゃこちゃと四方八方スタジアム周辺の施設に電話を掛けまくり、「バス駐車OK!」の施設に巡り会い、「良かった~!」と言うことで、イベントを企画し参加者を募集し・・・・・


しししか~し!!!(苦苦笑)

イベント開催前日、つまり準決勝戦前日に突然その施設の方から電話がきて、「バスの駐車をご遠慮させて頂きます!」との死刑宣告!?ともとれるようなお達しが飛び込んできて・・・・・・・・

もちろん、「はい、分かりました!」とは素直にその宣告を受けるはずもなく、「既にその駐車場をあてにして22名の子供たちを連れて観戦に行くことになっていたんですよ!」「子供たちが楽しみにしているんですよ!」等々、抵抗に抵抗を重ねたのですが、無理を言って借りることになっていた身としては、最終的には「貸せないんです!」の先方のぶち切れ状態!?を止めようもなく、止める術もなく・・・・・・・・・・・・・


その後しばらく放心状態に陥った様子は、筆舌し難いもので・・・・・・・・・・・・・


とは言っても、イベント開催を翌日に控え、「駐車場がなくなったからイベント(準決勝観戦)を中止にします!」などと、明日を楽しみにしている子供たちに宣告できるはずもなく・・・・・・・・・

とはとは思ってはみたものの、四方八方電話をしまくってようやくようやく見つけた駐車場だったのに、それ以外どこにバスを停めさせてくれるところがあるんだ~!!!と独り絶叫し・・・・・・・・しししかし、このまま手をこまねいていては何も始まらない!と一念発起し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


捨てる神在れば拾う神在り!


この言葉を考えた、発した人はすごい!!  な~んて感心している余裕はその時はなかったのですが・・・・・・(苦笑)


本当、藁をもすがる思い!とは、まさにこんなことを言うのか!!


理由を説明すると、「そうですか、○○の条件で良ければ、ご利用して頂いて結構ですよ!」 まさに神の声!!大袈裟に聞こえるかも知れませんが、その時本気でそう思った次第です!(笑 笑ってる場合じゃなかったのですが・・・・笑)


そんなこんなでイベントが無事開催でき、22名の子供たちは、もちろんこの私も、あのすばらしい試合を堪能することが出来た! と言うわけです。


一昨日、その神様!?に御礼をしなければ罰が当たる!?と思い、お茶菓子代わりになるものをほんのほんの少し贈ったところ、本日電話を頂き逆にありがたいお言葉の数々を頂き、その中で、

「子供たち、試合を楽しめましたか? (おかげさまで、思う存分楽しむことができました!) 少しでも子供たちの役に立てて良かったです! また機会があれば遠慮なくお申し出下さい!」

との言葉を頂戴し感無量!になってしまいました。


『気は心』     電話を切った後、なぜだかその言葉が脳裏を駆けずり回っていました。


断られた理由って何?  断った施設ってどこ?  捨てた神って誰?   受入れてくれた施設ってどこ?   拾ってくれた神って誰?


そんなことどうでもいいんです!

世の中、捨てたもんじゃないってことですよ!!(笑)



思い出しただけでも心の中がポッカポッカになってきたので、おまけの写真をもう1枚掲載しちゃいます!

上記の写真撮影のあとに「監督も撮ってあげる!」と○○君が撮ってくれた写真です。(笑笑)

まままさか!2
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック