Vamos福島
心の中はポッカポカ!!
『凍てつく寒さ』  『凍える寒さ』  『極寒』  『厳寒』 とはまさにこのことか~!!

と言うか、この季節がとうとう来てしまったか~!!  覚悟はしていたものの・・・・・・・・

今朝、車のフロントガラスが「バッキバキやで~!」と言わんばかりの状態になっているのを目にして独り言をブツクサブツクサ・・・・(苦笑)

パッキパキやで~!(笑)

とは言っても、同じ福島県内では既に雪が降ったり積もったりしている所もあるので、そんな人たちに言わせれば、

「何を弱っかしいことを言ってるんだ~! 喝~~~!!!」と激高されそうなのですが・・・・(苦苦笑)


(昨日、山奥!? いや、山の上の方!?から通ってきている○○君が、「僕の家の方はもう雪が降ってて、朝なんか真っ白で道路も凍っていて・・・・・」と練習前に少々興奮気味に話してくれて、車の硝子が凍ったぐらいでこんなブログを書いていたら、○○君にも激怒されそうなのですが・・・・・<笑>)


とにもかくにも、また大っ嫌いな冬がやってきてしまった~!!って感じです。北国に住んで早50年も過ぎようとしているのに、この季節だけはどうしても好きになれない! 猫の気持ちがよ~く分かるそんな今日この頃です!!(笑)

どうして猫なの?  あの歌を口ずさんでみて下さい!!(笑笑)



本日午前中、平成26年度の【21世紀の福島の未来を担う子供たちの心と体の復興支援活動】が最後となった園での活動を行ってきました。

凍てつく寒さの中での活動だったのですが、その寒さを吹き飛ばす元気な子供たちの姿がそこかしこに見受けられ、そんな姿を見ていて、心の中がポッカポカになりました!

活動終了後には、全園児が外に出てきて、お別れの会を催してくれました。そして頂いた記念の一品。

子供たちの今を大切に!

「とってもとっても楽しかったです! また来年よろしくお願いします!!」

その一言にウルウルウルウル・・・・・・・・・・・


3.11東日本大震災以降始めたこの活動。子供たちを元気にするつもりが、いつの間にか、こちらが元気やパワーやエネルギーを貰う活動になっているような気が・・・・・・・・


活動の趣旨に賛同して頂き、たくさんの子供たちに触れあえる機会を頂けることに感謝しながら、今後もこの活動で一人でも多くの子供たちが心も体も元気いっぱいになれるように微力ながら精一杯尽力していこう! 改めてそう思った次第です。


ところで、どっちがこまっちゃんでどっちがえんちゃんか分かりますか???
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック