Vamos福島
感激の1枚! 感激の言葉!
VAMOS福島スポーツクラブ
事務所 ご担当者 様

おはようございます。
初めてメール致します、私、○○教育委員会○○課の○○○○と申します。
福島県の震災復興の一助となるべく、東京都の派遣職員(建築技術職)として、単身赴任しながら被災地の災害復旧事業に携わっています。

実は、昨日のお昼近く、VAMOS福島スポーツクラブの皆さんと塩屋崎灯台の屋上で一緒になりました。
皆さん大変さわやかで礼儀正しく、可愛らしくもあり、思わずカメラのシャッターを切ってしまったのです。
灯台から降りてきて、監督さんにその旨話しまして、併せて、写真を送付したいと申し出たのですが、それには及びませんとのことでした。
本日、子供たちのユニフォームとロゴマークをインターネットで確認しましたところ、VAMOS福島スポーツクラブのみなさんであることが分かりました。
かえってご迷惑になるかとも思いましたが、別添のとおり写真を一枚送らせて頂きます。
監督さんにもよろしくお伝え願えれば幸いです。

塩屋崎灯台

☆昨日日曜日、いわき市に練習試合に行ってきました。会場を提供頂きました古河電池の皆様、今回の試合を企画下さったアビラーションの大森コーチはじめ関係者の皆様に心より感謝申し上げます。その試合の前に立ち寄ったあの美空ひばりの歌で有名な塩屋崎灯台。その前には、私が3.11東日本大震災以降毎年訪れている甚大な津波被害を受けた豊間地区に子供たちを連れて行きました。瓦礫もきれいに処理され、すっかり更地になってしまった姿からは、震災前そして震災直後のその場所の様子を知らない子供たちに伝わることは少なかったような気がしますが、百聞は一見に如かず・・・そう思っています。(子供たちにそんな場所を見せなくても・・・・福島に生きる人間(大人でも子供でも)として目を背けてはいけないこと、目にしなくてはいけないことがある! 事後報告になりますが、参加した子供たちの保護者の方々にはこの行動の趣旨をご理解頂きたいと思っています。) 

上記のメールは本日届いたものです。

「このようなメールを頂き大変恐縮しますと共に、福島の復興にご尽力されておりますことに心より敬意を表する気持ちでいっぱいです」等々のお返事を書かせて頂きました。

それにしても、ユニフォームやロゴマークを頼りにインターネットで調べこのようなメールを下さるような殊勝な方がおられることに驚きと言いしれぬ喜びを感じずにはいられませんでした。

そして何より、子供たちのみんな、「さわやかで礼儀正しく可愛い」 これからもそんなみんなでいて下さい!

ただし、サッカーではもっともっと強くもっともっとたくましく!!(笑)

※写真が少しつぶれた!?ようになっています。頂いた写真は高画質だったためブログに掲載するために画質を下げ並びにサイズを縮小しないと掲載することができなかったため、このようになってしまいました。○○さん、大変申し訳ございませんでした。ちなみに、○○さんの写真を送って下さるとのありがたい申し出を、それには及びません!とむげ!?にお断りした失礼千万な監督はこの私です!(苦笑) と言いましても、わざわざ写真を送って頂くような煩わしいことをさせてはいけないと思いそのようにお話したまでです。ご理解下さい。感激の1枚、感激のお言葉、とってもとっても嬉しい気持ちでいっぱいです!
ありがとうございました!!




「運動会の振替休日、子供たちは休みでも親は仕事。こんな風に遊びたくても遊べない子供たちがほとんど。それならこの日にイベントを開催しよう!」

そんなおせっかいな!?思いに駆られたのは、次女が小学5年生(もしかしたら4年生?)の運動会の振替休日の際、親子二人で那須ハイランドパーク(遊園地)で遊んでいる時だった。

『サッカー仲間と那須ハイランドパークで一日思いっきり遊ぼう!』

今年も開園から閉園迄、遊びに遊びまくった子供たち。(もちろん参加者は事前の参加募集アンケートで参加を希望した方のみ。強制参加ではありません。あしからず!)

「超楽しかった!」「超面白かった!」etc

また明日から勉強にサッカーに頑張って行こうね!!!

ハイランドパーク

PS それにしても平日だと言うのにあれほどの人が入園してるとはビックリ仰天だった!
恐るべし、那須ハイランドパーク!!(笑)
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック