Vamos福島
初めまして!
 本日、平成21年度初めてのキンダークラスが行われた。参加者は、2名。そのうち、1名は、初参加の女の子。「こんにちは!」と声をかけるも、ニコニコ顔の返答のみで挨拶は返ってこない。それもそのはずで、たった5才の女の子が、全く知らない世界に飛び込んできて、こんな知らないおじさんに声をかけられて、すぐに心を開くはずなどない。とにかく、1時間のスクールで、何としてでもコミュニケーションをとらなければ・・・・・と全身全霊を傾けた。その結果、1時間前の姿が全く幻であったかのように、キャッキャキャッキャの大騒ぎとなった。もちろん、これは私一人の力では全くない。Mちゃんの素直さと、一緒に活動し、それを引き出してくれたA君の力が絶大だったのである。「子供は子供の中で育っていく。」教師時代に常に思っていたことが、このクラブに専念するようになってからも同様にひしひしと感じている。そのことを、本日も、たった5才の子供達から改めて思い知らされた。子供の力は偉大である!!!

 「また来るね~!コーチ、バイバ~イ!!!」お母さんと手をつなぎ元気よくグランドを後にするMちゃんの後ろ姿が、今こうしていても残像として焼き付いている。それと同時に、A君が最後に私に言った言葉が、鮮明に心に残って離れないでいる。「もっといっぱいお友達がくればいいのにね。」

 「来週からチラシを持って幼稚園や保育園回りをするからね。お友達がグランドにいっぱいになるようにがんばるからね。それまで待っててね、A君!!!」
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック