Vamos福島
入学式
 昨日は、次男の中学校の入学式、今日は、長男の高校の入学式がそれぞれ行われ、どちらの式にも保護者として参加してきた。二人の息子はもちろんのこと、全ての子供達がピッカピカに輝いて見えた。みな、緊張の面持ちで、どこか照れくさそうで、しかし、ちょっぴり大人になった雰囲気を醸しだし、見ているだけで、とても爽やかな気分にさせられた。彼らの姿を見ていて、「俺にもこんな時代があったんだよな~。」と感慨深げになった。新しい環境になり、当分の間、慣れるまでは肉体的にも精神的にも大変な思いをするかと思うが、一生に一度しかない中学時代、高校時代を思いっきり謳歌してほしいものである。考えてみると、私の今でもつきあっている友人は、中学校時代の野球部の仲間達と高校時代の野球部と悪仲間達である。長男の高校の入学式の中で、同窓会長さんの挨拶の中で、「この3年間で、君たちは、一生泣き笑いを共にする仲間に出会うことでしょう!」と語っていたが、まさにその通りである。

 そんな入学式を終え、ホワイトリバーでは、本日から新生ルーキークラスとチャレンジクラスのスクールが開始された。言ってみれば、今日は、ホワイトリバーでの入学式であった。ルーキークラスでは、3月までキンダークラスだった昨日入学式を終えたばかりの1年生や、初入会で生まれて初めて本格的にサッカーを始めた1年・2年生や、「僕たちを先輩と呼んで下さい!」と2年生になった途端に大口を叩くようになったルーキー2年目の2年生が一緒になって活動した。「最後まで、みんながんばれるかなあ・・・」と少々不安があったが、みな元気に楽しそうにサッカーボールとそして仲間と戯れる姿を見ていて、とても安心した。引き続き行われたチャレンジクラス。たくさんの3年生と4~6年生が一緒に活動するクラス。「チャレンジクラスは、その名の通り、どしどしいろいろなことにチャレンジするクラス。1年間何事にも積極的にチャレンジしていこう!」そういって始まった本日のスクール。リフティング対決では、3年生が6年生を負かしてしまうなど、学年関係なく、切磋琢磨できるすばらしい活動が出来るクラスになるぞ!と言う手応えをひしひし感じることができた。

 学校とは違った仲間作りができたり、感動が味わえたり、努力することの大切さを知ったり、やればできることを実感したり・・・・・・・・・・・・・クラブの活動を通して、サッカー大好きっ子達が、1年後、今よりも少しでも成長できるよう、しっかりサポートしていこう!改めてそう感じることができた平成21年度ホワイトリバー入学式の一日であった。

 それにしても砂埃がすごくて、唇がかさかさになって、それを防ぐためにずっと舌で舐め回していたので、今こうしていても唇がひりひりして痛い。どんな痛さか分かるかな?

 ☆ルーキークラスは、1年生・2年生共に8名ずつの16名のクラス。もっともっとたくさんの子供達にサッカーの楽しさを知ってほしいので、来週から市内・村内の学校を回って1~2年生を中心にサッカー大好きっ子・サッカーに興味のある子・サッカーに・・・・の子供達の募集に歩きます。このブログを読んでくれた方もこの会員募集にご協力頂けると大変嬉しく思います。近所に1・2年生のお子さんがいたら、ぜひとも強引に!?いや、優しく勧誘して頂けるといいなあと思っています。ちなみに、キンダークラスは5名からのスタートになります。「お~い、サッカーって楽しいぞ~!ホワイトリバーは、最高だぞ~!みんな、一緒にサッカーやろうよ~~!!!」
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック