FC2ブログ
Vamos福島
十五夜
暑い!暑い!超熱~い!

などとほざいていたのが絵空事!?だったかの如く、今日はぶるぶるぶるぶる・・・・・苦笑


久しぶりにな~んにもない!?金曜日でしたので、一日中事務所に缶詰!?監禁!?投獄!? とにかく朝ここに来てから今の今まで一歩も外に出ずに・・・・・・苦苦笑


何してたの? そんなことを知りたい方は・・・・・いない! そんなこと・・・・どうでもいい!  でも言っちゃいます! 聞きたくない方、いや、知りたくない方は、このブログをこれ以上読み進めないで下さい!苦苦苦笑





(ここで 「さようなら」 の方のために、少し長めにスペースを空けます!笑)






本日は、ここぞとばかりに・・・・・・活字中毒患者に!苦笑

先日購入した本をなかなか読み進めることが出来ずにいたので、な~~んにもない日だったので、「今日こそは!」と一念発起!?し、事務所病院?に自ら志願して患者として入院!!苦苦笑


意味分からない表現!? ですよね~・・・・笑


と言うわけで、今日中毒になった本はと言いますと・・・・・

20190913_164010_convert_20190913185236.jpg

最近この作家さんの作品にはまり・・・・・・

短編小説を中心に盛り込まれた作品で、以前も同様の短編物を読んだのですが、その人生の機微!?の描き方に心奪われ、この作家さんの本を先日購入し今回中毒患者!?になってみたのですが・・・・・  予想通り!と言うか、期待通りの内容に大満足でした!


「この作品では、どれも、ある人物の半生が、ある一生が、静かに語られる。読者は本書で八つの他者の人生を追体験することになる。命を衒う(てらう)ような設定は、ない。けれど身近にありそうな人生だからこそ、読者は自分を重ねずにはいられないのである。」 -作品のあとがきより-


「本書が、思うようにいかなかった過去を振り返り『喪失』を再確認するという切ない物語でありながら、どれも最後にはどこか希望の欠片(かけら)を感じるのは、実は本書が未来に向かって開かれていることの証拠なのである。」 -作品のあとがきより-



数時間を要した読後、様々な思いに包まれると共に、突然・・・・・

あの有名な映画、『ゴースト』に出てきたウ-ピー・ゴールドバークが演じた霊媒師が亡くなった彼に乗り移られるたびに、ものすごい虚脱感?疲労感?に襲われていたシーンが忽然として脳裏を過り・・・・・・

どうして?なぜ? それは八人の人生が私に乗り移ったからだと思います!苦笑



 
それにしても何もすることがないからと言って、一日中本を読むなんて、本当暇人だこと! そんな声がでっかく聞こえて来そうですが、と言うか、既に聞こえておりますが・・・・泣苦笑  それでも、やっぱり、日常、現実から変な意味ではなく逃避!?し、非日常の世界に身を置く、心を据えるetc が出来る読書タイムは、もちろんそれは読書ばかりではありませんが、改めて貴重な時間である!そう認識した次第です。


どんなに中傷されようとも、これからも・・・・・・    


次は青春をラグビーにかけたラガーマンに乗り移って頂きます!大笑




今夜は十五夜。せっかくの良き日ですが・・・・・曇り空で、な~んにも見えません!そんな時だからこそ、貴方も非日常の世界に身を寄せてみれば如何ですか!? だんごをかじりながら・・・・・大大笑


私はさすがにこれ以上誰かに乗り移られたらへろへろくたくたになってしまいますので・・・・・・・ だんごだけかじって早めに夢の世界に身を投じ、明日久しぶりの大会参加で意気揚々と現れるであろう子供たちと対峙!?するために、体力をしっかり蓄えようと思っています!笑



それにしても朝7時30分に事務所入りして夜8時30分まで一歩も外に出ずにその殆どを椅子に座って過ごしていたせいで・・・・・・・けつが痛~~~い!!!


十五夜のうさぎさん、雲に隠れていないで出てきて、きねでトントンしておくれやす!!大大大笑