Vamos福島
最初が肝心!のはずが・・・・ 
201804051415259ae.jpg

平成30年度のスタート日、4月1日。最初に私が行った仕事!?は・・・・・・・

『新年度1週目の予定変更のお知らせ』のタイトルを付したメールの配信から。

「クラブ会員の皆様にお知らせします。遠藤が昨日来よりインフルエンザを発症してしまいました。そのため、水曜日迄の活動を全て中止とします。(中止となる活動は、月曜日のジュニアクラスのトレーニング、火曜日のトップクラスのトレーニング&説明会、水~木曜日のトップクラスの埼玉遠征となります。)新年度早々に大変申し訳ありませんが、ご理解ご了承下さい。(途中省略) 新年度早々このような変更は大変心苦しいのですが、今後は体調万全を心がけていきたいと思います。」

クラブ会員の皆様はもちろんのこと、埼玉遠征でお世話になる予定であった主催者様等々、多大なるご迷惑をお掛けしてしまいましたことに対して、改めてこの場を借りてお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。

昨年度最後の活動となった交流試合を終え、事務所に戻り、その日に束の間の帰省をする娘を迎えに・・・・・と意気揚々!?だったのですが、その気持ちに反して、ものすごい倦怠感!?に襲われ、少し横になり、その後、熱を測ってみると・・・・・・・ 久しく見ることもなかったほどの体温計の数値が!

その数値は上がる一方で・・・・・・・ もしかして・・・・・・ もしかして・・・・・・ もうその時点では起き上がることもままならず・・・・・・・

結局、その時点から5日間、自宅に戻ることなく事務所で寝泊まりをすることを余儀なくされ・・・・・・

娘との久しぶりの再会もほんの数秒顔を見ただけに留まり・・・・・・・・(布団を届けに来てくれた時と、代表合宿に出発する朝に数メートル離れたところから顔を見せてくれた時のほんのほんの数秒間のみ)


たくさんの方々に迷惑を掛けてしまったこと、娘と全く触れあえなかったこと、残念至極でしたが、何と言っても、ここ十数年!?近く、インフルエンザはもとより、病床に伏すなど皆無に等しかったのに、それがこんな状態に陥ってしまったことが、悲しいと言うか、悔しいと言うか、とにかく筆舌し難いそんな思いに苛まれました。

と同時に、「自分が倒れたらクラブは終わる」 そのことを嫌と言うほど痛感し、想像できないでしょうが、かなりの自暴自棄にこの数日間見まわれました。

不死身! 不老不死!  そんなことを本気で思うほど馬鹿阿呆ではありませんが、それでも今回の病に伏した数日間は相当堪えたし、ようやく活動を開始できた今となってもその思いが拭いきれないのが正直なところです。

それでも、本日目にしたサッカー大好きっ子たちのキラキラした姿は、歓声は、弱った体に、特に、弱った心に、一石を投じてくれた!そう思っています。

そんな御礼に!?、と言うかもともと渡す予定でしたが・・・・・(苦笑)、平成30年度クラブ入会者への「今年度もご入会頂きありがとうございます!」御礼のグッズ。(昨年に引き続きの缶バッジ第2弾!上記の写真がそれです!)

いろんな想いを込めて作成させて頂いたグッズです。もし宜しければ、どうぞお受け取り下さい。



そして、もうひとつの特効薬となったのは・・・・・・・

南半球のニュージーランドでの約10日間の遠征を終え、その足で帰郷し、2日間福島で過ごし、すぐに今度は北半球のフランスへ旅立って行った娘の姿。

「純のがんばりが父にとっての何よりの良薬だから、フランスでもがんばってくるんだぞ!」

「分かった!早く治ってもらうようにがんばってくるから!」

その言葉の有言実行!とばかりに、10番の代表ユニフォームを身に纏い、昨日行われたフランス代表との試合で先発出場し、ゴールをゲット!!

その吉報を受け、どれほどエネルギーが満ち溢れてきたことか・・・・・・・・・

ありがとう! ただただその思いでいっぱいに・・・・・・・・・




新年度早々たくさんの人に迷惑を掛け、そして、たくさんの人に力を頂き・・・・・・・・・・・

しょげかえってる暇はなし! 


とにかく平成30年度のスタート。茨の道!?を突き進め~~~!!!です。