Vamos福島
10月よ、さらば!
2016ハローウィン

今日で10月も終了。明日から11月。なななんと、2016年も残り2ヶ月。

『時の流れは滝の流れの如し』 by 遠藤!(笑)


今日はハロウィン

改めてハロウィンとは・・・・・・・・・・

「毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられているお祭りのこと。もともとは、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほどんとなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて、『ジャック・オー・ランタン』を作って飾ったり、子供たちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある」

と言うことです。

お菓子を子供たちがもらって歩くとは、以前にこのブログでも書いた、まさに日本の伝統!?『お月見どろぼう』のようなもの。


バレンタインデーやクリスマスetc いつの間にか欧米諸国の文化が日本に根付き、日本文化として定着した行事のように、このハロウィンもいつの日か日本に欠かせない文化になっていくことでしょう。

ちなみに統計によると、今現在の時点では、ハロウィンの認知度は日本国内では2割程度に留まっているとのこと。

(東京の渋谷の様子を見ると、もっと認知度が高い感じを受けなくもないのですが・・・・・・渋谷の警察の皆様、本日の警備、ご苦労様でございます!!<笑>)

しかし、この割合も、時間の経過とと共に・・・・・・・・・・・・・・・・

かくゆうこの私の中でも、この行事はまだまだ文化として根付いていないのが現状です!(苦笑)

ただし、我が娘はと言うと・・・・・・・・・・・(笑笑)





明日11月1日は、○○君と○○さんとハローキティちゃんの誕生日!(笑)

1日前ですが、誰よりも早く言います!


お誕生日おめでとう!!


そんな良き日に!?、明日は今年度最後となる南相馬市の幼稚園での復興支援活動に行ってきます。

毎年恒例の全園児・全職員あげてのプチお別れ会が今年も敢行されるのか・・・・・・・・・・・・

歌のプレゼントあり、御礼の言葉あり、大変嬉しくもあり、みんなに凝視されて、大変恥ずかしい時間でもあり・・・・・・・(苦笑)




東日本大震災から約5年と7ヶ月弱。

国の強行的な施策!?により、インフラ等生活する上での整備がままならない中での避難準備区域の解除等々、住民の総意を得ない中での帰還を余儀なくされつつある南相馬での復興支援活動。

とは言うものの、シュプレヒコールをあげ国に戦いを挑むほどの力もない私。

そんな私がそんな我がクラブができることと言えば・・・・・・・・・・

「この活動を通して子供たちが笑顔が増えた! 子供たちが明るく元気になった!!」

そう思ってもらえるように、精一杯尽力すること! これしかありません。



みんな待っててね~!  明日も元気いっぱい楽しく遊ぼうね~!!




※それにしても寒い! 寒すぎる~!! 事務所のヒーター、数ヶ月ぶりにフル稼働開始!!!(笑)
秋の味覚の王様は!?
食欲の秋

たわわに実った秋の味覚の代名詞!?

かき~  かき!  アクセントの付け方によって、柿にも牡蠣にもなることを言いたかったわけでありまして・・・・・(苦笑)

子供の頃、腹ぺこの少年(正式には少年達)は、よく人の家の庭先に忍び込み!?柿泥棒をしたっけなぁ・・・・・・(苦苦笑) ※既に時効ですのであしからず!(笑笑)

甘柿が渋柿かすら分からぬまま、1~2個ささっともぎとってはダッシュダッシュダッシュ!!

秘密基地に駆け込み、息をゼェ~ゼェ~しながら、服の袖を引っ張り、そこで涎だらだらしながら柿を磨きに磨きまくり・・・・・・・・

せ~の!の掛け声で、一口パクリ!!

次の瞬間、あまりの口の中の苦さに渋さに、ペッペッペッペッの大合唱!???(大笑)

もちろん、その盗品!?は完全なる渋柿だったわけで・・・・・・・(泣笑)

甘柿か渋柿の区別など出来なかったあの頃、こんな光景は日常茶飯事!!

しかししかし、盗品が口の中で甘~~い香りを漂わせることも多々あり、そんな時は、少年窃盗団!?は一同目をニンマリと見合わせ、猛烈な勢いでパクつくわけで・・・・・・・(笑笑)


上述した様子が手に取るように伝わった方は、窃盗団の一味!?、経験者!?かと・・・・・・・・(笑笑笑)


今の時代、つまり、飽食の時代、そんなことをしなくても、子供たちのお腹はしっかりと満たされるわけで、こんな盗みを働いて前科者!?にならずにすむ! なんとも羨ましい時代!!(泣苦笑)


もちろん、あの頃、柿泥棒をしたぐらいで警察にしょっぴかれることなどはなく、しししかし、それよりも怖い!?大目玉を思いっきり食らったわけでありまして・・・・・・・・(泣笑)


それなのに止められず懲りもせず、この時期になると常習犯!?として柿に手を伸ばし・・・・・・・・・


スリルとサスペンスを楽しんでいたの???


そう言いたいところですが、そんな格好いいものでも何でもなく、ただ単に空腹を満たしたかった!それだけでありまして・・・・・・(苦笑)

今から約40年前のこと、そこかしこに実る柿を見る度に、ズキズキした頭の痛みと共に、あの頃を思い出すやんちゃな柿泥棒でした! チャンチャン♪♪(笑笑)

今でもあの頃を思い出して盗人してるの!???

なわけあるか~!!!   信じてちょんまげ~!!!!!!(泣泣笑)




【10月25日 提出のサッカーノートより】

20161026_142422_convert_20161026145938.jpg

「私は、ロードレースの時、走っている時、心が折れそうになりました。でも、そこを乗り越えて完走できたのでうれしく思いました。サッカーの時も、心が折れそうになる時がありますが、ロードレースと同じようにがんばりたいです! (順位20位 自己ベスト!! タイム9分10秒  家に帰ってからパパと4㎞ぐらい走りました。)」


「ぼくは10月22日に親子サッカー(交流会)をしました。ぼくの母と父はお兄ちゃんの文化祭に行って来れなかったので、K君と一緒に鬼ごっこ(親子運動)をしました。技の見せ合いでは、T君のお父さんとやりました。「うまいね!」と言われてうれしかったです。次にお父さんたちと試合をしました。いいプレーをすることができて良かったです。お昼は、とん汁を食べました。超おいしかったです。来年も参加したいです。」


「走っている時に応援してあげると、その人もがんばる気持ちがふえたり、自分も応援されていると、最後まで走る気持ちになります。そのおかげで、今回3位になることが出来ました。「応援はがんばる力のもと」だと思いました。サッカーの時も、応援したりした方が良いとあらためて思いました。」






ところで皆さんの秋の味覚の王様!と言ったら何ですか???


私はと言えば・・・・・・・・もちろん柿!と言いたいところですが、これまた柿泥棒と同じぐらい窃盗を働いた栗ですかね・・・・・・・(笑笑)


えっ? 栗って山になるんだから、窃盗とは言わないんじゃ・・・・・・・・・・


その通りです。でも、私、私たちが狙って!?いたのは、山に出来る小さい小さい栗なのではなく、たて栗(正式名称は分かりませんが、子供の頃、私たちはそう呼んでいました)と言って、商品として売り出すために農家の方が作っていた大きな大きな栗のことなのです。

その大きさたるや、その味の格別さたるや、絶品中の絶品!! もちろんその盗品!?を家に帰って茹でてもらうわけにもいかないので、皮を向いて生のままパクリ!でした。それでも絶品の味がしたんですから、あれを茹でて食べていたら・・・・・・・・


それにしても、本当、お宅は、やんちゃ!と言うか、悪ガキだったんだねぇ・・・・・・・・・・・・・


すみません・・・・・・・・・・・・貧しい貧しい少年は、いつもお腹ペコペコだったんです!!(泣泣泣笑)  そんな少年にこの秋は絶好のチャンスでありまして・・・・・・・


食欲の秋、秋の味覚、秋の王様、バンザ~イ!!!(笑笑笑)


※どうか今日のブログ、クラブの子供たちが読みませんように・・・・・・・・(苦笑)
スポーツの秋 ~クラブの仲間と共に~
20161023_184059_convert_20161024105416.jpg

いてもたってもいられない!!!



【FIFAU-17女子ワールドカップ2016ヨルダン】の激戦を終え、純さん、日本代表の面々、昨日無事帰国しました~!!(笑)

「あと1時間後にホテル出て帰国します!」

一昨日ヨルダンから送られてきた娘のライン。それを受けて、

「ヨルダンともサヨナラだね。それじゃ、明日の夜は成田着だね。」

「うんうん!」

「それでは明日、成田空港でお待ちしております!(笑)」

「会える時間は短いと思うよ、話すのもあんまりできないと思う。」

「だよね。じゃ、福島から見守ってるよ♪」

「うん!!帰省したときたくさん思い出話するね!」

そんなやりとりをして迎えた昨日。西の郷ロードレース大会を終え、事務所に戻り、独り佇んで!?いると・・・・・


「話なんか出来なくてもいい! 一目でも顔が見れればそれでいい! お疲れ様!って一言かけられたらそれでいい!」


そんな思いがめらめらと湧き上がって来て・・・・・・・・・・・


気がつけば、成田空港に向かってハンドルを握りしめていたわけで・・・・・・・(苦笑)


思い立ったが吉日! 鉄は熱いうちに打て!! やらずに後悔するならやって後悔せよ!!! あとはえ~っと・・・・・(笑笑)


そういうわけで、昨日ラーメン屋さんの前ですれ違った○○さん、○○さん、あの時、成田に向かうところだったんです!!(笑笑笑)


まさかまさかの成田空港でのお出迎えに、あっけにとられる娘の、「はっ!?なんでいるの!??」の顔!!(大笑) ※上記写真


事前告知!?されていた通り、ほんとに殆ど会話と言う会話すら出来ずに素通り!?していってしまったのですが、(到着後すぐに空港そばのホテルで報告会見が行われるとのことで、日本代表の一行は到着ロビーを出るとすぐにバスに乗車。そして出発!)それでも、目の前を通った時に、「お疲れ!」と一言かけてハイタッチが出来たので、満足満足大満足!!(笑)

それにしても、テレビカメラの数と待ち受けたファン!?のすっごい人数にはビックリ仰天でした。と言うより、彼女たちが一番驚いていたように思いましたが・・・・(苦笑笑)


報告会見後に写された秘蔵映像写真を入手! それがこれ!!

1477273027978_convert_20161024105505.jpg

日本代表のウェアを脱ぎ捨て!?(笑)、女子高校生に変身!?、いや、女子高校生に戻った娘をはじめとした仲間たち。

この後、それぞれ帰宅の途に・・・・・・・・


もちろん我が娘は、福島の自宅に戻った!わけではなく、静岡の寮へ・・・・・・・本当なら、自宅に帰ってきてもらい、頭を撫で撫でしてあげたかったのに・・・・・・・(泣泣笑)

日付が変わった頃に、「寮についた!」のライン。「良かったよ~♪ 無事着いて! 久しぶりの寮でゆっくりゆっくり寝るんだよ!」と。


そして本日朝、

「すごく眠い。寝たの2時過ぎだから。」とのライン。「無理するな~ そういうのが怪我のもとになる! だから今日は授業中寝てなさい!(笑)」と親としてはあるまじき発言を・・・・(苦笑)

「無理はしないよ! 授業はちゃんと受けるゼェ-笑笑」 それが当たり前だよね・・・・・・(苦苦笑)


それにしても、激戦を終えて帰国し、夜中に帰って荷物整理などなんだかんだして2時過ぎに寝て寮の規則である6時に起床し、そして学校に行き・・・・・・・


Boys be ambitious! ならぬ、Girs be ambitious!! 少女よ 大志を抱け!!! 

意味不明ですが、そんな感じです!!(笑)


今頃は、1ヶ月ぶりの級友との再会に喜びはしゃぎながらも、眠気と格闘!?しながらウトウトしている頃かと・・・・・・・(笑笑)


がんばれ純! がんばれみんな!! がんばれ高校生!!!


☆以上を持ちまして、【FIFAU-17女子ワールドカップ2016ヨルダン】関係のブログは終了となります。「またこの話題!」ブログを開く度にそう思われていた方々、本日で終わりですのでご安心を!(笑) でもでもきっと、そんな方は少数で、このブログにアクセスして下さった大多数の方々は、「楽しみにしていた!」そう思って頂けていた!勝手にそう思っています。

当面の代表としての彼女の活動は、2年後のU19代表、そして3年後のU20代表、そして4年後の東京オリンピック、そしてそして7年後の日本開催が目されるなでしこJAPANでのワールドカップ・・・・・・・・夢は尽きませんが、まずはその夢を正夢にするためにも、今回のワールドカップで得た貴重な経験を糧に、1日1日コツコツコツコツ弛まぬ努力をしていってほしいと思っています。


夢は見るものではなく 叶えるもの!


今日からまた、新たな気持ちで『夢に向かってキックオフ!!』です。そのためにも、今日一日寝ずに授業をしっかり受けることです!!(苦苦笑)


貴重な時間を割いてまでこのブログをお読み頂いた方々に感謝すると共に(いつもそう思っています!)、娘の、そして、苦楽を共にしてきた仲間たちの今後益々の成長に期待し、そして、これからもしっかり見守り応援し声援を送り続けたいと思っています。


皆様、本当にありがとうございました! そして、今後とも末永いお付き合いのほど、どうぞ宜しくお願い致します!!


それにしても、夢のような3週間でした。純、日本代表の皆さん、感動をありがとう!!


【FIFAU-17女子ワールドカップ2016ヨルダン】    ブログ完♪♪





話はがらっと変わって先週末のこと!(まだ続くの!?と思われた方は、ここでさようなら!です<笑>)


クラブの活動も、スポーツの秋真っ盛り!!

先週土曜日は、【2016クラブ交流会】開催。

親子運動に始まり、親子サッカー、芋煮会と、楽しい一時を過ごすことが出来ました。そして交流会の大きな目的である「親睦を図る」大いに達成できた!そう思っているのですが、果たして・・・・・・・

「本日は、2016クラブ交流会大変お疲れ様でした。交流会を通じてクラブの子供達だけでなく、保護者の皆さんともスポーツ等を通じて楽しく汗を流すことが出来てとても楽しかったです!!身体バキバキですが、また来年参加させて頂ければと思います。」

DSCN5174.jpg
DSCN5196.jpg
DSCN5208.jpg
DSCN5270.jpg
DSCN5287.jpg
DSCN5292.jpg
DSCN5301.jpg
DSCN5318.jpg
DSCN5319.jpg
DSCN5332.jpg


クラブ交流会の翌日は、地区の行事である【第26回西の郷ロードレース大会】参加。

1999年ホワイトリバーフットボールクラブ発足以来参加している行事。

地区の一員として生きていることの自覚を持つために! この行事へクラブとして参加する目的!! 

な~んてそんな仰々しいことではないのですが(笑)、サッカー及びその他様々な活動を通して子供たちの心と体の健やかなる成長を助長する一翼を担う!このクラブの目的を達成するひとつの大切な方策がこの行事への参加であり、我がクラブには欠かすことができない不動の!?イベントなのでありまして・・・・・・・

「交流会、ロードレース、お天気に恵まれて、楽しい時を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。(途中省略) ロードレースには、娘も参加。順位は奮わないものの、2人ともタイムは昨年より早くなっていました。来年もまた参加したいと思います。」

自分の競技のみならず、仲間の声援もバッチリと! 

クラブとして参加することの大切さを皆さんが認識され、最高に楽しく、充実した時間になった!そう確信しています。

DSCN5346.jpg
DSCN5356.jpg
DSCN5364.jpg
DSCN5395.jpg
DSCN5389.jpg
DSCN5400.jpg
DSCN5404.jpg
DSCN5410.jpg
DSCN5428.jpg
DSCN5430.jpg



2016スポーツの秋は、まだまだこれから!

スポーツを通して、どしどし爽やかな汗を流して快適な毎日を過ごして行きましょう!!


お忙しい中、クラブ交流会並びにロードレース大会に趣旨をご理解頂きご参加頂きました皆様、皆様のおかげで、クラブとして、最高に充実した2日間を過ごすことが出来ました! この場を借りて御礼申し上げます。そして、今後ともVAMOS福島スポーツクラブは、お子さま方、そして、保護者の皆様が日常では(学校生活や職場、家庭等々では)味わえない体験経験が出来る場を企画運営実施をしていきたいと思っています。趣旨をご理解頂き、ふるってふるってご参加頂ければと思っております。ただし、毎度のことながら、その実現には皆様の並々ならぬお力添え、ご協力、ご支援等が必要です。(交流会の豚汁作り、大会運営etc)

子供たちのために、クラブのために、今後とも変わらぬご尽力をどうぞどうぞ宜しくお願い致します!!


皆様、本当に、ありがとうございました!!


☆本日のブログを書き始めたのが午前10時過ぎ、現在午後1時過ぎ、ななんと3時間を要しての本日のブログ作成となってしまいました。原因は、膨大な写真の中から、活動の流れ(様子)が即座に分かるものを選びに選びながら作業をしていたためでありまして・・・・・・もちろん、話題が抱負だったこともその原因!?要因!?でありまして・・・・・(苦×1000000000000笑)


と言うことで、今日のブログを最後まで挫折することなく!?ご覧頂いた方は果報者です!!(笑×1000000000000)


ご褒美に、交流会時に残った豚汁をプレゼント致します!  え~っ!! 既に分けて食べてしまった!!

ですよね・・・・・・(大笑) それでは、何をお渡し致しましょうか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・愛! そう、VAMOS福島スポーツクラブの愛をお渡しします!!

なんじゃそれは!!(怒)   本当、何でしょうね!!(苦笑)


※クラブ交流会とロードレースの様子は、近日中に写真集にしてホームページ内フォトギャラリーコーナーに掲載致します。本当は、本日作成しようと思っていたのですが、さすがにヘロヘロクタクタです!(泣泣笑) 近日中、いや、今週中、いや、今月中には掲載できるようにします!!(笑)

鉄は熱いうちに打て!じゃないのかな???  その通りです! がんばりま~す!!(笑笑)
感動をありがとう! ~夢に向かってキックオフ~
2845519_xlarge-lnd.jpg

決勝戦でのPK戦の間、貴方はどんな思いでピッチに立っていたのだろう。

仲間がPKを外し肩を落として戻ってきたこの場面、貴方は何を思い何を考え・・・・・いたのだろう。


たった15分間の出場時間だったけど、その時間は私には途方もなく長く、言いようのない感動が駆け巡った至福の時間でした。




3週間の激動の【FIFAU-17女子ワールドカップ2016ヨルダン】がついに幕を閉じました。



いろいろ伝えたいこと、いろいろ言ってあげたいこと、たくさんたくさんあるけど、今言えることはたったひとつ。


感動をありがとう!!


その言葉だけです。


純、貴方に! そして、苦楽を共にしてきた貴方の仲間に!!


勝てば官軍 負ければ賊軍


誰が何を言おうとも、声を大にして言いたい! 言ってあげたい!!


感動を感動を感動をありがとう!



このブログを書く直前、現地ヨルダンから送られてきた娘のライン。

「なんとも言えない気持ちです。夕べ(試合後)ラインしようと思ったけど、なんて打っていいかわからなくて・・・・・・優勝できなくて凄く残念だし、もっとゴールに向かう意識を高くすればよかった、後悔が多い。 でも、この1ヶ月間は無駄にならないし、凄く成長したと思う。本当にありがとう!」

「変な言い方だけど、優勝してしまったら気がつかなかったこと、気づけなかったこと、それを負けたことによって気づけたんだから百点満点! 最高の通過点だよ!  「もっとゴールに向かう意識を高くすれば良かった」   確かにその通りだね。昨日の試合の15分間の限られた出場時間でもこの気持ちを強く持っていれば・・・・だったね。でもね、これをこの大会の純の財産として、次に進む中でいつもいつもいつも意識し実行していくことこそが、これから純が大きく大きく成長する鍵を握ってると思うし、それを成し遂げられれば、純の大きな大きな夢が叶えられる!そう確信しているよ。 そこに気づけたこと、それこそが、この1ヶ月の最大の成長だよ!  でもねでもね、本当によく頑張ったよ! みんなも言ってたけど、本当に本当に純には感動させられたよ! ありがとう!!

気をつけて日本に帰ってくるんだよ。純の帰りを首を長~~~くして待ってるからね!!(笑)」


もう一度言おう! そして何度でも何度でも言おう!!


感動をありがとう!!!って。


「純にこの歌をプレゼントするよ! 頑張った仲間のみんなにもね!! 歌詞を噛みしめて聞いてみな!!!」





胸はって、ハハハッって笑って帰ってきな。誇らしき貴方を、誇らしきみんなを大きな大きな大きな拍手で迎えてあげるから!!

そして精一杯の声で言ってやる!


感動を感動を感動を感動を感動をありがとう!って・・・・・



☆FCエナブル碓井代表が、怖れ多くもご自身のクラブの本日のblogに我が娘のことを取り上げて下さいました。思わずビックリ仰天でした!(笑) 心より感謝申し上げます。そして、最後の激励のお言葉をしっかり伝えたいと思います。(娘のLINEにもあったように、本人も自覚はしていたようです。)今後とも娘はじめ、我がクラブの子供たちのご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。


http://fcenable.seesaa.net/s/article/443015000.html
決戦の時 
CvCoWj0UkAEQerj.jpg

今から12時間後に迫った決戦の時、【FIFAU-17女子ワールドカップ2016ヨルダン】決勝戦。

巷では、AFCU-16アジア選手権のリベンジとなる戦い! 史上初の2大会連続優勝をかけた戦い!(2連覇)等々、この試合に関する様々な代名詞!?形容詞!?が唱えられ各マスメディアで報道されています。


確かに、この1戦は、どんな言葉でも形容されるべき、絶対に負けられない戦いであると言うことは言うまでもないことです。


しかし、この1戦は、どんな言葉でも言い表せない彼女達の、スタッフを含めた日本代表の面々の最大級の思いが籠もった大切な大切な試合でもあるのです。

その真意は・・・・・・・・

もちろん、ワールドカップを掛けた大一番であることは間違いなし! しかししかし、それよりも何よりも、チーム発足以来約2年間の活動をしてきた、このメンバーでの、この仲間での、絆を深めてきた友との、最後の最後の試合となるのです。

泣いても笑っても最後の試合

そんな1戦だけに、仲間と共に笑顔でこの試合を締め括りたい!そう彼女たちが強く強く思うのは至極当然のことであるし、この試合にかける彼女たちの思いがどれほどのものなのか・・・・・・・想像にはかたくないところであります。


そんな試合だからこそ、ここ日本にいる者としては、絶大なる応援声援etcを送らずにはいられない!!


地上波(民放フジテレビ、ここ福島ではFTV局)でも放送されることが決定し、より多くの方々の声がヨルダンに届けられることを願うばかりです。とは言っても、試合開始時間は、現地20:00 日本時間深夜2:00 と言うことで、睡眠学習ならぬ睡眠応援の方々がほとんどかと思いますが・・・・・・・・・・・・・(苦笑)


もちろん我が輩は、テレビにかじりついての、いや、かぶりついての応援声援・・・・・を行います!!(笑笑)

歓喜に充ち満ちた日本代表がこのカップを高々と掲げられるように・・・・・・・


2405617_large-lnd.jpg




それにしてもこの3週間、娘には、日本代表の皆さんには、本当に心を揺さぶられ、感動を与えられ、そして何より、最高に充実した時間をプレゼントして頂きました!!


今まで数々のワールドカップを見て一喜一憂してきましたが、これほどまでに心底のめり込んだワールドカップはなかったように思います。

なぜって???

それはそこに娘がいたからです!!!!!


今までなら試合の時だけワクワクドキドキだったのが、今回のワールドカップは、試合のみならずその合間のことをいろいろ考えたり、娘の気持ちを想像したり、それはそれは、良くも悪くも気の休まる時がなかった! そんな感じでした。(苦笑)


試合に出れば出るで気が気じゃない思いでいっぱいとなったり、試合に出なければ出ないでその思いを考えるだけで胸が締め付けられ押し潰されそうになったり・・・・・・・・・


先日、ある指導者の方に、

「スゴすぎます! こんな幸せな指導者、日本、世界中を探しても滅多にいないでしょうね♪ 最後まで頑張って下さい!」

とのコメントを頂きました。


本当に幸せだなぁ・・・・・・・・・・しみじみそう思っています。もちろんこれもひとえに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



昨日の日本サッカー協会ホームページに娘のコメントが掲載されていました。

「今日のトレーニングでは決勝戦に向けてしっかりとした練習ができました。球際の強さ、連動した攻撃・守備など今まで以上に良かったと思います。私たちはまだ何かを得たわけではないので、応援してくれているたくさんの方々に良い報告ができるように頑張ります。10月21日に、決勝の朝鮮民主主義人民共和国戦が待っています。必ず勝って皆で笑顔で終えれるように頑張ります。ご声援のほど、よろしくお願いします。」


一文一文に込められた彼女の思いを想像し、本当に本当に熱い熱いものが込み上げて来ました。

笑顔で終わってほしい! そう願ってやみません。

そして、今回のワールドカップを通して何度も見せてくれた、幼子のような!?(笑)この歓喜の姿を見せてほしい! そう切に切に願っています。


1476789599338.jpg



ホワイトリバーでサッカーを初めて約10年強。

天下一品の負けず嫌いで!?(苦笑)、小学5年生の冬に埼玉遠征で試合をした際、土のグラウンドで、相手の突破をチームメートも相手選手もビックリ仰天するような勇猛果敢なスライディングで一撃した時に負った左臀部下の大変な傷、その傷跡は16才になった今でも彼女の体にくっきりと残り・・・・・・・・・

高速のサービスエリアで女子トイレに行けば、「ぼくのトイレはあっちだよ!」と男子トイレを指さされ、「私は女子です!」と返答するのも面倒となりそそくさとその場を立ち去っていた彼女!(苦苦笑)

エピソードをあげれば錐はなく・・・・・・・(笑)


『夢は見るものではなく叶えるもの!!』


貴方が笑顔で最後の1戦を終われるように、貴方がサッカーと出会ったホワイトリバーの指導者として、そして、何より貴方がこの世に産声をあげた時、最初に出会った者として、精一杯精一杯精一杯×10000000000000000の声を、ここ日本から、ここ福島から、貴方の生まれ育った大好きなこの地から、決戦の地、ヨルダンへ送りたいと思っています。


がんばれ純! がんばれ日本!!


最高の笑顔で!
秋の嵐!? ~今週末楽しいひと時を~
【春の嵐】と言う言葉は聞いたことはありますが、【秋の嵐】と言う言葉を耳にしたことは・・・・・・・・

しししかし、今日のこの地の風は、誰が何と言ってもまさに秋の嵐!そのもの!!(苦笑)

福島県内での瞬間最高風速NO1の称号!?を手に入れるほどで・・・・・その記録、20.1M!!

喜んで良いのかどうか定かではありませんが・・・・・・・(苦苦笑)


「これではグラウンド(屋外)でのトレーニングは難しいかなぁ。今日はチビッコの練習だし、体育館も借りているから会場を変更して・・・・・」

そう思っていたのですが、日中に吹き荒れた風も何だか静かになってきたような気がしたので、

「これなら大丈夫だな!」

そう思い、会場を変更せずそのままグラウンドでの練習にしたのですが・・・・・・・・

予想的中! とはいかず、予想大外れ!!(泣泣)

秋の嵐の中、チビッコ達は荒れ狂う!?風の中でサッカーボールと格闘!?するはめに・・・・・・・


それでもそんな風すら楽しむ!?子供たち!!

腕白でもいい! 逞しく育ってほしい!! そのCMが脳裏をぐるぐるぐるぐる・・・・・・(苦苦苦笑)


とは言うものの、髪の毛、顔etc 砂でジャリジャリなことは必至!!  お風呂できれいさっぱりするんだよ~!!!

それにしても、秋の嵐、すんごかったなぁ・・・・・・・・・・



今週末は、土曜日に『2016秋クラブ交流会』を開催します。

今年は初めて普段ホームグラウンドとして使用させて頂いている場所で行います。

参加人数に比して、駐車場が手狭になるかと思いますが、みなさんで協力して地区の方々に迷惑にならないよう整然と駐車して頂きたいと思っています。路上駐車は厳禁です!!

親子運動、親子サッカー、芋煮会、楽しい時間を過ごしてほしいと思っています。

親子運動の中では、日頃子供たちがトレーニングで身につけた技をお家の方々に披露します。お子さまが、どんな技を披露するのか、楽しみにしていて下さい! ちなみに、その技をお家の方にはその場でマネして頂きます! 覚悟!!(笑笑)

親子サッカーは例年通り、1~3年生vsお母さん 4~6年生vsお父さん の試合を行います。もちろんお母さんでも上級生と対決してバシバシしばきたい! いや、打ちのめしたい! いや・・・・・・!!(笑) そのような勇猛果敢な!?お母さん方の参加大歓迎です! 当日楽しみにしています!!(笑笑)

芋煮会では、親子サッカーをしながら交代で料理作りを行って頂きます。何かとご足労お掛け致しますが、普段保護者の方同士での交流がなかなか出来ませんので、この機会にたくさんの方々と親睦を深めて頂ければ幸いです。

今週初めの週間予報では、土曜日は曇り雨の予報で、もしかして実施出来ないのでは・・・・と涙ちょちょ切れそうでしたが(泣笑)、今日の予報では、完全に晴れ!しかも最高の秋晴れ!!の予報で、ホッと一安心。


最高に楽しい交流会にしましょうね!!(笑笑)



交流会の翌日は、クラブ発足以来参加している地区の行事、「西の郷ロードレース大会」への参加。

今年も40名を越える子供たち・保護者の方々から申込があり、大変嬉しく思っています。

『自分の競技はもちろんのこと、自分の競技以外でも仲間の競技をみんなで精一杯応援する!』

この行事に参加した頃からの永久不滅!?のモットーとなっています。


サッカーとロードレース、畑は違えども、両方共にスポーツであることは同じこと!!

競技も一生懸命! 応援も一生懸命!! チーム一丸となって頑張りましょう!!!


かくゆうこの私も、毎度のことながら健康の部3㎞に出場します。今年も、途中での給水、豚汁食べ等々行いますので、サポーターの方々準備万端で願います!(笑)

たった3㎞で給水? 豚汁食べ?? それってどういうこと???

お知りになりたい方は、当日会場にお越し頂き、その目でとくとご覧下さい!!(笑笑)


それでは皆さん、2016秋の週末、思いっきり爽やかな汗を流して、良き仲間と共に、最高に充実した時間を過ごしましょうね!!





58086b01-4748-4e50-ab9b-5f95d3093d95.jpg

上記の写真は、【FIFAU-17女子ワールドカップ2016ヨルダン】決勝戦を翌々日に控えた19日(水)、トレーニング終了後に行われた日本代表と現地中学生との交流会の様子を撮影したものです。

純さん、なぜだかボールを奪いに行かず、緑の3番のビブスを身につけ、じ~っと現地中学生のこと見つめています!!(笑)


決戦を前にし、心身共にリラックスした、そして何より貴重な体験が出来た時間となったことでしょう。

サッカーを通して、約1ヶ月間の異国の地、中東ヨルダンでの生活で目にした耳にした五感を通して感じ得た数々の出来事は、高校生の娘にとって、日本代表の面々にとって、これからの人生にとっての最高の財産となったこと間違いありません!

その最高の締め括りとなる決戦の日は、いよいよ明日。なぜだかこちらが今から超ド緊張!!(苦笑)


がんばれ純! がんばれ日本!!
仲間を信じ 今を戦え
IMG_20161017_214340.jpg

この写真は、ワールドカップが始まる前に、選手、スタッフが全員、今大会に懸ける思いを日本国国旗にしたためた決意の言葉の数々です。

我が娘の言葉を探していると・・・・・・・・見つかりました!

「仲間を信じ 今を戦え  Jun 16」

と言う言葉が!!




一昨日行われた準決勝戦で強豪スペインを下し【FIFAU-17女子ワールドカップ2016ヨルダン】決勝戦進出を決定した日本代表!

左サイドで先発出場した遠藤純選手。1点目の起点となった相手選手3人を引きつけての絶妙なスルーパス!お見事!!でした。

しかししかし、そのプレー以外は、お世辞にも・・・・・・・・・・

それを本人も自覚していたのでしょう。後半15分に交代後ベンチに退いた後、人目も憚らず悔し涙涙涙・・・・・・・・・・

それをテレビにすっぱ抜かれた!?ものだから、たまったもんじゃない!!(泣)

アナウンサーは、「あの1点目は遠藤純選手がいたから! 泣く必要などないと思う!」 と力説するも・・・・・・・

彼女にとっては、チームが勝利した喜びと、自分の不甲斐なさと、様々な感情が入り交じったセミファイナルの戦いになったことでしょう。

それでも、その思い、その経験は、その舞台に立ったことにより感じることができたこと。今後の彼女のサッカー人生にとって、最高の財産、最高の糧、計り知れない大いなる肥やしetcになったこと間違いなし!!そう思っていますし、そう信じています。


泣いても笑ってもいよいよ最後の1戦!

しかも、それが決勝戦と言うのですから、申し分ないこと!

しかもしかも、その対戦相手が、このワールドカップの出場権を獲得した、昨秋(約1年前)のAFCU-16アジア女子選手権大会の決勝戦で敗れた北朝鮮なのですから、またまた申し分ないことこの上なし!!


昨秋の決勝戦終了後、大会の地、中国から送られてきた娘のコメントが今でも鮮明に蘇ってきます。

「すごく悔しかったけど、くよくよしていても仕方がないので次に向けてがんばります! そして、来年のワールドカップメンバーに選ばれるように、しっかりがんばっていく! そして、必ず世界1になる!!」


この言葉を有言実行し、今度は悔し涙でなく、思いっきり嬉し涙を流している姿をすっぱ抜かれますように!(笑)

そして最後には、こんな最高の笑顔をチームのみんなで浮かべることができますように!!

「仲間を信じ 今を戦え」


がんばれ純! がんばれ日本!!


1476789507215.jpg




【10月18日提出の純さんの後輩のサッカーノートより】

「ぼくは家でリフティングをしていました。新記録を出せるようにがんばりました。今までのぼくの記録は44回でした。何回やっても新記録が出ませんでした。ちょっと休憩してやりました。そしたら、今までの記録を2回更新しました。それが自信になって何回もやりました。記録は49回でした。新記録を出すには、練習をいっぱいしなくちゃ出せないんだなと思いました。」

※読みやすいように平仮名を全て漢字に直させて頂きました(笑)


「今日の練習の時、ぼくの友だちのN君(実名をイニシャルに)が来てびっくりしました。ホワイトリバーに入ってくれたんだと思ってすごくうれしかったです。N君は、足がすごく速いし、ロードレースでも1位をとったりしているので、サッカーも上手になるんだろうなぁと思います。ぼくも負けないくらいがんばらなくちゃと思いました。それに、これからいろんな試合にN君と行けると思うと楽しみです。」


「日曜日の試合で、1試合目に、体をゆさぶって相手を抜いた後に、キーパーと1対1となり、その時に落ち着いてシュートを決めれたのが良かったです。これは、いつも意識してきた、チャンスほど落ち着くこと、を実行できたのだと思います。この成果が出て、チャンス以外でも、ピンチの時とかまたぬきしたり、細かくゆっくり落ち着いてできてとても良かった。意識していた成果が出てとても良かったです。他のこともしっかりやっていきたいです。」




昨日のトレーニング終了後、

「みんなが練習しているこのグラウンドでがんばっていた先輩が、ワールドカップに選ばれて、しかも、もう少しで世界1を手にしようとしている。千葉では、あの聖和学園と肩を並べるほどのテクニック集団と言われる高校(中央学院高校)で大活躍している先輩もいる。その他にも、たくさんたくさんの先輩がみんなと同じこのグラウンドで一生懸命練習して今成長していろんなところで活躍している。みんなの数年後はどうなっているんだろう、そんなことを考えながら今日はみんなの練習を見ていました。数年後の活躍、期待しているからね!」

と一言。


とは言ったものの、子供たちが成長し光り輝く頃、私は一体どうなってることやら・・・・・・・・(泣苦笑)


がんばれ後輩たちよ!  がんばれ先輩たちよ!!


がんばれ自分!(笑笑)
末永くお幸せに!!  
20161015_141839_convert_20161017140735.jpg

1999年7月、ホワイトリバーフットボールクラブ設立。

発足当時は、8名で始まった我がクラブ。その1期生として当時小学2年生で入会してきたT君。あれから17年、こんな良き日に立ち会えるとは、誰が想像できただろうか・・・・・・(笑)

たくさんの同期生に、たくさんの列席者に祝福されたT君の晴れの門出。

その成長ぶりに、その光景に、ただただ時の流れをしみじみ感じると共に、自分が年老いたことを思いっきり痛感したわけでありまして・・・・・・(苦笑)

T君の成長もさることながら、同期生(1期生)の健やかに!?成長を遂げた姿を目の当たりにして、ただただ感動感動・・・・!!


祝宴の席でお酒を酌み交わしながら出てくる話は、耳が痛~~~いお話しばかり!!(苦苦笑)


「リフティングが出来なくて泣きながらやらされた!」

「試合でびびってプレーしてたら、俺の拳とどっちがびびるんだ!と言って思いっきりげんこつかまされた!」

「炭酸ジュースを飲んでいたら、スポーツ選手がそんなもの飲んじゃいかん!と言って、思いっきりグラウンドを走らされた!!」

etcetcetcetc・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私も血気盛んな!?30代!  みんな、本当ごめんね~~~!!(泣泣)


それでも、「あの頃は本当楽しかった!」 「あの頃があったおかげで今もこうして仲間の絆がある!」等々


みんなの成長を今後いつまで見届けられるか分からないけど、T君をはじめ、みんなの幸せを、みんなの活躍を、かげながら精一杯見守り応援させてもらいます。


本当に楽しいひとときでした。T君、改め、たくみ、ご結婚おめでとう! そして末永くお幸せに!!  

1476610921197_convert_20161017141002.jpg


そんな先輩の良き日に立ち会った翌日は、ホワイトリバーが設立された年には、まだまだこの世に産声をあげていなかった今のホワイトリバーの面々と栃木県日光市へ遠征試合。

朝バスに乗り込む子供たちを見ながら、この子たちもいつの日か、あの先輩達のように成長していくんだなぁ・・・・・一人感慨に耽っていたわけで・・・・・・そんなこと、みんな知る由もなし!!(笑)


『勝利は一瞬で終わり・・・・・・技術は一生残る』  


この華麗なる目標を掲げる栃木県日光市で活動するOMFC主催のすばらしいフェスティバルに参加させて頂きました。

毎度のことながら、子供たちも指導者も大いに大いに刺激を受けた、そして、大いに学ばせて頂いた充実した時間を過ごさせて頂きました。

先週のエナブル主催のフェスティバルに引き続き、今何が大切で、今何が大事なのか、子供たちのどこを見据えて関わっていくべきなのか・・・・・改めてぶれないことの大切さを身に染みて感じた時間でした。


言ったようにならず  やったようになる


磨いて磨いて磨きまくっていきたいと思います! 私が? 君がですよ!!(笑笑)

20161016_145149_convert_20161017140833.jpg
20161016_151406_convert_20161017140934.jpg


来るべき将来、この子たちは、我がクラブで過ごした時間をどんな思い出話として語ってくれるのだろうか・・・・・・・

その頃、私は一体どうなっていることやら・・・・・・(泣苦笑)




☆本日25:00 【FIFAU-17女子ワールドカップ2016ヨルダン】 準決勝 [日 本 vs スペイン]のキックオフ。

1476683152006_convert_20161017144817.jpg

夕べ、ラインで送った純さんが大好きなスター君の寝顔の写真。

「かわいい!(笑)  これから練習行ってくる!」

そう言ったきり、なんの音沙汰もなく・・・・・・・・・・・・・・  便りがないのは元気な証拠!!(笑)


チーム一丸となって、ファイナルへの切符を掴み取ってほしい! 心の底からそう願っています!!


がんばれ純! がんばれ日本!!
有言実行 ~祝 日本代表準決勝進出!!~
「第1節(第1戦)に先発出場して以来出場機会がなく、悔しい気持ちもありましたが、第2節、第3節とチーム全員で勝ち切ってくれたので「自分に出番が回って来たときはチームに貢献しよう」という思いで今回の一戦を迎えました。試合前の選手ミーティングで、「点を取ってチームにいい流れをもたらします」と決意表明していたので、先制点が決まったときはうれしかったです。その後はなかなか点が入らず、危ないシーンもありましたが、しっかりと勝ち、このメンバーと最後まで大会を戦えることが決まってうれしいです。」

これは昨夜行われた【FIFAU-17女子ワールドカップ2016ヨルダン】 準々決勝戦 日本vsイングランド戦の後の遠藤純さんの公式取材後のコメントです。(本日の日本サッカー協会ホームページより)


第1戦の出場から10日間強の空白。彼女の全ての思いが、全ての気持ちがこのコメントに表れている!そう思っています。


「今日は先発! 頑張る!!」 


試合数時間前に現地から送られてきたライン。


「よっしゃ~! その言葉待ってたぞ~!! 今まで我慢してきた分、思いっきりグラウンドで爆発、いや、大爆発させて来~い!!!  テレビ食べるぐらいかぶりついて応援してるから♪♪  がんばれ純! がんばれ日本!!」


入場してくる娘の決意に満ちた表情をテレビ越しに見て、なんだか胸が熱くなって熱くなって・・・・・・・・・・・(涙涙涙)


それから数分後、思いの丈が爆発する瞬間が訪れた!!


お世辞にも鮮やかなゴール!とは言えなかったが、それでも、全ての思いと全ての気持ちが籠もった最高に泥臭いゴール!!だった。歓喜に充ち満ちてるその表情仕草を見ていて、喜びを体いっぱい表わしているその姿を見ていて、これまでの空白の彼女の思い胸の内を瞬時に想像し、またまた涙が・・・・・・・・もちろん、最高級の嬉し涙が・・・・・・・・


サッカーの神様は、ここまで決して腐らずに(正直思いっきり腐っていたとは思うが・・・・・苦笑)前向きにへこたれずに日々邁進してきた彼女をしっかり見ていてくれた! そして、最高のご褒美を与えて下さった!!


本気でそう思った次第です。


「点決めた~!  夜遅くまで応援ありがとう!  ゆっくり休んでね! おやすみ~zzz」


こちらは試合後に現地から贈られてきた非公式なラインコメント(笑)


「たくさんの思いが爆発した最高の瞬間だったよ! 感動をありがとう♪ しっかり疲れをとるんだよ。 よく食べよく寝て! おやすみ!!」


『神様は乗り越えられる者にしか試練は与えない』


この言葉が脳裏をぐるぐるぐるぐる・・・・・・・・



今を楽しめ! サッカーを楽しめ!! 青春時代を思いっきり楽しめ!!!


がんばれ純! がんばれ日本!!



2843549_xlarge-lnd.jpg
2843550_xlarge-lnd.jpg
2843546_xlarge-lnd.jpg
2843537_xlarge-lnd.jpg
2843536_xlarge-lnd.jpg
2843540_xlarge-lnd.jpg
2843538_xlarge-lnd.jpg
2843551_xlarge-lnd.jpg
2843544_xlarge-lnd.jpg




試合終了後の1枚。日本代表の歓喜とは裏腹に、絶望に打ちひしがれるイングランド代表の面々。勝負の世界の残酷さを物語るシーン。お互いに国の威信をかけた戦いなだけに、この天国と地獄の縮図!?は致し方ないことかと・・・・・なぜなら、この光景は、まさに「明日は我が身なのだから・・・」 しかし、お互いにサッカーが大好きでこの世界に身を投じた同士であることは間違いないこと。試合終了のホイッスルがなれば、敵も味方も関係ない・・・・・・・甘いと言われるかも知れないが、それがスポーツだと私は思う。決して、戦争ではないのだから!!  写真の奥の方で霞んで見える姿。日本代表の16番、まさに娘が、勝利の雄叫びをあげることなく、絶望感に瀕しているイングランドの選手に手を差し伸べている姿。ゴール後の喜びの写真と共に、いや、それ以上に心を打たれた! そんな1枚の写真でした。

2843592_xlarge-lnd.jpg


☆明日はホワイトリバーの教え子(第1期生)の結婚式。同級生もたくさん集まるとのこと。友と共に、晴れの門出を大いに祝してきたいと思っています。
言ったようにならず   やったようになる
20161011_122249(0)_convert_20161011171048.jpg

本日は、南相馬市の幼稚園での復興支援活動。3連休サッカー漬け!?明けの早朝での出発。ヘロヘロクタクタの身体を目覚めさせるのは、超しんどかった~!(苦笑) やっとこさすっとこさ!?起きたものの、運転時も朦朧状態!?(苦苦笑) とは言っても、安全運転120%!!!(笑)

「こんな状態で2コマの活動がしっかり出来るのか・・・・・・」

そんな不安も懸念も、元気な子供たちと一緒にいたらどこ吹く風!!(笑笑)

みんな、どうもありがとう!  でもね、帰りはやっぱりクタクタだったよ!!(泣笑)


そんな帰り道、出会った猿の群れ。「あっ!猿だ~!!」と一瞬喜んだものの、よく見ると、その猿がいたのは(写真には2匹しか映っていませんが、他にも2匹いて計4匹の猿が・・・)未だ全村避難を余儀なくされているとある家の庭先。もちろん無人の家。車がけっこう行き交う道路際の家の庭先だったのですがこの状態。

来年3月31日の一部地域の避難指示解除に向けて急ピッチで除染作業等々が行われいる飯舘村。1日も早い復興を願わずにはいられない本日の光景でした。





昨日、一昨日と参加させて頂いた、FCEnable(宮城県仙台市)主催の「第4回マイタウンサッカーフェスティバル&プレフェスティバル」

2日間、朝から晩まで子供たちも指導者である私も、本当に本当にお世話になりました。この場を借りて厚く熱く御礼申し上げます。

プレフェスティバル(交流戦)での試合、特に、中学生との試し合い(試合)は、我がクラブの子供たち、その技術のハイレベルさに目を丸くすると共に、目をキラキラさせながらお兄ちゃんたちと格闘!?している姿がとても印象的でした。

本物の体感!! そんな感じでした。

20161009_142642_convert_20161011171159.jpg
 
また本番当日は、たくさんのチームと試し合いをさせて頂き、子供たちは大いに刺激を受け、また、自分の今の未熟さを改めて感じたそんな時間だったように思えます。もちろんほんの少しの成長も・・・・・・(Y君、4度目の正直!?でのPK成功、本当におめでとう!! 今度は涙を流さなくて笑顔になれて良かったね!!<笑>)


これもひとえに、このすばらしいフェスティバルを開催されたEnble代表碓井氏はじめ、スタッフの皆様、保護者の皆様、そして、子供たちのおかげと心より感謝の気持ちでいっぱいです。改めて改めて御礼申し上げます!!


フェスティバルを終え、碓井代表に挨拶する子供たち、その光景を遠巻きに見ているだけで、こちらまでニヤニヤしてしまう、そんなやりとりでした。(笑笑)

20161010_162947_convert_20161011171307.jpg


言ったようにならず! やったようになる!!


碓井氏の座右の銘を今後も肝に銘じ、またいつの日か再会するその時まで(と言っても、すぐにまたお会いするでしょうが・・・・笑)、子供たちとぶれずにがんばっていこう!! そう思った次第です。


交流戦、フェスティバル、そして延長戦!?本当に本当にお世話になりました。ありがとうございました! そして、今後ともどうぞ宜しくお願い致します!!
季節外れの蛍!?  ~日本代表16番~
季節は既に秋真っ盛りと言うのに、あの夏の風物詩である『ホタル(蛍)』が出現した!!???

しかも大都会に!!!

何言ってるの???   な~んて言ってる人のために・・・・・・・・・




お分かりになりましたか? そうです! 昨晩のイラク戦で埼玉スタジアムに現れた季節外れの蛍、山口蛍選手のことです!!(笑)

それにしても【劇的弾!】まさに、この言葉がぴったりの鮮やかな、目の覚めるような、度肝を抜くような、あとはえ~~っと・・・・・とにかく、素晴らしいシュートでした!!!

一緒にテレビ観戦していた息子が、その瞬間、思わず立ち上がって大絶叫していた姿も度肝を抜かされましたが・・・・・・(笑笑)

聞くところによると、季節外れの蛍さん、もとい、山口蛍選手は昨日が誕生日だったとのこと。まさしく、【バースデーゴール】!

26才の誕生日、彼はきっと一生忘れ得ぬ日となったことでしょう!!

崖っぷちに立たされた中での勝利で、次戦のオーストラリアとの1戦は、落胆から大いなる期待に変貌を遂げました。(あくまでも個人的な見解ですが)

負ければ首! そうあちこちから囁かれていたハリル監督も、これで少しは安心して采配を揮うことができるはずです。

それにしても、季節外れの蛍の輝き、目映かったなぁ・・・・・・・・・!!!(笑)




その山口蛍選手の身につけていた番号は16番。

もう一人の日本代表の16番と言えば・・・・・・・・・・・・・・・・・

もちろん、我らが遠藤純選手!であります!!(笑笑)


明日の予選リーグ最終戦となるアメリカ代表との試合。蛍の輝きに負けないような、大いなる大いなる輝きを放ってほしい!!そう願っています。


第2戦(パラグアイ戦)終了翌日には、トレーニングの後に、シリアからの難民の子供たちとの交流会が催されたようです。

また、翌々日には、トレーニング前にヨルダンのモスクに足を運び、イスラム文化を体験してきたようです。


日の丸を背負っての緊迫した戦いの最中ではありますが、サッカーを通してその他様々な活動を通して、人として貴重な体験経験が出来ていること、大変嬉しく思っています。


※「お祈りしてきたよ笑」の言葉と共にモスクから送られてきたと思われるラインの写真
1475819877557.jpg

今流行の変身写真!?は分かるけど、厳かなそして神聖な場所でこの写真は如何なものかと・・・・・・・・(苦笑)

それでも、なんだかとっても楽しそうな笑顔にうっとり~~~!  親バカフルパワーですみません!!(大苦笑)



明日のアメリカ戦。この笑顔をピッチの上で見たい! 見せてくれ~!!  父は、そうお祈りします!!!(笑)


がんばれ純! がんばれ日本!!
複雑な気持ち ~悔しさをバネに!~
20161004_162058_convert_20161005143304.jpg

『実るほど頭を垂れる稲穂かな』

先日の秋桜に続いての秋の風物詩第2弾!(笑)

実はこの風景には、個人的に相当な思い入れがあり・・・・・・・

何? 稲刈りの思い出??

はい、そうです! ではなく、実はこの写真で車が行き交っている道路のことでありまして・・・・・・・・・

高校時代、野球部のロードワークで頻繁にこの道路を走っていました。ロードワークは、私の苦手な!?、いや、大嫌いな練習のひとつで・・・・・・・(苦笑)

ロードワークの帰り道に先頭から相当遅れて走っている時、この道路で友だちとあることにチャレンジし・・・・・・・・

それはですね・・・・・・まさかのヒッチハイク!!(苦苦笑)

高校野球部員が、なんたることか!! 今ならその当時の自分を、思いっきり叱責するでしょうが、その当時は、本当に本当に辛くて苦しくて・・・・・・(泣笑)


1台の軽トラック(おじさんが運転)が通りかかった時、

「おじさん、高校まで乗せてって!」と性懲りもなくそのようなことを発すると・・・・・・(当時は真剣だったけど、今考えると、超恥ずかしい!!<苦×1000000000000000笑>)

「おまえら、何言ってるんだ! そんなこと言ってたら甲子園なんて行けねぇぞ!!  ほら、走れ走れ!!」

となんなく一蹴され、車はビュ~~と行ってしまい、友だちと二人で目を合わせ、千鳥足!?で歩を進め・・・・・・・・


そ~んな、他人様が聞けば、ばかなことをやっていたことをこの風景を見ると思い出すわけでありまして・・・・・・・・

あっ! 他人様に言ってしまった!!!(笑)

まっ、若気の至りとお許し下さい!  それにしても、すっごいことを思いつく高校生だったなぁ・・・・・ 我ながら、ある意味感心感心!!(笑笑) 

どうぞ笑って下さい! いや、嘲笑してやって下さい!! その方が、私の過去も救われます!!!(笑笑笑)

ちなみに、上述した『実るほど頭(こうべ)を垂れる・・・・・』の意味は、ご存知かと思いますが、「稲は実を熟すほど穂が垂れ下がるように、人間も学問や徳が深まるにつれ謙虚になる」と言う意味です。

先日、ノーベル生理医学賞を受賞した東京工業大学栄誉教授である大隅良典氏の記者会見やテレビインタビューなどを拝見していて、この言葉が脳裏を巡りました。

ヒッチハイクをしながら甲子園出場を目指した愚者には、到底及びもしない御言葉ですが・・・・・・・(泣泣泣笑)




[10月4日(火)提出のサッカーノートより] ※なぜか会津磐梯山登山のことを書く者が多かったので・・・・・・

「ぼくは、上級生たちといっしょにばんだい山に登りました。3年生は、ぼく一人だけでした。登りはいっぱい時間がかかったけれど、下りはすこし楽でした。山を下りてプールに行くとちゅうは、足がいたかったけど、プールに入ったら楽しくていたくなくなりました。でも、プールをあがって帰りになると、いたくなってきました。来年は、あだたら山に登ると言っていたので、また登る時もおじいちゃんをつれて行きたいと思います。」


「ぼくは、クラブのみんなで登山をしました。登ったのは、磐梯山です。ぼくは、山登りがはじめてでした。最初は、1816mあると言われて、「行かない」と言いました。けれど、やっぱり行こうとなってはじめて登山をしました。八方台からスタートして、山ちょうを目指しました。とちゅうで、弘法清水によって水をくみました。しんせんでつめたくておいしかったです。そして、山ちょうにつきました。けしきがすごくよかったです。登っている時に、「めんどくさい」と言ったら、かんとくが、「めんどくさいことをやらなくちゃいけない」と言いました。ぼくはその時、勉強もサッカーも同じだと思いました。その後、ラビスパのプールに入りました。すごく楽しかったです。来年も行きたいです。」


「ぼくは、10月1日(土曜日)に会津磐梯山に登りました。とちゅうぐあいが悪くなりみんなにめいわくをかけてしまいました。それでもがんばって登りきりました。けしきも良かったし、そこで食べるお弁当もうまかったです。登るのはつらかったけど、山頂についたら、そのつらさを忘れるくらいけしきがきれいでした。また、会津磐梯山に登っていいけしきを見たいです。プールではみんなでリレーをしました。負けてしまったけど楽しかったです。あと、純ちゃんはすごいと思いました。日本代表に選ばれてガーナとの試合で2点も決めることができたのはすごいと思いました。次の試合でもシュートを決めて活やくしてほしいです。おうえんしています。」


「初めて磐梯山に登りました。山頂にいくための試練がたくさんありました。大きな岩や石、木やあれた道に苦労し、こける人もいてとても大変でした。でも、これは、サッカーのバランスにもつながるからとてもいい練習になりました。試練をのりこえた人だけが見れる絶景はすごくきれいでした。しかも、岩から飛びおりる時に、本当に落ちてしまうみたいでおもしろかったです。登山の後はプールに入り最高でした。登山の大変さを改めて感じた、いい体験でした。」


 
20161005_005703_convert_20161005143358.jpg

【FIFAU-17女子ワールドカップ2016ヨルダン】 日本代表の予選リーグ第2試合目が、昨夜深夜、正式には今日の夜中から朝方にかけて行われました。

結果は、5対0で勝利!!  これで予選リーグ2連勝で、次の予選リーグ最終戦に勝利すれば(負けても最少失点なら)グループ突破となり、決勝トーナメント進出となります。

この試合、純さんはと言うと・・・・・・・・・・出場なし。終始ベンチからチームのみんなのために出来ることを精一杯行っていました。

チームスポーツである以上、それもやむなし!! 1戦目で負傷し未だ癒えてないのだから・・・・・・ そうは思いつつも、本人の気持ちは・・・・・・

「正直試合に出れなくて悔しかった。でも、個人じゃなくてチームだから!勝てて何より!次がんばる!」

試合後に送られてきたラインを、何度読み返したことか・・・・・・・・・・悔しさをバネに!! そう願ってやみません。


実はこの試合、娘と共に高校1年生で代表入りした菅野奏音(かんのおと)選手<女子サッカーの名門、日テレベレーザの下部組織の日テレメニーナ所属>も終始ベンチから声援を送り・・・・・・

初戦のガーナ戦では2人とも先発出場し、主観を抜きにしてもこの2人の存在感は非常に輝いていた!そう思っていたのですが・・・・

そんな2人が今回の試合ではピッチに立てず、お姉さんたちのプレーをどんな思いで見ていたのか・・・・・・・・(21名の代表選手中、早生まれの高校3年生5名・高校2年生14名・高校1年生2名)

次の予選リーグ突破を掛けたアメリカ代表との試合。 むずむずめらめら・・・・の気持ちを思いっきり爆発させてほしい!!そう思っていますし、そう願っています。

この2人、実は今回の代表での顔合わせが初めてではなく、小学生の時も出会っており・・・・・・・

娘がJFAアカデミー福島を受験(セレクション)する前に、同時並行で、日テレメニーナの受験を行っていました。力試しや色々な意味で・・・・・・

そのセレクションは東京都稲城市にある日テレメニーナのホームグラウンドであり、東京ヴェルディのホームグラウンド。

試験は5次試験まであり、ふるいにふるいを掛けられて、6~7人しか合格出来ない超狭き門。その当時の1次試験にも、会場に溢れんばかりの強者の女子サッカー選手が・・・・・・・・・・・・・

この中でたった数名か・・・・・・・・・・・ 娘のセレクションを見ながらそんなことを思っていたことを今でも覚えています。

その試験で、普通は最終試験まで行かないと合格が出ないのですが、試験官のチーフを務めていた当時のメニーナの監督さんが、「この2人は絶対にほしい!」と、ななんんと1次試験終了の段階で合格を言い渡した選手がいたのです。

それが、娘と菅野さんだったのです。

沢選手をはじめ、なでしこJAPANの選手を無数に輩出している女子サッカーの名門、育成にはとても定評のあるチーム・監督さん等々、本当は、その熱き思いに、ありがたいありがたいその熱望にぜひともお願いします!と言いたかったのですが、寮がないこと等々物理的な理由から断念せざるを得なく、今現在に至る!そういう感じです。(だからアカデミーに仕方なく行った!そんなわけでは決してありませんので誤解されませんように)

その2人がこうして今回のワールドカップに飛び級という形で選ばれ、日の丸を背負って同じチームメイトとして同じビッチに立ち、同じ目標に向かって邁進し・・・・・・・・・・・

あの時の(メニーナ受験の時の)監督さんの目に狂いはなかった!!(烏滸がましい言い方ですみません) そう思っています。


日本代表の快進撃を願うことはもちろんのこと、娘と菅野選手のこのワールドカップでの活躍、そして、この先の大いなる活躍を願わずにはいられません。


20160823_182415_convert_20161005143216.jpg

8月に行われた代表合宿での2人のツーショット!!


がんばれ純! がんばれ奏音!! がんばれ日本!!!
感動の1日 ~続編~
20161003_101058_convert_20161003132949.jpg

うす紅の秋桜(こすもす)が秋の日の~♪ 何気ない陽溜りに揺れている~♪♪

この歌詞を読んで、「あの歌ね!」そう思われた方は私と同世代!(笑)  これって何!? そう思われた方は、大変お若いお方!!(笑笑)

事務所そばの道端に咲き誇る秋の風物詩を、秋桜の歌を口ずさみながら思わずパチリ!!(笑笑笑)



[感動の1日の続編 パートⅠ]

【会津磐梯山に登ろう!イベント参加の保護者の方々から寄せられたメールより】

「昨日の登山では、長男だけでなく主人まで大変お世話になりました。以前より親子で登山をしたいと話していたので、この機会に参加出来て良かったです。天候にも恵まれ、素晴らしい景色に・・・ 何よりも子供たちの元気、山を走り回ったり、岩をジャンプしたり、崖っぷちを歩いてみたり、頂上で鬼ごっこをしたり・・・ 滑落してもおかしくないくらいのサバイバル精神にただただ驚くばかり(笑) そしてお風呂にも入らず、時間いっぱいプールで遊び、帰りのバスでも寝ることもなく大騒ぎしていたパワーに、脱帽だ!と主人が言っていました(笑) また、○○のお誕生日の頂上での歌のサプライズ・・・ とても良い思い出になりました。ありがとうございました!」


「磐梯山登山の話を聞いて、とても充実した1日が伺えました。標高1816Mを横にすると、大した事はない距離なのだ、と見方を変えると面白い、と・・・・  ものすごく沢山の事を経験出来る事に感謝します。」


「磐梯山登山、大変お世話になりました。急遽おじいちゃんまでお世話になってしまい、ありがとうございました。3人とも、「楽しかった~」と笑顔でした! 疲れた、足が痛いなどという言葉は一つもなかったのがびっくりでした。○○は、大丈夫かと心配していたのですが、「猪苗代湖まで見えたよ!」と、楽しかった話ばかりでした。とても良い経験になったと思います。ありがとうございました。」

  
本日もまたまた保護者の方々に無許可でメールを掲載してしまいました!(苦笑)  著作権法違反、個人保護法違反等々でどうぞ訴えられませんように・・・・・・・(苦苦笑)


※本日写真集を作成し、そのデータをホームページ管理会社の方に届けフォトギャラリーコーナーへの掲載を依頼してきました。明日には掲載して頂けるものと思っています。参加した方々はもちろんのこと、来年はぜひとも参加しよう!そう思っている方々にもぜひともその様子をご覧頂ければと思っています。

ちなみに、私は今日現在も極度の筋肉痛に見舞われており、我が家の階段すら四つん這いになって上り下りしなければならない状況に陥っています!(泣笑)   

「疲れた、足が痛いなどの言葉が一つもなかった・・・・」 若者が羨ましい~!!!(泣泣笑)



[感動の1日の続編 パートⅡ]

2838679_xlarge-lnd.jpg

FIFAU-17女子ワールドカップ2016ヨルダンの第1戦の際の4点目のゴールに飛び上がって仲間に抱きつき喜びを爆発する娘の写真。

日本サッカー協会ホームページ、そして、今回のFIFAワールドカップ2016ヨルダン公式ホームページにも、でかでかとこの写真が取り上げられていました。そうですよね、これだけ幼子のように喜びまくっていれば・・・・・・・(笑)

実はこの写真、上述したようにチーム4点目の直後の写真で、娘が得点をしたのは2点目と3点目で、つまり、自分がゴールを決めたわけでなはく、チームメートのゴールに、我が事にように、いやいや、それ以上の事のように喜びまくっている写真なのです。

この写真を見るにつけ、今回のチームの結束力、絆の深さを感じずにはいられません。今後の試合でも、このようなシーンが何度も何度も見れることを期待するばかりです。



こんなにはっちゃけて喜んでいる娘でしたが、実は、この試合の腹部蹴られ事件!?の影響が収まらず(痛みがひかずと言う意味です)、昨日ヨルダンの病院で検査を受けたとのことです。

「これから念のため病院行ってきます!」 の現地からのライン。

「しっかり診てもらってきな! ヨルダンのお医者さんに!」 と返信すると・・・・・

「怖いけどね笑 うんうん!」




数時間後・・・・・・

「たーだいまー」の声。「どうだった?」の問いかけに、「大丈夫だよ!」と。「良かった!」の返答に、「大丈夫!心配しなくても。痛みはあるけど!笑」

「ただ次の試合の出場は微妙かも」 とのこと。

「大丈夫! 長い戦いなんだから焦らない焦らない!」 と一言。更に、「その痛みは、気合いと根性と福島魂で吹き飛ばせ~!!」 と。


次の試合は(その次の試合も)、日本時間では日付が変わった深夜1時のキックオフのため、寝不足必至! そしてその日の午前中の復興支援活動が2コマ(50分の活動2回)行う園のため、ヘロヘロ必至!(苦笑)ですが、そんなこと言ってはいられない!!

娘への、日本代表への大声援を送る義務が私にはある!!!(笑笑)


がんばれ純! がんばれ日本!! がんばれ自分!!!(笑)


娘のケガが痛みが1日も早く完治し、癒しますように!  神様仏様、そして何より親父、宜しくお願いします!!





☆名曲「秋桜-コスモス-」をお聞き下さい。私が歌っているわけではありませんが・・・・・・(苦笑)  ちなみになぜこのしんみりとした名曲動画の最初に、山口百恵さんの水着姿のカットが挿入されているのか意味不明!!(笑) まっ、お気になさらずに秋の名曲を、日本の名曲をお聴き下さい。くどいようですが、私が歌っているわけではありませんが・・・・・・・・(苦苦笑)

感動の1日!!
20161001_112410_convert_20161002161217.jpg

【感動1つ目】

「今日はお疲れ様でした。初めての山登りで、想像以上に登るのが大変だったようでしたが、頂上に着いた時は、登りきったと言う嬉しさで、疲れも忘れ元気100倍になったようです!!(笑) 山の上から見る景色は最高だったぁ~と。そして、プールでの楽しかった話しもしてくれました♪ 貴重な経験ありがとうございました。」

「昨日はお疲れ様でした! 疲れただろうなと思っていましたが、本人からは楽しかった、おいしかった、気持ち良かった話だけが次々飛び出してきて、充実した1日が過ごせたことが伝わってきました。月末の学習発表会で「会津磐梯山」を演奏するので登山希望しましたが、来年も登りたいそうです。監督や山岳会の方、父兄に見守ってもらい、安全に登山が出来たこと、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!」


「こんなにすばらしい天候、眺めは、数え切れないぐらい登山をしていますが、早々滅多にないことです! これもひとえに元気いっぱいな子供たちのおかけですね!!(笑)」

とは、今回の『2016秋日本百名山会津磐梯山に登ろう!』のガイド役を行って下さった白河山岳会の方が興奮気味に!?(笑)呟いた一言。


前夜からの雨、朝方の曇天、全ての不安懸念を払拭してくれた1日。

天の神様と子供たちの日頃の行い、日頃からのがんばりに感謝感謝!!(笑笑)


それにしても上記の保護者の方から寄せられたメールのお子さんの言葉ではありませんが、「想像以上」にきつかったぁ~!!(苦笑)

それが正直な感想です。5年前には聞こえなかった!?肉体の悲鳴!??がワーワーキャーキャー!!(苦苦苦笑)

確実に肉体の衰えを痛感した1日となりました!!(泣泣泣笑)


それでも、頂上から見る初めての絶景は、本当にすばらしかった!! そして何よりも、参加した子供たちが大大大満足してくれて良かった~!!! その思いだけです。

そしてそして、誰一人脱落することなく、安全に無事に登山を出来たこと、それが何よりのこのイベントを企画実施したご褒美だと思っています!!(笑)


全ては、山岳会のベテランガイドさん2名が呆れるほど!?(笑)元気いっぱいだった子供たちのがんばり、そして、そんな子供たちの安全な登山を誠心誠意サポートして下さった山岳会の方々、○○君のおじいちゃん、○○君のお父さんの並々ならぬご尽力のおかげ!!それに尽きると思っています。


それにしても一夜明けての体のボキボキ具合!(苦笑) 筆舌に尽くしがたいこの痛み!!(苦苦笑) コンクリートのように固まった体の張り具合!!!(苦苦苦笑)


今後もサッカー及びそれ以外の様々な活動を通して、たくさんの方々のご支援を頂きながら、クラブに集いし子供たちが、健やかに心豊かに成長するよう、微力ながら精一杯尽力していこう! 改めてそう思った1日となりました。

感動1つ目 完!(笑)  ※後日写真集を作成します。お楽しみに!!



【感動2つ目】
2838688_xlarge-lnd.jpg

「まさかこんな日が来るなんて・・・・・・」

私がテレビにかじりついている脇で、妹の姿を見ながらしみじみとそう呟く長男。

ワールドカップ2016ヨルダン初戦のvsガーナ戦。

5対0の圧勝!  まずは初勝利おめでとう!!

5得点のうち、2得点を日本の勝利にもたらした純!!  近所の方々が寝静まる時間の静寂をぶち壊した!?遠藤家の大大大歓声!!!(苦笑笑)

2838637_xlarge-lnd.jpg
2838638_xlarge-lnd.jpg

長男(お兄ちゃん)の言葉ではないけれど、本当に我が家にこんな日が訪れるとは・・・・・・・・・・・・・・・・・・(嬉泣泣笑)

自分のフットサル大会を終え、郡山からぶっ飛んで帰ってきたお姉さん(長女)!

「画面に映る妹の姿が違和感でしかなかったし、興奮しすぎて口から心臓が出そうになったよ!(笑)」

とは、試合後にタイムラインに載せた言葉。


「めっちゃ緊張した!」

試合後、宿舎に戻ってから届いた純さんのライン。


「お客さんに純のこと見たって!って言われて、その影響もあり、車買ってもらった!」とは、郡山のとある車の外車ディーラーで働く次男(もう一人のお兄ちゃん)の本日のライン。


今我が家は純さん一色!!(笑笑)


それにしても2ゴールをあげ、いけいけゴーゴーの最中の前半途中、素晴らしいポストプレーから最高のスルーパースを出した直後、スライディングして来た相手選手のスパイクが純さんのお腹を直撃!

一瞬凍り付いた我が家の面々・・・・・・・・・・・・・・・

負傷退場か・・・・・・・・そう思われた瞬間、むくっと立ち上がり(正式にはむくっとではなく、相当痛がっていましたが・・・・<苦笑 と言うか笑ってる場合じゃありませんでしたが・・・・・)、プレー続行!!

試合から1日明けた本日日中にヨルダンから送られてきたラインによると・・・・・

「お腹蹴られたところはすごく痛い笑  歩くだけで響くという大惨事」

「終わったと思ったけど笑 頑張れたよ笑」

何もしてあげられないけど、ここ日本からここ福島からスリスリしてあげる! 痛いの痛いの飛んでけ~って!! (笑)


次は、10月4日(火)<日本時間10月5日(水)深夜1時キックオフ> vs パラグアイ戦(南米代表)。

体の状態がとってもとっても気になるけれど、そこは福島魂でがつ~んと!!!(笑笑)


がんばれ純! がんばれ日本!!


感動2つ目  完!!(笑)