Vamos福島
待ちに待った・・・・・・
今日で9月も終了

事務所に掲示されている3ヶ月毎のカレンダーもいよいよ残り1枚となりました。

どういう意味か分かりますか???  ご想像下さい!(笑)

2016年も残すところ4分の1です。与えて頂いた仕事に感謝し最後の最後まで精一杯尽力させて頂きます!!


10月は明日のイベント開催を皮切りに、クラブ交流会、地区のロードレース大会参加をはじめ、各種大会参加、そしてそして、ホワイトリバーの教え子の結婚式へのお呼ばれetc  もちろん、復興支援活動も目白押し!(笑) 白河市主催のフットサル教室への従事、そしてそして、日々のトレーニングetc


スポーツの秋本番!  サッカーを通して様々な活動を通して、関わる全ての子供たちが、健やかに心豊かにほんのちょっぴりでも成長するよう微力ながら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!



明日10月1日は、いよいよ待ちに待った二つの出来事が・・・・・・・・・・・・・・

一つ目は・・・・・・・・・

9月22日に開催予定で、台風の影響等で実施できなかった『2016秋日本百名山会津磐梯山に登ろう!』のイベントを開催します!!!

週間予報によると、今日と明日は絶好の秋晴れ!と言うことで、磐梯山の頂上からの最高の眺望が見れる!そう思っていたのですが、本日の予報によると何故か曇りの予報に変わっていて・・・・・・(泣泣)

それでも降水確率は0%と言うことなので、贅沢を言わず!?(笑)登山に勤しんできたいと思っています。

今回のイベントの趣旨をご理解頂き参加して頂く方々(子供18名・大人1名、現地でもう1名大人合流)が、「参加して良かった~!」そう言ってもらえるように、全力でサポートしようと思っています。もちろん、安全面には最大の配慮を! そのために、白河山岳会のベテラン2名の方のガイドのご協力を頂きます。どうかどうか最高の1日を過ごすことが出来ますように!!!

※登山終了後は、近くの施設でプール&温泉入浴。「登山は正直気乗りしないようですが、その後にプールに入れるからうちの子は参加したいと言ってます!(笑)」 ○○君、苦あれば楽あり! プールに辿り着くまでヘロヘロになるなよ~!!(笑笑) 





二つ目の待ちに待った出来事は・・・・・・・・・・・

いよいよ本日より『FIFAU-17女子ワールドカップ2016ヨルダン』が開幕します。(日本時間本日深夜より)

日本代表の初戦は、明日現地時間16:00~ 日本時間22:00~行われます。対戦相手は、アフリカ代表のガーナ共和国。

その試合は、スカパー309ch<フジテレビNEXT(ネクスト)>で生中継されます。(その試合以外も、日本戦は全て同局でLIVE放送(生中継)されます。ちなみに、第2戦は4日(火)vsパラグアイ代表<南米代表>現地時間19:00~ 日本時間25:00~ 第3戦は8日(土)vsアメリカ代表<北中米代表>現地時間19:00~ 日本時間25:00~  その後予選を突破すると13日(木)の準々決勝戦、17日(月)の準決勝戦、21日(金)の決勝戦と放送は続いて行きます。)


「明日テレビにかじりついて応援しているからね♪」とラインを入れると・・・・・・・・

「はーいーはーいー」との返事が・・・・・・・・・・


本当はもっともっと言いたいこと、伝えたいことがあったのだけれど、明日の試合の大切さは、本人が分かりすぎるほど分かっているはずなので、つべこべ言うのは止めました! と言うより、ぐっと我慢しました!!(苦笑)


どんな姿を見せてくれるのか・・・・・・・・・・・今からドキドキワクワク・・・・・・・・・・(笑)

と言うか、動かない写真でしか姿を見ていないので、真に生きている証の映像!?が見たい!!(笑笑) その思いの方が強いような気が・・・・・・・・・・・・・・・・(笑笑笑)



ただし、ひとつ不安なことが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日の登山でヘロヘロになって帰宅してしまい、娘の試合のテレビを見る前にバタンキューになってしまったらどうしよう・・・・・・・(泣泣泣)

そしたら泣くに泣けないよ~~~~!!!!!!!!!!!


そんなことにならないように、明日は栄養剤をガンガン飲みまくって、登山も試合の応援もがんばりまっせ~~!!(笑)



がんばれ純! がんばれ日本!! がんばれ自分!!!(笑笑)
何気ない日常の中に・・・・・
20160927_121212_convert_20160927202346.jpg

何気なく普段素通りしている川原に咲いている花に魅了され、車を停め、思わずパチリ!(笑)

この花の正体は・・・・・もちろん『彼岸花』。別名『曼珠沙華』。

私を撮って! 私を見て!! そう言わんばかりに引き寄せられ・・・・・・・・(笑笑)

20160928_094157_convert_20160928125501.jpg

20160928_094230_convert_20160928125547.jpg


本日午前に訪問した保育園への通り道、その存在に思わず車を停め、パチリパチリ!(笑)

この鳥の正体は………もちろん『キジ』。別名『雉子』!(笑)

見向きもせずに通り過ぎてしまったら遭遇!?出来なかったその存在に、俺を見ろ! 俺を撮れ!! その言葉に引き寄せられ・・・・・・(笑笑)




小学校の教員時代、ある作家に魅了され、その著書を貪るように読みあさった時期があった。そして、その考え方、ものの見方、そして何より、子供との接し方、子供と言う人間の尊大さ等々について、ものすご~~~く影響を受け、ものすご~~~く感化された!そんな作家、著書との出会いがあった。もちろん、その当時の教え!?は、今でも私の中で脈々と生きていると思っている。

その作家とは、灰谷健次郎と言う、児童文学作家である。小学校の教員を17年間務め、その後、作家の道一本の人生を歩み、2006年に他界した、知る人ぞ知る、偉大な作家の一人である。

その著書の中の一つに、

【だれもしらない】 と言う本がある。

障害をもった「まりこ」ちゃんが、家から養護学校行きのバス停へ辿り着くまでの道行き、200メートルと言う短くて、しかし、まりこちゃんにとっては長い長い道のり、その道中に繰り広げられる様々な出来事を描いた絵本。

健常者なら、ものの数分で駆け抜けることができるその距離を、まりこちゃんは40分の時間が掛かるのです。少し歩いて休憩、そしてまた歩いて休憩、その繰り返し。

そんな姿を見て、「あんな子、なにがたのしみで生きているんやろ」 心ない言葉をつぶやく人がいます。

一方、「まりちゃん、おはよう」 毎日毎日明るく元気に声をかけてくれる人がいます。

そんな中で、すたすた歩き過ぎては決して分からない、感じることのできない、草花の描写、風の心地良さetc それらの表現を通して、生きるとは?・・・・・  生きているとは?・・・・・・ そんなことを思う存分に感じさせてくれる1冊です。




彼岸花に立ち止まり、雉子に目を奪われ・・・・・・・   その瞬間、この1冊を鮮明に思い出してしまいました。


だから何? だからどうしたの??


本当、一体何でしょうね???  無性にそのことが言いたくて書きたくてこうして記載した次第でありまして・・・・・・・


何を言いたいのか・・・・・・・自分でも皆目検討がつきませんが(苦笑)、ただ、何気なく過ごす日常、湯水の如くに流れる時の早さに背を向けて、ふと立ち止まったりすることも大切なのでは・・・・・・ そんな事を感じただけなのかも知れません。


何かを感じ取って頂ければ幸いです。




【9月27日提出のサッカーノートより】

「ぼくは、土曜日の試合で2回勝ちました。1試合目は点を入れて勝ったので楽しかったし、すごくうれしかったです。2試合目は負けたので、すごくかなしかったです。なので、勝てるようになってやる!と言う気持ちになりました。3試合目は勝てました。しかし、点を入れることができなかったので、1試合目よりは、うれしいという気持ちはあまりなかったです。自分がかつやくすると、楽しいうれしいという気持ちがすごく高くなります。なので、どんどんうまく強くなって、楽しい、うれしいという気持ちの試合をふやしていきたいです。」





ヨルダン日本人会

☆【FIFAU-17女子ワールドカップ2016ヨルダン】開幕まであと3日。(9月30日開幕、日本の初戦は翌10月1日)

先日、午前中のトレーニングを終え、午後は、ヨルダン在住の日本人学校(正式には日本語補習校生)の子供たちと交流会を行ったようです。たくさんの子供たちと交流を深め身も心もリフレッシュ! ヨルダン在住日本人大使より激励の言葉を受け身も心も引き締まる! そんな時間を過ごしたようです。決戦の時まであとわずか。最高のモチベーションと最高のコンディションでその時を迎えてほしい! そう願うばかりです。


「体調が思わしくない・・・・・」そう語っていた純さんはと言うと・・・・・・

「気合いと根性で良くなった!笑」

とのラインにほっとひと安心。大好きなBIGBANG(ビッグバン)の音楽を聴きながら、日々心を癒しているようです。(笑)


今を楽しめ! サッカーを楽しめ!! BIGBANGを楽しめ!!!(笑笑)


がんばれ純!  がんばれ日本!!
2016 クラブ交流会開催告知!
懐かしき・・・・・

今週末、5~6年生は懐かしき大会に参加してきました。(4年生以下は矢祭町での大会に参加しました。)

二つの大会主催者の方々にこの場を借りて改めて御礼申し上げます。ありがとうございました!!

ちなみに、5~6年生が参加した大会は、石川町での『第21回クリスタルカップサッカー大会』

なぜ懐かしきかと言いますと・・・・・・・・・・・・

実はこの大会。私が石川町で小学校の教員をしていた時に、サッカー仲間と、「石川町の子供たちにサッカーを通してより良き経験をさせよう! そして、この石川町をサッカーで盛り上げよう!」 の旗印を掲げ開催した大会だったのです。

第1回は参加8チーム?(記憶が定かでなく・・・・<苦笑>)で、大変な雨の中、七転八倒!?しながら、たくさんの方々に協力を得ながら、開催したことを今でも鮮明に覚えています。その大会が今年で21回目、つまり21年目の開催となるわけで・・・・・・

第1回に参加した子供たちは、今では31,32才になっているわけで・・・・・・私は当時は、29才、つまり20代だったわけで・・・・・(苦苦笑)

とにかく、いろ~~んな意味で、この大会に参加すると感慨深いものがあり・・・・・・・・・・・

いつまでもいつまでも続いてほしい、続けていってほしい、そして何より、今大会を開催した第1回目の趣旨を着実に確実に達成していって頂きたい! そう思うわけでありまして・・・・・・・・・・

そんな懐かしき大会への参加、我がチームの子供たちは、そんな事を知る由もなく、2日間、がんばりました!!

結果は・・・・・・・・・ 少しは成長したかなぁ・・・・・・・・ そんな感じがしました。しかし一人一人を見ると・・・・・・・・・・・

言ったようにならず! やったようになる!!    一に努力二に努力、三も四も五も努力努力あるのみ!!!  




10月22日(土) 2016年度のクラブ交流会を開催します!!

今年は、初めてホームグラウンドで交流会を開催することにしました。 なぜ???・・・・・・・・・とにかくそういうことです!!(笑)

親子運動や親子サッカー、芋煮会を行い、普段クラス別々に活動している子供たち、保護者の方々が一同に介し、様々な活動を通して親睦を図ってほしい! 交流を深めてほしい!! あとは、え~~っと・・・・・・・ とにかくとにかくたくさんの方々に趣旨をご理解頂き参加してほしい!!! そう思って今年度も企画実施することにしました。

募集チラシは、ホームページ内トップページにコーナーを設けて資料を掲載しました。ふるってふるってご参加下さい!!!

ただいまより募集開始スタートで~~~~す!!!!!!!!!!(笑)




ヨルダンワールドカップ がんばれ日本!!

「無事着いたよ~!」 のラインがヨルダンから届いたのは、先週金曜日のこと。

ほっ!とひと安心すると共に、ヨルダンからラインが送られてきたそのことに、唖然騒然!!(苦笑) ライン恐るべし! わけのわからない独り言をブツブツブツブツ・・・・・・・・・・(苦苦笑)

「元気か~!?」 の言葉に、「元気だよ~!」の返答。その言葉がただただ嬉しくてウルウルウルウル・・・・・・・(苦苦苦笑)
 
そんな感傷に浸っていると・・・・・・・・

次に送られてきたラインにはヨルダンの風景を写した1枚の写真が・・・・・・・・・・

ヨルダンの一風景

絵画のような写真にびっくり仰天!  思わず、これって絵!? と聞いてしまったほどで・・・・・・・(絵ではなく正真正銘の写真だそうです)


約1ヶ月にも及ぶ長い長~い合宿生活、とにかく体調を崩さず、けがをせすに、心身共に健康で明るく元気に過ごしてほしい! 遠い遠い地より、願うことはただただそのことだけです。 もちろん、ワールドカップでの大活躍、日本代表の快進撃の願いと共に・・・


日本とヨルダンの時差は、6時間。日本時間から6時間戻すとヨルダンの時間になります。つまり、今は日本は9月26日(月)21:00なので、ヨルダンは、同日15:00となるわけで・・・・・・・・




本日日中、久しぶりにラインが来て・・・・・・・

「昨日、ベネズエラと練習試合した~!」 とのことで、「どうだった?」 と聞くと、「2点決めたよ!」の返答が来て、思わずヨッシャーと独り言を呟いていると、「ただ、体調がおかしくて・・・・」 の言葉に、いてもたってもいられなくなり・・・・・・・・・・・・

ヨルダンにひとっ飛び!! な~んてわけにはいかず・・・・・・(泣)、

「長い長い異国の地での合宿生活、体調を崩すこともあるはず。だからこそ、しっかり食事して、しっかり睡眠をとって、そして、手洗いうがいなど基本的な体のケアを徹底するんだよ!」

その言葉を振り絞るのが精一杯で・・・・・・・・(泣泣)


とにかく、大会まであとわずか。気合いと根性で体調万全にして大会開幕を迎えるんだぞ~!!!!!!


☆本日、ワールドカップに参加する南米代表ベネズエラとの練習試合の様子が日本サッカー協会ホームページに掲載されました。

ヨルダンでがんばれ純!!

日本サッカー協会ホームページより

何もしてあげられないけど、精一杯の応援声援祈り・・・・・・だけは、ここ日本から毎日毎日届けたいと思っています。とにかく今は体調が万全になりますように・・・・・・・・・・・


がんばれ純! がんばれ日本!!
いろいろな報告  
【報告1】
明後日開催を予定していた『2016秋 日本百名山 会津磐梯山に登ろう!』のイベントを延期することにしました。参加を楽しみにしていた子供たち、大人の皆様には、大変大変申し訳ないのですが、今回の台風の影響による長雨、そして、この長雨により登山道が劣悪な状況になっているとの情報を得、安全面を最大限に考慮した結果、延期の判断をすることにしました。「え~~っ!!」そんな声がそこかしこから聞こえて来そう、いや、聞こえて来ますが、皆さんの命を預かる身としては、せっかくの楽しいイベントも・・・・・・となるのは主催者としても本意ではありません。ご理解の上、何卒何卒、ご了承下さい!!

ちなみに、延期日は10月2日(日)とします。内容は同様になります。

延期に伴い、明後日なら参加出来たけれど、その日は・・・・・そんな方もいるかと思います。ごめんなさい!!(泣)

逆に、今回は都合が悪かったけどその日なら参加出来る! そんな方もいるかと思います。ぜひともご参加下さい!!

明日、再度の参加募集メールをクラブ全会員の方々に配信致します。ふるってご参加下さい!!

※実は、今週月曜日、郡山市でのサッカーフェスティバル参加の予定だったのですが、やはり天候不良のため、フェスティバル自体が中止となり、参加を希望していた子供たちには、大変がっかりさせてしまいました。そんな中でのイベントの延期。二重の苦しみ!?(苦笑)を受けた子供たちもいるかと思います。怨むなら、この天候を怨んで下さいね!!(苦苦苦笑)



【報告2】
20160920_142253[1]_convert_20160920195458

実は、日本サッカー協会主催の『リスペクトアウォーズ2016』と言う企画があり、密かに!?応募していました。

どんな内容だったかは・・・・・・・簡単に言うと、サッカー及びそれに関連するリスペクト精神の溢れる活動を募集するとの企画で、その企画に、我がクラブが4月下旬に行った「熊本県大地震」への募金活動のことを書類にまとめ提出しました。

大賞・功労者賞・グリーンカード賞と言う3つの部門で3団体が賞を受けたのですが、我がクラブの活動は残念ながら受賞外となりました。しかし、本日、日本サッカー協会より、「日々のリスペクト・フェアプレー精神溢れる活動に感謝し誠に勝手ながら感謝状を送らせて頂きました。」との通知と共に、上記の日本サッカー協会会長田嶋氏の名前が記された感謝状が郵送されて来ました。

最後に、「日本サッカー協会のリスペクトプロジェクトにご賛同頂き、今後も活動を継続いただきますようお願い致します。」と記載されていました。


東日本大震災を経験した者としてそのご恩返しを、そして、我がクラブの活動が少しでも誰かの役に立つなら・・・・・・・その精神で今後も活動をしていこうと思っています。



【報告3】
いざ、ワールドカップへ!!

本日の福島民報(福島県の二大メジャー新聞のひとつ)に掲載された記事です。記事の大きさに朝から圧倒されました!(笑)

本日より始まった『FIFAU-17女子ワールドカップ2016ヨルダン』の国内での直前合宿。ちなみに、今までの合宿は、日本代表候補合宿でしたが、今回は候補の肩書き!?が外れ、正式な日本代表の合宿となるわけで………「がんばってくる!」 短い言葉ながらもなんだか力強さを感じるその言葉に、思わずうるうるうるうる・・・・・(泣笑)

明後日木曜日午前中まで合宿を行い、合宿地から成田空港に移動し、夜にヨルダンへ向けレッツゴー!!

ちなみにヨルダンへの日本からの直行便はないので、UAEのドバイで乗り換えヨルダン入りします。乗り換えも含めて、その移動時間は、なななんと約17時間。

がんばるきゃない!!(苦笑)

と言うよりも、まずはしっかり合宿を行い、無事に無事にヨルダン入りすることを願うばかり・・・・・・・・・

ヨルダン入りしてからも、ある意味、心配は尽きないけれど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


福島魂を引っさげて頑張って来い!

ホワイトリバー魂を遺憾なく発揮して来い!!

そしてそして日本代表としてお国ために戦って来い!!!


って感じかな。


でもでも、それよりも何よりも、


今を楽しめ!

サッカーを楽しめ!!

けがなく病気することなく充実した1ヶ月を過ごしてほしい!!!


それが本音です。


がんばれ純!  がんばれ日本!!




以上3つの報告でした。チャンチャン♪♪♪(笑)
中秋の名月  ~チュウチュウの名月!?(笑)~
今夜は中秋の名月

泥棒多発の日!  えっ???

もちろん本物の泥棒ではなく、お月見泥棒のことで・・・・・・・・(笑)

お月見泥棒って???

そんな方のために・・・・・・


『お月見どろぼうとは、お月見の日の行事として日本の各地に今でも残っている、子供が主役のイベントです。戦前頃から始まったとされています。お月見の日(十五夜・中秋の名月)には、お供え物をするのがならわしですが、そのお供え物をなんと!?子供達は盗んでも良いのです。ただし、お月見の日だけです。子供たちは月の使者と考えられていたのです。

千葉県や、愛知県・三重県・奈良県・茨城県・福島県・大分県などの、一部地域で残る風習で、農村部でよく行われていた行事だったそうです。

夕方、日が暮れた頃。懐中電灯をもった子供たちが家を回ります。お菓子をみつけたら「どろぼうさん」になります!ただし、きちんと挨拶ができる泥棒さん。きちんと声をかけます。

お月見どろぼうのかけ声はこれ! 「お月見くださいーー!」 「お月見どろぼうでーす」 どろぼうなのに、かけ声をしてしまうなんてバレバレですね(笑) そして、ひとり一つ、お菓子をもらいます。(盗みます) 泥棒だけど、きちんと「ありがとう」と言って次のおうちへ。』



「今日は地区のお月見泥棒の行事があるので練習を休みます」

○○君、お菓子た~んまり盗んだかな? いや、頂けたかな!??(笑笑)



ちなみに○○君以外の子供たちは、中秋の名月に見守られながら、大好きなサッカーに興じ・・・・・・

20160915_183423_convert_20160915193826.jpg

思わず、何とも言えない幻想的な!?光景にパチリ!!(笑)


トレーニング終了後、「今日の月は、中秋の名月って言うんだよ!」と言うと、○○君がすかさず、「チュウチュウの名月???」 その一言に思わず大爆笑!!(笑笑)


きっと月のうさぎも大爆笑!!!?(笑笑笑)



ちなみに何故月にうさぎが・・・・・・・・・

※以下の童話?逸話?(お話)は少々長くなりますので、秋の夜長に余裕がある方のみ、お団子でも頬ばりながら童心に戻ってお読み下さい!!(笑)


むかし インドの山の中を ひとりの行者様が旅をして歩いていました。

行者様は だいぶ年を取っているようでしたが、長い間の修練で これほどの山道くらいは とくに困ることもなく歩いていたのですが・・、ここ何日かは いつもよりも さらに険しい山道に、ゆっくりと体を横たえる場所もなく、ほんの少しの休息を取ってはまた歩き始める・・ということの繰り返しをしていました。

そのためでしょう、その夜、とうとうその行者様は、人など決して通らないような奥深い森の中で疲れ果てて倒れこんでしまいました。

どのくらいそうしていたのでしょう。
どこか遠くのほうで、かちかちと何かを打ち合わせるような音がしています。
だれか人が近くにいるのかもしれない、と行者様はゆっくりと顔を上げ、あたりをみまわしました。

見ると一匹のウサギが 一生懸命 行者様の持っていた火打石をつかって火をおこそうとしているところでした。

このウサギは道に倒れてすこしも動かない人間を見つけたので、友達のサルとキツネを呼んできて、どうしたらいいか話し合ったのです。

「いきてるの?」
「うん。いきてるとおもう。」
「きっと おなかがすいてるんだよ。」
「そうだね、きっとそうだ。」
「なにか 食べるものがあるといいね。」
「じゃ、ぼく 川に行って魚を取ってくるよ。」
「ああ それはいいね。じゃ 僕は 木の実をたくさんとってこよう。」
「ぼくは 火をおこしておくよ。この人、きっとあったかいほうがいいだろうから・・。」
「そうだね。取ってきた魚も焼けるし、木の実もおいしく食べられる。じゃ 頼んだよ。」

そんな話の後、キツネは川へ、サルは木の実を取りに森に出かけいきました。

後に残ったウサギは、あちこちから木切れを集め、行者様の近くに積んで行者様の持っていた火打石を一生懸命打ち合わせて 何とか火をおこそうとしていたのですが、火は ウサギにとっては怖いもの。なかなか上手にできません。

「どれ、私がやろう。」
突然の行者様の声に ウサギはびっくりして火打石を取り落としながら ぴょん!っと近くの草むらのむこうに跳ねのきました。

「この薪は、おまえがつんでくれたのかね?」
行者様の優しい声がそっとウサギの耳に聞こえたので、ウサギは耳の先を草むらからちょいと除かせ、はっぱの間からその赤い目でそうっと行者様をみてみました。

行者様は カチカチと火打石を打ち合わせて、上手に薪に火をつけていました。
そして、赤い炎がちらちらとあがり、まきがぱちぱちいってくるころ、でかけていたサルとキツネがそれぞれたくさんの木の実や丸々した魚を持って戻ってきました。

「行者様、これをどうぞ。」
「たくさん歩いてお疲れになられたのでしょう。どうぞ召し上がってください。」

行者様は、自分の前に差し出されたいろいろなおいしそうな木の実や魚をみて、とてもびっくりしていいました。
「ああ、これは とてもありがたい。お前たちの心遣いには本当に感謝するよ。」

そして、木の実を薪の隙間にいれ、魚を焼こうとしました。

そのとき、行者様の前にさっきのウサギがやってきていいました。
「行者様・・、申し訳ありません。私は、サルさんやキツネさんのようにおいしい木の実も太った魚も取ることができません。それどころか、行者様の体を温めるための火をおこすことも、とても怖くてできませんでした。」

ウサギの目には 透き通った涙が浮かんでいました。

「行者様、でも、私も差し上げられるものがあります。どうぞ お受け取りください。」
そう言うか言わないかのうちに、ウサギは火の中に飛び込んだのです。

キツネもサルもあっという間もありませんでした。それほど突然のことだったのです。赤い炎に包まれたウサギを助けたくても、もうそれはサルにもキツネにもできませんでした。

するとそのとき、一緒にそれを見ていた行者様が火の中に手を突っ込んで、炎の中から焼けたウサギを運び出しました。

「ウサギよ、お前の思いは確かに受け取った。私は お前にその礼をしよう。」

そういいながら 行者様の体はどんどん大きくなっていき、その頭や顔は、もうすっかり雲の上に出てしまうほどになりました。大きくなった行者様は、かがんでひとつの山をすっかり握りとると、それをぎゅうっと押しつぶして丸い形にしたのです。そして、その丸いものをぽ~んと空に放り投げると、それは夜空にぽっかりと浮いて、とてもやさしく輝き始めました。

行者様は手を高く上げて、輝く丸いものの上にウサギをのせていいました。

「お前はとても尊い行いをした。だから 私はお前を永遠に輝く月に住まうことをその報いとして与えよう。」

こうして、月には ウサギがいるようになったということです。



※秋の夜長に、切なくもなんだか心がジーンとしてしまうこのお話。最後までお読み頂きありがとうございました! ちなみに、読みながらお団子をいくつ食べたのでしょうか? 食べ過ぎた分、明日はしっかり燃焼して下さいね!!(笑笑)
秋○○ 
今からどれぐらい前のことだろう・・・・・数年前? いや、十数年前?

くそ暑い夏が終わり、秋の気配を感じるようになった今頃の時期、ものすご~~い尋常ではない腹痛に襲われ、病院に駆け込んだことがあった。

と言っても一度の腹痛で駆け込んだわけではなく、何度も同じような痛みに襲われ、我慢の限界を超えたために・・・・・・


その時に下された診断は・・・・・・・

「これは秋バテですね!」

そう言われ、初耳のその言葉に思わず、「はぁ!」と絶句し・・・・・・・・

よくよく聞いてみると・・・・・・・

「暑い夏に冷たいものを摂りすぎたことが原因かと思われます。また、夏の間に身体に溜まったダメージが原因でこのような症状が出ていると思われます。よくあることなんです。」


そのことが起きたのが、数年前?だったのか、十数年前?だったのか記憶が定かではないのに、お医者さんが言ったその言葉だけは鮮明に脳みそにインプットされており・・・・・・(笑)


それ以来、夏の炎天下のくそ暑さから逃れるために、冷たい物を暴飲しそうになるとその言葉がブレーキ役を担うようになり・・・・・(苦笑)


原因が分かり、その処置法(対処法)は、とにかく身体を冷やさないこと、もちろん、冷たい物は控えることとのことで、その教え!?を徹底遵守し、その後は無事復調し・・・・・・・・・・





ここ最近、腹痛ではないのですが、原因不明の左足首痛と首痛に思いっきり悩まされています。(泣)

どちらもどこかで捻ったわけではないのに、歩くことも曲げることも激痛とまではいかないのですが、それでも常時痛みを感じており・・・・・

これってもしかして秋バテの一種? それとも年のせい??・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(泣泣)


そんなことを考えていたら、前述したいつぞやの腹痛のことを思い出し、とうとうと書き記した次第で・・・・・・(笑)


と言うか、笑ってる場合ではなくて、体が資本のこの仕事、この体が廃れきった!?時には、即廃業となるわけで・・・・・・・(泣泣泣)


秋バテや年のせいならまだしも、何か別の深刻な原因が潜んでいたら・・・・・そう思うと、病院の門を叩く勇気が湧いてこず・・・・・・(苦苦苦)


とにかくもう少し様子を見てみることにして、それでもこの状態が続くようなら・・・・・・・・・・・・・・


『子供を叱るな来た道じゃ  年寄り笑うな行く道じゃ』

それでも本日午前中も4~5才児約20名と格闘!?してきたえんちゃんでした!! チャンチャン♪♪(苦笑)


とにかくお互いに体が資本の身、がんばって行きましょうね!!!





【9月13日提出のサッカーノートより】

※本日は、印象に残ったタイトルを記載します。どのような内容が記されていたのかご想像下さい!!

「おちつけ!!」  「あせっていた自分」  「五分五分の差」  「時間の差」  「みんなとの差」  「引き寄せた後」  「やってはいけないこと」  「メッシはすごい」  「人一倍の努力」  「おしいシュート」  


1週間に1度提出されてくる膨大な量のノート。(トップクラスの選手対象) そこに書き記されている言葉のひとつひとつから、その子の今を垣間見ることができ、見えない心の中が鮮やかに映し出されてきます。

一人一人の思いを感じ取り一人一人の願いに応えねば!!  そう思わせてくれる1週間に1度のこの時間。 今日も全身全霊を傾けてコメントさせて頂きました!!  書ききれないことは、グラウンドでしっかりお渡し致します!!(笑)


どんな風に渡すの???  それはですね・・・・・・・・・・・・・もちろん、企業秘密です! とは言っても、大した秘密でもありませんが!!(苦苦笑) 
感謝を形に  ~きれいさっぱり?~
秋の気配がグググ~ッと近づいてきた感が・・・・・・・

スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋、あとはえ~~~~っと・・・・・・・草刈りの秋!??(苦笑)



先週末、常日頃よりホームグラウンドとして借用させて頂いている場所の草刈りを行いました。

芝刈り機を駆使し、草刈り機を手にし・・・・・・・・・・


本来なら、専門の業者さん(村のシルバーセンターの方?)が定期的!?に行って下さるのですが、その時期が尚早?なのかどうかは定かではありませんが、なかなかその作業が行われず、しかし、草は伸びに伸び放題で・・・・・・・・・・

そこで一念発起!?し、素人同然の私めがその作業に着手し・・・・・・・・・・<もちろん、グラウンド(公園)を管理している地区の代表の方にその作業を行う許可を事前に頂きました。>

その結果が、所謂虎刈り状態に・・・・・・・・(泣)

20160911_175212_convert_20160912120725.jpg

あちゃ~~!!という感じですが、伸び放題よりはマシ!そう自分に言い聞かせ・・・・・・・・・(苦苦笑)

「この作業は、自分たちのためはもちろんだけど、自分たちが大好きなサッカーを行えるようにと場所を提供して下さっている地域の方々のためでの作業である!!」

そう子供たちに伝え、グラウンド内の草刈り作業で出た草のカス!?を子供たちの手でかき集め、所定の場所に搬出し・・・・・・(先週末、子供たちがトレーニングを行っている際に芝刈り機で行った際のこと)


本当は、グラウンド内のみで終わろうと思ったのですが(通常はそのようにしていたのですが・・・。前述したように、専門の業者さんの手が入るのですが、それはグラウンド周辺のみでグラウンド内はいつも我がクラブのスタッフの手で刈り取りを行っているのです。)

周辺があまりに凄い状態だったので、前述のように一念発起と言うことで・・・・・・・

20160911_172316_convert_20160912120208.jpg


子供たちが帰った後(トレーニング終了後)にこの周辺作業を行ったため、草刈り機で草刈りをし、かき集めるのが精一杯で搬出作業は行えず・・・・・・それがこの状態でありまして・・・・・・・(刈り取った部分が虎刈り!!<泣笑>)


自分の手で!そうも思ったのですが、それでは何年も掛かる!?そう思い<苦笑>、次のトレーニング時に、子供たちとこの草を搬出すれば・・・・・・とも思っていたのですが、天気予報を見ると、次の練習日迄に雨が降りそうで、このままにしておけば、雨で草に水分が含まれ、その後の搬出は大変なことに・・・・・・・そう危惧されたため、急遽、人手がほしい! そんな募集をかけ、その結果、お父さん、お母さん、子供たちの手を借りて作業を行うことができ・・・・・・・・・


20160911_173146(0)_convert_20160912123553.jpg
20160911_174233_convert_20160912120413.jpg

急遽も急遽の大急遽にも関わらずご参集頂きご尽力頂きました皆様に、改めてこの場を借りて御礼申し上げます!!


おかげさまで、ホームグラウンドは、こんなに立派に!?生まれ変わり(整地され)ました!!

20160911_174350_convert_20160912120639.jpg


活動場所を地区の方々に提供して頂いていることに改めて感謝し、この場所を使って、子供たちがサッカーを通して、いろんな意味ですくすく成長していくよう精一杯尽力していこう! そう思うことができた草刈り作業でした。


それにしても・・・・・・・・めっちゃ疲れた~!!!!!!!!!!!!!!!!!(泣泣笑)


※全然関係ない話しですが、「虎刈り」なんて言葉は、今の時代では、まさに死語!??? 私が子供の頃は、当時の子供たちの頭は、この虎刈りのオンパレード!!  なぜなら、ほとんど多くの子供たちが、床屋などには行かず、ずぶの素人!? お父さん、お母さん・・・・・に変なバリカン!?で髪の毛を切られていたのですから・・・・・・・・

全然想像つかない!!  そうでしょうね・・・・・・あの当時のことなど今の豊かな、便利な世の中では、想像など出来るわけがないでしょうから・・・・・・虎刈りとは、まさにあの当時の時代を象徴する言葉であったような・・・・・・・・詳しく知りたい方は、おじいちゃん、おばあちゃんに聞けばきっと分かると思います!!(苦笑)

ちなみに、私がここで言う虎刈りは阪神タイガースとは全然関係ありませんのであしからず!!(笑笑)
祝 ワールドカップ日本代表選出!!  ~遠藤 純~
ホワイトリバーOGの遠藤純さんが、9月30日~10月21日に中東のヨルダンで開催される【FIFAU-17女子ワールドカップヨルダン2016】の日本代表として選出されました!  


大きな拍手~!  パチパチパチ・・・・!!(笑)   


日本サッカー協会ホームページより


『夢は見るものではなく叶えるもの』


まずは、その一歩を歩み出したことになります。彼女の中東の地での大いなる活躍を精一杯応援声援支援・・・・たくさんの「援」を送ろうと思っています!(笑)


20160909_172222_convert_20160909172545.jpg

小学生の頃、男の子に混じりグラウンドを疾走したあの頃・・・・・・・・


あっぱれ!で有名な、あの番組にも取り上げられたっけなぁ・・・・・・




12才の春、夢を叶えるべく親元を離れて静岡で過ごすこと約3年半。自らの努力はもちろんのこと、最高の仲間と過ごすJFAアカデミー福島でのサッカー、全寮制での生活での長きにわたる時間は、彼女を心身共に大きく大きく成長させたことは間違いありません。


全てが順風満帆であったのか!?  そうではありません。 人知れず涙し、大好きなサッカーが嫌いになり、ケガでボールすら触れず・・・・・・・そんなエピソードは数え切れないほどです。もちろん、そのようなエピソードは、今後も積み上げられて行くのでしょうが・・・・・・・(苦笑)


そうして手にした今回のワールドカップ日本代表メンバー入り。

昨秋に行われた【AFCU-16女子選手権2015中国】で今回のワールドカップ出場権を獲得したものの、決勝戦で敗れ、

「すごく悔しかったけど、くよくよしていても仕方がないので、次に向けてがんばります!」と力強いコメント。(大会終了後の日本サッカー協会ホームページに代表選手として公式コメント)

試合後現地から送られてきたラインでは・・・・・・

「来年のワールドカップ(今回のヨルダンワールドカップのこと)メンバーに選ばれるように、しっかりがんばっていく! そして、必ず世界1になる!!」

と更なる非公式!?の力強いコメントが・・・・・・(笑)


 
あの時のコメントの半分を達成!!

半分って???  もちろん、ワールドカップメンバーに選ばれたことです。

残すは、あと半分!!

もちろん、世界1になることです!!!




正直、現地で娘の勇姿をこの目で直接見てみたい! スタジアム(試合会場)で娘に声援を直接送りたい!! そんな思いで胸が張り裂けそう!?(苦笑)なのですが、様々な物理的な壁が多く・・・・・・・・・・・・・・


壁って???  それはですね、え~っと・・・・・・・・・・・・・・・・・壁です!!(苦笑)


その辺はどうなるのか、これから熟慮することとして、とにかく、今は、娘の、ホワイトリバーの先輩の遠藤純さんの、大いなる大いなる活躍を、そしてそして、日本チームの躍進を大いに祈願したいと思っています。


ちなみに、ブログ愛読者の方ならお分かりになりますが、千葉玲海菜(れみな)さん(いわき市出身、現在、静岡県藤枝順心高校2年生)も今回の代表に選ばれました。これまた、大きな拍手で~~す!!(笑)


21名の代表メンバーが選出された中で、その内の2名が福島県出身の選手!


いつぞやも申しましたが、福島の宝から日本の宝へ! 福島魂をひっさげ、世界を圧巻してほしい!! 心底、いや、心の奥の奥の奥~~~~~の底からそう思っています!!(笑)


9年前、7才の純さん!(笑)

※今から9年前、7才の時の純さん。2007年8月11日に開催した奥の細道サッカーフェスティバルの時の集合写真より。この鋭い眼光!?(苦笑)であの頃から今回のワールドカップ日本代表入りをそして更なる将来を見据えていたのか・・・・・・・・・・ な~んてことは絶対ないない!!(笑笑)


VAMOS純! VAMOS日本!! VAMOS福島魂!!!


☆遠藤純選手、明日北海道の札幌で行われる「チャレンジリーグ順位決定戦(5~8位)」に出場するため、本日北海道初上陸。(今頃飛行機に乗っている頃かと・・・・・)  ワールドカップ前のアカデミー福島としての最後の試合。順位決定戦2試合を終え2戦2勝で首位。(5~8位決定戦は4チームでリーグ戦を行い順位を決する。明日がその最終戦。対戦相手は、現在1勝1分のチーム。勝った方がこのリーグ最高順位となる。) 純さんは、この決定戦で2戦して3得点で現在単独で得点王。 「フォワードは得点してこそ評価される!」最近、口にすることが多くなった言葉。貴方のゴールでチームを勝利に導け! そして、ワールドカップに向けて弾みをつけよ!! 吉報、待ってま~~す!!(笑)  

それにしても、温帯低気圧に変わった台風の影響で、報道によると、現在北海道は大変な雨が降っているとのこと。まずは、無事に北海道入りし、明日、万全な環境で試合ができることを願うばかりです。果たして・・・・・・・・・・・・・・  
あれから5年半 ~飯舘村の現状~
今日は、約4ヶ月ぶりに南相馬の幼稚園を訪問してきました。

往復約5時間の移動、約2時間の活動、いつもの如く、長距離の移動時間が全くと言って良いほど苦にならない1日でした。

なぜって???

それはですね・・・・・・・もちろん、元気いっぱいの子供たち(約40名)に触れあう時間を頂けたこと、何より、子供たちの笑顔をたくさんたくさん見ることができたからです!!!(笑笑)


私の住むこの地とは、同じ福島でもあっても、まだまだ大変な生活を余儀なくされている場所ですが、それでもみんな元気にがんばっている!! そんなみんなに少しでも尽力させて頂けることに、改めての感謝の思いと改めての敬意を感じずにはいられませんでした。

実は今日の活動には、いわき市の知人が、ぜひとも自分も南相馬の子供たちのために活動させてほしい!と申し出があり、、2人で活動してきました。ですので、いつもの倍の倍の倍のパワーで活動することができました!!(笑笑)


活動終了後、いつものように、子供たちと先生方が玄関までお見送りをしてくれました。「また来てね~!!」とそれはそれはかわいいかわいい声声声・・・・・・・・・


「もちろん来るよ~!! また一緒に遊ぼうね~!!!」   ☆次回は、来月上旬訪問予定。


このような機会を与えて頂けることに感謝し、微力ながら精一杯尽力させて頂こう!!  子供たちの声を背中に聞きながら、熱く熱く熱くそう思った次第です。




南相馬に行く途中、いつものように飯舘村を通りました。ご存知のように、飯舘村とは、原発事故の影響で全村避難を余儀なくされていた地で・・・・・


あれから5年半、飯舘村の現状はと言うと・・・・・・・

村が、3つの区域に分断されています。『避難指示解除準備区域』と『居住制限区域』と『帰還困難区域』に・・・・・・・・

※それぞれの区域の名称が何を意味するのかはぜひとも調べてみて下さい。

そんな村の本日目にした光景は・・・・・・・・

20160908_123232_convert_20160908201257.jpg

そこかしこに除染廃棄物の袋の山山山・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


けれども、前回通った約4ヶ月前には目にしなかった光景も・・・・・・・なななんと、こんな光景が・・・・・・・・

20160908_123701_convert_20160908201447.jpg
20160908_123651_convert_20160908201353.jpg

道路沿いに、牧場!?らしきものが現れ、そこには数頭の馬と山羊が!(笑)

思わず、車を停めパチリ!  そんな私に馬も山羊もカメラ目線のプレゼントをくれました!!(笑笑)


その他にも、こんな色鮮やかな光景が・・・・・・・・

20160908_124043_convert_20160908201634.jpg

よ~く見ると、無数の小さな向日葵の群れ群れ群れ・・・・・・・・・・・・・・

20160908_124107_convert_20160908201732.jpg


あれから5年半。一向にその進捗状況が見えない反面、確実に着実に何かが変わろうとしている! そんなことをしみじみと感じることが出来ました。


同じ福島に住む者として、このような福島もあると言うことを、心のどこかにしっかりと留めておきたい! いや、留めておかなければならない!! そう思っています。


VAMOS(がんばろう)福島!  VAMOS飯舘!! VAMOS南相馬!!!  VAMOS日本!!!! 


おっと、忘れてた!!

VAMOS馬さん!  VAMOS山羊さん! (笑)
秋の訪れ ~100%勇気♪ がんばるしかないさ~♪~
本日午前に訪れた幼稚園での活動終了後、ふと目にした秋の風景!?

「あれってリンゴ?」

そう思い近づいて見ると・・・・・・・

20160907_104446_convert_20160907120000.jpg

たわわに実った赤色の果実たち。その正体は・・・・・・・・・

20160907_104502_convert_20160907120050.jpg


そうです。その正体は、『桃』でした。目の前に広がる、それはそれは美味しそうな秋の味覚、桃桃桃・・・・の大群!!(笑)

何を隠そうこの私、果物の中で一番の大好物がこの桃で・・・・・・・・・


もしかして、お一つ頂戴! などしなかったよね・・・・・・・・・・


もちろんそんなことは!!!  でも、そんな気が起きなかったかと言えば・・・・・・・・・・・(苦笑)


その思いをぐっと堪えて、写真をパチリ!!  これは窃盗罪にはなりませんよね・・・・・・・・・(苦苦笑)



体感する気候もさることながら、この地で目にする光景は、まさに秋の訪れを確実に確実に感じさせてくれる今日この頃です。


五感を通して季節を感じることができるこの地のすばらしさに改めて感謝と感動!!!(笑)


それにしても、本当、美味しそうな、いや、うんまそ~~~な桃たちだったなぁ・・・・・・・(笑笑)



【9月6日(火)提出のサッカーノートより】

『気の強い子』

「松島遠征(8月27日~28日)の2日目。最初の練習は、グラウンド1周リフティング。ぼくは、9番でした。今度は5番以内に入りたいです。1試合目に戦った相手の10番にファールをした時、○○○が、「大丈夫?」と言って心配そうにしていた時、「その選手は、おまえみたいに弱い選手じゃないぞ!」とコーチにおこられました。その10番の選手は、すぐに立ち上がり、フリーキックですごいゴールを決めました。それを見て、とても気の強い選手だと思いました。そのゴールが入ったために、1対2で負けました。あの子は、弁当箱のごはんを自分で作っていました。(※自己評価をするために我がチームではお弁当箱の中味を使って考えさせています。)ぼくは、あの子みたいに気の強い選手になりたいです。」


『勇気がない』

「9月3日の合同練習で下級生に上げわざ・見せわざ・決めわざを見せる時に、ぼくはこう思いました。同級生がみんなの前でわざを見せているのに自分だけ勇気がなくてひろう出来ないなんて、なさけないなぁと思いました。そんなことを思っているうちに、ほとんどの人が見せ終わり、○○とぼくだけになってしまいました。そして、出なきゃ出なきゃと思ったけど、勇気が出ず発表出来ませんでした。でも、最後はやっとのことで勇気が出て発表出来たので良かったです。ぼくは、勇気がすごく大切なんだなぁと思いました。」





☆「登山疲れるから気乗りしない・・・・・」 そんな○○君と○○君と○○君と・・・・・・・・・100%勇気出してみなよ~!!!




※昨日のブログの訂正

昨日のブログで、パラリンピックに出場するある選手のドキュメンタリー番組を見て・・・・・と言うことを書いた際、その選手の種目を『車椅子バスケット』と記載し、その車椅子バスケットは、『パラリンピックの中で唯一の格闘技!?と呼ばれる種目』と記載したのですが、これは大間違いでした。種目は、『ウィルチェア(車椅子)ラグビー』で、その種目こそ、『パラリンピックの車椅子の種目の中で唯一タックルが認められている競技』と言うことでした。大変な誤報を堂々と公表してしまったこと、お詫び申し上げます。

間違いって気づいてたよ!

それなら早く言って下さいよ!!(泣笑)
YES I CAN!  ~リオパラリンピック開幕~



もう一つのオリンピック、『リオパラリンピック』が明日7日(水)~18日(日)の日程で開幕する。

パラリンピックとは・・・・・・

「国際パラリンピック委員会が主催する主に肢体不自由の身体障害者(視覚障害を含む)を対象とした競技大会の中で世界最高峰の障害者スポーツ大会である。ちなみに、障害者スポーツの競技大会は、聴覚障害者のためのデフリンピックや、知的障害者のためのスペシャルオリンピックなど各障害ごとに別々の理念と大会と歴史が存在している。パラリンピックは、開始当初から車椅子使用者のために実施されてきた大会であり、障害者スポーツの全てではないことに注意が必要である。」



実は正直、このオリンピックを見ることを今回のみならず毎回躊躇していた自分がいる。

なぜって???

一言で言うなら、なんだか痛々しい! そんな感じで・・・・・・



しかし、先日、車椅子バスケット(パラリンピックの中で唯一の格闘技!?と呼ばれる種目)に出場する日本代表のとある選手のドキュメンタリーの番組を見て、その考えが一変し、と同時に、そのような思いを抱いていた自分が恥ずかしくてたまらなくなった。金メダルと言う大きな目標に向かって、人生の全てを捧げ、日夜奮闘するその姿に、ただただ胸を打たれるばかりだった。


「障害があろうがなかろうが、たった一度の人生を、このパラリンピックに捧げて生きる! これが自分の生き様です!!」


その言葉を語るその選手のギラギラした瞳の輝きに、強さに、心底魅了された。


今年のリオパラリンピックは、変な言い方に聞こえるかも知れませんが、目を背けずにしっかりその生き様を直視したいと思っています。


そんな気持ちで明日の開幕を迎える折、前述した動画に出くわしました。

直視することで、一人一人の生き様が熱く熱く伝わってきて、なんとも言えない感情が込み上げて来ました。


その思いを皆さんにもおっそ分けしたくて・・・・・・・・・・・



がんばれNIPPON!  がんばれ○○選手!!  がんばれリオパラリンピック全選手達!!!


YES YOU CAN!


☆昨日の『猫の飼い主募集!』の件ですが、2匹の里親が見つかりました! 残り2匹です。皆様、ぜひともぜひともぜひとも!! 宜しくお願い致します!!!
どなたかおりませんか?  ~飼い主募集~
突然ですが、どなたか猫を飼いたい方はおりませんか???

先日、知り合いが捨てられていた猫を6匹拾ってきたようで、このまま保健所に持っていってそのまま・・・・・・では忍びないと言うことで、ぜひとも呼びかけてもらえないか?と言われたので・・・・・・・・

現在、2匹の飼い主は見つかったようです。

どなたか猫を飼いたい方がおりましたら、ぜひともご一報下さい。



我が家にも4年前に次女が拾ってきた猫がおり・・・・・・・・・

1473080652625_convert_20160905220626.jpg

娘が名付け親で、その名は、「スター」君!!(笑)




このブログでも何度も登場しているので、愛読者の方はお分かりかと・・・・・・・・(笑笑)

つい最近のスター君の登場としては、脱走!?して、その捕獲に取りかかった際に、私の手にがぶりがぶり!!で、私が病院送りになったと言うネタで登場したわけでありまして・・・・・・(苦笑)  おかげさまで、未だにその傷跡が鮮明に残っている有様で・・・・・(苦苦笑)



それでも、我が家になくなてはならない一員となっており・・・・・


20160831_084418_convert_20160905221205.jpg



おかげさまで、家の中は、スター君のひっかき傷!? 爪研ぎ傷!? で大変なことになっておりますが、それでも、無くてはならない、いや、いなくては絶対にならない存在になっていることは間違いありません。




どなたか猫の飼い主になりたい方がおりましたら、ご一報下さい!!
参加者大募集!! ~サッカー&イベント~
2016秋開始宣言!!

9月突入に際して、そんな宣言をしたかったのですが、まだまだ夏の名残り!?をどっぷり?感じるほどの暑さのため、その宣言はもう少し先になるようで・・・・・・(苦笑)


二つの参加者大募集の告知をさせて頂きます!!

まずは、来週6日(火)に開校する『ホワイトリバーFCキンダークラス』の募集についてです。

キンダークラスは、幼児(未就学児の年長・年中児)を対象にしたクラスとなります。月3回<火曜日>の頻度で白河市白坂多目的研修センター内体育館(室内)にて、15:10~16:00の50分間行います。サッカー主体と言うよりも、体をたくさん動かし、元気いっぱいな子供たちの育成(小学校入学後、本格的にサッカーを行う体作りと捉えてもらって結構です)を主眼に置き活動していきます。活動時間の中には、親子運動も取り入れていく予定です。ですので、親子で楽しく且つ汗ダラダラな時間をお過ごし下さい!(笑) 詳しい内容は、ホームページ内トップページにコーナーを設けて資料をご覧頂けるようになっています。  

現在2名の正式申込者と2名の問い合せを頂いております。ふるってふるってふるってご参加下さい!! (現時点の少数でも予定通り開校します! なぜって??? だってせっかく我がクラブの活動を受入れて下さったのですから!! 入会者1人でも全力でがんばるつもりでいましたので!!!<笑>)  来たれ、未来の日本代表たちよ!!!(笑笑)



次は、イベント参加者の募集です。

9月22日(木)祝日に『2016秋 日本百名山 会津磐梯山に登ろう!!』のイベントを開催します。

このイベントに関しては、実は、2011年秋に実施したことがあり、クラブとしては2回目の開催となります。

あの時は、朝から雨模様で、時間の経過と共に雨はやんだのですが、頂上に到達した時は雲がかかっていて、本来なら猪苗代湖はじめ、壮大な景色を眺めることができるはずだったのに、な~~~んにも見えませんでした!(泣笑) けれど、参加した子供たち・保護者の方々は、会津磐梯山の頂上を征服した喜び、脱落することなく登山を行えた喜びetc そんなたくさんの喜びに歓喜の声をあげていました。けれども私個人としては、「いつの日かリベンジを!!(晴れている日に登りたい!そして景色を堪能したい!堪能させたい!)」その思いが沸々と沸き上がってきて・・・・・・・


あれから5年の歳月を経て、今回、満を持してリベンジ登山!(笑)を行うことにしました。


それにしても突然なぜ??????


実は、いつの日かいつの日か・・・・・・と毎年毎年思っていたのですが、なかなかタイミングが合わず、その機会を逸してきたのですが、今年、何度か会津磐梯山を横目にしながらのサッカー遠征(主に新潟遠征)に行き、その度に、「この子たちをあの山に登らせたい!」そんな思いが強く強く湧き上がってきて・・・・・・・・・


その思いが爆発!?(笑)した結果、今回イベントを開催することに決定したのです。

その思いは分かったけど、ガイドさんの手配とか色々、いつから企画を練っていたの???

それはですね・・・・・・・・・昨日からです!!(笑笑)



思い立ったが吉日!  鉄は熱いうちに打て!!  です!!!(笑笑笑)


日頃サッカーで鍛えた体を要する子供たちはもちろんのこと、親子で何かを成し遂げたい(今回で言うなら磐梯山登山)! そんな思いを抱いている保護者の皆様はじめ大人の方々にも、ぜひとも参加してほしい!そう思っています。

登山開始から下山するまで、往復約6時間の行程になります。

6時間も歩くの!?  死んじゃう!!!(泣笑)

大丈夫です!! そのために、磐梯山登山の専門のガイドさんを2名要請することにしました。(手配済) ※5年前の登山の際もガイドさんに付いて頂き、全員無事登山を行うことができました。


実は、ガイドさんはボランティアの方ではなく、その道のプロの方ですので、無料と言うことではなく、結構な金額をお支払いすることになります。(ネットで調べてもらえればその金額が分かります) 本当なら、参加費を減額したいと考えれば、ガイドさん無しでの登山でも構わないのですが、そんじゅそこらの山ではないこと、少人数で登るのではなく、小学生主体の団体で登ることを考えたとき、命には安全面には変えられない!! そのため、専門の方にお願いすることにしました。


ですので、大船に乗った気持ちで参加して下さい!!!(笑笑)


でも・・・・・・・登山をするには、それなりの用具も必要になるのでは・・・・・・・・・・


本来はそうかも知れませんが、そこはサッカーチーム!!

お弁当とリュックとタオルと着替えと普通のシューズと飲み物とカッパとあとはえ~っと・・・・・・・途中で泣き言を言わない強靱な!?精神力さえあれば大丈夫です!!!(笑笑笑)


とにもかくにも、2016秋の1日を大自然の中で過ごすのも悪くはないのでは・・・・と思っています。子供たちには、トレーニングの一環として参加してほしいと思っています!! 今年の夏のサマーキャンプ第1弾の尾瀬沼ハイキングの時のように・・・・・・ あの時もハイキング開始から終了まで約6時間の行程でした。



本日、募集チラシを作成し、現在、ホームページ管理会社の方に依頼し、ホームページ内トップページにコーナーを作成してもらっています。本日夜にはコーナーが作成でき、チラシをご覧頂けるようになるかと思います。

その時点から参加者の募集を開始致します!!

ふるってふるってふるってご参加下さい!  そして、磐梯山の頂上から最高の景色を共に堪能しましょう!!  な~んて言っておきながら、5年前と同じになるかも知れませんが・・・・・・・・・・  その時はその時です!!  やりきった達成感は、大いに味わえますので!!!

ちなみに、登山終了後は、裏磐梯にあるプール&温泉を要する施設(ラビスパ裏磐梯)で、の~んびり過ごす時間を設けています。

無尽蔵の体力を要する子供たちは、プールでワイワイ! 大人の方は、温泉で疲れた体をの~んびりほぐす!!  これもまた、このイベントのたまらない時間となります!!(笑) 




以上、二つの参加者募集告知のブログでした。本当は、まだホームページ内トップページにイベントのコーナーが出来ていないので
、それが出来上がるのを待ってからこのブログを記載告知しようかと思ったのですが、今日の夜は、『負けられない戦い』があるので、そこに集中するために早めに告知をすることにしました。

負けられない戦いって??????

そんな方は、問題外!!!(笑笑笑)

※ちなみに、本日の試合のボールパーソン(ピッチの外にボールが出た時に次のボールを選手に渡す役目)は、JFAアカデミー福島の中学生男女の選手が行います。学校を終え、会場となる埼玉スタジアムにバスで静岡から移動です。目の前のアカデミーの子供たちにはもちろんのこと、プルー一色に染まった満員の観客、そしてそして、テレビの前で一挙手一投足、いや、一蹴足に釘付けになっている1億人!?のサッカーファンのためにも、最高のプレー、そして何より最高の勝利を届けてほしい!!そう思っています。


がんばれNIPPON!  がんばれハリルJAPAN!!