Vamos福島
ハングリー精神 ~ひたむきさ~
【あるサッカーコラムの抜粋より】

『小遣い月額10円の選手も…最貧国から世界一を狙うU-16マリ代表が日本サッカー界に与えた衝撃』

6月22日から26日にかけて鳥取県で開催されたU-16インターナショナルドリームカップ(日本・マリ・ハンガリー・メキシコの4カ国が出場)。その大会を3戦全勝で制したマリ。西アフリカに位置する正式名称マリ共和国である。U16代表監督森山氏は、、「マリは本当に強かった。これが(昨年の)U-17ワールドカップで準優勝するような国の力」と試合後に評していた。「あんなに何もできないなんて」とFW宮代選手は絶句していた。マリを指揮するヨナスコク・コムラ監督は、「日本の選手のテクニックは本当に素晴らしい」などと絶賛のコメントをした上で、同時にこうも言った。

「もしかしたら日本選手の頭の中に『生きるためにはサッカーしかない』という感じではないのかもしれませんね。彼らには他の選択肢があるのかなという印象は受けました。マリの選手は違います。彼らにとってサッカーは、本当に生きるための手段なのです」

マリは後発開発途上国(途上国の中でも特に発展が遅れている国々で、俗に「最貧国」とも言う)の一つであり、資源が豊富なわけでもない貧しい国である。関係者によれば、マリの平均月収はエリート階層ですら1万5千円ほどで、今回の日本遠征で彼らが訪れた100円ショップでも「高すぎて買えないよ!」という反応だったと言う。月の小遣いが10円や20円という選手もいるそうなので無理もないとのこと。

「マリの子供たちの夢は当然プロサッカー選手になることですし、彼らにとってのサッカーとは、家族を生かすための大きな手段なんです」

このコムラ監督の説明を踏まえると、U-16という世代はまさに貧困から抜け出すための扉に手を掛けた段階。チーム結成から3カ月で迎えた日本遠征は、彼らにとって生まれて初めて飛行機に乗る機会であり、初めての海外であり、初めて迎える本格的な国際試合だった。臆してもおかしくない状況ながら、彼らは勇気ある挑戦者だった。

肉体的な能力の差を埋める努力は当然必要で、戦術的に対応することも不可欠だ。日本代表の各選手は、マリとの試合を通じて取り組むべき課題を感じたことだろう。ただそれ以上に「やっぱりハートなんだな」(菅原選手)という気付きを日本の選手たちに与えたことの意味も小さくない。開催中の欧州選手権を見ていても分かるように、ひたむきに戦うチームが絶対に強いのがサッカーというスポーツの根源にはある。ひたむきに戦う姿勢で「気付き」を与えてくれた若きマリ代表に感謝する日が、そう遠くない未来にやって来ることを期待している。




【6月28日提出 サッカーノートより】
20160629_091607_convert_20160629092107.jpg

『新記録達成』
「6月25日の土曜日にリフティングの最高記録を達成しました。その記録は、9012回です。でも満足はできていません。10000回を目指してやったけど、集中力がとぎれて落としてしまったから、集中力をもっとUPさせたいです。」


『あせったらだめ!』
「ぼくは、6月25日にグッドカップに出場しました。前の大会でコーチに「ぎじゅつだけじゃなく、ガッツと強い心を持て」と言われたので、ガッツを出し、強い心を持って試合にのぞみました。しかし、あせりすぎて、周りを見れなくなって、動きがぎこちなくなって、足からボールがはなれて、最終的に相手にボールを取られてしまいました。だから次の試合は、ガッツと強い心を持ちながら、練習したことを出しきって相手に取られないようにしようと思ってプレーしたら、1点を取りました。あと、今日のリフティングの練習で、今まで最高で211回だったけど、今日やったら361回できたのでうれしかったです。その回数にいたるまで、何回も失敗しました。なぜかというと、早く新記録を出したくて急いでいたのです。何もかもあせらないほうがいいということが分かりました。」


『カベにはカベがある』
「今までふり返って見ると、いろいろな目標を達成してきて、今もできないことがあって、目標があるからカベにはカベがあると思う。つまり、目標を達成した先には、またカベがあるということ。サッカーを始めた頃の目標は、リフティング10回。それを達成したら、インサイド、アウトサイド、ドリブルなどの目標を立てて、達成してこれをずっと繰り返してきたから、カベをのりこえてきたということで、今もできないワザやリフティングがあるから、まだまだカベは続いていくと思う。今、プロになったメッシとかのスーパースターは、何回も何回もカベをのりこえてきたと思う。と言うことは、カベをのりこえた先には、目指しているサッカー選手という夢がかなって、プロでプレーすることができるから、どんどん積極的にカベに向き合って目標を立て続けていきたいと思う。プロでもまだまだカベがある。そのことは永遠に続くので、達成→目標→達成→目標を繰り返していくこと。」


ひたむきな努力


それしか向上の道はなし!!  だね。
奇蹟の1日
先週土曜日、奇蹟が起きた! 大袈裟に聞こえるかも知れませんが、それはまさに奇蹟!としか言えないものでした・・・・・

そんな一日、私の頭の中を、1本の映画が駆け巡っていました。それは・・・・・



実はこの映画は数年前に公開された映画で、そのタイトルと内容に興味を惹かれ実際に映画館に足を運び・・・・・・・

多分、いや、絶対にレンタルショップへ行けばどこかの棚に陳列されていると思いますので、見てみたい!そう思われた方はぜひぜひ・・・・・・・・・



それにしても、先週土曜日に開催した「第1回グッドカップサッカー大会」はまさに奇蹟のリンゴならぬ、奇蹟の産物!?以外何ものでもありませんでした。

先週末のブログをご覧頂ければ分かるように、この大会開催に至る経緯は四苦八苦したもので、もちろんその原因は天候で・・・・・・

その週の週間天気予報では、土曜日の降水確率100%、いや、200%、いやいや1000%!!!(苦苦笑)

そのため当日を迎えるまでに藻掻き苦しむこととなり・・・・・・・・・・(泣泣笑)


大会を翌日に控えた夜の間、我が家の屋根は大粒の雨音でまさにロックンロール状態!!???(笑) <表現の意味はご想像下さい!(笑笑)>


気が気で寝るに寝られず、早朝5時には既に大会会場となるグランドへ。まだ降りしきる雨、そして、大海原!?と化したグランドを目の前にして、昨晩の「実施」の判断を撤回すべきかどうか迷いに迷い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それから約数時間後、ピタッと降り止んだ雨、クラブ保護者の方々、子供たち等々の手によりすっかり整地(水かき、土入れ他)されたグランドが眼前に広がり、会場内には大好きなサッカーボールと戯れるたくさんの子供たちの姿が・・・・・・・・・・・・・

「とりあえず大会を開催できるようになったけど、そのうち絶対雨が降ってくるよな~」 曇天を見上げながら、少々ぬかるんだグランドでサッカーに興じる子供たちを見ながらそう思っていたのですが・・・・・・・・


大会終了時まで、なななんと雨量0mm!!


まままさに、奇蹟のリンゴならぬ奇蹟の1日となったのです!!!!!!!!!!!!!!


大会前日に参加各チームに配信したメールの最後に、

「天気予報はあくまでも予報です。皆様の日頃の良い行いで予報をくつがえして頂ければと思っております!(笑)」

と付したのですが、まさに皆様のおかげで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



先程、大会結果表と共に、そんな皆様への感謝の気持ちを精一杯込めた「御礼状」を作成しました。本日中に、ホームページ内トップページの大会コーナーに掲載されます。紙面の関係上、短い文言になっていますが、一言一句に言い尽くせない思いを込めていますので、文面に表れないそんな思いも汲み取ってお読み頂ければと思っております。


お天道様、今大会のスポンサーであるリサイクルショップグッド様、福島県内外よりご参加頂いたチームの皆様、そして、クラブ関係者の皆様に厚く暑く熱く御礼申し上げます。


今大会の開催は、皆様が起こした下さった奇跡です!!


ありがとうございました!!



20160625_083724_convert_20160627111239.jpg
20160625_103337_convert_20160627111333.jpg
20160625_165122_convert_20160627111439.jpg
う~む・・・・・人事を尽くして・・・・・
今日一日、いや、ここ数日、明日の天気予報のニュース他を何度眺めただろうか・・・・・・・・テレビで、パソコンで、スマホで・・・・・・・・・・・

数日前に見たときは、「完全に雨雨雨」であった予報が、昨日見ると、「朝方まで雨で日中は時々雨そして曇り」だったのが、本日朝に見たときは、「夜中が雨で朝から日中にかけて曇り」に変わっていて、その後見る度に微妙に変化していて、先程見たら、「夜中と朝が雨で日中曇りで午後3時位から雨」になっていて・・・・・・・・

なぜここまで天気予報に固執!?しているのかと言うと・・・・・・・・・・


明日は、白河市内に店舗を構える【リサイクルショップ グッド】様にスポンサーとなって頂き、初めて開催する『第1回グッドカップサッカー大会』(小学5年生以下大会)を開催する日。

グッド広告

その記念の初開催日の天気が思わしくなく・・・・・・・・(泣泣泣)

昨日、第1回の記念大会にご参加頂く各チームの代表の方々に、

「現在のところ明後日(土曜日)の天気予報が雨となっています。小雨であれば実施予定ですが、そうでない場合は中止(延期)とします。実施の有無の判断は、本来なら当日朝に行いたいのですが、遠方より(東京、埼玉、栃木、福島県内各地)参加のチームがあるため、明日(金曜日)19時頃にいろいろな情報を考慮して判断し再度お知らせします。予めご了承下さい。中止の場合は、7月10日(日)に延期の予定です。参加の有無を再度お聞きします。参加できるかどうか検討しておいて下さい。」

と言うメールを配信しました。

その決断の時!?が刻一刻と迫っており・・・・・・・・・・・



「とにかく、どんなふうになろうと準備だけは万全にしておこう!」

そう思い、本日早朝からゴールを運搬し、コート2面を作成し・・・・・・・(雨で白線が消えるかも知れないと思い、コート作成後に、目印をなるところに杭等々を打ち込み・・・・そうすれば、明日朝、線が消えてもライン引きは簡略化できるので・・・・・・)

梅雨特有のじめじめ感、不快指数120%の中での作業でしたが、その作業中も天気のことが気になって気になって・・・・・・・・

曇天模様の空を眺めながら、『人事を尽くして天命を待つ!』の言葉を天に呟き続け・・・・・・・・(苦笑)



「どうしたら良いか判断に迷ってるんだけど・・・・・・・」

先程、思わずY氏に電話をして泣き言!?を連発し・・・・・・・・・・・・・・・・

「俺も気になって今朝から天気予報を見てるんだけど、逐一変わっていて判断するのが難しいね。俺の一番信用する天気情報の最新版によると、明日は午前中まで雨の予報が・・・・・・・・。18時にまた更新されるから、そしたら電話するから。」




決断の時が刻一刻と・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月10日開催だと、既に別の予定が入ってるということで今回参加を予定していたチームの半数近くがキャンセルになるわけで・・・・・・・・


今日の空模様のように、スッキリしない悶々!?とした時間を過ごしている今現在なわけで・・・・・・・・(泣泣泣)



子供たちよ、明日の試合、やる? やらない?  雨でも気温は高いから気持ちいいちゃいいんだけどね・・・・・・・・・・・ 



さぁ、どう決断する!?   えんどうさん!!!  (苦苦苦泣笑)





☆ブログを書き終わった直後、スポンサーのグッド様から連絡があり、参加賞他ができたので・・・・と電話があったのでお店に行くと・・・・・・

思わずその贈呈賞品に感動感動感動×10000000000000000000000000

まずは、選手一人一人への参加賞。

20160624_175301_convert_20160624181046_2016062418202263b.jpg

中味は、【トートバッグ】

20160624_174951_001_convert_20160624180838_20160624182020b0c.jpg

合計180ヶ(各チーム15ヶ×12チーム分)の参加賞の梱包袋の中には、1枚1枚手書きのメッージ!?が・・・・・・180枚の手書きのメッセージ!?カードに、ただただ唖然騒然感無量!!(笑)

「最後の方は腕がぷるぷるしてました!(笑)」とは、このカードを全て一人で作成した店員さんの言葉。ありがたやありがたや~!!(尊敬笑)

20160624_175208_convert_20160624180942.jpg

優秀選手賞=グッド賞は2品。まずは、ポロシャツ。

20160624_175433_convert_20160624181136_20160624182023b24.jpg

背面には、「バロンドール」の文字が。本来は、ヨーロッパの年間最優秀選手に贈られる賞の意であるが、今回は、「グッドカップバロンドール」と言うことで・・・・・・・・  

20160624_175502_convert_20160624181225_20160624182024723.jpg

そしてもう1品。こちらも「グッドカップ バロンドール」の文字が刻まれた盾。

20160624_175645_convert_20160624181327_20160624182019a56.jpg


すばらしい記念品の数々に心から感謝と敬意の気持ちでいっぱいになると同時に、この品を手にしたサッカー大好きっ子たちの、はちきれんばかりの笑顔が目に浮かんできて・・・・・・・・・・・・・




とにもかくにも、いよいよ決断の時が・・・・・・・・・・・・




※本日19:00頃に参加各チームに配信したメール

「 Vamos福島ホワイトリバーフットボールクラブ遠藤です。

明日の「第1回グッドカップサッカー大会」の開催の有無についてお知らせします。結論から申し上げますと、明日は予定通り開催します。現地の天気予報は、明日朝方まで雨で、その後は曇り、日中にわか雨が降るかもしれない、と言う予報になっています。判断に非常に悩み苦しみましたが、雨が降っても気温が高いことと、5年生大会と言うことで多少の雨やグランド状況が思わしくなくても、たくましくがんばれる!と考え実施することにしました。いろいろなご意見があるかと思いますが、主催者の苦慮した判断とご理解頂ければ幸いです。グランドには雨をしのげる場所はありません。テントなど各チームでご準備下さい。また、グランドはクレーコート(土)のため、状況は良くないことを予めご了承下さい。最後になりますが、明日グランド隣接の学校(西郷村立米小学校)で午前中授業参観が行われます。会場に来られた際にたくさんの車とすれ違ったりするかも知れません。くれぐれも事故等にお気をつけ下さい。(応援に来られる保護者等々にも告知して下さい。) 以上となります。天気予報はあくまでも予報です。皆様の日頃の良い行いで予報をくつがえして頂ければと思っております!(笑)」  


と言うことで、開催決定!!


よ~し、がんばるぞ~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
文明の利器!? 文明の力!?
1週間ぶりのご無沙汰でした!!(苦笑)

この空白の原因は・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログのネタがなかったの???  おっしゃる通り!!(苦苦笑) 

と言うことではなく、実は・・・・・・・目が痛くて痛くて・・・・・・・・・(泣泣泣) パソコンの画面を見るのみならず、新聞すら見ることもままならず・・・・・・・・  

ご存じのように!? 我が輩、極度の老眼に陥っておりまして、時折このような現象に苛まれるわけでありまして・・・・・・・

この原因は老眼鏡が合わないから!? 度数をもっとあげないから!??  そう思い新しい眼鏡を購入したのですが、それでも一向に改善せずに・・・・・・・・ 

そんな折りに出くわした文明の利器! いや、文明の力!!

それが、これです!!

20160622_144941_001_convert_20160622145634.jpg

実家の母親から、「父の日のプレゼント!」と言って貰った一品。

息子なのに父!???   まっ、そんなことはおいといて・・・・・(笑笑)

この商品の謳い文句、『大きく見える「ハズキルーペ」』 ブルーライト対応カラーレンズ、ブルーライト対応クリアレンズ、55%ブルーライトカット。

定価を見てビックリ仰天!!  普段購入している老眼鏡の100倍の値段!! と言っても、普段の老眼鏡は100円ショップで購入しているのですが・・・・・・(苦苦笑)


視界良好! 眼痛無し!!  と言うわけで、ブログの再開再開~~~!!!(笑笑笑)


余談になりますが、年を取ると言うことは大変世知辛い思いをするわけでありまして・・・・・・・

今回のこともそうですが、実は昨日の練習終了時に、グランドの倉庫を締めようと思ったら鍵がないことに気づき、優しい子供たちがグランド内のあちこちを探してくれたのですが、一向に見つからず・・・・・・・・

まさかと思い、倉庫のシャッターを下ろしてみると、そこに鍵がささったままになっていて・・・・・・・鍵をさしたままシャッターをあげてしまったわけで・・・・・・・・(泣)

倉庫を使用して十数年、初めての失態を犯してしまい・・・・・・・・・(泣泣)

それよりも何よりも、そんなことに気づかない年老いた自分に嫌気がさし・・・・・・・・・(泣泣泣×1000000000000000000)

子供たちに平誤り・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  年寄り笑うな行く道じゃ!!!(苦苦苦笑)




[6月21日提出 サッカーノートより]

convert_20160622150216.jpg

「ぼくは今日、けんなんリーグにさんかしました。練習試合をまぜて3試合やりました。1試合目の相手は、すごくつよかったです。ぼくは、○○○にたよってしまったので、次はたよらないようにがんばります。そして、次の相手は、ホワイトリバーより元気がありました。ホワイトリバーも元気をもっとだしたいです。でも、ホワイトリバーの中でも○○○○○○は、ガッツがすごくありました。ぼくと、○○○○○○のちがいは、これだと思いました。けれど、ぼくはガッツはまけたけれど、気もちがありました。そして、やっと1点を決めました。それも左で決めました。とてもうれしかったです。」


「今日は、けんコーチが来て、初めて分かったことがあった。ぼくは、サッカーノートは宝物と分かっていたけど、けんコーチが言ってくれたのは、「サッカーノートは一生の宝物」と言うことでした。だから、たまにちゃちゃっと書いて終わりというときがあったけど、サッカーノートは一生の宝物だと分かったから、ていねいに書きたいと思った。」


「『ぼくのサッカーノートにない事が他の人のノートにあった』 水曜日、みんなでノートの見せ合いをした。みんなのノートには、分かりやすいノートにするために、図(絵)を書いて分かりやすくしていた。ぼくも少しずつ心がけて、みんなに分かりやすいって言われるノートにしたいです。」


「『サッカーノートは宝物』 サッカーノートは宝物!! なぜかと言うと、サッカーをしていく中で、今まで失敗したこと、成功したことなどをふるり返れるからだ。私はいつも試合前日にサッカーノートをふり返るようにしている。私のお父さんも小学生からサッカーをしていて、今も続けている。お父さんに、「サッカーノートをせっかく書くんだったら、ちゃんとふり返らないと!!」と言われて、そこからずっとふり返るようにしている。そしたらすごく良いプレーができるようになってきた。サッカーノートは宝物だ!!」
ほろ苦い経験こそ力に!
先日行われたキリンカップ決勝  日本代表 vs ボスニアヘルツェゴビナ戦

1点ビハインドを負った日本代表は、後半アディショナルタイムに同点のチャンスを迎えた。清武選手が出したパスに浅野選手がペナルティエアナ内右へフリーで抜け出す。誰もがシュートを放つと思った瞬間、浅野選手は中央へと折り返し、つまりシュートではなくパスをし、結果としてゴールネットを揺らすことにつながらなかった。

試合終了のホイッスルと同時に、浅野選手は両手で目頭を覆い、人目をはばからずに悔し涙を流した。

d7fc733e.jpg


「消極的な部分が出てしまった。自信を持って、シュートで終わりたかった」  「後悔している」 精一杯のコメントであった。

しかし、GKの西川選手は、

「浅野は、『ホント、すみません………』ってみんなに言っていましたけど、これが彼にとってのいい経験になって、チームとしても最終予選で生かせられればいい。今日の後悔は力になる」 と語っていた。

浅野選手の今後の成長に期待すると共に、日本代表が来るべき9月からのワールドカップアジア最終予選を突破し、6大会連続のワールドカップ出場を成し遂げてほしいと思っている。


20160615_152630_convert_20160615153024.jpg

【6月14日提出 サッカーノートより】

[努力はいつか実る!]

「私は努力はいつか実ると思います。なぜなら、努力が実ったことがあったからです。3年生ぐらいの時、毎朝リフティングの練習していたらうまくなったし、最近で言えば、朝練でドリブルの練習をするようになったら、技がだんだんうまくなってきたし、土曜日の学校行事でスポーツフェスティバルがあって、その中の「反復横跳び」の種目を毎朝30分ぐらい練習していたら、本番で20秒間で57回と言う自分の歴代1位の記録を出すことができたからです。だから、努力はいつかは必ず実る!と思っています。これからも努力してサッカーとかがうまくなるようにしたいです。」



「ぼくは今日の3試合目、ボールを持っている時にパスを出すことしか考えていなかった。前半が終わって後半に入る前に、○○と自分のちがいを監督に教えられました。『○○と○○のちがい、それは、心の強さだ! ○○はボールを持つと、自分がゴールを決める!!と言う強い心でプレーしているが、○○の場合は、ボールを持つと、どうしてもパスを選ぶ。○○がボールを持つと、ドリブルでじりじりくるから相手も恐さを感じるけれど、○○の場合は、相手も分かり切ったパスを出してくれるし、ボールが離れるから取りやすい。自分で行くか、人にまかせるか、それが○○と○○のちがいだ」 と言われ、自分でも試合をふり返って見ると、たしかに、パスにパスにつなげようつなげようと思っている時が何度も何度もあったから、自分のことを納得させられた。」



経験は最も価値のある財産である!




☆○○先輩! 後輩も浅野選手もみんなみんなもがき苦しみながらがんばってるぞ!  「ぼくは○○だから………!」 な~んて落ち込んでる暇があったら、練習練習練習あるのみ!!  着実に確実に決して歩みを止めないカメだからこそ、うさぎに勝てたんだぞ!  この言葉、もう一度プレゼントするからね!!  がんばれ~~~!!!!!!!!!!!!!
復興へ向けて ~がんばろうニッポン~
昨日、一昨日のくそ暑さ!?から一転、肌寒~い一日となっています。 へ~っくしょん!!(笑)

2日間参加させて頂いた、『2016マケルモンカ!福島サッカーフェスティバル!』

試合もさることながら、昼夜にわたって様々な方々と交流ができたこと、とってもとっても充実した2日間となりました。

日中の試合では福島県代表!?として、「震災から5年、福島はこんなに元気になったぞ!」と示せたかどうかは疑問ですが、夜の試合!?では、思う存分福島の元気さをアピールできたと思っているのですが、如何でしたでしょうか???(苦笑笑)

フェスティバル開催に際し、2日間、いや、事前の準備も含めた数ヶ月間、並々ならぬご尽力を頂きました関係者の皆様に心より厚く御礼申し上げます。 ごくろうさまでした! そして、お世話になりました!! そしてそして、ありがとうございました!!!



本日午前、大部分の避難指示が解除された葛尾村の郵便局が震災以降5年3ヶ月ぶりに再開したとのニュースを耳にしました。

また、現在未だに全村避難を余儀なくされている飯舘村で来年3月末に避難指示解除を目指し、そのことに対する住民説明会が昨日2度にわたって開催されたとのニュースを耳にしました。


このブログで、何度も言っていることですが、同じ福島県でも、未だに震災の爪痕がくっきりと残っている場所がたくさんあります。


震災から5年3ヶ月。


同じ福島県に住む者として、同じ福島号に乗船する者として、このことは決して他人事ではなく、常に心の片隅に頭の片隅に・・・・・それこそがこの地に住む者の・・・・・・・・・・


がんばろう福島! がんばろう東北!!  がんばろう日本!!!



昨晩、熊本県で震度5弱の地震が発生しました。

大きな被害には至らなかったようですが、そこに暮らす人たちにとっては、「またか!」 「まだ来るのか!」etc 大変な恐怖に見舞われたのではないかと思い、想像するだけで・・・・・・・

再びの地震が怖くて、家に寝ることができずに、自宅前の庭に車を停め荷台に幌を張り、そこで寝泊まりしているとニュースで報道されていたあの老夫婦は、昨晩の地震をどこでどう受け止めたのだろうか・・・・・・・・


本日、平成28年熊本地震の復興を祈願し製作販売したTシャツの売上金(製作費用を除いた金額)を義援金として納めてきました。(県外からの注文者の入金が先週末で全て完了したため) 【71着×500円=35500円】

街頭募金活動等々の義援金は、『赤い羽根共同募金』を通して送らせて頂いたのですが、今回は、日本サッカー協会(JFA)が行っている、『がんばろうニッポン! ~サッカーファミリーのチカラをひとつに!~』 の活動のひとつである、『平成28年熊本地震義援金受付』に送らせて頂きました。

「日本サッカー協会(JFA)では、平成28年熊本地震に対し、義援金受付口座を開設することになりました。皆さまからお寄せいただいた義援金は、JFAを通じて熊本県義援金受け入れ口座(名義:熊本地震義援金 熊本県知事 蒲島郁夫)へ送られ、被災者の援助や復興支援の資金などとして使われます。」(今回の活動の日本サッカー協会趣旨状の抜粋より) 

20160613_140540_convert_20160613141556.jpg


福島のみならず、今尚、苦しみの渦中にいる方々が、一日も早く以前のような平穏な日々を取り戻せるよう、精一杯の思いを、想いを、微力ながらこれからも届けたいと思っています。


がんばろう熊本! がんばろう九州!! がんばろう日本!!!




本日、東北南部梅雨入り!とのニュースが配信されました。

約1ヶ月後の来るべき灼熱の2016夏を目指して!?(笑)、ファイトファイト~~!!です。
いろいろな人たち大募集!!
20160610_174928_convert_20160610190311.jpg

明日から2日間、石川町、鏡石町、中島村を拠点にして、『2016 マケルモンカ! 福島復興サッカーフェスティバル!』が開催される。

「震災から5年、福島が元気になった所をお見せすると共に他県のチームからまた元気をいただき少年サッカーを通して長い交流・協力関係を築く事を目指すことが目的である!」

を旗印に掲げ、スポーツソーシャルネットワーク突破会(鏡石FCS・近津SSS・浅川SSS・FCRegateが組織する会)が主催する大会である。

記念すべき第1回大会にお呼ばれ!?し参加させて頂く。福島県代表!?のチームの一員として、「福島が元気になった所をお見せする」 ことを2日間念頭に置き、子供たちと共に奮闘したいと思っている。


今大会開催にあたり以前にゴールの借用依頼を受けたため、本日夕方会場に届け、明日朝組み立てするつもりでいたのですが・・・・・

会場に着きゴールを車から降ろしていると・・・・・・・・「遠藤監督!」と、どこからか懐かしい声が聞こえてきて・・・・・・・・

見ると、そこには我がクラブOBで現在中学3年生のT君が・・・・・・・・(学校帰りで友達と遊んでいたところ私を見つけて、と言うか、クラブ車を見つけて自転車でかっ飛んで来てくれたようです!<笑>)

「お~!!!!!」とわけのわからない雄叫び!?をあげ(笑)、再会を喜びあい・・・・・・・・・・・・・・・・・・

せっかく久しぶりにあったのだからと、置いておくつもりだったゴールを2人でせっせこせっせこ組み立てながら、約1時間、いろ~~~んなことを話し・・・・・・・・・・突然、ゴールの組み立て作業をさせられたにも関わらず、T君は何ひとつ不平不満も言わず手伝ってくれました! さすが、ホワイトリバーの先輩!!(笑)


上記の写真は、作業終了後のT君の笑顔のポーズ!!(笑笑)


なんだか、とってもとってもとっても楽しい1時間を過ごすことができました。とは言っても、西日を受けながらの作業で、汗ダクダクでしたが・・・・・・・・(苦笑)


2日間の大会の大成功と大盛況を祈願しております!!  そしてT君のこれから益々の活躍を・・・・・・!!!





突然ですが、いろいろな人たちをこの場を借りて大大大募集致します!!

①我がクラブでは、年間を通して随時会員を募集しております!! 少年少女サッカーチームであるホワイトリバーフットボールクラブ、更なる技術の向上を目指すストリートサッカークラブ、サッカー大好きっこ達を大募集しています!!

②7月30日(土)「2016キッズサッカーフェスティバル」を開催します! 小学校未就学の幼児を対象にしたイベントです。参加賞として、海外チームのユニフォーム1式(シャツ・パンツ・ストッキング)を贈呈し、そのユニフォームを着て試合を行います。(10分間×3試合) その他にも、当日会場に設営されるかき氷店の無料券1枚or2枚を贈呈します。毎年行っているイベントで、会場に来た時のかわいらしい子供たちがユニフォームを身に纏った瞬間から、いっぱしの!?サッカー選手に変貌を遂げる様は、見応え抜群です!!(笑) 今年は、どのチームのユニフォームをお渡しするのか・・・・・それは当日のお楽しみです!!(笑笑) 現在、ホームページ上のみで参加募集を行っていますが、現在5名の子供たちの応募があります。来週月曜日から、市内村内の幼稚園・保育園に依頼し、募集のチラシを配布します。対象園児は、年中、年長児となります。その数(チラシ配布枚数)約800枚。残り35名ですので、その倍率は・・・・・・ ちなみに、例年参加費を2000円にしていたのですが(これでもユニフォーム1式を購入することを考えると超破格!)、今年は、その半額の1000円にすることにしました。赤字覚悟! いや、このままでは絶対赤字!!(泣)ですが、たくさんのチビッコ達にサッカーの楽しさを味わってほしい! その一心で、思い切って半額に・・・・・・・ 先着順での受付となります。 ご希望の方々はお早めにお申込み下さい!!


③上記のフェスティバルを赤字で開催するため、その不足費用はクラブで負担! と言いたいのですが、大きな声では言えないのでちっちゃい声で言いますが、それほど、いや、全く余裕のあるクラブではなく・・・・・(泣泣  笑! 笑えません!!!) クラブ会計を担当しているT氏は、毎月のやりくりに四苦八苦で、いつも大変な苦労を掛けているわけで・・・・・(泣泣泣  笑! 絶対に笑えません!!!!!)

そこで、今年は、キッズサッカーフェスティバル並びに同日同期間に行われる「第15回奥の細道サッカーフェスティバル」をご支援頂く企業・団体・個人様etcを幾つか募ることとしました。以前はたくさんの企業・団体・個人様から多大なるご協賛を頂きフェスティバルを開催していたのですが、「無理せず自分たちでできることをできる範囲で」と考え協賛を募ることをやめました。

しかし、今年は、上記の事情等々を鑑み、以前のように何十社の協賛とはいかないまでも、赤字が出ない程度の、T氏が困らない程度のご協力を要請しようと思っています。

このブログをお読みになった方々で、「それなら我が社がその一翼を担ってあげよう!」 「私の働いている職場にかけ合ってあげよう!」 「私が21世紀を担う子供たちの力になろう!」 「我こそが貧乏クラブを救ってあげよう!」等々そんな仏様!?のような方がおりましたら、ぜひとも手を挙げてお申し出下さい!! (来週中に協賛依頼書を作成し、いろいろ動こうと思っていますが、このブログを読んで手を挙げて下さる方が多数いればその時点で活動は取りやめようと思っています。果たして・・・・・)  ちなみに、1社10000円を考えています。10社位かな!?それとも・・・・・・





6月も中旬。じめ~っとした、あのいや~な梅雨の季節の足音がそこまで聞こえてきていますが、「梅雨が来ないと夏は来ない!」と、先日、あの有名な!?天気予報士の方が申しておりました。石の上にも3年!ならぬ、梅雨の季節も数週間! 来るべき情熱溢れる!?2016夏に向けて、じっと耐えに耐えて、それでも気持ちだけは清々しく毎日を送っていこうと思っています。


皆さん、がんばりましょうね!!(笑笑)


おまえががんばれよ!!   ですね!!(苦苦笑)
ルーティン!?
奇蹟の逆転劇! 残り0.9秒での超ロングシュート!!

先日、山口県で行われた山口県高校総体予選(インターハイ予選)女子バスケットボール決勝での出来事。

63対63からのフリースロー2発。誰しもが、このチームの優勝!を確信したその直後に起きた奇跡のドラマ!?




「最後まで諦めなければ・・・・・」 確かにそうかも知れない。しかし、現実には、「最後まで諦めなかったけれど・・・・」そんな場面に出くわすことの方が断然多い。けれど、時として、万が一の確率!?で奇蹟と呼ばれることが起きる。まさに、今回の出来事は、その万が一の?いや、億が一の確率で起きたドラマであるわけで・・・・・・・

奇蹟のドラマを演じた歓喜のヒロインたちは、そのドラマに酔いしれ・・・・・ (今回勝利を収めた対戦相手は、今まで一度も勝ったことがない相手だったと言う)

逆に悲劇のヒロインたちは・・・・・・・あるニュース番組のリポーターがその学校の関係者に電話インタビューしたところ、「あれは事件以外の何ものもありません! 子供たちは、その日は、立ち直れないぐらいのショックに打ちひしがれていましたが、今は気持ちを切り替えて既に次に向かって練習を開始しています!」とのこと・・・・・


『勝って奢らず 負けて腐らず』


両チームの今後益々の活躍を期待しています!!  それにしても・・・・・・・・・ですね!! (シュートシーンに目が行きがちですが、コート外の周りの様子を見ていると、いろいろな人間模様!?が見られ、この動画を何倍も楽しめます! こんな言い方は当事者の方々には失礼千万でした。すみません・・・・泣泣泣 でも、よ~くみて下さい。またまた失礼・・・・・・・・)





[6月7日提出のサッカーノートより]

20160608_092839_convert_20160608141444.jpg

「1年前、ぼくがホワイトリバーに入ってはじめての大会が、ヤマザキスポーツカップでした。その時は、みんなについていくのが大変だったけど、今回の大会では、ゴールを決めることができたので、とてもうれしかったです。試合に出るたびにルールもおぼえて、これからは、今までみんなにひっぱってもらったから、これからは、ぼくもひっぱっていけるように、いっぱい練習して、まわりのじょうずな人のプレーをよく見ておぼえて、かつやくできるようにがんばりたいです。」


「私は、ヤマザキスポーツカップで3年生チーム(ホワイトみさき)で大会に出ました。ずっとキーパーで出て、さいしょは、そんなにキーパーをやったことがなかったから、ボールを止めて声を出せばいいんでしょ、みたいなことを思っていたけど、試合をやった後は、キーパーの気持ちを考えることができました。キーパーの仕事の1番は、ボールを止めて声を出すことだけど、そのボールを止めることだって、そんなにすぐに止められないし、声だって、ただ出すんじゃなくて、1人1人に分かりやすく、大きな声で名前を言ってあげないと伝わらない。そういう声のかけ方でプレーがどうなるかにかかわってくる。そういうのが、キーパーの大変さだ。また、点を取られれば、悲しく、くやしく、暗くなってしまう。試合でフォーメーションを決めるとき、あまったからキーパーとかだれかにおしつけるのは・・・・・ただやれよ!じゃなくて、キーパーをまかせるということを考えてやってもらうのが一番いいんだと思う。キーパーの大変さをみんなが知るべきだと思う。」


「サッカーボールの気持ちは、実際には分からないけど、なんとなく想像できる。たぶん、練習してうまくなるほどうれしいと思う。逆に、練習をしてくれないとボールを使わないから、不ゆ快な気分になると思う。これが自分だったら、絶対につまらないし、悪い気分になる。だから、試合や練習でボールを泣かさないようにしたい。自分が日本代表とかになったら、ボールは絶対にうれしくなると思う。」





午前中の復興支援活動(幼・保育園訪問活動)を終えて事務所に戻ると、正直クタクタヘナヘナになる!(泣笑) 特に、今日のように、園児数の多い幼稚園での活動は、2コマ(50分×2回)を行うので、そのヘナヘナ感が倍増する!!(苦笑) しかも、今日のように炎天下の活動となると・・・・・・・・・


そんな時に待っているたくさんのサッカーノートへのコメント書き。

火曜日に提出されたノートに、翌日水曜日の支援活動を終えた後の日中にコメントを書き、その日の夕方のトレーニングに返却する。

いつの間にか1週間に1回のルーティン!?になったのですが、上述したように、疲れ果てた老体には、その作業は、ち~と、いや、う~んと堪えるわけでありまして・・・・・・・・


それならサッカーノートなんか!!


と言われるのは、百も承知で思っていること吐露したのですが・・・・・・・


子供たち一人一人が思っていること、考えていることに接することができるこの機会は、失うわけにはいかないのです!!

なぜなら、子供たちの言葉は、本音は、指導者としてどうあるべきかの指針を常に与えてくれる最高の教科書!?聖書!?バイブル!?なのです。

それに、何と言っても、疲れた体を癒してくれる、最高のマッサージ器!?なのです!!(笑笑笑)

こんな風に書くと、変な捉え方をされそうな気がしないでもないですが、とにもかくにも、子供たちの「今」にしっかりと触れ、子供たちの「明日」が輝きに満ちたものとなるよう、今後も事務所の机上で赤ペンを走らせていこうと思っています!! そして、一人一人の子供たちの「今」にグランドで真摯に向き合っていこうと思っています!!

20160604_160245_convert_20160608153350.jpg
カミングアウト!?
本日深夜2:00、新生なでしこJAPANの第2戦目が行われた。相手は、先日同様、アメリカ代表。

その時間にライブ観戦したの?

それはですね・・・・・・・・・・そうしようと思ってテレビ前で待機!?していたのですが・・・・・・・・・朝になってました!!(苦笑)

回りくどい!!(怒)  すんません・・・(泣泣笑)

と言うことでの録画観戦。

アメリカお得意の!?相変わらずの試合開始直後の怒濤の攻め!?に耐えた我らがなでしこJAPAN! もとい、新生なでしこJAPAN!!(笑)

しかし、その後、2失点で得点0。しかししかし、まだまだこれから!! と思ったその時、突然のものすごい大雨、そして、雷。そのため、後半31分の時点で試合中断。そして、50分後に状況変わらずと言うことで、そのまま試合中止に! つまりサスペンデットゲームに!! 

野球などでは降雨コールドゲームなどはよくあることだが、サッカーでこんなことがあるとは・・・・・・テストマッチならまだしも、今回の試合は国際Aマッチとしての扱いだったのに・・・・・・

「力負け」  「スコア以上の完敗劇」 

インターネットニュースで飛び交った酷評!?

しかし、試合を見る限り、私は全くそうは思いませんでした。贔屓目に見ても・・・・・・

1戦目から先発メンバーを7人入れ替えて臨んだ日本に対して、アメリカ代表は1人だけ入れ替えただけで10人が同じメンバー。

「誰にもポジジョンを与えたつもりはない!」

高倉監督の言葉を裏付ける選手起用。今回のアメリカ遠征で招集した20名の選手のうち、ゴールキーパー1人を除いた19名の選手が世界ナンバー1と目されるアメリカ代表を直接肌で感じる結果となったのである。

確かに、1戦目に比べて各所で見劣りする部分がなかったかと言えば・・・・・・・・1失点したもののそれでも前半を戦い抜き・・・・・

後半は、少々歯車を整え!? それでも1失点したものの、残り15分にワクワクの期待感を感じ始めた時の突然の中断。先日の、ロスタイムでの同点劇を思うと、最後の最後まで諦めない戦いぶりを思うと、個人的には、この中断が、そして、中止がなかったら・・・・・・・・そう思っています。

○○選手と○○選手のこれからのなでしこJAPAN入りは難しいなぁ、GK山根選手の切れ切れ感はやはり高倉マジックだなぁ、今後どのような選手がなでしこ入りし、高倉采配で異彩を放つことになっていくんだろうなぁ、いつの日か我が娘も・・・・・・・・・

とにかく、今後も新生なでしこJAPANの成長から目が離せない!!  いつの日かまた、世界を圧巻する日が必ず来る!! この2戦を通して、しみじみそう思いました。


がんばれなでしこ! がんばれ高倉!! がんばれ娘よ!!!(笑笑)





突然ですが・・・・・この場を借りて、カミングアウト!?させて頂きます。

実を申しますと、かくゆうこの私、小さい頃親戚の家や知り合いの家に泊まりに行くと、夜になると必ず、「家に帰りた~い!!」と泣き叫んでおりました~!!(恥恥笑)

実を申しますと、かくゆうこの私、小さい頃寝ている時にトイレに行き小便をしている夢を見て、気がつくと布団に日本地図、いやいや、世界地図を描いていることが度々×1000000000000ありました~!!!(恥恥恥笑笑)

実を申しますと、かくゆうこの私、昨日高速道路で・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



突然何!? どうしたの!?? なんでこんなことを世界!?に発信するの!??? どうしちゃったの!????


本当どうしちゃったんでしょうね・・・・・・・・・・・・・誰か、助けて~~~!!  止まらな~い!!!(笑笑笑)


「キャンプに申込をしたいのですが、実はおねしょが心配で・・・・・・・」

8月に開催するイベントであるサマーキャンプに申込たいのだけれど、上記のことが親も子も心配でどうしたらよいか・・・・とお電話を下さった○○君のお母さん。

「大丈夫ですよ! そんなことは○○君に限ったわけではなく、過去にも何人も何人もそんな子はおりましたから!」

以前のキャンプや合宿などでの過去の事例を話したり、その時の対処法!?本人と周囲へのケア法!?etcを話したり・・・・・・

「安心しました! これで気持ちよく子供も参加できると思います!!」

その後送られてきた参加申込みのメール。

「充実した3日間を過ごせるようにしっかりサポートさせて頂きます。お子さまを安心して参加させて下さい。」と返信。



子供を叱るな来た道じゃ、年寄り笑うな行く道じゃ



何がきっかけだったのか、いつの頃からか脳裏に刻み込まれた言葉、格言!?


自分の幼少期もさることながら、それにしても、今は立派になった我がクラブ出身の子供たちも、小さい頃は(大きくなっても!?笑)、合宿等々で本当、いろんなことがあったよなぁ・・・・・・・・・・・・・・

おねしょなんて日常茶飯事!???(笑笑)  目をつぶっても寝れない!と真夜中に突然私の部屋に入ってきた○○君、今ではあなたも立派な高校生!!(笑)  枕が合わなくて寝れない!そんな○○君もいたっけなぁ、今では立派な社会人!!(笑)

好き嫌いが激しくて、食事の時に、毎回毎回四苦八苦していた○○君、○○君、○○君・・・・・ みんなそれぞれ立派になりました!!(笑笑)

「学校の先生から、あれだけ給食を残していた○○君が、しっかり食べるようになってビックリしました!」

たくさんの夏合宿を経験し、休み明けの2学期になり学校の先生が驚いて連絡をくれました! 今では中学生の○○君のお母さんからのメールは、今でも鮮明に覚えています!!(笑)

東日本大震災以前に、今は立ち入り制限禁止区域に指定されている富岡町の合宿施設で行っていた低学年の毎年恒例の3日間の冬合宿。試合をしたりクリスマス会を行ったりバーベキューをしたり温泉に行ったり冬の海に入ったり!?・・・・・・この合宿時には、ここに書けないものすご~いハプニング!?がそれはそれは天こ盛りで・・・・・・・(苦苦笑)


とにもかくにも、みんなみんな、良きにつけ悪しきにつけ、いろ~~~んなことを経験・体験して、今では、立派に成長を遂げているのです!!

かくゆうこの私も・・・・・・・・・(笑) 立派かどうかは別としてですが・・・・・・・・・・・・・・・・(笑笑)



サッカー及び様々な活動を通して、心豊かに健やかに成長できるよう微力ながら精一杯尽力させて頂きます!!


おねしょする子の気持ち、痛いほど、よ~く分かりますのでご安心下さい!!

親元を離れて、思わず涙が出てしまう子の気持ち、痛すぎるほどよ~く分かりますのでご安心下さい!!

鶏肉食べれない子の気持ち、痛いほど痛いほど痛いほど、よ~く分かりますのでご安心下さい!!

???????????

小学生の時、家で飼っていた鶏のピーチャン!?を、じいちゃんが思いっきり自宅そばの梅の木にしばって絞めていた!?のを学校から帰ってきた時に目撃し・・・・・・・・・・

あれ以来、数十年が過ぎた今でもそのことがトラウマ!?になって、鶏肉を口にすることが・・・・・・・食べますよ !いや、食べれますよ! でも、積極的には・・・・・・(泣笑)


経験は最も価値のある財産である!


大人になった時、笑って話せる、酒の肴になるそんな経験談、体験談は、誰しもが持ってることですよね。ねぇ、皆さん!!(笑笑)


それにしても、昨日の高速道路のことって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


これに関しては口が裂けてもカミングアウト出来ません!!!


いつか笑って酒の肴になる日までは・・・・・・・・・・・・・(苦苦笑)
休日返上!?
新生なでしこJAPANの船出!?

本日、歴代史上初の女性監督となる高倉麻子氏率いる『新生なでしこJAPAN』が、リオオリンピックの金メダル最有力と目されるアメリカ代表との試合を行った。(現地時間6月2日19時30分~ 日本時間6月3日10:30~)

結果は、3対3のドロー。

前半2点を先制するも、その後逆転され、このまま万事休すか???と思われた終了間際の同点弾。

しかも、後半開始早々、今回の試合でキャプテンを務めた大儀見選手が2枚目の警告で退場。一方的な展開からの逆転劇にも動じず!?一瞬の隙を得て獲得した同点ゴール。

今回の対戦は、監督も含めて真新しい選手が代表入りしベテラン!?(高倉監督が嫌っている言葉だが・・・)との融合が試される新生なでしこJAPANの船出でもあるし、リオオリンピック出場を逃した悔しさをぶつける場でもあるだろうし、何より、あのカナダワールドカップでの決勝戦で、5失点と言う苦汁を舐めさせられたチームとのある意味リベンジ戦でもあるだろうし・・・・・・・・


感想は・・・・・・・・・

「なんだかスカッとした!!」

あくまでも個人的な感想を一言で表わすなら・・・・・・・・という感じです!!(笑)


第2戦は、現地時間6月5日(日)13:00~ 日本時間6月6日(月)4:00~ 同じくアメリカ代表との対戦が組まれています。

「ミスからの失点だったので修正して次は勝ちに行きます!」

高倉監督の強い言葉に、今後の新生なでしこJAPANの明るい未来が見えた!そんな気がしました。

今日の試合運び、そして、調整時間が短い中での選手のパフォーマンスの高さ、何より、選手の伸び伸び感、チームの一体感、やはりこの監督ただものではない! そう思ったのは、私だけではなかったはずです。 ねぇ、佐々木前監督!!(苦笑)


ちなみに高倉麻子氏は、ご存じのように、ここ福島県の福島市出身。

小学校からサッカーをはじめ、中学校では地元の中学に通いながら東京都のチームに所属。新幹線で通っていたとかないとか・・・・・高校では入学したやはり地元の高校にサッカー部がなかったため、平日は近くの男子校のサッカー部に混じり練習を行い、週末は、やはり東京都のチームに所属し活動。これもやはり新幹線で・・・・・・・・

その後、東京の大学に進学し、現在の日テレベレーザ(当時の読売日本サッカークラブ・ベレーザ)に入団。目覚ましい活躍をし、日本代表選手として2回のワールドカップ出場、そして、1回のオリンピック出場を遂げた。(と言っても、既に15歳の時に日本代表に初選出され、翌年のイタリア戦で代表デビューを果たしていたのである。)


指導者としての功績は言わずもがな。2014年のFIFA U-17女子ワールドカップコスタリカに監督として出場し、日本を初優勝に導き、2012年、2013年のアジアサッカー連盟が定める「アジア年間最優秀監督」を受賞。


2014年9月からは、2016FIFA U-20女子ワールドカップ(パプアニューギニア開催)を目指すU-18サッカー女子日本代表監督に就任。その年、3年連続で「アジア年間最優秀監督」を受賞。

その後行われたAFC U-19女子選手権2015でアジアを制覇し、翌年のワールドカップ出場権を獲得すると共に、4年連続で「アジア最優秀監督」を受賞。

そして、今年4月、佐々木前監督の後を引き継いで、新生なでしこJAPANの女性初の監督に就任。


同郷人として、なでしこJAPANをこよなく応援する者として、高倉氏の手腕に大きな期待を寄せさせて頂きます。


がんばれなでしこ! がんばれ高倉!! がんばれ福島!!! (笑)




先日、高倉麻子監督率いるU-20日本女子代表チームが出場するFIFA U-20女子ワールドカップ パプアニューギニア2016(11月中旬~12月上旬開催)に先んじて9月30日~10月21日に行われるFIFA U-17女子ワールドカップ ヨルダン2016の組合せ抽選会をヨルダンのアンマンで行われた。

この抽選会の模様は、YouTubeで生放送され、深夜の時間帯であったが、思わず視聴し・・・・・・・・・

なぜなら・・・・・・・・・・・・もちろん、我が遠藤純さんが、この大会に出場するU-17日本女子代表入りを目指し、日々奮闘しているからであり・・・・・・・・・・・・

組合せ抽選会の結果は・・・・・・

574d2353-ec18-4b28-a7d5-55acd3093d95.jpg


この写真をよ~く見ると、全ての組合せが分かります!!(苦笑)

日本は、グループDに入り、同組には、アメリカ代表・パラグアイ代表・ガーナ代表が入りました。

日本の初戦は、現地時間10月1日(土)16時~ vs ガーナ代表。(日本時間は不明・・・・・後で調べてみます!<苦笑>)

その後、10月4日(火)19時~ vs パラグアイ代表、10月8日(土) vs アメリカ代表と試合を行います。(いずれも現地時間)

予選リーグ2位までが決勝トーナメントに進み、準々決勝、準決勝、決勝戦へと駒を進めます。

果たして結果は如何に・・・・・・遠藤純さんの代表入りは・・・・・・・・


「ガーナ・パラグアイ・アメリカという強豪国と同じ組になりました。各国ともに厳しい予選を戦い抜いてきているので、簡単に勝つことは出来ないと思っています。大会まで3ヶ月しかありませんが、良い緊張感を持って大会に臨めるよう、準備を進めていきます。」

とは、組合せ抽選会後の、U-17日本女子代表を率いる楠瀬直木監督のコメント。


昨年のアジア大会で今回のワールドカップ出場権を獲得したものの、決勝戦で北朝鮮に負け悔しい思いをしたU-17女子日本代表チーム、そして、遠藤純さん。

決勝戦後に現地(中国)から送られてきたLINEの内容は今でも鮮明に・・・・・・・

「すごく悔しかったけど、くよくよしていても仕方がないので次に向けてがんばる!」

そして、

「来年のワールドカップメンバーに選ばれるように、しっかりがんばっていく! そして、必ず世界1になる!!」

この言葉が実現するよう、どんなに親バカの罵られようとも(苦泣笑)、全力且つ精一杯応援声援激励・・・・・していこうと思っています。


がんばれ日本! がんばれ純!! がんばれ娘よ!!!
 


今日は本当なら1週間に1度の楽しみな!?休日。

しかし、明日、クラブ主催の大会があるため休日を返上し!?、朝からゴールを運んだりコートを作成したり・・・・・・

本当は、日中のんびり行うつもりだったのですが、上述したように、今日は新生なでしこJAPANの船出の試合があり、それがBSテレビでライブ放送されると言うことで、なんとかその時間まで作業を終わらせる!と超意気込み!?(笑笑)、早朝出勤で作業を黙々こなし・・・・・・事務所のTVは衛生放送が入らないため、自宅に直行。TVをつけたら、ちょうどキックオフの時間。ギリギリセーフ!!!(苦笑)

試合観戦後、本当なら、本日13時~行われる福島県高校サッカーインターハイ予選の準決勝戦を観戦に行きたかったのですが・・・・・・

今日の夕方は、講師を務めている白河市のフットサル教室があるため、その準備をしなければならなかったため、やむなく観戦を断念し・・・・・・・・

我がクラブ出身のY君が今年のキャプテンを務める学法石川高校サッカー部。準決勝の相手は、あの尚志高校。既に結果は出ている時間なのだが、情報発信者のW君からまだ連絡が来ない。と言うことは・・・・・・・・・


本来なら、この時間は、フットサル教室の準備を行っているはずが、どういうわけかブログの書き込みに夢中になりこんな時間に・・・・・・・(泣泣泣)


終わったら即効で・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今夜はハリルJAPANの代表戦もある。教室終了後、ぶっ飛んできて・・・・・・・・・・その前に、早く準備しなきゃ~~~!!!(笑)

その前に、お昼も食べなきゃ~~~!!!!!!!!!(笑笑)



ささっと書くつもりのブログが、なぜこんな長時間に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(笑笑笑)




来週の金曜日の休みまで、がんばっぺ~!!!!(笑笑笑笑笑)  笑っている場合ではないのですが・・・・・・・・・・・(泣笑)
経験こそが・・・・・
実家のトイレに掲げられている!?カレンダーには、毎月、深い~格言が記載されている。

先月(5月)の深い~その御言葉は・・・・・・

『経験は最も価値のある財産である』

と言う言葉でした。

この言葉こそが、この言葉を常に念頭に置くことこそが、たくさんの子供たちの【今】を託されている自分に与えられた使命である!

改めてトイレに座りながら思う今日この頃で・・・・・・・・・(笑笑)



本日より、「2016夏サマーキャンプIN南会津」の参加者の募集を開始しました。

例年は、第1弾が小学生の下学年対象、第2弾が高学年対象と位置付けていたのですが(年間の予定でもそのようにしていたのですが)、今キャンプで使用している宿泊施設が予定していた期間(期日)、他の団体で満員札止め!?となってしまっていたため、宿舎の空き状況で施設を確保した結果、今年は第1弾と第2弾を入れ替えることとなりました。実はもうひとつ。高学年のキャンプは8月中旬以降に行っていたので今年も同様にと思ったのですが、その時期、以前のブログで記載したのですが、今年の夏、県南地区の保育士の方々を対象とした実技講習会の講師を依頼され、それがちょうど中旬以降となるため、高学年のキャンプを例年の時期より早めに行うこととしたのです。

第1弾・2弾が逆になろうとも、時期がずれようとも、キャンプを行う趣旨に全くの変動はありません!!

参加した子供たちが、2泊3日の様々な体験・経験を通して、2016夏の思い出の1ページを築くこと、そして、それらの体験・経験を通して、日常では味わうことのできない時間を過ごし心豊かに成長することetc

今年もたくさんの子供たちに参加してほしいと思っています!!

本日日中より募集開始のメールをクラブ会員の方々に配信したのですが、早速申込のメールを頂きました。

「子供たちはまだ学校なはずなのに、子供に聞かなくても申込がくるとは・・・・・・・・」

素晴らしい親の権力!?に感謝申し上げます!!(苦苦笑)


南会津の大自然に木霊するいつもの子供たちの歓声が、今にも聞こえてくるようです。


『経験は最も価値のある財産である』


今年もたくさんの子供たちに価値ある財産をプレゼント致します! ぜひともゲッとして下さい!!(笑)



<5月31日提出のサッカーノートより>

20160601_150057_convert_20160601150907.jpg

「日曜日午前中、聖和学園の試合を見ました。聖和学園の人達は、練習からドリブルしたり体をやわらかくしていました。そして、試合になると、パスをつなげたり、ドリブルでかわしたりして、相手にボールをほとんどわたしませんでした。それは、あせらずに回りを見てドリブルをしていたからです。そのためには、ふだんの練習から顔を上げて回りを見ることです。ただボールを追っているだけでは点がとれません。れいせいになって考えて行動しているから、聖和学園は上手なんだと思いました。

午後は試合をしました。試合では右サイドでした。でも、最初は、回りをみれなくてあせっていました。でも、あとから考えて分かったのです。聖和の人達を思い出しまねをすればいいと。まねをすれば、すごいプレーがよくなると思いました。そのためには、さっきも言ったようにふだんの練習から回りをみなければいけません。それを行っていれば、必ず上手になると思います。」




「ぼくはいつも通り早く来てグランドをリフティングで1周しました。でも、ぼくは思いました。それはいくら早く終わっても、正かくにていねいにやらなければ意味がないということです。今までふり返ってみると、くぎったところでだいたい落として、そこからまたつづけるということを何度もやっていたのです。ところが、いつもそのことをくり返しても、何もかわらないということに気がつきました。だから来週の練習の時は、あまり落とさないで目標を決めてやりたいと思います。(略)

最後に試合をしました。ぼくはドリブル練習で練習したことを生かそうと思いました。でも、試合になるとボールを受けた後に、早くゴールを決めることだけを考えてしまい、あまりフェイントができずにボールをとられてしまいました。ぼくは、いくら早くやってもあせってしまい、自分のためにはならないと思いました。なぜなら、いくら早くやっても、ただボールをけってフェイントができずに、最終的には自分は一つもとくをしなくてそんするからです。あせらずにプレーして自分にとってとくすることを行っていきたいと思います。」



上記は両方とも4年生の○○君と○○君のノートに書かれていたことです。言葉に語弊があるかも知れませんが、4年生でもここまで物事をしっかり捉え、ここまで自分をしっかり見つめ、ここまで・・・・・・・・・とつくづく感心させられました。


『経験は最も価値のある財産である』

子供たちの思いや願いが実現するよう、達成できるよう、しっかりサポートしていこう! 改めてそう思った次第です。



今日から6月。2016年上半期の集大成!??

昨日までの猛暑!?が嘘のように、暴風!?が吹き荒れている今日一日となりましたが、すばらしい集大成!?ができるよう、与えられた使命に微力ながら精一杯尽力していきたいと思っています。


今月も皆様、どうぞよろしくお願い致します!!!