Vamos福島
『71』
先週金曜日、歴史的な出来事が起こりました。

それはもちろん、現職のアメリカ大統領が初めて広島を訪問したことです。

そこで繰り広げられた一挙手一投足!?は、克明にこの日本全土にタイムリーに伝えられたことなので、ここでとやかく言うことは・・・・・

「Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed. A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.」

「71年前の雲一つない明るい朝、空から死が舞い降り、世界は変わった。閃光と火柱が都市を破壊し、人類は自ら破壊する手段を手にすることを示した。」

この言葉で始まった約17分間のスピーチ。静まり返る広島記念公園の映像、そして、一言一言に想いの丈を詰め込み、日本中の、いや、世界中の人たちの心の中に染み渡る口調で話す、語るオバマ大統領の姿。そして、時折映し出される「ヒバクシャ」の方々の姿。

今年で、あの忌まわしき原爆投下から『71』年の月日が流れました。

いろいろな意味で【当事者】同士が抱擁する姿、固く固く手を握り合いながら語り合う姿に、心を打たれた人たちは数知れなかったように思います。もちろん、私もその一人で・・・・・・・・

私のような一般市民、私のような戦後に生まれた人間、私のような戦争を知らない人間、私のような・・・・・・・・・・・そんな人間でも、過去の悲しい哀しい歴史を踏まえ、これから先、日本が、世界が、この地球が、戦争のないそんな平和な地になってほしい! 素直にそう思えた瞬間でした。

と同時に、


ノーモアヒロシマ! ノーモアウォー!!


この言葉の意味を改めて胸に刻み込まれた瞬間でした。



オバマ大統領が訪問した原爆資料館の入場者数が、大統領訪問後倍増!とのニュースを耳にしました。

「もっともっと滞在してくれたらもっともっと当時の様子が伝わったと思います。そして、核兵器の恐ろしさをもっともっと感じて頂けたと思います。」

約10分間と言う短い大統領の滞在時間に、資料館長が漏らした一言です。


恥ずかしい話しですが、私は、まだ一度もこの場所を訪れたことがありません。

原爆ドームも教科書などの写真でしか見たことがありません。


ブーム!?に便乗!?するわけではありませんが、日本人として、一度は訪れなければならない場所である! そう思っています。



百聞は一見に如かず


本物を見ると言うこと、それは何にも代え難いことであると思っています。それは資料館訪問も同様で・・・・・・・


昨日、トップクラスの子供たちとその本物を目にして来ました。

70分間(高校総体の試合は、前後半35分ずつ)の試合、そして、1時間近くの試合前の練習の様子を、食い入るように見つめる子供たちの姿が印象的でした。

本物の与える凄さ、本物の与える影響etcを、そんな子供たちを見ていてしみじみと感じさせられました。

コツコツコツコツ努力した先にあるもの・・・・・・・・・・・・・・・・

刺激を与えて下さった聖和学園の選手たちに、心より感謝申し上げます。そして、ぜひとも宮城県を制覇し、そのサッカーを改めて全国に轟かせてほしいと思っています。

20160529_091448_convert_20160530132807.jpg
20160529_093623_convert_20160530132217.jpg


「がんばろう熊本! がんばろう九州!! がんばろう日本!!!」

復興祈願Tシャツが完成しました。本日より配布致します。(県内外よりFAXで注文頂いた皆様には明日発送の段取りをします。)

早速袖を通し、今なお苦しみの渦中にいる方々に、それぞれの想いを馳せて頂ければと思っております。


今回シャツを注文して頂いた枚数は、『71』枚でした。

原爆投下から今年で『71』年でした。


『71』 この偶然の、奇遇な数字が、先週から頭の中をぐるぐるぐるぐる駆け回っていました。


 
5月も残りわずか。71年前の今日、広島、ヒロシマは戦時中とは言え、平穏な姿であったのでしょうね。2ヶ月後に空から死が舞い降りようとは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
練習は発表の場所! ~練習でヒント・コツを掴め~
明日から2日間、三重県でG7伊勢志摩サミット2016が開催される。

報道によると、三重県はもちろんのこと、東京都内でも日本全国から警察官が集まり、厳重な警備体制が敷かれているようだ。

多額の税金を投入し行われる会議。(G7サミットとは、日本・フランス・アメリカ・イギリス・ドイツ・イタリア・カナダの政府の長と欧州連合の欧州理事会議長と欧州委員会委員長が年1回集まり、国際的な経済、政治的課題について討議する会議である。)

ぜひとも実り多き2日間にしてほしいものである。


しかし、解せないのは、この会議が行われるため、40年後の廃炉に向けて現在行われている福島第二原発の作業が、数日間、中止されるとのことである。

なぜ?なぜ?なぜ?  これもテロ対策!???

都内のゴミ箱を一時撤去することと、この作業を一時停止することは、あまりにも違いすぎることに思えてならない。

40年先のことなのだから、たった数日ぐらい作業を止めても・・・・・・・・・

この原発のせいで、故郷をおんだされ、我が家に近づくことすら許されない人たちを思えば、たった数日すらどれほど貴重な重い時間と言えるだろうか!!

1日でも1分でも1秒でも早くその作業を完了し、今なお福島県内はもちろんのこと、全国各地に避難を余儀なくされているたくさんの人たちの故郷に帰りたい!その思いを実現させるべきだと思っている。


これこそ、国際的な政治課題の何ものでもないのでは・・・・・・ ねぇ安倍さん、ねぇオランドさん、ねぇオバマさん、ねぇキャメロンさん、ねぇメルケルさん、ねぇレンツィさん、ねぇトルドーさん!!!






【5月24日(火)提出のサッカーノートより】

「ぼくは、1~2年生のテレメディアカップの試合を見て、ボールを取られたら取り返す、ゴールが決められそうになってもあきらめない、すごいなぁと思いました。いい試合を見せてもらいました。」


「土曜日の練習の後、5・6年生で次の日のグランドを作りました。(テレメディアカップのコート2面) ちょっと大変なところもあったけど、ぼくが1・2年生の時、5・6年生がこうやって作ってくれたんだなと思いました。」


「土曜日の合同練習(小学1~6年生)では、6年生が下学年にいろいろ教えてあげるのをやりました。ぼくのところには3人来ました。リフティングを教えてあげました。その後ミニゲームをしたのですが、下級生が、前の合同練習の時より、けっこう上手になっていました。『ボールをうばう時は、足ではなく体を使うんだよ。』と教えてあげました。次の合同練習が楽しみです。」


「土曜日の練習で、リフティングや技をやりました。そこでは、毎回1位から3位に入れる人と、毎回できなくてあきらめている人がいます。同じ場所で同じチームで同じ練習をして同じ人間なのに、なぜそんなに差がつくのだろうと考えました。簡単に言うと、気持ちと練習してない事です。(略)強い気持ち、あきらめない気持ちがあれば、自然と練習を行いうまくなっていくと思います。逆に言えば、そんな気持ちを持たない人は、すぐにあきらめて、中とはんぱな人になり、絶対にうまくなどなりません。ぼくはプロになって、かんとくをおどろかせたいです。なので、かんとくはそれまで生きていてください!!」


「練習は発表する場所。いきなり○○をしようとしても、日頃からしっかり練習しないと絶対に○○をできるようになんかなりません。空いている時間を大切にして、もっと自主練習をした方がいいと思います。」


「楽しいことをやるには、つらいこともやる。でも、そのつらいことが楽しくなるようにたくさん練習したいと思います。」



20160525_155449_001_convert_20160525155832.jpg
夢に向かって ~16歳、良き1年に~
ハッピーバースデー純~♪ ハッピーバースデー純~♪♪  ハッピーバースデーディア純~♪♪♪  ハッピーバースデー純~~~♪♪♪♪♪

16回目のお誕生日、おめでとう!!  パチパチパチ・・・・・・!!!!!!!!


久しぶりに出たぞ~ 親バカブログ~!!!

そうです! 久しぶりに出したんです!! 親バカぶりを~!!!(笑笑笑)


今日の良き日を面と向かって祝えない以上、なんと言われようとも、このブログでお祝いし彼女のもとに届けたい! その一心で恥も外聞もかなぐり捨てて、思いっきり唱わせて頂きました!!!(苦苦笑)

20160523_174931_convert_20160524155749.jpg

夕焼けに染まった日本一の富士山に見守られながら、今年も1年夢に向かって突っ走れ~!!!

20160523_181138_convert_20160524155912.jpg



ちなみに、上記2枚の写真の撮影者は、なにをかくそうこの私です。


えっ!? どういうこと!?? いつの写真!??

実はですね・・・・・・この写真は、昨日夕方撮影したものです。

え~っ!????? ますます意味が分からん・・・・・・・!????????



昨日は、1~2年生が、土日と練習・大会が続いたため、ジュニアクラスのトレーニングは休み。

もしかして、静岡に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうなんです。そのもしかしてなんです!!(苦笑)


昨日朝6時前に目覚め、なぜだか急に、「そう言えば明日は娘の誕生日だよな~」と思い、「そうだ!今日は練習休みなんだから誕生日の前祝いをしに静岡まで行くことができる!! でも、大会集約や諸々の仕事もあるし、それに娘に何にも言ってないし、しかも平日に会いに行ったことも一度もないし・・・・・・」 と寝ぼけた頭で瞬時に考え・・・・・・・

思い立ったが吉日!!  「仕事はこれからやっちゃえば行くことは可能だ! こんな機会滅多にないんだから、つべこべ考えずに行っちゃえ~!!」

と言うことで、速攻で事務所入り。朝6時過ぎからパソコンに向いパチパチパチ・・・・・・車の往来(通勤)がうるさくなってきた頃、一段落して、「あっ、そうだ! 今日はお昼に病院に行くことになってたんだ!!」と言うことで病院に電話をして、翌日に変更してもらい・・・・・・残りの仕事を黙々黙々・・・・・・・


そんなこんなでレッツゴー~!!!


学校が終わる頃を見計らい、娘にラインで今静岡にいることを連絡すると、ビックリ仰天の言葉とスタンプが返ってきて・・・・・・


そりゃそうだ!!!(笑笑笑)


と言うことで、寮の夕食前のほんの僅かな時間、急遽の外出の許可を得て、近くの公園!?に行き・・・・・・・・・


ハッピーバースデー純~♪♪♪の歌を唱い・・・・・・・・・


誕生日前日の前祝いではありましたが、3年ぶり? 4年ぶり? に直接お祝いすることが出来ました。


夕焼けに赤く染まった富士山をバックに行った16歳のサプライズ!?誕生会は、ささやかで簡素な会でしたが、心にじ~~~んと残るものとなりました。

私の言う台詞ではありませんが・・・・・(苦笑)



と言うことは、別に今日このブログで唱わなくても良かったんじゃなかろうか・・・・・・・・・・



いやいや今日が本番!! なので、改めてしっかり唱わせて頂きました!! チャンチャン♪(笑)



それにしても、本当、親バカ炸裂~!!だね。


そうなんです! けれど、何と言われようとも、このスタンスは曲げずに、これからも親バカ節を大いに発揮していく所存であります!!(笑笑)



今年は、U17女子ワールドカップイヤー。

「日本代表に選ばれてワールドカップで活躍して世界一になる!!」

この言葉が実現できるように、遠き地より応援することしか出来ないけれど、精一杯精一杯精一杯×1000000000000000 がんばれ~!!!!!の言葉を送り続けて行こうと思っています。



がんばれ純!  お誕生日、おめでとう!!  夢に向かって突っ走れ~!!!
今年度初のクラブ主催大会無事終了!!
祝  女子バレー 4大会連続、通算12度目のオリンピック出場決定!!

とは言うものの、イタリアに敗れての出場決定だっただけに、選手やスタッフの笑顔もどことなく・・・・・・それでも、まずは出場権獲得!! この悔しさは本番の舞台で・・・・・・・!!!

「最後は勝ってオリンピックに向いたいですね! 」 試合後の監督の語気の強いコメントが実現するよう、今夜のオランダ戦、がんばれNIPPONコールをテレビの前で正座して送り続けます!!(笑笑)


そんな記念すべき日!?の翌日に開催された、平成28年度最初のクラブ主催大会『第17回テレメディア東北カップキッズサッカー大会』。

ものすご~いうだるよ~な最高~の天候!?(苦笑)の下行われた大会。

大会の趣旨に賛同して頂き県内外より参加して下さったチームの皆様、そして、クラブ主催の大会と言うことで、会場準備から大会運営、後片付けに至るまで、並々ならぬご尽力を頂いたクラブ関係者(保護者・スタッフ・先輩!?)の皆様、それらたくさんの方々のおかげで、今年度初のクラブ主催大会をかくも盛大に、そして、無事終了することができました。

今年度クラブ主催の大会は、今大会を皮切りに、来月、再来月・・・・・・・と来年3月まで開催していきます。

たくさんの方々のご支援ご協力を頂きながら、サッカー大好きっこたちが、充実した時間を過ごせるよう、良き思い出になるよう、参加して良かったと思ってもらえるよう、あとはえ~と・・・・・・・・・・・とにかく、全身全霊を傾けて!?企画運営実施していこうと思っています。

日本全国のサッカーチームの皆様、クラブ関係者の皆様、どうぞどうぞどうぞ×10000000000000000000よろしくお願い致します!!


DSCN2926.jpg
DSCN2932.jpg
DSCN2929.jpg
DSCN2947.jpg
DSCN2938.jpg
DSCN2945.jpg
DSCN2946.jpg
DSCN2953.jpg
DSCN2956.jpg
DSCN2958.jpg
いろ~んな意味で、がんばれNIPPON!!
先日の女子バレーボール世界最終予選、日本vsタイ戦。

女子代表監督の真鍋氏は、「このような大逆転劇は、何十年に1回あるかないかである!」とコメントしていたが、本当、ありえない逆転劇であった。

最終セット、大差がついた時点で私が思ったこと。

「ロンドンオリンピック(前回大会)で、銀メダルを獲得したなでしこJAPANが今回のリオデジャネイロオリンピックに参加できず、同じくロンドンで銅メダルを獲得した女子バレーが参加できないことになったら、女子スポーツ界に暗雲が垂れ込めるのでは・・・・・」

な~んて思っていたですが、まさかまさかの大逆転!!

試合後の選手の涙に、相当なプレッシャーの中でこの試合を戦っていたんだな~!と、思わずもらい泣きしそうになってしまい・・・・・・しかし、同時に、あることを思い出してしまいました。それは・・・・・・・

所謂、『ドーハの悲劇』と言われたオフト監督率いるラモス、カズ、ゴン・・・・・そうそうたるメンバーが日本初のワールドカップ出場をあとわずかのところで逸した大会のこと。

準決勝で韓国にこれまた奇蹟の逆転勝利をあげた時、カズはじめ多くの選手が涙を流しながらインタビューに応えていたのですが、その様子を見ていたラモス瑠偉選手が、

「なんで泣くんだ! まだワールドカップ出場が決まったわけじゃない!!」と激高したことがあった。

結果は、ラモスの不安!?が現実となり、決勝ロスタイムでのあのヘディングシュートの同点弾でワールドカップに行くことはできなかった。



今回の女子バレー選手の涙、これを見て、「まだオリンピック出場が決まったわけではない! 泣くのは決まってからにしろ!!」

そう言い切ったものが果たして今回の代表メンバーの中に存在したのだろうか・・・・・・・・


とにもかくにも、残り3戦。女子スポーツ界の火を消さないように!?、もちろん、オリンピック出場を目指して、思い切ってプレーしてほしいと思っています。

私も日本人として、微力ながらではありますが、テレビの前に正座して!?(笑)、「がんばれNIPPON!!」の雄叫びをあげたいと思っています。

それにしても、バレーの世界にも、イエローカードやレッドカードが存在すること、選手交代をタブレットで行うことなどなど、試合観戦を通して、びっくりしているのは私だけでしょうか・・・・・・(苦笑)





5月17日提出された子供たちのサッカーノートより

【那須ハイランドパーク】

「今日は、1年に1回だけの那須ハイランドパークに行った。ぼくは、今年で2回目だったから、初めて来た(参加した)2年生と3年生と4年生に、いろいろ教えました。ぼくが遊んだのは、ジェットコースターのそんごくうと青と緑に乗りました。あと、お化け屋しきとダークキャッスルとバイキングとフライングサブマリンとゲゲゲの鬼太郎とSHINPIとウォーターパレードとアドベンチャーサファリと大観らん車とスカイバルーンなど乗りました。ジェットコースターの青は、1回転とかしたから少し死にかけました。あと、フライングサブマリンで、たくさんぬれました。また、来年もぬれたいです。」

【なすハイランドパーク】

「今日は6年生がリーダーで3グループに分かれました。ぼくは、たつきくんのはんでした。今日は、朝から天気がくもりで雨がふらないかしんぱいだったけど、サッカーのなかまと一日たのしくあそんで、一日がとっても早くすぎてしまいました。もっともっと長くあそびたかったけど、とても楽しい思いでになりました。来年も参加したいです。」

【運動会】

「ぼくはチャンス走で、かんとくに言われた通りに1位をとりました。こじん走は2位でした。来年はダブルで1位をとれるようにがんばりたいです。運動会がおわったあと、お父さんに大平グランドにつれていってもらって練習しました。ホワイトリバーの4人がきたので、みんなでしあいをやりました。やっぱりぼくは走るよりサッカーボールをけっていたほうが楽しいです。」

【がんばろう】

「ぼくはチームの練習がなかったので、家でお父さんとサッカーの練習をしました。練習したら、リフティングで100回こえることができました。なので、ぼくは、練習すればするほどうまくなるんだなぁ~と思いました。でも、ぼくは、いつも言ってるようにみんなよりへたなので、みんながふつうにできることを、まだできないのがたくさんあります。H君やY君みたいに新しくトップクラスに入ってきた人に教えられるようになりたいです。それにむかって練習をコツコツしたいです。ちょっとの時間も有こうに使いたいです。」



がんばろう熊本! がんばろう九州!! がんばろう日本!!!
昨日のブログ、一夜明けて冷静!?になって読み返してみると、これって、飼い犬に手を噛まれた、もとい、飼い猫に手を噛まれた内輪の話であって、クラブホームページに記載するほどの内容ではなかったよなぁ・・・・・読んだ人がどれだけいるか分からないけれど、下らない内容に、読まなきゃ良かった~、時間の無駄だった~etcと嫌な思いをさせてしまっただろうなぁ・・・・・

などなど、正直、穴があったらもっと掘りたい! もとい、穴があったら入りたい!(笑) そんな感じになっているのですが、以前にある人から、「遠藤さんのブログは、アンチ遠藤は絶対に読まない! そうじゃない人たちだけが読んでくれる。だから、暗~い卑屈な内容ではなく、元気を発信するブログを書いてほしい。」

そう言われたことがありました。ある人とは・・・・・・・・・・・そうあなたです!!(笑)

と考えると、昨日の内容も、「なにバカやってんだ!この人は!!(失笑)」と笑いのネタ!?になったに違いないとプラス思考に捉え、OK!OK!と思うようにします。宜しいでしょうか、ブログ愛読者の皆様!????(苦苦笑) と言うか、このブログの愛読者が、言ってみれば、アンチ遠藤!?ではない方が、この世にどれほどいて下さるのか、果たしてそんな殊勝な方!?がこの世に存在するのか、皆目検討もつかないのですが・・・(泣泣笑)


ちなみに、本日日中、保育園指導後、病院に行って消毒等々を行ってきました。

「まっ、取りあえず大丈夫だとは思いますが、少し様子を見ましょう。では、来週月曜日にまたいらして下さい。」

とのことで、ぐるぐる巻きの包帯から解放!! 数カ所に大きめのカットバンを貼られただけで済んだのは良かったのですが、生々しい傷がばっちりオープンに・・・・・・(泣泣)

ちなみに、昨晩の帰宅後、スター君から謝罪の言葉は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・もちろん、ありませんでした!!(泣泣笑)





一昨日、復興支援活動で今年度2回目の南相馬の幼稚園訪問を行ってきました。

その際、副園長先生と少し話す時間があり、いろいろ話しをした中で、震災後の園児数の変移のお話しがあり・・・・・

「震災前は、260名を越える園児がいたのですが、震災直後の年は20名に、2年目は40名、3年目は80名、4年目は110名、そして5年目の今年は145名と、5年が経過し、ようやく元の(震災前の)半分に達する園児の数になりました。」

「元の数になるのは、いつになることか・・・・・」

同じ福島に住む者として、まだまだ復興道半ばの場所が至る所に点在していること、改めて痛感させられた会話となりました。

たしかに、南相馬に向かう際に通る飯舘牛で名を馳せた飯舘村は、未だ全村避難の状態で、どこを見渡しても、除染作業で出た汚染物を収納した大量の黒袋の山々山がそこかしこに・・・・・・・・・・・・

絶対に忘れてはならないことがある! 絶対に風化させてはいけないことがある! 同県人として、微力ながら、ささやかながら、ことある毎にそんな状況を発信していこうと思っています。



熊本九州大地震から約1ヶ月強が過ぎました。

今なお、復興復旧など遙か遠く! そのような状況下で、多くの人たちが日々の生活を四苦八苦しながら送っています。

仮設住宅の入居予約がようやく始まった! そんなニュースを耳にしました。 もちろん、その住宅はまだ出来上がっていません。

未だに、無数の人たちが、エコノミー症候群と戦いながら、車での寝泊まりを余儀なくされています。

「余震が怖いので、家で寝ることができずに、この軽トラの荷台に幌を張って布団をしいて寝ています。」

老夫婦がそう語りながら淋しそうに切なそうに荷台に寝る様子を再現するニュース映像を目にしました。


あれから1ヶ月とちょっと、該当の方々並びにその関係者の方々を除けば、あの出来事(地震)は、既に現在形でなく、過去も過去の大過去になってはいないでしょうか・・・・・・

それはある意味致し方ない! そう思います。だって、同じ福島に住みながら、今なお元の生活に戻れない人たち、そんな場所があることすら、記憶の彼方から消えつつ、いや、消えてしまっているのが現実なのですから・・・・・・・・

何を言いたいの???

う~む、何が言いたいのか、自分でもよく分かっていないかも知れません。

ただ、同じ福島に住む者として、同じ日本に住む者として、今なお苦しみの中で藻掻いている人たちがいる! そのことだけは、頭の片隅に、心の奥底に、しっかりと忘れずに刻み込んでいたい!そう思うわけで・・・・・・・・

かつて一世を風靡したあの国民的大スター、山口百恵さんの名曲、

「あ~あ~♪ 日本のどこかに~~♪♪ 私を待ってる人がいる~~~♪♪♪」

ではありませんが、今の平穏な自分の生活の裏!?では、今なお・・・・・・・・・そう思っています。


熊本・九州の復興を祈願し製作するTシャツの販売申込、明日締切りとなっています。

売り上げの一部を義援金として送らせて頂きます。たくさんの方々にご購入頂き、たくさんの方々に着用して頂き、被災地の方々にそれぞれの思いを、想いを馳せて頂ければと思っております。


がんばろう熊本!


がんばろう九州!!


がんばろう日本!!!



なめんなよ!
09-3.jpg

私が中学時代!? なめんなよ!ブームの到来!!

あっ、あれね! このブームを知ってる方は、私と同世代の年配の方!???(笑)

それにしても、あの当時のなめ猫ブームは、本当凄まじかった! 右を向いても左を向いても上を向いても下を向いても、どこを向いてもなめ猫のグッズグッズグッズ・・・・・のオンパレード!!(笑笑) 

当時は、何も考えず、その美しさ!?に魅了されていたのですが、噂か本当か、猫の背中に鉄板を入れて猫背を無理やり矯正、いや、強制され、どれだけの猫が虐待!?されていたとかないとか・・・・・・

事実かどうかは定かではありませんが、よくよく考えてみれば、猫が自然にこのようなポーズをとれるわけもなく、人間たちに商売として利用され、それを子供とは言え、私は喜んでそのグッズを買いあさっていたわけで・・・・・・・・・


本当に、なめんなよ!! とはこのことで・・・・・・(泣泣)


ところで、なぜ突然、この話!?


なぜかと言うとですね・・・・・・・・


実は我が家には、次女が小学5年生の夏頃に道端に捨てられていた猫を拾ってきて、その猫が5年の時を経て、遠藤家にはなくてはならない家族の一員として君臨!?しています。その名は、『スター』君。男の子です。

そのスター君が、これです!!
20160403_124346_convert_20160518160223.jpg

この前の春休みに次女が帰省してきた時に、次女に撫でられている時に撮影した1枚です。めんこい、めんこい、超めんこい!

親バカならぬ猫バカか~!!

と笑われそうですが、実は・・・・・・・・ 次女が小学校卒業と同時に静岡へ。言ってみれば、この猫の母親!?が我が家を巣立ってしまったため、残された家族は一丸となってスター君の母親代わりに大奮闘!(笑) 娘の留守の間に、何事かあってはさあ大変!と、家を脱走!?しようものなら、「このまま帰って来なかったら・・・・その辺で車にひかれでもしたら・・・・・・純(娘=母親!?)にあわせる顔がない!」とばかりに、家族総出で四方八方駆けずり回る始末で・・・・・・


別に溺愛しているわけではないのですが、いや、溺愛してる?かも・・・・・・・・・やはり長い時間を共にしていると、情は嫌と言うほどうつるわけで・・・・・・・・

猫は猫で、常にべったり!と言うわけでもなく、猫特有のツンデレ!状態なのですが、それでも本人!?も家族の一員!?育ての親!?と思ってくれているようで、それなりに愛想を振りまき・・・・・(苦笑) そんなこんなで5年間、ひとつ屋根の下で暮らしているのですが、時として猫科の王様!?である虎、それも凶暴な虎に豹変!?することがあり・・・・・・・・


日頃はめっきりかわいいスター君、けれど、思い通りにならないこと!?があると口に出せない分、その気持ちを恐ろしいほどの態度に表わし・・・・・・・

それが今日現れ、私の腕や手は見るも無惨な状態に・・・・・・それがこれで・・・・・・・

20160518_135648_001_convert_20160518160259.jpg

朝、事務所に行く前に実家に預けると、(普段は、日中、実家で首輪を付けて実家の庭で日向ぼっこしたり、くつろいだり・・・・飽きると、家に戻り・・・・・)

「窓開けておいたら逃げられた!」 との一報を実家の母から受けたのですが、今日は郡山の保育園での復興支援活動。家に戻っている時間もなかったので、「そのうち帰ってくるよ!」と言い、脱走犯!?の追跡は母に任せ・・・・・・活動終了後、戻ってるよな~・・・と思いながら、実家に直行。脱走!?してから約4時間が経過。結果は・・・・・ 「戻ってきていない!」「方々捜し回ったけどどこにもいない!」と言うことで、とりあえず家の近くの山を歩いていると・・・・・木の下にちょこんと座っているではありませんか!!名前を呼びながら近づいて行くと、そこから動こうとしないので、逃げられないように1歩1歩近づき、真近になって、「捕獲!!」と言いながら抱き上げた瞬間、凶暴な虎に変身!! 見たこともないような表情になり、親の敵!!?と言わんばかりに、怒号!?をあげながら、私の腕や手を骨も砕かんばかりの勢いで噛みつき掻きむしり・・・・・・・

その成果!?が上記の写真の有様で・・・・・・・(泣泣泣)


実は、このような被害者!?犠牲者!?は、私が初めてではなく、これで4人目で・・・・・・・・・

他の猫が実家に近寄ってきて、家の中と外でにらみ合いをしていたので窓を閉めた途端に襲われた長男。

長女が連れてきた犬を可愛がっていたら、突然襲いかかってきて大変な目にあわされた家内。

やはり今回同様脱走!?して、車の下にいるところを捕獲する際に襲われた母。

そして、今回の私・・・・・(泣)

「すごい顔で襲ってきた!」 「普段からは想像も出来ない姿になった!」 その度に、3人がその時の様子を、ものすごい傷を見せながら、それはそれは興奮して話しをしてくれてはいたのですが、直接その場面を見たわけではなかったので、まさかスターが・・・・・・・・・と思っていたのですが、身を以てそれを目の当たりにし、経験する日が来るとは・・・・・(泣泣泣)



確かに分からなくもないんです。口が聞けたら、きっと、「何すんだよ!」 その一言で気持ちが伝わるところを、口が聞けないためゆえに、その思いを伝える術もなく、それを行動で示すしかない。


今日だって、本当なら、もっと自由にさせてほしかった! そう言いたかったに違いない。でも、こちらの言い分としては、このままどこかにいかれたら、娘に会わす顔が・・・・その思いで捕獲したわけで・・・・・・・・


今、こうしてキーボードをパチパチしているだけでも、ずきずきずきずき・・・・・・・・


あまりにあまりの腕と手の状態だったので、病院に駆け込み、先生に診せると・・・・・・・

「こりゃ酷い!」と言いながらも、「猫も必死だったんでしょうね!」と涼しい顔。

「こっちも必死だったんじゃい!」と言いたかったのですが、あまりに傷口が深いからと、麻酔をして消毒しましょう!と言って、数カ所に局部麻酔の注射をピンポイントにぶち込んで来るので、その痛さで何も言えなくなり、ただただ涙目に・・・・・・(泣泣笑)


「まっ、化膿止めの薬を飲んでいれば大丈夫だとは思いますが、とりあえず凄い傷なので当分通院を・・・・・・」

と言いながら、塗り薬を塗って、包帯でぐるぐる巻きに・・・・・・・・・・


「え~っ! 監督、その腕、どうしたんですか~!!!」

と心配してくれた子供たちよ、けが!?の理由はそう言うことでありました。チャンチャン♪♪(笑笑)



なめんなよ!



そう、たかが猫、されど猫、なめたらあかんぜよ~!!  以上、タイトル「なめんなよ、猫」のノンフィクションストーリーでした。(苦苦苦笑)


それにしても、我が家の猫だけだろうか、自分の意に反したことが起こると、凶暴な虎に化すのは・・・・・・・・・


動物の気持ちを知れたら、動物にこちらの気持ちを伝えられたら、動物と言葉でコミュニケーションが取れたら・・・・・・・本気も本気のド本気で、包帯を見つめながら思いに耽る2016年5月18日の出来事でした。



本当は、今日は、このようなブログを書きたかったわけではなく、

「がんばろう熊本!がんばろう九州!!がんばろう日本!!!」の復興祈願Tシャツの販売申込が明後日に迫ってきたので、趣旨をご理解頂き、たくさんの方々にお申込み下さい!etc の内容を書こうと思っていたのですが、急遽とんでもないネタ!?が出来たので、と言うより、できてしまったので、それを取り上げさせて頂きました。

この件に関しては、締切直前になってしまいますが、明日のブログに記載しようと思います。



それにしても、ずきずきずきずき・・・・・・・・・・・


これから帰ってスター君とご対面。彼は、この包帯を見て、何を思うやら・・・・・・・・

思うわけないでしょ! 猫だぞ!!

確かにそうかも知れませんが、我が家の猫は違います! きっと、耳元で、「ごめんね! でもね、あの時、もうちょっとだけ散歩していたかったんだ! でもでも本当、ごめんね!」 と言ってくれるはずです。 おそらく、きっと、たぶん・・・・・・・・・


ありえへん!!


でしょうね・・・・・・・・(苦苦苦泣泣泣笑)
相乗効果!? ~みんなと一緒なら100倍楽しい~ 
今から数年前、現在高校生の娘が小学3年生!?4年生!?5年生!?の時の運動会の代休(振替休日)の時に、せっかくの休みだからと親子2人で遊園地へ。

2人でジェットコースターに乗ったり、観覧車に乗ったり・・・・・・

そんな時に、娘が同級生に会い、何やらとっても楽しそうにお話し・・・・・・・

その様子を見ていて、「そうだよなぁ・・・・友達と一緒だったら遊園地で過ごすのも100倍楽しいだろうなぁ・・・・・」

その時閃いた! そうだ!! これだ~!!!

その翌年から開催することになった『サッカー仲間と一緒に1日遊園地で思いっきり遊ぼう!』のクラブのイベント。

「友達と一緒なら100倍、いや、1000倍、いや、10000倍!!」  「お父さん、お母さんが仕事で一人で家で過ごしている子もいるはず!」  「保護者の方が休みでも都合で子供を遊ばせてあげられない!」etc

大きなお世話!?かも知れませんが、運動会の代休者を対象に企画したこのイベントは、こうして幕を開けたのでした!!(笑)



今年も20名の子供たちが参加し、楽しいひとときを過ごしてきました。と勝手に思っているのですが、当の本人達は・・・・・・・きっと楽しかったよね! だって、あんなにはっちゃけていたもんね!!(笑笑)

「いくら楽しくても事故があってはこのイベントがもともこもなくなる!」 実は、簡単に開催しているように思われるかも知れませんが、たくさんの子供たちの命を預かる身としては、しかも、時折耳にする遊園地での痛ましい事故のニュースなどを思うに付け、大袈裟に聞こえるかも知れませんが、極度の緊張感を感じているわけでありまして・・・・・・・もちろん、そのような態度は決して見せないように努めていますが、内心は・・・・・・・・・

と言うことで、今年のこのイベントも、何事もなく、笑顔の子供たちを保護者の方々にお返しできて、心の底からほっ~~~とひと安心!!  事務所に着いて安堵感に包まれながら、このイベントの最後の仕事である、ブログに今日一日の子供たちの様子を伝える作業をしているわけで・・・・・・・   

と言うか、何もこの緊張感はこのイベントに限らず、様々な遠征等々の際にも感じているわけでありまして・・・・・とにかく安全に無事故で!  この思いは、今までもこれからもこの仕事を行っている間は付きまとうわけで・・・・・・・・   たくさんの子供たちの『今』とたくさんの子供たちの『命』を託されていることを、今後ともしっかりと肝に銘じていきたいと思っています。


と言うわけで、今日の様子をざぁ~っとお伝えしたいと思います。1枚1枚の写真から子供たちの『今日一日』を感じ取ってもらえてら幸いです。

20160516_094737_convert_20160516184420.jpg
20160516_102314_convert_20160516184516.jpg
20160516_103539_convert_20160516184609.jpg
20160516_104712_convert_20160516184758.jpg
20160516_103910_convert_20160516184720.jpg
那須ハイ5
那須ハイ4
20160516_111527_convert_20160516184836.jpg
那須ハイ7
那須ハイ6
那須ハイ8
20160516_121137_convert_20160516184933.jpg
20160516_125242_convert_20160516185018.jpg
20160516_125510_convert_20160516185104.jpg
20160516_143246_convert_20160516165043.jpg
20160516_144352[1]_convert_20160516185206
那須ハイ2
那須ハイ3
20160516_150442_convert_20160516185254.jpg
20160516_152642_convert_20160516164619.jpg

バスの出発時刻になり戻ってくる子供たち。一足お先にバスに戻り子供たちの帰りを待っていると・・・・・何やら叫んでる!? 話しを聞くと、なんと帰り際に、たくさんの芸能人に会ったとのこと。DAIGO、ハリセンボン、もこみち、ナオト(三代目)・・・・・確かに、今日一日、テレビカメラを構えている人たちがそこかしこにいて、クラブのバスの隣にはロケ車と思われるマイクロバスが朝から隣に駐車していて・・・・。あの人気番組、モニタリングの撮影だとかないとか・・・・。閉園後からの貸切り撮影!? それにしても、日の当たる主役たちは社長出勤!?で、日の当たらない影で支える脇役たちは延々と朝から何時間も下準備をして・・・・・・世の中とは・・・・・・・・な~んて一人感傷的!?になった本日のイベント終了時の出来事でした。チャンチャン♪♪(苦笑)

【2016サッカー仲間と1日思いっきり遊園地で遊ぼう!】  完



☆オンボロ車!?で約1200㎞の行程を無事走破して来ました。車は戦前!?の予想を覆し、大破することもなく、予想に反し、快適とは言わないまでも、苦痛を伴わない!?運転に終始することが出来ました。とは言っても、往復12時間以上の軽自動車の運転で、けつ、いや、お尻が超痛かったですが・・・・・(苦笑) 

せっかくの初名古屋と言うことで、かの有名な・・・・まで足を伸ばし・・・・・その厳かさに目を奪われ・・・・・・年甲斐もなく初自撮りにも挑戦し・・・・・足をつりながらも90分間チームの勝利のためにグランドを走り回る娘の姿も目にし・・・・・・私の独り運動会!?も大成功!!!(苦苦笑) 

このお城を造った人は・・・・
この魚の種類は・・・・・
感動的な試合、ありがとう!!
一寸の虫にも五分の魂
20160512_112529_convert_20160512134839.jpg

久しぶりの快晴快晴快晴!!!

午前中の幼稚園・保育園での復興支援活動も今週はずっと室内だったため、本日の園では快晴に釣られて!?大はりきり!!

おかげで・・・・・・・(苦笑)

今週末は、我がクラブに集う子供たちのほとんど全ての学校で運動会が行われます。(関東地方は秋に運動会を行うところが多いようですが、この地方ではこの時期に行うのが定番!?です。ちなみに、私が小学生の時は、春に(この時期)小運動会が行われ、秋に大運動会が行われていました。かれこれ40年ほど前の昔々の話しですが・・・・<苦苦笑>)

天気もバッチグ~!のようなので、新緑の青空の下、おうちの方々の前で思いっきり格好良い晴れ姿!?を見せて、お昼には、愛情たっぷたっぷのお弁当に舌鼓をうってほしいなぁと思っています。

「ホワイトリバーの選手は、常日頃サッカーで体を鍛えているんだから、チャンスレースでチャンスカードを引かなくても必ず1位になるんだぞ!!」

と、昨日のトレーニング終了時に伝えました。果たして奇蹟は起きるのか・・・・・・・・・・(笑笑笑)



今日は絶好の天気のもと、保育園活動終了後、先日の遠征で汚れに汚れまくったバスの洗車を行ってきました。

汚れ? どんな汚れ??

高速道路を新潟まで往復している道中、フロントガラスに小さな虫がバッチバッチ!?と当たってきて、その死骸がガラスにべったりとこびりつき・・・・・・・(新潟に着いた時に、その汚れはすぐにガソリンスタンドで落としてもらいピッカピカになったのですが、帰りにまた虫虫虫・・・・状態になり・・・・)

意味合いは違いますが、まさに『飛んで火に入る夏の虫』と言った感じで・・・・・・・・

夜にヘッドライトに向かって来るのは分からなくもないのですが、ライトも付けていない日中にも、どうして虫が向かって来るのかその理由は分からず・・・・・・・

フロントガラスのみならず、ナンバープレートを含めた前面に夥しい虫の死骸が・・・・・・・・・・

ブラシで擦りながら、なんとも言えない感情が湧いてきて・・・・・・・・



この時期、そんな感情と似通ったような、とっても心苦しいことがあります。それは、道路を懸命に這っていく毛虫に出くわすことです。それは、雨の日などに、道路をぴょんぴょんぴょんぴょんと横切る蛙に出くわすことです。

せっか生まれてきた命! 絶対に轢いてなるものか!! その歩調!?に合わせてタイミングを見計らって!?車を操作しているのですが、時には・・・・・と言うか、自分ではうまく操作したつもりでも、その結果は・・・・・・・

そんなのいちいち気にしてたら車の運転などできない!

そんなことして間違って対向車などにぶつかったら目も当てられない!!

おっしゃる通りで、私の考えは本末転倒!?そのものなのは十分分かっています。


ただ、どうしてもこの時期、車を走らせていると心苦しい思いに駆られることが多くて・・・・・・・・・・

だったら、車を運転しなければいい!!     な~んて言わないで下さいね!!(泣)



一寸の虫にも五分の魂



いつの頃だったろうか、随分昔だったはず、母親にこんなことを、ぼそっと呟かれたことがあった。

「おまえは、小さい頃、蚊さえ叩かない子供だったんだよ。それがいつの間にか、平気で叩きまくる子になった。」

これって、心優しき子供だったということか、それとも、蚊さえ怖がる臆病な子供だったといことか、成長するにつれ凶暴になったと言うことか・・・・・・・謎である。



と言うか、帰って聞けば済むことですけどね・・・・(笑)  とは言っても、そんなこと言ったことなど、遠の昔のことで母は覚えてもいないでしょうが・・・・・(苦笑) 



気を取り直して・・・・・・・久しぶりのグランドでの練習、ちびっこ達と思いっきり楽しんで来ようっと!  行ってきま~す!!(笑)
子供たちの振り見て我が振り直せ!
20160511_152349_convert_20160511152808.jpg

「ぼくは、1年生から4年生までサッカーをやっていますが、1年生から3年生までは、ボールを持っている相手に当たって取るのがファールになりそうだったり、こわかったりしてできなかったけど、4年生になって練習の3回目からは、ファールもこわくなくなり、当たってけがをするのもこわくなくなり、相手に当たってボールを取ることができました。うれしかったです。」



「ぼくは、今日の試合では、あまり動けずボールもあまりさわれませんでした。でも、第1試合目は、相手キーパーのゴールキックの時、ぼくはフォワードで下がってきました。かんとくに、「一輝、よくもどってこれた!」と言われました。もどってきて、ボールを相手ゴールの方まで運んできたけれど、相手ディフェンスにうばわれてしましました。次からは、もっとテクニックを使ってディフェンスをぬいてゴールを決めたいです。」



「ぼくは今日、高山グランドで自主練習をしました。ジンガやドリブル、リフティングの練習を中心にやりました。でも、なかなかうまくいきませんでした。そこで、前に、先ぱいから聞いたコツを思い出しながらやると、けっこううまくいきました。これからも、コツを思い出しながらやっていきたいです。」



「公式戦。自分はインフルエンザから復帰して久しぶりの試合だったから、前半ベンチで試合を見ていました。ディフェンスの3人がすごく成長していてびっくりしました。自分が休んでいる間にしっかり練習しているのが分かってすごいと思いました。自分も負けないようにしたいと思いました。(略)インフルエンザになってつらい思いをしたし、その後のリハビリも大変だったから、まず体をばんぜんに保つことの大切さを知りました。」




「みんな今日はアイディアを出せたし、ボールを持っている人のアイディアをいつもより引き出していたと思う。ぼくも、まわりの人のおかげで、いつもじゃ考えられないすごいアイディアが出せたのが良かったです。1+1や1+3は、計算では2とか4などになるが、サッカーでは、5にも10にも20にも・・・考えるだけで、どんどん数は増えて増えて増え続けるということです。そのためには、ボールを持っている人とボールを持っていない人との関わりが大切だし、ボールを持っている人の目線を上げさせるために、声をはり上げることが大切です。そうすれば、試合を有利に進めることができると思う。」

<今週提出された子供たちのサッカーノートより>



子供たちのノートを読んでいて、毎度毎度思うこと。それは、経験や体験を通して得たこと感じたことetcは、何にもましてすばらしい学びとなりかけがえのない財産になると言うこと。

誰かに教わったことではなく、強いて言うなら、大人に擦り込まれたことではなく、成功体験やほろ苦い失敗体験など、身を以て体感したことこそ、本物の力になり肥やしになり糧になると言うこと。

今回記載した内容の中にも、そのことがしっかりと表わされている!そう思いました。


こういったノートを読むにつけ、こういった子供たちの姿を垣間見るにつけ、指導者として自分はどうあるべきなのか! 子供たちにどのように接していくのが真の指導者と言えるのか!と言うことを考えずにはいられません。



子供たちの毎週提出されるノートを読みながら、指導者としての自分をしっかり見つめ直し、そして、自分自身に評価を下しながら、子供たちの最もそばにいる人間としての在り方を修正・改善・深化できるよう日々努力精進して行こうと思っています。


それにしても、子供たちってすごいなぁ・・・・・・・・・・・・・改めてそう思います。
友 ~サッカーを通しての出会い~
20160508_104324_convert_20160509115206.jpg
20160508_164830_convert_20160509115314.jpg

『サッカー及びその他様々な活動を通して子供たちの心と体の健やかなる成長のサポートをする!』

本当に微力ではあるのですが、我がクラブの活動を通して、クラブに集いし多くの子供たち一人一人が、学校生活や家庭生活等々とはひと味もふた味も違った形で心身共に成長していくよう尽力させて頂くこと、何をやるにしても常にこのことを念頭に置き・・・・・


昨日、新潟県新潟市を拠点に活動する、フリーダム新潟SC古俣代表はじめ、佐藤コーチ、スタッフ、保護者、子供たちetc皆様のおかげで、充実した1日を送ることができました。(新潟市内のたくさんのチームの皆様に試し合いをさせて頂きました。)

念願の素晴らしい人工芝のグランドでの試合も行うことができ、我がクラブの子供たちは大満足でした!!

これもひとえに上述した皆々様のおかげです! この場を借りて改めて御礼申し上げます。


フリーダム新潟チームとは、かれこれ5年?6年?7年?いや・・・・・のお付き合いをさせて頂いており、今回のように新潟に呼んで頂いたり、逆に福島に来て頂いたりの交流をさせて頂いております。

馴れ初めは!?  なれそめ??? (笑)

話せば長く長~くなりますので、ここではカット~!!!(笑笑)


今年2月も当方主催のフットサル大会(みちのくカップフットサル大会)に来て頂き、その際、我がクラブの子供たちの家庭にフリーダムの子供たちがホームスティし・・・・・・・・(受入れて頂いたご家庭の保護者の皆様、その節は大変お世話になりました!!)


昨日の新潟遠征で再会した子供たち。

約3ヶ月ぶりの再会でしたが、瞬時にして意気投合!!  早速じゃれあいサッカーしあい・・・・・(笑) 

※活動途中、我がクラブの保護者の方よりこのようなメールを頂きました。

「ホームスティに来てくれたフリーダムの○○さんと○○さん(子供の保護者)が、沢山の写メを送って来て下さいました。有難いです。天気が良くて良かったですね。子供達も久しぶりに新潟の友達と会えて喜んでいると思います。お土産話を楽しみにしています。」


県は違えども、サッカーを通して出会った大切な仲間、友。

一日を過ごし、再会を誓い、帰り際に抱擁!?し合う子供たちの姿を見ていて、

『サッカー及びその他様々な活動を通して・・・・・・・・・・・・・・・』

これからもたくさん企画実践して行こう! 改めて改めてそう思わずにはいられませんでした。

もちろん、この実践にはたくさんの方々の協力がなければ絶対に遂行することなど出来ません。今までもそうであったように、今後もたくさんの方々に賛同頂けるよう、誠心誠意尽くしていきたいと思っています。

何を尽くすの? 誰に尽くすの?   それはですね・・・・・・え~っと・・・・・・あなたにです!!(笑笑笑)





女子サッカーのチャレンジリーグでお姉様チーム相手に奮闘している遠藤純さん所属のJFAアカデミー福島U18女子チーム。
 
4月から始まった2016シーズンは、現在のところ1勝2敗でWESTの部で第4位。(6チーム所属で、チャレンジリーグは別にEASTの部もあります。)

スタートダッシュ成功!とはいってませんが、お姉様相手によく頑張ってるなあ!!そんな感想です。もちろん、当の本人たちは、思うような結果が出ず、悔しい! 悔しい!! 超悔しい!!!といったところでしょうが・・・・・・(苦笑  笑ってる場合じゃない! 失礼しました!!<泣>)

先日、雄大な富士山をバックに行われた試合では、対戦相手チームの平均年齢が25.5歳に対して、アカデミーチームは15.9歳。年の差、約10歳! 小学6年生(12歳)vs2歳児が試合を行うようなもので・・・・・この比べ方はなんか微妙ですが・・・・・・・(苦苦笑)


次戦は、今週土曜日、愛知県での試合。

これまで1度も勝ったことがないお姉様チームとの対戦。

今度の土曜日は、子供たちのほとんどの学校で運動会があるのでクラブの活動は完全オフ。と言うことで、現地に駆けつけ大声援を送ろう!!と思っているのですが・・・・・・・

ナビで検索すると、会場までの距離、片道516㎞。所用時間、片道6時間半。往復すると・・・・・・

しかも、その移動手段は、「普段ちょこっと乗れさえすれば・・・・」と格安も格安、ビックリするほどの超格安で先日購入したばかりのオンボロ!?軽自動車。その辺を走るぐらいならまだ耐えられそうですが、この移動距離、移動時間をこの車で走破するとなると、かなりの度胸!?と勇気!?が必要で・・・・・・タイヤがぶっ飛んでしまうのでは・・・・・・・車体が破裂するのでは・・・・・・大袈裟に聞こえるかも知れませんが、結構本気も本気のド本気で心配しているわけで・・・・・・・・(泣泣笑)


神様~、我を! いや、我がオンボロ愛車を救いたまえ~!!!!!!!!!!!!

※下記の写真で純さんはどこにいるでしょうか??? ウォーリーを探せならぬ、純さんを探せ~!!(笑)
20160507_141015_convert_20160509115113.jpg


☆「がんばろう熊本!がんばろう九州!!がんばろう日本!!!」復興祈願Tシャツの申込を続々頂いております。感謝感謝です!!  どしどしご購入頂き、どしどし身につけて頂き、今なお苦しみの渦中にいる被災地の方々に想いを届けましょう!!
のろまなカメだけど・・・・・・・・
20160503_105936_convert_20160503154502.jpg

ゴールデンウィーク後半戦初日の今日行われた平成28年度初の公式戦。

結果は・・・・・・PK戦で1回戦敗退。PKを外したY君は涙涙涙・・・・・・・・・それにつられるかのように、H君も・・・・・・・・・・・

けれど、その後に行われた写真屋さんによる集合写真の記念撮影。がっかり意気消沈・・・・のはずが・・・・・・・

「あかるい笑顔でニッコニコ! ニ~!!」 のいつものホワイトリバーオリジナル!?伝統!?の写真撮影時の元気な声が・・・・・


次試合の審判を担当していると、着替えをして帰り支度を行うはずの子供たちが、ボールを片手にグランドの隅っこに現れ、練習を始めているでは・・・・・・・・・


審判を担当した試合のハーフタイムになり、子供たちに駆け寄り、

「何で練習なんかしてるの?」と聞くと・・・・・・

「さっきの試合で出来なかったことがたくさんあったので、練習することにしました!」の力強い声が・・・・・・

「負けてがっかりなはずなのに、さっきの写真撮影では元気良かっよね。なんで?」と更に質問攻め!?にすると・・・・・

「空元気ですよ! いつまでもくよくよしたって仕方がないから!!」とのまたまた力強い声が・・・・・・・(上記の写真がその空元気の様子です!<苦笑>)


取りようによっては、子供たちのこれらの言動は、幾らでも悲観的にマイナス思考的に捉え批難することは容易いことです。

負けて悔しくないのか・・・・・・などと言う大人独特の言い回しを大手に振りかざすことは、いとも簡単なことであり・・・・・・

けれど、あの瞬間、そんな嫌な大人の仮面など葬りさり、素直に受入れることが出来ました。

なぜなら、子供たちの気持ちが行動が痛いぐらい伝わってきたから・・・・・・・

甘い! そう言う人もいるでしょう。  けれど、子供たちのあの目、あの声、それを信じないで、それを分かってやらないで、それを包みこめないで、子供たちのそばにいる資格など無し!! 決して大人気取りなどしてはいけない! そう思っています。 




試合が始まり審判を行いながら横目に子供たちを見ると、ユニフォームを脱ぎ捨てインナーになりながら黙々黙々と・・・・・・・・

「今はのろまなカメかも知れないけど、決して歩みを止めないカメになれよ! そうすればいつの日か・・・いや、必ずその日がやってくる!!」

そう心で呟いていたら危うくオフサイドを見逃しそうになり・・・・・(苦笑)


すばらしい子供たちに出会えたことに感謝し、すばらしい子供たちの今を託されたことに感謝し、すばらしい子供たちの明日の輝きの土台作りに携われることに感謝し、今後もつかず離れず、しかし、しっかりと寄り添って歩んで行きたいと思っています。





【がんばろう熊本! がんばろう九州!! がんばろう日本!!!】の復興祈願Tシャツのデザインが決定しました。

ブログ愛読者の方々に、いの一番にお知らせしたいと思います。とくと、ご覧下さい!!!(笑)

kyuusyuu6_20160502221954_convert_20160503154527.jpg

10回以上の推敲!?を重ね昨晩ようやく出来上がった一品、いや、逸品です!!(笑笑)

本来なら、早速ホームページに掲載し、販売申込開始!といきたかったのですが、我がクラブのホームページを管理している会社が連休で休みに入っているため、残念ながら掲載することが出来ません。掲載資料は全て先ほど送ったのですが・・・・掲載は5月6日の予定です。もしかしたら、突然の掲載も・・・・・・・・

そこで、デザインだけでもご覧頂こう! 特に、ブログ愛読者の皆さんには! その一心でデザイン画をこのブログで先取り!?で公開することにしたのです。

このシャツには、熊本、九州地方の方々への想いを4箇所に込めています。

一つ目は、前面のエンブレム。二つ目は、エンブレム下の言葉。三つ目は、背面の球蹴(きゅうしゅう)の文字。そして四つ目は、球蹴の下の言葉。

ひとつひとつの想いに関しては、『シャツに込めた想い』と題した文書を、デザイン画、申込書と共に掲載します。どのような想いが込められたシャツになっているのか・・・・・・ご熟読願えればと思っています。


一つだけ、今回紹介しておきます。それは、背面の【球蹴】の下の文字です。

ここには、『We’ll never walk alone!』(ウィール ネバー ウァーク アローン)の文字が刻まれています。

この言葉の意味は、直訳するなら 『わたしたちは 決して ひとりじゃない!』 と言う意味になります。

実は、この言葉は、3.11東日本大震災からの復興を願って製作している我がクラブの復興祈願シャツの前面にも刻まれています。

この言葉は、ある歌のタイトル及び歌詞の一部を引用したものです。(実際のタイトルは、『You’ll never walk alone』(ユール ネバー ウォーク アローン)で、シャツに刻み込んだ文字とは主語が違っています。しかし、この言葉は、他者だけでなく自分にも言い聞かせてほしいとの想いで主語をWeにしているのです。)

なぜこの言葉を今回のシャツでも使用したのか・・・・・・・・・下記の歌詞そしてその歌をお聴き頂ければ、その理由がよく分かると思っています。そして、その言葉をシャツに刻み込んだ想いを感じて頂けると思っています。


たくさんの方々にシャツを購入して頂き、たくさんの方々にシャツを身につけて頂き、今なお苦しみの中にいる人たちへ、それぞれの想いを馳せて頂ければと思っています。

ちなみに、シャツは白バージョン、黒バージョンの2色を用意しました。各1枚1800円で販売します。そのうち製作費用を差し引いた額、500円を1着につき義援金として被災地の方々へ役立てて頂こうと思っています。

サイズは、140㎝、150㎝、160㎝、S、M、L、LLの7サイズ。申込期間は、5月20日迄となります。翌日から一括して製作に入り、5月30日以降にお渡しする段取りを取ります。


がんばろう熊本!

がんばろう九州!!

がんばろう日本!!!



『君は独りぼっちじゃない』

嵐のなかを進むなら
顔を上げて前を向こう
暗闇を恐れるな
嵐の向こうには青空が広がっている
小鳥の優しい歌声が待っている

風に向かって進もう
雨にうたれても歩みを止めず
たとえ夢破れようと
行こう、進むんだ
希望を胸に抱いて行こう
君は独りぼっちじゃない
君は独りぼっちじゃないんだ





※本日1回戦敗退のため明日から突然のゴールデンウィークに・・・・・(苦笑) 何も予定は立てていないし、これといってやりたいこともないし・・・・・・・寂しい!淋しい!!超悲しい~!!!(泣笑)

と言うか、なぜだか分かりませんが、事務所そばの公園に我がクラブの子供たちが数名遊びに来ていて、サッカーをやったり公園で遊んだり、事務所近辺でかくれんぼしたり、事務所を荒らしまくったり・・・・・・・(苦苦笑)

早く帰って勉強でもしんしゃ~い!!!!!!!!!!!!!(笑笑)



でもね、最後に一言。   ありがとう


以上ゴールデンウィーク唯一のブログでした。
5月 ~新緑の季節~
20160501_160045_convert_20160502111730.jpg

屋根よ~り~た~か~い~こいの~ぼ~り~♪♪

のはずが、我が家の鯉のぼりは屋根より低く、なんと横並びなわけで・・・・・・(苦笑)

それでも、風が吹くとすいすい泳ぐのでOK!OK!(笑笑)

そんなこんなで暦は新しい月、5月にいつの間にか!?突入!!

しかもゴールデンウィークの真っ直中。聞くところによると、10連休のなんとも羨ましい金週間!?を手にし、大いに休暇をエンジョイしている人たちもいるとかいないとか・・・・・・・(苦苦笑)

そんな休暇を利用して、熊本や大分など被災地に足を運びボランティア活動に汗している人たちも・・・・・・・・




新緑の季節、被災地の方々にとっては、復興復旧に向け、まだまだ先の見えない日々かと思いますが、熊本、九州、そして、福島、東北・・・・の地にも、今年も来年も再来年も・・・・・・目映い季節がやって来ます。その季節を、全ての人たちが心穏やかな気持ちで過ごせる日が必ずや来ることを心から願ってやみません。


がんばろう熊本!   

がんばろう九州!!

がんばろう福島!

がんばろう東北!!


がんばろう日本!!!




☆街頭募金活動を終えた翌週、クラブ内での募金活動を実施しました。(29日~30日に行われた我がクラブ担当のリーグ戦他の試合に参加したチームの方々からもたくさんの募金を頂戴致しました。)

32,151円の募金が集まりました。ご協力頂きました皆様にこの場を借りて改めて御礼申し上げます。

先週の街頭募金と併せて、435,308円の募金を【赤い羽根共同募金熊本県共同募金会熊本地震義援金】に、たくさんの真心と共に送金させて頂きました。被災地の方々の一助になれば幸いです。

復興支援募金活動パートⅡ