Vamos福島
いざ決戦!!
4年に1回の日、2月29日。

本日お誕生日を迎えた方は、大手を振るって!?盛大にお誕生会を開けることかと・・・・・・・・(笑)

なぜなら、閏年でない時は、前日の2月28日もしくは翌日の3月1日のどちらかの日に会を開かなければならないわけで・・・・・・

ちなみに、どちらの日を誕生日として充てている方が多いのでしょうか・・・・・・・・・・・・

とにもかくにも、本日お誕生日を迎えた皆様、おめでとうございます!!!



昨日、一昨日と、『土を求めて3千里の旅』!?に出かけて来ました。

2日間、茨城県桜川市でポカポカ陽気の中、子供たちはグランドでのサッカーを思う存分堪能することが出来ました。今回このような機会をお与え下さった坂戸SSS仙波氏に心から感謝申し上げます。

試合のみならず、試合の合間には坂戸の子供たちとバンバン試し合いをさせて頂きました。テクニカルな選手がたくさんおり、我が子供たちもたくさん刺激を受けていました。「さっきの1対1の試合で○番に空中エラシコ決められた! 次の試合でやってみよう!!」と言って、早速その技を習得してしまったH君、そんな姿を見ていて、「良き環境にいてこそ人は育つ」しみじみそう思いました。今後も交流頂き、選手にも指導者にもどしどし刺激を与えてほしいと思っています。どうぞよろしくお願い致します!!

20160228_133304_convert_20160229135359.jpg

それにしても、いくら暖かかったからと言って、○○君、○○君、まだ2月のこの時期に、何もインナーシャツになって練習しなくても・・・・・・・(笑)

まっ、それほど別天地!だったと言うわけで・・・・・・・(笑笑)


福島に帰ってきてから寒いこと寒いこと!  思わず、くしゃみ百連発でした!!  へ~クション!!!(苦笑)


  


いよいよ本日から、女子サッカーリオデジャネイロオリンピックアジア最終予選が大阪で開催されます。

10日間で5試合(中1日)行うハードスケジュール。スケジュールもさることながら、強豪ひしめくアジア勢の中で、オリンピック出場権を獲得できるのはたったの2チームのみ。

日本の初戦(本日19:35キックオフ)の相手は、オーストラリア。2戦目は、中1日おいて3月2日(水)に韓国戦。次が同じく中1日おいて3月4日(金)に中国戦。そして、3月7日(月)ベトナム戦、そしてそして、3月9日(水)の最終戦で強豪北朝鮮と対戦します。

結果はいかに・・・・・・・・と言うか、ぜひともオリンピック出場権を獲得し、再び世界の舞台で輝いてほしいと思っています!!

昨年のカナダワールドカップ終了後、宮間主将が放った一言。

「女子サッカーをブームで終わらせるのではなく、文化にしたい!そうしなければならない!」

その宮間主将が今回の決戦を前にして昨日放った一言が、また深い~~!!もので・・・・・・

「2020年の東京五輪を目指している選手にとって私たちの結果は重要。未来の日本女子サッカーの責任を持って戦う!」


彼女の思いや願い、なでしこJAPAN全選手及び全スタッフの思いや願い、女子サッカー界に関わる全ての人たちの思いや願い、そしてそして、未来のなでしこ入りを目指し夢を追って日々がんばっている全ての子供たちの思いや願い、それら全ての人たちの思いや願いが叶うよう、この10日間、ここ福島から大阪に向けて全力で声援を送りたいと思っています。


VAMOSなでしこ!!  VAMOS日本!!



やはり負けられない戦いの前にはこの曲を聴いて気持ちを高めていかないと・・・・・・・・ですねっ!!(笑笑)

もっともっともっともっと ~高見を目指して~
目指せ高見を!

「30歩で登れる山とふじ山」 ~3年生K君のサッカーノートより~

ぼくは、火曜日と水曜日の練習でいつも通りビブスを着ることができました。でも、火曜日の練習では、より速く正かくにビブスを着て、のこりの時間をどのように使うか、水曜日の練習ではビブスを着た後のバスケットゴールに入れるというかだいをクリアするという目ひょうがたっせいできるかによって練習がかわります。だから、時間をもっと大切にしようと思いました。

次に火曜日の練習では、「100回→300回→1000回い上」という練習をやったけれど、100回と300回はできたけど、1000回にいく時に落としてしまいました。でも、たぶん1000回はいけると思うので、後は自分の気もちしだいだと思いました。

水曜日の練習では、「かた足10→かた足10→両足5」といったリフティングをやったけれど、ぼくは毎週全しゅ目、歩きゾーンに行けるとそこでずっと止まってしまっているので、もっと練習して入しょうできるようにしたいです。

どの練習も、ぼくは400歩ぐらいで登れる山にいて、ふじ山は、1000歩ぐらいで登れると思います。ぼくは、ふじ山に登るのに2倍ちょっとあるので、ふじ山に登ってすごい感動を味わいたいです。


3年生のサッカーノートより


毎週火曜日に提出される子供たちのサッカーノート。今回は、昨日提出された3年生K君のノートを1字1句修正を加えず原本のまま掲載しました。

題名が30歩で登れる山だったのに、それが400歩で登れる山になぜ変わったのか~!? 富士山は1000歩で登れるのか~!? な~んて、そんなことどうでも良いのです!!(苦笑)

3年生がこのような思いを抱き、それをきちんと文章化し、それを日々実行しようとしていること! それがとてもとても素晴らしいことだと思いました。

「そうだね! すぐ登れる山に登ってまんぞくしていてはだめだね! もっともっと高い山、レベルの高いところをめざさないといけないね! 富士山から見える景色は最高だぞ~!!」


それにしても、学校の先生ではないけれど、3年生でこの文章力、そして、何よりこの発想力には、心底感心感心!!(笑)

国語の点数100点満点だね!!!(笑笑)



みんな~、自分のサッカーノートと比べてごらん!??  国語の点数、何点になる????????


※ビブスを着る? バスケットゴールに入れる? 100回→300回→1000回以上? 片足10→片足10→両足5のリフティング? 入賞? これって一体何???  もももちろん、企業秘密で~す!!!(笑笑笑)
残り約1ヶ月
平成27年度の活動も残すところ約1ヶ月。何かにつけて、「これで最後の・・・・・」のフレーズが聞かれ、なんだか心淋しい気持ちとなり・・・・・・

そんな、「最後の・・・・・・」の活動のひとつに、「21世紀を担う福島の子供たちの心と体の復興支援活動」(体育遊び)があります。

今年度も、市内村内及び近隣町村の幼稚園・保育園をはじめ、郡山市、そして南相馬市の幼稚園、合わせて16の園から活動の依頼を受けて従事してきました。その活動も残すところ延べ7園で8回の活動を残すのみとなりました。


本日も、とある園での最終活動を行ってきました。ポカポカ陽気の中で、体をいっぱい動かし笑顔いっぱいで張り切る子供たち!

そんな姿を見ていて、とってもとっても嬉しくなりました!! と同時に、今日でこの子たちともお別れかと・・・・・・・(泣)

活動終了後、心温まるご挨拶を頂いたり、記念撮影をしたり、贈り物を頂いたり・・・・・・・

こちらこそ ありがとう!


みんなのこれからの成長を、陰ながら精一杯応援しているからね!!  今まで、本当にありがとう!!!


(来年度も今年度と同じく16園から約160回近くの活動の依頼を受けました。この復興支援活動の趣旨をご理解頂けたこと、そして、たくさんの子供たちに触れあえる機会を頂けたことに感謝し、精一杯尽力させて頂こうと思っています。来年度は、県内の幼稚園・保育園の先生方を対象にした講演及び実技指導の依頼も頂戴しました。恐れ多い!!と正直気が引けたのですが、福島県の幼児の体力向上のためにぜひ力を! この活動を受けていない園の先生方にもその術の伝授を!etcと言うことで・・・・・・とにかく我がクラブが少しでも多くの方々の役に立つなら・・・・・精一杯がんばります!!)



2月7日~17日の約10日間、U17女子日本代表の一員としてアメリカ遠征を行ってきた娘が、先日無事帰国しました。

帰国の翌日、「時差ぼけがひどくて・・・・」と泣き言ラインが送られてきましたが、「気合いと根性で時差ぼけを吹き飛ばせ~!」と返信。時差ぼけって気合いと根性で吹き飛ぶものかどうか定かではなかったのですが・・・・・・(苦笑)

1勝1分で迎えた4カ国対抗戦の最終試合、vsアメリカ戦。勝てば優勝、負ければ準優勝。

イングランド戦に引き続き、先発メンバーに名を連ねた純さん。

純、がんばれ~!!

結果は・・・・・・1対2で敗戦。 しかし、その1点は、純さんのキーパーの逆をついたすばらしい得点!! 得点後に歓喜のガッツポーズ!と思いきや、ゴールに向かって一目散にひた走り、シュートしたボールを取ってすぐに試合再開の準備をしようとする姿に、「相変わらず負けん気の強いこと!」と感心感心!!(笑)


試合後の純さんのコメントが、日本サッカー協会ホームページに掲載されていたので、下記をクリックしてご覧下さい!

アメリカ遠征の軌跡



平成27年度残すところ約1ヶ月。 ラストスパート! がんばるぞ~!!!  そう言えば、来週で51才だ~!!(泣)
聖なる良き日に
今週末、土を求めて三千里の旅再開!(笑)

昨日、5~6年生で茨城県常総市での大会によんで頂き参加してきました。雪国から2時間強、相変わらず、「ここは別世界!」
そう唸りたくなるほどの!?(苦笑)天候のもと、久しぶりのグランドでのサッカーを楽しんで来ました!

「なんだかワクワクする!」 「早く試合やりてえ~!!」etc  バスの中は、やんややんやの大合唱!???(笑笑)

我が子供たちに、すばらしい環境を与えて下さった主催者の猪瀬氏をはじめ、たくさんの方々に心より感謝感謝!!でした。

「またいつでも来て下さい。準備万端にしておきますから!」 

「はい! いつでも土を求めて出稼ぎに来ます!!(大笑)」

たくさんの南国!?の方々に支えられながら冬のこの時期を過ごせることに、改めて大いなる敬意の思いでいっぱいになりました。


ところで、常総市と言うと・・・・・・ そうです。昨年9月中旬に、川の堤防が決壊し、大変な被害を被った所です。

あれから約5ヶ月、市内の様子はと言うと・・・・・・・・・・

一見すると、完全復旧!!と思いきや、よ~く見ると、ガードレールが壊れたままであったり、被害にあった家がまだ手つかずの状態であったり、何より、あの膨大な量の瓦礫の山(ゴミ置き場)が、あちこちに残っていたのです。確かに、その量は確実に減っているのでしょうが、それでも完全にその姿を消すには、まだまだ相当な時間を要するものと・・・・・・・・・

それでもこうして再びボランティアではなく訪れることができ、そして、この地でサッカーができたこと、感慨深いものがありました。

一日も早い完全なる復興復旧を願っています!! 次にこの地を訪れるのは来月下旬、果たしてあの山は・・・・・・・・




今日は、4~5年生(一部)と土を求めて!?ではなく、栃木県でのフットサル大会に声を掛けて頂き参加してきました。第1回目の記念すべき大会と言うことで、全力を尽くしましたが・・・・・・・・『記録よりも記憶』 何か足跡を残せたかな~と勝手に思っています。(苦笑) また来年、第2回大会もお呼び頂きたい気持ちはいっぱいですが、果たして主催者の方々の我がチームの評価はいかに・・・・・・・・・・・吉報をお待ちしております!(笑)


我がチームの第1試合開始時刻は遅かったので、その間、ある特訓!?をしていました。その特訓は何かと言うと・・・・・・・

出た~得意の企業秘密か~~!!!(怒)

はい・・・・・・・な~んてわけでなく、実は、その時間、子供たちと一緒にYoutubeにかぶりついて!?いました。

何を見ていたのかと言うと・・・・・・・・

現在、U17女子日本代表の一員としてアメリカ遠征を行っている娘の試合をワーワーキャーキャー言いながら観ていたのです。

何の試合???

この遠征では、4カ国対抗<日本・アメリカ・韓国・イングランド>の試合(大会)に日本代表は参加していて、先日は韓国代表と試合をして5対0で圧勝! そして、今日は、イングランド代表との試合で、その試合が、LIVEで動画配信されていたのです。(現地時間2月13日16時、日本時間2月14日9時)

この試合に先発出場を果たした純先輩を見る子供たちの目はぎらぎらぎらぎら・・・・・・(笑笑)

「次の試合で対戦するチームが試合してるからそれも見なきゃ!」とは言ったものの、誰一人そちらに目をやる者もなく・・・・(苦苦笑)


結果は1対1のドロー。しかし、その日本の1点は、純先輩のスーパーアシスト! 

「よ~し! 俺たちも純先輩に負けないようにがんはるぞ~!!!」

と気合いを入れて臨んだのですが・・・・・・(泣苦笑)

それでも、大いなる刺激を受けたこと間違いなし!!  先輩も後輩も、お互いに切磋琢磨しながらがんばっていこう!!!

大きな大きな夢に向かって!!!!!!!!!!!!!!!!!!



純のがんばり、子供たちのがんばり、とは別に、今日、とってもとっても嬉しいことがありました。

それは・・・・・・・・・・バレンタインチョコを突然会場でもらったのです!!

それがこれです!!

ありがとう!
ずっと応援してるよ!


この年になってもとっても嬉しいもので・・・・・・・・・・(笑)


と言うより、チョコを貰ったことよりも、このチョコを贈ってくれた人が嬉しくて嬉しくて・・・・・・・・・・・・・(泣嬉)


このチョコをくれた人物、中学1年生の女の子Mさん。

栃木県でサッカーに命を懸ける!?女の子。もちろん、夢は・・・・・・・・・なでしこJAPAN!!


小学1年生の頃から、我がクラブの主催する大会に栃木県のチームの一員として参加してくれて、その当時から、めちゃめちゃがんばる女の子!としてその行く末を楽しみにしていた人物で・・・・・・・・・・・・


小学校の高学年になってからは、なかなか会う機会がなく、気にはしていたものの、年のせい!?で何もかも忘れることが多く・・・・・・(泣)

しかし、Mさんは、ちゃんと覚えていてくれたんです!!(泣泣嬉)


今日の会場にお父さんがいて、私がいることを電話で伝えたところ、ぶっ飛んで!?来てくれたのだそうです!!

数年ぶりの再会でしたが、立派に成長しているその姿を目にして、

「あんなにちっちゃかったのに、こんなに大きくなっちゃって・・・・・・・」

我が子ではないけれど、なんだかむしょうに親心が湧いてきて・・・・・・・・・・・ただただ感動~~~!!!!!!!



そこで手渡された贈り物。涙涙涙・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食べずに一生飾っておきます!!!!!(笑笑笑)

そう言えば、以前も、と言っても良く試合で会ってた頃、まつぼっくりで作った工作品!?をもらったことがあったっけなあ。Mさん、覚えてるかな???

物忘れが激しい私が、どうして覚えているかって???

中味は風化して!?処分してしまったけど、その作品が入っていた箱は、ちゃんと今でも、この事務所に実はあるんだよねぇ!!

だから覚えているんです!!(笑)


「ずっとずっと応援していくから!」 「力になれる時があれば全力でサポートするから!」 この言葉に嘘偽りはありません。

だから、これからも大好きなサッカーを思いっきり楽しんでいって下さい! そして、夢を持ってがんばってがんばってがんばって下さい!

福島のお父さんより!!(照笑)



サッカーを通して心豊かに育てられているのは、何を隠そうこの私自身なんだなあ・・・・・・・・・・しみじみそう思っています。
 
大家族!?(笑)


たくさんの子供たちの『今』に関われることに改めて感謝し、また明日から老体に鞭打って精一杯尽力させて頂きます!!


みんなみんながんばれ~!!!
こぼれ話  ~みちのくカップ回顧録~
インフルエンザ大流行!!  インフルエンザ危険信号!!  インフルエンザ猛威!! インフルエンザ・・・・・!!!!!

本日の復興支援活動、通常なら年長児60名を越える園での活動であったが、なんと活動に参加したのは40名弱。20名近くの子供たちが、魔物!?の餌食!?になり・・・・・・・・・・

これは何もこの園での話しなわけではなく、我がクラブの子供たちの学校でも、学級閉鎖が後を絶たず、「外出はもちろんのこと、習い事も自粛するように!」のお達しがあり・・・・・・・・・・

とにもかくにも、徹底した手洗いうがい、食事、睡眠、マスク着用、あとはえ~っと・・・・・・・・・・・・負けるな、みんな~!! と言う私も、負けるな自分~!!(笑)  おまえには代わりがいないんだから~~~!!!(苦苦笑)


本日は、先日の大会でのこぼれ話!?を一つ! いや、二つ!!、いやいや三つ!!!(笑笑)

【一つ目】

新潟県から毎年参加しているチームの子供たちを、クラブの保護者の方々のご協力を得てホームスティで受けているのですが、、今回初めてそのホームスティを引き受けて下さった保護者の方からのメールより

「みちのくカップお疲れ様でした。初めてのホームスティもとても楽しく終わりました。あちらの親御さんとも連絡を取り合う仲になり、新潟に行った時には案内をして頂けるとのことで、親も子もサッカーを通して交流が広がり本当に良い経験となりました。ありがとうございます。みちのくカップ終了後から、何かに目覚めたように自主トレを始め、今朝も登校前にやっていました。このまま続けば良いなと思いながら見守っていきます。きっと○○<息子さんの名前>の中で同じサッカーをする仲間との出会いで何かを感じたのかなと思います。良い経験をさせて頂きありがとうございます。」


我がクラブの活動方針は、『サッカーやその他様々な活動を通して子供たちが心身共に健やかに成長するよう微力ながら精一杯尽力する!』ですが、この方針は何も子供たちばかりでなく、周囲の全ての人たちにも影響を及ぼすわけで・・・・・・・・この文言については、先日のブログでも記載しましたが・・・・・・・上記の保護者の方をはじめ、たくさんの方々に今後とも何かとお世話になりますが、クラブの活動を通して、子供たちのみならず保護者の方々にも普段味わえない体験経験をして頂き、人生を謳歌してほしいと思っています!!


【二つ目】

U12の部の2日目の出来事。大会の全日程を終了したとあるチームが帰ろうとした時、マイクロバスの鍵が見当たらず、試合が行われている最中だったのですが、緊急を要すると考え、会場内に、「バスの鍵が無くて帰れないチームがあります! 会場の皆様、ご自分がお座りになっている近くを見て頂けませんか?」とマイクでアナウンスしたのです。会場内の全ての人たちが一斉に捜索!?してくれたのですが、なかなか見つからず・・・・・・・約1時間経った後、「鍵が見つかりました!」との報告を受けました。その鍵を紛失した○○チームの○○さんのメールより

「2日間、大変お世話になりました。多様なチームを観察させて頂き、本当に勉強になりました。ありがとうございました。最後のカギ紛失事件では、醜態をさらしてしまい恥ずかしいかぎりです。本当にお騒がせしてすみませんでした。カギを探している時に、今回初めて対戦させて頂いたチームのスタッフの方に、「観客席のここからあそこまで探しましたがありませんでした。他の所、探すのを手伝いますよ!」と言って頂き、本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。みちのくカップフットサル大会は、参加するチームも素晴らしく、運営されるチームも素晴らしい!と敬服しました。今後ともご指導の程、宜しくお願い致します。」




鍵が見つかったとの報告を○○さんから受けた後、会場内に、「ただいま鍵が見つかりました!これで無事に帰ることができます!皆様、ご協力ありがとうございました!!」とアナウンスすると、どこからともなく、「良かった~!!」の声があがり、会場内に拍手があちこちから巻き起こりました。その光景を目にして、ここにいる人たちは、なんて心優しき素晴らしい人たちなんだ!と胸が熱くなり目頭が熱く熱くなりました。○○さんではありませんが、この大会は、こういった素晴らしいチームの方々に参加して頂き行うことが出来ているんだ!改めて心の底から感謝の気持ちでいっぱいになりました。



【三つ目】

今大会、我が6年生チームは予選リーグ全敗。これは我がクラブ始まって以来のある意味記録!? 負けても負けても毎試合事にみんなで輪になって真剣に話し合う姿が見られました。そばに言って聞き耳を立てることはしなかったので、どんな話しをしたかは定かではありませんが、相当悔しかったはずだし、相当もめたことかと・・・・・・・・それでも2日目は奮起し・・・・・・そんな6年生チームの○○君が昨日提出してきたサッカーノートの抜粋(後半部分)より


「ぼくは3年生からサッカーをやり、いろんな思い出を作って来ました。でも、もうあと1ヶ月でホワイトリバーを卒業します。とっても悲しくて、中学のサッカーは不安です。でも、今回のみちのくカップでいろんなことを教わり、仲間との絆もできました。だから、残り少ないですが、練習をしっかりがんばり、仲間とももっとふれあいたいと思います。ホワイトリバーでの思い出は、今回の優秀選手賞もそうですが、これからのいろんな経験に活かしていきたいと思います。今回の大会で、学校は違うけど、いろんな意見を出し合ったり、笑い合ったりできる6年生の仲間がいることを、ぼくは幸せだと思いました。来年の6年生(今の5年生)も、このことを感じて立派に卒業してほしいです。」



「残り約1ヶ月、最高の仲間と最後まで努力し続けていこう!!」とコメントを書きました。


サッカーを通してこんなにも心豊かになる経験をしてくれたんだ・・・・・・・・・ただただ感動感動感動と共に、ある歌が頭の中を駆け巡りました。その歌を○○君と最高の仲間たちにプレゼントします。


固い固い絆よ、永遠なれ!!!(笑)







以上、こぼれ話終わり!! 

※ちなみに、上記の三つの内容(メール等々)は、事前に掲載の承諾を得ていない、相も変わらぬ事後承諾での掲載とさせて頂きます。どうぞどうぞ個人情報漏洩として訴えられませんように!!(苦苦笑)
皆様お世話になりました!! ~第11回みちのくカップフットサル大会終了~
【第11回みちのくカップフットサル大会】が無事終了しました!!

これもひとえに、今大会の趣旨をご理解頂き、県内外より参加して下さったチームの皆様、そして、クラブ主催の大会と言うことで、準備・運営・後片付け等々に至まで並々ならぬご尽力を頂きました保護者、スタッフの皆様、そしてそして、会場に駆けつけ大好きなサッカー(フットサル)に興じる子供たちに心温まる声援を送って下さった皆様、そしてそして・・・・・・・・・・・・そんな声援を背に受け、日頃の努力の成果をいかんなく発揮し躍動したたくさんの子供たち、そんな皆々様のおかげで、11回目(11年目)の大会も大盛況の中開催することができ、大きな事故等々もなく無事終了することが出来ました。

そんな皆様に、簡単ではありますが、精一杯の感謝の思いを込めて、先ほど、御礼状を作成しました。大会結果表と併せて、本日夕方以降に、当方ホームページ内トップページの大会コーナーへ掲載しますので、ぜひともお読みになって下さい。

在り来たりな言葉の数々ですが、一語一語に言い尽くせない感謝の気持ちをぎ~っしり詰め込ませて頂きましたので・・・・(笑)




「2日間にわたり大会に参加させていただき、ありがとうございました。私が聞く前に、子供たちから、「楽しかった~」と感想が聞けました。」

「公式戦でもないのに、これほどレベルの高いチームが集まって行われる大会は福島にはないよ。来年も宜しく頼むね!」

「子供たちだけでなく、親もすっごく楽しませてもらいました!」etc


このような言葉を聞けば聞くほど、嬉しさと同時に、これら全ての言葉は、上記に記載した全ての方々のおかげである!心底そう思い、くどいようですが、感謝感謝感謝×100000000000000000の気持ちでいっぱいになりました。


正直言うと、「大会を開催するのはいろんな意味ですっごく疲れるし、いろんな方々に協力して貰わなければ実施することも出来ないし、お願いするのもなんだか気が引けるし・・・・・・・・・・」 な~んてことを思っていたのですが・・・・・・・・


それら全てが吹っ飛びました~!!!!!!


と言いたいところですが、本音を言うなら、果たしていつまでご協力頂けることか・・・・・・・・・不安不安不安・・・・・な思いはぬぐい去れませんが、この大会を含め、我がクラブが提供する様々な大会に参加することを全国各地!?に楽しみにして下さっている方々がいて下さることを思うと、これからも気力体力続く限り行っていこうと思っているのですが、それもこれも、たくさんの方々に特にクラブ関係者の皆様にご協力頂かなければ絶対に行うことなど出来ないわけで・・・・・・・・・


それでも、必ず協力してくれる人は10人はいてくれる! いや5人はいる! いや3人は・・・・・いてくれますよね?・・・・・(苦笑)


こんなことを書いていると、すっごく暗~~~~い気持ちになってしまいますが、とにもかくにも、今大会が無事終了できたこと、そして、参加してくれた子供たちにとって、今大会への参加が、良き思い出の1ページになった!と信じて、前向きな気持ちで今日のブログを閉じたいと思います。

皆様、本当にありがとうございました!!




と、淋しい感じでブログ終了と思ったら大間違い!!(苦笑笑) まだまだ続きま~す!!(笑笑笑)

結構立ち直りが早い性格な者で・・・・・・・・・・・・(笑笑笑笑笑笑)

 
余談になりますが、今回と言うか、毎回遠方の新潟県から参加して下さっているチームの子供たちを数名のクラブ関係者(保護者等々)のそれはそれは絶大なるご協力のもと、ホームスティで受入れたのですが、昨日、そのチームが全日程を終了し、新潟に向けて帰路につく際、プチお別れ会を行い、お見送りをした後のこと・・・・・・・・

今回受け入れを行って下さったT家のおばあちゃんが、涙を流している光景を目にしました。

「どうして泣いているんですか?」 そんな愚問は決して発しませんでしたが、ホームスティの受入れを通して、きっと大変なご苦労をなさったにも関わらず、その何倍も何十倍も充実した時間を過ごすことができたんだろうなぁ・・・・・・・・・そのお姿を拝見し、そんな思いでいっぱいになりました。そして、心の中が熱く熱くなりました。


我がクラブの活動方針は、

『サッカー及びその他様々な活動を通して、クラブに集う子供たちが心身共に健やかに成長するよう微力ながら精一杯尽力する』

ですが、この方針は、子供たちのみならず、子供を取り巻く全ての方々に向けて発信されていることを、その光景を目にしながらしみじみと思わずにいられませんでした。


子供たちだけでなく、大切なお子さまの『今』を我がクラブに託して下さった全ての方々が、「このクラブに関わって良かった!」そう思ってもらえるように、気力体力尽き果てるまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

尽き果てるまで何? 何よ!!

ご想像下さい!!(笑)


DSCN2259.jpg
DSCN2325.jpg
DSCN2381.jpg
DSCN2379.jpg
第11回みちのくカップフットサル大会大成功!!


またまた余談ですが、昨日の大会開催中、次女が、アメリカ遠征に出発しました。

ここだけの話しですが!?(笑)、実は、大会運営をしながら、そのことが気になって気になって・・・・・・飛行機の出発時刻に併せてこっそり体育館を出て(苦笑)、絶対に見えもしない飛行機を探して空を見上げ、「純、がんばって来いよ~! お父ちゃんも純に負けないように、ここでがんばるから~!!」 などと、大空に向かってあらん限りの声を出して叫び・・・・・・・・などと言うことなど決してできるわけはなく、心の中でそう叫び・・・・・・・・・・・


前夜に期待と不安が入り交じったLINEが送られてきて、読んでいて胸が張り裂けそうでしたが、

「今を楽しめ! サッカーを楽しめ!! みんながついてるぞ!!!」 

と返信し、「はいよ~!」と思いがけない素っ頓狂な返答が戻ってきて・・・・・・・(笑)


そばにいたら、直接面と向かってそんな不安も一蹴してあげられるのに・・・・・・思いっきり背中を押してあげられるのに・・・・・・と、いてもたってもいられない思いでいっぱいになり・・・・・・・・・・・・・


けれど、「彼女自身が立ち向かっていかなければ道は開けない!!」 「甘い言葉は禁物!!」 「かわいい子には旅させよ!」 「獅子は我が子を千尋の谷に落とす!」 あとはえ~と・・・・・・・・とにかく、ぐぐっと切ない思いを心の奥底に呑み込み、大会1日目無事終了を祝福!?し、普段は飲まないビールをがぶがぶ飲みまくる父でした。チャンチャン♪♪(苦笑)


がんばって来いよ~、純! 


ひとまわりもふたまわりも大きくなって無事帰って来いよ~、純!!




※JFAアカデミー福島ホームページ 女子ダイアリー2月8日掲載内容

クリックしてご覧になってみて下さい!

純、最後の中学生の大会1
純、最後の中学生の大会2
第11回みちのくカップフットサル大会 ~11年目の開催~
本日の午前中は、○○○保育園での復興支援活動でした。年少さん2クラス(2コマ)の活動で、精も根も尽き果て・・・・・(苦笑)

初めまして!の子供たちだったので、みな警戒心120%!(苦笑)の表情を浮かべ・・・・・・・・・

毎度のことながら、この表情を柔和なものに変化させていくことが堪らない快感で・・・・・・・(笑笑)

とは言っても、その作業は非常に苦労を要するもので・・・・・・・なんたって、見ず知らずのおっさん(泣苦笑)が、突然目の前に現れて大きな声を張り上げワーワーギャーギャー喚き立てるんだから(笑)、泣き出す子もいる始末で・・・・・・・・(苦苦笑)

しかし、そこは腕の見せ所!!  ちょちょいとくすぐってあげると・・・・・・・・身体をくすぐるわけではありません! と言うことは、どこをくすぐるかと言うと・・・・・・・う~む、それはやっぱり企業秘密!!(笑) 

今日も警戒心120%との子供たちが、最後には、笑顔120%となり、「また来てね!」と声を掛けられ・・・・・・・・3才児から元気をたくさん頂いたまもなく51才になるえんちゃんでした!!(苦笑)  

(いい年こいて、えんちゃんとは・・・・・・・・・これが私の仕事なんです!!<笑>)




明日から2日間、クラブ主催『第11回みちのくカップフットサル大会』を開催します。

今年も例年同様、福島県内各地から、そして、県外の様々な地域から(新潟県・埼玉県・宮城県・茨城県・栃木県)、たくさんのチームに参加して頂き開催することが出来ます。

みちのくカップフットサル大会=大雪  これまでの過去10回の大会の内、何度この方程式!?に苦しまされ悩まされたことか・・・・・・(泣笑)

けれど、今回は、先日の大雪の痕跡がそこかしこに残ってはいるものの、幹線道路などからは一切その姿を消し、明日明後日の天気予報でも、この地域は雪マークは無く・・・・・・・・・


ですので、皆さん、安心してご来場下さい!!


でも、埼玉県から毎年参加して頂いている○○チームの代表曰く、「みちのくカップに行って、試合の合間に雪遊びが出来るのを子供たち楽しみにしているんですよ!」と言うチームもあったりして・・・・・・「大丈夫です! 道路以外の部分には、雪はしっかり残っていますので、思いっきり雪遊びに興じて下さい!!(笑)」



たくさんのチーム(子供たち・指導者の方々)にご参加頂き、そして、クラブ主催の大会開催と言うことで、たくさんの保護者の方々、スタッフの方々に尽力頂き、今回で11年目の開催が出来ると言うこと、本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

この感謝の気持ちを表わす術は・・・・・・・・・それはもちろん、2日間、参加して下さるチームの子供たちが、そして、我がクラブの子供たちが、「この大会に参加して良かった~!」そう思ってもらえるようにしっかり運営実施すること、この1点だと思っています。


そのためにも、抜けがないか、落ち度かないかetcをこのブログ終了後しっかり準備確認をし、明日に備えたいと思っています。

本日、17時頃からコートの作成をして来ます。1ミリも狂い無くしっかり作成して来ます!!(苦笑)

このブログをお読みになった方で、お時間の都合のつく方、体育館に遊びに来てみて下さい。こき使ってあげますので!!(笑笑笑)



それでは明日明後日、皆様、どうぞよろしくお願い致します!!!
苦渋の決断
本日、立春! 暦の上では、春春春!!(笑) 

しかし、先程ジュニアクラスのトレーニング(体育館)を終え道路上に設置されている気温計を見ると・・・・・・マイナス5度! 本物の春は、まだまだ先の話!!(苦笑) 

「雪に耐えて梅花麗し」  今この時をしっかり耐え忍び、来るべき春を大いに謳歌したいものです!!




本日、日中以下のメールをクラブ全会員の方々に配信しました。まさに【苦渋の決断】でした。



「 2月21日(日)に開催を予定していました『2016スキースノボーそりすべりツアー』を以下の2つの主な理由で中止にします。

1つ目は、このイベントは雪道等を走行するため安全確保のためクラブバスではなく民間のバスをチャーターして移動するのですが、ご存じのように先頃スキーツアーのバスが大事故を起こし尊い命が多数失われるという痛ましい事故が発生しました。今まで我がクラブのこのイベントでバス事故は一度もありませんが、先日の事故を鑑み、このイベントを開催することに不安が生じました。

2つ目は、これもつい最近のことでご存じの方も多数いるかと思いますが、広島県のスキー場で学校の行事でスキー教室に参加していた小学6年生の女子児童がスノーボードで滑走していた男性と衝突し命を落とすという、これまた痛ましい事故が発生しました。我がクラブのイベントでは多少の怪我をした者は過去にいましたが、これほどの大事故に巻き込まれた者はいませんでした。しかし、そういった事案が発生したことを鑑み、バス事故同様、このイベントを開催することに不安が生じました。

以上2点の理由から、今回このイベントを中止とすることにしました。いろいろなご意見があるかと思いますが、主催者として現時点で上記の不安が払拭できないこと、そして何より参加される方々の安全面を最大限に考えなければならないこと等々を考慮した苦渋の決断となります。

『サッカー及びそれ以外の様々な活動を通して子供たちの健全育成を図る!』クラブ発足以来この指導方針のもと、毎年この時期にこのイベントを途切れることなく開催してきて今回で16回目(16年目)の開催となるはずでした。毎年、このイベントを楽しみにして、たくさんの子供たち、たくさんの保護者の方々にご参加頂き、毎回大盛況のイベントでした。(スキースノボーそり滑走のみならず雪中宝捜し、移動の車中でのビンゴ大会など毎回歓声がこだましていました。)ですので、今回も楽しみにして下さっていた方々がたくさんいたかと思います。それらの方々の思いを考えると筆舌し難い思いでいっぱいになるのですが、上述したように今回の中止の判断決断は苦渋の中で行われたことをご理解頂ければと思っています。以上イベント中止のお知らせでした。(来年以降どうするかは今後熟考していきたいと思っています。)」



そり滑りをやっていて猛スピードで防護ネットに突っ込み顔面血だらけになった者(何を隠そう我が次男が小学1年生の時<苦笑>)、昼食時間に待機しているバスの中で大騒ぎして床に頭を叩きつけ額をぱっくり割り即病院に搬送された者(何を隠そう我が次女が保育園の時<苦苦笑>)、スキー場に着いて間もなくリフトに乗ってカッコよく滑走してくるかと思ったらスノーモビルで緊急搬送されて来た○○君、お父さんが参加していて病院に行ったら骨折!と判明し・・・・・そんな彼も今春高校を卒業・・・・・・

初スキーにも関わらず、午前中のレッスン(スキーの上手な保護者の方のボランティアレッスン)を受けて、どうしてもリフトに乗りたくて上に行ったものの、予想通り転倒のオンパレードで普通なら5分も掛からずに降りてくるところを約3時間掛けて全身雪まみれになりながらもようやく麓に辿り着いた○○君!

このイベントの時(つまり1年に1回)しかスキーをやらないにも関わらず、小学1年生の時から6年生になるまで毎年参加し、目を見張るほどのスキーヤーに変貌した○○君、○○君、○○ちゃん・・・・・・・・・・・・・(こう言った子供たちは多数)


サッカーでは、周りの仲間にいろいろ手助けを受けることが多い○○君(他にもたくさん)が、このイベントでは、みんなに滑り方の手本を見せたり手ほどきをしたりする姿、まさにみんなの憧れを一心に集める雪上のヒーローと化す姿を見て、このイベントの良さを再確認したことがあったなぁ・・・・・・・・・


エピソードを挙げればまだまだ数えきれない話が満載で・・・・・・・・・・

どんなハプニングがあっても、どんなアクシデントがあっても、我がクラブに無くてはならない、クラブ設立以来、途切れることなく開催してきたこのイベント。


それもこれも、このイベントを楽しみにし、毎回多くの方々が参加して下さっていたからで・・・・・・・・・・・・


そのイベントを中止すること、本当に断腸の思いでいっぱいです。





痛ましい事故で尊い命を落とされた方々へご冥福申し上げますと共に、残された家族の皆様のご心痛が一日も早く癒えることを心より願っています。
驚愕 ~これって○○だったんだぁ~
突然ですが、「これって○○だったんだぁ~!」と改めて気付いて驚いたこと、驚愕したことはありませんか???

例えば、「かにかまぼこって、かには入ってなかったんだぁ!!」とか、「落下生って、土の中にできるんだぁ!!」とか・・・・・・・

突然どうしたの???  おかしくなっちゃったの???

おかしくも変にも何もなってはいないのですが(苦笑)、皆さんは、そんな再発見!?をして、驚き・感動etcした経験はないのかなぁと思いまして・・・・・・・・・

実は私はここ最近、二つの再発見!?をして感動感動感動×100000000000000の嵐に包まれまして・・・・・・・(笑)


まず一つ目は、昨年末のこと。

本間コーチ(スタッフ)と大会の引率に行く際、クラブ車で同乗していた時のこと。

途中飲み物を購入し、私はいつものように、運転席の左斜め後ろにあるドリンクホルダーに飲み物を置くと、助手席に座っていた本間コーチが徐ろに前面のナビの下の部分を押すので、何してるんだろう?と思っていると、なななんとそこからドリンクホルダーが飛び出して来たではありませんか!!

それを見て、思わず、「え~っ!! そんなとこにホルダーあったの!??」と馬鹿でかい感嘆の声!?を発すると、

「普通どんな車にも付いてるでしょ!」と鼻で笑われ・・・・・・・・(泣)

車を購入してから1年8ヶ月余り、ほぼ毎日乗っているにも関わらず、そこにそんな物があったなんて!!!

「確かにいつも使っているホルダーは、運転しながら飲み物を取ったり置いたりするのには、すっごく不便だと思ってたんだよね~!」

と言って本間コーチの顔を見ると、冷ややかな眼差しが・・・・・・・・・・・・(泣泣)

馬鹿じゃないの!!と思われるかも知れませんが、ノンフィクションの実話なわけで・・・・・・・・大いに笑って下さい!! 大いに蔑んで下さい! 大いに・・・・・・・・・!!(泣泣泣×10000000000000000)



二つ目はつい最近のこと。

先週末、娘の試合を見に大阪に行ってきたことを昨日のブログで書きましたが、その時のことです。

決勝戦の前に、選手達がウォーミングアップをしていると、会場となるスタジアムに、ある音楽が大音量で流されました。(スピーカーの前に座っていたので大音量に感じたのですが・・・・苦笑)

その音楽はと言うと・・・・・・・・・・・・

「今ここでオペラ!?クラッシック!?の曲流すんかい!!」

と、関西弁でのりつっこみしたくなるような(笑)音楽が突然流され・・・・・・・・・・・


しししかし、その曲を聴いて行くと・・・・・・・・・「え~っ!!! この曲って、この曲だったの!!!!!」と思わずひとりつっこみ!?(苦笑)をしてしまった曲がこれです!!!  まさに、本日のタイトル、「これって○○だったんだぁ!!!」そのものでした。

貴方も必ず聴けば私と同じ言葉を発するはず!!  ぜひともお聴き下さい!!


☆注意  まだブログは続きますが、この曲を聴かずにお読みになるのはお止め下さい! とにかくまず聴いて下さい!






如何でしたか!!!  え~っ!!!ってなりませんでしたか???  

ならなかったよ! だって知ってたもん!!  そうですか~、失礼しました!!  けど、大概の人は、私と同類のような気がするのですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【A Questinon of Honour】と言う曲で、日本語訳でいくと、【名誉の問題】と言った感じで、サラ・ブライトマンと言うイギリスのソプラノ歌手兼女優の方が歌っています。

この曲のサビ!?の部分は、某テレビ局のサッカー放送には欠かせない曲で、「絶対に負けられない戦いがある!」の毎度お馴染みのこのフレーズと共に思いっきり印象に残る、と言うか、頭の隅々にまで擦り込まれており・・・・・・・(笑)

その曲の出だしが、こんな感じだったなんて・・・・・・・・・本当、まさに『驚愕』そのものでした!! (会場内に大音量で流されるこの曲を聴いて、なんだか鳥肌もんでした!!<笑> クラブ主催の何かの大会で絶対この曲を大音量で流そう! そう思っています。果たしていつどのタイミングで・・・・・・お楽しみに!!<笑笑>)


ちなみに、この曲のフレーズの中にこんな言葉があります。

「あなたが勝っても負けても名誉の方が大事です。あなたがどんな道を選んだとしても名誉の方が大事です。何が正しくて何が間違っているのかは分からない。もし、黒が白だとしても。昼が夜だとしても。私が分かるのは、2人の男が対決すると言うことは、名誉をかけて戦うと言うことです。」


なぜ某テレビ局ではこの曲をサッカー放送に採用したのか・・・・・・この曲を見つけて来て(もちろんこのタイトル・歌詞を理解し)サッカー放送のテーマソングに採用したこの局の人はすごい!!!  



世の中には、改めて気付かされてビックリ仰天!!することって、たくさんたくさんあるような気がします。

皆さんの中でもそんな体験経験をされた方は、ぜひとも当方までお知らせ下さい。

採用された方には、もれなく○○を差し上げます!!



当方って誰!?  採用されるって何に!??   もらえる○○って何!???



細かいことは気にせず、とにかくご連絡下さ~い!!!(笑笑笑)





☆本日、次女が福島の高校を受験しに来ました。(昨晩静岡から福島入り。同じ福島にいると言うのに会えへんかったぁ・・・泣)
先ほど終了し、「終わった~!」のラインが入り・・・・・・・「どうだった?」の問いに、「まぁ~よかった!」の返答が。

えっ!? 福島に戻ってくるの? そうではなくて、JFAアカデミー福島の子供たち(男女共に)は静岡の中学を卒業すると福島の高校に在学するのです。その後、通信制のようなシステムになり、平日は静岡のアカデミーの寮で所謂自宅学習したり、静岡の提携している学校に夕方通ったり(定時制に近い感じ?)となるわけです。ですので、福島に来るのは入学式や何かのイベントや卒業式のほんの数回限りなのです。ちなみに、サッカーのトレーニングは、中学生は学校が終わってから夕方に行っていましたが、高校生になると午前中を中心に行うようになります。

よって、娘の本格的な学校生活は中学生までで残り約2ヶ月となるわけです。

高校生活無くて寂しくないの?  それは正直言えば寂しいに決まってる!  と思います。

けれど、12才で親元を離れ、夢に向かってこの道を選び、そのシステムの中に飛び込んだ以上、寂しいなんて言ってはいられません! 

本音を言うなら・・・・・・・と思うところ言いたいことは山ほどあります。けれど、ここで親である私がああでもないこうでもないと言うことは、そこに背中を押して送り出した娘に対して失礼千万!!と思っています。

ですから、これからの3年間を娘はじめアカデミーの子供たちが、1日1日普通の高校生では味わえないかけがえのない時間を過ごせるよう、精一杯応援し、精一杯見守っていこうと思っています。

そして、時間が許されるなら、大阪に限らず、日本全国、いや、世界のどこへでも駆けつけて、あらん限りの声で声援を送りたいと思っています。
記念日 ~激動!?の週末~
今日から2月1日。新しい年になって早1ヶ月が過ぎました。

2月1日はと言うと・・・・・・・亡き父と生きてる母(微妙且つ不可解な表現!?苦笑)の○○回目の結婚記念日。

この記念の日があったからこそ、私は今こうしてこの世にいるわけで・・・・・・・・・・・しっかり墓前に手を合わせ、感謝感謝! と言ってもお袋は現存!?しているわけで・・・・・・・・しっかり手を合わせ!???(苦苦笑)  とにかく感謝感謝感謝!!!


ところで、先週末の大雪には参った参った~!!でした。

予定されていた2つの大会が雪の影響で中止。大会参加を、試合を楽しみにしていた子供たちは、さぞかしがっかりと・・・・・・

それなら、予定になかった練習を入れようか・・・・・と思ったのですが、大雪の中での保護者の方々の移動(送迎)を考えると・・・・・と思ったので、子供たちの自主的行動(自主練)に任せ・・・・・・・・・さ~て、どれぐらいの子供たちが、お父さん、お母さんに「やめなさい!」と叱られながら(笑)、家の中で練習したかなぁ・・・・・・

と言うわけで、土曜日は、降りに降った積りに積もった雪雪雪・・・・を早朝からせっせせっせとスコップで除雪器で・・・・・・・・・・

午前中いっぱい掛かってその作業に従事し、終了時点では、シャツやズボンが汗でビッショビショ!!(苦笑)

もちろん、腰から肩から身体の部位全てがバッキバキ!!(苦苦笑)

昼飯食べたら、バッタンキュー!!(苦苦苦笑)


どうですか、擬態語・擬音語の3連発!!!(笑)


夕方になり、ふと、「久しぶりにサッカーの無い休日、一体何をしようか?」と思いに耽り・・・・・・・・

「夜は、U23の決勝戦を観戦するとして、明日は髪の毛でも切りに行って・・・・・・・・・・」と思っていると、急に、こんな言葉が頭をよぎり・・・・・・


「そうだ、旅に行こう!!」


どこかのテレビ番組で聞いたことのあるフレーズだが・・・・・・・・・(笑)


実は、30日~31日の2日間、娘(次女)が、中学生最後の大会で大阪に行っており、そうだ、旅に行こう!ならぬ、

「そうだ、大阪に行こう!」

の言葉が頭の中を駆け巡り・・・・・・・・・・


とは言っても、これから大阪に行って試合見てまたその足で帰って来るのは、なかなか至難の業!とは思ったものの、

「思い立ったが吉日!」

思ったことを実行しないと気の済まない性分を怨む暇もなくハンドルを握りしめ大阪にレッツゴー!!(泣笑)


そんなわけで夜通し車を走らせ大阪入りし・・・・・・・・・・(笑笑)


せっかく大阪に来たのだからと、関西遠征で常宿にさせて頂いているホテルに新年の挨拶を兼ねながら顔を出し・・・・・・・・(例年夏と冬に関西遠征を実施していたのですが、今冬は地区のフットサル大会と日程が重なってしまいやむなく断念せざるを得なくなったので、その意味でも・・・・)

もちろん、突然の訪問に驚かれたものの、その理由を正直に!?(笑)話すと、

「監督さんの考えそうなことですね!!」と大笑いされ・・・・・・・・・・・・

それでも、昨年の夏以来の再会にいろんな意味で大盛り上がりし・・・・・・・・・(とにかく宿の方々はとても良い人たちばかりで、大袈裟に聞こえるかも知れませんが、この宿に来ると、第二の故郷に来た感覚になり・・・・・・・笑)


それにしても、大雪のこの地とはうって変わって、大阪の天気の良いこと良いこと!!

狭い日本・・・・・・うそつけ~!!!!!(笑笑笑)


娘はと言うと・・・・・・・・中学生最後の大会もさることながら、準決勝戦では、昨夏のU15女子全国大会の決勝戦で0対1で惜敗し涙涙涙・・・・の仕打ち!?を受けたチームとの再戦が行われ、「この1戦は夏のリベンジ戦!」と、U23日本代表の日韓戦に掛ける意気込みさながらに奮闘する姿を見せてくれて・・・・・・・結果は1対0で勝利!! 日本代表同様、リベンジ達成!!(笑) 決勝戦では、大会2連覇中のチームを撃破し、大会初優勝! そして、中学生最後の大会を有終の美で飾りました!!


結果は100点! 個人的には・・・・・・・・

(U23日本代表のアジア制覇の報を受け、あの辛口解説でお馴染みのセルジオ越後氏が、「チームとしての結果は100点満点でした! しかし、個人的には、1対1で負けていたりするところもあったり、代表では試合に出れても所属クラブではなかなか試合の出場機会を得れていない選手が多いので60点! これからオリンピックに向けて、個の部分をもっともっと成長させてほしい!!」とのコメントを発しました。このセルジオ氏にならって娘を評するなら、リベンジも達成したのでチームとしては100点満点! 個人的には、キャプテンとしてチームを鼓舞する声を、U23代表の遠藤航キャプテンばりに常に発しチームを盛り上げていたことはすばらしかった!!ものの、今秋ヨルダンで行われるU17女子ワールドカップ日本代表入りを本気で目指すなら、もっともっとゴールに貪欲に向い、もっともっと直向きにプレーをし、もっともっと相手を、いや、仲間を、いや、観衆を騙すような(良い意味で予想を裏切るような)プレーを連発する選手にならなければ!!と言うことで、60点!!<苦笑> もちろん、この低評価は、セルジオ氏同様、期待の表れであり・・・・・・・・・ちなみに、ワールドカップへの今年の第1歩目の活動となるアメリカ遠征が今週日曜日から10日間の日程で行われ、娘はそのメンバー(20名)に選ばれ渡米します。詳細は、下記をクリックしてご覧下さい。この遠征で、ぜひとも60点から少しでも多くの加点をできるよう健闘を祈るばかりです!! がんばれよ~純!!!)


ワールドカップへの第1歩


試合観戦を終了し、16時30分頃大阪を出発。途中、どうしようもない睡魔に襲われながらも何とか格闘し、深夜1時前に無事到着。

夜の闇に煌々と光る雪雪雪・・・・・を見ながら、大阪の絶好の天気・環境を思い出しながら、またしても、狭い日本・・・・・嘘つき~!!と近所迷惑も顧みず叫びまくる私でした。(笑笑笑)


ちなみに、大阪のとあるガソリンスタントで給油した際、「福島から来はったんですか~!! 震災の被害は大丈夫やったんですか
? 私らからしたら、福島と聞くと壊滅状態!そんな感じでとらえておりましたんやけどな~・・・・」

あれから約5年が過ぎての、このこてこての関西弁の言葉に唖然騒然・・・・・・・(苦笑)

状況をいろいろ話し、なんだかその会話を発端に仲睦まじくなり(笑笑)、しまいには真の大阪名物!?まで紹介して頂き・・・・・・・


「大阪に来たら、ぜひともこうて(買って)いってほしい物があるんですよ。冷めても美味しい! 温めても美味しい! お店では焼きたてで売ってます。最高です!!それはですね・・・・・・・・・・」


と、紹介を受けた『りくろうおじさんおのチーズケーキ』。


「この近くやさかい、ぜひともこうてって下さい!」

とご親切にいろんな資料を頂いたので、騙され半分!?(笑)で頂いた地図を頼りにお店に行ってみると・・・・・・・・


朝9時前と言うのに、店内はそのチーズケーキを買い求めに来ている人人人・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんとかゲットし焼きたてを食して見ると・・・・・・・・・・・・・・・


生まれて初めて食べた食感!!!   どう表現すれば・・・・・・・・・    でも、とにかくその美味しさにびっくり仰天!!!

百聞は一見に如かずではないですが、大阪に行った際は、ぜひともご賞味あれ!!って感じです。騙されたつもりで・・・・・・・(笑笑)

(聞くところによると、地方発送もあるとかないとか・・・・・・・)

以上、激動の週末でした!!  チャンチャン♪♪  (笑笑笑)


大阪真名物1
大阪真名物2