Vamos福島
NO LIMIT -それぞれの山への挑戦-
栗城史多(くりきのぶかず)

1982年6月9日、北海道生まれ。大学山岳部に入部後、大学3年生の時に単独で北米最高峰マッキンリー(6194m)登頂したことをきっかけに、6大陸の最高峰を登る。大学卒業後、2007年のチョ・オユー(8201m)から動画配信を始める。2008年マナスル(8163m)では、山頂直下からのスキー滑降に成功。同年からエベレストの生中継登山「冒険の共有」に向けた配信プロジェクトを立ち上げる。2009年ダウラギリ(8167m)の6500m地点からのインターネット中継と登頂に成功。エベレストには登山隊の多い春ではなく、気象条件の厳しい秋季に4度挑戦。酸素ボンベを使用せず、ベースキャンプから一人で登る単独・無酸素登山と、「冒険の共有」という新しい冒険の道を突き進んでいる。2012年秋にエベレストで負った指の凍傷の治療を続け、2014年7月、ブロード・ピーク(8,047m)に単独・無酸素で登頂成功。


この人物に関しては、このブログで過去に数度紹介したことがあるので、ブログ愛読者の方々は、「あっ、あの人ね!」そう思って頂けるかと思います。

2012年、3度目のエベレスト登頂に挑戦しまたもや失敗してしまったのだが、その際に負った凍傷で、右手の親指を残して9本の指を切断。

その後、過酷で壮絶な日々を過ごしたであろうことは想像に絶しないが、そんな彼が、今、4度目のエベレスト挑戦に向け行動をおこしている。

行動をおこしている!? 表現は間違っているのかも知れない。なぜなら、彼は、既にエベレストの渦中にいるのだから・・・・・

指を9本失ってまで夢を追い続けるその生き方に、ただただ敬服するのみである。


『NO LIMIT=限界はない  限界は作らない 限界など・・・』  この言葉は、まさに彼の人生の代名詞であると思っている。


以前に講演会を聞いた後に、握手をしてもらった彼のあのごつい手には今、指はない。正確に言えば1本のみである。

それでも、彼は挑戦を止めない。

NO LIMIT  

4度目の挑戦、陰ながら成功をお祈りすると共に、無事に帰還することを願うばかりである。そして、いつの日か、またあのごつい手に触れさせてもらえれば・・・・・・・・そう思っている。


そのためにも、今自分が登っている山から目を逸らさず、決して逃げずに挑み続けていきたい、それが彼に再会できる唯一の資格だと思うから。





栗城史多オフィシャルブログ
その陰には・・・・・・・
大洪水、噴火、自然の猛威を痛感する今日この頃、まさに『天変地異』とはこのことである。

かけがえのない、尊い命を落とされた方々に謹んでお悔やみを申し上げますと共に、いまだ復旧復興の途上にある皆様に対して、一日も早く以前の生活に戻れますようお祈り申し上げます。

そんな中、常総市の水害で連絡のとれなかったI氏から、

「ご心配下さりありがとうございます。消防団なので最前線で活動しています。がんばります!」との連絡が入りました。

いつの日か再会できることを願っています。




先日、あるテレビ番組で、「今でしょ!」で有名なH先生が講師を務めるT進予備校に、福島県出身の若者が講師として働く様子が紹介されていました。

その中で、その講師が生徒に向かって語った一言に、全くその通りだよな~と思ってしまいました。

「T大学に合格した者を、みんなはすごいなあと感心・尊敬するかも知れないけれど、彼等は、その合格を掴むまでに、みんなには想像も出来ないような血の滲むような努力を積み重ねてきたんだぞ。その結果が合格につながっているわけで、努力のできない者にその栄光を掴む資格はない!」

至極当たり前の言葉ではあるが、ごもっとも!しみじみそう思いました。


これをサッカーに置きかえるなら・・・・・・・・

「あいつ上手いなあ!!」  「あいつボール足にすいついてるなあ!!」  「あいつ・・・・・・・・・・・!!」

あいつは一体自分の何倍何十倍何百倍何千倍・・・・・・・努力しているのでしょうね。

何の努力もせずに、美味しい汁を吸おうなどと思っている者に、そんなあいつを羨ましがる資格なし!!!!!!!!

ほんの少しの努力を、さも最大の努力をしているかのように勘違いし、今の自分の無力さを棚に上げ、結果だけは人一倍求めようとしているそんな君に、勝った負けたを論ずる資格などない!!!!!!!!!!!!!!!!



すっごくすっごく言いたいことが山ほどあり、その言いたいことをオブラートに包んでこんな表現しかできないことが、例えるなら、喉に魚の骨が引っかかって超イライラ!そんな感じですが、まずは、やることをやれ! 今の自分じゃだめなんだ! あいつの努力の百分の一でもいいからまずはやれよ!! 


言ったようにならず やったようになる



今の自分は本当にそれでいいのか???   手を抜いた日々を過ごしている結果が、つまりやったようになった結果が、今の自分だと言うことに気がつきなさいよ!!!
   

立ち止まる亀は絶対にうさぎに勝つことなどできない!!


ゆっくりでも着実に確実に堅実に歩を進める亀こそがうさぎに勝つことができる!!!




やるしかない! 近道なんてないんだけどなぁ・・・・・・・・・・

s_20150913_091718.jpg
s_20150913_142033.jpg
s_20150913_153929.jpg
DSCN1628.jpg
DSCN1646.jpg
DSCN1649.jpg


みんな、がんばってるのになぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・君は???
ご無事を願っています
本来なら、昨日と今日の2日間は、我がクラブの夏の大イベントである『第11回(11年目)奥の細道サッカーフェスティバル』を開催しているはずだったのですが、震災特に原発事故の影響で中止を余儀なくされ・・・・・


そんな中、4年生チームは、栃木県栃木市FC栃木様主催の大会へ、6年生チームは茨城県常総市へ・・・

「FC栃木のスタッフの皆さんがとてもすばらしい方々でばかりで、温かい言葉をたくさん掛けて頂きました!」とは、4年生チームの引率担当をした津川コーチの談。

震災以降、何度も試合のお誘いを頂き、我がクラブの小学生のみならず中学生チームもお世話になりっぱなしのチーム様。本当に本当に感謝感謝です。この場を借りて厚く厚く御礼申し上げます。今後ともどうぞよろしくお願い致します。


6年生チームを2日間にわたってお世話を頂いたのは、茨城県常総市所在の、MFC三妻様。

「昨年参加させて頂いた貴チームのフェスティバル(第10回奥の細道サッカーフェスティバルのこと)のような大規模なことはできませんが、子供たちが思う存分サッカーができる環境だけは提供できます。ぜひともお越し下さい!」

ありがたいお言葉を頂戴し参加させて頂いた三妻様主催のフェスティバル。お言葉の通り、2日間どっぷりサッカー漬け!?にさせて頂きました。感謝感謝です!!

それだけでなく、2日間にわたってフランクフルトの提供や、かき氷食べ放題の無償提供、更に更に、昼食時にはカレーの食べ放題、更に更に更に帰り際には、子供たち一人一人にお菓子とジュースまでお土産に頂きました。

大変お世話になりました

三妻様のスタッフそして保護者の方が総出で、子供たちのために2日間大変大変尽力下さいました。

「大規模なことはできませんが・・・」

お心遣いの全てが、子供たちにとって2011年夏の最高の思い出、そして、人のありがたさをしみじみと感じる大きな大きな財産になりました。

この感謝の気持ちを表す上手い言葉が見つかりませんが、ただただ感謝感謝・・・・・その一言に尽きます。

「福島でこのご恩返しを・・・」

先週の千葉の方々にお世話になった後に感じたことに引き続き、またまたそのことができない悔しさが体いっぱいに染みわたって仕方がありません・・・・・


 
それにしても、以前にもブログに書いたような気がしますが、サッカーを通して我がクラブの子供たちは、震災以降、日本全国のたくさんたくさんの方々に温かく迎え入れて頂き、温かく接して頂き、温かいもてなしを受け、温かい・・・・・・


このご恩決して忘れまい!!



これは、2011年7月31日に記したブログの内容です。



本日午後、その茨城県常総市の堤防が決壊したニュースが、各局の映像で流れてきました。

その映像を事務所のテレビで見ていて言葉を失いました。なぜなら、そこは、上記のブログに記載してあるチームの所在する地区だったのです。

東日本大震災の年以降、「安心してサッカーができる環境でホワイトリバーの子供たちに思いっきりサッカーをさせてあげて下さい」そう言って、ことある事に試合に誘って頂き、思う存分サッカーを朝から晩まで堪能させて頂いた小学校がその映像に映し出されていました。

目を覆いたくなるようなその映像を見ながら、チーム代表の方に電話をしラインをし・・・・・・・・全く繋がりません。普段なら、ラインをするとすぐに既読になって、すぐに連絡を下さる方なのですが、あれから数時間が過ぎた今でも既読になっていません。



今は、ただただ無事を願うばかりです。そして、いつものように、先生を辞めてからも、なぜだか、遠藤先生! と呼んで下さるあの元気な声を聞かせてほしい・・・・・その思いでいっぱいです。


無事を願っています。そして、落ち着いたらぜひともご一報下さい。そしてそして、復旧のお手伝いが絶対に必要だと思いますので遠慮無くお申し付け下さい。ぶっ飛んで行きますので。とにかく、連絡を待っています。無事元気でおりますよね・・・・・・・・・・


☆実は、この常総市には他にも我がクラブがお世話になっているチームがたくさんあり、その方々には連絡がつきました。「決壊したのは川の東側で我が家は西側だったので無事でした。でも、三妻のIさんの家がまさにその辺りで心配で連絡しているんだけれどつながらない。」 「ここまでは水は来なかったけれど、ジュニアユースの1年生でその地区から来ている子供がいて、早めに避難したので大丈夫でした。でもその子の家は水没したようです。」 「床上浸水してしまいました。」


何も出来ませんが、とにかく・・・・・・・・・・・・・がんばって下さい。
約2ヶ月での変化
本日、約2ヶ月ぶり(前回訪れたのは7月15日)に南相馬の幼稚園へ復興活動に行ってきました。

本日は、えんちゃん・こまっちゃんのコンビではなく、えんちゃん・○○ちゃんのコンビで伺って来ました。

○○ちゃん?  それって誰?? さぁ、それって誰でしょうか・・・・・・!???(笑)

まっ、企業秘密と言うことで・・・・・・・・・・・出た~!!!(笑笑) と言うか、全然秘密でも何でも無いんですけどね!!(苦笑)

じゃ、○○ちゃんて誰のこと!?   それはですね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やっぱり秘密です!!(笑笑笑)

この地から比べたら、同じ福島県内でも、まだまだ復興途上の南相馬に住む子供たち、そんな逆境にもめげず、今日関わった幼稚園の50名の子供たち(年長児さん)は、ものすご~~く元気いっぱいで、ものすご~~く明るくて、ものすご~~く笑顔いっぱいでした。毎度のことながら、そんな子供たちから逆にパワーを頂戴してしまいました。我がクラブのできることは、微々たるものですが、それでも子供たちの役に立つなら・・・・・・・そう思っています。次の訪問は、来月23日。それまでみんな元気いっぱい過ごしてるんだよ~!!



実は、今回、前回の訪問の際にはなかったこと!?を発見して、思わず喜んでしまいました。

それは、南相馬市に行く途中、いまだに全村避難を余儀なくされている飯舘村内のことです。この村のことに関しては、何度もこのブログで記載していますが、その飯舘村であるもの!?を発見!?したのです。

それは何かと言うと・・・・・・・・・・ これです。下の写真のことです!!

飯舘村復興への歩み
 
えっ!? ただのセブンイレブンじゃないの!??

そうです。ただのコンビニの写真です。しかし、この飯舘村には、お店というお店など全くあの日以来なかったのです。正確に言うなら、たくさんのお店はあります。しかし、前述したように、全村避難のため、それら全てのお店はクローズ状態になっているのです。全くの閉ざされた状態に・・・・・・・

それがなんと、この2ヶ月の間に、コンビニが開業されていたのです!!! もちろん、そのお客さんのほとんど、いや、全てと言っていいかも知れませんが、除染作業の作業員の方々ばかりだと言うことは察しがつきます。その証拠に、この写真を撮影した時間は、ちょうど昼時だったのですが、作業着を着た人人人・・・・で店内は溢れかえっていました。

村民の方がこの村に戻ってきて、このコンビニを利用する日が一体いつやって来るのか・・・・・・・・・・

そんな考えがどうしてもぬぐい去れない今の状況ですが、それでもそれでもそれでも、言葉に語弊は有るかも知れませんが、このお店の開業、いや、再開業は、復興へのひとつの前進!そう思っています。



あの日から、まもなく明後日で4年6ヶ月を迎えます。「一日も早い復旧復興を!」 言葉にするとあまりにも聞き慣れた至極簡素な響きになってしまいますが、同じ福島県に住む者として、その思いや願いだけは心の内にしっかりある!そう思っています。


1ヶ月後、また何か新しい変化が見られたらいいなあと思っています。



☆本当は、もうひとつ、2ヶ月前には見られなかった物を見ました。それは、飯舘村を通り過ぎて南相馬市に入った辺りの道路際に掲げられていた、たくさんの看板!?でした。その看板には、原発事故を引き起こした東京電力に対する、誹謗中傷する言葉がいくつもいくつも書かれていました。内容を読むと、東電の関係者が目にしたら、誹謗中傷甚だしいものなのですが、それでも、正直その言葉の意味するものは、その通りだよなぁ・・・・と思われるものばかりでした。実は、その看板のひとつを写真に収めたのですが、このブログに掲載するのはやめ、コンビニだけの写真を掲載しました。その理由は・・・・・・貴方なりに考えてみて下さい。
サッカーの奥深さ
先週金曜日、生まれて初めてブラインドサッカーを観戦して来ました。

先日のブログでも記載したように、来年のリオパラリンピックをかけて東京都渋谷区代々木フットサル場で開催されていた『IBSAブラインドサッカーアジア選手権2015』です。

感想は・・・・・・・・・・

とにかく、ブラインドサッカー(通称ブラサカ)の凄さに体が武者震いした!そんな感じでした。

武者震い!? 適切な表現ではないかも知れませんが、まさにその凄さに「震えた!」そんな初めてのブラサカ観戦でした。

観戦して来た試合は、「イラン vs インド」と「日本 vs 韓国」の2試合でした。どちらの試合も一秒たりとも目を離せない、と言うか、食い入るように見入ってしまいました。

観戦中は、観客は決して声を出してはいけない。なぜなら・・・・・・・・・・・(ただし、試合前やハーフタイム等々は応援OK!)

会場内に響くのは、ゴール裏にいるコーラー(ガイド)と呼ばれるコーチの声とボールから聞こえる金属音のみ。

コーラーって何!? ボールの金属音って何!?

いろんな疑問は、ぜひとも自分で解決してみて下さい。


サッカーは格闘技と呼ばれるが、まさに、ブラサカはある意味、格闘技そのもの!でした。また、あの選手は、本当に目が見えていないの?と首を傾げるほどのボールコントロールの持ち主がたくさんいました。特に、イランの9番、11番の選手のドリブルは、ボールの吸い付き具合は、圧巻!そのものでした。

そんな数々のプレーを目の当たりにしながら、驚きや感動を抱くと共に、選手達の血の滲むような努力を感じずにはいられませんでした。

そしてサッカーというスポーツの持つ素晴らしさ、奥深さをしみじみ感じ考えさせられました。

残念ながら、日本チームは、念願だったリオパラリンピックのアジア代表出場権を獲得することはできませんでしたが、「ブラインドサッカーここにあり!!」の痕跡を大きく大きく示したことは間違い有りません。

その証拠に、会場内には、溢れんばかりの人人人・・・・が駆けつけていました。

「2020年の東京パラリンピックを目標に見据えてまたがんばっていきます!」

昨日の試合終了後、涙を流しながらそう語っていた、福島県出身で今回日本代表の一員としてがんばっていた加藤選手談。


その願いが叶うことを陰ながら念じると共に、ブラインドサッカーと言うサッカー競技の認知度を高めることに、今後微力ながら役立てればと思っています。

s_20150904_173235.jpg
s_20150904_183122.jpg
s_20150904_194813.jpg
s_20150904_195254.jpg
s_20150904_201250.jpg
s_20150904_194823.jpg
一に努力二に努力三も四も五も努力努力!
復興へ向けて
復興へ向けて2
復興へ向けて3

あれから4年と約半年が過ぎようとしている。

あれから???

もちろん、3.11東日本大震災からである。

そんなこと忘れてた!! この地以外に居住している人たちからは、そのような言葉が聞かれるかも知れない。しかしこの地に住んでいる者にとっては・・・・・・・・・


震災以降、原発の爆発の影響で飛散(悲惨とも言える)した放射線を除去する表土除去と言う作業が福島県内各地で行われた。放射線を含む除去された表土等々(それ以外の物もたくさんたくさん)の、所謂、放射線廃棄物は、それぞれの市町村内に仮置き場という形で設置され、そこに地中深く埋め込まれていた。


あれから4年と約半年。


その埋め込まれていた廃棄物を掘り起こし、福島県の大熊町に新たに設置された中間貯蔵施設と言うところに搬入する作業が県内各地で始まった。


上記の写真は、我がクラブが練習グランドとして借用させて頂いているところの掘り出し作業の様子である。


こんな光景が、ここばかりでなく至る所で目にする今日この頃である。


この光景を目にしながら、グランドでサッカーに興じる子供たち。言葉には表わさないけれども、どのような思いを抱いているのか・・・・・それを考えるだけで、胸が苦しくなる。


あれから4年と約半年。この地は、いまだ~ing、現在進行形なのである。





話しは変わるが、先日、オリンピック3連覇(アトランタ・シドニー・アテネ)と言う前人未踏の偉業を達成した、柔道家の『野村忠宏』氏が選手生活にピリオドを打ち引退会見を行った。

「柔道こそが我が人生!」 朗らかな微笑みを浮かべながら、しかし、どことなく悔しさを滲ませて語ったその一言に、心からの感銘を受けた。

と同時に、その言葉は、大袈裟な言い方かも知れないが、柔道に命をかけた者しか決して口にすることができない偉大な言葉だと思った。

古賀氏は、小学1年生から柔道を始めたと言う。既に柔道を始めていた兄の影響であったようだ。古賀氏は言う。

「小学1年生から柔道を始めて、記憶にある限り、大きなけがをした時などを除いて、ほとんど練習を休んだことがない。練習しない限り、技など身に付くはずもなく、絶対に強くなどならない」とのこと。また、

「私の柔道を、圧倒的なスピードと類い希なる反射神経、抜群の技のキレと評されることが多いが、その全ては、日頃の反復練習で磨き上げたものである。ぎりぎりの勝負を分けるのは、無意識の反応。技の練習を繰り返し、体に染み込ませた」と言うことである。更に、

「厳しい練習をしない選手に、五輪(オリンピック)王者になる権利はない!」と。


天才と呼ばれた柔道家、当たり前だが、そうよばれる影には、ひたむきな常日頃からの努力努力努力があったのである。


無意識の反応


柔道とサッカー、畑は違えどスポーツの本質は全く同じ。コツコツコツコツ練習しコツコツコツコツ努力し、そんな反応が瞬間的に、いざと言う時に発揮できるように表現できるように、みんな、コツコツコツコツがんばって行こうな~!!


練習あるのみ!   努力あるのみ!!