Vamos福島
速報  祝ベスト4進出!!
大阪府堺市Jグリーン堺で本日AM9:30~行われた『第20回全日本女子ユースU15サッカー選手権大会準々決勝戦』

遠藤純さん率いるJFAアカデミー福島は、関東第1代表のチームを3対0で撃破し、見事、準決勝進出を果たしました!!

おめでとう! パチパチパチパチパチ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!(笑笑笑)

祝ベスト4  準決勝進出!

☆「暑さと疲れのためか普段の力が思うように発揮できなかった。明日は体調万全にして最高のプレーをする!」

応援団の皆さんに試合後の挨拶をしている写真の姿を見ると、その言葉の意味が何となく分かるような気がしなくもありませんが、先制点をゲットしたにも関わらず、全然満足していないそのコメントに、純さんの成長を感じることができてなんだか・・・・・・・・・・(泣笑)

それはそうだよね、なんてったって、今年の目標は、『全国制覇』なんだから!!


でも、ご安心あれ!!   本日夜21:00、【2015夏大阪遠征】を実施するために、ホワイトリバーのたくさんの後輩を率いてそちらに向かいます。準決勝の会場には、明日朝7:00位に到着予定。

後輩の顔を見たら、疲れなどどこかへ思いっきり吹き飛ぶこと間違いなし!!!

後輩の声援を聞いたら、最高のプレーを最高の試合をすること間違いなし!!!


待ってなさいよ、純先輩!  待ってなさいよ、アカ女(JFAアカデミー福島女子チームの愛称)のみんな!!

恥ずかしくなるぐらいの大声援をスタジアム内にこだまさせてあげるからね~!!!(笑)



『夢は見るものではなく叶えるもの』

2015夏、少女たちよ、青春を謳歌せよ~!!!!!!!!(笑笑笑)

夢は見るものではなく叶えるもの!
感謝!感謝!感謝!感謝!感謝!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・感謝!
クラブ主催夏の一大イベント『第14回奥の細道サッカーフェスティバル』無事終了しました!

お天道様の裏切りもなく!?(笑)、奥の細道常連!?の雨も一滴たりとも降ることなく(笑笑)、最高すぎるほどの天候、暑さで脳みそが溶けそうなほどの天候・・・・・・(苦笑)とにかく最高の天気を天の神様から授けて頂き、2日間のフェスティバルを無事終了することができました。

感謝感謝感謝・・・・・・・・・・・・・・・・!!!

「このフェスティバルを通して、参加してくれた全ての子供たちに、2015夏の良き思い出の1ページをプレゼントする!」

果たして、この目標がどれだけ達成したのかは定かでありませんが、この目標に向けて、実に多くの多くの本当に多くの方々にご尽力を頂きましたこと、感謝しきれないぐらいの気持ちでいっぱいです。

クラブの保護者の皆様、スタッフの方々、子供たち、本当に感謝感謝感謝感謝感謝感謝・・・・・・・・・・・・・・・!! この思いが熱く熱く熱く伝わることを願うばかりです。


そして、このフェスティバルの趣旨に賛同して頂き、福島県内外よりご参集頂きました44チーム、約1000名近い子供たち、指導者の方々、それぞれのチーム関係者の皆様、そして、2015夏キッズサッカーフェスティバルの趣旨に賛同し、お子さまを参加させて頂いた皆様、皆様のご参加がなかったら、このフェスティバルをこれほどまでに大盛況で開催することはできませんでした!

感謝感謝感謝感謝感謝感謝・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!


申し述べなければならない感謝は、本当はもっとたくさんあり、もっともっとたくさんの方々がいるのですが、さすがに体と脳みそ!?は正直で、油のきれた回転軸のようになっており・・・・・・・

意味分からん!!   返す言葉も気力もありません。ごめんなさい・・・・・(泣笑)

<と言うか、今日一日、クラブ関係者の大多数の方々は同様の現象に見舞われたような気がするのですが、如何でしたでしょうか・・・・・(苦苦笑)>
 
上記の記載記述は簡素で簡単ではありますが、たくさんたくさんの迸るような『感謝』の気持ちが、ギューギュー詰まっていることをご理解願えれば幸いです。


クラブホームページ内トップページコーナーのフェスティバル結果掲載欄に、「御礼状」を作成し掲載しました(先程ホームページ管理会社に掲載の依頼をしましたので、本日夜までにはご覧頂けるかと思っています。)ので、そちらも併せてご覧頂き、熱い感謝の意を汲み取って頂ければと思っています。


「子供も大人も楽しめる、奥の細道サッカーフェスティバル、なが~く続けていってほしいです!」

昨日のフェスティバル終了後、ご参加頂いたあるチームの代表の方から寄せられたメールの中の一文です。


気力体力続く限り!! と言いたいところですが、前述したように、たくさんの方々のご協力無くして、このフェスティバルは開催することは出来ません。(もちろん、他のイベント等も同じことが言えますが)

ご協力・ご賛同等々頂けるように今後も尽力していこうとは思っているのですが、果たして・・・・・・・・・

個人的には、もちろん半永久的に続けたい気持ちでいっぱいなのですが・・・・・・・・・


【来年のことを言うと鬼が笑う】


笑われてもいいから、来年も開催したいなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と思っています!!


「人は一人では決して生きることはできない」

このフェスティバルを通して、当たり前のことを改めて思い知った2日間、3日間・・・・・・でした。


皆様、本当にありがとうございました。言い尽くせない感謝の気持ちでいっぱいです。微力ではありますが、今後も21世紀の日本の未来を担う子供たちのために、我がクラブの活動が少しでも寄与できるよう精一杯尽力できればと思っています。今後ともどうぞどうぞよろしくお願い致します。


第14回奥の細道サッカーフェスティバル  完

キッズサッカーフェスティバルも大盛況!
キッズサッカーフェスティバルも大盛況!2
6年生手作りの開会式! 立派でした!!
キャプテンの歓迎の言葉、最高でした!!
迫熱の試合!
土屋さん、今年もありがとうございました!
かき氷店も大盛況!!
コンテストも大盛り上がり!!
迫熱の試合!2
2015夏の思い出をプレゼントできたかな・・・・
最後までしっかりと!
最後までしっかりと!2


☆フェスティバル同日に大阪府で行われていた「第20回全日本女子ユースU15サッカー選手権大会」の1回戦、2回戦。遠藤純さん所属JFAアカデミー福島女子チームは、並入る強豪を撃破し、1,2回戦を突破。準々決勝戦進出(ベスト8)を果たしました。しかし、目標は、「全国制覇」と言うことで、まだまだ道半ば。明日AM9:30~行われる一戦に勝利し、次のステージにぜひとも進出してほしいと願っています。

本当なら、すっ飛んでいきたい気持ちが山々なのですが、そこはぐっと堪えて、吉報を待っていたいと思います。

がんばれ純~!!  がんばれアカデミー福島~!!


本日の日本サッカー協会ホームページに、昨日の大会の様子が掲載された記事が掲載されていましたのでお知らせします。お時間のある方は、いや、ない人でも、ぜひともアクセスしてご覧になってみて下さい!(笑)

第20回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会

なんと、ページのトップ写真に純さんの写真が!!!  ☆キーパーをかわしてゴールゲットの迫力あるシーン。お見事!!(笑笑)

純先輩! がんばれ~!!

各試合のダイジェスト動画に純さんのはちきれんばかりの姿も・・・・・・・!!!!!(笑笑笑)





全ての体力を消耗し、精も根も尽き果てて途中で仕事を投げ出そうかと思ったけど、記事と写真と動画を見て、「娘がこんなにがんばってるんだから、お父ちゃんもがんばらねば!!」って奮起できたよ!!(苦笑)



明日の試合、何が何でも勝つんだぞ~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
14年目の開催!
明日から2日間、クラブ主催の夏の一大イベントとなる『第14回奥の細道サッカーフェスティバル』を開催します。

今年で14年目の毎夏恒例の行事。たくさんのチームの方々に参加して頂き、たくさんの方々に協力して頂き、たくさんの・・・・・

週間予報によると、「週末は雨」の予報が出ていたのですが、今日の予報によると「土日共に晴れ」ただし「夕立はあるかも」と言う予報に変わり、天の神様に感謝感謝感謝!!!


先日、フェスティバル参加全チームに連絡事項をお知らせするためメールを配信した際、

「台風の影響があるかも知れませんが、気合いと根性で吹き飛ばします!(笑)」と最後に一行加えたところ、

「奥の細道は雨!と決まっているので台風など全然気にしてません!」とは常連さんのチーム代表の○○さんより。

「遠藤さんの気合いと根性と笑いで吹き飛ぶこと間違いなし!」とは遠方より参加して下さる○○さんより。


お天道様が裏切らないことを信じて、明日を迎えたいと思っています!


本日は、明日からの会場準備を早朝より上級生の子供たちと行いました。

「いつも大会や試合に呼ばれる度に、いろいろお世話になっている分、自分たちのフェスティバルで恩返ししよう!」そんな合い言葉を唱えながら、せっせこせっせこがんばる子供たち。

そんな先輩たちを尻目に、フェスティバルに毎年参加して頂いて、毎年前日入りしているチームと練習試合に励む下級生の子供たち。

またまたそんな子供たちのがんばりを背中で見ながら!?(笑)、プログラムの帳合等々に従事して下さっている保護者の方々。

夕方からは、お父さん方がゴール運びなどを行って下さり・・・・・・・


フェスティバルは明日からですが、既に、たくさんたくさんたくさんの方々にお世話になった今日一日となりました。



14年目の奥の細道サッカーフェスティバル。

「参加した全ての子供たちに、2015年夏の良き思い出の1ページをプレゼントする!」

このフェスティバルの大きな大きな大きな大きな目標を達成すべく、たくさんの方々にご尽力頂きながら2日間を過ごしたいと思っています。


皆様、どうぞよろしくお願い致します!!


20150724_144337.jpg
20150724_135545.jpg
20150724_144329.jpg
20150724_135157.jpg
20150724_141539.jpg
20150724_144643.jpg
20150724_151511.jpg
20150724_150508.jpg
20150724_181903.jpg


☆奥の細道の開幕の同日、明日から大阪では『第20回全日本女子ユースU15サッカー選手権大会』が1週間のスケジュールで開幕。この大会には、ホワイトリバーOGで現在、静岡県に拠点を置くJFAアカデミー福島女子U15チームに所属する遠藤純さんが出場します。チームのキャプテンとして臨む今大会は、相当に期するものがあるようで、4月から「今年の夏は必ず全国制覇する!」とことある事に口にしていました。有言実行なるか!!! フェスティバル期間中、吉報が届くことをを願うばかりです!!!    

先輩も後輩も、2015夏が最高の夏になりますように!
若者よ、大いにサッカーし大いに遊べ!!(笑)
『ボーイズビーアンビシャス! 少年よ大志を抱け!』  by クラーク博士

『若者のよ 大いにサッカーし大いに遊べ!』 by 遠藤博士!?(笑笑)


暑い、熱い、厚い、淳!? とにかく脳みそがどうにかなりそうなほど暑い~~!!!(苦笑)

4日間ぶっ通しで灼熱の太陽の下で過ごしているせいか、こうして室内にいても、体にこもった熱が抜けきれないせいなのかどうなのか分かりませんが、体が火照りまくっていてなんだかサウナにでも入っているようで・・・・・・・・・・・・

と言うか、この事務所がくそ暑いだけなのかも・・・・・・(苦苦笑)  冬寒く、夏熱い、最高の住処である・・・・(泣泣笑)

☆エアコンなどと言う画期的な機器!?などあるわけもなく、あるのは扇風機が2台と自然の風のみ。よって、この事務所内での格好は・・・・・・他人様にお見せできないものとなっています!(笑) ですので、事務所を訪れる際は、必ずノックを5回以上お願い致します!!(苦笑)



今日は、チビッコ達とこの時期恒例(と言っても昨年からですが)の『サッカー&お遊び』の一日を過ごして来ました。


以前から交流を持っている埼玉県のチームが、昨年から福島県磐梯町での合宿をこの時期に行うことになり、そこで交流試合を行いその後・・・・・・・・・・

昨年も試合&遊び&遊びの一日を過ごし、本日も同様に・・・・・・・・・

試合の方は、埼玉県でも屈指の強豪チームとの対戦なので結果は昨年に引き続き・・・・・しかし、命の水ならぬ命の氷!?に助けられながら(どういう意味かは下の2枚目の写真からご想像下さい)、炎天下の中、誰一人ぶっ倒れることなく!?(途中朦朧状態の子もいないではありませんでしたが)約3時間、みっちり扱いて頂きました!(笑)

その後、会場を移動し、お弁当タイム!!  あれだけヘロヘロだった子供たちも、おうちの方の愛情たっぷり詰まったお弁当を食べた途端に復活~~~!!(笑笑)  やはりこの世の中は、【愛】に勝るもの無し!!(笑笑笑)

息を吹き返した子供たちは、アスレチックへレッツゴー! その様子は写真をご覧下さい!!

これってどこ?

それはもちろん・・・・・・・・・企業秘密です!!(笑)

遊ぶだけ遊んだ後は、子供たちお待ちかねの遊覧船乗船タイム!!!

1年ぶりの利用だったのですが、乗船券売り場の窓口に行った途端、まだ名乗ってもいないのに、

「ホワイトリバーの方ですよね! お久しぶりです!」と言われ、覚えていて下さったことに驚くと共に感銘を受け・・・・・・・



「ぼく初めてこんなに大きな船に乗った!」  「これって湖なの? 海かと思った!」  「今日来て良かった! サッカーもできて、みんなとたくさん遊べて、船にも乗れて!」etc

乗船中の大騒ぎは・・・・・・・・・・・・ご想像通りです!!!(笑笑笑笑笑)


『サッカーを通して それ以外の様々な活動を通して  子供たちが心も体も健やかにそしてたくましく成長するよう微力ながらその一翼を担わせて頂く』


今年の夏も始まったばかりですが、クラブの永久不滅!?の指導方針の帆を掲げ、 面舵一杯! 全速前進! で突き進んで行こうと思っています。

「今日のこと、1行日記に書くんだ!!」 ○○君、1行と言わずに2行も3行も書くんだよ!!(笑)


それでは、本日の様子をご覧下さい。(ほんの一部ですが、本日参加の保護者の皆様に、お子さまの様子が少しでも様子が伝われば幸いです。)

20150721_095205.jpg
20150721_110328.jpg
20150721_123315(0).jpg
20150721_132110.jpg
20150721_134134.jpg
20150721_134434.jpg
20150721_134519.jpg
20150721_143918.jpg
20150721_144329.jpg
s_20150721_144954.jpg
s_20150721_145000.jpg
20150721_145136.jpg
2015夏キックオフ!
2015夏キックオフ!

2015年夏キックオフ!!

サッカーを通して家族との時間を通して地域の行事を通して・・・・・・・・・・・様々な活動を通して、2015夏の思い出をたくさんたくさんたくさん作ってほしいと思っています。

我がクラブの活動が、そのほんのほんの少しの一翼を担えればと思っています!!
女子サッカー教室開催! ~ブームではなく文化に~
本日、元TEPCOマリーゼ選手、現福島国体女子選抜並びにエステレーラ相馬コーチである小倉氏を講師に迎え『カナダ女子ワールドカップ開催記念事業-女子サッカー教室-』を開催しました。

時折、雨の降りしきる中での開催でしたが、サッカー大好き女の子たちは、そんな悪天候などなんのその!(笑)

1時間半のトレーニングを思う存分満喫していました!(と私にはそう見えたのですが、如何でしたでしょうか・・・・)

「女子サッカーをブームではなく文化にしたい!」 ワールドカップ終了後に放ったなでしこJAPANの宮間主将の深い~言葉。


その実現へのほんの1歩に過ぎないイベントだったかも知れませんが、講師を務めた小倉氏は、

「これだけ能力の高い子供たちが県南地域にいることをとっても嬉しく思いますし、この教室を通して福島県の女子サッカーをこの県南地域から盛り上げることができる!そう確信した時間でした。子供たちがみな一生懸命で、最高に楽しいサッカー教室でした。ぜひともこの教室を今後も続けて行きましょう!」


と言うことで、8月22日(土)AM10:00~11:30 本日と同じ白河市陸上競技場で第2回目の教室を開催することに決定しました!

本日参加した子供たちはもちろんのこと、私も私も私も・・・・・参加してみたい!そう思った女の子は、ぜひとも次回参加して下さい。もちろん、経験の有無は不問です。本日も2名の初心者の中学生が参加していましたが、とってもとってもとっても楽しそうでした! 今日の教室を見ながら、「この教室に参加すればどんな女の子もサッカーが大好きになる!!」そう思いました。講師の小倉氏のご尽力にこの場を借りて改めて御礼申し上げますと共に、今後もこの地域の女子サッカー発展のために、サッカー大好き女の子たちのために、お力添え願いたい!そう申し述べたいと思います。


くどいようですが、『女子サッカーの人気をブームではなく文化にする』 この一翼を微力ながら担っていければいいなあ、いや、担って行かなければならない! 改めてそう思わせてもらった今日の教室でした。


今日の教室の一コマをご覧になってみて下さい。そして、次回の教室の参加をお待ちしております!!


来たれ未来のなでしこJAPAN!!



挨拶
手つなぎ鬼ごっこ
しっぽとり
みんなで心を合わせてパチ!
2人で心を合わせて手パス!
ナンバーコールドリブル競争
みんなで運ぼう!
ボール集め競争!
的確なアドバイスに耳耳耳
締めのゲーム
8月22日に再会しましょう!


☆8月上旬に我がクラブホームページ内トップページに第2回女子サッカー教室募集のチラシを掲載します。その際、今日の様子を撮影した写真を(上記の写真以外)詳しく掲載したいと思っています。それにしても、みんないい顔してるな~!(笑) この笑顔が今日の教室のみんなの思いを表わしているね!!!  ボンジョルノ~!!!!!!!(笑笑)

なぜ突然フランス語? それはですね…………本日参加した子供たちだけしか知らない企業秘密で~す!!!!!!!(笑笑笑)
二度見三度見四度見・・・・・・・
高速道路用地買収のための『行政代執行』

安全保障関連法案の『強行採決』

テレビから放映される映像のなんたる醜いことか!!

内容やその経緯はともかく、テレビから垂れ流し!?にされているこの醜い惨い映像を見たお子さんに、その真意を皆さんはどのように伝え説明しているのでしょうか。

物事を最終的に決定する手段は、民主的な話し合いなどではなく、数や力にものを言わせた方の者の勝ち!!

あの映像をストレートに受け取った子供たちがそんな思考を構築しやしないかと心配で心配で心配で・・・・・・・・・・・


突然何!??????


とにかく大人たちの見せる体たらくは、大人がきちんと説明してやらなければ・・・・・・・つくづく思った次第です。



本日、南相馬の幼稚園に復興支援活動を行いに行ってきたのですが、その帰り道、『強行採決』の様子がテレビから流れて来ました。

ブラウン管の中の醜く惨い映像を見ながら、同時に車窓に広がる未だに全村避難を余儀なくされている飯舘村の現状。

この現実を・・・・・・・

言葉には大変な語弊があるかも知れませんが、あんな茶番劇!?を繰り広げている時間があるなら、国会議員の皆様、この地に一日も早い平穏な日々を取り戻す努力をして下さいよ!!   頼みますよ!!!






そんな怒り心頭!?の後になんなのですが、南相馬に行く途中、とあるたばこ屋さんの前の信号で止まった際に、思わず、「なんじゃこりゃ!」と二度見三度見四度見・・・・・してしまったポスター!?がありました。

とっても深イイ!???感じのポスターだったので、思わず信号待ちをしながらパチリ!!

二度見三度見四度見・・・・


なんだか笑ってしまうような、真顔になってしまうような・・・・・・・(苦笑)




いろ~んなことがある世の中だけど、あと2日で待ちに待ってた夏休みだね。みんな明日も張り切ってがんばろう!!


私も明日は1学期!?最後の復興支援活動日。今日に引き続き明日も炎天下の中での二コマ(2クラス)の活動になるけど、老体に鞭打ってがんばるぞ~!!!!!!(笑笑笑)
心の浄化
早朝からの市民一斉清掃に参加し、墓前に手を合わせ、臨んだ地区のリーグ戦。結果は・・・・・・まずまずかな!(苦笑)

数ヶ月前に対戦したチームとの2巡目の再戦。

「どれぐらい自分たちが成長したかを知るとても良い機会となる!」

上級生チームは、3ヶ月前、最後の最後にようやく追いついてなんとか引き分けにしたチームとの再戦。今回は・・・・・・・・子供たちなりに成長したことを体感できたように思われる内容であった。しかし、上には上がいる!ことも実感した1日でもあった。下級生チームは・・・・・・・・・・・・・・・

とにもかくにも、コツコツコツコツ努力する以外、上達の近道はなし!! その日がいつやってくるのか・・・・・・・・・それを信じてがんばった者だけが努力の大切さを知ることができるし、喜びを感受することができるのである。


言ったようにならず!  やったようになる!!  やったようにしかならない!!!   たくさんの子供たちにそのことを味わってほしいと思っている。 





突然ですが、貴方は、映画を観たりDVDを借りたりする時に、『字幕版』と『日本語吹き替え版』があった場合、どちらを観てどちらを借りますか?

私なら、迷わず『吹き替え版』と即答します。貴方は・・・・・・・・・???

貴方が、映画通!?ならまだしも、そうでないとするなら、もちろん私と同じ回答をするかと思うのですが、如何でしょうか???

なぜ『吹き替え版』、その理由などこの時代、説明する必要など全くないかと思います。と言うより、『字幕版』など、今日の今日まで「もう必要などないのでは?」正直そう思ったりもしていました。

しかし、その考えが、あまりにも愚かであまりにも自己中だったことを思い知らせられました。



本日、日中、久しぶりに、と言うか、本当に本当に久しぶりに、映画館に行って映画を観てきました。それも2本も・・・・・・

それって映画の・・・・・!?  そうです! はしごです!!!(笑笑笑)

いいなあ、暇人は!!  と思われそうですが、私だって、それほど暇を持てあましているわけでもないのですが・・・・・・(泣)


だって今日は平日でしょう!? しかも、週のスタート日! そんな日に映画、しかも、映画のはしごなんて暇人以外何ものでもない!!


そう言われればそうなのですが、皆様が週末に家族と出かけてリフレッシュしたり、友達と飲みに行ってワイワイしたり、ドライブして気分爽快になったり・・・・・・・・そんなことが皆無な私にとっては、(淋しい人生だと笑われるかと思いますが・・・) リフレッシュ・ワイワイ・気分爽快等々の言ってみれば【心の浄化】を行う場がなく、数年ぶりに映画をそれも立て続けに2本も平日の日中に観ることは罰当たりだと思わないのですが・・・・・・暇人だと酷評されなくても良いかと思うのですが・・・・・・・


まっ、そんな話しはさておいて、(とは言っても心ない批判を受けて心では号泣しております。と言うか、誰が批判したの? そうですよね、誰が批判したんですかね? 誰が・・・・)

1本目に観てきた映画は、『字幕版』でした。タイトルは、「奇跡のひと マリーとマルグリット」 映画の謳い文句!?は、『19世紀末、フランスに実在したもうひとつのヘレンケラー物語』。全盲全聾の少女(マリー)が一人の修道女(マルグリット)との出会い、その後・・・・・・内容は、まさにもうひとつのヘレンケラー物語!そんな感じでした。感想は・・・・・・・・・・・・・・


その映画を観るお客さんの中に、10人ほどの聴覚障害を持つおじさん・おばさんの集団がいました。

その人たちを見たとき、閃光が自分の中に轟いたかの如く、『字幕版』の映画やDVDなんて観ないしいらないし!!そう思っていた自分の馬鹿さ加減・愚かさetcを嫌と言うほど思い知りました。

『字幕版』が無かったら・・・・・・・・・

映画から受けた感動や感銘と共に、いや、もしかしたらそれ以上に、大切なことを痛感した鑑賞の時間となりました。




もう1本の映画は話題作。あまりにもTVのCMを見過ぎた、いや、見させ過ぎられた?(笑)せいで、良い機会かと思い・・・・・・・




久しぶりの映画。久しぶりの心の浄化の時間。久しぶりの・・・・・・・・・・・・・・・・・いろんなおかげで・・・・・・・・・今日これからのチビッコたちの練習、いつも以上に張り切っぞ~~~!!!



くどいようですが、私は皆さんが思ってるほど、そんなに暇人ではありませんので、あしからず!!(苦苦苦泣笑)
熱中症対策を万全に!!
「夏日」とは、日最高気温(0時~24時までの気温の最大値)が25度以上の日であり、「真夏日」とは、日最高気温が30度以上の日のことです。また、日最高気温が35度以上の日を「猛暑日」といいます。 


今日の暑さの尋常じゃないことこの上なし!!

全国各地で【真夏日】が422箇所!  【猛暑日】も数カ所発生!!

そんな中、午前の部・午後の部と2回のトレーニングを敢行。明日行われるリーグ戦、今日の成果は果たして出るのか!???

それにしても、昼食時に差し入れしたアイスキャンディーをそれはそれは美味そうに頬ばる子供たちの姿にうっとり!!(笑笑)


な~んて笑っている場合ではない!

この暑さで、連日報道される「熱中症による搬送者続出!」の痛ましいニュース。中には、農作業をしていたお年寄りが命を落とすといういたたまれない報道も・・・・・・・・


とにかくこの時期、たくさんの子供たちを預かる身としては、暑さ対策(熱中症対策)を万全に講じなければならない!! 子供たちに改めてその意識を植え付けなければならない!! そう思っています。

私が子供たちにこの時期(このくそ暑い季節)強く話すこと

1.帽子を被って行動すること (試合中は無理としてもそれ以外の時間は必ず着帽!〈半ば強制!〉 忘れた者は試合に出さない! そんなことも行っています。趣旨をご理解下さい!)

2.こまめな水分補給 (喉が渇いた!その時点では時既に遅し! 喉が渇く前から数回に分けて水分を補給すること!)

3.体を内と外から冷やすこと (体の内側を冷やすには水分補給! 外側から冷やすためにクラブでクーラーボックスを準備し、試合に参加する選手の保護者の方々から各家庭より氷を提供して頂き、クーラーボックスに入れて試合会場でその中に水を入れタオルを入れてキンキンに冷やしそのタオルで体の外側から冷やすようにさせています! 夏の合宿時には、一財産失うほどの大金を氷購入に要しています!<大袈裟に聞こえるかも知れませんが・・・>)

4.前日は早めに就寝し睡眠時間をバッチリ確保 (暑さに負けない体力が大切! 合宿時は半ばなどと言わず強制的に早めに寝かせます!!)

5.好き嫌いしないで何でももりもり食べてバッチリ栄養を (上記同様の理由! 合宿時には吐くほど食わせます!<苦笑> 食べる量の増減を子供たちの合宿時の健康状態をはかるバロメーターの指標にしています。吐くほど食わせる? 言い過ぎかも知れませんが、それほど食べることは暑さ対策には欠かせないことだと思っています!趣旨はご理解頂けますよね・・・・・)


6.決して無理をしない・無理をさせない  (ここは指導者の本領が試されるところだと思っています!子供たちの変調を敏感に悟れる指導者・人間でありたいと思っていますし、そうでなければならないと思っています。子供たちは、特に、一生懸命がんばる子は、自分の限界を越えてまで旺々にしてがんばろうとします。ただ、中には、ほんの少し動いただけで暑さにバテているだけの子もいます。前日はちゃんと睡眠時間を十分にとったのかな? しっかり食事してきたのかな? 言葉に語弊があるかも知れませんが、その状態状況の境界線を見抜ける力、そう言った子供たちの姿を目にした時にいかに効果的に迅速に適宜に対応することができるか適切な声掛けができるか等々が大切だと思っています。言わんとすることをご理解頂ければ幸いです。)


これまで指導者としてたくさんの夏をたくさんの子供たちと過ごしてきた中から私なりに子供たちの『安全』を確保するために講じてきた主な対策が上記の内容です。もちろん、書籍等々様々な科学的根拠から得た対策であると自負しており、理由も根拠も何もないという訳ではありませんので、保護者の皆様ご安心下さい。

ただし、この対策で万全!であるとは思っていません。様々な情報から更に言える対策は・・・・・・・

水分補給とは言っても、ただの水分よりは、体内の水分やミネラルが不足して身体の調整機能が破綻してしまい熱中症を招くことから、それらを補う成分が入っているスポーツドリンクが最適なこと。

また、熱中症対策に効果的な飲み物・食べ物として、運動後の牛乳、食塩、クエン酸ナトリウム、塩化カリウムを全部含んでいる梅干し、ミネラル入り麦茶、水分が90%以上と非常に豊富なスイカ、スイカには、糖分やカリウム・カルシウム・マグネシウム等のミネラルも含まれているので、微量の食塩を加えるとスポーツドリンクと同じような効果が期待、汗として体内から失われた塩分の補給には、体液と塩分濃度が近い味噌汁、とはいっても、夏に熱い味噌汁はなかなか喉を通りません。こうした問題は、昔の人も共有していたようで、夏でも食べやすい「冷たい味噌汁」が郷土料理として古来より伝承されています、等々


その他にもありとあらゆることが講じる対策としてあると思っています。


また、いくら対策を万全に講じても、熱中症におかされてしまうことはあります。その時に講じる対策も、指導者としては万全に学んでいなければならないと思っています。


【水分を補給し、涼しい場所で休ませる(安静にさせる)こと】

1.涼しい室内、または風通しのよい木かげなどに移す
2.衣類をゆるめ、足を高くして寝かせる
3.冷タオルなどで体を冷やす
4.皮膚が冷たくなっているときは毛布などで体を保温する
5.水やスポーツ飲料、塩をひとつまみ入れた水などで、水分を補給する
6.解熱剤は使わず、自然に熱が下がるのを待つ
7.全身がけいれんを起こしている場合は救急車を呼ぶ



私が子供たちにできること、子供たちが意識してできること、そして、各ご家庭で絶対に協力して頂けなければならないこと、大切な子供たちが、楽しい夏を過ごせるように、楽しくサッカーができるように、楽しくスポーツができるように、etc


子供たちの命を守ってあげられるのは、私を含めた周囲の大人の方々の役目だと思っています。


子供たちに最高の夏を!!  





☆私事になりますが、明日は亡き父の命日です。しっかり墓前に手を合わせてから明日の試合に臨みたいと思っています。あれから4年が過ぎるのか・・・・・・・・・・・・・・・・   
初めまして!
まさに梅雨本番! そんなことを感じさせる雨雨雨・・・・・・・

それでもこの梅雨の後には、太陽燦々のあの夏がやって来る! そう思えば、こんな雨も・・・・・・(笑)



本日午前、『21世紀の福島の未来を担う子供たちの心と体の復興支援活動』で、今年度初めて依頼を受けた東白川郡の保育園を訪問してきました。

その保育園は乳児~4歳児までのお子さんを保育している園で、最高学年!?が4歳児のクラス。通常の幼稚園や保育園で言うなら、年少児クラス。その年少児21名の子供たちを対象に活動を行ってきました。

初めての園への訪問は、何日も前からドキドキドキドキ・・・・・・・・・前夜にそのドキドキ感はボルテージが上がり!?当日の朝には、最高潮に!!(苦笑) そして、荷物(用具)を積み込み園に向かう車の中では、頭が真っ白に!!(笑笑)


例えるなら、ピアノの発表会で自分の順番を待ち、いざ舞台に上がり鍵盤に向かって指をおろした瞬間、頭の中が真っ白けっけになる!そんな感じです。


どんな感じやねん!!!!!!!!!!!(怒怒怒)


そんな感じやねん!!!!!!!!!!!(笑笑笑)


だって、長年この活動をやってるんだから、そんなの慣れっこなんじゃないの!???


確かにそうなのですが、いつになってもこの感覚は付きまとうわけで・・・・・・・・


そんなこと言っても対象は幼児でしょ!!!


言葉に語弊があるかも知れませんが、たかが幼児!されど幼児!! なんですよ。


小学生ともなれば、大概は言葉で理解をしてくれるのですが、幼児はそうはいきません。だから言葉でなく体を張って!!


3才、4才の子供たちからすれば、「変な人が来た~!!」「知らないおじさんだ~!!」「なんだこの人は~!!」etcそんな感じなのですから。


だからめいいっぱい持てる体力をフル稼働!?し、有意義な時間を過ごせるように知恵を振り絞り、なんとかして心の中に侵入しようとし、変な人、変なおじさんから、「えんちゃん!」って存在を高める努力をし・・・・・・・・・・・


知的な仕事をしている人たちからすれば、それが仕事!?って首を傾げられるかと思いますが、これが私の仕事なんです!!



初めまして!!だった今日の子供たちの心にどれだけ侵入!?できたか定かではありませんが、「また来てね~!!」の元気な声を頂けたり、先生方から、「勉強になりました!」との声を頂けたりして、ただただ素直に、「良かった~!!」と思ったわけで・・・・・・・


園に来る時のあのドキドキドキドキ感はどこへやら。帰りの車の中の心地よいこと心地よいこと!! 行き帰りの車窓から見える景色は、全くおんなじはずなのに、帰りの景色の目映いことこの上無し!!(笑笑)



東日本大震災以降に始めたこの活動が、福島の未来を担う子供たちの健やかなる成長の、ほんのほんのほんのほんの少しの手助けになるなら・・・・・・・・・・・・これからも微力ながら精一杯尽力させて頂きたいと思っています。


この活動の主旨に賛同し、我がクラブにたくさんの子供たちの『今』に携われる機会をお与え下さっているたくさんの幼稚園・保育園の皆様に、この場を借りて改めて御礼申し上げます。


ありがとうございます! そして、今後ともどうぞよろしくお願い致します!!


と同時に、我がクラブの様々な活動に大切なお子さまの『今』を託して下さっている皆様へも改めて心より感謝申し上げます!!



それにしても、今日の活動を終え、シャツを着替えた時にびっしょりになっていたあの汗は、がんばった汗! それともたっぷりの緊張の汗!?? (苦苦笑)
「ブームではなく文化に!」
「まさにこれは悪夢です!」

前半16分で4失点を喫してしまった後に、アナウンサー(BS局)が発した悲鳴にも近い一言。

試合後のインターネットニュースでは、

「連覇夢散」 「なでしこボロボロ」 「格が違った」 「組合せに恵まれていた」etc  昨日まで、なでしこJAPANを評していた賛辞の言葉の数々が、予期せぬ大敗をきっかけにして物の見事に豹変!?してしまった。

【勝てば官軍負ければ賊軍】

勝負の世界とは実に厳しいものである! 改めてそう思わずにはいられなかった。



今日一日、どれだけの日本人が憂鬱至極な気持ちで過ごしたことだろうか・・・・・・・・・



もちろん、この結果だけを捉えてなでしこJAPANを全否定することなど決してあってはいけない! 誰しもがそう思っていることも間違いないことです。


「感動をありがとう!」 「ワールドカップ2大会連続のファイナリストは男子サッカーを遙かに超える偉業である!」 「なでしこJAPANの活躍は日本中に勇気と感動を与えてくれた!」etc  労を労う称賛の声の方が酷評を上回ったことは言うまでもない。


佐々木監督は試合後、「これで女子サッカーが終わるわけではない。ここまでの戦いを見て、多くの少女がサッカーボールを蹴るようになってくれることは間違いないと思います。」と語っていた。

その通り! そう思うと同時に、サッカーに関わるものとして、その環境作りの一翼を微力であっても担わなければならない! そんな使命感のようなものが沸々と沸き上がってきた。




昨日の前日会見の中で、宮間主将が、

「私たちが明日ワールドカップを2連覇することで、女子サッカーがブームではなく文化に変わっていくと思っている。それも踏まえて、明日は絶対に勝たなければならない!」

そう力説する表情がとても印象的であった。


確かに勝つことでその流れは確立できたかも知れない。しかし、今日負けたことにより、勝つことで得た確立よりも、逆にもっともっとその流れは確固たるものとなったような気がしてならない。

次世代を担うであろうなでしこJAPANの予備軍は、その思いに、その心に、凄まじいパワーとエネルギーを蓄えた! 私はそう思っている。

次のフランスでのワールドカップ、そして、その次の、本格的に今後開催の招致に動いていくであろう日本でのワールドカップ、そしてその次の・・・・・・・・・今からワクワクドキドキ感でいっぱいである。



女子サッカーの普及、これは日本のみならずヨーロッパでもアフリカでも、今後ありとあらゆる地域で加速度的に進捗していくことが予想されている。


上述したことであるが、このような仕事をしている以上、その一翼を担う権利も義務を我がクラブは背負う必要性・必然性を認識し、それを実現していかなければならないと思っている。


そうしなければ、これだけ前回のワールドカップ(ドイツ)でもその後のオリンピック(ロンドン)でもそして今回のワールドカップ(カナダ)でも、なでしこJAPANの皆さんから与えて貰った莫大な感動に対して、言葉は語弊があるかも知れないが、『恩知らず者』になる!と思っている。


感情に流されている! そんな思いは一過性のものに過ぎない! 時が過ぎれば・・・・・・    


確かにそうかも知れない。だからこそ時が過ぎていく前に・・・・・・・・恩を仇で返す! それだけは決して決して決して・・・・・・・・




ここ最近なでしこ一色!?だったブログも、今回でひとまず終了。なんだか、『兵どもが夢の跡』って感じですが、この思いはきっと私だけではないような気が・・・・・・・・・・・・・・




なでしこJAPANの皆さん、感動をありがとう! 夢を見させてくれてありがとう!     お疲れさまでした!!  


そしてそして、次世代のなでしこJAPANを担う皆さん、次は貴方がたの番です!!


夢は見るものではなく叶えるもの!!  心の底からその実現に期待しているしその実現を心の底から念じています!!!
大和撫子  ~あの感動よ蘇れ~
もう何も言うことはありません。

ただ、敢えて一言言わせて頂くなら、『あの感動よ蘇れ!』  『あの感動をもう一度!』 日本全国民の思いは願いは一つだと思っています。

待っています! 見ています! 祈っています! 願っています!

なでしこの大輪の花がカナダの地で咲き誇ることを!!!!!!


自分自身のために・・・・・チームのために・・・・・支えてくれた人たちのために・・・・・かけがえのない人たちのために・・・・そして・・・・・・なでしこJAPANを夢見る少女たちのために!!!



思い起こせば、4年前のドイツワールドカップの決勝戦は、親父の葬儀の翌朝であった。あれから4年の月日が流れたんだなぁ……………なでしこJAPANの皆さん、精一杯精一杯精一杯応援しています。あの感動を!! あの感激を!!あの思いを…………!! もう一度!!!!




あと一つ!!!
半夏生
「半夏生(はんげしょう)とは、雑節の1つで半夏(烏柄杓)という薬草が生える頃。一説に、ハンゲショウ(カタシログサ)という草の葉が名前の通り半分白くなって化粧しているようになる頃とも。様々な地方名があり、ハゲ、ハンデ、ハゲン、ハゲッショウなどと呼ばれる。

七十二候の1つ「半夏生」(はんげしょうず)から作られた暦日で、かつては夏至から数えて11日目としていたが、現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日となっている。毎年7月2日頃にあたる。

この頃に降る雨を「半夏雨」(はんげあめ)と言い、大雨になることが多い。地域によっては「半夏水」(はんげみず)とも言う。」

ハンゲショウの花

誰ですか? 「はんなつなま」何て読んだ方は!!!(笑笑笑)





そんな節目の今日、なでしこJAPANやりました~!!!

顔晴りました~!!!!   かおはれました!?   がんばりました!と読むんです!!(笑)


「これぞサッカー」と言わんばかりの劇的な幕切れでしたが、それもこれも、イングランドの猛攻を冷静に沈着に耐え忍び、そこから生まれたまさに最高のクライマックスでした。

イングランドのメディア『メトロ』の電子版のニュースでは、今日の敗戦を、【考えられる限り最も悲痛な結末】と題した記事を報じ、【エドモントン(本日の試合会場)の悲劇】として締めくくっていました。

確かに、オウンゴールをしたイングランドの選手は、選手を続ける間、いや、変な言い方ですが、死ぬまで今日のことは体に心にしみついて離れないかと思います。

かつて、男子のワールドカップでは、南米のコロンビアの選手がやはりオウンゴールをして、帰国後に射殺されると言うあってはならない衝撃的な事件が起きたことがありました。

今回のことが、そのような本当の意味での悲劇を招かないことを心底願うばかりですが、それにしてもこのような敗戦の仕方は、サッカーのみならずスポーツの世界には時として起こる得るものだと思っています。

サッカーで言うなら今日のようなオウンゴールは然り、PK戦で勝敗を決する場面でのPK失敗も然り・・・・・・

私が学生時代に命を燃やしていた!?野球でも、このような痛ましい失策を何度か目にしたことがあったし、かくゆうこの私もそのような経験が・・・・・・・・・

そんな痛恨の失敗をした本人が、そこから立ち直れるかどうか、その呪縛から解き放たれるかどうかは、周囲の気遣いももちろんあるかも知れませんが、最終的には本人の気持ち次第!そう思っています。

イングランドの選手が一日も早く今日の出来事を良い意味での糧とし、更なるすばらしい選手に、強いては、すばらしい人間(女性)になっていくことを願うばかりです。




それにしても今日の試合も感動でいっぱいになってしまいました。

日中Y氏と事務所で雑談している中で、話題の大半はなでしこJAPANの話しだったのですが、

「久しぶりにサッカーを見ながら感動している!」と言う言葉が何度も出てきて、全くその通りだ!と言って二人で大盛り上がりになってしまいました。


そして今後の女子サッカーの普及にどうしたら貢献できるか・・・・・そんな話題にもなり・・・・・・・・・・



決戦の日は日本時間で7月6日(月)AM8:00。まずはゆっくり休養し、少しでも心身の疲労を回復させ、その日を迎えてほしいと思っています。


私も体調万全にしてその日を迎えたいと思っています!!(笑笑)
連覇まであと二つ!!
いよいよ明日、なでしこJAPANがワールドカップ連覇という偉業を達成するためのステージ(決勝戦)へ向けての大一番に臨む。

本日、連覇への対戦相手として、アメリカが名乗りをあげた。ドイツとの一戦は、これぞ世界最高峰の戦い!そう言っても過言ではないすばらしい試合だった。何より、スタジアムにこだまする「USA!USA!」の凄まじいコール(声援)は、まさにカナダの地がアメリカに乗っ取られた!?(笑)と言わんばかりのものであった。観客数、5万数千人も圧巻であった!

決勝の舞台でもその声はスタジアムを包み、超満員に膨れあがったスタジアムは異様な熱気に包まれること間違いなし!

そんな舞台に、ぜひともなでしこJAPANに立ってほしい! そして、4年前の再現を、アメリカ相手に成し遂げてほしい! 心の底からそう思っているしそう願っているしそう念じているし・・・・・・・・・・・・・

しかししかし、その前に越えなければならないものがある。そう、明日のイングランド戦。

「勝つ自信は大いにある!」 「絶対に負けられない、負けたくない相手である!」  指揮官(佐々木監督)の強気の発言を信じ、精一杯日本からカナダに向けて「日本!ニッポン!」コールを叫びたいと思っています。

平日でテレビなんて見れない!!!

そんな人たちの分まで、精一杯精一杯精一杯×100000000000000000応援させて頂きます!!!(笑笑笑)




今日から7月。今年も残り半年。2015年の下半期のスタート。○○君の誕生日!(笑)

そんな折り、いよいよこの地も梅雨に突入。なんだか懐かしいような気がするベトベトベタベタ感が続く毎日ですが、来るべき爽やかな夏に向けて、体調万全でこの時期を乗り越えたいものですね。

その夏には、今年もクラブ主催夏の一大イベントである『奥の細道サッカーフェスティバル』を開催します。福島県内外より全48チームの皆様にご参加頂き、今年も開催できることを心より感謝の気持ちでいっぱいです。

本日、フェスティバルの組合せ等々の資料をクラブホームページ内トップページに掲載しました。

7月1日を記念!?して、本日掲載する!と決めていたのになかなか資料作りが終わらずに、本日は早朝6時前に事務所入りし、保育園活動の前迄になんとか終わらせ掲載できました。

本日掲載した資料は、汗と涙の結晶です!!(アホか!! すみません(苦苦笑))  ごゆっくりご覧下さい!!



と言うわけで、残り半年、みなさんがんばって行きましょう!!!


その先陣を切って、明日、がんばれ日本!

顔晴れなでしこJAPAN!!