Vamos福島
心の支え
まず初めにお伝えしなければならないことがあります。

それは、7月25日(土)~26日(日)に開催するクラブ主催夏の一大イベントである『第14回奥の細道サッカーフェスティバル』の全てのリーグ(U8・U10・U12)の募集が終了したと言うことです。先日も記載しましたが、募集開始1日でU12リーグの16チームの枠が全てうまり、翌日にはU10リーグが、そして、本日、U8リーグが募集定数に達しました。U8リーグ12チーム・U10そしてU12リーグが各16チームずつ、計44チームがたった4日間で満杯になってしまいました。

実は、募集終了となった後も、数多くのチームがフェスティバル参加を希望して下さったのですが、たくさんお断りする事態になってしまい、早々に募集定数に達した喜びに反して、本当に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。(中には、キャンセル待ちでいいから申込をしたい!と言うチームもあり・・・・)

しかし、

「ホワイトリバーの大会は、それだけ人気があると言うことですよ。何より、今までの積み重ねが評価してもらえている証拠です。みんなが参加したい!そう思って貰えることは本当にすごいことだと思います。来年は、逐一VAMOSのホームページをチェックして、必ず一番に申込をしたいと思っています!」

その言葉を聞いて、心の中が暖かく、いや、熱く熱くなりました。

考えてみると、公式戦の地区予選すら勝ち上がれないチームの主催する大会(フェスティバル)に、これほどまでの申込をして頂ける。今回応募して下さったチーム44チームの内、福島県内各地はもちろんのこと、東京都、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、新潟県、宮城県、遠方にも関わらず、「ぜひ福島に行こう!」 「ホワイトリバーの大会に出よう!」 そう思って頂けること、お陰様で、この言葉だけでは感謝しきれない思いでいっぱいいっぱいいっぱい×10000000000です。

なんだか泣きそうです・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(今回の大会のみならず各種の大会も同じことが言える!それだけでなく、こんな弱小チームでも日本全国各地から大会等々へのお誘いを頂ける!いろいろなことを思えば思うほど目頭が熱くなってきて・・・・・・・・年のせいだろうか・・・・<苦笑>)

と同時に、たくさんのクラブ関係者の方々の協力を得ながら、今回お申込み下さったチームの子供たちが、奥の細道の玄関口であるここ福島で、今フェスティバルを通して、2015夏の思い出の1ページを飾れるようにする!このことを常に念頭に置き、フェスティバル開催に備えたこの2ヶ月間、万全な準備をしていこう! 万全な準備をしなければならない! その自覚と責任を痛感してもいます。


ありがとうございます! そして 楽しみにしていて下さい!!  



話しは変わりますが、本日長野県で行われた、なでしこJAPANのカナダワールドカップ壮行試合。何よりびっくり仰天だったのは、超満員のスタンド! そして、スタジアムにこだまする日本コールの波波波!!

試合内容も非常にスペクタクルなシーンがたくさんあり、(後半途中からトーンダウン!?は否めない気はしたが・・・)女子サッカーの試合とは思えない光景に、いちサッカーファンとして、とってもとっても嬉しい気持ちになりました。

女子ワールドカップに関しては、後日、思いのたけをブログに書こうと思っているので、今日のところはこの辺で抑えておきますが、それにしても、今日の盛り上がりは凄かった~!! 4年前の興奮をもう一度!!

がんばれなでしこJAPAN!  がんばれ次世代のなでしこJAPAN入りを目指す女子選手たち!!








ところで、タイトルの『心の支え』についての記述は・・・・・・・・・・・

いいんです。タイトルだけで分かる人には分かることですので!!  

なんだか意味深!!!!!



そうです、深い深~~~い言葉なんです!!!(笑笑笑)



いつでもいつまでも……


お蔭様で・・・
「おかげさま」とは「お陰(おかげ)」を丁寧に言う言葉で、 「お陰」に、「様(さま)」を付けた言葉です。
「お陰」は古く室町時代から使われていて、神仏などの偉大なものの陰で、その庇護(ひご)を受けるという意味で使われていました。
今では、他人から受ける利益や恩恵を意味して、物事が上手くいったのは、自分の力だけではなく、他の人の手助けがあったからです、という感謝の気持ちを表す言葉になっています。
「周りの方のご尽力、ご指導があってこそ今の自分がある」というように、自分から見えないところで支えてくれている人の思いも含めて、感謝の気持ちを込める対象が「おかげさま」というわけです。

例えば、

「おかげさまでうまくいきました。ありがとうございます。」と言った場合、「おかげさま」に「で」を付けて「おかげさまで」と使うと、「陰ながらもご協力をいただきまして」という意味になるでしょうか。
普通「おかげさまで」のあとには、「ありがとうございます」のような感謝の言葉が続きますから、今では単独で「おかげさまで」と言っても、感謝の返事の挨拶言葉として通じますね。

ちなみに、「おかげさま」は、「お陰様」とか「お蔭様」と書きますが、「お蔭様」が正しいようですね。




お蔭様で・・・

先日行った今年度初のクラブ主催の大会『第15回テレメディア東北カップキッズサッカー大会』が最高の天候のもと盛大に開催することが出来ました。福島県内外からたくさんのチビッコ達が集まってくれたお陰です。クラブ関係者の方々(保護者の皆様・スタッフ等々)が大会運営や会場準備、後片付けに至るまで、多大なるご協力をして下さったお陰です。心より感謝感謝申し上げます!!


お蔭様で・・・

7月25日(土)~26日(日)にかけて開催する、毎年夏の恒例のイベント『第14回奥の細道サッカーフェスティバル』。昨日から参加チームの募集を開始したのですが、たくさんの方々が当クラブのホームページをご覧頂いているお陰で、たった1日でU12リーグの募集チーム数が定数(16チーム)に達してしまいました。また、U10リーグ並びにU8リーグも募集の半数に達する勢いで、感謝感謝感謝の気持ちでいっぱいになりました。(この2つのリーグも定数に達し次第募集終了となりますので、ご希望のあるチームの皆様は、早めにお申込み頂ければと思っております。)

☆今年も例年通りクラブ主催夏の一大イベントを開催します。上述したように、たくさんのチームの方々が福島県内外より奥の細道の玄関口であるこの地に集ってくれます。当クラブの関係者の皆様には、例年同様、たくさんのお力添えを要請するようになります。趣旨をご理解頂き、我が子のみならずたくさんの子供たちが、「2日間のフェスティバルを通して2015夏の良き思い出の1ページを飾る」ことができるよう、ご協力のほど、どうぞどうぞどうぞよろしくお願い致します!!


お蔭様で・・・

猛暑! この言葉がぴったりの1日でした。まだ5月だと言うのに・・・ そんな1日、今日もたくさんの子供たちに関わらせて頂くことが出来ました。これもひとえに、『21世紀の福島の未来を担う子供たちの心と体の復興支援活動』の趣旨をご理解頂き、我がクラブにその活動の要請をして頂いているたくさんの幼稚園・保育園の皆様のお陰であり、我がクラブの活動の方針をご理解頂き、我がクラブに大切なお子さまの『今』を託して下さっている皆様のお陰であり・・・・・どんなにどんなに感謝してもしきれない!そんな気持ちでいっぱいです。




お蔭様で・・・・・・

感謝の気持ちを形にしお返しする!  このことをしっかりと肝に銘じ、明日も微力ながらできることに精一杯尽力していこう! そう思っています。
生きる


『市役所で市民課長を務める渡辺勘治は、かつてもっていた仕事への熱情を忘れ去り、毎日書類の山を相手に黙々と判子を押すだけの無気力な日々を送っていた。市役所内部は縄張り意識で縛られ、住民の陳情は市役所や市議会の中でたらい回しにされるなど、形式主義がはびこっていた。

ある日、体調不良で診察を受けた渡辺は自分が胃癌だと悟り、余命いくばくもないと考える。不意に訪れた死への不安などから、これまでの自分の人生の意味を見失った渡辺は、市役所を無断欠勤し、これまで貯めた金をおろして夜の街をさまよう。そんな中、飲み屋で偶然知り合った小説家の案内でパチンコやダンスホール、ストリップなどを巡る。しかし、一時の放蕩も虚しさだけが残り、事情を知らない家族には白い目で見られるようになる。

その翌日、渡辺は市役所を辞めて玩具会社の工場内作業員に転職していようとしていた部下の小田切とよと偶然に行き合う。何度か食事をともにし、一緒に時間を過ごすうちに渡辺は若い彼女の奔放な生き方、その生命力に惹かれる。自分が胃癌であることを渡辺がとよに伝えると、とよは自分が工場で作っている玩具を見せて「あなたも何か作ってみたら」といった。その言葉に心を動かされた渡辺は「まだできることがある」と気づき、次の日市役所に復帰する。

それから5か月が経ち、渡辺は死んだ。渡辺の通夜では、同僚たちが、役所に復帰したあとの渡辺の様子を語り始める。渡辺は復帰後、頭の固い役所の上司らを相手に粘り強く働きかけ、脅迫にも屈せず、ついに住民の要望だった公園を完成させ、雪の降る夜、完成した公園のブランコに揺られて息を引き取ったのだった。新公園の周辺に住む住民も焼香に訪れ、渡辺の遺影に泣いて感謝した。いたたまれなくなった助役など上司たちが退出すると、市役所の同僚たちは実は常日頃から感じていた「お役所仕事」への疑問を吐き出し、口々に渡辺の功績をたたえ、これまでの自分たちが行なってきたやり方の批判を始めた。

通夜の翌日。市役所では、通夜の席で渡辺をたたえていた同僚たちが新しい課長の下、相変わらずの「お役所仕事」を続けている。しかし、渡辺の創った新しい公園は、子供たちの笑い声で溢れていた。』



どんな生き方をしようとも1日は淡々と過ぎていく。

あ~しておけば良かった!  こ~しておけば良かった!  どんな思いを抱こうとも何もしなけらば何も始まらない。

何もせずに何も言わずに時間だけが漠然と過ぎて後悔するより、思ったことを行動にうつし、思ったことを口にし、抱いた感情を素直に吐露し・・・・・・それで後悔するならそれで良し! 現実と理想の歪みがあることは百も承知だが・・・・・・そんな風に生きたいものである。


なぜなら、どんな生き方をしようとも、与えられた命には限りがあり、与えられた人生はたったたった1回きりなのだから。

生まれ変わったら・・・・・・・

そんな空想に浸る前に、生きている今をめいいっぱい謳歌し、生きているこの命をめいいっぱい燃えたぎらせる、そんな生き方をしたいものである。


命短し・・・・・・・・・・



今日も一日が終わる。後悔せずに生きることができただろうか・・・・・・・・・・・・



今日を大切に!  今を大切に!!
ゆっくりじっくり、しかし、着実に確実に
暑い! 熱い! 本当に暑い~!

新緑の季節に入ったばかりだと言うのに、連日のこの暑さ! おじさんには堪える~~!!!(苦笑)

ニュースでは、今が真夏であるかの如く、「熱中症注意!」を喚起する声声声・・・・・・・・確かに昨今の気候を考えてみると、納得の声! 例年の2ヶ月前倒しで、しっかり熱中症対策を講じなければ!!そう思う今日この頃です。



本日日中、事情があり、事務所から自宅まで炎天下の中、散歩!?をして来ました。もちろん、帽子をしっかりかぶりペットボトルを手にし、対策をバッチリにして・・・・・・・・

車で移動すれば5分程度で移動できる距離なのですが、歩くと約20分ほど掛かりました。対策は講じたものの、それを凌ぐ暑さと保育園指導の後だったので、さすがに自宅に着いた時には、クタクタヘロヘロでしたが(苦笑)、普段は車でささっと通りすぎる道のりを、『歩く』 ことで、いろいろな発見をすることが出来ました。

「ここにはこんな家があったのか!」  「ここにはこんな花が咲いていたのか!」  「暑いけど吹く風が心地良いなあ!」etc

普段では見逃してしまうこと、感じることが出来ないことを、五感を通して体全体で目にし感じることが出来ました。

と同時に、『急がず』に『ゆっくりとじっくりと、しかし、着実に確実に歩くことで得られる物がたくさんある!』、これは子供たちの成長も全く同じことが言えるのではないうだろうか、これは指導者としての子供たちへの関わり方にも同じことが言えるのではないだろうか・・・・・・・

そんなことをしみじみと感じた、本日の散歩!?の時間となりました。(実際は、散歩ではなかったのですが・・・<笑>)



そんなこんなで自宅からは車に乗り換え、5分も掛からずに事務所へ逆戻り。先程五感を通して感じ得たものなど、どこへやら。びっしょりかいた汗も、クーラーで思いっきり冷やされ・・・・・・・・ヘックション!!(笑笑笑)





事務所に戻り、歩きながら考えていたこと(上述したこと)を思い出しながら、インターネットをいじっていると、ある指導者のブログに目がとまり・・・・・・・・・・・

「同タイミングで同様のことを感じているお方がいた!」と何だか思いっきり嬉しくなってしまい・・・・・・・


と言うことで、全くの承諾を得ずにその方のブログを無断転用掲載させて頂きます。どうぞ訴えられませんように・・・・(苦笑)

タイトル 【Only one】

十人十色 ・ 百人百様 ・ 三者三様 

それぞれが、それぞれの望む様に成長してもらいたい!型にはめずに、その選手の個性を活かして欲しいと心から願います。我々大人が勝手に線引きしては世界を驚かせる選手は生まれません。


育成は「ふたば」のようです。秋に泣き、冬に耐え、春に地中から芽を出し、栄養を吸って陽を浴びて成長の為に枯れて行くのが「ふたば」です。花も実も観る事無く忘れ去られるのが「ふたば」です。しかし、その後の為に無くてはならない大切な時期です。目先の〇〇大会出場や〇〇トレセンはいつまでも君を守ってはくれません。何を優先するのか?責任の大きさを常に頭に入れて活動しています。


テクニックが自分を助けてくれます。足が速くても、背が高くてもボールを思う様に扱えなければいずれ苦労します。そして、ボール扱いを習得するには小学生・中学生が最も適していると言われています。クラブではテクニックを磨く事に時間を使います。思い通りにボールを扱い自身の武器(特徴)と組み合わせてキラキラと輝いて下さい!No.1でなくても何の問題はありません♪Only Oneで良いのです!
ああ人生に○○あり
『人生楽ありゃ苦もあるさ    涙の後には虹も出る  歩いてゆくんだしっかりと  自分の道をふみしめて』

『人生勇気が必要だ   くじけりゃ誰かが先に行く   あとから来たのに追い越され   泣くのがいやならさあ歩け』

『人生涙と笑顔あり  そんなに悪くはないもんだ  なんにもしないで生きるより  何かを求めて生きようよ』

『人生一つの物なのさ   後には戻れぬものなのさ   明日の日の出をいつの日も   目指して行こう顔上げて』

『人間万事塞翁が馬』       『禍福はあざなえる縄のごとし』       『沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり』      『Joy and sorrow are today and tomorrow』      『A joyful evening may follow a sorrowful morning』 



人生楽ありゃ苦もあるさ!  人生苦あれば楽あるさ!

ご老公のように、笑って笑って笑って・・・・・・・・・ワッハッハッ!!(泣笑)


大声で歌って歌って!!!!!!!!(笑笑笑)