Vamos福島
耐雪梅花麗
『雪に耐えて梅花麗し』


「梅の花は、冬の寒さや厳しさがこれからだという時に蕾をつけ、他の木々がまだ寒い寒いと言っている時に花を咲かせます。冷たく厳しい冬、降り積もる雪の中でも、寒さに耐えて花を咲かせるのです。梅の花は凛としてとても美しく、香りも清らかです。桜の花のような柔らかで、華やかな感じはありません。西郷隆盛は、この梅の花のように生きたいと願って、『雪に耐えて梅花麗し』と読んだのでしょう。

さて、大リーグのヤンキースで活躍し、今年日本球界に復帰する黒田投手。ヤンキースの20億円の年俸提示を断り、その5分の1となる4億円の年俸を提示した広島カープを選び日本球界復帰となりました。言わずもがな、広島カープは、黒田投手がヤンキース入りする前に所属していたチームです。その選択は、【男気の決断】と評されていることもここ最近大きな話題となっているところです。その黒田投手にはこんな話があります。、高校時代は控えの投手でした。出番は少なく、試合で投げて点を取られようものなら、3日も4日もランニングや草むしりをさせられたと言います。今でこそ、日本球界を代表する、いや、世界屈指の名投手として名を馳せていますが、そんな苦しい3年間があったのです。

ヤンキースの一員となった最初の年のキャンプのミーティングで、自分の好きな言葉として、『雪に耐えて梅花麗し』をチームメイトに紹介しました。「梅の花は、寒い冬を耐え忍ぶことで、春になれば一番麗しく咲く」「苦しまずして栄光なし」そんなメッセージを伝えたそうです。」



梅の花のように、ひと冬耐え忍べば毎年麗しい花を咲かせるほど世の中はそんなに甘くはないと思います。

その花がいつ咲くのか分からないから、人は路頭に迷い信念を曲げ屈折し努力をやめ蕾のままで終わってしまうのだと思います。

けれど、一日一日最大限の努力をし、厳しさに耐え忍ばねばいつの日か麗しい花など咲こうはずもありません。言うならば、必ず麗しい花が咲く日が来る!そう信じればこそ、耐えに耐え忍びに忍び、努力に努力を重ね・・・・・そう出来るのだと思うし、そんな人にこそ、いや、そんな人にのみ、誰もが羨むような麗しく美しい花が咲き誇るのだと思います。


そんな人になってほしい、そんな人になりたい・・・・・・・・・・・・・・


40代最後のブログ、たくさんの人たちの心に中に届けばいいなぁと思っています。私からの逆プレゼントです!(笑)


たくさんたくさんの麗しい梅花を眺められるように、明日からも真剣に真摯にたくさんたくさんの子供たちに向き合いそして関わっていこうと思います。


そして、何より、たくさんの方々に生かして頂いていることへの感謝の思いを改めてしっかりと胸に刻み込み、微力ながらも自分のできることに対し、精一杯尽力していこうと思っています。



40代   本当に本当にお世話になりました。


そして


50代   どうぞどうぞよろしくお願い致します。
ターニングポイント
ターニングポイント(Turning Point)とは、転機、変わり目、分岐点の意味を持つ英語。

『人生における重大な転換期』

先週末、6年生チームは栃木県宇都宮市での大会、5年生チームは、茨城県常総市での大会&栃木県足利市での練習試合を行ってきました。

6年生チームは、保護者の方々の協力(引率&送迎等々)を得ながらおかげさまで充実した!?2日間を過ごすことが出来ました。

私は、2日間、5年生チームにびっしりと張り付き!?40代最後の遠征を行ってきました。

そんな記念!?すべき2日間の戦績はと言うと・・・・・10試合行い、0勝10敗、得点0失点膨大!(苦苦笑)

こんな惨憺たる結果を見たら、誰しもが悲惨な光景!?を想像するでしょうが、その光景はその想像を絶するほど悲惨極まりないもので・・・・・・・(泣泣泣笑)

普通一般的に考えれば、立ち直れない!そんな状況に陥りそうなのですが、この私はと言うと・・・・・・・・


清々しさ満点!!


相当な負け惜しみ! 上記のあまりにもプラス思考の塊のような言葉を目にすれば、そんな声も聞こえてきそうなことは吝かではないのですが、実はこの言葉は嘘偽りのない正直な思いから発せられた言葉で・・・・・・・・・


もちろん、0勝10敗の成績に何も感じないわけではありません。

もちろん、この惨憺たる結果に悔しさを感じないわけではありません。

もちろん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



しししかし、その成績や結果以上に、子供たちが多くの敗戦を通してその何倍もの何十倍もの多くのことを学び、数え切れないぐらいの失敗からこれまた数え切れないぐらいの大切なことを感じ取り・・・・・そのことが2日間の様子を見ていて、ひしひしと伝わってきて、それがたまらない清々しさに変貌を遂げることになったわけで・・・・・・・


何を言ってるのかよく分からん!って感じであることは、百も承知の助です!(笑)


しかし、この2日間で、4~5年生の子供たちは、「小指1本で折れる鉛筆では・・・・」 「1本では簡単に折れる鉛筆も2本3本となると・・・・」 「常日頃から思いやりを持つことにより・・・・・」etc


まさに、5年生チームにとっては、この2日間の出来事は、今後のターニングポイントとなった!!


そう確信を持って言い切れます。もちろん、この私にとってもそれは同じようなことが言える!そう思っています。


このような機会を与えて下さった、つまり、そのことを思う存分体感させて頂いた各チームの関係者の方々に、心より御礼を申し上げますと共に、重大な転換期を迎えた子供たちを、より良い方向へ導けるように、とは言っても茨の道であることは言うまでもないことですが、輝かしい明日へ向かって歩を進められるように、陰に陽に関わって行こう!改めてそう思える2日間となりました。


今日の練習での子供たちの様子、なんだか目の輝きが以前とは見違えるようで、すっごく嬉しかったなぁ・・・・・・


な~んて、私の思い込みかも知れませんが・・・・・・(苦笑)


焦らずじっくりコツコツと    成績や結果に惑わされることなく、子供たちのミリ単位の日々の成長をほくそ笑みながら喜べるそんな指導者でいたい!

しみじみそう思っています。


ぶっといぶっとい鉛筆になれよ~!!




「可能性を大いに秘めたすばらしい子供たちですね!」


たった一言が人の心を傷つける  たった一言が人の心を温める


何だかんだと強がり!?を言いながらも本当は心が折れそうな状態だった時に頂いた○○さんの一言、涙が出るほど嬉しかったです! ありがとうございます!!   がんばります!!!
前向きに
3日間の研修を終え、本日深夜2時過ぎに福島に戻って来ました。

あまりの充実した3日間に、正直、「もっとここにいたいなぁ」 「帰りたくないなぁ」 そんな風に思ってしまいました。

えっ、これって現実逃避!????

もしかしたらそうなのかも・・・・・・・・・・・・・・・・もちろんそんなマイナス思考ではありません!!(苦笑)

ところで、研修って一体どんな研修!???

その研修とは、○○です!! 本当は、声を大にしてその中味を吐露したい気持ちでいっぱいなのですが、まずは、この研修の成果をしっかりとした形にしないと公表しても意味が無い! と言うわけで、今その中味を公開することは・・・・・・(泣)

なんだか非常に気になるんですけど・・・・!!(怒)

そうですよね・・・・・・・(泣)  とにかく、形になった段階で、そうか、その研修だったのか!! そう思ってもらえるように、がんばります!!

だから、一体何をがんばるの!???

もう、ご勘弁下さい!!(苦苦笑)


以上得意の独りつっこみ&ぼけ劇場?でした。チャンチャン♪♪(笑)



実は研修前(スキーツアーイベント後)にとある出来事があり、微妙に!?へこんでいて、それが実のある研修の間も、どこかずっと引っかかっていて・・・・・・・顔にも言葉にも出さなかったけれど・・・・・ずっと心の底の底にしまっておいて・・・・・(泣泣泣)

でも、今日、朝から晩まで(午前中は復興活動で幼稚園指導、夕方は小学生合同トレーニング)久しぶりに元気いっぱいなたくさんの子供たちに触れあって、なんだか上手く表現することができないのですが、

スーッ とした気持ちでいっぱいになりました。

だからといって、何かが解決し何かの道が開けたわけではないのだけれど、生き生きとそして伸び伸びと活動するたくさんたくさんの子供たちを見ていて、

前向きに生きなくちゃな! そんな思いでいっぱいになりました。


思わず、このブログを書きながら、壁をチラッと見ると、あの葉書の文字が目に飛びこんで来ました。


あの葉書!? あの文字!?


『挫折禁止』


ところで一体何があったの!???

今日のブログはあまりに不透明!!(怒怒)


本当ですね。今日のブログはまさに独り言! すぐに消却処分、いや、焼却処分にして下さい!!(苦笑)



50才まで残り1週間、最後の40代を思いっきり悩み苦しんでがんばるぞ~!!(苦苦苦×10000000 笑笑笑)
無事!?終了!
【第14回スキー・スノボー・そりすべりツアー】のイベントが無事終了しました。

『無事!?終了!』

まさに今回のイベントにふさわしい言葉となりました。

なんで、この言葉がふさわしいの???

それはなぜかと言うと・・・・・・・・



AM8:00、50名のイベント参加者を乗せてバスが予定通り出発。途中、レンタル屋さんによって、いつもなら9:30前には到着し、10時前にはゲレンデにシュプールを描く! 今回もその予定だったのですが・・・・・

しししかし、今回は・・・・・・・・・・ 途中からUターンし、スキー場変更寸前までいき、その後またUターンし、スムーズに行くかと思いきや立ち往生をくらい・・・・・・・・・・スキー場到着時刻AM11時。AM8時に出発してからの所用時間3時間!

なななんで~!!!!!

それを説明する気力が・・・・・・・(苦笑)

バスの中に缶詰状態になりながらも、愚痴ひとつ言わずに様々な試練を乗り越えてくれた50名の子供たちや保護者の方々に感無量!!!(笑)

「やったー、スキー場に着いた~!!」と思ったら、待ち受けていたのは、猛吹雪!!(泣泣泣)

それでも、この日を待ちわびていた猛者!?たちは、意気揚々とゲレンデへレッツゴー!!(笑笑)

どんな過酷な状況でも楽しみながら時を過ごす! みんな、すばらしい~!!!

予定が大幅に遅くなってしまったのですが、イベントの目玉!?である【雪中宝探し】はしっかり敢行!! 宝物をゲットした人たちは、笑顔キラキラ! 探しても探しても見つからずギブアップした人たちは、涙涙涙!  今年はスコップ持参のお母さんもいてビックリ仰天!!(笑) しかし、やはり見つからずギブアップ!!(苦笑) それでもみんなとっても楽しそうでした!!

その後は、再度ゲレンデへレッツゴー!

しかし、バス出発時刻の随分前からバスに戻って来る者続出。その顔を見ると、まつ毛の凍っている者や、ブルブル震えている者や・・・・・・・・・・自然の猛威恐るべし!!(苦笑)

それでも、帰りのバス内で行われた【ビンゴ大会】の頃には、みんなハイテンションで大盛り上がり!

と言うか、ハイテンションにしたのは誰???   お父さん、お母さん方、ご協力ありがとうございました!!(苦苦笑)

それにしても、あの猛吹雪の中、一人の脱落者も一人の遭難者も出なかったことに、正直、ほ~っとひと安心しました。

そんな大袈裟な~! と思われるかも知れませんが、それほど大変な状況だったわけで・・・・・・・


交通障害、自然の猛威等々、今回の恒例行事は大変な1日となってしまいましたが、それでもみんなが笑顔でバスから降りていく姿を見ていて、

良かった~!  無事終わった~! いろんな思いが錯綜して、変な言い方に聞こえるかも知れませんが、なんだか胸が熱くなってしまいました。


子供たち、風邪なんてひかないで明日元気に学校行くんだぞ~!!

保護者の方々、筋肉痛に負けずにお仕事がんばって下さ~い!!


第14回スキー・スノボー・そりすべりツアー  完!

第14回スキーツアー

(吹雪の中の記念撮影。みんなもカメラもブルってる!<笑>)
準備万端!!
スキーツアー宝物!

今週日曜日、【第14回スキー・スノボー・そりすべりツアー】を開催します。

今回で14年目の開催。思い起こせば、いろ~んなことがあったなぁ・・・・・・・・・・・・

第2回の開催時、そりすべりをしていた幼児が、ものすご~~いスピードで防護ネットに突っ込んでいって、顔面血だるま!?状態に。(何を隠そう我が次男<苦笑>)

第6回の開催時、お昼休憩時に、バスの中で大騒ぎしていた幼児が床に頭を強打し、頭から血がビュービュー!?状態に。即、病院に急行し数針縫合。(何を隠そう我が次女<苦苦笑>)

第8回の開催時、スキー場に到着するなり、颯爽とリフトに乗って頂上に向かった小学5年生数名。しばらくすると、救急搬送用のスノーモービルがけたたましいサイレンを鳴り響かせ頂上へ。運ばれてきたのは、なななんと我がクラブの5年生○○君。どう見ても骨が・・・・・一緒に来ていたお父さんと病院へ!(苦苦苦笑)


その当時は、笑ってる場合ではないない!!だったのですが、今となっては、時効!?なので・・・・・大笑話!!!(笑笑笑)


こんなほろ苦い話ばかりしていると、このイベントは危険!!そう思われる方がたくさん出て来そうですが、全て事実なので・・・・・・


もちろん、楽しい思い出もた~~~っくさんあります!!

「1年に1回、このイベントでしか我が息子はスキーはやらないのですが、毎回とても楽しみにしているんですよ」

「家庭の都合で、なかなかスキー場へ連れていくことは出来ないので、このイベントのおかげで子供が冬のスポーツを楽しめるようになって、大変助かっています」
 
「家族でしかスキー場に行ったことがなかったので、クラブの仲間と楽しそうにスキーをしているところを見ているだけで、親としてはとても嬉しい気持ちになります」


他にも、第13回迄のイベントの間には、たくさんたくさん嬉しい声が届いてきて、主催する者としては、よ~し次も!と思ってしまうわけです。ただし、実を言うと、自分的には、ウィンタースポーツはとってもとっても苦手で、好きか嫌いかと聞かれたら、即答で、嫌い!と言えるほどなのですが、それでもなぜかこのイベント開催は我がクラブにとっては欠かすことのできないもので・・・・・・・・・



サッカーではちょっと陰に隠れがちな子が、ゲレンデは光り輝く!

サッカーでは友達に教わることが多い子が、ゲレンデでは逆に生き生きと教える側に!

そんな光景が見れるのもこのイベントならではのことで・・・・・・・・



参加している子供たち等々の楽しそうにしている姿を目の当たりにすると、止められない止まらない!って感じになるわけで・・・・・・・・(笑)




ただし、ただスキーやスノボーやそりすべりをやるだけでは面白みがない!!

と言うわけで、第何回目か忘れてしまいましたが、いつの頃からか、『雪中宝探し大会』(昼食後に実施)と『ビンゴ大会』(帰りのバス内で実施)を実施することとなり・・・・・・・・

と言うか、もしかしたら第1回から実施していたようなそうでないような・・・・・・・十数年前のことが既に記憶されていない!エ~~~~ン!!!(泣泣泣笑)


ともかく、クラブの仲間とゲレンデでスキー等々を思いっきり楽しんで、更に二つの大会を思いっきり楽しんで、このイベントは最高~!!と自画自賛しているのですが、如何なものでしょうか・・・・・・・(苦笑)



本日(実際には本日だけでなく数日掛けたのですが)、大会の景品をどっさり買い込んで来ました。その結果が上記の写真です。おかげで、事務所内はとんでもない状態に・・・・・(苦苦笑)

今年も、市内の某店で購入。所要時間、延べ約4時間。あっちうろうろこっちうろうろ。新入りの店員さんは、大量の買い物かごに大量の品物を入れている私を見て 「なんじゃこいつは!」 とでも言わんばかりの視線を向けて来て・・・・・・・
もちろん、他の買い物をしている人たちも・・・・・・・・・・それはさも当然のことで、私もあんな姿のあんなお客を見たら、「なんじゃおまえは!」ときっと言いたくなるはずで・・・・・・・

しかし、古参の定員さんが、「今年もご苦労様ですね!」と声を掛けて頂き、新参の定員さんも事情を聞いたのか、急に優しくなりいっぱいになったかごを運んでくれたりして・・・・・・(笑)


この買い物も私にとってはこのイベントの欠かすことのできない重要な位置づけとなっており・・・・・・・・・(笑笑)





イベントの主旨を理解し参加してくれた人たちが(子供も大人も全て)、また、お子さんを参加させて頂いた保護者の方々が、「参加して良かった~!」 「参加させて良かった~!」 そう言って、そう思ってもらえるようにしたい! ただただその一心なわけで・・・・・・・・・



『サッカー及びその他様々な活動を通して子供たちの体も心もたくましくそして豊かな育成を図る!』

『クラブに集いし方々に生き生きとした潤い豊かな人生を送れる場の提供をする!』


永久不滅のこのクラブの指導・活動方針を実現すべく、明後日、【第14回スキー・スノボー・そりすべりツアー】を開催致します。

ご参加頂く約50名の方々に満足頂けるよう、全力で尽力したいと思っています!  皆様、どうぞよろしくお願い致します!!

そして、そして、ほろ苦いハプニングが発生しないようにご協力よろしくお願い致します!!(苦笑)


☆その前に、明日一日、子供たちと頑張って来ようっと!!
『感謝』の一言!
朦朧状態!? 今日の私を表わすにふさわしい言葉!!(苦笑)

朝起きるのが、これほど過酷なことは久しぶりでした!!(苦苦笑)

とは言っても、やるべきことがた~っくさん!!  ひとつひとつ解消せねばと奮起し・・・・・(苦苦苦笑)


まずは、昨日までの大会で使用した荷物の整理整頓、ゴミの片付けetc  この作業に、約2時間も費やしてしまいました。朦朧状態から放心状態に・・・・・・(泣笑)

次に、大会結果等々の集約作業。とは言っても、保護者の方々が丁寧に記録をまとめて下さっていたので、私はそれを見ながら、パソコンに入力するだけ。その記録用紙を見ながら、保護者の方々のご尽力に、なんだか胸が熱くなってきて・・・・

それぐらいで感動!?

そうです! それぐらいで感動するほど、体も心も極限状態に陥っていたのです!!(泣泣笑)

その後は、今大会に参加して下さった方々と大会開催に際して並々ならぬご尽力を頂いたクラブ関係者(保護者、スタッフ等)への感謝感謝の思いを込めた『御礼状』の作成。(A4版1枚程度の短い御礼状ですが、一文一文に感謝の思いの丈をぎ~~~っしり詰め込んで書かせて頂きました。それを汲み取って頂けると幸いです!!)

気がつくと、この作業に約3時間を要し・・・・・・(苦笑)

出来上がった結果表、御礼状をホームページに掲載する作業を終える頃には、既に夕方のトレーニング時間が迫っており・・・・・・(苦苦笑)


夕方のトレーニングを終え、ただいま事務所に戻り、このブログ書きをしている次第です。

朦朧状態と放心状態は一体どうなった???

トレーニング時(小学1~3年生)の元気な子供たちの様子を見ていて、全ての疲れが吹き飛んだ!! と本当は言いたいところですが、体は正直で・・・・・・(泣泣泣泣泣笑)

それでも、やっぱり元気な子供たちの姿は、毎度のことながら生きる活力になるんですよね!!(笑)

みんな、ありがとう!!!!!


それにしても、2日間の大会、昨年の大雪がなんだか懐かしくなるぐらい、そして、大会開催前の悪天候に対するとてつもない不安!?がなんだか笑ってしまうぐらい、本当に良い天気に恵まれた大会となりました。お天道様に感謝感謝!!(笑)

もちろん、今大会はフットサル大会で室内で行われるので、天候に左右されることなど本来はありえないことなのですが、やはり雪が、しかも、ばか雪!?が降ってしまうと、移動が大変困難になり、参加される方々には大影響を与えるわけで・・・・・

それが今大会は全くなかったことが、主催者としては、本当に本当に嬉しくて嬉しくて・・・・・・・・・

「冬のみちのくカップ=大雪」のよからぬ図式は、今回はひとまず消滅!!(笑)  良かった、良かった~!!(笑笑)

しかし、安心は禁物! 来年は・・・・・・ と言うか、来年のことを言うと鬼が笑う!と言うので来年のことを考えるのは止めます! 

本当に本当に良かった~!×100000000000000000000000!!(笑笑笑)


最後になりますが、今大会にご参加下さいました54チームの皆様、そして、クラブ関係者の皆様に、心より厚く熱く御礼申し上げます。ぜひとも御礼状をご覧頂き、その感謝の思いを、いや、想いをお受け取り下さい。そしてそして、今後とも皆々様には何かとお世話になりますが、お付き合いのほどどうぞどうぞよろしくお願い致します!!

皆々様、本当に本当にありがとうございました!!   感謝感謝感謝!!!!!!!!!!!!!!!!


☆昨晩、今大会に遠く長野県より初めて参加下さったチーム代表者の方よりご丁寧なメールを頂きました。(今大会参加に際して、ホームスティをして頂きました。)それを、相変わらずの無許可!?で掲載させて頂きます。春日様、何とぞご容赦下さい!!(苦笑)

遠藤様

お世話になりました。
先ほど20時半過ぎ全員無事に帰宅することができました。。
皆さまの心暖まるおもてなしに楽しく2日間を過ごさせていただきました。
子供達、保護者、春日、皆が「参加してよかった!楽しかった!!!」・・・感謝!感謝!です。
素晴らしい体験をさせていただきありがとうございました。
「白河だるま」・・・本当にありがたいと思います。
厚かましくも第11回大会へも参加枠いただけましたらよろしくお願いいたします。
遠藤様、スタッフの皆様、保護者の皆様、選手の皆さん本当にありがとうございました。
FC戸上Jr・春日
今年こそは・・・!!
福は~内! 鬼は~外!!


日本中に、この毎年恒例!?のこの言葉が今日一日で一体どれだけ発せられただろうか・・・・・・・と言う、今この時間も、連呼連呼連呼・・・・・・・・・・・・・!!(笑)

「年の数だけ豆を食べる!」

49個、いや、50個、豆嫌いの、特に落花生嫌いの私には、ヒェ~~ッ!!(苦笑)  でん六豆は大好きで~す!!(笑笑)





いよいよ今週、『第10回みちのくカップフットサル大会』を開催します。

今年は、記念大会と称して、U12の部に30チーム、U10とU8の部にそれぞれ12チームずつ、2日間で計54チームを招聘して行います。

県内外より、ここみちのくの玄関口、福島県白河市・西郷村にご参集頂きます各チームの皆様には、心より感謝の気持ちでいっぱいです。

試合はもちろんのこと、各チームにお渡しする参加賞にも今回は気合い!?を入れて準備しました。

何かと言うと・・・・・・・当日をお楽しみにして下さい!!(笑)


また、クラブ主催の大会開催と言うことで、クラブ関係者の皆様(保護者・スタッフ等々)には2日間に渡ってご尽力を頂きます。

皆様のお力があってこその大会開催である! 常々抱いている感謝の気持ちを今回も肝に銘じ、皆様の並々ならぬご協力で、大会に参加する全ての子供たちに、良き思い出をプレゼントできたら・・・・心からそう思っています。


参加して頂くチーム関係者の皆様、当方クラブ関係者の皆様、どうぞどうぞどうぞどうぞよろしくお願い致します!!


あとは、天気、つまり雪さえ降らなければ良いのですが・・・・・・・


【冬のみちのくカップ=大雪】     【夏の奥の細道フェスティバル=大雨・雷】


いつの間にか、こんな良からぬ図式!?が出来上がり、巷の噂になっているようで・・・・・・(泣泣泣)

昨年の大雪、いや、敢えて言わせて頂きます! あのばか雪を思い出すだけで、図式もまんざらでもないような・・・・・(泣泣泣泣泣)

今年こそは、灼熱!?の大会にしてやるぞ~~!  してほしい~~!!  してちょうだ~~い!!!(苦苦笑)

そんな折りに先日飛び込んできたメール。(昨年参加して頂き、今年も参加して頂く○○チームの○○さんよりのメール)

「今日は雪ですね。昨年のことが思い浮かんできて不安になります。何とか今のうちに降ってしまってくれるといいなぁと思っています。せっかくの大会ですものね。作る側は大変なのですから、皆が喜んでくれることが一番の疲労回復剤ですよね。天気は神のみぞ知るところですが、いっぱいいっぱい良いことをして、天気を晴らす努力をしたいと思います。」


お天道様~、何とぞよろしゅうおねげぇ申し上げますだ~!!!!!(笑)

ふざけたこと言ってると、ばか雪ふらしちまうぞ~!!!!

それだけはご勘弁を~!!!!!!!


果たして、結果はいかに!!!!!!!!!!!!!!!



☆雪の影響と言えば、昨年は、3月下旬に開催を予定していた小学6年生を対象にした『平成25年度ご卒業おめでとうございます!祝福サッカー大会』もグランドが一面雪に覆われその影響で中止になってしまいました。前日夕方に苦渋の決断をし、中止の連絡をさせて頂きました。主催した大会を中止にしたことは十数年、一度もなかったことだったので実に辛い決断で・・・・参加を予定していたチームの方々には、その節は本当に申し訳ないことをしました。1年が経とうとしている今でも、その時の苦い思いが胸に残っており・・・・・・(泣泣)

今年こそは!!!  そんな思いで、「平成26年度・・・・・祝福サッカー大会」を3月21日(土)に開催することにしました。また、今年こそは!!! の思いで、その翌日に、小学3年生大会 『2015春VAMOS福島カップU9大会』を初開催することにしました。(二つの大会共に、クラブホームページ内トップページに大会概要を掲載してあります。現在、参加チーム大募集中です! ふるってご参加下さい!) 雪に負けてたまるか~!  そんな意地の二つの大会開催です!!(苦笑)



今年こそは・・・!!



そのためにも、いっぱいいっぱい良いことしなくちゃですね! ○○さん!!(笑)





その前に、鬼は~外! 福は~内! そして50個の豆ばくばくしなくちゃです!!(苦笑笑)