Vamos福島
今日一日
ありがとう


今日は郡山の保育園での復興支援活動の最終日。年少さんクラスで、えんちゃんもこまちゃんもてんやわんや!(笑)


とにかく体をめいいっぱい使って・・・・・・・


終わり間際に、3才のYちゃんに、「えんちゃんっておもしろいね!」と一言。思わず凍りつき・・・・・・(苦笑)



最後は、年長さん、年中さん、年少さんが勢揃いして「お別れの会」。


毎度のことながら、年甲斐もなくなんだか胸がキュンとして・・・・・



プレゼント大切にします! そして、4月からまたよろしくね!!

(この園では、今年度の実績を踏まえ、来年度も活動を要望され訪問することになりました。子どもたちの心と体の復興支援のためにしっかり尽力したいと思っています!)





夕方は、スペシャルクラスのトレーニング。春の陽気を思わせる天候と、夕方以降も天候良の予報のため、思いきって!? グランドでの練習を敢行! 昨年の12月以来、約3ヶ月ぶりに・・・・・・


その結果は・・・・・・・・


予報通り、肌寒さ程度で過ごしやすかったものの、グランド状態が・・・・・・・・


その後、ジュニアユースも同じくグランドでのトレーニングを行ったのだが、やはりグランド状態が・・・・・


やはり、この時期はしっかりグランドの湿り気がとれるまでは、外でのトレーニングは無理!なようでした。


無理してグランドを使用して、ぐしゃぐしゃにして、春からの活動に支障をきたしては×なので・・・・・


しかも、グランドは我がクラブ専用のものではなく、地区の方から借りて使用させて頂いているものなので・・


どうぞご理解下さい!





最後に、今日は48回目の誕生日。


そんな日に、今日もたくさんたくさんの子供たちに触れ合うことができて、本当に良かった! そう思っています。


「48本のろうそくは、生きてきた証!」


そうコメントを頂き、なんだかとっても厳かな気持ちになりました。


今年も一年、そんな証をたくさんたくさん残せたらいいなあと思っています。



皆様、不束者ですが、今年も一年どうぞよろしくお願い致します!!
春眠暁を覚えず・・・・・
春眠暁を覚えず・・・・


春眠不覚暁 処処聞啼鳥 夜来風雨声 花落知多少


春眠暁を覚えず (しゅんみん あかつきをおぼえず) 処々啼鳥を聞く (しょしょ ていちょうをきく) 夜来風雨の声 (やらいふううのこえ) 花落つること知る多少 (はなおつること しるたしょう)/知んぬ多少ぞ(・・しんぬ たしょうぞ)



春の眠りは、気持ちがよくて、朝になるのも気がつかないほど。あちらこちらから鳥のさえずりが聞こえる。昨夜から雨が激しかったようだけど、花がどれだけ散っただろうか。





我が家のスター君、日当たりのよいソファーの上で毛布にくるまって寝息を立てながらぐっすりと寝入っている様子。思わずパチリ!




そんな寝顔を見ていたら、上記の漢詩が頭をよぎり・・・・・



まもなく3月。待ちに待った暖かい春の訪れ、それとは裏腹に淋しい別れの時・・・・・・・・・



顔で笑って心で泣いて・・・・ 平成24年度最後の月、最高の締めくくりになるようがんばるぞ~!!!







夕べは夕食を食べながら、ノンアルコールビールを飲んで泥酔!? そのままこたつで・・・・・・


ノンアルコールビールで酔うの!? ありえない!!!


そう思われるのも当然かと思うのですが、なぜだか私は酔ってしまうわけで・・・・・・(苦笑)




深夜0時近くにふと目が覚め、気がつくとテレビはつけっぱななしで電気はこうこうとしていて・・・・・


なにげなくテレビのチャンネルを回すと、衛星放送でバルセロナの試合が放映されていて、前半0対1のビハインドから始まった後半戦を思わず見てしまい・・・・・・・


久しぶりに見たバルサの試合は、面白いのなんのって・・・・対戦相手のセビージャも見応えバッチリで思わず寝ぼけ眼もどこへやら・・・・・・・


試合は2対1でバルサの逆転勝利。面白い試合だった・・・・



その後、寝ようと思ったのだが、思いっきり目がさえさせになってしまっていたので、チャンネルを回すと、映画が放映されていて、これでも見ながら寝ようと思ってそのままつけていると・・・・・



その映画は、サスペンス映画。タイトルは、日本名で「真実と挑戦」だったような・・・内容は、これがまた悪い意味で!?最高に強烈!! 


思わず、目を覆いながら見るシーンの連続で・・・・・消してしまえば良かったのだが、なぜだか取り憑かれたように見入ってしまい、結局最後まで見てしまい、時刻は朝方3時30分・・・・


見終わってテレビを消してそのままこたつで寝ようと思ったのだが、先ほどの強烈な映像が目を閉じると蘇ってきて、寝るに寝られず・・・・・


気がつくと、新聞配達のバイクと思われる音が聞こえる時間になってしまい・・・・・





そのおかげで!?今日一日、なんだか体も心もすっかり疲弊してしまい・・・・・・・


(本日3月分の計画表をホームページに掲載したのですが、なななんと一昨年の3月の計画表を掲載してしまい、○○さんにご指摘頂き慌てて差し替える始末で・・・・<苦笑> それもこれも・・・・・・・)



どんな映画か見てみたい!



そう思われたチャレンジャー!?は、百聞は一見に如かず!  ただし、強靱な心臓の持ち主でないと、衝撃、いや、残虐なシーンの連続にきっと耐えうることができず、大変なことに・・・・となるかと思います。ちなみにR-15指定になっていました。








今夜は、スター君のようにぐっすり寝ようっと・・・・・・(笑)




☆それにしても強烈な映画だった。あんな映画を製作放映していいのだろうか・・・・・メッシのスーパーゴールがどこかに吹っ飛んでしまった・・・(笑)
心に響かない・・・・・・
今週末、毎度のことながら土を求めて三千里!?

栃木県宇都宮市で行われた大会に参加してきた。

いつも思うことだが、この地からたった1時間強ぐらい車を走らせただけなのに、なぜこれだけ気候が違うのか?神様は不公平すぎる!! そんな思いでいっぱいになり・・・・・


試合結果は、惨憺たるもの!?であったが、それでも、内容は良し!と思われる場面が多々見られたので、次の旅!?の際には・・・・・


今大会は、フットサルクラブの選手にとっては、まさにリハビリ大会!?となり・・・・・


リハビリ!?  それってどういう意味!?



約2ヶ月間、フットサルに専念してきた子供たち。狭い体育館から広い大海原に久しぶりに飛び出した面々は、その大きさに圧倒され、その結果・・・・・・



次こそは!!! そんな感じかな。



それにしても、あまりの強風の中でそして土のグランドであったため、風が舞い土が舞い・・・・・今こうしていても、髪の毛は土ぼこりだらけ・・・・・耳の中はじゃりじゃり・・・・・・早急に手を打たないと大変なことに・・・・・(苦笑)






話は変わりますが、我がクラブの遠征時の出発場所は、子供たちが広範囲から通ってくるため二箇所を設定しています。


民間のスーパーやコンビニ等の駐車場を利用させて頂いているのですが(もちろん事前に電話連絡等を入れて許可を頂いて)、今朝その二箇所目のコンビニに立ち寄った際、「いつも駐車場を利用させて頂き、ありがとうございます!」と店長さんに挨拶に行くと・・・・・・・


「いや、大丈夫ですよ。ずっと停めておくわけではないので影響もありませんし、それにたくさんの方が買い物して下さるのでこちらこそ大助かりです。何より、子供たちがすばらしいです。トイレを借りるときや借りた後の挨拶がきちんとできていて普段の指導が目に見えてこちらの方が勉強になります。気を付けていってらっしゃいませ!」


大変なお褒めの言葉を頂き、凍てつく寒さの中、心の中はポッカポカ・・・・・・・






帰りのバスの中で、「バスは高速道路を走ると融雪剤の影響で毎回真っ白になるよね。バスの中は、スパイクについた土などで毎回汚れるよね。でも、次に使う時には、バスの外も中もピッカピカとは言わないまでも、きれいになってるよね。なぜだと思う!? もちろんその汚れを落としてくれる人がいるからだよね。その人とは、この場所で解散せずに、残った次の解散場所の人達が、この寒さの中、びしょ濡れになりながら一生懸命にブラシをかけてくれたり、ほうきで丁寧に隅々まで掃いてくれるからなんだよ。だから、いつもきれいなバスを使えるんだぞ。ここで解散する人達は、そんな仲間がいる!いてくれる!その思いを忘れてほしくないし、それが当たり前!なんて思ったらアホだぞ!! ゴミをしっかり持ち帰り、しっかり拾って帰ることがここで解散する人の大切なこと。そんな状況判断ができない者は、サッカーなんてやっても・・・・・」


二箇所目の解散場所に向かう途中、近くのガソリンスタンドへ。そこで、給油&手洗い洗車。


バスの外装のブラシ掛けを手伝いしてくれる者、バスの中の掃き掃除をしてくれる者。


真っ白になったバスをピッカピカにして、バス内に戻ると、目の前には・・・・・・



あれほど言ったのに、掃き掃除で出た大量の土や砂の中にパンの袋のゴミが・・・・・・


「これは○○君が食べてたものだ!」 「これは○○君のものだ!」


どれも最上級生の名前ばかり・・・・・・・・・・


洗車中、ジャンバーが凍り手がかじかみ、更にその光景を見て聞いて、心の中も凍てつき・・・・・・





お褒めの言葉を頂いたり、現実を目の当たりにさせれらたり・・・・・・・・・・・・・・






サッカーの指導者としても指導力が不足していると痛感しているが、一人の人間としても思いを子供たちにしっかり伝えられない、響かせることができない人間力の乏しさを痛感した、パンのゴミ袋でした。









子供たちを責める前に、指導者としても一人の人間としても『力』の無さを十分に認識し、そのことを高めることが最も大切なことである!  


しっかりと肝に銘じて明日からまた精進していこうと思っています。
和さんへ
和さん、観たよ、観ましたよ!


信じた道を突き進む男の生き様、とくと拝見させて頂きましたよ!


頭がんがん振り回す音楽のスタイルに、正直最初は・・・・でしたが、そこに繰り広げられる生き様に、いつの間にか吸い寄せられていき・・・・・・


茨の道、苦悩、葛藤・・・・・・・様々な悲哀の波に打ちのめされそうになりながらも、それでも信じた道を行く彼らの姿に、ただただ敬服するのみでした。


『夢があるから強くなれる!!』 


この言葉が映画を観ながら、ぐるぐるぐるぐる湧いてきました。



と同時に、今の俺の夢、やりたいことって一体何だろう・・・・・・・・その言葉も何度も何度も反芻しました。



俺の夢!?



甲子園に出ること、プロ野球選手になること、学校の先生になること、バンドを組むこと、俳優になること、冒険家になること・・・・・・



いろんな夢を見てきたけれど、50に手が届く年齢になった今の俺の夢って・・・・・・・・



それはそれはそれは・・・・・・・・・・・




『大いなる夢を胸に抱き、明るい未来に向かってまっしぐらの子供たちの後押しをすること』



『このクラブにつどいし方々の一度きりの人生に少しでも潤い豊かなものを感じてもらえること』




なんだか夢のようで夢とは呼べないことかも知れないけれど、映画を見終わった後、何度も何度も反芻して出てきた応えが・・・・・・・・・



もうひとつ言えるとするなら、


『二度とない人生の中で、ああしておけば良かった、こうしておけば良かったって後悔を残さないような今日一日にすること』


って感じかな。



どの夢も叶えるにはそう簡単なものじゃないけれど、いつもこのことを念頭に置きながら過ごしていこう! 改めてそう思うことができた一日になりました。


どうもありがとう!!




明日から大寒波がやってくる!って、ニュースの天気情報ではしきりにそう叫ばれているから、お互いに体には気を付けて、必ずやってくる暖かい春を待ちわびながらがんばっていこうね。(と言うか、今日の午前中に髪の毛をバババッサリ切り落としたため、寒気が髪の地肌に突き刺さり寒いのなんのって大変だったよ!<苦笑>)





和さん、先日も書いたけど、いつの日か再会できる日がくるのを楽しみにしてるよ!



故郷が恋しくなったらいつでも連絡下さい。福島弁、ばんばん聞かせてあげるから!!(笑)



それじゃ、またね!!       淳より



感動の一枚
寒い、寒い、超寒~い!!!!!

いてもたってもいられないくらい、本当に寒~い!!!


事務所には、一台のファンヒーターしかないため、ブルブルブルブル震えながらパソコンに向かわねばならず、まさに札幌雪祭りの雪像状態に・・・・・・(苦笑)



な~んて、こんな弱音!?ばかり吐いていると、どか雪に見まわれた地域の方々に笑われそうな気がしますが・・・・(ニュースから流れてくる雪国の映像を見ると、本当ビックリ仰天! 列車が豪雪で足止めをくらい、その中で夜を明かす人も続出とかで・・・・・そんな方々がいるのに、これくらいの寒さで・・・・とは思うのですが、でもでもでもでもやっぱり寒~~~い!!)





そんな寒さの中での少しホットなお話。


先日行われた、『第12回スキーツアー』。そのほんの一コマを撮影した写真を、ホームページ内トップページに掲載しました。ご覧頂けたでしょうか?



少しでも楽しかった、充実した様子が伝わればとカメラマンに徹して撮影した中から厳選したお薦め画像です。


とくとご覧頂ければ幸いです。


初めてのスキー、初めてのスノーボード、必死にその技能を習得しようとがんばる子供たち、そして、その子供たちに必死にその技を伝授するインストラクターボランティアの保護者の方々。


雪中宝探し(番号札を雪の中に埋めてそれを掘り出し、帰りにその番号と引き替えに宝物<景品>と交換するイベント)での楽しくも、しかし、懸命に雪をかき分ける姿。子供のみならず、大人の方々もそれはそれはひっしに・・・(笑) そして、それを掘り当てた満足感に充ち満ちた顔顔顔・・・・反対に、最後まで見つからず、うなだれる顔顔顔・・・・・(と言っても、ものすご~くしょんぼりした様子でお願いします!とポーズをとって頂いたのですが・・・・<笑>)



そんな写真集を飾る最後の一枚。


何の写真だかお分かりになりましたか? (まだ見ていない方は、ぜひとも見て下さい!)



この写真は、今回初めてスキーを行ったK君が、午前中の猛特訓!?の成果を披露!?するため、果敢にも!?、いや、勇敢にもリフトに乗って山の中腹まで行き、案の定、何度も何度も、数え切れないくらい何度もすってんころりんしながら生還!?した時に、最後もやはりすってんころりんした際に、同級生のY君が、

「がんばったね!」と言いながら、転んだK君に手を差し伸べて起こしてあげようとする、まさにその瞬間を捉えた一枚なのです。


その光景を激写しながら、なんとも言えない感動に包まれ・・・・・・・・・・・・・・



仲間っていいなあ・・・・・・・この写真を見ると、その時の様子や思いが瞬時に思い出され・・・・・・





写真だけを見ていると、切り取りにしか思えないのですが、掲載した一枚一枚に物語があるのです。そんなことも考えながら(想像しながら)ご覧頂けると更に幸いかなあと思っています。





明日は待ちにまったお休み!  午前中は、伸びに伸びまくった髪の毛を、バババッサリと切り落としてこようと思っています。その後は、先日20年ぶりに話した友人から紹介されたDVDでも借りて見ようかと・・・・「主人公の生き方は、あつしにそっくりだよ!」そう言われたので・・・・・しかし、仕事もたんまりあるのでその余裕があるかどうか・・・・(泣)



☆○○当番の大役、無事にこなせたでしょうか。むしょうに気になって気になって・・・・ 大成功!そう信じています。子供たちがサッカーもスキーもスノーボードも・・・・も少しずつけれど着実に確実に上達していくように、仕事も少しずつ少しずつ要領を得てずぶの素人から徐々に徐々にその道のベテラン(専門家)に変貌を遂げていくのだと思います。すばらしい天職になりますよう、心から念じております。ファイト~!!!
春待ちわびて・・・・・
20130218_163821.jpg


2月も中旬を過ぎ、春の訪れもあとわずか・・・・・・

そんな期待どこへやら・・・・(苦笑)

寒風吹き荒れ、外にいると、一瞬で凍ってしまうのではないか!そう思えるほど、冷え冷え冷え冷え・・・・・・



そんな中、目にした白鳥の兄弟!?


練習会場の前の池を悠々と泳いでいる二羽の白鳥を見つけ、思わずカシャッ!!


さすが兄弟! そう思わせる息の合ったポーズに思わず感心感心!(笑)


どうして兄弟って思うのか!?って・・・・・


白鳥の子供は、真っ白ではなくて、体がグレーがかっていると、みにくいアヒルの子で教わった気が・・・・


間違っていたらすみません!!




この子たちも、春の訪れと共に、すっかり白い毛に体を包まれ、遠きシベリアに向かって遠来飛行をしてものと思っていますが、まさか、親だけ先に飛んでいってしまったなんて言うことはないとは思いますが・・・・


そうだとしたら・・・・・・(泣泣泣・・・)



クラブ員の皆さんは、白坂体育館での練習時に前の池を覗いてみて下さい。この兄弟がまだきっといると思いますので・・・・・


そしたら、「がんばれよ!」と声を掛けてあげて下さい! 決して石などぶつけないように!!(怒)




早く来い来い春さ~ん!!!!!!!!!!!!!





☆ある方から、歌のプレゼントを頂きました。と言うか、私が勝手にそう思っているだけですが・・・・(苦笑)
まもなく48才を迎える今日この頃ですが、この歌を聴きながら老体にむち打ってがんばりたいと思います! ○○さん、一緒にがんばっていきましょうね!!


最高の一日だったね!
第12回スキーツアー


『第12回スキーツアー』無事終了!

快晴、強風!?の中行われたクラブ主催のイベント。参加52名の方々が、たくさんたくさん楽しい時間を過ごし、何より、大きな事故やケガもなく終えることができたこと、ホッとひと安心! それが素直な気持ちです。


初心者からベテラン!?までが顔を揃えた今回のイベント。


ベテラン組は、スキー場に着くなり早速リフトに乗って頂上へレッツゴー!!

初心者組は・・・・・


毎度のことながら、この初心者組のインストラクターを行って頂く保護者の方々には、本当に頭の下がる思いでいっぱいになります。


今回も・・・・・・


生まれたての子羊!?たちを、懇切丁寧に、手取り足取り指導するその姿は、見ているだけで、大げさでもなんでもなく、感動そのもの!になるわけで、「この方たちも、ゲレンデを颯爽と滑走したいだろうに、私がインストラクターの要望をしたために・・・・・・」 頭の下がる思いと同時に大変大変申し訳ない気持ちになり・・・・


「貴重な時間を、本当、申し訳ありません!」


「全然大丈夫ですよ。バッチリ滑れるようにしますから!」


まるで我が子に接するように指導してくれるその姿は、本当に本当に感動そのもので・・・・・




「大変お世話になりました。スキーを教えて下さった保護者の方に深く感謝しております。とても楽しかったようで、「また行きたい!」と言っていました。「30回以上転んだけど、滑れたよ!」と嬉しそうに話す様子を見て、参加させて良かったと思いました。」


「スキー体験、宝物探し、ビンゴ大会などとても楽しい一日を過ごせました。スタッフの皆さんやお父さん、お母さん方、頼りがいのある上級生の皆さんのおかげです。○○は、帰ると早速日記の宿題に取りかかり、スキーの話を思い出しては、おしゃべりしながら書いていました。(笑)」



『みんなは一人のために、一人はみんなのために』


このイベントを通して、改めてこのクラブに集う子供たち、保護者の方々の『温かい心・思いやりあふれる気持ち』etcをひしひしと肌で感じることができ、とってもとってもありがたい気持ちになると同時に、このクラブの活動は、たくさんの方々の誠意に支えられて行うことができるのだ! そう思う今日この頃です。



皆様、本当にありがとうございます!



簡単な平素な言葉ですが、心からその言葉を贈りたいと思います。そして、今後とも、クラブの活動に対し、愛情いっぱいの気持ちを発揮して頂きたいと思っています。






まだまだ寒さ厳しい折ですが、まもなくやってくる春の訪れを待ちわびながら、平成24年度の残された約1ヶ月強の活動を、充実したものになるよう、全力をつくして尽力していこうと思っています。



どうぞよろしくお願い致します!
時を越えて・・・・・
本日は早朝出発で土を求めての茨城県への出稼ぎ!?


出稼ぎ!?????   遠征試合です!(笑)


久しぶりに見る土に子供たちは大興奮!! もとい! 久しぶりの外でのサッカーに大興奮!!


またしても水を得た魚状態に・・・・・(笑)


しししかし、寒さは半端なものではありませんでした。子供たちに声を掛ける際に口を開けた時に飛び込んでくる寒気に、口の中は凍りつき・・・・・・


何を大袈裟な!!  確かに大げさな表現ですが、それほど寒かったわけで・・・・・(苦笑)


そんな中にも関わらず、水を得た魚たち!?(子供たち)は、寒さよりも外でサッカーができる喜びの方が勝ったようで、誰一人脱落する者もなく、全員元気に一日を過ごすことができました。


そんな姿を見ていて(もちろんサッカーの内容も含めて)、「なんだかこの子たち、ちょっとたくましくなってきたなあ・・・・」思わずうっとり!?してしまいました。


できるようになってきたこと、力をつけなければならないこと、意図して取り組まなければならないことetcをしっかり分析し、次回のトレーニングから反映させ、一人一人の子供たちが、もっともっとサッカーを楽しむことができるようにすること、それは全て指導者である私が成し遂げなければならないこと、役目、責務・・・です。


吉江さん、石塚さん、大変大変お世話になりました。また声を掛けて下さい。ぶっ飛んで行きますので!!(笑)



それにしても、茨城も寒かったのですが、福島に帰ってきてからの寒さはそれはそれは尋常ではない!!!!


なぜなら、解散後、ガソリンスタンドで給油を終えた後、手洗い洗車をいつものごとく行ったのですが、ホースを握りながらバスにしこたま水を浴びせかけていた時に、はね返ってくる水しぶきが髪の毛につき、着ていたジャンバーに付いたのですが、その水滴が瞬時に凍りつき、髪の毛もジャンバーもそれはそれは悲惨そのものに・・・・(泣)  何たる寒さ!そう独り言を呟く口もガタガタ震えて・・・・(大泣)





話は変わりますが、先日、大学時代のある友人から突然電話が来て思わずびっくり!


今日は、中高時代同級生のある友人と電話で話せて感激!!


両人共に、20年ぶりぐらいに話をしたのだが、そんな時の流れなど微塵も感じることなく、つい昨日話をしていたかのように会話が弾み・・・・・・・



電話を切った後、なぜだか、「時を越えて」 このフレーズが頭の中を駆け巡り・・・・・・・・


お互いにきっといいおじさんの風貌になっているはずなのに、声は昔と全く変わっていなくて、相手の顔は20年前の顔しか思い浮かばず・・・・・・



いつの日はまた再会できる日がくればいいなあ・・・・・そう思っています! 森重、和さん!!


(二人ともなぜかこのブログを読んでくれているとのことで、思わずビックリ!! どうもありがとう!!)




明日は、「第12回スキーツアー」の開催日。

「初めてのスキーで、今からワクワクドキドキしているようで、今日一日そわそわそわそわしていました。そんな様子を見ていて思わず笑ってしまいました。」とは○○君のお母様からのメール。


初めての子も、常連さんの子も、・・・・・な子も、参加した全てのみんなが「楽しかった~!」そう思える一日になるよう、全力で尽力することをここに誓いま~す!!


※昨日の宝物探しの景品買い出しは、朝10時から始まり、全てが完了したのは夕方4時。全てが終了した後、思わず、「やっと終わった~!! 超疲れた~!!  ほにゃららほにゃらら!???」と事務所内で独り奇声を発してしまい・・・・・(苦笑)  とにかく最高の一日になりますように!!




☆「時を越えて」のフレーズが浮かんだ後に、なぜかこの唄が更に浮かんできたので・・・・・・・

満員御礼!
テレビから流れる数々のニュースを見るたびに、胸が締めつけられる今日この頃だが、そんな時だからこそ、前向きなブログを・・・・・・・・・・


①先日ブログで紹介した『女子アイスホッケー』オリンピック最終予選。皆さん、ご覧になられましたか? 格上のデンマークとの最終戦。全員が、「この試合に勝ってオリンピック出場を!」の気持ちが前面に出た試合は、物の見事に相手を圧倒し、大勝! ソチオリンピック日本第1号決定の称号!?を手にしました。【スマイルジャパン】と命名された女子アイスホッケーチームの1年後の戦いを今から楽しみにしています!

試合後のキャプテンのインタビューでの一言

「これまでの日々の積み重ねがこの結果につながりました!」

積み重ね やっぱり大切なんですよ。 これしか夢を成し遂げる近道はない! コツコツコツコツコツコツコツ・・・・・です!!


②今度の日曜日17日に行われる『第12回スキー・スノボー・そりすべりツアー』。参加者は、52名!! 定員40~50名と予定していたので、満員御礼!と言ったところです。 今年もたくさんたくさんの参加を頂きました。イベントの趣旨をご理解頂き、多数の参加希望をして頂いたことに対し、この場を借りて厚く御礼申し上げます!! 

「初心者ですが、子供がどうしても参加したいと言うので・・・・・・・」

以前にも伝えたことがあったと思いますが、このイベントしかスキーやスノボーをやったことがない! そんなお子さんがたくさんいます。けれども、年に1回しかゲレンデに立つことがないのに、子供たちは、あっと言う間にコツを得て、気が付けば、リフトに乗って・・・・・・

その習得力に、毎度毎度驚かされてしまいます。さすが、ゴールデンエイジ!と言ったところです。


初心者の○○君や○○君が、どんな風に雪と戯れそしてスキーやスノボーの技能を習得していくのか、とっても楽しみにしています。そのためにも、今回参加する上級者の方々のお力が必要になってきます。○○さん、○○さん、今年もインストラクターとしてどうぞよろしくお願い致します!!


あなたは何しているの????  それは、え~と・・・・・カメラマンとそりすべりのインストラクターと、雪中宝物探しの穴掘りで~す!!!(笑)


52名全員が、無事故で楽しい時間を過ごせるように全力で尽力することを、ここに誓います!!!


☆明日は午前中から【雪中宝探し】の豪華景品!?の買い出しに奔走します! 毎年、様々な景品をひとつひとつ吟味し、長時間掛けて調達しています。「貰って嬉しい物!」「あっと驚く物!」etc今年もそのスタンスで、品定めをしてきたいと思っています。買い物予定時間、3時間!? 4時間!? 5時間!・・・・・その他にも、移動のバスの車中で行う『ビンゴ大会』の景品も欠かすことはできないので・・・・毎年一日思いっきりスキー他をやって帰りはくたくた!?と思いきや、このビンゴ大会で大盛り上がり! 今年もきっと・・・・!!







いろんなことが巻き起こっている昨今ですが、とにかく今日と言う日を大切に過ごしていくこと、その思いが頭の中を心の中を強く激しくグルグルグルグル駆け巡っている今日この頃です。
御 礼
第8回みちのくカップフットサル大会開催に際し、たくさんの方々にお世話になりました。心から御礼申し上げます。

大会結果表並びに御礼状等々を、本日(2月12日)夜迄にホームページ内トップページの大会コーナーに掲載します。また併せて、たくさんの忘れ物がありましたので、その一覧表も掲載します。ご覧下さい!


ひとつのことを成し遂げるには、たくさんの方々のパワーが結集すること! 改めてこの2日間でそのことを体感することができました。


2日間、無事に大会を運営することができたのも、全てはクラブの保護者の方々及びスタッフの方々のご尽力の賜以外ありません。本当に頭の下がる思いでいっぱいです。


心からの敬意を込めて御礼申し上げます。 ありがとうございました!


(言葉にすると非常に簡素な感じがしますが、この11文字に感謝の気持ちがずっしりと詰まっていることを感じてもらえれば幸いです!)




それにしても、大会期間中は、早朝から深夜までフル稼働でした!(苦笑)


1日目は、大会&プチ懇親会。2日目は、大会&関西人との交流会!?


さすがに、昨日は、クタクタヘロヘログダグダ・・・・・・・・・・・


本来なら、このブログも、昨日、いや一昨日に書き込まなければならなかったのですが、そんなわけで・・・(苦笑)


どんなわけ!?  え~~と・・・・・・ そんなわけです!(笑) ご理解のほどを・・・・・・・・





平成24年度の活動も、残すところ約1ヶ月半。 終わりよければ全て良し!?  一日一日をヘロヘロにならずに(苦笑)、子供たちの明日を見据えて全力で取り組んでいこうと思っています。


最後の最後まで、どうぞよろしくお願い致します!!
挑戦者
明日から2日間、今年で8年目を迎えた『第8回みちのくカップフットサル大会』を開催します。

まずは、大会の趣旨に賛同頂き、遠くは新潟県、埼玉県、宮城県、茨城県、栃木県、そして県内各地より、計44のチームの皆様に参加して頂けることに対し、厚く御礼申し上げます。

そして、この2日間の開催期間中、クラブ関係者の皆様には、会場準備から大会運営、片付け等々、並々ならぬご尽力を頂くことに対し、厚く御礼申し上げますと共に、どうぞよろしくお願い致します!と申し述べたいと思います。

最後に、この2日間の大会が、参加するたくさんの子供たちにとって、良き思い出となることを(もしかしたらほろ苦い思い出もあるかも知れませんが)切に願うと共に、そうなるように主催者として精一杯目配り気配り・・・をしていきたいと思っています。


皆様、2日間、どうぞよろしくお願い致します!!






以前に何度かこのブログで取り上げている登山家『栗城史多』氏。昨年秋、4度目のエベレスト無酸素単独登頂に挑戦し、またしても・・・・・ 現在、重度の凍傷を負った9本の手の指の切断危機に見舞われ、闘病中。


栗城氏のオフィシャルブログを本人に無断で掲載させて頂きます。



タイトル『奇蹟への挑戦』

今もまだ、凍傷の指の治療が続いています。

実はMRIの結果は既に出ており、右手親指以外の9本は第二関節から先を、全て切らなければいけないと医師から言われていますが、未だに粘っています。

様々なお医者さんに会いながら、再生治療や自然治癒力を高めた治療等を探っている状況です。

切断しないでいると感染症を起こしやすく、そうなるともっと悪い状況になるリスクもあります。

しかし、心と体が粘っているのか、検査ではまだ感染症は見られないということで、引き続き切らないで高圧酸素治療、炭酸ガスによる手浴、漢方薬などで頑張っております。

あるお医者さんの話では、半年間凍傷治療を粘った人もいるそうです。

もうここから先は、未知の領域であり、奇跡への挑戦です。

今まではヒマラヤという山への挑戦でしたが、しばらくは今まで経験した事のない谷底から登り続けます。

なぜ切らずに粘っているかというと、登攀のパフォーマンスが落ちるからとか私生活に影響があるからだけではありません。

この指は僕にとって家族であり、今までの様々な困難を支えてくれた仲間でもあります。

ご飯を食べたり遊んだり、昔は野球をしたり、この指との思い出は数えきれないほど沢山あります。


ヒマラヤでの厳しい登攀や極寒強風の中でも、指は常に頑張って僕を守ってくれました。

凍傷は低酸素と低温で血液の循環が悪くなった時に、脳と心臓に血液を送るために自ら細胞を閉じていくのです。

つまり、僕の指は僕の命を守る為に自らの命を閉じたのです。


だからこそ、次は僕が守る番です。

再生させる事を諦めてはいけません。
少しでも可能性があれば、諦める必要もありません。

一人も欠ける事なく、家族みんなで元気になって、そして再びエベレストに向かえるように奇跡に挑戦します。

ナマステ。





数年前、宮城県で行った講演会終了後、がっちりと握手をして頂いたあのごっつい手で、五度目のあくなき挑戦ができる日を、かげながら念じそして応援しています! がんばれ栗城!! がんばれ挑戦者!!


氷上の格闘技!
今日の午前中は、Y幼稚園でのお試し体験活動。


全力投球!!!!!!!?


「噂では聞いていましたが、噂通り、いや、それ以上にすばらしい活動でした!」


活動終了後に、園長先生から頂いたありがた~~~いお言葉でした。


「子供たちのはじけた笑顔を見ることができて、とても感動的でした! 特に、○○君は、普段とても引っ込み思案で、職員も日頃から心配していたのですが、今日は最初から最後まで積極的でそして生き生きしていて、えんちゃん、こまちゃんマジックにかかったようでした。とっても勉強になりました!」



たくさんのお褒めの言葉を頂いたのですが、それよりも何よりも、○○君をはじめ、たくさんの子供たちが、初対面にも関わらず瞬時に打ち解けてくれて、元気に明るく活動してくれたこと、心からの感謝の気持ちでいっぱいになると共に、Y幼稚園の年長さんにとって、最初で最後のこの活動を体いっぱいに楽しんでくれたこと、心から心から嬉しい気持ちになりました。


「来年度からどうぞよろしくお願いします!」とのご挨拶に、こちらこそ、大切なお子さま方に触れ合わせて頂けることに感謝の気持ちでいっぱいです! 微力ではありますが、Y幼稚園の子供たちが心も体も健やかに成長できるほんの一翼をしっかり担っていきたいと思います! と。


どうぞよろしくお願い致します!!!





話はがらっと変わりますが、先ほどまで、テレビに釘付けになり、一人大興奮していました。


なにを見たの????


今日でちょうど1年後に迫ったソチオリンピック出場をかけた、女子ホッケーの最終予選が今日から始まり、その初戦のテレビ放送を見たのです。


とにかく、大大大興奮!!!  思わず、試合終了後、一人でガッツポーズをしてしまいました!(苦笑)


それもそのはずで、第2ピリオドまで0対3の劣勢。(アイスホッケーは、20分間×3セット、つまり第1ピリオドから第3ピリオドまでの60分間試合。いかにも、アイスホッケーを知ったかのような説明の仕方ですが、今日初めて知りました・・・<苦笑>)とにかく、0対3から1点返したものの、第2ピリオド終了時点で1対3の劣勢のまま。しかし、第3ピリオドで3点を返し、終わってみれば4対3の逆転勝ち。


一人ガッツポーズが出た理由も分かりますよね・・・・・(笑)


それにしても、アイスホッケーは氷上の格闘技と以前に聞いたことがありましたが、まさに! そのものでした。ただし、男子の場合はボディコンタクトプレーに関しての反則はないのですが、女子の場合はそれは反則と言うことで、男子に比べれば比較的柔和な感じを受けなくもありませんでしたが、それでも、その激しさは、ブラウン管越しに、びしびしと伝わってきました。


激しさばかりに目をひかれたわけではなく、スケーティングの技術、スティックさばき、ボール!?さばき(アイスホッケーではボールとは言わないとは思うのですが、何と言うか分かりません)、1対1での体の使い方、判断力、メンタルの強さ、視野の確保、フリーランニング、ボール!?の奪い方、瞬間的な攻守の切りかえ・・・・・あげれば錐がないほどの面白さ、そして何より、畑やルールは違えど、サッカーに通じるものが宝の山のようにぎっしりと詰まっていることに、もう釘付け状態!!!!!!!



最終予選は、日本、ノルウェー、スロヴァキア、デンマークの4カ国で争われ、その内、1カ国のみがオリンピックの出場権を得るようです。(既に、6カ国が出場が決まっています。) 今日ノルウェーに逆転勝ちした日本は、明日、今大会の開催ホスト国のスロヴァキアと対戦。世界ランクでもスロヴァキアは7位の強豪国。どんな試合になるか今から楽しみ楽しみ・・・・・・・


アイスホッケーファンになったの!???


もしかしたら、そうかも知れません。なんだか、とってもはまりそうな予感が・・・・・・・何と言っても、宝の山なのですから!!! (笑)



今日もBS1での放送でしたので、明日もきっと同じだと思いますので、このブログを読んで興味を持たれた方は、騙されたと思って、ぜひぜひ見てみて下さい!




何言ってんの! 応援してたぞ!



それは失礼しました!(泣)   とにかく、本気の戦いは、本当に熱くなるものです。



がんばれ、ニッポン!!!!!!!!!!!!
こちらこそありがとう!!
永久凍土!?が終わりを告げ、春の息吹をほんのちょっぴり感じつつあった今日この頃であったはずが、本日、またしても、どか雪がド~ン!とやって来てしまいました。(泣)


またまた冬に逆戻り。まっ、まだまだ2月だし、仕方がないか~~~(苦笑)






『21世紀の福島の未来を担う子供たちの心と体の復興支援活動』と銘打って行った平成24年度の活動も、華僑を迎えている。


市内村内はもちろんのこと、郡山市、そして南相馬市の幼稚園・保育園、13園から委託を受けた152回の活動の内、今日で142回目を終了し、残りは10回のみである。


13園の内、既に6園が活動を終了しており、本日、7園目の活動を終了した。

活動の最後には、またまた、園の子供たちから、素敵な言葉と共に素敵なプレゼントを頂いた。

ありがとう2

ありがとう1


子供たちを元気にすること! それが活動の大きな目的にも関わらず、この活動を通して、えんちゃんとこまっちゃんの方が、たくさんたくさんのパワーとエネルギーをもらっている! それが正直な思いである。


子供たちのはちきれんばかりの笑顔、そして何より、「えんちゃん!」「こまっちゃん!」ととても親しみを持って接してもらえていることに、本当に嬉しく思うと同時に毎回、どの園に行っても何とも言えない感動に包まれる。


そのお返しをしているだけ・・・・・・・ 素直にそう言い切れる。




福島の復興は、子供たちが心も体も健やかに育つこと! 心の底からそう思っている。


この活動が、そのほんのほんのほんのほんの一助になれば・・・・・幸いである。




来年度、平成25年度もこの活動は継続して行っていく。


既に、現在14の園から延べ200回近い活動の依頼を受けている。平日の午前中は、年間を通してほぼ毎日あっちに行ったり、こっちに行ったり、そっちに行ったり、嬉しい悲鳴状態である。(苦笑)


と言うか、来年度も、たくさんの子供たちに触れあえることに心から感謝の気持ちでいっぱいである。(延べ5000名近い子供たちに関わる予定である。)



明日は、今年度の評判!?を聞いて、来年度より、「我が園でも活動を行ってほしい!」との要望を受けた隣町にある園での、お試し!?体験活動を行ってくる。


ハイテンションで頑張ってこようと思っている!! きっと事務所に戻った時は、朦朧としているような気が・・・・(笑)







心と体の復興支援活動、クラブの子供たちのサッカー、クラブの様々な活動、いろいろな形で、多年代にわたるたくさんの子供たちに関われる喜び、そして責任、そして・・・・・・





まもなく48才を迎えようとする今日この頃だが、朽ち果てるまで突っ走って行く!




改めて声高らかにそう宣言したい、そんな気持ちでいっぱいである!!!
一期一会!?
【お知らせ①】

明後日2月6日(水)、平成25年度ジュニアユース新規説明会を開催します。詳細は、ホームページ内トップページにチラシを掲載しました。プロコーチによる専門的な指導を受け、将来の『夢』実現に向けての基盤作りとなる大切な3年間を我がクラブで過ごしてほしいと思っています! 夢と希望に満ちあふれた未来に向かって爆心するサッカー小僧たちのたくさんの方々のお越しをお待ちしております! 


【お知らせ②】

今月中旬の2月17日(日)、今年で12年目となる『第12回スキー・スノボー・そりすべりツアー』を開催します。詳細は、上記同様、トップページにチラシを掲載済みですのでぜひともご覧になって下さい。このイベントを開催した当初、「サッカークラブなのに、どうしてスキーなんてやるの?」そんな質問を受けたことがありました。その際、「子供が成長するには、様々な体験や経験をすることが大切なのです。その機会を我がクラブは企画立案し提供するのです!」そう応えたことをつい昨日のことのように覚えています。質問をされた方は、我がクラブを卒会するまでお子さまを毎年毎年このイベントに参加させて下さりました。既に12名の参加申込を頂いております。申込〆切は、今週土曜日。このイベントの趣旨をご理解頂き、今年もたくさんの方々でこのイベントが盛り上がればいいなあと思っています。





今日から立春。暦の上では春。朝起きて外を見ると、雪雪雪・・・・  なんじゃこりゃ!と言った感じでした。(笑)

しかし、そこはやはり春!?  朝方の雪も日中にはどこへやら。気温計も4度を指し、さすが春!?と言った感じでした。(4度で春を感じるほど、この地は極寒の地!?で・・・・<苦笑>)


そんな陽気に誘われて!?と言うわけでは全くないのですが、日中、用事があり、市内のとある銀行へ行きました。銀行に入ると、入り口付近で一人のお婆さんが辺りをキョロキョロして何か困っている!?感じだったので、「どうしたんですか?」と聞くと、ここは「○○信用金庫ですか?」と言うので、「いやここは違いますよ。○○信用金庫は、この通りを真っ直ぐ行って・・・・・・」と説明すると、「あ~そうですか。ありがとうございます。」と礼を述べてその銀行を出て行った。私は用事を済ませるために再び銀行に入り、5分ほどで用事を済ませ車に戻り、事務所に戻ろうとすると、先ほどのお婆さんが、とぼとぼとぼとぼと歩く姿が目に映った。



どうすべきか・・・・・・・・・


銀行の駐車場から車を走らせ、お婆さんの脇まで行き、「○○信用金庫まで良かったら乗って行きませんか? ちょうど帰り道なので遠慮なさらなくて結構ですから。」と声を掛け、お婆さんを助手席に・・・・・・


どこから歩いて来たんですか?と聞くと、かなり遠い場所の地名を言ってきたのでビックリ仰天!!


朝9時前に出て、お昼過ぎに先ほどの間違った銀行に到着したとのこと。


「歩くことは健康に良いので、全然苦になりません。」とのことであったが、片道3時間以上も掛けて、失礼な言い方だが、見た目にもおぼつかない足取りでの長旅!?は、老体にはさぞかし・・・・・・と・・・・・


○○信用金庫に着き、「いくら健康に良いと言ってもあまりに遠いので帰りも送りますよ。」と言うと、「娘の家がそばにあるのでそこに寄って行くので大丈夫です。」と言うので、そのまま見送ることにし・・・・・


車から降りたものの、入り口が分からず立ち往生しているので、車から降りて入り口まで誘導し、そこで再び、「本当に送って行かなくて大丈夫ですか?」と聞くと、「はい」と頷くのでそれ以上は失礼かと思い、銀行を後にした。



「お婆さんは、気を遣わせたくなくて、娘の家がそばにあるから大丈夫ですなんて言ったんじゃないのだろうか・・・・・」 なぜかそう思わずにはいられなくて、再び、「大丈夫ですか?」と聞いたのだが、あまりにしつこく詮索するのは、無礼なことだと思いその場を後にしたのだが、事務所に戻ってからもずっと気になって気になって・・・・・・・・





ルーキー・チャレンジクラスのトレーニングを終え、帰宅する際、ふと助手席に目をやり、数時間前にほんの数分だがこの席に座っていたお婆さんのことを思い出した。



もしかしたら、いや、きっと、生涯もう二度と出会うことがないかも知れないあのお婆さんのことが、今こうしていてもなぜだか忘れられないでいる。




全くの赤の他人ではあるのだが、あのお婆さんからしたらこんな青二才が言うのもなんなのだが、残り僅かな人生を元気にそして平穏に過ごしてほしいなあと心から切に願っています・・・・・・
休まず立ち止まらず!
鬼は~外~ 福は~内~!!  豆まきもしっかり行い、恵方巻も南南東を向いて無言で一気に食べきり、これで今年も一年良い年になるぞ~!!(笑)


暦の上では、明日から春。 と言っても、本格的な春はまだまだ先の話。寒い寒いこの時期を乗り切って、美味しい花見酒に酔いしれたいものですね!(またまた笑)




そんな立春を前にした今日、栃木県那須塩原市で行われた今年で33年目を迎える歴史と伝統あふれる、あのセルジオ越後氏が名誉会長となっている大会、『セルジオ越後杯争奪フットサル大会』に参加してきました。(正式にはこの大会は1月下旬に予選ラウンドが行われ、昨日は準決勝ラウンド、そして今日は決勝ラウンドと決勝戦が行われる長丁場の大会でした。)


那須でセルジオ越後杯!? どんな関係が・・・・・


実は、セルジオ越後氏がブラジルから来日して今年で記念すべき40周年を迎えたそうで、その最初の来日の場所が、栃木県那須塩原市で、Jリーグの前身、日本サッカーリーグ(JSL)、藤和不動産サッカー部に所属。そこで、魔術師のようなテクニックと戦術眼で日本のサッカーファンを大いに魅了したとのこと。


その繋がりで、那須でセルジオ越後杯を開催し、今年で33年目を迎え・・・・ ご理解頂けたでしょうか。


大会期間中は、セルジオ越後氏をはじめ、元フットサル日本代表監督を務めたマリーニョ氏等々が、「アミーゴス」というチームを結成し、大会に参加した子供たちや、保護者の方々、スタッフの方々と親善試合を行い、それがこの大会の目玉!?で・・・・・


今年は、そのアミーゴスの一員に、あの聖和学園アドバイザーであり、ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)でそうそうたるメンバーの中でも群を抜いたテクニシャンとして名を馳せた広山晴士氏も加わっており、思わず大感激!!


昨年聖和学園で活躍し全国大会にも出場した東北のメッシと呼ばれた143㎝のS君の産みの親(S君は、広山氏が神奈川県藤沢市に設立したドリブルしか小学生も中学生もしませんよ!と豪語する「エスポルチ藤沢」の出身)でもある広山氏とは、2年ほど前に聖和学園の試合を見に言った際、ほんの少しお話をさせて頂き、それ以来何度か電話等々で話させて頂き、一昨年夏は我がクラブのジュニアユースの東北遠征のコーディネートを行って下さったり、小学生の遠征の面倒を見て頂いたり・・・・・・




そんなすばらしいメンバーで構成されたアミーゴスの試合を見ていて思わずうっとり・・・・・


確かにセルジオ氏やマリーニョ氏はお年を召されているので、それほど運動量はもちろんあるわけではないのだが、その足下の技術はまさに絶品!!  かくゆう広山氏の技術も本当に惚れ惚れするばかりで・・・・(アミーゴスの一員として試合に出ていた無名!?の中学生もこれまた絶品!)



うっとりすると同時に、「技術は嘘つかない!」、良い意味で「雀百まで踊り忘れず!」、「三つ子の魂百まで」使い方は間違っているかも知れませんが、とにかく言わんとすることをご理解下さい! 




決勝戦終了後、広山氏から、「がんばってますね。子供たち、足下バッチリですね!」とお褒めの言葉を頂き思わず有頂天に・・・・(苦笑)


セルジオ氏からも、「良かったよ。見応えがあるチームだった。私が大会最優秀プレーヤーに選んだ二人(純さん・瑞稀君)のような選手をどしどし輩出できるともっといいね!」と評価されまたまた・・・・・に、と言うか身が引き締まる思いに・・・・




セルジオ氏が閉会式の講評の中で参加した子供たちに語った言葉。


「今の自分で満足してはいけないよ。今この瞬間にも日本中では夢や目標に向かってがんばってる子供たちは何千人何万人といるんだから。いや、無数の世界中の子供たちががんばっているんだぞ。休んだり立ち止まったりしてはいけない。夢や目標に向かって絶ゆまぬ努力をしていくこと、それが大切!」



サッカー畑を長年歩んできて、現在尚、その歩みを止めることを知らない御大の重みのある深みのある言葉に、思わず引き込まれてしまった。果たして子供たちは・・・・・(最後のミーティングでもう一度この言葉の持つ意味を伝えてあげたのだが、果たして・・・・決勝ラウンドの後に行われたリフティング世界チャンピオンの技のオンパレード。驚いてばかりじゃ何も始まらない。自分もできるようになりたい!その思いを形にするには・・・・・分かるよね!)



コツコツコツコツコツコツコツコツ・・・・・・その先にあるものを信じて・・・・コツコツコツコツ・・・・


CIMG2386.jpg


※君たちと過ごせる時間もカウントダウンになっているけれど、残された時間、いや、私に与えられた時間を使って、もっともっともっと磨いて磨いて磨きまくって、もっともっと強く逞しくして、もっともっと・・・・・あと少しだからあとほんの僅かな時間だから・・・・・・我慢しなさい!(泣笑)


☆優コーチが、日本サッカー協会公認C級ライセンス講習会に参加し(昨年12月から今日まで1泊2日の講習会に計3回参加)、たくさんの講習を受けたりたくさんの実技演習会を行ったり、そして今日見事合格。晴れて、資格所有のサッカー指導者となりました。ちなみに、サッカー指導者の資格は、S級・A級・B級・C級・D級のランク分けになっており、優コーチはD級を飛び越え一挙にC級ライセンスを獲得。長丁場の講習会参加ご苦労さまでした。そして、合格おめでとうございます。そしてそしてこのライセンスを活かしてこれから子供たちのためにがんばって下さい! (ちなみに私はD級ライセンス保持者です。娘に抜かされた!? それでいいんです!!)