Vamos福島
良いお年を!
2012年大晦日。あと数時間後には、新しい年を迎える。そんな良き日!?にも関わらず、こうして事務所のパソコンに向かっている。最後の最後まで・・・・まさに今年の象徴のようで・・・・(意味分かりませんよね・・・<苦笑>)


昨日まで行った千葉遠征の3日間。内容盛り沢山で、もうお腹いっぱい!!(笑)その一言に尽きます。

本日からの少しのオフの間に、この遠征をしっかり振り返り、新年からの活動に生かすこと!それが今はとにかく大切!そう思っています。


遠征初日に行った、『聖地』でのトレーニング。VIVAIO船橋渡辺代表そして鈴木監督そして子供たちには、心の奥底から感謝感謝感謝・・・・・・・・・

午前2時間・午後2時間のトレーニング!?の数々は、生唾ごっくん! 涎ごっくん! でした。「福島へのお土産」がたんまりできました。御礼のしようがありませんが、それは○○で・・・・(笑)

本日から早速ビデオを何度も何度も見返し、今後に生かしていきたいと思います。

秘伝のたれの味は最高でした!!(笑)  また分けて頂きにお伺いします!!  もう来るな!って・・・・・絶対行きます!!!(笑)

新千葉遠征1

遠征2日目~3日目は、あのディズニーランドのお膝元!?の浦安市で行われた『第1回被災地復興交流サッカー大会』への参加。

とにかくすばらしい環境、すばらしいロケーションの中での2日間は、サッカーはもちろんのこと、イベントの企画等々に関して学ぶこと大!でした。

サッカーを通して子供たちの健全育成を図る!とは、まさにこのようなイベントのことを言うのだ!そのことを大いに体感することができました。


大会初日夜に行われた『カンファレンス』では、なんとも言えない心に染みいる時間を過ごさせてもらいました。

そして、何より、子供たちのたくましさ、子供たちの勇気、子供たちの・・・・・指導者として、と言うよりも、大人としてそんな子供たちとどう向き合っていくのか、そんなことを大いに大いに考えさせてもらえた時間でもありました。


3.11東日本大震災からまもなく2年。今こうして活動できていることのすばらしさを、当然!などと思わずに、あの時に感じた思いを忘れることなく、未来に歩を進めていく子供たちの明日をしっかり見据えて寄り添っていこうと思っています。


今イベントを主催されました大田原氏をはじめ、浦安ジュニアサッカークラブの皆様には、心よりの敬意と感謝の気持ちをこの場を借りて改めてお伝えしたいと思います。

ありがとうございました!!

新千葉遠征5
新千葉遠征3
新千葉遠征2


2012年、本日を以て終了となります。

ぬくぬくとした部屋の中で、こうしてパソコンに向かいパチパチしている自分とは対照的に、懐かしい温もりいっぱいだった在りし日の我が家に思いを馳せながら、今なお、寒さ厳しい仮設住宅での生活を余儀なくされている方々がこの福島県内に、そして東北地方の各所にに何万人、いや、何十万人といます。


全ての人たちに、今よりも明るく輝きに満ちあふれた新年がやってくることを切に願うばかりです。



2012年、大変大変お世話になりました。


皆様、どうぞ良いお年をお過ごし下さい!!


2012年12月31日  VAMOS(がんばろう!)福島スポーツクラブ代表 遠藤 淳
あと4日・・・・
2012年も残すところあと4日。時の流れの猛烈なスピードの速さを、この時期になるとひしひしと体感させられるわけで・・・・・


そんな年の瀬、明日から我がクラブの2012年の最後の活動となる3日間の『千葉遠征』を行う。対象は、5年生チーム。

1日目の明日は、早朝5時30分出発で、千葉県船橋市へ。

天下に名を轟かす、あのVOVAIO船橋チームより【秘伝のたれ】をおっそ分けして頂く・・・・

秘伝のたれって???

う~む・・・・・その表現が全てであり・・・・・・とにかく、秘伝のたれ!!!(笑)


みっちりみっちり仕込んで頂きます! よろしくお願い致しま~す!!!!!!!!!!!!


2日目~3日目は、真近にあのディズニーランドを臨む千葉県浦安市で行われる『被災地復興支援交流サッカー大会in浦安』に参加。

「サッカーやスポーツ活動を通して、東日本大震災にて被災した子供たちの夢や笑顔を取り戻すとともに、地域の復興を担う友達としての絆を大切にし長い年月にわたり交流を行う」

その趣旨のもとに、岩手県・宮城県・千葉県そして福島県よりチームが参加する。

大会初日の夜には、浦安市長が臨席したカンファレンスが行われ、それぞれのチームが、被災地の現状報告をし、全国へその情報を発信するというプログラムも組み込まれている。


サッカーを通して・・・・・・・大会への招待案内を頂いた際、二度返事で参加の熱烈な希望をさせて頂いた。




本日、その準備で急遽我がクラブ事務所内は学校の教室!?のような状態に・・・・・


5年生4名が参加し、カンファレンスで発表する原稿作りを行った。模造紙を事務所内に敷き詰め・・・・・


なんだか久しぶりに元先生の血が沸き踊り・・・・・(大笑)




3.11東日本大震災から約1年9ケ月の福島の時の流れをしっかり伝えるとともに、今の現状、そして、福島の子供たちはそれでもこんなに元気です!というところをしっかり示してこようと思っています。



【下記の写真は、本日の作業の様子です!】
発表会準備1
発表会準備3
発表会準備2

【作業を終えた子供たちは冬休みの宿題を・・・・感心感心!!】
発表会準備4


内容盛りだくさんの『千葉遠征』 想像するだけで、ワクワクワクワク・・・・・

とにかく、寝坊しないで5時30分に出発すること   それが大事!!(笑)




夕方からは、2012年最後の練習が体育館で行われ・・・・・

年末ということで参加者は・・・・でしたが、それでもみんなとっても楽しそうに『蹴り納め』を満喫し・・・


スペシャルクラスの蹴り納めにはスペシャルなゲストも飛び入り参加し・・・・・


テレビ局の取材あり、神奈川県からの来訪者あり・・・・・・


えっ!? 何何!???


取材の模様は、2013年1月9日TUFの夕方のスイッチと言う番組で紹介されますので、乞うご期待!


神奈川県の来訪者とは・・・・・


今年の9月末に神奈川県平塚市で行われた国際交流サッカー大会に4年生チームが参加した際に、何から何までお世話になったU氏が、「ホワイトリバーのドリブルサッカーを一度息子に堪能させたい!」と言うことで、3年生の息子さんを引き連れわざわざこの地に来て下さり・・・・・・・


親子で2時間みっちり・・・・・・・・


「これだけ練習でドリブルにこだわっているのですから、あのサッカーが展開されるのが納得でした! これだけきつい練習なのに、子供たちがどの子も生き生きしていて最高の表情をしていて感動しました! 来て良かったです!!!」とは、U氏談。



練習の最後には、フットサルクラブ全国大会へのプチ激励会も行われ、後輩からの熱きエール、先輩からの更に熱い決意表明が交わされました。


「終わり良ければ全てよし! 良いお年を!!」 キャプテンの力のこもった最後の挨拶で締めくくった2012年の蹴り納め。




今年も残すところあと4日。一日の重みを存分に体感しながらカウントダウンしようと思っています!
Merry Christmas!
メリークリスマス!!

大阪遠征から無事戻って参りました~!!(拍手~!!笑)

「いや~、果てしなく遠かった~!!」

一言で言い表すならこの言葉に尽きる! そういった感じです。


走らせ走らせど走らせど走らせど・・・・・・どこまで行こうと終点は見えず・・・・・


ハンドルを握りしめ、ペダルを踏む続け、目をカッと見開いて・・・・・この作業を繰り返すこと、往復20時間以上・・・・・(苦笑)



本当に遠かった~!!!!!!



しかし、それでもその先にあるものは・・・・・・大いに価値有り!と言ったところでした。


Jグリーン堺で行った2日間の大会。最高の環境で最高のチームとの対戦の数々・・・・・


大会翌日に岸和田のとあるサッカー場で行った虎の穴的試合!? 良いチームや良い選手は山ほどある、山ほどいる!改めてそう実感させられ・・・・・



そんな中でも、我がチームのサッカーをたくさんの方々から高評価され、思わず木に登ってしまい・・・・(笑)



関西地区のたくさんのチームの方々と面識を持つことができ、「またぜひ来て下さい!」のお誘いに、思わず、「絶対に来ます!」と確約してしまったのですが、とにかく遠いわけで・・・・(苦笑)



気力体力が続く限りは、年に1回の関西遠征もいいなあと思ったわけで・・・・



それにしても今回の遠征は子供たちにとって(私にとっても)、ハードスケジュールだったわけで・・・・・


子供たちは、終業式を終えたその日の夜19:00に福島を出発。順調にいくはずだったのに、都内の首都高速道路に入り、予期せぬ大渋滞に見まわれ、ほぼ停止状態が延々と続き・・・・  それを切り抜け順調と思いきや静岡県に入った頃から今度は大雨の中での走行を余儀なくされ・・・・  愛知県に入るとまたしても事故による大渋滞。途中で仮眠!そう思っていたのが、全てパ~!!(泣) あげくに、大阪市内に入り道に迷いに迷い・・・(大泣) 試合会場に着いたのは、福島を出発してちょうど12時間後の朝7:00。


その後少し休憩し、試合試合試合・・・・・(大会は3試合だったのですが、終わった後に、大会参加のチームと練習試合をしたり、大会に参加していない地元のチームと試合をしたり・・・)


子供たちはくたくた!?と思いきや、そうでもなく・・・・私は・・・・・試合中に途中仮眠!?などできるわけもなく、試合審判試合審判・・・・・(大大大泣)


その日の夜は、夕食後すぐにミーティングを行い、20時には、バタンキュー・・・・・(保護者の方々にメールを配信することができず・・・・この場を借りてお詫び申し上げます!<苦笑>)


翌日は、スッキリ爽快! のはずが、まだまだ体は睡眠を欲しており・・・・・しかしその欲求を満たすわけにもいかず・・・・・


前日同様試合試合試合・・・・ 本当はせっかく大阪に来たので、試合後にどこかプチ観光でも・・・とこの日は計画していたのですが、全て却下!!!  試合後には、辺りは真っ暗闇!



この日も早めのミーティングをして爆睡爆睡爆睡・・・・・・


寝だめをしたはずなのにやっぱり翌日は体が求めており・・・・・・徹夜など、ここ最近やっていなかったので体に変調が・・・・・(大苦笑)


遠征最終日。埼玉のN氏の紹介で大阪岸和田でコテコテの大阪っ子たちと朝から夕方まで試合試合試合・・・・のはずだったのですが、せっかくせっかく大阪まで来て、言葉以外は全くと言っていいほど「THE大阪」!?を子供たちは体感していなかったので、これではサッカーを通して・・・・・にならないと思い、急遽午前中のうちに試合を連続させて頂き・・・・ わがままな申し出を快く受けて下さったチーム関係者の方々に感謝感謝感謝・・・・


それにしても力強いチームばかりで・・・・・対戦ありがとうございました!


(試合後帰りの用意をしていると、同じ会場内で試合をしていた小学1~2年生のとあるチームの指導者の方々がつかつかと歩み寄ってきて、「思わず子供達のプレーにみとれてしまいました!」と突然のお言葉を頂戴し・・・・それでもその2年生の練習の様子を見ていたらボール扱いの上手いの何のって・・・・・恐るべし!)


その後、いよいよ!?THE大阪を堪能しようと、まずは大阪城にレッツゴー! と思いきや、間違えるはずもない道をまたまた間違ってしまい・・・・・ナビは頭の中!なんて豪語!?してナビをつけていないのが今回は大いに後悔するはめとなり・・・・・


なんとか大阪城へ到着。子供たちは、すっかり豊臣秀吉気分!???(笑)


1時間ほど社会科の学習!?を行い、その後は、食の都大阪を満喫するため、一路『道頓堀』へ・・・・


バスでの移動で駐車場などの苦労を考え、バスを大阪城の駐車場へ置き、地下鉄での移動を敢行!


何ごとも経験!!(初めて地下鉄に乗ったと言う子供たちが多く・・・・)



道頓堀では、まさにTHE大阪を満喫!!(THE大阪のフレーズくどいですね・・・<苦笑>)


約90分間、16名の子供たちがいくつかのグループに分かれて自由散策!


行動範囲を決めていたので、子供たちだけでも大丈夫!そう判断し・・・・・


子供たちだけあんな繁華街を散策させるなんてけしからん!!!


ごもっとも! でも、防犯防止安全パトロール隊員のように!?90分間の間、足を棒にして!?通りを行ったり来たりしながら子供たちの様子を見ていましたので・・・・・・(と言っても、正直申しますとその途中でかくゆうこの私も、たこ焼きを食べたり串カツを食べたりしながらTHE大阪を満喫していたわけで・・・・パトロール隊員の身ながら職務放棄をしてしまい、すすすみませ~ん!!!!!!!)


子供たちの生き生きとした様子、THE大阪(また言ってしまった!)をサッカー仲間と共に満喫している様子、最高でしたよ!!


(本当は、今道頓堀で子供達は・・・・と保護者の方々にメールを配信しようと思ったのですが、「なんで自由行動なんてさせてるの!?何かあったらどうするの!?」etcと変な心配をかけるのでは・・・と思ったので止めました。)


思いっきり満喫し、地下鉄で移動し大阪城へ戻り・・・・(帰りの地下鉄の移動時にあと数秒で大変なことになる事件が・・・・・・何!? 企業・・・・<笑>)


18:30大阪出発。一路福島へ・・・・・・帰りは道は順調すぎるほど順調で・・・・・しかし、私の体が・・・・・・走っては休み走っては休み・・・・・・・それでも、行きは12時間掛かったのが、帰りは10時間強ほどで到着。早朝5時前の解散となり保護者の方々には大変ご迷惑をお掛けしたのですが、ちょっぴり成長した子供達!と言うクリスマスプレゼント!?を渡すことができ、ほっとひと安心!(笑)


大阪遠征1
大阪遠征2
大阪遠征3
大阪遠征4
大阪遠征5
大阪遠征6
大阪遠征7
大阪遠征8
大阪遠征9
大阪遠征10
大阪遠征11
大阪遠征12


まもなく2012年も終了となりますが、我がクラブの活動は、明日明後日とトレーニングを行い、28日(金)からは、5年生チームの千葉遠征とまだまだ盛り沢山!


この遠征も中味の濃~い内容になっており・・・・・・



以上、大阪遠征報告でした。(帰ってきて2時間ほどの睡眠後の保育園で年内最後の復興支援活動は、きつかった~!<苦笑>)



☆メリークリスマス! 皆さんがこれからも幸せに暮らせますように!!

みんなの期待を背負って! パートⅡ
みんなの期待を背負って!

先週の木曜日、西郷村で行われた全国大会激励会に続き、本日、白河市でも激励会を催して頂き全員で参加してきました。


白河市長さんから激励金を頂いたり、激励のお言葉を頂いたり、選手一人一人が全国大会へ向けての抱負を誓ったり、記念撮影をしたり・・・・・・


約20分ほどの時間でしたが、あの緊張感漂う何とも言えない空間で過ごした子供たちは、またひとつ貴重な経験をした!そう確信しています。




「君たち一人一人の顔つきがとてもいい! 自分の思いをしっかりと自分の言葉で力強く話すことができていてすばらしい! 受け答えが本当にすばらしい!  こんな若者が育っているんだから日本の未来も捨てたものじゃない! みんなの全国大会のがんばりで福島の人達を明るく元気にして下さい!」




市長さんから、たくさんたくさん頂いたお褒めのお言葉。


何よりの激励になったことでしょう。


「技を鍛えることは心を鍛えること」


私はこの言葉が体の奥底まで染みわたり・・・・・・



今日みんなが力強く市長さんに誓った言葉を、ぜひとも実現して下さい! それが、今日のご厚意に報いることになるのですから!




それともうひとつ報告しておきます。


みんなの全国大会出場に際し、協賛を頂いた方々の数。18団体71個人。短期間の中で、これだけの方々が、みんなの後押しをしてくれました。


その中には、現在東京のサッカー専門学校で指導者を目指してがんばっているOBのK君からの御芳志があります。元ホワイトリバーのメンバーだった同志からの御芳志もあります。神奈川県に住む一ファンと言う方からの御芳志もあります。数え切れないほどの君たちの先輩や後輩からの御芳志もあります。その中には自分のお小遣いを出した子も・・・・ドリブル仲間の晴れの舞台を祝わずにはいられない!県外のチームの方からの御芳志もあります。飲みきれないほどの栄養ゼリーも頂きました。それもこれもみんなのために・・・・・


君たちには、たくさんたくさんの応援団がついています!



自分の持てる力を精一杯発揮し、かけがえのない時間を、すばらしい仲間と共に過ごしてくること! それが、みんなの期待に応えることだと思っています。


だからと言って肩肘張ることは全くありません。自分らしく、バモスらしく、福島っ子らしく・・・・・・


楽しんでこようぜ~!!!(笑)






とその前に、明日からは5日間の大阪遠征。2学期の終業式を終え、冬休み気分なんてどこへやら。その日の夜に大阪へ向けてレッツゴー! 12時間のバス移動そして初めての車中泊。着いてすぐに試合試合試合・・・・せっかく大阪へ行くので、たこ焼きの1個でも食べれれば良いのですが・・・・・行きは良い良い帰りはなんとか・・・・・(苦笑)




「技を鍛えることは心を鍛えること」



全ての鍛錬は夢への第1歩! がんばってこような! 


☆と言うわけで、25日までブログはおやすみになります。次会えるのは、きよしこの夜になります。

聖なる夜の再会を心待ちにしていて下さい! 明日の今頃は、静岡県に入った頃かなあ・・・・・
さすが、プロ!
【プロフェッショナル】とは・・・
1.ある分野について、専門的知識・技術を有していること、あるいは専門家のこと。
2.そのことに対して厳しい姿勢で臨み、かつ、第三者がそれを認める行為を実行している人

フリー百科事典ウィキペディアにはそう書かれている。


突然どうしたの???


今朝、事務所入りする前に、用事があり市内の銀行へ行った。

車を駐車場に停め、サイドブレーキを踏んだ瞬間、ガチャンという異音が・・・・・

見ると、サイドブレーキを戻すレバーが踏んだ衝撃で!?外れてしまったではないか・・・・(泣)


それってどういうこと???


確かに想像するのは難しいかも知れません。とにかく、サイドブレーキのペダルが踏まれたままになって、それを元の状態に戻そうにも、レバーが外れてしまっていて・・・・・・(泣)


思わず、その光景に、松田優作ばりに、「なんじゃこりゃ~!!!」と独り車内で大絶叫・・・・(大笑、いやいや、大泣)


どこをどう見ても、機械音痴!?の私にはちんぷんかんぷん・・・・・



とにかく気を取り直し、用事を片付けるためにとりあえず銀行へ・・・・・



戻ってきて直っているかな!?なんて思ったが、それはあり得ないことで・・・・・



とにかく自分ではどうすることもできないので、サイドブレーキが踏まれたままの車を強引に!?走らせ、以前に使っていたクラブバスを整備してもらったことのある整備工場へ・・・・・・


アクセルを踏み込んでも踏み込んでも一向にスピードが出ない車、それもそのはずで・・・・・(大大大泣)



なんとかかんとか工場へたどり着き、駐車場にいた工員の方に事情を説明すると、突然の飛び込み客にも関わらず、早速車の状況を見て下さり・・・・


踏み込まれたままだったサイドブレーキのペダルは、その工員の方の手により、ほんの1~2分で元の状態に戻り・・・・


思わず、その方の後ろ姿に向かって、「さすが、プロ!」と独り言を呟いてしまいました。


「レバーのワイヤーがだめになっているみたいですね。とりあえず部品を注文しますが、それまでの間の応急処置をしておきます!」

そう言って、針金と紐を取り出しレバー代わりの逸品!?を数分で作り出し・・・・・


「これでとりあえず大丈夫です。部品が入ったら連絡します。」


そう言われて連絡先の入った名刺を渡すと、その工員の方は一礼し作業場へと向かっていった。




「このくそ忙しい時に、なんでこんな目にあわなきゃならないんだ!」 銀行の駐車場で、そしてこの整備工場へ来るまで、俺は、地球上で一番哀れな人間だ~!! そう嘆いていた自分が、その整備工場で過ごした10分程の間に、すっからかんに消え去ってしまい・・・・・・





今日一日、プロってああ言う人のことを言うんだなあ、専門技術はもちろんのこと、あの人当たりの良さ、対応の仕方etc・・・・そのことがグルグルグルグル頭の中を巡っていて、思わずそのことをブログに認めることとなり・・・・・





俺も、あの工員の方のように、この道で全てを兼ね備えた本当のプロフェッショナルになりたいなあ、そこに辿りつきたいなあ、少しでも近寄りたいなあ・・・・・改めてしみじみそう思っています。



以前にも貼り付けた今は無き伝説の番組【プロフェッショナル】の主題歌を今夜再び・・・・・・本物のプロになりたい!!!



工員さん、今日はどうもありがとうございました!!  
改めて・・・子供ってすごい!!
『この2学期、私は夢に大きく近づくことができました。私の夢は将来サッカーのなでしこジャパンでプレイすることです。その夢に近づくために、静岡県にあるJFAアカデミーを受験し合格することができました。ですが、
もしサッカーしか頑張らない自分だったら今回合格することはできなかったと思います。合格することができたのは、6年間、この白河第一小学校でいつも「学びます・磨きます・鍛えます」の目標に向かって努力を続けたからだと思います。
体力の向上につとめる「鍛えます」はもちろんですが、「学びます」のめあてに向かってサッカーと勉強の両立を続けたことで私は「やりとげる気持ちの強さ」を育てることができました。練習で疲れて夜遅く帰り、どんなに眠くても12時近くまでかかって宿題を終わらせたこともたびたびありました。私は、そのような経験を通して、やるべきことは最後までやりとげる強い気持ちを育てることができました。
また、「磨きます」では「礼儀正しさや仲間への思いやり」を育てることができました。JFAアカデミーの試験では、仲間との共同生活がうまくできるかということについても見られました。技術がすぐれているだけでなく、仲間とうまく関わっていけるかどうかもサッカーでは重要だからです。6年間元気なあいさつや困っている友達や下級生に対し親切にするということを磨きますのめあてに向かって頑張ることができました。
私は4月から白河を離れることになります。なので三学期の残された日々を大切にし、楽しい思い出をたくさんつくり、充実した学校生活にしたいと思います。
 最後になりますが、私は、新年を迎えてすぐに、バーモントカップフットサル全国大会に出場します。福島県代表のほこりを胸に、そして、白河第一小学校の代表として、持てる力を十分に発揮してこようと思っています。皆さん、応援よろしくお願いします!   児童代表 6年 遠藤 純』


先日、娘が何やら、ぶつぶつぶつぶつと独り言!?を話しているので、思わず、「大丈夫か?」と語りかけると、「終業式に児童代表に選ばれて、全校生の前で発表をすることになり、書いた原稿を暗記しているところ。」 だから邪魔しないで!と言わんばかりの形相で一瞥されてしまった。(苦笑)


仕事の忙しさにかまけて、クラブで活動している姿しかあまり目にすることがなかったので、その原稿の内容を読んで、なんだか、「はっ!」とすると共に、言いようのない感情で胸が熱くなってきて・・・・



当たり前ですが、、サッカー以外でも子供は子供なりにがんばっているわけで・・・・・


しっかりせぇ~、おとっちゃん!って感じなわけで・・・・・(苦笑)




本日の練習時に、来週末、と言うか、今年の年末に千葉県浦安市で行われる復興支援サッカー大会に参加する4~5年生の子供たちに、サッカーとはまたひと味違ったトレーニングを行い・・・・


実は、その大会期間中、被災地県(福島県・宮城県・岩手県)から参加するチームが、浦安市長をはじめ、参加全チームが一同に介して行われるレセプションの中で、「3.11東日本大震災から」と題した発表を1チーム15分程度行うことになっており、その発表の中に取り入れる作文を本日子供たちに書いてもらうことにし・・・・・


この作文はサッカーをすると同じくらい大切なこと!! としっかり言い聞かせ・・・・・ ご理解下さい!


「学校の授業じゃないんだから、形式は気にしないで、みんなの思いを伝えることが大切! 書き終わったら試合をするぞ!」


40分程度の時間だったのですが、どの子も切々と思いを認めていて、思わずぐぐっと・・・・・(サッカーをしたい一心でがんばっていたようで・・・<笑>)



その中の、5年生K君の作文を紹介します! (また子供の作文!? そう思われた方は決して読まないで下さい。K君に失礼ですから!!)

タイトル『震災の日から』

「あの日、ぼくは学校で帰りの会をしていた。その時、大地震が起きた。3月11日午後2時46分。福島県白河市に、震度6強の地震がおそってきた。先生の指示で、みんながいっせいにつくえの下にかくれた。すごいゆれだった。しばらくすると、先生のつくえの花びんが落ちてわれた。泣いている人もいる。一度地震がおさまると、みんなランドセルを急いでかかえてシューズのまま外に出た。電線がゆれている。地なりがする。お母さんがむかえに来た。家に帰ると、つくえの上がぐちゃぐちゃになっていた。それ以来、いつも使っていたグランドも原発の事故で使えなくなり、その後1年ほど体育館などで練習をした。水曜日は、シューズを使ってはいけない本当はサッカーをする場所ではないところで、はだしでやることもあった。夏も外で練習ができなかった。  でも、ぼくたちは今もサッカーを続けている。仲間の中には、震災で家がこわれて住めなくなった人がいる。仲間の中には、原発のえいきょうで富岡町という原発の近くからひっこしてきた人もいる。ぼくたちは、今いる仲間と練習をし、サッカーを続けてきたことで、震災を乗りこえ、このようにして千葉の大会に来ることができたのだ。」




娘の作文と言い、K君の作文と言い、


子供たちって大人以上にすごい!



しみじみとそう感じているのは私だけでしょうか。


そして、大人の私たちもがんばらなきゃ!そう思ったのも、いや、思わされたのも私だけでしょうか。


ここ最近、頭の中がこんがらがるほどの仕事に取り憑かれていて、辟易と言うか毎日毎日うんざりしていたのだけれど、子供たちのがんばりを肌で感じ、そんなことで弱音を吐いている自分が本当に情けな~く情けな~く陳腐な人間に思えてきて・・・・・けれど、ここで奮起しなければ大人が廃る! だから、このブログを書き終えたら、ばしばし仕事するぞ~!!! とメラメラ燃えてきているわけで・・・・・



長い長い長~い今夜のブログでしたが、子供たちの内なる声を私が独り占めしてはもったいないような気がして、どうしてもお聞かせしたくて・・・・・改めて、子供たちって本当にすごいですね。


よ~し、これから倒れるまで仕事するぞ~! エイエイオ~!!!!(笑 と言うか本当は笑う余裕は微塵もないのですが・・・大泣)
ありがとうございました!
s_2012-12-15 11.56.49

毎年この時期に茨城県常総市で行われる、常総アイデンティ主催『常総チャレンジ8』に今年も参加させて頂きました。U10の部・U11の部・U12の部・U13の部・U14の部の5部門の大会を数週間にわたって開催するもので、写真は、昨日一昨日と行われたU12の部に参加してきた面々で・・・・

2日間、子供も指導者も、朝から晩まで大会名に掲げられているごとく、バッチリ、チャレンジしてきました!(笑)


どんなチャレンジ!?  う~む・・・・・・・・・・想像を絶するものです!!(大笑)


アイデンティのスタッフ、伊藤氏をはじめ、岡島氏・・・・・には、今年も昼夜を問わず、本当にお世話になりました。おかげさまで、今こうしていてもふらふら状態で・・・・(苦笑)


1年に1回の再会!?ですが、10年近く続く今大会への参加は、我がクラブの原点とも言うべきもので・・・・


いろいろ説明したいのは山々なのですが、その気力が完全に失われている状態ですのでここでは割愛しますが・・・(大苦笑)


とにかく、子供も指導者も、学ぶべきことが多い時間を毎年過ごさせて頂き、今年も同様に・・・・心から感謝申し上げる次第です!


来年もなんとか生き延びて!?、再会できることを今から心待ちにしております!




最後になりますが、閉会式で伊藤氏が我がクラブを評して語って下さったあの御言葉は、子供たちにとっても指導者である私にとっても、これからの家宝!?になるものでした。


そして何より、あの言葉を聞いた他のチームの子供たちが、良い刺激を受けて、サッカーを通して健やかに心豊かに成長するきっかけになればいいなあと心から切に願っています。


あの言葉って何!?   ・・・・・・・・・・・家宝ですので心にそっとしまわせて頂きます!(笑)


と言うか、いつの日かお伝えしたいと思います。今は、ふらふらなもので思考回路が・・・・・(苦笑)







選挙により、政治はまた大きく良くも悪くも変貌を遂げる予感が大ですが、私は、足をしっかり地につけて、今日も変わらず子供たちと向きあっていこうと思っています。 


☆優コーチにもなんだか変貌の予感が・・・・・優コーチブログ必見です!
みんなの期待を背負って! パートⅠ
昨日、西郷村主催、全国大会激励会が行われ、村内の小学校に通うK君とM君が出席してきました。

役場内にある村長室で夕方から行われた会でしたが、室内に入ったばかりの時には、その雰囲気に思いっきり呑まれていた!?二人も、村長さんはじめ臨席した、助役さん、教育長さんから温かい労いの言葉をたくさんかけて頂き、徐々にリラックスムードに・・・・・最初は出されたお茶に手も出せなかった!?二人も、最後は、ゴクゴクおかわりくれ!と言わんばかりの飲みっぷりで・・・・(大笑)


全国大会の抱負は!?の問いかけに、

K君は、「楽しんで来たいと思います!」

M君は、「福島の代表としてがんばってきます!」

と、それぞれ力強いコメントを発し・・・・・・



みんなの期待を背負って、がんばるべし!!!


期待を背負って!



☆協賛の呼びかけに、たくさんの方々が賛同して下さりました。本当に本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです!  その中で、クラブの仲間よりお手紙付で寄せられた志をいくつか紹介したいと思います。


「全国大会出場! おめでとうございます。 日頃の練習の成果をおもいっきり発揮してきて下さい。 白河から応援しています!」


「フットサルクラブの皆さんのご健闘をお祈りします。けがをしないでがんばってきて下さい。」


「全国大会出場おめでとうございます。ある大会で、下級生の試合を団結して応援する6年生の姿を目にしました。学校や学年を超えて、ひとつの目標に向かって同じ時間を過ごしてきた仲間の結びつき。今、この時間が大切な宝物になるでしょう。息子にもそんな思いを感じてほしいな・・・と思いました。 応援にうかがうことができないので、少しばかりですが、夢実現のお手伝いができれば・・・と思います。 寒さ厳しい折、体に気をつけてがんばって下さい。」


「この度は、全国大会出場おめでとうございます。夏のサマーキャンプでお世話になった大好きな実己君が出場されるということで、息子も喜んでおります。応援に行きたがっていますので、もし、バス等出ることがあれば、声を掛けて下さい。よろしくお願いします。  応援しています!!」



みんなには、たくさんの仲間がついているぞ!   がんばろうな!!!
37分43秒
今日は、こまっちゃんが病に伏したため!?、一人全開モードで一日を突っ走り、現在、廃人!?と化した中で、ほんのわずかに残った生命力!?を駆使し、本日最後のお仕事に取り組みます!!(苦笑)


※なんだか、『!?』ばかりが並び理解不能ですね。すみません・・・・  ちなみに、こまっちゃんこと小松コーチが病に伏す!などと大げさに書いていますが、明日、いや、近日中、いや・・・・とにかく元気に復活しますのでご安心下さい!!


午前中は、市内の幼稚園での復興支援活動。こまちゃんの分までがんばらねば! とにかくはりきり300%で子供たちと接し、みんな汗をいっぱいかいて、笑顔でいっぱいになって・・・・とにかくほっとひと安心!(笑)



午後は、事務所で・・・・・・


夕方からは、スペシャルクラスの指導。テーマは、『自分勝手からの脱却』。何そのテーマ!? もちろん、企業秘密です!(このフレーズ、超久しぶり~!!<またまた笑>)  みんな、脱却の意味ちゃんと調べたかな・・・


その後は、中学生の指導。普段、こまちゃん、いや、小松コーチに任せっきりのため、本格的に子供たちに向き合ったのは100年ぶり!? なわけあるか!! <またまたまた笑>


2時間があっと言う間に過ぎてしまうほど、とってもとっても充実した時間を過ごすことができました。変な言い方だけど、中学生のみんな、どうもありがとう!! これからもみんなのがんばりをしっかり支えていくからね!感謝の気持ち、思いやりの気持ち 大切に!!


その後、T君を送り届け、帰宅したのは22時少し前。家を出てから14時間。体は正直くたくたなのに、心の中はこんなに軽い、いや、晴れ晴れとした気持ちになっているのはなぜだろう・・・・1日の中で、3才~15才までの幅の広い年齢層の子供たちが、どの年代の子も明るく、元気で、ひたむきでetc そんな姿を目の当たりにしたからだと思うし、美味しいお昼を食べたから!?だと思うし、あとは・・・・・・・・





夕方の練習に行く前に、先日、無許可でトレーニングの映像をブログに貼り付けさせて頂いた、VIVAIO船橋代表の渡辺氏と電話で話し・・・・・・・


その時間が、37分43秒


お忙しい身ながら、私の下らない質問に真剣に応えて下さり、その上、企業秘密!?や極意!?までたくさんの教えを伝授下さり、その内容に、目から鱗、よだれだらだら、生唾ゴックン・・・・・(語彙の少ない人間です。お許し下さい。とにかく最高のお話でした!!) お話させて頂いたこの37分43秒のお陰で、指導者としてのモチベーション
は鰻登り!!!(またまたまたまた笑) お陰様で、小中のトレーニングの間、ハイテンションを4時間持続できました。本当に本当にありがとうございました!


○○日、ぜひともぜひともよろしくお願い致します! 福島にどっさりお土産を持ち帰らせて下さい!! なにとぞなにとぞお願い申し上げます!!!





子供たちを大いに変貌させる指導者になりたい!!  子供たちの明日をしっかり見据える指導者になりたい!!

子供たちを・・・・・・・・・・・・・・・・・なりたい!!!




いろんなことが目白押しの一日だったけれど、収穫たっ~くさんの一日でした。


今日関わって下さったいろんな方々に(大人も子供も含めて)最大の感謝の気持ちを込めて、




ありがとうございました!!



☆こまちゃん、早く復活してね~!!
冬将軍
バキバキ ビキビキ ガリガリ・・・・・・・


この地でのこの季節頻繁に耳にする特有の音


特有の音????




大寒波の影響で、日本全国、特に北国と呼ばれる地では雪雪雪・・・・・・・


この地も例外ではなく雪雪雪・・・・・・(と言うか、豪雪地帯の方々からすればこんな雪は雪なんて呼べないぞ!とお叱りを受けるような気がしますが・・・・<苦笑>)

CIMG2215.jpg


しかしこの地の問題は、西に聳える那須連峰からの凍てつくよな寒風により、こんなめんこい雪(笑)が、あっという間に凍り付き、いわゆるアイスバーンになってしまい恐ろしい雪に変貌してしまうことなのです。

CIMG2217.jpg


これが本当に曲者で、これにより道路状況は壊滅状態!?


そかしこで、車がスリップし事故事故事故、横転横転横転、大げさに聞こえるかも知れませんが、日常茶飯事の光景で・・・・・・・


ですので、車の運転も本当、命がけでありまして・・・・・・





昨日の練習会場への移動時も道路はバッキバキ! 車を走らせる度に聞こえる特有の音、バキバキ、ビキビキ、ガリガリ・・・・(特有の音の意味、分かりましたよね!)



そんな中、保護者の方々は、子供たちの、「サッカーがしたい!」の思いを叶えるべく、まさに命がけで会場に向かって来るわけで・・・・


「道路が渋滞で30分ほど遅れそうですが、必ず行きます!」


「とにかく安全運転でお越し下さい!」


「大型トラックがスリップして道路をふさいでしまって、迂回路を探し探しようやく辿り着きました!」


「本当にご苦労さまでした!」


「ものすごい渋滞で、来るのに1時間以上掛かってしまいました。遅れてすみませんでした。」


「何を言ってるんだよ。がんばってよく来たね。お家の人に感謝だよ。残り時間、精一杯がんばって練習するんだよ!」






子供たちのがんばり、いや、保護者の方々の命がけ!?のがんばりに絶対に応えなければ!! 心の底からそう思う昨日の練習になりました。



こんな状況が、こんな会話がこれから数ヶ月続きます。



雪が溶け、特有の音が聞かれなくなった頃、子供たちが少しでも上手になり、少しでも成長できるようにするのが私の、このクラブの使命である!


今年もやってきた冬将軍を前にしてそう思う今日この頃です・・・・・・


☆保護者の皆様、とにかく安全運転で無事故でこの冬を乗り切りましょう! もちろん、この私も同じですが・・・・
終わりなき旅
チビリンピック福島県大会

チビリンピック福島県大会成績 1回戦 2対3 ●


2対1残り数分、勝利を手中に・・・・・・しかししかし千里の道も九百九十九里から・・・・・・





大会2日目  白熱した試合が繰り広げられているであろう時間に、私は・・・・・・・・



いつまでこうしていられるか・・・・なぜかそんなことを思いながら強情を張って!?ベッドの中に居続け・・・



もう限界! そう思ってグッタリとした体をようやくベッドから解き放した!?時刻は・・・なんと12時!!



一体俺は何をしているんだろう・・・・・・家族の昼食の外食への誘いも断り、ひとりこたつでボーっと・・・・






昼食から帰ってきた次女に、「釣りでも行くか!」と誘うと釣り大好き娘は、笑顔で二度返事・・・・・



こんな冬に釣り!?



はい、こんな時期でもほっかほかで釣りができるところがあるんです! それは・・・・・・


室内の釣り堀です!!(笑)


・・・・・・・・・・・



一心不乱!?に釣って釣って釣りまくる娘の姿を見ていて、


「この娘とこうして過ごせるのもあと約100日か・・・・・・」


ふとそんな感傷的な気持ちになったりして・・・・・・(苦笑)




帰り道、満足げな娘を横目に見ながら、吹きすさぶ雪の中を車で運転している最中、


「俺は一体どこに向かおうとこの人生を歩んでるんだろう・・・・」 昨日の敗戦後、バスを運転しながら帰路に着いている間にずっと思い続けていたことが、なぜだか急にフラッシュバックしてきて・・・・・・




一人でも多くの子供たちが心に描いている思いや願いや夢を実現できるように礎を築いてあげること、サッカーが大好きな子供たちを一人でも増やしてあげること、サッカーを通して様々な経験や体験を通して人として健やかに成長するお手伝いをしてあげること  




与えられた使命をしっかり全うすること




また、がんばろうっと・・・・・・・・



(渡辺代表、正コーチ、無許可での掲載お許し下さい! 曲と画像が私の今の気持ちを全て代弁しているので、どうしても今日のこのブログに使用したくて・・・・本当にすみませんでした!(苦笑))
Meditation
このVAMOS福島スポーツクラブを設立して5年目。

前職の小学校教員時代には味わえなかった、言葉には上手く表すことができない良い意味でもほろ苦い意味でも・・・の数々の思いをこのクラブを通して感じてきた。(感じてきた? 感じさせられてきた?)


その様々な体感に関しては、もちろん現在進行形中である。


喜びではきちれんばかりになる思い、切なさで押しつぶされそうになる思い、本当にその思いは多種多様である。


その度に一喜一憂し、その度に薔薇色になり、その度に奈落の底に落ち・・・・・・・・・




今尚、そのサイクルは止まることを知らず爆進中で・・・・・・・




本日、最後の復興支援活動になった市内のG幼稚園。

年少児から年長児さん全員が一同に介して行ってくれたお別れの会。涙顔の子供たちの姿を目の当たりにし、8ヶ月前、見ず知らずのおじさん二人を快く迎え入れてくれて、そして、毎回の活動を心から楽しみにしてくれて、そしてそして今日の姿・・・・・・21世紀の福島を担う子供たちの心と体の復興支援活動と銘打って行っている活動で、こちらの方が子供たちからたくさんの思いを頂いている毎日で・・・・・





クラブの仲間に支援を!の呼びかけに、本日、ある保護者の方がこのようなお手紙を添えて応じて下さった。

「全国大会への出場、本当におめでとうございます。これまでの頑張りが結果としてあらわれたこと、いち保護者として本当にうれしく思います。直接的なお手伝いができませんので、協賛金という形で、自分も試合に出場する気持ちです。息子の○○が、協賛金の資料を熱心に読み、「協賛金ってなに?」と質問・・・ 説明すると、自分もおこづかいから出したいとのこと。サッカーを始めてから、色々な経験を通して人として成長していると感じています。今後ともよろしくお願い致します。  ◎全国大会、○○が応援に行きたいと言っていますので、私も、一緒に行きたいと思っています。応援ツアーなど予定はありますか?」


この手紙を手にした時、体中がなぜか、カ~ッと熱くなった感じがした。と同時に、一枚の手紙が、これほどまでに重くずっしりとした触感のあるものだと初めて気づかされた気がした。(応援ツアーは予定にはありませんが、2014年1月4日・5日・6日、東京都駒沢体育館にVAMOS福島ファミリー&VAMOS福島ファンの皆さん、大集結!の呼びかけは後日しようと思っています!)




手放しで喜べること、大いなる責任を感じなければならないこと、一生背負っていかなければならないこと、心が熱くなること・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・数えれば錐がないことを、このクラブを通してこれからも感受していこうと思っています。



もちろんこの心身がショートするまでの期限付きの話ですが・・・・・・・・





皆様、不束者ですが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
ファミリー
本日行われたルーキー・チャレンジクラスのトレーニング。


欠席者続出!? と大げさな言い方をするほどではありませんが、それでも体調不良で休む者がおり・・・・・


原因は・・・・・・・昨日の凍てつくような寒さの中での練習試合が・・・・・・・


確かに、昨日の試合は心身ともに過酷!?を極め・・・・・・


そんな中でも、ある保護者の方からは、

「昨日は大変な寒さで、○○は、普通ならあの寒さでは泣き言を言うような子供でしたが、そんな不安もよそに、元気いっぱいにサッカーをしてる姿を見ていて、成長していることを感じました。『2点とったよ!』と家に帰るなりとても嬉しそうな表情を浮かべて報告してくれました。」

とのメールが送信されてきて、なんだかその様子が目に浮かびとってもとっても嬉しくそして温かい気持ちになりました。



具合が悪くなった子供たちが、一日も早く快復し大好きなサッカーができますように!!!





ところで、本日日中、以下のようなメールをクラブ全会員の方々に発信しました。


タイトルは、【ぜひともご支援を!】

「VAMOS福島スポーツクラブより全会員の方々にお知らせをします。既にクラブホームページに掲載している事項でお分かりの方が多数いるかと思いますが(ご存知のない方は、クラブホームページ内トップページをご覧になって下さい。)、VAMOS福島スポーツクラブ内フットサルクラブチーム『Vamos福島フットサルクラブ』が、過日行われた第22回バーモントカップフットサル大会と言う大会に出場し、見事優勝!! 来年1月4日~6日に東京都で開催される全国大会に福島県代表として出場することになりました。そこで、今月1日(木)~13日(木)までの期間、各企業・団体・個人様に向けて、協賛金を頂く形で支援の依頼活動を開始しました。クラブの仲間の晴れ舞台です。クラブの皆様にも趣旨をご理解頂き、ぜひともその一翼を担って頂けないかと思い今回連絡させて頂きました。各企業団体様からは、1口10000円(何口でもOK!)、各個人様からは、1口3000円(何口でもOK!)と言う形での協賛依頼になります。同じクラブの仲間の支援!ぜひぜひ御一考下さい。尚、詳しい資料(協賛依頼関係一式)がありますので、我こそは! 我が社で! 我が家で!等々と思われた方は、スタッフにお申し出下さい。資料をお渡しします。多数の支援をお待ちしております。趣旨をご理解の上、何卒ご協力のほどよろしくお願い致します!」



という内容でした。


一人でも二人でもこのメールの趣旨を理解してくれればいいなあ・・・・・そんな思いでいると・・・・・



本日の練習終了後、たくさんの方から「協賛依頼資料頂けますか!」と申し出があり、その反応の早さに驚きと言うか、とにかく理解して頂けた方が多数いてもらえたことに、とってもとってもとっても嬉しい気持ちになりました。


VAMOS福島ファミリーの支援の輪がもっともっともっともっと広がっていくといいなあ・・・・と願っています。我こそは! どうぞよろしくお願い致します!!
さすが12月! 恐るべし12月!
今日は、5~6年生(一部4年生含)は茨城県古河市遠征、4年生は栃木県真岡市大会参加と、共にAM6時台の出発で、暖かい南の国へ!????


ところがところが、茨城県では、グランドに着くなり、なななんと雹の雨あられ・・・・・・その後には冷たい雨のオンパレード・・・・・・・


試合の合間にバスの中でブルブル震えていると、


「白河は現在雪が降っております。すでに五センチは積もっております…帰り お気をつけて。」と、遠征参加の数名の保護者の方より次々とメールが舞い込んできて・・・・・・


その写真を見て、なななんじゃこりゃ~~!!と松田優作ばりにビックリ仰天!!!(笑 と言うか笑ってる場合ではなかったのですが・・・・)

え~~~~っ!!!

先ほど福島を出発する段階では、ゆきのゆの字の気配すらなかったのに、福島を出てたった3~4時間の間にこんな景色に一変するとは・・・・・・・・


ひょうの洗礼と言い、突然の雪景色と言い、思わず、さすが12月!!と独り言を呟いてしまいました。(笑  と言うかまたまた笑ってる場合ではなかったのですが・・・・笑)



「こんなこともあろうかと、昨日バスのタイヤはスタッドレスに変えましたのでご安心下さい!」とメールを送って下さった保護者の方に返信をしたものの、まさかまさか今日こんなになってしまうなんて・・・・・・


恐るべし12月!!


(栃木県も福島県同様突然の雪に見まわれ、試合が途中で中止になったようで・・・・・選手のみなさん、引率の本間コーチ、大変大変ごくろうさまでした! 明日も試合が続くので風邪などひかずに元気に参加して下さいね!)



ただし、午後遅くからは、茨城も栃木も福島もすっかり晴れ渡り、あの天変地異!?は一体何だったのかと・・・・・(ただし、天候は好転したものの、大雨のおかげで!?選手も指導者もびっしょびしょ。ガタガタブルブルは一向におさまらず・・・<苦笑> グショグショドロドロのユニフォーム、ジャージ、ウィンドブレーカー等々の山のようなお土産!?に保護者の方はさぞかし・・・・バスの中も悲惨な状態に・・・・<泣>)



夕方、福島に戻ってくると、雪景色はどこへやら!と言った感じで、また朝の姿と同じになっており・・・・・
(と言っても、突然の大雪の残骸!?は、道路の端々に残っており、やはり現実のことであったと実感するありさまで・・・・)




明日は地元での練習試合。グランドにはうっすらと雪が残っており、明日朝凍っていなければいいなあ、どろどろぐしょぐしょにならなければいいなあと願うばかりで・・・・・・・・




とにもかくにも、12月の洗礼を受けた今日一日となりました。チャンチャン♪♪