Vamos福島
余韻
8月最終日  残暑が厳しい中ですが、明日から暦の上では9月  季節は秋!?


過ぎ去りし2012夏を偲び、先日、いくつかのスナップ写真を掲載し、過ぎさった日々を振り返ったのですが、またまだ偲び足りなかった!?ので、再度振り返ることに・・・・・・・



①7月21日~22日  夏休みに入ってすぐに石川町の大会に参加   静岡遠征を控えた5年生チームをなんとか形にしたいと7月に入ってから鍛えに鍛えまくり・・・・・ その成長ぶりに「ホッ!」

②7月24日  2年ぶりに開催した奥の細道サッカーフェスティバルの会場準備のために、みんなでだだっぴろい!?グランドの草むしりを敢行  仕事から真っ直ぐ直行して下さった方は、仕事着のまま草むしりを行って下さり・・・・感謝感謝の気持ちでい~っぱいになりました!

③7月27日  朝から晩まで掛かって、翌日から行われる第11回奥の細道サッカーフェスティバルの会場準備等々を行う  自分たちの大会は自分たちの手で! たくさんの子供たちのがんばりに、ウルウル・・・・・

④7月28日~29日 T兄弟のすばらしい選手宣誓で始まった奥の細道サッカーフェスティバル。1日目の突然の大嵐、雷雨・・・・ 2日目の土砂降りの中での試合・・・・  いろんなハプニングが続出した2年ぶりに開催したクラブ主催の夏の大イベントでしたが、大大大成功!となりました!

⑤7月30日~8月2日 2012夏サマーキャンプIN南会津第1弾 27名の子供たちが参加し、充実した3日間を過ごしました。

⑥8月3日  東京都清瀬市の大会に参加。灼熱地獄とはこのことか! 参加したほとんどの選手が足に水ぶくれを作ってそれはそれは大変なことに・・・・・ それでも皆無事に生きていました!(笑)

⑦8月4日~5日 いわき市で行われた歴史と伝統ある平七夕杯に参加。5年生主体・6年生主体の2チームが参加し、両チーム共に、銀メダル・銅メダルを獲得! まさに「いわきオリンピック」でした!(笑)

(サマーキャンプから参加した6年生数名は、1週間連続で活動。本当によくがんばりぬきました!)

⑧8月8日  EXILEカップフットサル大会宮城予選に参加。昨年同様、予選リーグを1位で突破するものの、決勝トーナメント1回戦で敗戦(PK負け)。しかし、その涙もどこへやら・・・その後に乗船した松島湾遊覧船でのはちきれんばかりの笑顔笑顔笑顔・・・・・ 「子供が成長するってこういうことか」なんだか悟りを開いた胸中に陥り・・・・


⑨8月9日~14日  第26回全国少年少女草サッカー大会参加(静岡遠征) 総勢32名で参加し、5泊6日、誰一人として脱落する者なく今年も無事終了  この大会で鍛えた心と体をこれからの福島での活動にどう生かせるか・・・・


(この同期間に、マクドナルド主催のイベントで日本中からたった5名の子供たちが選ばれロンドンオリンピックへ。その内の一人に6年生のJさんが選ばれ、なでしこJAPANの決勝戦をライブで観戦したり、バレーボール女子の銅メダル獲得の瞬間をライブで観戦してその様子が思わずTVに映ったり・・・・静岡遠征に参加した子供たちとはまた違った時間を過ごし・・・・)


⑩8月16日~18日  2012アルビレッジサッカーフェスティバル参加(新潟遠征) 長期の静岡遠征から1日おいての2泊3日の遠征  心も体もくたくたながらも・・・・・  しかし、2日目朝の集合時間に遅れて大目玉を食らったことや、食事の面でもぼろが出た!?ことや、プールの後の集合時間に遅れておいてきぼりを食らったことや・・・・  まだまだ鍛える価値あり! 特に心を! いろんな意味で中味の濃い3日間となり・・・


⑪8月18日・19日  4年生・5年生がそれぞれ茨城県・栃木県で行われた大会に参加 私は4年生大会を引率したのですが、新潟遠征を0時頃解散し、帰宅後仮眠!?し、5時30分には4年生を茨城に・・・・あまりのハードさに、ぶっ倒れそう!?になったのですが、4年生(チャレンジクラス)の子供たちの目を見張る成長ぶりが良薬となり、疲れもぶっ飛び・・・・(笑)


⑫8月20日  東京都暁星アストラ(暁星小学校サッカー部)との交流試合  5年前にある大会で対戦し、「面白いチームですね」とアストラのM大監督に評され始まった夏の交流会   まさに虎の穴!?と呼ぶにふさわしい栃木県那須町にある暁星小学校の施設で行った今年の交流試合も格別のものとなり・・・  お昼ご飯までご馳走になり・・・・  毎年夏1回限りの交流ですが、これからもどうぞよろしくお願い致します!!!


⑬8月21日~23日  2012夏サマーキャンプIN南会津第2弾  22名の子供たちが参加  第1弾は主体が低学年(1~3年生)対象(6年生の数名がリーダー役で参加)  今回は、中学年(4~5年生)が対象  キックベースボール大会!?から始まり、川遊び(タイヤチューブラフティング)、勉強会(夏休みの宿題)、尾瀬沼ハイキング、夜のカブトムシ取り、岩魚のつかみ取り、バーベキュー、クラフト・・・・  学校では味わえないことを我がクラブで! サッカーを通してそしてそれ以外の活動を通して、子供たちの心豊かな健全育成を! 最高の3日間だったなあ・・・


⑭8月25日~26日  4年生チーム・5年生チーム・6年生チームそれぞれが夏休み最後の大会に参加   この1ヶ月に鍛え上げた成果がほんの少し見えて・・・・・・ 6年生チームが参加した埼玉県上尾市の大会では、かき氷のお陰で命が救われ・・・・!?  今年の夏は、静岡よりも新潟の方が、新潟よりも埼玉の方が、くそくそくそ熱くて、いや、暑くて・・・・  試合中に、「高温警報」が発令される始末で・・・・・ 1日目の帰りには、ヒッチハイクで日本1周を行っている東京都の大学生をバスに乗車させ、充実した時間を過ごし・・・・・その大学生は、なんと私の母校の学生で、その奇遇にお互いにビックリ仰天!(笑)

一昨年の夏、静岡遠征に行く際には、屋久島にヒッチハイクで行く26才の男性をバスに乗せ、今回は日本一周の学生を乗せ・・・・・  ヒッチハイクの世界に魅せられ、触れあった子供たちの中から将来同じような者が出現すること必至で・・・・(笑)


私も学生時代、船やバスや電車を乗り継ぎ、東京から北海道に行き道内や島を巡って一人旅をしたり、バイクで西日本一周をしたり・・・『一人旅』がこの上ない経験や体験(人とのふれあい等々)となり、心を大いに育くんでくれることを、身をもって体感しているので、ヒッチハイクの面々を見ると放っておくことができなくて・・・(苦笑) そんな人間と子供たちを触れあわせることもきっと価値のあることと思い、平気でバスに連れ込み・・・(苦笑)





そんなこんなで2012夏を総括してみました。近日中に、ホームページのトップページに『2012夏を振り返って』と題して特別コーナーを設けます。(現在業者の方に依頼中ですので、そろそろアップされると思っていて下さい。) 上記のいくつかのイベント等々に参加した様子を写真集やDVD等々でお見せしたいと思っています。



「明日からはもう9月。いつまで余韻に浸ってるんだ!!」


お叱りの声が聞こえて来そうですが、「だって楽しかったんだからしょうがない!」



今しばらく余韻にめいいっぱい浸らして下さい・・・・・・・・・




ただし、余韻に浸るだけでなく、今のことは精一杯、いや、力一杯に尽力しますのであしからず!!(笑)
ありがとうございます!
6月末より公園内の芝生化整地事業のため使用できなくなっていたホームグランド。

その間、練習会場としてあっちを借りたりこっちを借りたり・・・・・(苦笑)


養生期間を終え今週より使用の許可が下り、放浪の旅!?にも終止符が打たれ・・・・・・



「ようやくこの日が来た!」


そう思ってグランドに行ってみると・・・・・・・



確かに、青々とした芝生にはなっているのだが、これでは使用することが・・・・・

グランド1


しかししかし、我がクラブはこの敷地を借用させて頂いている身分。行政に「芝刈りをして下さい!」などと言える身分ではないので、倉庫にあった芝刈り機を取り出し・・・・・・


刈り取った草は、みんなでせっせこせっせこかき集め・・・・・・・


「自分達が使わせて頂いているグランドなんだから、自分達の手できれいにするのは当たり前! 使わせてもらえるのが当然などと思うのは大間違い!」


子供たちに話をしながら自分にもしっかり言い聞かせ・・・・・・・・

グランド2



そして出来上がった天然芝のすばらしいホームグランド!

グランド3



行政の方々に感謝! 地区の方々に感謝! 我が者顔で振る舞うことなど決してあってはいけない! 謙虚な気持ちを忘れてはいけない! 



これからも大切に大切に使わせて頂きます。皆様のご厚意に心から感謝申し上げます!!
2012夏  最高だったなあ・・・・・・・
2012夏 いろ~~~んな顔に出会いました。そのほんのほんのほんの一端を・・・・・


【滝修行!?の1年生Kさんの笑顔!?(笑)  2012サマーキャンプIN南会津第1弾より】
1_20120828000718.jpg

【満腹の1年生S君の満足顔!  2012サマーキャンプIN南会津第1弾より】
2_20120828000744.jpg

【ビンゴ大会での3年生Kさんの満足顔! 2012サマーキャンプIN南会津第1弾より】
3_20120828000756.jpg

【川遊びでの3人娘(1年Iさん・2年Kさん・6年Jさん)のはちきれんばかりの笑顔! サマーキャンプIN南会津第1弾より】
4_20120828000807.jpg

【大自然の中で3日間を過ごしたみんなの笑顔! 2012サマーキャンプIN南会津第1弾より】
5_20120828000851.jpg

【EXILEカップに参加したフットサルクラブの笑顔! 宮城県で行われたEXILEカップより】 
6_20120828000902.jpg

【知り合いになったフランス人の茶目っ気!(笑) EXILEカップ後の遊覧船より】
7_20120828000912.jpg

【大会の合間の束の間の5年Yさん、6年K君、6年J君の笑顔!  静岡遠征より】
8_20120828000922.jpg

【2012夏最後のイベント参加者の笑顔! 2012サマーキャンプIN南会津第2弾より】
9_20120828000934.jpg

【溺れてるんではありません!の5年生K君の笑顔 2012サマーキャンプIN南会津2弾より】
10_20120828000943.jpg

【大自然をバックにスッポンポン!(笑) 2012サマーキャンプIN南会津第2弾より】
11_20120828000954.jpg

【上級生のビンゴ大会の景品はなんと・・・!4年生T君(笑) 2012サマーキャンプIN南会津第2弾より】
12_20120828001033.jpg

【楽しくも過酷だった!?尾瀬沼ハイキングの笑顔! サマーキャンプIN南会津第2弾より】
13_20120828001045.jpg

【大自然を思う存分満喫した3日間でした! サマーキャンプIN南会津第2弾より】
14_20120828001055.jpg

【たくさんの人たちとのふれあいは最高の財産に! サマーキャンプIN南会津第2弾より】
15_20120828001112.jpg

【??????   サマーキャンプIN南会津第2弾より】
16_20120828001121.jpg

【夏休み最後の埼玉遠征帰りに出会ったヒッチハイカーのTさんとの記念写真  埼玉県羽生SA~栃木県那須高原SAまで一緒に過ごした時間は、2012夏最後の良い思い出になったね! 埼玉遠征より】
17_20120828001132.jpg


まだ2012夏が過ぎ去って間もないというのに、なぜこれほどまでに懐古感そして寂寥感を感じられるのだろうか・・・・・(泣泣泣)



「サッカーを通してそして様々な体験や経験を通して21世紀を担う子供達が心豊かに成長するようサポートする!」


いつまでもそしてこれからもそんなクラブであり続けたいと思っています!!!
日常
2012夏 福島の子供たちの夏休みは昨日で終了し、本日より第2学期の開始。

「みんな宿題全部終わって今日の日を迎えたんだろうな・・・・」

朝からそのことだけが気になって気になって・・・・・・・



今日から『日常』の再開。


変な言い方に聞こえるかも知れないが、この表現が適した一日となり・・・・・・




午前中は、約1ヶ月ぶりの保育園での復興支援活動。


「待ってました!」と言わんばかりの笑顔の花花花・・・に超ハイテンションでがんばり、その結果・・・・


指導後には、こまっちゃんと二人のランチも久しぶりで・・・・・・・




午後は、事務所でパソコンに向かい・・・・・・


と言っても、午前中のハイテンションの反動が出てグッタリとなり・・・・・・




公園内の芝生化のために6月末から使用できなくなっていたホームグランドでの2ヶ月ぶりのトレーニング・・・


「ヤッター!」と思ったのも束の間・・・・・


グランドに行ってみると、「芝生ってどこ?」と思われる状態に・・・・・・





倉庫から芝刈り機を出動させ!?ウィーンウィーンウィーン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今こうしていても機械の震動がこの手を通して蘇ってくるほどで・・・・・・・・・




全部は刈りきれなかったのだが、それでも少しは格好の良い状態になり・・・・・・




これまた、この日が来るのを、「待ってました!」と言わんばかりにグランドを思いっきり駆け回り、サッカーボールと戯れる子供たちを見ていて、とってもとっても嬉しい気持ちになり・・・・・



3月末で埼玉県に引っ越したY君が夏休みを利用して遊びに来ていて(埼玉県の学校は今週まで夏休み。羨ましい!!)、


「久しぶりにみんなとサッカーがしたい!」と、引っ越してもずっと持っていたと言う我がチームのユニフォームを身にまといグランドに現れ・・・・・


そんな姿を見るにつけ、またまたとっても嬉しい気持ちになり・・・・・




平凡な日常かも知れないけれど、なんだかこの平凡さがとても懐かしくそして居心地が良く感じられ・・・・・・



明日も午前中から復興支援活動で郡山の保育園に出向き、事務所に戻ってきてパソコンをパチパチし、夕方にはグランドへ行き・・・・・・・・


明後日も午前中から市内の幼稚園へ出向き、事務所に戻って・・・・・夕方からは・・・・・


明々後日も午前中から村内の保育園へ出向き、事務所に戻って・・・・夕方からは・・・・・


週末は、試合をし・・・・・・・・





繰り返される『日常』の中で、たくさんの子供たちの『今』そして『未来』に立ち会える喜びを体いっぱいに感じ、と同時に、その責任の重さをひしひしと感じ、一日一日を過ごしていきたいと思っています。



関わる全ての人達に精一杯の思いを込めて・・・・・・・ どうぞよろしくお願い致します!!




静岡遠征最終報告-ひと休み-
大会最終日、静岡県内は大雨洪水雷警報が発令し、大会が中止になってしまい・・・・(1位トーナメントの決勝戦は行われたのですが、その他の全ての試合は一切中止に・・・・)


「終わりよければ全て良し! 明日の試合は両チーム共に全員が試合に出場し勝って福島に戻ろう!」


前夜のミーティングで優コーチが語った言葉。子供たちのモチベーションは自然と高まり、朝食も全員ばっちり完食し・・・・(実際は???)


そんな矢先に聞かされた大会中止の連絡   子供たちの反応は・・・・・・・・


ブーイングの嵐嵐嵐・・・・・・それを押さえるのに四苦八苦・・・・(苦笑)


しかし、最後の一言に一同シーン・・・・・


「1位トーナメントの決勝に行けば試合ができたんだけどなあ・・・・」





6日間、大変大変大変お世話になった宿舎のスタッフの方々全員の見送りを受け、一路福島へ・・・・・

(すばらしい施設、スタッフの方々の温厚な対応、そして、思わぬU19日本代表選手との同じ屋根の下!?での生活そして交流・・・・・ 静岡遠征(全国少年少女草サッカー大会参加)を初めて7年、宿舎生活をする上で、これほどすばらしい時を過ごしたことはなかった!そう言い切れる6日間となりました。J-STEPの皆様には心より心より心より感謝申し上げます。そしてU19代表のスタッフの方々をはじめ選手の皆さんの粋な計らいには本当にびっくり仰天でした。ありがとうございました! 皆さんが雨の中トレーニングをしている際に、子供たちがバスの中から声を限りに叫んだ「ニッポン!」コールは届いたでしょうか。SBSカップでの活躍と、そして、4年後のリオデジャネイロオリンピックでの活躍を大いに祈念しています。がんばれ、ニッポン!)






行きには8時間掛かったにも関わらず、帰りは約6時間の移動で済み・・・・・




予定より大幅に早い帰宅になったため、途中どこかで時間つぶしでも・・・・と思ったのですが、子供たちの帰りを今か今かと待ちわびている保護者の方々のことを考え、寄り道をせずに直行し、お子さまを確かに引渡し・・・



静岡遠征=第26回全国少年少女草サッカー大会参加 無事終了! となりました。


お土産話をたくさんたくさん聞かせること! 果たして実行したのかな・・・・・・


(子供たちの6日間の思い、様子はサッカーノートにぎっしり書き込まれています。覗いてみて下さい。)





本来は、このブログは昨夜書くべきものでしたが、解散後、どういうわけだか、ど~~~~~っと疲れが吹き出してきて!?、解散場所で放心状態!?になり、家に着いて即効でバタンキューになり、今にいたり・・・・・・・





8月15日 本日は終戦記念日  先ほど、12時の時報と共に、サイレンが鳴り響き、事務所のパソコン前で合掌し、平和な日々をおくれることに感謝し平和な日々が続くことを願い・・・・・・・・・






明日からは3日間の新潟遠征  今日は束の間のひと休み  と言ってもパソコンパチパチパチパチですが・・・(苦笑)






父が亡くなって初めてのお盆   仕事が終わったらお墓参りに行ってこようっと・・・・・・



☆2012の夏休みも残すところ10日あまり。子供たち、勉強がんばれよ!!!
静岡遠征5日目報告
現在PM22:00  こちら静岡県は、滝のような雨がゴーゴーとうなりをあげて降りしきり、雷鳴が轟き・・・・子供たちはもしかしたら、「こわいよ~!」と言って、ひとつのベッドに何人かで抱きついて寝てるかも知れません・・・(笑)


いよいよ静岡遠征最後の夜。長かったような短かったような・・・・・


「もう静岡遠征終わっちゃうのか・・・・・」


何人かの子供たちが発したこの言葉の意味するものは・・・・・・(ご想像にお任せします!)




ところで、大会4日目にして、5年生チーム(U11)が、初勝利をゲットしました~!!!


皆さんで、声高らかにご唱和下さい。


「ホワイト勝利に大きな拍手! パパパンパパパンパパパンパン!!」


苦しんで苦しんで苦しみ抜いた末に辿り着いた喜びは、それはそれは尋常ではなかったようで・・・・(苦笑)


「勝った瞬間の子供たちの喜びようは、半端じゃなかった!」とは、指揮をとった優コーチ談。


(詳しくは、優コーチのブログをご覧下さい)




6年生チーム(U12)はと言うと・・・・・・・


試合は、1勝1敗でしたが、それよりもなによりも、子供たちが夢中になったのは・・・・・


毎年恒例の!?みやっち先輩の後輩激励訪問。


みやっち先輩って誰!?


そう思われた方は、4年前のこの時期のブログを読んでみて下さい。百聞は一見に如かずですので・・・・・


3時間近くの滞在の間、子供たちは先輩との触れあいに没頭し・・・・(変な言い方ですが、この表現が一番適しているかと・・・・)


最終戦は、みやっち先輩が、みやっちコーチに変身し!?・・・・・


(1試合目に負けた時に来て、本当はすぐに帰る予定だったところが、「次は絶対に勝つので応援よろしくお願いします!」と後輩から言われてしまったため、急遽会場に残ってくれることになり・・・・)


「先輩に勝利を!」


チーム一丸となって獲得した勝利は、先輩にとっても後輩にとってもそれはそれは格別だったようで、歓喜の抱擁の嵐嵐嵐・・・・・・・


たかが試合、されど試合・・・・・


忘れられない試合になったこと間違いありません。



みやっち先輩、そして、お母さん、毎年毎年、遠いところわざわざ足を運んで頂き、そして子供たちに差し入れまで頂き、更に更に応援までして頂き、そして何より、ホワイトリバーのことを覚えていて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。


今度は高校生になったみやっちと再会できるのを楽しみにしています。がんばれ、みやっち! がんばれ、受験生!


【みやっち先輩との記念撮影! いつもの写真撮影の時の歌!?をもじって、「みやっち君はおっきいぞ♪♪二~!」】
先輩今年もありがとう!


試合終了後、5年生の試合会場へ向かう途中、特別トレーニングを実施


片道約1000段、往復約2000段の階段上り!? 山上り!?を敢行


場所は、かの有名な久能山 (知らない? ここでは有名なんです!<笑>)

特別トレーニング

上って頂上で記念撮影をしてすぐに下山。まさにハードトレーニング!???


しかし、下山途中で子供たちにハプニング!?


二人の若い女性と一緒に記念撮影。照れまくり100連発!? 子供たちが男になった瞬間でした!(大笑)

なぜ、こうなったかというと・・・・・・・・企業秘密です!(笑)
みんなドキドキ!




この長期の遠征は(と言うか遠征はいつもそうですが)、福島に戻り、子供たちの帰りを今か今かと首を長~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~くして待っている保護者の方々に子供たちを引き渡す!?(変な言い方ですが・・・)までが試合終了の笛が吹かれる時なので、気を緩めることなく、グランドでもグランド外でもしっかり子供たちに関わっていこうと思っています。





ブログを書き始める頃に降っていた滝!?(雨)は、すっかり小降りになりました。



明日も一日、楽しんでいこうぜ、なあ、みんな!!!
静岡遠征4日目報告
「ドリブルしかしてこねえんだから、10人で囲めばいいだろう!」

「今回の大会で最悪の試合だった! ありゃ、サッカーなんかじゃねえよ!」


本日の我がU11のチーム(5年生チーム)と対戦した相手監督が、試合中に自分のチームの選手に怒鳴りまくっていた言葉、そして、試合終了後に、聞こえよがしに発してきた言葉。


その言葉を我が子供たちは、どんな思いで聞きながらプレーしていたのだろうか・・・・・


パスで逃げたい!!  もっともっと上手くなって全員ぶち抜きたい!!


どちらの思いを抱いていたのだろうか・・・・・・・


試合後、間髪入れずにすぐにドリブル練習に励む子供たち。この光景を、怒鳴り散らしていたあの方には、どんな風に映ったのだろうか・・・・まっ、振り向きもしていないとは思うが・・・・・・




「とても面白いチームですね。もの凄く勉強になりました。ありがとうございました。」


昨日、我がU12チーム(6年生チーム)と対戦したチームの、元Jリーガーの監督さんが手を差し出しながら発した言葉。


結果的には0対1で敗戦したのだが、内容を評価して頂けたことに対し、大変嬉しくなると共に感謝の気持ちでいっぱいになった、と同時に、もっともっともっともっとがんばらなければ、いや、がんばらさせねば・・・・しみじみとそう思った。そのため、試合後のミーティングでは激高し・・・・(苦笑)



磨いて磨いて磨きまくる!!  どんなに最低の評価を下されようとも、信じた道を子供たちとともに突き進もう! 必ずや道は拓ける!!  



5年生チームのみんな、今度あのチームと対戦した時には、どんなにボールに群がって来ようとも、100人かかってこようとも、ボールに触らせずに、がんがんゴールにボールをたたき込んでやろうぜ!! 


そのためにも、一に練習二に練習、三も四も五も・・・・・・・練習あるのみ!! 

(6年生も1年前はけちょんけちょんにされていたんだから・・・・・勝って奢らず、負けて腐らず! みんなのゴールはま~だま~だ先なんだから! 焦らずじっくり確実に、今できることを精一杯にがんばっていこう!!)




遠征も4日目。優コーチの本日のブログに記載されているように、疲れが目に見えてきている者が続出してきており・・・・・・



それでも、誰一人脱落することなく、この4日間をがんばっていることは◎◎◎!



優コーチのブログを読んで、我が子は・・・・・きっと不安な気持ちでいっぱいになっている保護者の方も多数いるのではないかと思っています。



しかし、その苦難を乗り越えてこそ、ひとかわもふたかわもむけた、たくましさが身に付くのです。


スタッフも、そんな子供たちの明日を見据えて全力で本気で子供たちに関わっています。


そこまでしなくても・・・・・・



大丈夫です。そんなに子供たちはやわじゃありません。


それが証拠に、あちらこちらでキラキラ輝く笑顔が炸裂!?しておりますので!!!(笑)


以下にその笑顔の一端を・・・・・




【試合後に訪れた大浜公園内プールでの笑顔・・・・】
遠征4日目5

【サッカー祭りに参加した後に行ったクルージングでの笑顔・・・・】
遠征4日目2

【子供たちと日々格闘!?しながらもスタッフも笑顔・・・・】
遠征4日目4



遠征も残りあと二日間。子供たちは、とってもがんばっています。


遠き地より、ご声援よろしくお願い致します!






雲間から顔を出した富士山を見て、そう言えばここは静岡県だったんだなあ・・・などとわけのわからないことを考えてしまった今日この頃でした・・・(大苦笑)
遠征4日目1
静岡遠征3日目報告
今日一日の様子は、既に優コーチのブログに細かく記載されていますので、そちらをご覧になって下さい。

ですので、私から言うことは何もないので、今日はこの辺で失礼します・・・・・



全然話は変わりますが、今回宿舎となっている清水ナショナルトレーニングセンター。


とてもすばらしい施設で、子供たちは、と言うか、スタッフも、とても快適な宿舎ライフ!?を過ごさせてもらっています。


部屋からは、静岡市内が一望でき、こうしている今も眼下に夜景が広がっており・・・・・・


写真でその様子をお伝えしようと撮影に努力してみたのですが、このすばらしさを映すことができず、やむなく断念・・・・・




とにかくこの施設のおかげで、充実した日々を過ごしている! そう言っても過言ではありません。



「ナショナルトレセンに泊まれるなんて、みんなから恨まれるぞ!」


今大会出場のとあるチームの方から皮肉を含めたお言葉を頂き・・・・(苦笑)




静岡遠征も今日で3日目が終了。明日からは折り返し地点。


毎年のことながら、これからがこの遠征の本格的な始まり始まり・・・・・・・・・



そろそろ疲労困憊で食事の時間が針のむしろの時間になる子が出てくる時期で・・・・・(と言っても、既にそんな子もいるのが事実ですが・・・・・)




それにしても、びっくり仰天は、昨年、あれほど食事に手こずっていたO君が、今年は、食事で困っている子に、

「がんばれよ!」などと声を掛ける光景が見られ、本当にビックリ仰天で・・・・・・




1年間の子供たちの成長をひしひしと感じ、とっても嬉しい気持ちになっている今日この頃です!(笑)



※6年生チームは、現時点で2勝2敗。5年生チームは、4戦全敗。予定通りの結果!?のような気がしますが、二つのチームを見ていて、「なかなか成長してきたなあ・・・」と無限の可能性を感じており・・・・・


結果だけ見れば、この言葉の意味は、?????にしか思えないかも知れませんが、とにかく常日頃から一番身近に子供たちの成長を見ている者にとっては、ほくそ笑むプレーがたくさんたくさん出てきていて、この遠征を通して更に更にドリブルサッカーが炸裂することを願っておりまして・・・・・(笑)



明日は、5時45分起床。果たして、子供たちはしゃきっと目覚めることができるのだろうか・・・・・



と言うか、そう言う自分が果たして子供達にしゃきっとした姿を見せることが・・・・・・・(苦笑)



おやすみなさい
静岡遠征2日目報告
一日の始まりは朝6時30分のラジオ体操から・・・・・


と思いきや、一日の始まりが3:45からのなでしこJAPAN決勝戦TV応援となり・・・・(苦笑)


2対1となった時点では、まだ6時前だと言うのに、狂喜乱舞の大騒ぎ・・・・・・


またとない機会だし、4年に1回だからまっいいか!!


と言うか、32名全員が一日を無事乗り切ったので余裕で発言できるのですが・・・・(苦笑)




6年生と4・5年生の2チームに分かれての大会参加。


結果は・・・・・・ホームページ内リンクコーナーに貼り付けてある『全国少年少女草サッカー大会』を開き、試合速報をクリックし、我がクラブの名前を入れると見れるので、そちらをご覧下さい。


両チームの選手共に、それぞれの思いを抱いたようで・・・・・・


「今日は、きのうサッカーノートに書いた目標がひとつもたっせいできていなかったから、明日はひとつでもたっせいできるようにがんばりたいです。」

「明日も食事を全て完食して熱中しょう(静岡の暑さ)に負けない体力をつけてあと5日間をのりこえていきたい。」

「自分がマークしていた相手がボールを持った時、相手にビビッってかんたんにぬかれていたので、次はかんたんにぬかせたくないです。」

「2試合目に相手がけったところをはね返し、ループシュートを決めました。このゴールで、最後まであきらめないと良いということをあらためて知りました。」

「キーパーをやった時、相手にまたぬきシュートをやられたので、次はまたをあけないで取ろうと思いました。くやしかったです。」



経験こそが力に・・・・しかも負の経験こそが・・・・・



がんばれ、みんな~!!!




下記の写真は、この大会に出場した者だけが手に出来る参加賞の帽子のつばの裏側に、それぞれの子供たちがそれぞれの思いをしたためたもので・・・・・(3年ほど前から、参加賞を頂いた後に行っている恒例行事!?で・・・) 
思い1
思い2
思い3
思い4


6年生チームにとっては力試しの場、5年生チームにとっては試練の場、それぞれがそれぞれに与えられた手にしたチャンスをしっかり受け止め、明日の大会2日目も大いに自分の目標に向けて挑んでほしいと思っています。



以上静岡遠征2日目報告でした。
静岡遠征1日目
ただ今、22時46分。今回引率のお手伝いをして頂いている保護者のK氏と部屋で一日の慰労会を行っていました。疲れと○○○で頭がクラクラですが、最後の力を振り絞って・・・・・


本日は、朝7時に出発し、都内で大渋滞にあいながらも、静岡には15時過ぎに到着。昨年の11時間の移動時間記録を塗り替えることなく!?今年は約8時間で移動完了。


直接宿舎入りしその後は・・・・・(その後の様子は優コーチのブログに記載されているので私のブログでは割愛します。)




今目の前には、子供たちが、この6日間の静岡遠征の目標を書き綴ったサッカーノートが山積みされており・・・



「ぼくの静岡遠征での目標は、リフティングをもっとできるようにすることと、いっぱい食べて、身長を少しでも伸ばすことです。理由は、リフティングがいっぱいできると、ボールタッチがやわらかくなって、相手をいっぱいぬくことができるからです。あと、いっぱい食べて相手とぶつかってもとばされないようになるからです。試合での目標は、1対1で負けないようにしたいです。相手が5年生や6年生でも負けないようにしたいです。あと、この静岡遠征で、いっぱい楽しんでいきたいです!」  4年生T君のサッカーノートより



「試合ではたくさんみんなに声をかけ、ドリブルしている人に近い場合には・・・・・(企業秘密です!<笑>)味方から遠い場合には・・・・(またまた企業秘密です!) 生活面では、6年生の真似をしっかりして、来年それを生かしていきたいと思います。買い物するときは、むだづかいなくつかっていきたいと思います。 練習の時は、インとアウトのリフティングをしっかりやりたいと思います。ぼくたち5年生はまだまだ未じゅくなのいで、静岡でがんばり、いろいろなことを学び少しでも成長して帰りたいと思います。そして、どんどん試合でかつやくしていきたいです。」  5年生K君のノートより



「まず明日からの試合で絶対に勝ちたい! それは、全日本の時にベスト16で負けて悔しい思いをしたから、、次にそういう思いをしないように、この大会が秋の大会(FCT杯)につなげられるようにしたいです。 それだけではなく、今回は4年生・5年生と下の学年がいるので、生活面で手本になりたい。いつもは、先ぱいたちがいて、みんなをひっぱってくれていたから、今度は自分たちがひっぱっていきたい。そして、この静岡遠征が終わった時に、自分たちがレベルアップしてみんなが・・・・・・・来て良かったと思えるようにしたい。なので、この5泊6日は大切にしたい。この5泊6日はサッカーだけでなく、「サッカー祭り」「買い物」「試合観戦」など、楽しい時間がいっぱいあるのでそこでも楽しみたい!」  6年生E君のノートより



 



「目標を書くのは誰でもできます。でもそれを実現するのはむずかしいことです。みんながそのむずかしいことにどしどし挑戦していくのを楽しみにしています!」


とは、ミーティングの時に、みんなの目標発表会を終えての優コーチの一言。



全くその通り! 果たしてどのぐらいの子供たちが優コーチの言葉の意味を理解したかどうか・・・・明日から、よ~く見ていきたいと思います!







まもなく23時半。明日は、深夜!? 早朝!? よりなでしこジャパンの決勝戦が行われます。



「応援したい人は、4時前に起きて監督の部屋に集合!」


な~んて冗談めかしてミーティング時に子供たちに言ったのだが、果たして・・・・・・・・




私は、しっかり3時30分に目覚ましをかけて4時からの試合に万全の体制で臨みたいと思っています。



目が覚めたら、終わってた!なんてことが絶対絶対絶対ありませんように!!(苦笑)





以上静岡遠征第1日目の報告ブログでした。(優コーチのブログと併せてご覧頂くと様々な様子を想像頂けるかと思います。)
いよいよ暑い熱い6日間が・・・・・
【昨日、昨年に引き続き参加したEXILECUP2012。会場の宮城県松島フットボールパーク、すばらしかった~!】
exile0.jpg

【結果は・・・予選リーグを1位で突破し、決勝トーナメント(ベスト16)進出するも、1回戦でPK戦で敗退・・・・う~む・・・・・・・・・・・と言った感じでした】
exile01.jpg

【チーム代表者によるリフティング大会。見事M君がEXILEサイン付きのボールをゲット。翌日に誕生日のM君。一日早いお誕生日プレゼントを自分でゲット。えらい!!(笑)】
EXIlLE2

【大会終了後、3.11東日本大震災以降、見事に復興したあの松島へ・・・・なぜか全員カッパエビセンを手に・・・・】
exile(1)

【松島湾遊覧船乗船。先ほどのカッパエビセンが大活躍!(笑)】
EXILE5

【口移しにチャレンジするもの・・・・・(笑)】
EXILE3


【PK戦を外し、頭にエビセンを載せ、海鳥に頭をつつかせ反省する者・・・・・(笑)】
EXiLE4


【国際交流をする者・・・・・・】
EXILE(6)


【最後は日本の大学に来て、観光旅行中の先ほど交流を図ったフランス人のお兄さんとなぜかニンニンポーズで記念撮影!(笑)】
exile(2)



PK負けして涙して、海鳥にえさをあげて大騒ぎして・・・・・・甘いかも知れないけれど、子供の成長ってこんな感じでいいのかなあ・・・・・なんて思った一日でした。(本当は悔しくて悔しくてはらわたが煮えくりかえりそうだったのですが、顔で笑って心で泣いて・・・・<大苦笑>)





まもなく6日間の静岡遠征(第26回全国少年少女草サッカー大会)へ出発します。(AM7時出発)


今年は、4~6年生32名での参加。なんだか、いろ~んなことが起こるような予感が・・・・(苦笑)


とにかく、6日間、くそ暑さの中、老体にむち打って!?(笑)、朝から晩まで、いろんな意味で子供たちと戦ってきます。


果たして32名全員、無事帰還!?できるでしょうか・・・・・・・・(笑)





それにしても昨年は大渋滞に巻き込まれ移動時間が11時間掛かったのですが、今年はいかに・・・・・・




行ってきます!
GO to LONDON!!
ロンドンオリンピック真っ盛り~!!

ただいま、女子バレーを観戦。ファイナルセットまでもつれた中国との一戦。

まもなく時計はシンデレラタイム!?になろうとしているのに、思わず大声を出しまくり・・・・(苦笑)

24年ぶりに準々決勝戦を突破! 

「練習は裏切らない!」 実況アナウンサーの発した一言が心に突き刺さり・・・・・・





昨夜は、なでしこJAPANのvsフランスとの準決勝戦。


オリンピック開催前の親善試合では、完膚無きまでに叩きのめされた相手だっただけに、果たして・・・・と思っていたのだが、蓋を開けてみると・・・・・


と余裕綽々だったのも2対0で日本が先行していた65分頃まで・・・・・


その後試合終了までの30分間近く続きに続いたのフランスの怒濤の猛攻撃の凄まじいこと凄まじいこと・・・・



しかししかし、その押し寄せる大波を、身を粉にして身を挺してはじき返す大和撫子たち・・・・・・


シュート3本で2得点。


サッカー的には決して良いものとは・・・・・・


だけれども、勝負に徹したその姿に、思わず先ほどの女子バレー戦とは比べものにならない声を丑三つ時にもかかわらず発しまくり・・・・・・


「夕べは、大騒ぎだったね~」


とは、隣の実家のお袋の朝の第一声で・・・・・・失礼しました!(苦笑)



それにしても、日本女子恐るべし! そんな言葉が自然と漏れてくるほどの大活躍で・・・・・・






そんな大盛り上がりのロンドンオリンピックに、我がクラブの6年生Jさんが、明後日日本を発ち、現地に向かう。


えっ、ロンドンに行くの!?


そうなんです。ロンドンに行くんです!!


うらやましいったらありゃしない!!(笑)





オリンピックのスポンサーである、あのマクドナルドの主催事業【将来への夢を抱きスポーツに励む子供たちをオリンピックへ -マクドナルドチャンピオンキッズ-】に応募し、作文等々の書類選考の結果、日本全国3000名の様々なスポーツをする応募者(子供)の中から5名が選ばれ、その内の一人にJさんが選ばれ・・・・・・




明日、選ばれし精鋭!?5名の子供たちが成田に集合し宿泊。

翌日午前、ロンドンへ向け出発。

到着したその日の夜、なななんと、サッカーの聖地『ウェンブリースタジアム』で行われる、女子サッカーの決勝戦【なでしこJAPANvsアメリカ戦】を観戦。


翌日は、陸上競技観戦。 翌日は、バレーボール観戦。いずれも決勝戦の観戦予定で・・・・・・


もちろんロンドン観光もあるようで・・・・・・






「将来の夢は、なでしこJAPANに入り活躍すること!」



常にそう公言してやまないJさん。



小学生という多感なこの時期に、五感を通して世界を思う存分体感し、夢をいつの日か実現させてほしいと願わずにはいられません。





がんばれ日本!! がんばれJ!!






GO!LONDON!
何からお伝えすれば・・・・・
1週間ぶりでのブログ。

あまりにもたくさんのことがあり過ぎて何からお伝えすれば良いのか・・・・・・・


【楽しくて楽しくて楽しくてたまらなかったサマーキャンプのこと?】

・煌びやかな3日間の様子は優コーチのブログに書かれているのでぜひともそちらをご覧頂きたく・・・・

・下級生と上級生の融合は本当に本当に最高だったなあ・・・・・

・キャンプ2日目の夕食の時間に同じ宿に泊まっていたある家族の方が、お母さんの誕生日だったようで誕生会を行っていたので、みんなでハッピバーズデー♪♪の歌をプレゼントしたら、「ホワイトリバーのみなさんへ 昨日は素敵なうたのプレゼントをありがとうございました。」とのメッセージカード付きでお菓子を頂きました。その心配りにとっても嬉しい気持ちになり・・・・・・・


・キャンプ最後の活動となった『プール遊び』を終え、宿舎に戻る際に、1年生のK君が、「まだ家に帰りたくないなあ」とぼそりと呟くので、「どうして?」と聞くと、「だってすご~く楽しいんだもん!」と一言・・・・・


・3日間のキャンプを終了し帰路に着いた時、道路を横切る猿の大群に出くわし、車内は大騒ぎに・・・・みんなにバイバイしに来たんだよ!とは優コーチの言葉・・・・・・・


・キャンプ終了後、たくさんの保護者の方々から、「キャンプに参加させて良かった!」旨の心のこもったと言うより読んでいて胸が熱くなるようなメールをたくさんたくさんたくさん頂き、このキャンプを行って良かったなあ!と心の底から思ったこと・・・・・



【3日間のキャンプを終え、灼熱地獄!?に見まわれた東京遠征のこと?】

・キャンプでリーダー役を務めた6年生6名が今度はチームのリーダーとして参加してきたこと・・・・・

・尋常ではない暑さと人工芝のコートのおかげで?、足が蒸し餃子!?と化した選手が続出したこと・・・・
 どういう意味?  上手く表現できないのですがそういうことで・・・・・(苦笑い)

・朝5時過ぎに出発、夜9時過ぎに到着、さすがにへろへろくたくたの子供たち・・・・・しかし、翌日からは・・・・・
 

【歴史と伝統あふれる大会参加のこと?】

・いわき市でサッカー指導者の出発点を迎えた私にとって、原点とも言える大会、『常磐交通観光杯平七夕杯サッカー交流大会』に参加したこと・・・・・

・しかししかし、キャンプそして東京遠征と活動し続ける子供たちの体力は限界を迎えており・・・・・と思いきや、すこぶる元気で、弱っていたのはこの私だけで・・・・・

・しかししかししかし、前日の灼熱地獄で足を蒸し餃子にしていた子供たちの姿はそれはそれは痛々しく・・・・それでも、必死にグランドを走る子、そんな仲間を全力でサポートする子・・・・・・感動感動感動・・・・・


・ABチーム共に予選リーグを1位突破し、両チーム共に1位トーナメントに進出し、メダルホルダー(Aチーム銀メダル/Bチーム銅メダル)に輝いたこと・・・・・

・「一人で2日間チームを任され、みんなと一緒にがんばって、最後にみんなからメダルを貰えて、すっごく嬉しかった!」と感動の面もちで話した優コーチの重みのある言葉・・・・・


・がんばった子供たちにサッカーの神様がしっかりご褒美!?をくれたことが嬉しくて嬉しくて・・・・特に、今週一週間がんばり抜いた6年生は本当によくやったぞ!と言った感じで・・・・・・


・「静岡遠征(9日~14日までの5泊6日)の前の束の間の休息の間に、しっかり体を休め、死にものぐるいで宿題をやること! 君たちはサッカーのプロじゃない! 小学生の仕事は勉強すること!」と言っては見たものの果たして・・・・・・がんばれよ~!!!

ご褒美(1)
ご褒美(2)
ご褒美(3)


【あの時のことが今につながっていること?】

本日、事務所に突然の来客。その来客とは・・・・・・・・

2002年日韓共催サッカーワールドカップを記念して、『市民レベルでの交流を!』と称して行った、『日韓少年少女サッカー交流事業』。2002年及び2003年は、韓国に子供たち(我がクラブの子供のみならず県南地方の多くのチームの子供たちが参加し・・・)を連れて行き試合を行ったり、ホームスティをしたり、韓国文化に触れたり・・・・2004年は夏に奥の細道サッカーフェスティバルに韓国チームを招待し、冬は韓国を訪れ前年同様の活動を行い・・・・・・その時に、浅川町のサッカーチームで指導をしていた当時高校2年生だったT君。良い機会なので、引率者として行かないかと声を掛け、2003年・2004年の交流事業に参加し・・・・・

「この交流会を通して、僕は高校を卒業したら韓国に行って韓国語を勉強したいと思いました!」

その言葉通り、卒業後、たった一人で訪韓し、2年間専門学校に通い、その後韓国に残り韓国の大学に入学し4年間を過ごし・・・・・計6年間、有言実行でやり抜いたT君。

そのT君が、本日突然事務所にやって来て・・・・・・・・


思わずビックリ仰天したのなんのって・・・・・・・・


1時間ほど話をし・・・・・・・


「明後日から東京にある韓国系の企業に勤めます。将来は、大学院に行って、世界に羽ばたきたいんです!」


25才になったT君のその姿、その発言ぶりに、あの当時の面影はどこへやら。凛々しくなったし、成長したし・・・・ただただ感動感動感動・・・・・・



我がクラブのホームページを見て事務所の場所を調べて訪れてきてくれたとのこと。

「遠藤先生のブログは韓国でもよく見てましたから! 相変わらずがんばってるなあ・・・そう思ってました!」




あの時の交流事業が、こうして立派な一人の青年が育つ土壌になったこと、ものすご~く嬉しくなると共に、6年間という長きに渡って、見知らぬ国で一人でがんばり抜いたT君のすばらしさに、感動感動感動・・・・


T君のこれからの人生に幸あれ!!!!





夏休みもほぼ半分。明後日はあのEXILE主催のフットサル大会が宮城県で行われ出場。その翌日からは、毎年恒例の5泊6日の静岡遠征(全国少年少女草サッカー大会参加)。帰ってきて1日おいて3日間の新潟遠征。帰ってきて4年生の茨城大会(5年生は2日間の栃木県での大会)。1日おいて3日間のサマーキャンプIN南会津2012夏第2弾。1日おいて週末2日間の三つの大会参加(須賀川市での4年生大会、栃木県での6年生大会、埼玉県での6年生大会)。


みんな、本当に宿題死にものぐるいでやるんだぞ~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


「ホワイトリバーの子供は、宿題を終わって来なかった!」なんて聞こえてきたら・・・・・・明日も東大受験生の気分になって勉強(宿題)をやってやってやりまくれ~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!






☆ブログを書き終えて優コーチが昨日ブログを書いていたのを発見し!?読みました。

「学校にいては経験できないことをここにいればたくさんたくさん経験できるぞ!」

新潟を引き上げることを決めた貴方に発したあの時の言葉。子供たちと共にどしどし成長していって下さい!