Vamos福島
可愛い子には旅させよ!
「東日本大震災の時、僕たちを支えてくださりありがとうございました! そのご恩をこの大会で一生懸命プレーで表しました。奥の細道に参加してくださりありがとうございました!」


この文言は、昨日閉幕した第11回奥の細道サッカーフェスティバルの閉会式の中で、御礼の言葉の担当になっていた5年生のキャプテンT君の幻になってしまった言葉です。


なぜ幻に!?  雨のために閉会式が無くなってしまい・・・・・・


5年生チームで臨んだU12リーグの試合。身を粉にしながら!?がんばる子供たちの姿に感動感動・・・・・


「5年生、すっごくがんばるようになりましたね!」とは、久しぶりに5年生チームを見た健太郎コーチ談。


そんな5年生チームを牽引するTキャプテン。最終試合に見せた大雨の中での逆転弾は、見事なまでのミドルシュートで、審判の方までが思わずハイタッチするほどで・・・・・ 


『支えて下さったそのご恩を、この大会で一生懸命プレーしました!』まさに言葉通りのプレーでした。 


幻になってしまったこの御礼の言葉を、参加して下さった皆様にこの場を借りて贈らせて頂きます。どうぞお受け取り下さい!(笑)







話は変わって、明日から3日間、南会津町内を会場にして【サマーキャンプIN南会津2012夏】を開催します。

小学1~3年生とリーダー役の数名の6年生がひとつ屋根の下で3日間を過ごすイベント。


内容は・・・・・サッカーのみならず、川遊びをしたり、ラフティングをしたり、魚つかみをしたり、工作をしたり、それぞれが夏休みの宿題をしたり、ほたるの観察をしたり、プールに入ったり・・・・・・もちろん、キャンプ恒例のビンゴ大会も行います!!



「明日からのサマーキャンプ。甘えん坊の○○にはつい過保護になってしまいがちですが、親から離れてみんなと活動する中で、たくましく成長して帰ってくるのを楽しみにしています。」



とは、○年生の○○君のお母様よりのメール。


「可愛い子には旅させよ!」


きっと、上記のお母様だけでなく、今回参加の保護者のたくさんの方々が同じ思いでいるのではないでしょうか。



獅子は千尋の谷に我が子を突き落とす!ではなく、可愛い子には旅させよ!です。(笑)




☆8月21日(火)~23日(木)に、【サマーキャンプIN南会津2012夏第2弾!】と題して、小学4~5年生のイベントを開催します。本日夕方にホームページにチラシを掲載し参加者募集を開始したところ、既に13名の応募があり、募集定員の半分が数時間のうちにうまってしまいました。「2012夏休みの最後の思い出をサッカー仲間と共に作ろう!」この目標を掲げ充実した3日間を過ごさせたいと思っています。参加してみたいなあ・・・そう思われる方は、とにかく早めにお申し込み下さい! 先着順ですので・・・・・



まずは、その前に、明日からの第1弾に参加する子供たちに最高の3日間をプレゼントせねば!!


明日の今頃は、夜の見回りをしている頃かなあ・・・・・・ 正直、小さい子の宿泊引率は、この見回りがきついんだよなあ・・・・・(苦笑)  




今からへこたれてない???



そんなことありませんよ、やる気満々です!!!
感謝感謝感謝・・・・・!!
皆様のおかげでこんなに元気に活動できるようになりました!  


この旗印を掲げて開催した『第11回奥の細道サッカーフェスティバル』


長い長い長~い2日間を終え、現在の心境は・・・・・・・・・


「良かった、無事終わって、本当に良かった・・・・・・」


それが今の素直な思いです。




いろんな思いがいろんな気持ちがいろんな言葉が身体中を巡っているのに、精も根も尽き果てた!?せいか、

その表現がうまく出てきません。キーボードを打つ手が、まるで自分の手ではないような感覚で・・・・・

頭の中も思考回路がショートしてしまったようで、動きが鈍く、と言うより、動きが止まっている感じで・・・・




ただ、そんな中でも、今回のフェスティバルに参加して下さったチームの方々への大いなる感謝の気持ち、そして何より、このフェスティバルを陰に陽に力の限り支えて下さった保護者の方々そしてスタッフの皆様への言葉にならない、いや、言葉にできないほどの感謝と敬意に溢れたこの気持ちはだけは、どんなに肉体も精神も疲弊していようとも、影を潜めるものでは全くなく確固たるものとしてふつふつと存在しており・・・・・・



「ホワイトリバーの選手・保護者・スタッフの方々の一丸となって活動する姿に心打たれました。我がクラブもそんなクラブになれるようがんばっていこうと思います。」


参加したあるチームの指導者の方が語りかけて下さったその言葉に、ものすごく嬉しくなると共に、ものすごく誇らしい気持ちになりました。

何より、そのような目で我がクラブを見て下さっていることに、ただただただただありがたい気持ちでいっぱいになりました。



「2日間大変お世話になりました。子供たち、すごく楽しかったとみんな笑顔で戻ってきました。」


とは、新潟県から参加して下さったチーム代表者の方から先ほど電話で聞かされた言葉。



わざわざご丁寧に連絡を下さったことに頭が下がる思いでいっぱいになると共に、


「2012夏の思い出のひとつになれるようなフェスティバルに!」


この目標が少しは達成することができたかな・・・・・・・・・そんな思いでいっぱいになりました。





突然の急激な天候の変化、その影響による1日目の予選試合の未消化、その影響による2日目の順位別組合せをどう組み込んで良いか対戦表を見ながらびしょ濡れの服のまま3時間以上も事務所のパソコンの前で悩んだこと、その後の深夜の交流会、悩みに悩み抜いたその組合せを2日目朝に提示した時にどのチームの方々も即座に納得して下さったこと、フェスティバル参加チームの指導者・保護者の方々がどの子も我がチームの子のようにコンテストの間、熱中症・日射病から守って下さったこと、どしゃ降りの雨の中試合を続行した子供たち、そしてそんな子供たちと共にベンチでびしょ濡れになりながら戦っていた指導者の方々、倉庫前でのプチ閉会式!? グショグショドロドロになりながら全ての片づけを滞りなく行ってくれた子供たち、保護者のみなさん、スタッフの面々・・・・・・・・



もっともっと思い出すこと、書き綴る、書き綴らねばならないことがあるはずなのに、思考回路が・・・・・・




 

独り言ですが、正直、「こんな大変な思いをするなら、こんな大変な思いをさせるなら、このフェスティバルを無理して開催しなくても良いかな・・・・・・」



10年以上も続けて開催してきたはずなのに、2年ぶりの開催だったせいか、暗闇の中、事務所に荷物を運びながらそんな思いに正直包まれた感は否めず・・・・・・


独り言なので、軽く流して下さい!(苦笑)



思ったことをそのまま書かない方が良いのに・・・・・


おっしゃる通りなのですが指が勝手に動いてしまい・・・・・・・







皆様のおかげでこんなに元気に活動できるようになりました! 



皆様のおかげでこんなにすばらしいフェスティバルが開催できました! 



皆様のおかげで・・・・・・・・・・・・




第11回奥の細道サッカーフェスティバルに関わって下さった全ての方々に心の奥底から感謝の気持ちを届けたいと思います!


ありがとうございました!



☆汚れまくったバス内を掃除し、事務所に使用した荷物や溢れんばかりの忘れ物の山を落胆した気持ちで運び入れ、びしょびしょぐしょぐしょの用具を明日干すために車に積み込み、汚れまくったビブスの山を洗濯し・・・・22時前に帰宅をし、ロンドンオリンピックの映像がテレビから流れているのを目にし、「オリンピック始まったのか・・・」表現は適さないかも知れないが、しょいこんでいた重い荷物をようやく降ろし身軽になったせいか、ようやくゆとりが出たことをその瞬間にひしひしと感じ・・・・・・・・


気がつけば、まもなく7月も終わりを迎え、8月の足音が大きく聞こえる今日この頃で・・・・・



何言っているの?



う~む・・・・・何言っているんでしょうね・・・・・・・・・



やっぱりショートしてしまったようです・・・・・(大苦笑)





がんばれ、日本!(笑)




☆今夜は一緒にバタンキューしようっと!(笑)

s_2012-07-29 23[1][1].41.51



準備万端! -開幕宣言-
「みなさまのおかげでこんなに元気に活動できるようになりました!」


第11回目の奥の細道サッカーフェスティバルでつけたキャッチフレーズ!?



まさに、読んで字の如く、3.11東日本大震災以降、我がクラブは、たくさんの方々にお世話になり活動することができました。また、たくさんの方々にたくさんの激励を受けました。


遠征先では、お昼ご飯をご馳走して頂いたり、経費の削減してほしいと言うことでホームスティをさせて頂いたり無償で宿舎を提供して頂いたり、試合をさせて頂いた帰りには長い移動の空腹を満たして下さいとおやつを頂いたり、全国各地のたくさんのチームの方々から大会に招待されたり試合ができる場を提供して頂いたり・・・・・・


感謝しても、し尽くせいないたくさんのご厚意を受けてきました。


放射線の影響により、1年間の室内でのトレーニングを余儀なくされたことは、大変な苦難でしたが、その苦労を瞬時に忘れさせてくれるたくさんの優しさに触れ、表現は適さないかも知れませんが、まさに、『不幸中の幸い』と言った感じで・・・・・・・





明日から二日間、様々なご厚意の恩返しの場が、今回のフェスティバル開催だと思っています。



奥の細道の玄関口であるこの地に、遠くは東京都から、そして新潟県、茨城県、宮城県、栃木県、そしてそして福島県内各地からかけつけてくれる子供たちが、そしてもちろん我がクラブの子供たちが、「参加して良かった!」「楽しかった!」「夏休みの思い出ができた!」etc そう思ってもらえることが、何よりの恩返しになると思っています。





そんなフェスティバルを開催するにあたり、本日は、朝から夕方まで、会場作成やら、プログラムの帳合やら、・・・・・やら・・・・・・やら・・・・・・・


クラブ関係者の方々には本当に本当にご尽力を頂きました。お陰様で、準備万端!整いました。


この場を借りて改めて御礼申し上げます。「ありがとうございました!!」



あとは、明日を迎えるのみ。


巷では、オリンピックの事実上の開幕で大いに盛り上がっていますが、ロンドンに負けない盛り上がりを、明日から二日間、このフェスティバルで見せたいと思っています!



みなさま、どうぞどうぞどうぞどうぞよろしくお願い致します!!!



☆と言っても、明日も明後日も、今日のような気が狂いそうな!?茹だるような暑さが続く模様。今日は、日本全国で1012人の人達が熱中症の症状で病院に搬送されたとのこと。フェスティバルに参加する子供たちを含めた全ての方々がこのようなことにならないよう、主催者として万全を期していきたいと思っています。(実は、搬送とまではいかないのですが、ダウンする子供たちがそこかしこに見られるのですが・・・・今回こそは・・・・)





くどいようですが、みなさま、いろんな意を含めてどうぞよろしくお願い致します!!!(笑)




少しばかり早いのですが、ここに「第11回奥の細道サッカーフェスティバル -みなさまのおかげでこんなに元気に活動できるようになりました!」の開幕を宣言します!!!
あの時のことが・・・・
昨日のなでしこJAPANの勝利、そして、先ほどの男子代表のスペイン戦の勝利、オリンピック開幕前に、日本選手団の志気を大いに大いに高めたに違いない・・・・・


それにしても、なでしこも男子代表も、「絶対に勝つ!」その執念が、ブラウン管を通して、びしばしと伝わってきて、見ていてとても観戦しがいのある試合であった。


この勢いで次もそして次も・・・・・・・


そう願わずにはいられない。




しかししかし、『世界一のスペイン』『優勝候補のスペイン』etc あの前評判は一体何だったの????


トップチームのようなサッカーをするにはまだまだ未完成・・・・・・・


それを差し引いても、がっかりがっかりがっかり×10000000000000


日本がスペインのサッカーをさせなかった!???


それを差し引いても・・・・・・・・・・・・・





試合終了間際、前半に値千金の得点を叩きだし、しかし、ケガで退いた大津選手が祈るような仕草をし・・・・


勝利の瞬間には、涙涙涙・・・・・・・・


気持ちはよ~く分かる気がしたが、私はその姿を見ていて、1994年のアメリカワールドカップアジア最終予選、いわゆるドーハの悲劇を思い出し・・・・・


アジアの永遠のライバル!?である韓国に勝利した際、KAZUことキングカズがうれし涙を流していた時に、ラモス瑠偉が、

「なんで泣くんだ! まだワールドカップ出場を決めたわけじゃないだろ!」と激高したと言う。


その結果(と言うかだからそうなったわけではないとは思うのだが)・・・・・・


最終戦でまたまた引用するが、いわゆるロスタイムでの同点弾を受け初のワールドカップ出場を逃したドーハの悲劇に至るわけで・・・・・



大津選手の涙を拭う姿を見ていて、今から20年前のことを思い出し・・・・・


もしあの姿をラモス選手が見ていたら、「まだたった1試合勝っただけだぞ!」そう言ったに違いない・・・・・




【勝って奢らず 負けて腐らず】


気を引き締め直して、男女共に、夢に向かって突き進んでほしいと願うわけで・・・・・・・




それにしても、後半の外しまくったシュートには、思わず一緒に観戦していた娘と大笑いしてしまい・・・・・


楽観的に見れば、まだまだ余力がある!と私には思えたわけで・・・・あくまでも楽観的に見ればですが・・・・(笑)






明日はと言うか正式には今日、今から数時間後には、明後日からのフェスティバルの会場準備を行う。


明日も今日と同じように、くそがつくほど熱そうなので、いや、暑そうなので、今からしっかり熟睡して体力を蓄えねば・・・・・


おやすみなさい!


※本日のブログの内容は、あくまでも私の個人的な感想ですのであしからず!
All in for gold -全ては金メダルのために-
昨年のサッカー女子ワールドカップ(W杯)で優勝した「なでしこジャパン」が、ロンドン五輪日本選手団の先陣を切って、25日午後5時(日本時間26日午前1時)キックオフのカナダ戦に臨む。FW高瀬愛実(めぐみ)選手(21)は家族への思いも胸にピッチに向かう。サッカーの楽しさを教えてくれた兄は、16年前に事故で脳に障害を負い、以後一度も意識が戻ったことはない。兄のため、支えてくれた家族のため--。日本女子サッカー界初の五輪メダルを目指す戦いが始まる。

 高瀬選手は男2人、女3人の5人きょうだいの末っ子として、北海道北見市で育った。長男の学書(まなふみ)さん(26)は地域のチームのエースストライカー。「うちの子はサッカーというより、お兄ちゃんにあこがれてサッカーを始めた」と父健二さん(56)。高瀬選手も学書さんの背中を追ってボールを追い掛け始めた。

 悲劇が起きたのは、96年5月。小5の学書さんは校庭の遊具のロープに首を引っ掛け、心肺停止に。一命は取り留めたが低酸素脳症に陥った。1年間、母美年(みとし)さん(58)は入院先の病院でつきっきりに。健二さんが深夜まで仕事と家事をこなした。

 そんな両親を見て育った高瀬選手。北海道文教大明清高校(札幌市)時代には心肺機能の強化のため、30度を超える真夏日でもマスクを二重、三重にしてグラウンドを走った。「練習は手抜きをせず、試合では泥臭いプレーで点を取った」と監督の高崎裕治さん(61)は振り返る。

 学書さんについて、「サッカーをしていたらきょうだいで一番うまかったはず」と話す高瀬選手。試合や練習の前、必ず行う儀式がある。目を閉じて直立不動で精神統一を図る。思うのは恩師、両親、そして兄のこと--。

 「メグはサッカーをやれることに感謝している」と美年さんは言う。高瀬選手が学書さんの枕元でこう報告する。「メダル取れたよ」。その光景を家族は思い描いている。




男勝り! 高瀬選手を見ているといつもそう思ってしまう。それって私だけだろうか・・・・



そんな高瀬選手にまつわるエピソード。強靱なプレーのその奥底に潜むもの・・・・・


心から活躍を期待したいし、心から応援したいと思っている。







まもなく第1戦 vs カナダ戦のキックオフを迎える。


先日行われたフランス戦を見る限り、なでしこJAPANの今回の金は、いや、メダルは・・・・・・





しかししかし、フランス戦でガンガンぶち抜かれまくって・・・・それでも鮫島選手が発した言葉


「all in for gold! 全ては金メダルのために!」



いちサポーターとして彼女たちの、なでしこの戦いをブラウン管を通して全力で応援し続けたいと思っています。





そんな暇あるの?


フェスティバルの準備は整ったの?




それはそれ! これはこれ!  別腹です!!?


(今夜のために今日は朝7時前に事務所入りして、パソコンを叩きまくり、印刷機を回しまくり、大平倉庫とグランドを往復しまくり・・・・・・・ほぼ準備を整えました! あとは皆様のお力を借りるのみです!<笑>)





がんばれ、なでしこ! がんばれ、日本!
お天道様は見ているぞ!!
今週末に行われるクラブ主催の夏の一大イベント『第11回奥の細道サッカーフェスティバル』

昨年は東日本大震災の影響でグランドが地割れで使えなかったため、そして何より原発事故の放射能の影響で開催できず、今年は2年ぶりの開催。

昨日から私の頭の中はフェスティバルへ向けての準備一色で・・・・・・・と言っても、プログラム作成及び印刷等々はまだまだ終わっておらず、焦れば焦るほど・・・・・・・・・・




本日の保育園での復興支援活動後、会場となるグランドの様子を見に足を運んで見ると・・・・・・・(正式には、グランド周辺の震災復旧工事の進行状況を見に言ったのですが・・・・・・)



グランド? 草原? 何これ?


ビックリ仰天!!!




これではフェスティバルを開催するわけには・・・・・・・・・


今からグランド所有者の行政にこの状況を伝えても、果たして重い腰をすぐにあげてくれるとは思えない・・・・


これは腰の軽い(とても良い意味で使用しています!)クラブの方々の力をお借りすることが・・・・・・



そう思い、急遽、本日のWRFCスペシャルクラスのトレーニング会場をフェスティバルで使用するグランドで行うことにし・・・・・・(夕方からはこのグランドが使用できたので・・・・)



「45分間がんばって草むしりをして、残りの45分間サッカーをしよう!」


そう言って始まったスペシャルクラスの本日の草むしりトレーニング!?


子供たちの周辺には、たくさんのお手伝いをしにきてくれたお父さん、お母さん、妹、弟、お兄ちゃんの姿が・・・・



気がつけば、草むしりの時間は予定の45分間を越え、90分間が過ぎ・・・・・・


トレーニングの全ての時間を費やしてしまったわけで・・・・結局ボールには一度も触れることができなかったわけで・・・・・



それでも、子供たちは愚痴ひとつ言わず・・・・お父さん、お母さんetcも愚痴ひとつ言わず・・・・・


あなたには聞こえなかっただけ!


それでもいいんです!



とにかくみんなのがんばる姿を目にし、感謝感謝感謝×1000000000の気持ちでいっぱいになりました!




「フェスティバル当日にこのグランドに来たクラブの後輩も、他チームの人達も、このグランドにこれほどの雑草が生い茂っていたことなど、決して分からない。けれど、お天道様だけは、みんなのがんばりをしっかり見ていてくれたと思っています。人の見ていないところで誰かのために(このグランドを使用する人達)がんばるその心はとっても大切なんだよ! ごくろうさま! 明日は思いっきりサッカーをしよう!!」



と言っても、だだっぴろい!?グランドに生い茂った無数の雑草を完全に除去できたわけでなく、当日見たら、「えっ、これで90分も60人近い人で草むしりしたの?」と思われるグランドになっているかと思いますが、と言うか、必ずそう思うと思いますが、それでも、みんな汗だくだくになって、【ALL FOR ONE】の精神で、クラブ主催の一大イベントの準備に尽力したことを、ここにご報告申し上げます。


ですので、そこかしこに乱立する!?雑草の数々は、どうぞ大目に見てあげて下さい!!(苦笑)


(フェスティバル前日の会場準備並びに当日朝、更に整地作業を行いますので、どこまできれいに仕上がるか、お・た・の・し・み・に!<笑>)

 

☆下記の写真は、本日の作業の様子です。お天道様になったつもりで、見てあげて下さい!(笑)

All For One 新2

All For One 新3

All For One 新1


辺りは既に薄暗い状態に・・・ みんなでがんばったご褒美にアイスで乾杯~! みんなごくろうさまでした!!

All For One 新4
必要なのはスキル・冷静な判断力そして・・・・・
「ブログを読んで、海猿を観てきました。ALL FOR ONE の意味が分かったし、何より感動しました。」


とは、○○さんからのメールで・・・・・


別に映画の宣伝部ではないのですが、なんだかとっても嬉しい気持ちになり・・・・・・





海難救助のエキスパートであり最も危険な事案に従事する“特殊救難隊”に入隊した主人公の仙崎が、入隊早々に副隊長から言われた一言。

「我が隊に必要なのは、スキルと冷静な判断力のみ。おまえのような熱い感情など必要は無い!」(だいたいこんな言葉だったような・・・・)


しかし、ジャンボジェット機の事故から全員を無事救出した仙崎に向かって、副隊長が発した一言は・・・・・


「我が隊に必要なのは、スキルと冷静な判断力。そして・・・・・・・」そう言って仙崎の胸の所に手を当て・・・・・



「必ず助けるんだと言うおまえのような熱くて強い思い!」



スキル・判断力・強い心



この三つこそ、特殊救難隊のみならず、サッカーにも・・・・・・・・




スキル、日々のたえまない努力でしか身につかない!



判断力、今何をどのようにどうすべきか瞬時に考える力!



強い心、まさにやったるぞ魂、負けじ魂、なにくそ魂!





特殊救難隊=海猿=サッカー



一見の価値有り!!





あなたは海猿の何!?



2回も連続で海猿のこと書いてもしかして本当に宣伝部の人!?





そんなわけはないのですが、とにかくサッカーに通じるものをものすご~く感じたわけで・・・・・・(苦笑)
ALL  FOR  ONE
今日は久しぶりのオフ


そんな貴重な一日は・・・・・・・


少しの朝寝坊から始まり、なでしこJAPANの完敗の試合(vsフランス戦)を録画しておいたものを見て・・・(と言っても、実は前半まではライブで観戦したのだが、その後は帰らぬ人!?となり・・・・そのため後半戦のみ視聴)


その後事務所に行き・・・・・・・


パソコンは絶対に開かない!!!と思っていたのだが、やはり職業病!?のため・・・・・・


文書作りに没頭し・・・・・・・・・


それでも美味しいランチを食べ・・・・・・・何? どんなランチ?   企業秘密です!(笑)


その後は午前中の続きを行い・・・・・・・



「あ~あ、やっぱり今日もこんなオフしか過ごせなかったか~・・・・・」




ところが、ここで一発大逆転!!?



えっ? 何? どういうこと?



もちろん、企業秘密です!!(大笑)



また出た、得意の一言!!  聞きあきたよ!!



そんな声が聞こえてきそうなので・・・・・・・・・その一端をほんの少し・・・・・




久しぶりに映画館に足を運び、『BRAVE HEARTS 海猿』を先ほどまで観てきました。


20:00以降だったため割引で観れてラッキー!(これはお得です!)



内容は・・・・・・・・・観てのお楽しみ!



一言で言うなら、「ALL FOR ONE オールフォーワン  みんなは一人のために」そんな感じでした。(あくまでも個人的な感想です、あしからず)


「この感じは、サッカーに似てる!」 そんなことを思いながら鑑賞し・・・・・


もう少し若かったら、俺も海上保安官に・・・・・・映画を観た後特有の『なりすまし』の余韻に浸りながら帰路につき、興奮覚めやらぬまま、ブログを書きだし・・・・・・・



たいしたオフじゃなくて淋しいね~・・・・・・



なんとでもおっしゃい!  身も心も120%リフレッシュできたんじゃ~い!!







いよいよ明日から、子供たちの2012夏の始まり始まり~~


ぎっしり詰まった大会情報コーナーに記載されたひとつひとつの試合がイベントが、関わる子供たちにとって、夏休みの思い出作文の材料になるように、全力で従事することをここに誓います!!!
昨日は・・・・・・
昨日は、日付が変わる前にブログのタイトルを書き、その後本文を書こうと思ったのですが、夜中の2時を過ぎても文書の作成が終わらず結局タイトルだけのままに・・・・・・


朝5時に起きて文書の続きを行い、それでも終わらず、復興支援活動(保育園訪問)の時間になり・・・・・


活動終了後、事務所内の猛暑と闘いながら、パソコンにかぶりつき・・・・・・ようやくようやく文書の作成完了。ホームページへの掲載依頼を済ませ、時計を見ると既にスクールに行く時間に・・・・・・



と言うわけで、結局、ブログの本文を書けないままになってしまい・・・・・


ブログをほったらかしにしてまで作成した文書は、間違いだらけの記載のまま掲載することになってしまい・・・


(ホワイトリバーFC会員専用ページに掲載した【第11回奥の細道サッカーフェスティバルクラブ内参加者宛の文書】が間違いだらけになってしまい・・・・、明日再度作り直し掲載します。既にご覧になられた方々、見なかったことにして下さい!<苦笑>)







昨日まで約2週間かけてある膨大な資料作りに膨大な時間と膨大な労力を費やし・・・・・大げさな言い方に聞こえるかも知れませんが、寝ても覚めても、その資料作りのことが片時も頭から離れず・・・・・・



それでもその作業だけに従事することなどできるわけもなく、午前中の復興支援活動、夕方からの各クラスのトレーニング、週末の大会、お婆ちゃんとの永遠のお別れ、クラブ主催の大会、イベントの準備etc・・・・・・



その合間をぬっての、寝る間を惜しんでの資料作り・・・・・決して辛い! 辛かった~! などと言っているわけではありません。



きつかった~!! そう言っているだけです。(笑) 



それは、同じことだ~!!


ごもっとも!(苦笑)





昨日夕方に作り上げ某所に速達で郵送し、「終わった~!!」と、昨日のホワイトバースペシャルクラスのトレーニングを、超ハイテンションで行ったのだが、「あっ、あれを今度は準備しないと! あっ、あれも準備しないと! あっ・・・・・・・」



そんなこんなでブログはあんなタイトルになり、そして本文は空白のままになり・・・・・・・





決して辛い! 辛いよ~!! などと言ってるわけではありません。


ましてや、辛さを自慢しているわけでもありません。



仕事とはこういうものだ!と言うことは分かっていますし、皆、これぐらいの生活を送っているのは、十分に認識しておりますので・・・・・・



ただ、ただ、ただ・・・・・・・・・・明日は、待ちに待ちに待ちに待ったオフ~~~!!!!!!!!!!



いつ以来だろう・・・・・この感覚は・・・・・・・・・



と言っても、なんだか事務所に缶詰になりそうなオフになる予感が・・・・・・・嫌だ~~~!!!!(大泣)







気がつけば、子供たちは明日で第1学期が終了し、これまた待ちに待ってたであろう夏休み!




クラブの活動を通して、多くの子供たちに、少しでも2012夏の思い出をプレゼントできるようにがんばっていかねば!!!




そのためにも、明日はゆっくりゆっくりしてしっかり充電したいんだけどなあ・・・・・・無理だろうなあ・・・・・・(泣泣泣、エ~ンエ~ン!!!!!)



☆ホームページアクセス数200000件突破!! ○○さん、200000ヒットおめでとうございます!!
と言っても、連絡がなかったので、どなたか分かりませんが・・・・(笑) 絶対自分でヒットしてやる!と思っていたのですが、ホームページを見たときには、既に200005のアクセスカウンターになっており・・・・

300000ヒットは必ずゲットしてやる~!! 計算によると1年10ヶ月後・・・・2014年5月頃!?

随分先の長~~い話だこと!!(苦笑)
あとからあとからあとからあとから・・・・・
まもなく・・・・・
暑い!熱い!厚い!?  とにかく暑い~!!!!!!


と、どんなに叫んでみても、この暑さから解放されるはずもなく・・・・・・・


ただいま、我が家の扇風機は、轟音をあげながらフル稼働の真っ最中で・・・・・・・・


それでもそれでもそれでも・・・・・・・・・・暑い熱すぎる~!!!!!




話は、がらっと変わって・・・・・・



VAMOS福島スポーツクラブのホームページを開設したのは、2008年12月上旬。



あれから、約3年と7ヶ月(43ヶ月)。



まもなくアクセス数が200000件に達しようとしている。


単純に200000件を43ヶ月で割ると、1日平均150を越えるアクセス件数となる。


この数が多いのか少ないのかはよく分からないが、我がクラブにとって、このホームページは事務的な面でも、告知的な面でも、オアシス的!?な面でも、とにかくとても大切なものである!と言うことは自負できると思っている。




果たして記念すべき200000ヒットは誰がするのか・・・・・・・・



明日にはその栄冠!?を手にする方が決定する!!!



その栄冠を手にした方は、ぜひともトップページのお問い合せコーナーのPCメールへ、「私がゲットしました!」と連絡先・氏名を明記の上ご連絡下さい。(クラブ会員の方々は、いつもメールが配信されるクラブ携帯メールへご連絡下さい。)



ささやかながらクラブから記念品を贈呈したいと思います。ささやかながら・・・ですので期待はしないで下さい!(笑)



ただしただし、私がゲットした場合はあしからず!!(大笑)



さあ、栄冠は誰の手に・・・・・・・・・・
いろ~んな思いに触れるたびに・・・・・・
「おばあちゃんの家にも一人で泊まれない○○ですが、可愛い子には旅させよ!と言うことで・・・・参加させることにしました。」



7月下旬から8月上旬にかけて行われる【サマーキャンプIN南会津2012】に先日参加希望をしてきた1年生の○○君のお母さんよりのメール







「まるっきりサッカー未経験ですが、体を動かすことは大好きです。来年1年生の女の子ですが、こんな子でもキッズサッカーフェスティバルに参加できますか?」



7月下旬に行われる【キッズサッカーフェスティバル】に関する問い合わせをしてきて、「そんな子のためのフェスティバルです!」と伝えると、早速申し込みをして下さった方からのメール








「VAMOSの活動に少しでも協力させて下さい!」


7月28日~29日にかけて2年ぶりに開催する、クラブ主催の夏の一大イベントである【第11回奥の細道サッカーフェスティバル】に、目ん玉が飛び出るくらいの協賛を頂いた○○社様。ホームページに広告を掲載することが協賛を頂くの条件にだったにも関わらず、それは必要ないので協賛金だけ受け取って下さいと広告掲載を辞退され・・・・・






「些細なことだけど一言一言に元気を貰っている今日この頃です。」


様々な思いを胸に秘め、新潟での修行を切り上げ帰郷してきた優コーチのブログに記された言葉。今はただ、一日一日を夢中になり汗だくになって子供たちとサッカーと向き合っていくことが何よりの処方箋と思うわけで・・・







「子供にサッカーをもう一度やらせてあげたいのです。」


6月中旬に私のブログを機に一度はクラブを去ったものの、先日、並々ならぬ思いで連絡を下さり、クラブに復帰した○○君のお母さんからの深い思いの詰まったメールの中の一文









「あれから1年経ったんだね・・・・・・・」


昨日の父の命日に身内が実家に集まり、亡き父を偲んでみんなで夕食をとっていた時にお袋がポツリと淋しげに呟いた一言・・・・・・・生前、夫婦水入らずでどこか旅行に行きたい!と親父がコツコツ貯めていたと言う500円玉貯金箱を突然お袋が持ち出してきて、「お父さんと旅行にはもう行けないから、このお金はじいちゃんからの最後のお小遣いと思って受け取ってほしい」そう言って貯金箱を開け、大量の500円玉を1枚1枚宝物を手に取るように取り出すお袋、そして、その500円玉を神妙な面もちで受け取る孫達・・・・・・









いろ~んな思いやいろ~んな言葉に触れ合うたびに、身の引きしまる思いがしたり、熱い思いがこみ上げてきたり、心が揺さぶられたり・・・・・・・・・・・・・・





そんな今日この頃です。
今日の日を・・・・・
今日一日を、ちょうど1年前のちょうど今頃に旅立った亡き父のために、全力で過ごすことをここに誓います



あれから1年・・・・・・・・・・・か・・・・・・・・






☆頂いたお花、親父の墓前に献花してきました。雨の中、親父がとっても喜んでいるように見えました。命日を覚えていて下さったこと、心より感謝の気持ちでいっぱいになりました。ありがとうございました。
13才の誕生日!
1999年7月9日 ホワイトリバーフットボールクラブがこの世に生を受けた日。


つまり、今日はホワイトリバーの誕生日!!!


2012年7月9日で、13才になりました~!!!!!



先ほど、13本のローソクに火を灯し、誕生会を盛大に催しました。



誰と???



もちろん、一人で!!(泣) 






13才、人間で言えば、ようやく中学生。




まだまだ青二才!?ですが、今後ともご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い致します!!




☆このブログを読まれた方が、「ハッピーバーズデーホワイリバー~♪♪ ハッピバースデー・・・・・・♪」
の歌を口ずさんでもらえたら最高のプレゼントになるのですが・・・・・・・・・・
旅立ちの時
この場を借りて皆様にご報告申し上げます。



優コーチこと、我が娘の優が、本日を以て新潟での修行を終え、地元であるここ白河に戻って来ました。


先日より、皆様には、たくさんのご声援と叱咤激励を頂いてきたのですが、このような決断をすることになりました。




あと半年がんばるんじゃなかったのか!?


なんだ、この急展開は!?





今回の決断に至った経緯、激励を頂いたにも関わらずその期待に応えられなかったこと、3年間の修行の満了を待たずに帰郷した理由等々、様々な説明責任があることは十々承知しておりますが、



「気持ちをもう一度リセットし、真摯にサッカーに向き合い、ホワイトリバー(VAMOS)の子供たちの指導にあたりながら、共に成長していきたい。」



本人のこの言葉を真っ正面から受け取って頂き、正式な我がクラブのスタッフとして受け入れて頂きたいと思っています。



早速、明日からの南会津でのホワイトリバーの小学生の大会の引率者として従事することになります。









あの時どうして・・・・・・・・・




いつの日かほろ苦い思い出話として語れる日が来るかも知れません。その時が来たら・・・・・・・







スタッフとして正式に任命する以上は、しっかりこき使っていきたいと思っています。


とは言っても、まだまだ未熟な人間。(そういうこの私も・・・・<苦笑>)


とは言っても、我がクラブに集う子供たちの前に立つ責任ある人間。








親としてそして何よりクラブの代表として、お預かりしている大切なお子さま方の健やかなる成長の手助けをできる人間として、指導者として育てていきたいと思っています。





あなたは、人を育てるほどすばらしい人間? 指導者?・・・・・・・




これはこれ、それはそれ!!(笑!と言うか笑ってる場合じゃないかも知れませんが・・・・やっぱり笑!)





とは言え、彼女は彼女なりに、2年3ヶ月の新潟の修行で得た様々な経験をもとに、精一杯子供たちに、そして、精一杯サッカーに関わっていくものと思っております。


クラブの皆様はもとより、今回たくさんの拍手を頂いた皆様、そして、親交深い全国のチーム及び指導者の皆様、末永いご指導のほど、どうぞどうぞどうぞよろしくお願い致します!








※学校を辞めないような道筋を親として立ててあげることはできなかったのか!! 確かにその通りです。親としては、失格のレッテルを貼られても仕方がないかも知れません。しかし、この導きがいつ日か彼女の人生にとって良き分岐点であったと笑って語れる日がくることを信じて、明日から共に同じステージに立ち、同じ屋根の下で暮らしていきたいと思っています。今言えることは・・・・・・・・・・・・・それだけです。
2年ぶりの開催
熱い熱い暑い~!!!!!!!!!!!!


今こうしていても暑さが体にまとわりついていて、振り払っても振り払ってもまとわりついていて・・・・・・


考えてみれば、すでに暦は7月なので納得と言えば納得なのだが・・・・・それにしても暑い~!!!!!!


エアコンないの?


扇風機ないの?


・・・・・・・・・(泣泣泣)




そんな灼熱地獄!?の今月末に、クラブ主催の夏の一大イベントを2年ぶりに開催する。


『第11回奥の細道サッカーフェスティバル』である。


昨年まで10年連続で行っていたのだが、東日本大震災の影響で、グランドの地割れ、放射線の影響等々のために、無念の開催中止となり・・・・・・・・



今年はグランドも整備され、表土除去(除染作業)も行われ、万全の体制での開催に・・・・・・・


(と言いたいところですが、実は、グランド横の小学校の震災復興工事が突如!?始まり、グランドへの進入道路や駐車場等々、様々な問題を抱えてしまい、頭を抱えているのですが、工事は7月いっぱいと言うことなので、フェスティバル開催前には、必ずや終わってくれるものと信じており・・・・・・また、U12及びU10の部は参加チーム各12チームが決定したのですが、U8の部(小学2年生以下)が6チームしか集まっておらず・・・・それでも開催に支障をきたすわけではないのでこの6チームで行おうと思っているのですが、できればU12・10と同じように12チームで開催したいのですが、果たして・・・・・)


とにもかくにも、我がクラブにとっては、歴史と伝統あるイベントであり、このイベントの大きな大きな目的は、「このフェスティバルに参加してくれる子供たちに、夏休みの思いでのひとつになるような時間をプレゼントする!」と言うことは第1回以来、不変の目的であり、今年もその目的達成に向けて、準備万端にして開催したいと思っている次第で・・・・・・・・




フェスティバル初日に行う「キッズサッカーフェスティバル」の募集チラシを一昨日ホームページに掲載したところ、既に10名の参加FAXを頂き・・・・(募集定員は40名。詳細は、ホームページ内トップページをご覧下さい!)



フェスティバル開催に伴う「協賛依頼」を上記同様ホームページに掲載したところ、早速ある企業様よりご協賛を頂けることになり・・・・・・(イベント期間に参加するたくさんたくさんの子供たちに振る舞うたくさんたくさんのかき氷の材料費等に使わせて頂いたり、キッズフェスティバルで参加する子供たちに贈呈するユニフォーム代に使わせて頂いたり、様々な表彰賞品に使わせて頂いたり・・・・・・たくさんの企業・団体又は個人の方々がこの趣旨を理解され、ご協賛頂けることを切に願っており・・・・)




一口に11回と言葉で言うのは簡単ですが、1回1年なので11年目と言うことになり、今の小学6年生が1才の時に始まったフェスティバルで、5年生が生まれたその年に始まったフェスティバルで、4年生以下の子供たちはまだこの世に産声をあげていなかった時に始まったフェスティバルで・・・・・そう考えると、実に長い長い年月開催してきたわけで・・・・・・




(今年は復興支援活動を午前中に毎日のように行っているため、心と体にゆとりがなく!? 正直今までのように準備が着々と整っていないというのが現状ですが、前述した大きな目的を達成するために、鞭を打って打って打ちまくって!? その日を迎えようと必死に思っているわけで・・・・(苦笑))




とにかく、がんばります!!!


☆私が今こうしてパソコンに向かっている脇でくつろぐこんな姿を見ていると、むしょうに私も猫になりたいなあと思う今日この頃で・・・・・(笑)

羨ましい・・・・



※優さん、その後お元気にしてますか~!!! ブログに寄せて頂いた様々なコメントは、形は違えど、全て貴方のことを心から思って下さる方々の応援メッセージだと私は思っています。それにしても、ものすごい拍手の数になったね。感謝感謝感謝ですね。その激励の数々を勇気とパワーに変えて、一日一日を奮闘して下さい! 一言言っておきますが、たくさんの応援や声援や・・・・を間違ってもプレッシャーなどとは感じないように!! いつでも弱音トークを受ける準備はしておりますのでご安心を!!(笑)
ありがとうございました! そして これからもよろしくお願い致します!
娘の優のブログ内の拍手回数が、1日で50近くになりました。

皆様が、どんな思いでブログを読んで下さったのか、そして拍手をチェックして下さったのか、・・・・・・心より御礼申し上げる次第です。


先ほど、娘のブログに対するコメントも拝見させて頂きました。どなたか存じませんが、本当に本当にありがとうございました! 体の随の随まで染みわたるお言葉の数々、さぞかし拍手の数同様、娘も勇気と力と・・・と湧いてきたものと思っております。


また、個人的にメールを下さった方々、心より心より心よりありがとうございました!


U氏には、親子共々激励して頂く始末で、恐縮恐縮恐縮・・・・・・・ありがとうございました!



まだまだ未熟な娘ですが、と言うか、未熟な私ですが・・・・・(苦笑)、今後とも末永く見守ってあげて下さい。どうぞどうぞよろしくお願い致します!





最後に、いつぞやのブログで紹介しましたが、絶望の淵に立たされた時に、前述のU氏に、生きる勇気、生きる力、生きる・・・・・を頂いた唄がありました。



娘に、このブログを読んで下さっている方々に、そして改めて自分自身に贈りたいと思います。




http://www.youtube.com/watch?v=0aZgTHnbq1A






暦はもう7月。2012年の下半期のスタート。


今年も残り半年、楽しんでいきましょうね!!!

読んであげてください そして ほんの少しで結構です  応援してあげてください
優コーチ、いや、我が娘の優の渾身の、いや、魂心の本日のブログを読んであげてください


そして 親ばかで申し訳ありませんが  娘を応援してあげてください  勇気をあげてください  みなさんのパワーを・・・・・・


ブログに付いている拍手が増えるたびに 彼女はきっと その度ごとに ふつふつと力が漲ってくることと思っています


応援して頂ける方は どうぞどうぞ拍手をクリックしてあげてください





先日は親が、そして今日は子供が、揃いも揃って、なにをブログで弱音トーク炸裂してるんだ!!  けしから~ん!




全くもってその通りです  本当、似たもの親子で申し訳ございません!!!




誰にでも悩みや苦しみはあるものだ!  本当、その通りです!




しかし、生まれて初めて味わう正真正銘の苦悩・裏切感・孤独感・・・・・・・・・・




受話器越しに聞こえる愛娘の嗚咽をも通り越した慟哭のような延々と続く泣き声の嵐に、ただただ受話器を握りしめることしかできなかった一昨日の夜・・・・・・・・



4時間近く一方的に語り続けた一昨日の夜・・・・・・・・・・






そして迎えた今日のデビュー戦・・・・・・・・




そして目にした今日の魂の叫びのようなブログ・・・・・・・





「あなたのブログは本音を語りすぎているから反感をかうんだよ」




いつぞやこんなことをある人に言われたことがある



全くもってその通りで・・・・・・



娘のブログにも伝染!?してしまったようで・・・・・・



本当に困った似た者どうしだこと!!!  親ばか丸出しだこと!!!





なんと思われようとも構いません・・・・・・・・・





娘の気持ちを少しでも理解してくださる方は、どうぞ、ほんの少しで結構ですので「がんばれ!」と応援してあげてください



娘の言葉の本当の意味を理解してくださる方は、どうぞ、ほんの少しで結構ですので「あなたは一人じゃないんだよ!」と勇気を与えてあげてください



ほんのほんのほんの少しで結構ですので・・・・・・・・







朝から晩まで行われた超ハードな研修会を終え、帰路に着く車の中でふらふらしながら目にした優のブログ


どんな思いでどんな決意でどんな・・・でこのブログを書き込んだのだろうかと想像したら、涙が止めどなく止めどなく・・・・・・・・・・













岡山県での試合を終え、3時間バスで大阪に移動し、そこから飛行機で・・・・・今頃、新潟のアパートの一室に着いて、一人静かな部屋で今日のこと、今までのこと、そしてこれからのことに一人思いを馳せているだろう我が娘に・・・・・・・・・





楽しんでいこうぜ!(笑)