Vamos福島
生きている限り生き抜きたい!
本日、復興支援活動で今年度訪問する13の保育園・幼稚園のうち、13番目の幼稚園での午前中に行ってきました。

初対面の子供たちにも関わらず、一瞬で!? こまっちゃんとえんちゃんを受け入れてくれて、それはそれはとっても楽しい時間を過ごすことができました。


「この年代の子供を、1時間という長時間どうやって活動させるのか、じっくり見せて頂きましたが、子供たちをあれだけ食いつかせ続ける姿を見ていて、さすが『プロ』だなあと思いました。今年一年間、とっても楽しみになりました。どうぞよろしくお願いします!」


とは、活動の間、ずっと園庭に立ち続けていた園長先生談。


これで、13の園の全ての子供たちに「顔見せ」ができたので、次回からは益々パワーアップして、子供たちの体と心の復興活動に従事できるものと思っています。


みんな、よろしくね!!!(笑)




ところで、今日で5月も終わり明日から2012年、上半期の最後の月、6月になります。


復興活動を終え、事務所でパソコンに向かいながら、ふとカレンダーに目をやりながら、思わず一言。


「今月は、ゴールデンウィークのあった月だったんだなあ。なんだかまだその月が続いていたなんて、ビックリ!」


その言葉を聞いて、仕事が一段落し、ごろ寝!?をしていたこまっちゃんが一言。


「朝から晩までフル稼働だったからねえ・・・・・」


6月もいろんなことが目白押しだけど、しっかりがんばっていきたいなあ、いや、がんばらなければいけないなあ、そう思っている次第です。


一昨日、日本映画界の現役最長老監督で、100才の新藤兼人氏が老衰のため亡くなった。

その新藤氏が、生前に語っていた言葉がある。


「私は、生きている限り生き抜きたいんです!」


なんだかとっても深みのある、重みのある言葉だなあと思いました。


今の私の生き方では、到底100才までは生きられるはずはありませんが(苦笑)、天寿を全うするその日まで、悔いなく力の限り生き抜くことができればいいなあと思っています。


余談になりますが、新藤氏の最後の監督作品となった、『一枚のハガキ』を以前に鑑賞し、独特の世界観に浸ったことが思い出されます。


生きている限り生き抜く!


久しぶりの明日のオフは、思いっきり生き抜こうと思っています!(違うか!笑)




最後になりますが、長い長い一日を終え、夜10時前に帰宅し玄関を開けると、何やら妙な鳴き声が聞こえてくるではありませんか。


「なんだ、この声は!??????」


その声に引き寄せられるように、家に中に入ってみると・・・・・・・



な・な・なんと、我が家に子猫が~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!


「なななんで子猫がいるんだ~!!!!!!!!!!!!!!!!!」


大絶叫していると、息子が部屋から出てきて、ぼそっと一言。


「純(娘)が捨てられてたのを拾ってきたんだって」


拾い主の娘はすでに夢の中状態だったので、いきさつは聞けぬままで・・・・・



このブログを書いている脇にはなぜかペット用のゲージがあって、その子猫ちゃんは、その中で気持ちよさそうに寝ている状態で・・・・・・・



猫に関しては、実は小学校の頃に、ものすご~くトラウマになる出来事を経験したことがあって、それ以来、あまり好きではない動物のひとつになっていたので、この子猫が我が家の一員になるのは、個人的に非常に困ることで・・・・・



とは言っても、「僕はすでに遠藤家の一員です!」と言わんばかりに、満足気!?の表情を浮かべて寝入っているこの猫に異論を唱えることもできず・・・・・(泣)



とんだ5月の最後の日となりました。チャンチャン♪♪ (呑気にチャンチャンなどと言っている状態ではないのですが・・・・<大苦笑、いや、大苦泣笑!>
カラッとした晴天が来ることを信じて・・・・・
先週末岩手県盛岡市で行われた『NIKEアントラーズカップ東北ラウンド』。

結果は、惨敗。

2週間後に控える全日本少年サッカー大会福島県大会の前哨戦と、自分の中でそう銘うって臨んだ大会だったのだが・・・・


まさに、暗雲がたちこめる結果となった。


この2週間でどう修正しどう導くのか・・・・・・・


頭の中が心の中が・・・・・一言で言い表すとするなら、『もやもや』その一言に尽きる!と言った感じである。



あくまでも通過点、されど・・・・・・


子供たちの持つ力を最大限に発揮させることができる、そんな指導者になりたい・・・・・・・


改めてそんなことを感じる今日この頃である・・・・・・・・・・・







標記大会の翌日に、開催したクラブ主催の大会『第11回テレメディア東北カップサッカー大会』。


絶好の五月晴れのもと、3.11東日本大震災の影響で昨年開催できなかったため、実質、1年半ぶりの開催となった。


結果及び御礼状を本日、ホームページ内トップページの同大会コーナーに掲載したのでご覧あれ!



子供たちの笑顔2


「ドリブルサッカーの申し子達よ! これからもどしどしチャレンジすべし!!」







昨夜、全日本バレー女子チームが、オリンピック出場を決めた。


残念ながら、試合には負けてしまったため、爆発的な喜びを表現できなかった選手を見ていて、なんだかとっても気の毒な思いにさせられたのだが、オリンピックの舞台で、最高の歓喜をぜひとも味わってほしい!そうしみじみと思った。


その試合の中で、実況アナウンサーが、大会直前にキャプテンに取材を行った時のコメントを紹介した。その言葉がとっても「深いい~!」と思った。(笑)


「この世界最終予選は、一生懸命やるだけではだめ。更にその上の死にものぐるいの気持ちがなければ、オリンピックの出場権を勝ち取ることはできない。」






もやもや感でいっぱいの状況の自分だからこそ、心の中にずど~んと響いてきたのかも知れない。



死にものぐるい・・・・・・か・・・・・・・・
「今」を見つめて
 昨日、南相馬市の幼稚園を訪問してきました。(その告知は、前回のブログで紹介済)

白河市を北上し、郡山市でこまっちゃんこと合流し、またまた北上し、東北自動車道松川PAのETC出口からおりて、一般道を東へ東へ・・・・移動時間約3時間。


途中通過した飯舘牛で有名な、いや、有名だった(どうして過去形の記述かは推測下さい)、飯舘村は、全ての家という家が、店という店が、全てカーテンが閉じられ、シャッターが閉められ、人の姿はどこにも見当たらず・・・・

それもこれも、全ては原発事故の影響で放射線が蔓延する箇所になってしまったため、全村あげて避難を余儀なくなれたためで・・・・・


そんな村を複雑な思いで通過し、更に東へ進み南相馬市へ。



「待ってたんです!」


子供たち、園長先生をはじめ職員の方々にそれはそれは恐縮するほどの大歓迎を受け・・・・・・


歓迎式典!?では、更に更に恐縮×1000000のお言葉を頂き・・・・・・


こんな大歓迎を受け、はりきらないわけはなく、その結果、こ・こ・腰が~・・・・・(ご想像にお任せします!<苦笑>)


帰る際には、やはり子供たち、職員の方々のそれはそれは歌付きの手厚いお見送りを受け・・・・こまちゃんと二人で思わず照れながら何度も手を振り続け・・・・・


「あの子達のために、いや、あの幼稚園のためにがんばろう!」


えんちゃんとこまちゃんは、固く固くそう思ったわけで・・・・・・


帰りは、こまちゃんの運転する助手席で、えんちゃんこと私は爆睡爆睡爆睡・・・・・ こまっちゃん、ごめんなさ~い!!!


「ここは陸の孤島ですよ!」 園長先生のぽつりと呟いた一言が脳裏に焼き付いていて・・・・・・・

 
 同じ福島県に住む人間として、今回の訪園で感じたこと、飯舘村の現状etc  復興にはほど遠い所がここ福島にはまだまだ存在していることを胸に刻み込み、「今」をしっかり見据えて、一日一日を大切に過ごしていかなければならない! そう思った次第です。
いよいよ明日・・・
【21世紀の福島を担う子供たちの心と体の復興支援活動】と称して、今年度より本格的に活動を開始した事業。

4月から数えて九つの保育園・幼稚園を訪問し、延べ21クラスの子供たちの『笑顔』の再興に従事してきた。

本日も小雨の降りしきる中、市内の保育園で活動を行った。


「えんちゃん! こまっちゃん!」


どの園でも、たくさんの子供たちからそう呼ばれるたびに、「よ~し、今日もいっちょうやったるか~!(笑)」

何とも言えない高揚した気持ちになる。


先日訪れた園では、「今日もお兄さん二人と一緒にいっぱい遊んでもらいましょうね!」などと先生から紹介され、「お兄さんって、もしかして俺たちのこと・・・・・」と思わず50うん才のこまちゃんと目を合わせる40うん才のえんちゃんでありました!!(苦笑)


とにもかくにも、昔は確かにお兄さんだった二人が今を生きる子供たちにしてあげられることは、とってもとっても微々たるものですが、この活動を通して、この逆境の福島に生きる子供たちが、少しでも活力を得て、元気に明るく過ごせる手助けができればいいなあと思っています。


きれいごとに聞こえるかも知れませんが、素直な気持ちがそれなのですから何と思われようとも仕方がありません。




明日は、この復興支援活動の10番目・11番目の園となる幼稚園を二つ訪問してきます。


場所は、南相馬市。原発から30㎞圏内のため、緊急時避難準備区域に指定されていた所である(現在は解除されている)。


本日、明日の時間・活動場所等々の確認の電話を入れると、


「子供たち、明日の活動をとっても楽しみにしています。わざわざ遠方までお越し頂くのはとっても申し訳ない気持ちでいっぱいですが、子供たちのために、どうぞよろしくお願い致します。」

とのお言葉を頂いた。


「いっちょうも、にちょうもやったるぞ~!!」(意味分かりませんね。失礼しました!<苦笑>)


まだ見ぬ子供たちの顔顔顔・・・を想像するだけで、今夜は眠れそうにない気が・・・・・



な~んて悠長なことを言ってる場合ではなく、明日最初の幼稚園の活動が9:30~行うようになっているため(二つ目の幼稚園は11:00~)、我が家の出発は、早朝6時過ぎ。郡山でこまっちゃんと合流し、一路南相馬市へ。


早朝移動、長距離移動、そして何より、この活動を心待ちにしてくれている子供たちのために、このブログを書き終えたら、しっかり睡眠をとり、体調万全で明日を迎えたいと思っています。


戻ってきてからは、クラブのこれまたかわいいかわいい!?子供たちのトレーニングもあります。


長い長~い一日になること必至ですが、たくさんの子供たちに関われる喜びとたくさんの子供たちの今を託された責任をしっかりと感じ、全力で尽力することをここに誓います!



平成24年5月22日 選手代表 遠藤 淳!! (笑笑大笑 失礼しました! チャンチャン♪♪)
最後まであきらめないとは・・・・・
今日は、我がクラブに集う子供たちのほとんどの小学校で2年ぶりの本格的な!?運動会が開催された。

本格的???

昨年は、東日本大震災の影響で巻き起こった原発事故の影響で、福島県内のほとんどの学校が運動会を自粛したり、規模を縮小したり・・・・・


今年は表土除去(校庭等々の土を掘り起こす除染作業のこと)を行い、放射線量が激減したおかげで、運動会が依然同様の形で行われたため、2年ぶりと言うことになり・・・(と言っても、一日開催ではなく種目を減らし半日のみの開催に止まった学校もあり、まだまだ原発の爪痕は子供たちの楽しみを奪っているのが現状であり・・・)


前述したように、ほとんどの子供たちが運動会参加のため、サッカーの試合も練習も入れることができず、私は何をしていたかと言うと・・・・・・



我が娘の小学校生活最後の運動会を参観!?してきました!!!(参観後は、夕方から土曜日スクールを成田コーチと共に行ってきました。)


うだるような暑さの中、途中半分日射病にかかったような状態になり、激しい頭痛に見舞われながら、最後まで参観してきました!!!(苦笑)



感想は・・・・・・・・



何というか、一言で言うと「感動!」でした。



特に、みなで心を合わせてがんばりぬく団体競技に心を奪われ、釘付けにされ、胸を熱くさせられました。


リレー競技では、最後の最後に巻き起こったどんでん返し。


勝利を確信したアンカー走者が、両腕をあげガッツポーズでゴールテープを切ろうとしたその瞬間、後ろを走っていた走者が、その一瞬の隙をつき!?ゴール直前10㎝(大げさではなく)でまさかの大逆転でその走者がゴールテープを先に切り、勢いあまって野球のヘッドスライディングのような感じで地面に倒れ込み・・・・・


その大逆転劇を演じた走者は、バトンを受けた時には、トップの走者から20~30M離され、ビリ!?でバトンパスを受け・・・・・・


その後もの凄い猛追を見せ、前を走る走者を交わして行き、最終的に、ゴール直前での大逆転劇を演じ・・・・


その姿を見ていて、「最後まであきらめないこととは、こういうことなのだ!」と思わず感無量になり・・・


何を隠そうその大逆転劇の立て役者は・・・・・・・・




家に帰ってきて、「あれだけ離されていて諦めようと思わなかったの?」と質問すると、「何度も諦めようと思ったけど、ここで諦めては絶対にだめだ!と自分に言い聞かせてとにかく一人ずつ抜いていこうと思った」とのことで・・・・



「でも、ゴール手前のカーブで1位の子とまだ差があったから、さすがにその時は諦めただろう?」と意地悪な!?質問をすると・・・・・


「確かに抜かせないなあと思ったけど、少し余裕を見せてるのを感じたからこれは最後まで分からない!そう思ってとにかく突っ走った!」


「あのヘッドスライディングはどうして?」


「足から行っては間に合わないと思ったので、体を突きだしたら先にゴールテープが切れる!そう思って行ったら止まらなくて転んじゃじゃった!」と言って、包帯にくるまれた膝をなでなでして・・・・(笑)


思わず、


「これからサッカーでも何でも、どんなに苦しくても最後まであきらめず全力を尽くせば、今日のようなことが起きる、いや、起こすことができるんだから、今日のことを忘れずがんばるんだぞ!」


と父親ぶった言い方をしてしまい・・・・・(苦笑)




「最後まであきらめないこと」 小学校生活最後の娘の勇姿!?と共に、このことの大切さを、まざまざと教えられたそんな参観日!?でした。 チャンチャン♪♪(笑)



☆娘の学年で行った組体操で流れた曲が、その内容とあまりにマッチングしていてこれまた思わず感動感動感動・・・・と言うか、別な感動もふつふつと湧いてきて・・・先生よくぞこの曲を選んでくれました!って感じで・・・・・それを載せたいと思います。聞けば必ずあなたもあの時の感動が蘇ってきて鳥肌が・・・・・


http://www.youtube.com/watch?v=SUE-v_qvDPo&feature=related
みんな集まれ~! パートⅡ
先週土曜日、キッズダンス教室が開校しました。

参加人数は・・・・・


開校前々日までは、13名の申込に止まっていたのですが、開校日には、25名の子供たち(幼児~小学2年生12名・小学3年生~6年生13名)が集い、額に汗しながら、楽しい時間を過ごしていました。


その中には、一日中サッカーの試合を行い、その後参加したホワイトリバーFCの選手も4名いたのですが、

「サッカーとダンスは別腹!(笑)」とでも言わんばかりに、1時間のダンスの時間をフル稼働!?していました。


ダンスと言っても、ストレッチ的な動きがふんだんに取り入れられているので、試合で使った体のケアをする上で、最適! そう思いながらその様子を見ていました。


講師の先生も、「サッカー後のダンスは、しっかりと体をほぐす点からも大いに効果がある!」とのことで、ホワイトリバーの子供たちには、もっともっと参加してほしいなあ・・・・・と思いました。



それにしても、今までは、VAMOS福島スポーツクラブ=サッカーと言った図式!?は否めなかったのですが、

今回のこのダンス教室の開校で、その図式に広がりができた! いろんなニーズに応えられるクラブにほんの少しではあるが変貌を遂げることができた! 自画自賛ではありませんが、しみじみそう思っています。


ダンス教室終了後、ある保護者の方から、

「サッカーだけでなく、様々な場の提供をして頂き、我が家の子供たちはいろいろな体験をすることができ、心から感謝しています!」

とのありがたいメールを頂きました。


これからも、たくさんの子供たちが、いや、子供たちのみならずたくさんの大人の方々が、我がクラブの活動を通して、『生きる糧』を持って頂けるよう、全力でクラブ運営をしていこうと思っています。


皆様、今後ともどうぞよろしくお願い致します!!


尚、今週土曜日(19日)からは、「大人のためのエアロビクス&ヨガ教室」を開校します。


先週の木曜日、「みんな集まれ~!」のブログを書いた時点では、参加希望者がたったの1名しかいなくて、果たしてこの教室は・・・せっかくすばらしい講師の先生を招聘したのに・・・とへこんでいたのですが(苦笑)・・


本日迄の参加希望者は、なんと11名増の12名になり、これなら開校大丈夫!のお墨付きを頂き(誰がお墨付きをしたかと言うと・・・・誰でもない、この私です!<笑>)・・・・・・・



前日には保険を掛けるようにしますので、今週の木曜日まではまだまだ参加者を募集しております。もっともっとたくさんの方々に、楽しくも厳しい!?そして何より癒しの時間を過ごしてほしいと思っています。


『健全な精神は健全な肉体に宿る!』


週末開催のこの教室の中で、日頃酷使!?している体と心のメンテナンスをバッチリ行い、新たに始まる週の生活を潤い豊かなものにしてほしい! と言うか、このクラブの活動でその手助けの一翼を担わせて頂きたい! と思っています。


以上、みんな集まれ~! パートⅡでした。チャンチャン♪♪(笑)
お母さん、ありがとう!
 昨日そして今日の2日間、FCRegate主催の大会に参加させて頂きました。2日間絶好の天候の下、朝から晩までサッカー漬け!?になることができました。

 山崎監督をはじめ、Regateの関係者の方々に心より感謝申し上げます。ありがとうございました!


『足の速い亀』になれるかな? これが今大会の合言葉!?でした。


 足の速い亀? なにそれ?  もちろん企業秘密です!(笑)  





 話は変わりますが、本日の大会終了後、石川町内の山の中にある山形小学校という学校を訪問!?してきました。


 何をしに?


 それは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 実は、この学校は、私が教員生活を送っていた際の2校目の勤務校で、4年間ここで過ごしました。


 今から18年前のことで・・・・・

 
 当時、この学校は全校児童数が30名に満たない学校で、前任校が児童数1000名を越える学校に勤務していたため、そのギャップのすごいことすごいこと・・・・・

 今でも、あの時の何というかカルチャーショック!?みたいな感情は忘れがたいもので・・・・・

 全児童数の少なさも驚いたのですが、それ以上に驚いたのは、赴任早々、3年生と4年生の二つの学年を同時に
受け持つことを命ぜられ・・・・


 二つの学年を同時に????


 意味分かりませんよね。なんと、ひとつの教室にこの二つの学年が居を共にし・・・・


 更に、意味分かりませんよね!(苦笑)

 
 こういう形式を複式学級と言い、いわゆる少人数の学校でとられる手法で・・・・・・

 
 同じ教室で別々の勉強を教えるわけで・・・・・・


 え~っ、一体どうやって????


 それは・・・・・・・・この話をし始めるときりがないので、興味のある方は、ご自分でお調べ下さい!(笑)


 とにもかくにも、それほど子供の少ない学校で、二つの学年の担任と言っても、人数は12名(3年生6名・4年生6名)。


 その時最初に担任した3年生は、その後学校を転勤する4年後までずっと担任し・・・・・・


 実は、来月下旬にその4年間担任をした子供の一人が(と言っても現在27才なので子供ではありませんが・・・<苦笑>)、結婚すると言うことになり、その結婚式で放映!?するビデオレター!?をその子の友人が作ると言うことで、その撮影をこの学校を使って本日行うと言うことで、訪問した!と言うことです。


 ちょうど石川町での大会であったため、大会終了と同時に、即行で子供たちをバスに強制的に乗せ!?(笑)、学校に直行しました。(子供たちは急がされている理由は全く分からなかったので、バスに乗り込んだ後に、これこれしかじかの理由でと説明し納得してもらい!?一緒に学校に連れて行ったのです。ビデオを撮影している間、子供たちは校庭でサッカーをして遊んでいました。)


 この学校を転勤して以来の訪問で、約15年ぶりに校門をくぐり、なんだか感無量な気持ちでいっぱいになってしまいました。


 4年間過ごした学舎!?を久しぶりに目にしたことはもちろんでしたが、それよりも何よりも、授業が終わるとすぐにサッカーの練習を真っ暗になるまで行った校庭を目にした時には、思わず胸が熱くなり・・・・(この思い出を語るとこれまたきりがないのでここでは割愛しますが、この学校での4年間のサッカー生活!?は、一生の宝物の大きなひとつとして私の体の中に君臨!?しており・・・・・)



 結婚する子の同級生(6名のうち3名)も撮影のため来ており、これまた久しぶりの再会に・・・・(泣泣泣)


 
 校庭で遊んでいる我がクラブの子供たちと、15年前の教え子とを同時に視界にいれ、思わず、こんな言葉が頭の中を駆け巡り・・・・・


「俺の生きてきたそして生きてる証がここにある!」


 そんなことをしみじみ思い・・・・・・・・・・・・・・(この感情はどう表現して良いか分からないのですが、とにかく○○冥利に尽きる!と言った感覚で・・・・・)


「みんな、立派になったなあ・・・」 そんな言葉を久しぶりに再会した教え子に投げかけると・・・・


「先生、全然変わりませんね!」 そんな言葉が返ってきて・・・・・


 それって若いってこと? それとも何の成長もしてないってこと? 複雑な思いでいっぱいになったのですが、聞き返すのも愚問と思い、言葉を呑み込み・・・・・良い方にとることにしました(笑)



 本日の大会参加文書に、「大会終了後、少し寄り道をするところがありますので、到着解散時刻が少し遅れます」と書いた少し寄り道というのは、こういうことでした。事前に理由も告げずに、道草を食ったこと!?に、この場を借りてお詫び申し上げます。(お祝い事ですのでご勘弁下さい!)



 最後になりますが、本日は『母の日』。


 我が母親をはじめ、世のお母様方に心からの敬意を評し、ささやかながらお花を贈呈したいと思います。


 どうぞお受け取り下さい!(我が母上には何も贈れなかったのでこの花を受け取ってくれれば良いのですが、このブログなど絶対に見ることもないと思うので・・・・残念!)


 これって絵に描いた餅じゃないの???


 そう言わず、素直にお受け取り下さい!(笑)  


print-i98.png
みんな集まれ~!!!
 今週土曜日から開校する『キッズダンス教室』 来週土曜日から開校する『大人のためのエアロビクス及びヨガ教室』 連休中から募集を開始したのですが、その結果は・・・・・・


 キッズダンス教室の参加申込人数13名・エアロビクス及びヨガ教室の申込人数1名

 
 先月末に行った一日体験教室の時は、たくさんの子供達や大人の方々が参加してくれたのに、現在の状況は・・・・・


 みんな集まれ~!! 


 改めてこの場を借りてたくさんの参加を呼びかけたいと思います。皆様のお越しをお待ちしております!!
雑草魂
今日の午前中は、昨日に引き続き、『復興支援活動』で保育園での巡回指導。と言うか明日も明後日も明々後日も・・・・


初めての保育園だったため、指導中、園長先生をはじめ、たくさんの先生方がずらっと勢揃いし、まるで懐かしき授業参観又は研究授業のようで・・・・(苦笑)


思わず緊張????? などということは全くなく、とにかく子供たちと夢中になって遊び・・・・


いいねえ、遊んでばかりいて!!


そう思われる方は、一度体験してみて下さい。幼児と遊ぶことってと言うか幼児を様々な活動に食いつかせる!?ことの難しさ・大変さ等々がよ~く分かると思いますので!


90分間の指導を終え、職員室に通され、園長先生から本日の指導の評価を宣告!?され、結果は・・・・・・


「こういう活動を待っていたんです! 子供たちのそれはそれは楽しそうな様子を見ていて、心からそう思いました。(略) 次回も期待してます!」


光栄なプレッシャーを頂き!? とにもかくにも本日も昨日に引き続き、この活動の良さを体感して頂きほっとひと安心。 どこに行っても歓迎そして好評価を頂いている以上、体はヘロヘロです!などと言う泣き言は死んでも口にせずに、21世紀の福島を担う子供たちの心と体の復興支援にこれからも尽力していこうと思っています。

(正直、200%のテンションで子供たちに向き合っているため、指導を終え午後に事務所に戻ると、パソコンに向かう気力もどこかへやら、こまちゃんと二人でグタ~っとなっているのが実状なのですが・・・<苦笑> もっと若かったら・・・・・なんて弱音は絶対に吐きません! と言うか、吐いてるか<苦苦笑> でもでもこのような活動に従事できることは、本当に幸せなことだなあ・・・そう実感している今日この頃です。)





話は変わりますが、今日、久しぶりにホームグランドに行ってビックリ仰天!

何がビックリしたかって・・・・・・・・

う~む、企業秘密です! な~んちゃって!(笑)



グランドを訪れたのは、4月28日のトレーニング以来、10日ぶり。連休は基本的に通常のトレーニング活動は行わないので、そのためこれだけの時間が空いてしまい・・・・・・


とにかく久しぶりに見たグランドに、思わず、「え~っ!!!」と独り言の大絶叫。(独り言で大絶叫? 意味分かりませんね<笑>)


とにかくとにかくとにかくビックリしたんです!


だから何? もったいぶるな!


別にそんなつもりはないのですが、何をビックリしたかと言うと・・・・・・・・・


その答えはグランドに来てみて下さい!


と言うか、何を一人で私は言ってるんでしょうね(苦笑)



放射線を下げるため、表土除去をして土の表面を何十㎝も削って、まるで砂漠!?のようにどこを見ても土土土・・・・だったあのグランドに、なななんと雑草がそこかしこに生い茂っていて、特に土手には青々とした雑草がたくさん生えており・・・・・


10日前には、全く見られなかったこの光景にびっくり仰天だったのです!


根こそぎ削り取られて、絶対に草など生えるはずもないのに、脈々と生きていた雑草に本当ビックリ仰天だったのです!

CIMG0804.jpg


その様子を見ていて、思わず脳裏に浮かんできた言葉


雑草魂!


削られても踏まれても踏みにじられても、それでも動じない生命力!


まさにタフガイの極致!(笑)


あんな風に俺も生きて生きたいし、子供たちにもあんな風に強くたくましく生きてほしい! しみじみそう思った今日の出来事でした。それにしても雑草恐るべし!(なんて悠長なことを言ってると、そのうちグランドも昔のように雑草ジャングル!?になってしまう恐れがあるので、これからしっかり雑草退治に専念していこうと思っています!(笑 と言うか笑ってる場合じゃないってか!)



☆全然関係ないようなあるような、最近、この曲を聴くと体に力がみなぎってくる歌に出会ったのでご紹介します。その名は『黄金魂』。雑草魂と黄金魂、魂つながりですが、他は何も関係なく・・・(笑) とにかく、この曲を聴くと、ようしやったるぞ~!そんな感じにさせられます。みなさんも一日の始まりにこの曲で奮い立ってみてはいかがでしょうか・・・・心が萎えそうな時に奮い立つにももってこいですよ!(笑) 子供たちに試合前に聞かせたらモチベーションが最高に高まるような気が・・・・

ワンピースバージョンの黄金魂を本日は紹介します!<YouTubeより> 

http://www.youtube.com/watch?v=FbJaLEWV9aM
タフガイ
激動の!?ゴールデンウィークが終了

何が激動?

5月3日~4日 心待ちにしていた茨城県古河市での大会が、雨のため結局中止に・・・・

3日はオフ 4日もオフ・・・・と思ったのだが、この連休で試合をやりこんで・・・そう思っていたので、四方八方手を回し・・・・・

会津サントス佐藤氏のおかげで、4日は一日中トレーニングマッチを行うことができました。

改めてこの場を借りて御礼申し上げます!


5日~6日は、天候も回復し、予定通り栃木県での大会に参加


毎年恒例の村木氏主催の大会


毎年のことながら、右を見ても左を見ても、すばらしいチームだらけ・・・・


年間を通して様々な会場に足を運びチームをスカウティング!?している村木氏ならではの成せる技!?


毎度のことながら感服感服感服・・・・・・・・


そんな素晴らしい大会に毎年お声を掛けて頂いていることに改めて感謝感謝感謝・・・・・


本当にありがとうございます! 今後もどうぞよろしくお願い致します!!


そして何より、この大会に出場して感じるのは、タフガイがたくさんたくさんいると言うこと


思い起こせば、昨年の1位リーグの決勝の審判を行った試合でみたタフガイのこと・・・・



思わず昨年の同時期のブログを読み返してみると・・・・・


つい昨日のことのようにその選手のことが目に浮かんできて・・・・・(何を言ってるの?そう思われた方で、お暇な方!?<苦笑>は、ブログを紐解いて読んで見て下さい! 誰もそんな暇はないでしょうが・・・・)



今年も審判をしている試合でタフガイな選手を目にし・・・・


大きなDFの相手選手に何度もつぶされながらも!?果敢にゴールに向かう小柄な選手


つぶされたあげく、一度は退場するも、またピッチに返り咲き、またつぶされ・・・・(この表現が適しているかどうか定かではありませんが、それしか表現のしようがなく・・・・)


それでもゴールへの執着心は全く衰えず、と言うか、体格差から来る物理的な体のせめぎ合いでは負けても、気持ちは決してへし折られることなく、まさに『鉄の心』の持ち主で・・・・


0対1で敗戦濃厚の終了3秒前。左からのセンタリングにドンピシャのヘディングシュートをねじ込み、鮮やかな同点弾。そして試合終了。結果は、PK戦にもつれこむもチームは敗戦してしまったのだが、あまりの感動に、ナイスプレーだったよ!と私から思わずその選手に手を差し伸べ・・・・・・



と言うか、上位チームの選手達は、どの選手を見ても程度の差こそあれ、みな心も体もタフガイ!


大きい体とか小さい体とかそんなのは全く問題ではなく、とにかくタフガイ! 


最後の最後の最後の一歩まで決して戦うことをあきらめない、とにかくタフガイ!


この思いを上手く表現できないのがものすごくもどかしいけれど・・・・・・どうしたらあんなタフガイな子供たちを育てることができるのか・・・・・・・



永遠のテーマ!?に向かって、とにかくまた明日から子供たちと格闘していこう! そう思っています。



☆明日から平日5日間、午前中復興支援活動での保育園・幼稚園訪問。午後は事務作業。夕方からは各クラスのトレーニング。週末はゲーム。体力勝負!!! 自分が一番タフガイでないような気が・・・・(苦笑)
雨憎し!(苦笑)
明日は、個人的にとても楽しみにしていた茨城県古河市での『古河武井杯全国招待親善少年サッカー大会』に参加する予定であったのだが、雨のため、日付が変わろうとする午後11時に事務局より1日目の中止の連絡が入った。

この決定通知を受け、参加者の方々にクラブメールを配信したのだが、深夜にも関わらず即座に確認の返信メールが入り、ビックリするやら恐縮するやら・・・・・(本当は、早朝にメール配信をするつもりだったのだが、もしかして起きていたら、明日朝お弁当を作るのに早くに起きる必要もなくなると思い、と言ってもすでにお休みになっているだろうと思いながら、とりあえずメールなら深夜でも迷惑にならないかと思い配信したのだが、反応があったことに驚驚驚×100000000 みなさん、若い!!! これって失礼な言い方だったかも・・・・ごめんなさい<苦笑> 返信がなかった方は、若くない!と言っているわけではありませんので、あしからず!)


思えば1年前、いろいろな経緯を経て、この歴史と伝統ある大会(今年で第32回目)に参加させて頂くチャンスを頂き・・・・・・


今年は声を掛けて頂くことはないだろう・・・・・そう思っていたのだが、年明け早々にお声を掛けて頂き、この日が来るのを今か今かと待ちわびていたのに、それが雨のおかげで・・・・・・・


関東地方は、明日午後より雨があがり、翌日は天候良とのことなので、2日目は実施できるとのことなので、この思いをしっかり凝縮し・・・・・・


とにもかくにも、我がチームのサッカースタイルをご理解頂き、全国の強豪チームが名を連ねる格式ある大会に今年もよんで頂けたことに改めて感謝感謝感謝!!!


今年もホワイトリバーのサッカーを存分にお見せします!!!!!  通用するかどうかは別にして・・・(苦笑)


雨のばかやろう!!!! (と言っても、農作物作りには<農家の方々にとっては>雨は必要不可欠なのですが・・・・)




と言うことで、明日は一日全くのオフになってしまったあ・・・・


練習でもしようかとも思ったのですが、大会に参加する予定だった選手は、きっと雨でも自主トレに励むだろう・・・・そう確信しているので、チーム練習はやらないことにしました。果たして・・・・・ゲーム機で自主トレは言語道断!(笑 と言うか、笑いごとじゃない!)


かくゆうこの私は、県内で高校サッカーのプリンスリーグが行われるようなので(インターネットで調べてみたところ)、ずぶ濡れになりながら、サッカー観戦でもしてお勉強でもしてこようと思っています。(この試合も中止にならなければ良いのですが・・・)



くどいようですが、雨のばかばかばかやろう!!!!!!!!!!





☆本日、ホームページ内トップページ及び大会情報コーナーを修正・更新しました。トップページには、昨年、東日本大震災の影響で行えなかった、我がクラブの夏のイベント『奥の細道サッカーフェスティバル』の参加チーム募集のコーナーを設置しました。たくさんのチームに参加してほしいと思っています。と言っても、募集チーム数に限りがありますので、ご希望される方々はお早めにお申込下さい(先着順です)! 

また、先日体験教室を行った、『キッズダンス教室』と『大人のためのエアロビクス&ヨガ教室』の正式開校の概略を掲載しました。前後期の2期制で開催します。開校チラシ&参加申込書は近日中に作成し、連休明けにはトップページに掲載します。たくさんの方々に参加してほしいと思っています。ちなみに講師の先生に、我がクラブとしてのこの二つの教室開校の趣旨『我がクラブの提供する活動で、老若男女問わず、たくさんの方々にスポーツをする喜び、体を動かす喜びetcを感じて頂きたい・・・それだけの思いで今年度この教室を開校しようと思ったのです!』をお伝えしたところ、全ての面でご理解頂くと共に、全力でがんばります!と心強いお言葉を頂戴致しました。)

更に、今年度の復興活動事業コーナーもリニューアルしました。現在は三つの掲載に止まっていますが、今年も昨年同様、我がクラブがたくさんの方々に尽力できることを、精一杯に取り組んでいこうと思っています。(近日中に今年度版のシャツ販売のお知らせをします。現在は昨年度の内容になっていますが、後日修正してお知らせをします。<ロゴ等のデザインの大枠は昨年同様のものになる予定です> 今年もたくさんの方々にご購入頂き、復興を祈願し身につけて頂ければと思っています!)
季節が二つ!?
昨日は、小学3~4年生(2年生も一部含)の子供たちを引率し、南会津で練習試合&ピクニック!?を行ってきました。(田島SSSの皆様には、大変お世話になりました。ありがとうございました! 昨年度も大変大変お世話になりましたが、今年度も何かとお世話になります。どうぞよろしくお願い致します!)


午前中は、練習試合。参加した子供たちを2チームに編成し、15分間1本の試合を交互に連続して行い・・・・

(両チーム共に15分間の試合を6本行ったので、最初は勢いの良かった子供たちも、最後の方ではへろへろ状態に・・・<苦わらい>)


「午後のピクニックを楽しむために、サッカーを一生懸命やること!」 なんだか本末転倒な目標ですが、とにかくこれを合い言葉に行い・・・・・    


子供たちの試合をプレーを見ていて、底知れぬ可能性を感じ・・・・・・(今回のの試合の攻めの道具!?は、ドリブルのみ! パスの大好きなS君は、それはそれは最初は戸惑い気味でしたが、時間を追う毎にいかに自分のテクニックのみで状況を打開していくかの面白さを辛さ!?を体感していき・・・・)


2年生で参加したK君は、二度も強烈なシュートを体で受け止め、涙がこぼれ落ちそうになりながらも、そこは歯を食いしばってがんばりぬき・・・・


とにかく本末転倒な目標に向かって、どの子もがんばった試合となりました!(笑)


試合後は待ちに待ったピクニック!?


近くの公園に移動し、満開の桜の下でみんなでお弁当を食べ、その後は、たくさんの遊具で、これまたへろへろになるまで遊びまくり・・・・(笑)


試合で見せる顔とは違った、子供らしい顔がそこにはたくさんあり・・・・


「サッカーの試合なのに、そんな風に遊んでるなんて、甘っちょろい!」


サッカー命! そんな方々は、きっとそんな捉え方をされるかと思いますが、

我がクラブは、『サッカー及びサッカー以外の活動を通して子供達の心身を豊かにする!』その理念のもと活動していますので・・・・・それが我がクラブなのです!


ですから、先日もダンス教室を開催したわけで・・・・


『プラスα』 子供が成長するには、これが大切と考えているわけで・・・・ 


ともかくそんなクラブなんですよ!!



話は変わって、南会津には、二つの季節が混在していました!


桜が満開の春! そして、まだ雪が残っている冬!


桜が咲き乱れているグランドの脇に残っていた雪を触って、「この感触懐かしい!」と大喜びする子供たち。


二つの季節を同時に楽しめる福島県南会津。恐るべし!(笑)と言った感じでした。


(二つの季節をバックに記念撮影。ハイチーズ、カシャ!!)


SPRING
winter.jpg


☆優コーチ、ブログ読んだよ。今回はメンバー入りするよりも、ものすごく貴重な経験をし、メンバー入りしていては、決して味わえなかった大切な思い、いや、財産を得ることができたと思うよ。五体満足でいる自分が、今何をすべきか・・・・・ラストイヤーのこの一年の一瞬一瞬を大切にお過ごし下さい!!