Vamos福島
特別な一日
今年は4年に1度の閏年。その象徴的な日が、今日2月29日である。

「うるう年2月29日生まれの人は毎年いつが誕生日なのですか?」

素朴な疑問を抱きインターネットを検索した結果・・・・・


『法律上では、誕生した日の前日に年齢が加算されます。つまり、2月29日生まれの人は毎年2月28日に年齢を重ねることになります。これは毎年おなじ日です。逆に不安定なのは3月1日の人で、うるう年には2月29日に、そうでない年は2月28日に年齢が上がることになります。ただし、これはあくまで法律上の話なので誕生日はやはり生まれた日です。うるう年以外の年の場合、年齢が上がる日が3月1日の人と2月29日の人は一致しているので、これと同じと見てうるう年以外は3月1日に祝って貰うのが良いと思います。また、「『法律上年齢を重ねる日の翌日』が誕生日である」という逆説的な考えを使用すれば、やはり誕生日は3月1日となります。』

と言うことでした。


ついでに、うるう日(訂正)生まれの人は世界中で500万人弱おり、全人口の1461分の1にあたるということです。


ともあれ、今日は2月29日。 お誕生日を迎えた世界中の500万人弱の皆さん、大手をふるって今日の良き日をたくさんの方から祝されたことでしょう。 そんな方々にありきたりな言葉ですが、私からも心を込めて・・・ハッピーバースデー♪♪ 




そんな特別な日に、巡回指導で今年度一年訪れた保育園の最後の『体育遊び』の授業が行われた。

「今日で最後だね!」「今日ははりきってがんばるから!」etc 

ボールを追って懸命に走る子供たちを見ていて、

「1年前とは比べものにならないほど子供たち成長したなあ・・・・」

なんだか、そんなことを思っていたら胸がジーンと・・・・・



授業が終わり、最後は、えんちゃんこと私とこまっちゃんこと小松コーチに、子供たちからのメッセージ集が贈られ・・・・・


またまたジーンと・・・・・・・


「また会おうね!」「学校に遊びに来てね!」etc

帰りがけに子供たちが投げかけてくれるたくさんの言葉に、またまたまたまたジーンと・・・・



4年に1度の特別な日に、特別な思いを味わった今日一日となりました。


CIMG0404.jpg
CIMG0406.jpg
CIMG0407.jpg
※みいちゃんからのカード。(みいちゃんって!? そう思われた方は、1月20日のブログをご覧下さい。)言葉は先生の代筆ですが、思いがずっしりと伝わってきました。そして、動かぬ指で懸命に描いたと思われる色とりどりの模様。みいちゃんの顔が浮かんできて……  みいちゃん、ありがとう! 元気でがんばるんだよ!!


川谷保育園きびたき組のみなさん、1年間どうもありがとう! みんなと過ごした時間、とってもとっても楽しかったよ。小学校に行っても、いつまででもその元気さと明るさを忘れずに、お友達をい~っぱい作って、お勉強をい~っぱいがんばって、い~っぱい遊んで、い~っぱい給食食べて、い~っぱい・・・・・・楽しい楽しい時間を過ごすんだよ! えんちゃんとこまっちゃんは、いつでも応援しているからね!!
何ごとも経験!
 子供41名・大人9名 計50名で行った『第11回スキーツアー』。

 無事終了することができました~! 参加者全員、五体満足で無事帰ってきました~!!

 安堵感に包まれたせいか、昨晩は夕食後、大爆睡!(苦笑)

  
 
 ゲレンデ初デビュー者が半数近くいた中で行われた11年目のイベント開催。

 果たしてどうなることか・・・・・・・

 
 しかししかし、そんな一抹の不安もどこへやら!!

 午前中に行ったスキー・スノーボード教室の講師を務めて下さった専門のインストラクターの方々もびっくり仰天の上達ぶり。

「こんなに飲み込みがよい子達を教えたのは初めてかも知れません。さすが普段サッカーをやってるだけありますね!」とのこと。
 

 午後のフリータイムは、スイスイスイスイ・・・・(と言っても悪戦苦闘の子供たちもいましたが・・・<笑>)


「最高に楽しかった!」 「超面白かった!」 「来年が待ち遠しい!」etc 


 食べず嫌いではないけれど、何ごともやってみなければその面白さも、醍醐味も、感動も・・・味わうことなど決してできない。

 
 サッカーを中心に活動しているクラブではあるけれど、今日のような子供たちの『顔』を見るにつけ、このイベントの大切さを体感すると共に、1年に1回のイベントだけれども、これからもしっかり継続していこう!そう改めて思った一日となりました。


 

 しかし、このイベントが大盛況のうちに終わることができたのは、全ては、子供たちに関わって頂いた保護者の方々のお陰と本当に心からの感謝の思いでいっぱいになっていることを最後にお伝えしたいと思います。


 伊藤さん、小松さん、鈴木さん、高坂さん、新沼さん、吉田さん、本当なら、我が子と一緒に楽しい時間を過ごしたかったところを、他の子供たちのために、付きっきりでご指導頂く姿をそこかしこで目にし、心の底から頭の下がる思いでいっぱいになりました。


「クラブの子供達は、我が子と一緒ですから!」 あるお父さんのその言葉を聞いて、感動感動感動・・・でいっぱいになりました。


 こういった保護者の方々に支えられてこのクラブは存在している! このクラブの活動は成り立っている! 
 
 本当に本当にありがたい気持ちでいっぱいになりました。
 
   
 今後も21世紀を担う子供たちのために、お力添えを頂きますようどうぞよろしくお願い致します!


 
 以下の写真はスキーツアーの一こまです。このブログ掲載後、写真集を作成し、本日夜又は明日夜までには、「スキーツアー写真集」をホームページに掲載します。お楽しみに! 

【みんなこの日を待ってました!とばかりの車内の様子。健太郎コーチも満面の笑み。お隣はもしかして・・・】
CIMG0152.jpg

【ゲレンデ初デビューのT君とS君。初スキーにも関わらず、午後には既にスイスイに。「頂上から一度も止まらずに滑ってきました!」とガッツポーズ!】
CIMG0383.jpg


【大盛り上がりだった『雪中宝探し』。今回は十数名が最後まで見つけることができず涙涙涙・・・そんな中、タイムアップ寸前にカードを掘り当て、感動×100000000状態のK君。サッカーだけでなく、何ごともあきらめないことの大切さを体感したことでしょう!!(笑)】
CIMG0306.jpg
一変
CIMG0151.jpg

昨晩、郡山市内で県南サッカー協会の会議があり参加。2時間近くみっちりと新年度から取り入れられる新システムについて話し合いを行った。(保護者の方々には後日お知らせします) 終了後、山崎監督と共に市内某所で遅い夕食。相変わらず尽きない話で盛り上がり・・・・・食事を終え、自宅に戻ったのはまもなく日付が変わろうとする頃であった。まさにシンデレラボーイ!!(誰がボーイ!? 反省・・・・)


その時間には、雪のゆの字すら全くなかったのに、朝4時過ぎに起床した時に外に出て見ると、なんと一面真っ白けっけ! 空からはボタボタと音が聞こえるほどの勢いで雪雪雪・・・・・・


本日は、埼玉遠征を予定していたのだが、埼玉は大雨と言うことで中止に。埼玉は大雨、福島は大雪。同じ日本なのに不公平だ~!!!(笑)


午前中に降るだけ降った雪のお陰で!?、数時間前の景色はまさに一変! その衣替え!?の早さには、毎度のことながらビックリ仰天!!



(ちなみに上記の銀世界の写真は、本日午前中に事務所に行った際に撮影したもので、昨日の夕方は、近所の子供たちが目の前に広がるなんちゃって芝生の広場で思い思いに遊びに興じる光景が見られていたのですが・・・)



やはりここは雪国なんだなあ・・・・・改めてそう思った今日一日でした、チャンチャン♪♪


☆明日はクラブ主催『第11回(11年目)スキー&そりすべりツアー』の開催日。今年は子供42名・大人8名の計50名で開催する。今回は、初ゲレンデ見参の子供が例年より数多く参加するので、きっとハプニング満載の一日となること必至! でも、それがこのツアーの良さ!(笑) ゲレンデではもちろんのこと、バスの車内でも参加するみんなが全てをひっくるめて「楽しかった~!」と口にしてもらえるような一日になるよう、全力でイベント運営に従事することをここに誓います!!(笑)


骨の1本や2本なんのその!! 果敢に挑むべし!!  って言うか、みんな無事に帰って来ようね!(苦笑)
可能性は無限大!
 サッカーのトレーニングの一環として、「なわとび」を取り入れて行っている。

 どんな風に行っているの?       企業秘密です!(笑)

 と言っても、たいしたことを行っているわけでもなく・・・・・(苦笑)


 種目のひとつに二重跳びを行っているのだが・・・・

「小学校の高学年なら二重跳びなどできて当たり前!」 と元教師は思ってしまうのだが、ところがどっこい!(笑)

「え~っ!!!!!!!!!」 と言う現実を目の当たりにして・・・・・(ご想像下さい)



 元教師のスイッチに火がつき・・・(苦笑)  サッカーのトレーニングのはずが、いつの間にかなわとび教室の時間に・・・・・・


「今まで一度もできたことがない!」と言う○○と○○と○○と・・・・の首根っこを捕まえて・・・・



 ひと通りこつを伝えて、

「あとはサッカーと一緒! 努力あるのみ!」 そう伝え・・・・・・・・


 結果、1週間後、○○は23回達成、○○は11回達成、○○は・・・・・・努力が足らん!!



 ○○君のお母さまから、

「幼稚園の頃からなわとびが跳べず・・・・しかし、ここ最近、学校から帰宅後、就寝前、登校前になわとびを練習する姿が見られ・・・・・苦手なことには無気力で練習することのなかった○○が、『二重跳びできた! 23回も跳べたよ!』にニコニコ顔で帰宅してきました!」

 と言うメールを頂き、

「サッカーチームなのになわとびとは・・・・そう思われるかも知れませんが、分野は違えど、○○君は、『やればできるんだ!』そのことを十分に体感したと思っています。その自信がこれからいろいろな面で発揮できると良いなあと思っています。」

 と言うメールを返信させて頂きました。



「何も考えずに、何も工夫もせずに、何回同じことをやってもできるようになどならない! どうしたらできるようになるのか、どうやったらうまくいくのか、どうしたら・・・・・そこを考えながら(工夫しながら)、何回も何百回も何千回も何万回も・・・・やってやってやりまくる! そうすれば、君たちならやってやれないことなど絶対にない! 君たちの可能性は無限大!」


リフティングの練習時に耳にたこができるくらい投げかける言葉。


 二重跳びをすいすいできるようになった○○や○○を見ていて、この言葉は全てのことに通じる!そう確信している今日この頃です!!(笑)



※本日、市内某所で、日曜日に行われるスキーツアーのお楽しみ企画、『雪中宝探し』の宝物!?の買い出しをしてきました。その数、約50ヶ。

「もらって嬉しいもの!」「もらってビックリするもの!」「もらって・・・・!」そんなことを考えながら、店内を物色しまくり・・・・・所要時間約3時間! 

 毎年のことながら、買い物終了後は、ぶわぁ~!!って感じでした。(この感情を表す最適な擬音語は、まさに【ぶわぁ~】以外には見つからず・・・・<苦笑>)

 
 この景品をひとつひとつ包装して下さる定員さんも、まさにぶわぁ~!って顔をしていましたが・・・(笑)


☆買い物中に、大分遠征を行っている優コーチからメールが・・・・・写メで送ってきた1週間のトレーニング表は、まさにまさにサッカーの漬け物!!(大笑) 「余裕があったら、『大分遠征ブログ』を毎日少しでもいいから公開しなさい!」と伝えると・・・・・早速、ブログが公開されていました。本州と九州を結ぶ橋、○○○○海峡大橋の写真付きで・・・・ 学生時代、バイクで西日本を旅した時(東京からフェリーに乗って九州の宮崎に着いて、そこから九州一周と、四国一周をして、西日本を完走して東京までの3週間の旅、懐かしいなあ・・・)、
その橋のたもとにバイクを停めて記念撮影をしていた時、そこは高速道路だったため、すかさずパトカーがやってきて、「そこで写真を撮らないように!」とものすごく怒られたことがあったけなあ・・・・


「この一週間の遠征の全てを今後の血となり肉とせよ!」 by熱狂的サポーター (笑)
一仕事
先週末、土を求めて!?茨城・埼玉と2日間通いでに行ってきました。

土曜日は、7:30出発・解散19:30、日曜日は、6:30出発・解散19:30、子供たちはもちろんのこと、貴重な休日にも関わらず、2日間続けての早朝起きでのお弁当作り、送り等々、保護者の方々には大変なご足労をお掛けしました。この場を借りて御礼申し上げます。

お陰様で、2日間、思う存分サッカー漬けになることができました。(土曜日は寒風吹きすさむ中、そして昨日は7時間ノンストップでの試合練習試合練習・・・・美味しい美味しいサッカー漬けが出来上がりました!<笑>)



「冬になるとよく現れるよね、遠藤さんは!」とは、土曜日にお世話になったAさんのお言葉。

「はい! 土を求める出稼ぎ労働者ですから!」とは、私の言葉。(笑)



しかし、この時期は、雪に閉ざされた中での毎年恒例の土を求めて三千里の旅であるのだが、今年はそんな旅も1年間を通して行われており・・・・・もちろん、原発事故の影響で・・・・・・


「大平広場の表土除去作業が、3月中旬に行われるかも知れない。」


待ちに待った噂が聞こえてくるのだが、果たして本当なのかどうなのか・・・・(実は、雪が降る前にこの作業が行われるとの話もあったのだが、ふたを開けてみれば、それは噂に過ぎず・・・・だから、今回の話も・・・・)


新年度からの活動は、果たしてどうなるのか・・・・・・・・・


(グランド脇に設置された放射線測定器の数値を毎週1回見ているのだが、1mの空間線量ですら、0.8ミリマイクロシーベルトの値になっており、地表面の数値はもちろん更にそれ以上の値で・・・・・ あれからまもなく1年経とうとしているのに、現状は依然として厳しいもので・・・・)





突然ですが、問題です。冬の土を求めての出稼ぎ!?で、大変なことがあります。それは一体どんなことでしょう。

1.バスの長距離運転  2.朝起きること  3.帰ってきてからのバスの洗車


三択問題です。さあ、何番でしょう。正解された方の中から1名様に・・・・・・なにもありません!(笑)


正解は・・・・・・・・・・・3番です。と言うか、どれも正解のような気がしますが、1や2は、この時期もう慣れたもので、全く平気の平ちゃんなのですが、洗車は・・・・・・・


一般道を走っていると雪雪雪・・・・であっても、高速道路に入ると、全くの乾燥状態。それもそのはずで、融雪剤がたっぷりとまかれていて、雪など見る影もなく融けてしまい・・・・


融雪剤って何!? 雪国の人には当たり前のこの言葉も、そうでない人にはこの存在は?????なのは当然至極。


まさに、読んで字のごとく。雪を融かす優れもの!と言った感じのものなのです。


今から30年ほど前の高校生の時、親父の会社がこの融雪剤をまく仕事を請け負っていたことがあり、アルバイトをしたことがあって・・・・・


早朝4時ぐらいから幹線道路にこの融雪剤をまく仕事で、その当時は「えっ、こんなにバイト代もらっていいの?」と口ずさむほどで・・・・・眠気などどこへやら、2時間ほどの作業をせっせここなし・・・・


しかし、融雪剤の入った重い袋をかかえ、それを道路にくまなくまき散らしを繰り返す作業は、重労働と言えば重労働で・・・・・

何より大変だったのは、その融雪剤が長靴などにつこうものなら、いつの間にか長靴がとけてしまい穴があくことが多々あり、そうならないように気を配りながら作業をすることで・・・・・


融雪剤ってそんなに恐ろしいの!?


そうなんです、先ほども言ったように優れものですから!!





融雪剤がまかれた高速道路は、真っ白けっけ! 雪を融かすだけならまだしも、それが車に付着し車も真っ白けっけ状態になってしまい・・・・


それをすぐに洗い流さないと、車も腐食してきてしまい・・・・・特に、車の下回りは大変なことに・・・・


それって本当!?  そう思われた方は、洗わないでそのままにしておいてみて下さい。言ってる意味が分かりますから・・・・・





ですので、遠征終了後にすぐに洗車をしなければならず、長距離運転の後のその作業がなかなか大変で・・・・・


洗車機で洗えれば良いのですが、バスの洗車機が近くにはないので、全て手作業で・・・・・


まずは外装をブラシでゴシゴシゴシゴシ・・・・・バスはでかいのでブラシを持つ手がわなわな震えてきて・・・・


その後は、高圧放水機で外装から始まり、メーンの下回りを洗浄し・・・・・


遠征終了後はほぼ夜のため、洗浄している水が瞬時に凍っていくことも度々で、足下に落ちた水も氷状態になり、洗いながらこけることも度々で・・・・・・


それなら翌日やればいいのに! そうなんです、本当は今までそうしてきていたのですが、ある車屋さんから、


「バスなどは下回りが融雪剤で腐食してしまう恐れが大なので、この時期は乗ったらすぐに洗い流すこと!そうしないとこんなことに・・・・・」と言って、見た目は全然問題ないのだが下回りを見ると思いっきりさび付いて今にも底が抜けそうになっているバスを見せて頂き、とても怖くなってしまい・・・・・


と言うわけで、帰ってきてすぐの洗車を実行することになり・・・・・


内輪の話ですが、なぜローソン解散後からベイシア解散まで時間が空くようになったかお分かりになって頂けたかと・・・・・


全ての解散が終わってから洗車すればいいのに・・・・・


そうなんですが、ローソン解散のすぐそばのガソリンスタンドに全ての洗車の機材が揃っていて、ベイシアで解散してからまた戻ってくるのが大変で・・・・・


それは勝手な言い分! それも仕事のうちだろ! ベイシア解散ならすぐに迎えに行けるのにわざわざローソンまで・・・・・・


ごもっとも! 本当にごもっとも! でもでもでもでもご理解下さい!!



30分近くのこの肉体労働が、バスを長持ちさせることに繋がる!と言い聞かせ、また今週土曜日も・・・・・・


そんな肉体労働なら手伝ってあげますよ! そう思われた方は、全く拒みませんので、ローソン解散後、いつでもバスに着いてきて下さって結構ですよ! 洗車ボランティア大募集しま~す!(笑笑)





久しぶりのブログ、なんだか中味のうす~いことをダラダラだらだらと書き綴ってしまいました。失礼しました。(苦笑)

☆優コーチ、久しぶりのブログ見たぞ。明日からは1週間の過酷な!?大分遠征。思いっきりサッカー漬け漬けになってきて下さいね!(笑)
少しでも力になれれば……
3.11東日本大震災から11ヶ月。昨晩夜中に見たドキュメンタリー番組『ドキュメント12 ママわたし子供産めるの』。未だに放射能の影響で格闘!?している福島県内の様子が放映されたいた。眠気が一瞬にして吹き飛んでしまった番組であった。

あれから約1年。大震災で引き起こされた原発問題の影響は、総理大臣が「原発冷温停止宣言」を昨年末に発したが、それはまるで絵に描いた餅!でしか過ぎない現状のような気がしてならない。

考え過ぎ!?

そうであるならそれで良いと私だって願っているのだが、目にするもの耳にするものは食べられない餅にしか私には思えないのだが・・・・・・・・・・・・




終わりのない福島県!?の子供たちのために、微力ではありますが、少しでも力になれればと思い、以下の内容で通常の活動以外に平成24年度の新たな活動をします。少しでも力になれれば……その一心で……


【標 題】「21世紀の福島を担う子供たちの心と体の復興支援活動」

【主 旨】3.11東日本大震災の影響、特に原発事故による放射能の影響で屋外活動等が制限され元気をなくしている福島の子供たちを遊びを通して明るく元気いっぱいにする

【主 催】VAMOS福島スポーツクラブ

【協 賛】中央共同募金会(赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」助成事業)

【後 援】福島県・福島県教育委員会(申請中 今週中に許可がおりる予定)

【内 容】子供たちに思いきりからだを動かしてもらい、子供自身が夢中になれるような遊びを提供する

【対象者】福島県内の幼児及び小学生

【費 用】無 償

【期 間】平成24年4月1日~平成25年3月31日

【会 場】この活動を希望された保育園・幼稚園・小学校の園庭、校庭、屋内施設(スタッフが直接出向く)

【時 間】平日の午前中 1回50分程度

【回 数】原則として1施設年間10回まで

【対象人数】1回につき20名程度(それ以上の場合でも適宜対応)

【従事者】VAMOS福島スポーツクラブ専門スタッフ(遠藤及び小松他)

【その他】活動時における用具一切は全てこちらで準備

【問い合せ先】VAMOS福島スポーツクラブ 0248-23-0068(09051820517)まで


以上のような活動です。先週既に市内村内の保育園、幼稚園を訪問し活動の主旨を説明してきたところ、既に、5保育園からの依頼を受け現在日程の調整を行っています。

今後は、市内村内の小学校に活動チラシを郵送、また、警戒区域が解除され住民が少しずつ戻っている南相馬市の各施設にもチラシを郵送し、福島県広範囲にわたる活動を行っていこうと思っています。


我が子の通っている保育園、幼稚園、学校でもぜひ活動してほしい! そう思われる方は、ぜひとも園長先生や校長先生にこの活動を伝え要望してもらって下さい!



通常のサッカーの活動はどうするの!?

もちろん、その活動はこれからもしっかりと力を入れて活動していきます。クラブのメーン種目ですので。上記の活動は、平日の午前中に活動をするため何の問題もありません!

ただ、今まで午前中に行っていた事務処理等の作業の時間がとれなくなることも出てきます。(南相馬に出向く場合には、ここから往復7時間は要するので・・・)スタッフがたくさんいれば全くそのことも問題はないのですが、現状は・・・・・ 24時間をフル稼働して対応していく覚悟でいます!!

そうは言っても体はひとつもしくはふたつ……しかないので、平成24年度は、常勤で事務作業等々を行って下さるスタッフを1名雇用しようと考えています。(事務作業のみならずクラブの活動にも積極的に関わって頂こうと思っていますが・・・)


我こそは!と思われる方は、ぜひともご一報下さい。ただし、たいした報酬は払えないとは思いますが・・・・・




VAMOS福島! VAMOS東北! VAMOS日本! 子供たちの今は待ったなし! やるっきゃない!
現実と理想の狭間
NHKドキュメンタリー番組 「プロフェッショナル」の主題歌 『progress』

ぼくらは位置について
一列でスタ一トをきった
つまずいている あいつのことを見て
本当はシメシメと思っていた
誰かを許せたり 大切な人を守れたり
いまだ何一つ サマになっていやしない
相變わらず あの日のダメな ぼく

ずっと探していた 理想の自分って
もうちょっとカッコよかったけれど
ぼくが歩いてきた 日々と道のりを
ほんとは'ジブン'っていうらしい

世界中にあふれているため息と
君とぼくの甘酸っぱい挫折に捧ぐ...
'あと一歩だけ、前に 進もう'

空にはいつでも
まるでぼくらの希望のように
こぼれそうなくらい 星が輝いて
届かないその手を伸ばしたんだ
ガラスケ一スの中 飾られた悲しみを見て
かわいそうに...なんてつぶやいてる
こんな自分 ケリたくなるくらい キライ!

ねぇ ぼくらがユメ見たのって
誰かと同じ色の未来じゃない
誰も知らない世界へ向かっていく勇気を
'ミライ'っていうらしい

世界中にあふれているため息と
君とぼくの甘酸っぱい挫折に捧ぐ...
'あと一歩だけ、前に 進もう'

ずっと探していた 理想の自分って
もうちょっとカッコよかったけれど
ぼくが歩いてきた 日々と道のりを
ほんとは'ジブン'っていうらしい

ねぇ ぼくらがユメ見たのって
誰かと同じ色の未來じゃない
誰も知らない世界へ向かっていく勇気を
'ミライ'っていうらしい

世界中にあふれているため息と
君とぼくの甘酸っぱい挫折に捧ぐ..
'あと一歩だけ、前に 進もう'


『progress』とは【前進,進行,前進,進歩,発展,向上,普及】を意味する言葉



今悩みもがき苦しみ葛藤し模索し・・・・していること全てが、『progress』に繋がっていることを信じて、信じて、信じて・・・・・・・・・





またいつもの始まったの!?



はい・・・・・口にヘルペスが三つもできてしまいました・・・・・(泣)

http://www.youtube.com/watch?v=cAdpzhIQQbU&feature=fvst
若人に幸あれ!
いつもお世話になっております、ビアンコーネ福島U-12監督の山田です。

私事ですが、2月10日をもちましてビアンコーネ福島を退団することとなりました。
皆様には在任中とてもお世話になりました。心より御礼申し上げます。

私は、9月から開校予定のサッカースクールのコーチに就任することになっております。

今後ともビアンコーネ福島をよろしくお願いいたします。
また、皆様との出会いを大切にしていきたいと思いますので、私とも今後もお付き合いいただければ幸いです。

今まで本当にお世話になりました。ありがとうございました。




本日事務所に飛び込んできた1通のメール。

全く無断で掲載してしまいました。山田コーチ堪忍!!(笑)


寝耳に水・・・・・・・


と言いたいところですが、実は先日、本人より連絡を受け、その時はビックリ仰天!!


Regate山崎監督と話し、ささやかながら送別会を開こう!と言うことで、昨晩練習終了後須賀川にかっ飛んで行き!?市内某所で・・・・・


21時頃から始まった会は、話が尽きず日付が変わっても終わることなく・・・・・


「失礼な言い方かも知れないけれど、教え子と言うわけではないけれど、なぜか以前からそういう感じがすごくしていて、だから今回の旅立ちも妙に心に染み渡り・・・・・(涙涙涙!???)」


「俺たちは福島でこれからもがんばっていくので、山田君は更に大きく成長しすばらしい指導者になっていってほしい!」とは、山崎監督談。



 ここ福島で過ごした3年間を糧に、更なる飛躍を遂げていってほしい! 必ず再会する日が来ると思うから、その時を楽しみにしている!


 会の最後に交わした力強い握手。そのぬくもりは今こうしていても・・・・・



 チームは違えどもこの出会いはこれからも大切にしていこう! 帰りの車の中で、そんなことをしみじみと考えた昨晩のできごとでした! チャンチャン♪


 
 それにしても、食べ過ぎて飲み過ぎて今日一日胃がもたれるはもたれるは・・・・・・(苦笑)


「当たり前だ!あれだけ食ってりゃ!!」


 こんなことを言うと二人から瞬時に声があがってくるようで・・・・・(反省)




 山田コーチの今後のサッカー人生に大いに幸あれ!!
雑音!?神の声!?
 2日間にわたって、ここ『福島県』白河市で開催した第7回みちのくカップジュニアフットサル大会が、たくさんの方々の協力のもと無事終了しました。

 大会結果等々を集約し、御礼状を添えて、先ほどトップページに掲載しました。ぜひともご覧下さい!

(昨日の帰宅後、オリンピック代表の試合を見ながらホームページに掲載するための結果表を作成するつもりだったのですが、U9の部の結果表の作成を終えたところから記憶喪失に・・・<苦笑> 気がついたら朝の5時。パソコンの前に座って作業をしていたはずが、いつの間にかこたつにもぐり込んで寝ていたようで・・・ そのまま寝ようかどうしようか迷ったのですが、大会終了後、一生懸命にプログラムに記録等々を記入していた保護者の方の姿が浮かんできて、「あんなにがんばってもらっていたのに、すぐにこの結果表を作成しなければばちがあたる!」と思い、その後再びパソコンの前に陣取り・・・・ 作業を終了したのは子供たちが学校に行く時間。その後、ホームページ管理業者に結果表の掲載を依頼し・・・・ とにかく血と汗の結晶!?<笑>をとくとご覧下さい!)

 
 久しぶりの大会主催。

 改めて、たくさんの方々のご厚意に感謝の念を抱いた二日間に・・・・・

 
 人は決して一人では生きていくことはできない!

 
 参加して下さったたくさんのチームの皆様、今大会をご支援下さったスポンサー様、準備から運営、片付け等々まで細部にわたってご尽力下さった保護者の皆様、スタッフの皆様・・・・・


 改めて改めて、【マンパワー】の大切さを肌で感じることができた二日間でした。


 全ての方々に感謝感謝感謝×100000000000000000000000!!
   



 話は変わりますが・・・・・


 昨日のオリンピック代表の試合、前述したように、私は夢追人!?になってしまい見ることはできなかったのですが・・・(泣)


 結果は、まさかのロスタイム弾により敗戦。


 インターネットニュースには、「GK権田、涙目で申し訳ない」やら「日本の自力突破消滅」やら「大一番の重圧 終了間際に痛恨の失点」やら「U23 日本らしさ見られず」やら「悪夢の後半45分」やらと、相変わらず敗戦後特有!?の悲観的な文字がぞろぞろぞろぞろ・・・・・


 その中に、前半オウンゴールで相手に得点を与えてしまった大迫選手のコメントがあり・・・・・その中で最も印象的だった言葉がこの言葉。

「慌てて蹴ってしまった」

 

 2日間のみちのくカップで目にした数々のプレーとこの言葉がどういうわけかマッチングしてしまい・・・・


 
 エナブル碓井代表の本日のブログを心に刻み込み、大一番でも決して「慌てない」「蹴らない」「びびらない」選手を育成するよう、また今日から古代エジプト人が手作業であのピラミッドを造ったごとく、コツコツとした作業を積み重ね、いつの日か、歴史に名を残せるような建造物、つまり選手の育成にいそしんでいきたいと思っています。もちろん名を残せなくても、立派な建造物はたくさんたくさんあると思っています!


 2日間で感じた指導力の無さ・2日間で感じた同じにおい・2日間で感じた与えられた使命・2日間で感じた子供の可能性・2日間で感じた・・・・・・


 全てを糧にして、どんな声にも決してひるむことなく、下を向きそうになる気持ちを奮い立たせ、しかし、真摯な気持ちだけは決して捨て去ることなく、今自分にできる最大のことを(たいしたものではないのですが・・・<苦笑>)常に実行実現していこうと思っています。


「○○チームにいれば、○○チームの指導者に指導してもらえれば、我が子はもっと上手くなるのになあ・・・」


 たくさんの方がきっと抱いたであろう思いを、いつの日か、


「このチームで、この指導者に我が子を預けて良かった!」


 大会期間中にこの地獄耳でキャッチしてしまった様々な言葉をバネとして、反骨精神として、そう思ってもらえるようにがんばっていこうと思っています。

 
 もちろん、それまで辛抱して頂ければの話ですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・
捨てる神あれば拾う神あり!?
「鬼は~外! 福は~内!」

本日はフットサルクラブの練習で遅い帰宅だったため、我が家では、豆まきの大役!?は次女が担当。帰ってくると、足の踏み場もないほどの豆豆豆・・・・・(苦笑)


 本日の夕食は、節分恒例の恵方巻。お腹が空いていたので、ぶっとい巻きずしを『北北西』を向いてバクバクバクバク・・・・・

 
 ある願いを心の中で唱えながら・・・・・


 願いって!?


 もちろん、企業秘密です!(笑) と言うか、企業秘密と言う言葉はここでは使い方が間違っているような・・・・

 とにかく、今年一年、皆が幸せでありますように!!! 言っちゃった!(苦笑)




 ところで明日明後日は、クラブ主催の『第7回みちのくカップジュニアフットサル大会』の開催。


 福島県内はもちろんのこと、宮城県・新潟県・埼玉県・茨城県・栃木県より県外からもたくさんのチームが参加して下さる。

 
 天気も、ここ最近、まさに冷凍庫!?状態だったのだが、明日からの2日間は解放されるとのこと。


 きっと、遠方からのチームも移動をスムーズに行えるはず。ほっとひと安心といったところである。


(数年前のこの大会では、びっくるするほどの大雪のため遠方からのチームが移動することができずに、大変な目に遭ったことがあり・・・・・そのことが妙にトラウマになっていて、天気予報に非常に敏感になってしまい・・・とにかく明日からの天候が良くて、良かった良かった~!)



 と、今はとても余裕のあることを書いているが、今大会の開催にあたり、とにかくいろいろ大変なことがあり・・・・


 その中で一番四苦八苦したのは、インフルエンザの猛威による突然の参加チームのキャンセル。

 しかも、大会開催寸前に迫った今週水曜日の夜。


 その後の行動は尋常なものではなく・・・・・


 しかししかし捨てる神あれば拾う神あり! たくさんの方々のご協力でなんとか予定通りのチーム数で開催にこぎつけることができるようになり・・・・・


 と思ったのも束の間。


 今度は、プログラム作りをしようと思ったところ、事務所の印刷機が故障。


 一難去ってまた一難!とはまさにこんなことを言うのだろう・・・・独り言をぶつぶつぶつぶつ・・・(泣)



 しかししかし捨てる神あれば拾う神あり! 印刷機のリースをしている会社の方に相談しにいったところ、親身になって相談にのって下さり、お陰で無事プログラムは完成し・・・・・


 他にもU12の部のデータ集約を、本来は1日目の夜に行い2日目朝には参加チームに資料として配付しなければならないのだが、1日目夜は宿泊交流会を行うため、どうしよう・・・と思っていたところ、ある保護者の方にご協力頂けることになったり・・・・・


 大会開催とは全然話は違うのだが、今月末の試合の相手を捜していたところ、埼玉県のあるチームの方が電話を下さり、「25日の試合の相手を捜しているって聞いたので、それならぜひうちのワンデー大会(1日の大会)に来て下さい! 本当はもう既に試合の組合せを作ってしまったのですが、もう一度作り直しますから、ぜひ!」とお声をかけて頂いたり・・・・・(実は11日の試合も、「この日は子供たちが楽しみにしているだるま市があるので、短時間でみっちり試合をさせて頂き、午後3時ぐらいには帰ってきたいのですが・・・」という本当に不躾なわがままな依頼を栃木県のいつもお世話になっているM氏に快く聞き入れて頂き試合を行うことができるようになったり・・・)



 まさに、たくさんたくさんの方々のご厚意に福は~内! といった心境でした。




 以前のブログでも書いたと思いますが、今年度は、原発事故の影響で、例年行っていたほとんどの開催ができずじまいだったので、明日からの2日間は、その分まで全力を傾け、大会成功に、と言うより、大会に参加して下さるチーム(我がクラブも含めて)の子供たちが、ここ福島県で、たくさんの思い出を作り、たくさんの鋭気を養い、そして何より、大好きなサッカー(フットサル)に興じることができるように、全力で運営していこうと思っています。


 大会の趣旨をご理解頂きご協力頂ける保護者の方々をはじめとするたくさんのクラブ関係者の方々に心からの感謝の念を抱きながら、すばらしい48時間を過ごせたらいいなあと思っています。


 皆様、どうぞよろしくお願い致します!!    
2月1日
 2012年も早1ヶ月が過ぎ、暦は今日から2月。

 プロ野球のキャンプINの様子が、ひっきりなしにニュースで取り上げられている。まさに野球一色!と言った感じである。

 こんな風に、プロサッカーもキャンプINの様子が放映され、まさにサッカー一色!になれば良いのだが、今の日本では・・・・・


 と言っても、何を隠そう私も野球人で・・・(笑)


 
 今月末、今年で11年目を迎える『スキー&そりすべりツアー』を開催する。

 11年・・・・・今の5年生が生まれたその年から毎年行っているイベントで、そう考えるとものすごいイベントであるなあ・・・と自画自賛!(またまた笑)

 
 本日夜より参加の募集開始。(イベントチラシをホームページに掲載と同時に)

 メールでの申込が殺到!?

 数時間の内に、募集定員50名がいっぱいに!!!

 な~んてことはないけれど、既に33名の参加応募者。その反応の早さにビックリ仰天!


 申込締切日を2月15日に設定したのだが、残り募集員は17名。

 参加しようかどうか迷ってる・・・ そう思われているブログ愛読者の方は、とにかく早めに決断することをお勧めします!


 せっかくお申込頂いたのですが、募集定員に達してしまったので今回は・・・・・そんな悲しい!?返答をするのは、とっても偲びませんので・・・・

 今回はだめですがそれでは次回! そう簡単に言えれば良いのですが、このイベントは1年に1回しかないので・・・・


 だめなら家族で行くから構わない! もちろんそれで結構かと思います。しかし、子供の頃は、気の合う仲間で食事をすると、普段家族だけで食べている時より、もりもり食べてしまう!なんて経験が誰しもあるように、やっぱり友達と楽しむ時間は格別なものです。

 
 とにかく参加を希望される方は、お早めにどうぞ!!!
 
 


 それにしても、サッカーが主体のクラブなのに、どうしてスキーなんか・・・・・


 そう思われる方もいるかも知れません。しかも、翌月上旬にはチビリンピックの東北大会と言う大きな試合が控えているのに、スキーなんかやってる場合じゃ・・・・・
  
 他のチームは、この日もゲーム三昧なのに・・・・


 確かにその通りです!

 しかし、これは以前にもこのブログで話したかも知れませんが(いやきっと話してるはず)、子供のうちのいろいろな経験や体験は、決して無駄なものはひとつもなく、大きな財産になる!そう私は思っています。

 ですので、我がクラブの活動理念として、『サッカー及びサッカー以外の様々な体験や経験を通して、21世紀を担う子供たちの健やかなる成長を助長する』と唱っているのです!


 いろんな考えがあるかと思いますが、我がクラブはそんなクラブなのです。


 スキーで骨折でもして試合に出れなくなったらどうするの?


 ご心配なく! 骨折していても試合には強行出場させますから!!(笑)


 笑い事じゃない! おっしゃる通り。 でも、なったらなったです! それもまた経験!!(大笑)







 最後に・・・・・


 今日2月1日は、親父とお袋のうん十うん回目の結婚記念日。


 本日の練習終了後、娘と一緒に市内某所に行ってお祝いの花束を買って、親父の墓前に捧げてきました。


 昨年の今日は、親父とお袋が、孫達が買ってきたお祝いのケーキに灯されたローソクを、はにかんだ顔を二つ並べて一緒に吹き消していたのに、今年は・・・・・・



 

 今を生きる者、いや生かされている者として、今できることを実直に誠実にそして一生懸命に取り組んでいこう・・・・・・ そんなことを改めてしみじみと思った今日、2月1日でした。