Vamos福島
空白の時
【23日(水)祝日】
 コカコーラ杯争奪新人サッカー大会県南地区予選決勝トーナメント準々決勝及び準決勝戦。2戦2勝で、2012年1月8日~9日、いわき市グリーンフィールドで行われる福島県大会に出場決定。5年連続での本大会出場に、「昔は、どんなにがんばっても出場できなかった県大会に、こうして連続出場ができる。幸せだなあ・・・」ひとり感慨に耽った一日となりました。


【24日(木)】
 この日は、普段借用している体育館が休館日のためスクールは全部オフ。「そうだ、こういう日こそ研修せねば!」そう思い立ち、私が崇拝してやまない宮城のクラブチームのもとへ・・・  しししかし、そんな研修を遮る出来事が・・・  高速道路を走っていると、なななんと大大大×100000渋滞。看板には『通行止め』の文字が・・・ 普段ならここ白河から30分ほどで行ける郡山まで、2時間もかかる始末。更に、郡山から先が、上述した通行止め。(後日分かったことだが、タンクローリーが横転し道路をふさいでしまっていて6時間近くその状態が続いていたとのこと。更に、その運転手が亡くなるという惨劇に。見ず知らずの方ですが、謹んでご冥福を申し上げます。)ようやく、郡山ICを降りることができ、一般道で宮城へ向かおうとするものの、予想通り一般道も大混雑。既に辺りは真っ暗。あえなく帰路に着くことに・・・・・ 


【25日(金)】
 前日夜から風邪の症状が出始め、鼻水が大量放出!? 体もけだるさ200% しかしこの日はフットサルクラブの送迎をバスで行う日。栄養剤をたらふく飲んで、心と体のモチベーション!?をギンギンにして・・・  そんな帰り道、ショッキングな出来事が・・・  思い出すだけでも悲しくなるので・・・   後で言葉を掛けてくれたスタッフ竹内さんの言葉が心にズドーンと染みわたったなあ・・・ 「何のこと言ってるの?」 「深くは聞かないで下さい。とにかく疲れた一日でした。」

【26日(土)午前】
 コカコーラ杯争奪新人サッカー大会県南地区予選決勝戦。0対1で敗戦。ゴールに向かえども向かえどもはじき返され・・・ 「絶対にぶれない! このサッカーで立ち向かう!」帰りの車の中で、何度独り言を言いまくったことか・・・

【26日(土)午後】
 山崎監督率いる我がVamos福島フットサルクラブの全国への扉を開ける瞬間を見届けようとバーモントカップ全日本少年フットサル大会が行われている会津若松市へ。会場に到着した時点で、既に行われたベスト16戦に勝利し、ベスト8進出を果たしており・・・ ベスト4を掛けて臨んだ一戦を応援席からエールを送り・・・ 見事勝利! 帰宅する予定であったが、勝利祈願!?のモチベーションを高めるために!?山崎監督と一緒に宿泊し・・・ 彼の情熱と子供たちへの熱い思いをひしひしと感じ、「これは行ける!」そう思ったのだが・・・・・

【27日(日)】
 全国大会まであと2勝。準決勝の対戦相手は・・・・・ まさかの引いて引いて引きまくる戦術。それでも、立ち向かう子供たちと監督。結果は、0対1の敗戦。今の高校3年生がやはり同じような戦術を駆使したチームに敗戦したことを思い出し・・・ 「とにかく極める!」山崎監督の熱い言葉に、この敗戦がこれからの成長の大きな一翼を担う!そう信じてやまない一日となった。

【30日(水)】
 いつまでブログを空白のままにしておく気なのだろう・・・・・  このままの状態だと、ブログ閉鎖の危機に直面しかねない・・・・  と言って、何を書けば良いのだろうか・・・・ そうだ! 空白の時間を埋めてみよう・・・・

 以上 空白の時の出来事でした。(他にも次男の誕生日や娘との久しぶりの再会や美味しい物のおっそ分けやいろんなことが・・・)


明日から12月。いよいよ激動の年2011年のクライマックス。久しぶりにブログも書いたし、いや、書けたし、明日は、伸ばしに伸ばしまくった髪の毛をバッサリ切って、仕切直しでもしようっと!!
男泣き
昨日、プロ野球日本シリーズを最初から最後までテレビ観戦。ソフトバンクホークスが、8年ぶりに日本一の座に輝いた。久しぶりに野球を長時間(3時間半位)見て、「やっぱりサッカーでも野球でもスポーツは面白い!」改めてそう思った。そして、「本気の勝負は、心底感動する!」そんなことも改めて思った。

昨日の感動的シーンの最たるものは、優勝決定後、ホークスの秋山監督が、優勝に酔いしれマウンド付近で歓喜にわく選手に歩み寄り、人目も憚らず、涙を流しながら一人一人の選手に抱擁するシーンであった。

これこそまさに『男泣き!』 思わず見ているこちらまでジーンとしてしまった。と同時に、同じ監督として(監督は監督でも立場も器も違う! それは十々分かってます! それは分かりつつも・・・)その思いが痛いぐらい分かるそんな気がした。監督就任3年目、ここまで辿り着くために、どれほど長く苦しい戦い思いをしてきたことか・・・(野球に詳しい方なら、この3年間、秋山監督がどんな思いをしてきたのか・・・お分かりになりますよね。)


 いつの日か、俺もあんな男泣きができる男に監督になってみたいなあ!!





☆写真で綴る19日(土)のコカコーラ杯新人サッカー大会県南地区予選の試合後に行った『あぶくま鍾乳洞見学&星の村天文台でのプラネタリウムでの学習』の様子です。

【白い山肌のこの中にすばらしい鍾乳洞が・・・】
2

【まずは、試合と練習と応援でお腹ぺこぺこになったので、見学の前に腹ごしらえ。本来は、試合会場からあぶくま鍾乳洞に移動するバスの中で食事する予定はずだったのだが、鍾乳洞の施設の方が、「食堂を開放するので、子供たちにゆっくり食事をさせてあげて下さい。」と言うことで、その言葉に甘えて・・・おかげさまで子供たちは、楽しく食事が出来ました。この場を借りて改めて御礼申し上げます!」
1

【腹ごしらえを済ませ、いよいよあぶくま鍾乳洞の中へ・・・】
3

【まずは、あぶくま洞の概要を学習し・・・】
4

【次に、鍾乳洞とは何ぞや!を学習し・・・】
CIMG9581.jpg

【鍾乳洞の中は幻想的な光景があちこちに広がっていました!】
10.jpg

【「この施設は、なんだか昭和のにおいがしますね!」昼食を食べながら、そう語っていた健太郎コーチも、その光景にただただ感動!!】
14.jpg

【下から上を眺めた写真です。圧巻!でした】
13.jpg

【またまた下から眺めて見ました。まさに幻想的!でした】
11.jpg

【手で触って鍾乳洞を体感するK君。五感で感じることは大切です!】
7

【黒一点!?の記念撮影。黒一点とは、紅一点の反対の意味で・・・】
8

【すばらしい背景の1枚です! だからと言ってM君、何もそんな口の開け方をしなくても・・・(笑)】
9

【鍾乳洞の中には、見ようによってはいろんな物にみえる形のものが・・・これは何に見えますか?】
5

【これは?】
6

【じゃ、これは?】
12.jpg

【それじゃ、これは? クリスマスツリー! 正解! 書いてあるじゃないか! 本当だ~!(笑)】
15.jpg

【約45分間、鍾乳洞とは何ぞやをしっかり体感出来ました!】
16.jpg

【鍾乳洞を出るとなぜかそこには帽子をかぶった小便小僧が・・・思わず記念の一枚に・・・】
17.jpg

【次は隣接の星の村天文台へ 実はここには世界最大の天体望遠鏡が設置されていたのですが、3.11の大震災で壊れてしまい・・・(ただし、12月に修理を終え復活するそうです!)】
18.jpg

【月の魅力と秋の星座についてプラネタリウムで学習しました。真っ暗闇の中での約30分間、誰ひとり寝ることなく(苦笑)、しっかり学習できました。100点満点!! かくゆうこの私は、あやうく夢飛行をしそうでした(苦笑))
19.jpg

【こんな感じでした!・・・・・って、どんな感じか分かりません! そんな方はぜひとも星の村へ!!】
20.jpg

【天文台の施設内にはこんなものが・・・ 読んで字の如くです!】
21.jpg


以上報告でした。どんな時間を子ども達が過ごしてきたのかなあ・・・そう思われていた保護者の方々、お待ちどおさまでした。どうぞご覧あれ~!!(笑)  
チビリンピック福島県大会組合せ(速報)
 午前中は、コカコーラ杯新人戦県南地区予選最終戦、その後は、あぶくま鍾乳洞見学&星の村天文台プラネタリムで月と秋の星座についての学習、子供たちが帰路に着く中、逆送!?し、標記の組合せ抽選会が行われるいわき市へ。抽選会終了後、もうひとつの会!?に参加し(これが長かった~、3時間半の会議! 何の会議? 飲み会などでは決してありません!(苦笑) 実は新年度からあることを行おうと思っており・・・講師2名の方に懇切丁寧なレクチャーを受けてきて・・・ 何をやるの? え~と・・・現時点では、企業秘密です!)、実働時間17時間の超ハードな労働を終え、ようやくただ今帰還!?(笑)


 とにかくあまりにも充実した長い長~い一日でした!!


 本当は、今日一日の試合の様子やその後の見学学習!?について、じっくり写真を掲載しながら報告したいのですが、それは後日ゆっくり記載することとして、今日は、標記の組合せ結果の報告をします。(パワーがそのぐらいしか残っていません。子供たちの一日の様子を知りたかった保護者の方々ごめんなさい。ヘロヘロな今の状態をご理解下さい。明日必ず報告します!)


【期 日】 12月10日(土)~11日(日)

【会 場】 いわき市遠野高校グランド(なんと天然芝!)

【内 容】 16チームによりトーナメント戦  1~2位チームが福島県代表として2012年3月に行われる東北大会出場

【組合せ】

 <12月10日(土)>

1回戦  アストロン   (いわき地区) vs  FCレグノヴァ  (県北地区)   ①

 同   ジョカトーレ会津(会津地区)  vs  FCRegate (県南地区)   ②

 同   岩瀬FC    (県南地区)  vs  あだちJFC   (県北地区)   ③

 同   芳賀SSS   (県南地区)  vs  勿来SCS    (いわき地区)  ④

 同   アルテーロFC (いわき地区) vs  相馬SCS    (相双地区)   ⑤

 同   中央ドリマ   (県北地区)  vs  ビアンコーネ福島 (県南地区)   ⑥

 同   会津サントス  (会津地区)  vs  Vamos福島ホワイトリバーフットボールクラブ  ⑦

 同   勿来フォーウィンズ(いわき地区)vs  白河FC     (県南地区)   ⑧


2回戦  ①の勝者vs②の勝者  ③の勝者vs④の勝者  ⑤の勝者vs⑥の勝者  ⑦の勝者vs⑧の勝者 


 <12月11日(日)>

準決勝    ①②の勝者vs③④の勝者   ⑤⑥の勝者vs⑦⑧の勝者

3位決定戦  準決勝敗退チーム同志の対戦

決勝戦    準決勝勝利チーム同志の対戦



以上のようになります。尚、詳しいトーナメント表は、大会情報コーナーに後日記載します。(トーナメント表をパパパッと掲載する技術があればそうしたいのですが、そんな技術を持ち合わせておらず・・・ 非常にみずらいお知らせになってしまったこと、お詫び申し上げます。それでも、とにかく組合せはお分かりになりましたよね?)


と言うことで、本日最後の仕事を終了とさせて頂きます。



明日は、いや、日付が変わってしまったので、今日は、6時に起床しバスを掃除し、7時前に家を出発し、一日フットサル大会。あと5時間後か~・・・・・・・・(大泣) 


スカ~ッと、ノンアルコールビールでも飲んでほろ酔い加減で眠りにつくとしようっと! ノンアルコールビールで酔えるの?

そうなんです、何を隠そう、私はノンアルコールビールで酔ってしまうのです!(苦笑)

病は気から!って感じです・・・(笑)




それにしても、鍾乳洞すごかったなあ・・・・・  疲れたけど良い一日だった! ウンウン!!

☆神奈川県にお住まいで我がクラブの熱狂的サポーター?の方より、本日、復興祈願パーカーのご注文を頂きました。4月に行った被災地への用具の提供や、チャリティーシャツの購入など、それぞれの活動の趣旨をご理解頂き毎回毎回ご協力頂いていること、この場を借りて改めて感謝申し上げます! 最高のパーカー作って贈ります。お・た・の・し・み・に!! 
復興支援事業第9弾!
 昨日より告知した標記のイベント『パーカー&ピステ販売』。本日、早速5名の方よりご注文を頂きました。

 あまりの早い反応にただただビックリ、ただただ感謝感謝!


 このイベントの趣旨は既にトップページ内で掲載してあるので、この場で説明をすることは割愛しますが、たくさんの方々にこの活動を認知頂き、日本中が『HAND IN HAND』を背中に背負う人で溢れてくれたらいいなあ・・・・そう思っています。


 



 明日は、コカコーラ杯新人戦の予選最終戦。16名(ベンチ入りメンバー人数)一丸となって戦い、ぜひとも勝利し、ブロック1位を勝ち取り、来週に行われる決勝トーナメントに進出し、本大会(福島県大会)出場権を獲得して欲しい!心からそう願っています。


 明日の試合後は、大会参加メンバーに加えて会場に駆けつけ応援をしてくれるたくさんの仲間と共に、あぶくま鍾乳洞見学&星の天文台でプラネタリウム見学を行ってきます。


 サッカープラスα、いろんなことをぐっとこらえて(何を言わんとしているのかご理解頂ければ幸いです!)夢に向かって突き進む子供たちに、サッカーをやっているからこそ体験できる充実した一日を提供できるクラブでありたい! 何の打算もなく純粋にそう思う次第です。


 
 何としてでもお昼まで(試合は11時から)雨が降らずにいてくれたらいいのになあ・・・・・・・(願)
初冠雪
CIMG9560.jpg

いつものように、午前中に事務所入り。その移動中の車の中で、何気なく山を眺めると・・・・・

ななななんと雪景色!!!

雪国!?に住んでいるので、見慣れた光景と言えばそれまでなのだが、それでも、やはり初化粧!?は、なんとも言えないものがあるわけで・・・

南国の方々にこの様子をぜひともお届けしたい!?と思い、絶好の写真撮影のポイントを求めて、事務所入りせずに車を走らせ・・・・・

至極の一枚をご賞味あれ!!(笑)


いいなあ、暇人は! なんとでもおっしゃい! これも大切な仕事のうちだ~い!!! (苦笑)




それにしても、先日の北朝鮮戦はすごかった~!

何がすごかったかって・・・ それはもちろん、『アウェーの厳しさ』をまざまざと教えられたこと!


『ホーム』 『アウェー』よく耳にする言葉だが、あれほどまでに、その違いを見せつけられたことはなかった気が・・・ (個人的には、2000年にフットサルクラブの山崎監督とイタリアへ指導者研修に行った際に、ユヴェントスvsインテルの試合を観戦した際に、これぞホーム! これぞアウェー! と言うことは、大いに肌で感じて以来になるのだが・・・)


 今日のニュースで、清武選手が、

「無事帰って来れて良かった! あれよりアウェーの環境はない!」 とコメントしていたが、見ている方ですら(しかもテレビで)否応なくそう感じたのだから、その場に居合わせ、しかも、その場でプレーしていた選手は、当たり前だが、なおさらそのことをひしひしと感じたことだろう。 


 試合をみんなでテレビ観戦した我がクラブのK君は、サッカーノートにこう記している。

「北朝鮮は、消化試合(二次予選敗退決定)なのに、本気で戦い、まるで、ワールドカップの決勝戦を見ているようだった。時間かぜぎやファールなどをして、ずるいと思うところもあったけれど、すごくもりあがっていて、これが試合の中の試合だなーと思った。イエローカードやレッドカードをもらうのは良くないけれど、そのくらいのガッツがあった方が良いと思った。
 おうえんでもすごーく試合が変わると思った。北朝鮮はランクでは日本よりも百位近く下なのに、北朝鮮が勝った。おうえんは、すごーく力になると思った。」


 サッカーの醍醐味をいろんな意味で伝えてくれた一戦だったと思っています。



 恐怖心の中、がんばった日本代表の選手達に大きな拍手~!!!


 気迫と根性がサッカーには必要不可欠であることを教えてくれた北朝鮮代表の選手達に大きな拍手~!!!


※先日のブログで紹介した本田選手の特集番組『プロフェッショナル』が、11月20日(日)午前1時20分~NHK総合TVで再放送されるとの情報を保護者の方より頂きました。ぜひとも録画し、子供たちに見せてあげて下さい!(S君ママ、耳より情報ありがとうございました!)
「俺ならできる」
 練習を終え、21時過ぎに帰宅。

 美味しい美味しい!?ノンアルコールビールを飲みながらのんびり夕食を食べていると・・・・・


 思わずTVに釘付けになってしまった。


 NHKの『プロフェッショナル』と言う番組。毎回欠かさず見ているというわけではないが、一度見ると思わずはまってしまい・・・特に、番組の挿入歌が最高!

 あっ、あれね! と思われた方は、私と趣味嗜好がピッタリ!!(笑)


 今日は、あの本田圭祐選手の特集。


 正直、あんまり好きな選手ではなかったのだが、今日の番組を見て、選手としてと言うより、人間としての生き方に、思わず男惚れしてしまった気が・・・・


 現在右膝半月板損傷の大けがで日本代表はおろか、CSKモスクワからも離脱しているのだが、そんな状態の中でも、世界のトップを目指してリハビリを懸命にしている姿は、本当、惚れ惚れするもので・・・(笑)


 いろんな話を本田選手がする中で、最も印象に残った言葉。

「俺ならできる」    
 



 なんだかこの言葉だけ聞くと、「本田はビッグマウスだから!」そう取られてしまうかも知れないが・・・・・


 その他にも多々心に響く言葉が・・・・・・・



 とにかく百聞は一見に如かず! 見ていない人は、NHKに直談判して、再放送してもらって下さい。


 一見の価値有り! 夢見る子供たちに、夢を見るには何が必要なのか、そのことを教えるためにも良い教材、お手本になると思い、録画したのだが、DVDに落とす方法が分かりません。(泣)



 昨晩は、長谷部誠選手の特集番組が、『情熱大陸』と言う番組でやっていて・・・・ 


「凡人が変わるには生活を変える」


 食事は技術向上とは直接結びつかないように思われるが、全ての根幹を成す最大のこと。ここをしっかり変えることが大切!

のようなことを言っていたのがとても印象的だった。 


 


 とにかく、「努力なくして夢の扉は開かない!」 「人より秀でる者は、人一倍、いや、人十倍、いや、人百倍、いや、人千倍、いや人・・・・努力している!」 こんな当たり前の、しかし、とても大切なことを、昨日今日と改めて教えられたような気がする。



 いつの日か、我がクラブからも、日々努力を惜しまず懸命にボールと格闘し、本田選手や長谷部選手のような、日本を代表する選手が出てくれたらいいなあ・・・・・・・(本気願)
 




 明日は、22年ぶりのアウェーでの北朝鮮戦。既にブラジルワールドカップアジア三次予選突破は決定していて、ある意味消化試合なのだが、そんな様相はどこへやら・・・・・


 なんだかいろんな意味でとっても面白そうな試合になりそうな気がするので、試合も夕方行われるので、ホワイトリバーFCスペシャルクラスのトレーニングは全員でのTV観戦に変更。もちろん、ドリトレしながらの観戦です!(笑)


 
 がんばれ、日本!!
ご協力ありがとうございました!
『逆境の中でがんばっているサッカー大好きっ子たちに冬期間で使用する用品を贈ろう!』の活動が昨日で終了し、本日、皆様からの善意を、確かに今回の運動の主催者である、県南サッカー協会関係者に届けました。


「こんなにたくさんあるんですか!」と関係者の方も嬉しい悲鳴!?をあげるほどでした。


 今回は、クラブ員の方はもちろんのこと、ホワイトリバーOBの方からもご協力頂きました。(わざわざ自宅まで届けて下さったOBのHさん、ありがとうございました!)


 ご協力下さった皆々様にこの場を借りて厚く厚く御礼申し上げます!


 

 忌まわしい東日本大震災から一昨日で8ヶ月が過ぎました。

 先日は、あのJビレッジの現状がTV放映され、言い方は適さないかも知れませんが、目を疑いたくなるほどの
変貌を遂げており、「もう二度とJビレッジは以前のようなサッカー小僧達の集う場所にはならないだろう・・・」愕然とした思いでいっぱいになりました。


 
 今日は、コカコーラ杯争奪新人サッカー大会の県南地区予選が行われたのですが、その会場の隅には、放射線の影響で表土を除去し、捨てる場所がなく、一時的に仮置き場になってビニルシートで覆われた小高い丘!?が、子供たちがサッカーに興じる背後に君臨!?していました。


 これが福島の8ヶ月を経過した現状です。


  
 しかし、その中で、福島の子供たちは(もちろん大人もみんな)明るく前向きに、決して今を悲観することなく生きています!

 
 そんな子供たちを、我がクラブとしては、これからも全力で応援し支援していきます。


 21世紀の福島を担う子供たちが、健やかに心豊かに成長できることを心の底から願って!! 
一に練習二に練習三四も五も六も練習あるのみ!
【第17回全日本ユースフットサル東北大会結果】

1試合目 2対5 ●  2試合目 1対5 ●  予選リーグ2敗で東北大会終了


まずは、選手の皆さん、今日一日ごくろうさまでした。そして、保護者の方々ご声援ありがとうございました。

フットサルクラブ中学生初の大舞台は、上記の結果で終了となりました。何が出来て何が出来なかったのかを真摯に受け止め、これからの成長の糧にしていってほしいと思っています。

言いたいことは、たくさんたくさんあります。けれど、言うのは辞めます。なぜなら・・・・・・



我がクラブと背中越しで試合をしていた指導者が、ハーフタイムに選手に詰め寄って言っていた言葉。

「おまえは、100%の力を出し切っているのか! 死ぬ気でがんばっているのか! ちっとも熱いものが伝わってこない! 情けねえってらありゃしねえ!」







試合中に、諦めるプレー、諦める仕草、本当、くそくらえだよ!!


別に、精神論推進者なわけでもなんでもないけど、やるんなら一生懸命やれよ!! 最後の最後までくらいつけよ!! チームの仲間が納得するプレーしろよ!!


もっと練習しろよ!  クラブの練習が震災の影響で外で出来なくなったから・・・なんて悲観的な考え持ってんじゃねえよ!


クラブの練習がなくたって、ボール触ろうと思えばどこだって触れんだろ!! 言い訳ばっかりしてねえで、やってみろよ!


室内練習ばっかりで体力が落ちてきた!? 笑わせんじゃねえよ! じゃ自分でそれを補う努力をしろよ!


誰かのせいにばっかりしてねえで、努力してみろよ!




夢を持てよ!  夢持って頑張ってる奴、うじゃうじゃうじゃうじゃ山のようにいんだぞ!!



試合には、勝ち方、負け方ってもんがあんだろ! がむしゃらに努力もしねえで、欲ばっか持ってんじゃねえよ!!



今の自分を冷静に分析しろよ。

今の自分のへたさ加減を自覚しろよ。

まだ間に合うよ。




できるかできないかじゃなくて、やるかやらないかだろう。



やれよ  死ぬ気でやれよ  悔しいと思うんだったらの話だけど・・・・





言うのを辞めるって言ってたのに・・・・・・・
いざ出陣!
【フットサルクラブ中学生大集合!】

フットサル中学生


今日から開幕する『第17回全日本ユースフットサル東北大会』。がんばれVAMOS! がんばれ中学生!

いろんな関係上、全員が揃っての大会参加にならないのは非常に残念なことですが、思いはひとつ!


enjoyサッカー! enjoyフットサル!



 本日14:10~と16:30~ 郡山西部第二体育館で試合を行います ぜひとも会場に駆けつけ、ご声援を!!!


※それにしても、B君の爽やかな勝利のVサイン、K君の迫力のVサイン、最高~~~!!!(笑) 




来年の話をすると鬼が笑うかもしれませんが・・・・・
 古来の言葉に「来年のことを言うと鬼が笑う」というのがあります。

その意味は、「閻魔大王の手下である鬼は人の死ぬ時期を知ることができるので、来年死ぬ予定がある人が来年の予定や夢を希望を持って話していると、鬼に笑われてしまう」ということです。

この言葉の意味がそんな怖いものだったなんて、ヒエー!って感じです(苦笑)


 と言うことで、閻魔大王の手下の鬼からすれば、私が来年生きているかどうか定かではありませんが(大苦笑)、本日、年明けの復興事業計画を掲載しました。

 2月の前半に、『第7回みちのくジュニアフットサル大会』を開催し、2月の後半に、『第11回スキー&そりすべりツアー』を開催します。

 フットサル大会は、室内で行うものなので、放射線等の影響は全く受けません。県内はもちろんのこと、県外からも多数のチームが参加してくれればいいなあと思っています。

 と思っていたところ、フットサル大会の告知は、復興計画のお知らせ欄に本日夕方小さく掲載しただけだったのですが、ななんと、早くも栃木と新潟のチームの方から、「ホームページでみちのくフットサル開催のお知らせを見ました!ぜひとも参加させて下さい!」との連絡を受けました。来週以降、大々的に参加募集のお知らせをしようと思っていたのですが、その早さにビックリ仰天!すると共に、くまなく我がクラブのホームページをご覧頂けていることに、大変嬉しくそして感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 先日も千葉のチームの方から、「元気でやってますか?」と電話をもらい、気に掛けて頂いていることに、心の底から嬉しい気持ちでいっぱいになったばかりでした。

 VAMOS福島! VAMOS東北! VAMOS日本! この思いをしっかり胸に秘め、例年以上に気合いを込めて大会を開催しよう!と思っています。

 それにしても、本当に即座の申込にはビックリビックリでした!!(笑)


 
 2月の後半には、クラブの伝統イベントである『スキー&そりすべりツアー』を開催します。今までは(過去10年間)、日帰りで行っていたのですが、今年は、宿泊をしながら行い、朝から夜中まで!?思いっきり楽しい時間を子供たちに過ごしてほしいと思っています。

 先日、このイベントに一度も参加したことのないある子供に、

「どうしてスキーツアーに出ないの?」と聞いたところ、「だって一度もスキーをやったことないし、怖いから!」とのことでした。

 きっと他にもこんな思いで参加しない子もいるはず。どうしたらこういう子にも参加してもらえるイベントになるだろうか・・・・・


 と言うことで、今年は、専門のインストラクターを3人雇い!?、本格的なスキー教室を初日に2時間みっちり行ってもらうことにしました。(今回のイベントの趣旨を話したところ、本来、教室は2時間なのですが、30分おまけして教えてあげることにしましょう!とのありがたいお言葉を頂きました。)

 ですので、スキーを全くやったことのない子も、今年は、あ~~~んしんして参加できると思います。


「だって、転んだら骨折とかするかも知れないし・・・・・」

 
 サッカーやってるスポーツマンがそんな弱気なこと言っててどうするんだ!!(笑) スポーツにはけがはつきもの! 骨を折ったら折った分、ぶっとくなって丈夫になるんだぞ!!!

 
 な~んて言うのは冗談ですが、スキーの基本をしっかり身につけ、無理せず楽しめばそんなことにはならないので、安心して参加して下さい!(なったらなったでそれも運命!<笑・・・・・・ごめん>)



 と言うことで、2012年のイベント開催も決定したので、たくさんのチームの方々に、そしてたくさんのクラブ員の方々に、ふるって参加してほしいなあと思っています。(スキーツアー募集案内チラシの中で、参加費にはリフト代は含まれていないという表記がありますが、これは間違い! 2日分のリフト代はしっかり込みになっていますのでご安心下さい。後日、正式なチラシを差し替えます。)



 企画者としては、閻魔大王の手下の鬼に笑われないように、日々精進しながら生きていこうと思っています!(笑)


☆朝晩のみならず日中の冷え込みが、大変厳しいものになってきました。冬がもうすぐそこまで来ていることを肌でびしびし感じる今日この頃です。かぜなどひかぬよう、お互いに健康には十分に留意していきましょう!!
HAND IN HAND
『逆境の中でがんばっているサッカー大好きっ子に冬期間で使用する用品を贈ろう!』の活動に対して、ぞくぞくと支援の輪が広がっています。


「もう小さくて着なくなったので、これで良かったらぜひとも使って下さい!」


本日の練習時に、ある保護者の方からご支援を受けました。


今回の活動は、短期間のため、もしかしたらあまり集まらないかも・・・・・そんな懸念もどこへやら!


クラブの方々の、活動の趣旨を十分にご理解頂いた、たくさんの『愛の手』に、とってもとっても温かい思いでいっぱいになっています。


この場を借りて、改めて感謝の意を表したいと思います。


用品収集期間は、今週土曜日となっています。更なる支援の輪が広がり、少しでも多くの子供たちが、寒さに負けずに大好きなサッカーに興じることができるサポートができればいいなあと思っています。


HAND IN HAND 


今改めてみんなの力を結集して!!
テクニックは一生もの!
「みんなの年代は、いろいろなことが吸収できる時だから、たくさん練習すればするほど上手くなるぞ。だから、一生懸命に練習するんだぞ!」


「ボールは蹴れば蹴るほど必ず上手くなる。絶対そう言い切れる。ぼくも上手くなりたくて、小学校の頃、朝早く起きて学校行く前にリフティングの練習をして、帰ってくるとすぐにまた練習して、そんな毎日を繰り返していました。もう一度言うよ。ボールは蹴れば蹴るほど絶対に上手くなる!」


「今日のリフティング大会や試合もそうだけど、誰かに負けるってすごく悔しいよね。でも、その悔しさが成長のバネになるんだよ。次は絶対に負けたくない!そのためには、練習をする以外何もないんだよね。ぼくはその悔しさをいっぱい味わったので、その分、いっぱい練習してきました。今でもたくさんたくさん練習しています!」



この言葉は、昨日のフットサルクリニックの閉会式で、3名の講師の先生が子供たちに送ったメッセージ。

本物の言葉は、きっと子供たちの心と体の奥底までズドーんとしみ込んだことだろう。


それにしても昨日のブログにも書いたが、今回の講師となって頂いたステラミーゴいわて花巻のFリーガー3選手は、本当~に上手かった!!


ボールを自由に自由に操れることで、これほどまでにサッカー(フットサル)を堪能できるのだなあ・・・改めてそのことを思い知らせれた。

「テクニック(技術)は、一生もの!!」 
 
 3名の選手のプレー、ボールさばきを見ていて、その言葉を心の中で何度叫んだことだろう・・・・・


 と同時に、今子供たちに私が求めるものは、一体何か!? そのことを確信した瞬間でした。


 しかし、あのテクニックを身につけるには、並大抵の努力で培えるものでは決してない!そのことも痛感した瞬間でした。





 
 今日の練習前に、昨日のクリニックに参加したYさん(4年生女子)に昨日の感想を求めると、

「私もあんなプレーができる選手になりたいと思いました!」

 とみんなの前で真剣な表情で語っていました。


「よ~し、それなら今日もボールに触って触って触りまくろう!!!」そう言って始まった練習・・・・・

 
 1時間半の間、汗びっしょりになってボールと格闘し続ける子供たちを見ていて、
    

「テクニックは一生もの!」何度も何度もこの言葉を叫び続けていました。(笑)


☆昨日のクリニックの様子が本日の新聞に掲載され、我がクラブの子供たちがバッチリ写真に掲載されていました。トップページ内【新聞掲載】コーナーに早速載せましたのでぜひともご覧になって下さい!!
写真で見る今日一日
【須賀川市内屋根付きフットサル場で行われた『郡山カップフットサルクリニック』(東日本大震災復興イベント がんばれ福島の子供たち!のスローガンのもと開催されたイベント)に、3~4年生で参加。(後から5・6年生3名が飛び入り参加) 南相馬市から参加したチームもありました】
1

【はじめに、リフティング大会。2人1組で対決。3分間で何回リフティングができるかを行い、勝った者が次のラウンドに進出。4回の予選を行い、決勝戦には、我がチームの4年生O君とT君、そして3年生のK君の3名が進出。5回目(1回3分なので15分間行ったことになる。)のリフティングで体力も限界!?ながら白熱のバトル!果たして結果は・・・】
2

【3年生のK君が4年生2名を抑えて見事チャンピオンに! 豪華景品をゲットしました!!】
3

【リフティング大会終了後、フットサル教室。講師として、岩手県にあるFリーグ加盟チーム、『ステラミーゴいわて花巻』から3名の選手が駆けつけてくれました】
4

【まずは講師の先生が見せてくれたリフティングの技をみんなで練習。みんなとっても一生懸命だったぞ!】
5

【その後、1vs1の基本テクニック等々を伝授され、最後は参加した全選手で混合チームを作りフットサル試合。そして、最後の最後は、3名の選手vs混合チームでの試合。なななんと、選手チームのGKを急遽私が務めることに・・・ど緊張!!(苦笑) うしろから3名の選手のプレーを目の当たりにしたのですが、上手いのなんのって・・・本当にうっとりしてしまいました!(笑) テクニックを身につけるってこういうことなんだよなあ!!思わず独り言をぶつぶつ言ってしまいました(笑)】
6

【最後は、3名の選手と記念撮影。「明るい笑顔でニッコニコ、ニ~!」の我がクラブオリジナル写真撮影の掛詞に、みんな思わず笑笑笑!】
7

【しっかりサインも頂きました! ボールにもらったみんなは、サインが消えるまでしっかり練習すべし! サインが消える頃には、上達間違いなし!!】
8

【当初の予定では、フットサルクリニック後、帰宅する予定だったのですが、午後1時頃にはイベントが終了することになっていたので、「せっかくの機会!」と思い、この施設からほど近い『ムシテックワールド』に行ってお勉強!?をすることに・・・ムシテックワールドって何!? 自分でお調べ下さい!】
9

【最初は、『ふきだま』作りにチャレンジ。予約も何もしていかなかったのですが、ちょうど行われていた工作教室!?に参加できました。講師の方も懇切丁寧で、みなとても楽しそうに取り組んでいました!】
10

【出来上がった『ふきだま』を使って夢中で遊んでいるT君。手軽に作れて、しかし、奥の深い一品でした。ご興味のある方は是非とも作ってみてください! 「どうやって作るの?」う~む・・・企業秘密です!(笑)】
11

【ふきだま作りの後は、『サイエンスショー』に参加。あっと驚く実験のオンパレードで、子供たちは、大歓声!!それにしても科学は奥が深い!!】
12

【6年生のT君が、実験に飛び入り参加。ご褒美に、ムシテック煎餅をゲット!! いいなあ~!!(と言っても最後は全員がお煎餅を頂きました。ご馳走になったり、すごい勉強をさせて頂いたり、講師のお姉さんに感謝感謝!)】
13

【サイエンスショーの後は、館内を45分間(1授業の時間)自由見学。どでかいトンボやクモやバッタやetcがあちらこちらに・・・もちろん本物ではありません!(笑)】
14

【巨大な蚊に血を吸われる瞬間の模擬体験コーナーでは、ワーワーキャーキャーの大騒ぎ!(苦笑)】
15

【巨大昆虫のみならず、巨大オセロも出現!? とっても楽しそうでした。それにしても、学校の見学学習では何度か来たことがあると言っていた子供たちも、サッカー仲間と過ごしたお勉強タイム!?は、また格別な時間だったと思います。「今日の日記にフットサルのこととムシテックのこと書こう!」「明日の1分間スピーチで今日のこと話そう!」バスを運転しながら背中越しに聞こえてくる声を聞きながら、『これからもサッカーを通していろんな活動の場を提供できるクラブにしていこう!』そう改めて思った次第です。サッカーで見せる真剣な顔とみんなで楽しそうに遊んでいる顔のギャップがたまらないんだよなあ~(笑)】
16



☆新潟修行中!?の優さんにとっても、今日は記念すべき一日になったようです。ブログが更新されています。ぜひとも見てあげて下さい。
人のふんどしで相撲を取るな!
CIMG9400.jpg


 新人チーム初の公式戦、チビリンピック県南地区予選が先週末そして本日に行われ、結果は『優勝』!

 まずは、すばらしい船出に大きな拍手!!!!!!!

 1ヶ月後に行われる県大会でも、みんなの笑顔がみたいものです!!



 と書くと、私がこの勝利にあたかも満足しているかのように受け取られるかも知れませんが、正直、全然そのような思いには至っていません。

 それよりも、敢えて誤解を恐れずに言うなら、逆に憤りの気持ちでいっぱいです。


「君は、自分の持てる力を最大限に発揮したのか!?」「君は、最後の最後までひとつひとつのプレーに食らい付いたのか!?」「君は、練習の成果をいかんなく発揮したのか!?」「君は、人のふんどしで相撲をとってなかったか!?」「君は・・・・・・・・・・・・!?」


 愚痴、文句、不満etcを言えばきっときりがない。


 結果オーライ? 勝てばそれでいいの? その勝利に君は貢献したの? 勝つために君はサッカーをしてるの?


「子供たちがあれだけがんばって優勝したんだから、何もそこまで言わなくても!」


 はたから見ている人達は、きっとそう思うでしょう。



 でも、私は、子供たちが常に向上することを願い、ひたすらにボールに触れ、ボールと格闘する姿を、いつもいつもこの目で見ています。だからこそ、悔しくてたまらないのです。


 「君たちはもっとできる! 君たちはもっとやれる!」


 傲慢な気持ちで、高飛車な気持ちでそんなことを言っているつもりは毛頭ありません。


 ただ、ひたすらに数年後の自分の輝く姿を思い描きながら、そのために、今をがんばっているそんな姿の数々をたくさんたくさん一番そばで見てきているので、だからこそ悔しくてたまらないのです。持てる力を最大限に発揮することなく、練習で培った力の1%も発揮することなく、ただ『勝ったこと』に酔いしれる姿を見ることが・・


「今まで君たちの先輩もこうした栄冠を勝ち取ってきたが、今日ほど嬉しくもなんともない優勝は初めてだ!(怒)何のためにあれほど君たちは普段ボールに触り続けているんだ!何のためにあれほど君たちは普段がんばっているんだ!たった数人の力で勝ち取った優勝など全く意味がないし、価値も全くない! 悔しかったら、俺のがんばりで・・・俺の力で・・・ そう思える試合をしてみろ! 勝ったことに惑わされるな! 下手な自分の存在を棚にあげて、勝ったことに満足するあほになるな! もっともっと練習しろよ! もっともっと強い人間になれよ!もっともっとたくましくなれよ!」


 この言葉の意味を君たちはどんな風に受け取っただろうか・・・・・



 君たちが憧れのまなざしで見つめていたあの聖和学園高校サッカー部は、今日、宮城県大会を制覇し、全国大会出場を果たしたぞ! 君たちがうっとり見とれていたあのサッカーで勝利を勝ち取ったぞ!


 あのサッカーをするのに、どれほどの時間を要し、どれほどの努力をし、どれほどのボールとの格闘をし、どれほどの汗を流し、どれほどの強さを身に着け・・・・・・


「高校生と小学生を一緒にしても・・・・・」


 上手く強くなろうとすることに、年齢など関係ない!! やるかやらないかに、年代など関係ない!!


 今をがんばらない者に、明るい未来などあるはずがない!!!!!!!


 
 目先の勝利のためになんてサッカーなんかするな!!  結果オーライで満足する馬鹿たれになるな!!



 
 
 勝つことだけを目標に君たちがサッカーをし、このクラブに集い、明けても暮れてもボールと格闘しているのではないことを、俺は、誰よりも分かっている!そう言い切れるよ。




 また明日からがんばろうな、5年後、10年後・・・の輝かしい未来をしっかり見据えて。そのためには、明日何をすべきか君なら分かるよね。俺はそう思っているよ!!
2011秋 がんばったぞ福島!サッカー大会
CIMG9359.jpg
CIMG9366.jpg
CIMG9368.jpg
CIMG9369.jpg
CIMG9375.jpg
CIMG9380.jpg


 3.11 忘れられない悲惨の出来事があった今年も、当たり前であるが、昨年と同じように、いや、一昨年と同じように、いや、10年前と同じように、いや・・・・・この地に当然のごとく秋がやってきた。

 こんな様子を見るにつけ、なぜ今このような境遇の中にいるのかとふと不思議に思ってしまい、何事もなかったかのような錯覚に陥るが、現実は・・・・・


 そんな中、サッカーを通して福島の、日本の子供たちを元気に!の思いを込めた標記のサッカー大会を本日、福島県南会津田島町で開催した。

 本日朝に測定した放射線値は、地表面ですら0.11マイクロシーベルトと言う全く問題のない値。(廃墟!?と化した我がホームグランドは、いまだに、1.2マイクロシーベルトの値をたたき出している。)


 そんな地で行った今年度2回目のクラブ主催の大会。(昨年までなら、今頃までには、クラブ主催の大会は、6~7大会ぐらいは開催していたのだが・・・・)


 大会の趣旨をご理解され参加して下さったチームの方々をはじめ、会場準備等々に並々ならぬご尽力をして下さった方々、大会運営にご協力して下さった方々、たくさんの方々のお陰で、大会の趣旨を思う存分達成できた!そう主催者としては思っているのですが、いかがだったでしょうか・・・・・


 先ほど、大会結果記録及び大会御礼状を作成しました。明日、ホームページ内トップページに掲載しますので、是非ともご覧下さい。毎度の事ながら、大会御礼状には簡潔ではありますが、たくさんたくさんの方々に感謝の気持ちを精一杯込めて書き上げました。じっくりお読み頂ければ幸いです。


 上記の写真は、自宅を出て会場に向かう途中、南会津のあまりの自然の美しさ、紅葉の美しさに魅了され、車を何度も停めて撮影したものです。思わずうっとりしてしまいました。少しでもこの写真から、福島の自然のすばらしさが伝われば良いのですが・・・・・


 また、今大会を開催するにあたり、並々ならぬご尽力を頂いた大会後援チームである南会津FC・田島サッカースポーツ少年団の皆様には本当に本当に本当にお世話になりました。

 
 7時前に会場に到着したのですが、その時には、既にスタッフの方々、保護者の方々が会場準備を行って下さっており・・・・その姿には、何度も言いますが、本当に本当に本当に頭の下がる思いでいっぱいになりました。ワンちゃんもご主人様がお仕事をしている間、よくぞ我慢してました! えらい!!(笑)



 最後の写真は、一日の大会を終了し、帰路に着く前の我がクラブの子供たち。実にすばらしい笑顔がたくさん・・・・


 大会をおこなって良かった~! 一日の疲労感などどこへやら!!


 これからも、こんな笑顔をたくさんたくさん見ることができるように、VAMOS福島スポーツクラブは、サッカー及びそれ以外の活動をたくさん取り入れ、21世紀を担う子供たちの健全育成に、いや、そればかりでなく、こんな逆境の中での生活を余儀なくされた中でも、強くたくましいそして思いやりに満ちあふれた人の心の痛みを分かることができるそんな『人間』になれるよう、全力で関わっていくことを改めてここに宣言します!!


 それにしても、いい一日だったなあ・・・・・・・ 皆さん、ありがとうございました!!
組合せ速報
【チビリンピック県南予選決勝リーグ】

期日:11月5日(土) 会場:須賀川市立白方小学校

日程及び対戦相手:
第1試合 11:00~ vs FCRegate  第2試合 14:00~ vs 岩瀬FC



【コカコーラ杯争奪新人大会県南予選】

期日:11月13日(日)及び19日(土)※20日(日)雨の為の予備日 23日&26日決勝トーナメント戦

会場:田村市陸上競技場サブグランド[土] ※決勝トーナメント会場 表郷総合グランド

日程及び対戦相手:
13日(日) 第1試合 11:00~ vs 天栄FC  第2試合 14:00~ vs 船引FC
19日(土) 第3試合 11:00~ vs アグリードFC


☆以上、本日の抽選会の速報でした。集合出発時刻等々の詳細は後日ホームページ内会員専用ページに文書を掲載しますが、チビリンピック県南予選の日程のお知らせは試合の前日になってしまいます。予めご了承下さい。ちなみに、5日(土)の出発時刻は、7時30分頃(審判担当の関係)、17時頃到着解散予定です。


【緊急募集】
本日の会議の中で、福島県の中でも被災の大きかったサッカー少年少女のために、冬に活動する必需品である、ベンチコートやウィンドブレーカーを集め、これからの季節の活動に使用してもらう収集活動の呼びかけがありました。13日(日)新人戦のそれぞれの会場にそれぞれのチームで集めたコートなどを持ち寄ることになりました。明日以降メール等で呼びかけを行いますが、このブログをお読みになった方は、早速、子供たちが大きくなり使用しなくなったコート等をご準備頂きたいと思います。クラブ内の収集方法・期日に関してはメールでの呼びかけの際に記載します。4月に行ったサッカー用具収集活動の第2弾として、クラブとして、全力を挙げてこの活動に関わろうと思っています。今回は収集期間が約1週間と短期間になってしまいますが、HAND IN HAND この合言葉のもと、たくさんの方々にこの活動の趣旨をご理解頂きご協力をお願いしたいと思っています!(このブログを読んだ方は、ぜひともメールが配信される前にこの活動をたくさんの方々に告知して頂ければと思っています。よろしくお願い致します!)



明日は、南会津で今年2回目のクラブ主催の大会である、『2011秋 がんばろう福島!サッカー大会』を開催します。大自然に囲まれた、放射線の影響のほとんどない南会津で、たくさんのサッカー大好き少年少女達が、思いっきりサッカーを堪能できるよう全力でサポートしたいと思っています。


がんばろう福島! がんばろう東北! がんばろう日本!




※本日の抽選会後、郡山市内某所でダブルY監督と食事。その際に、「公開懺悔のブログの後に、キティーチャンの誕生日のブログはないだろう! 仕事をすっぽかしたこと、送迎をすっぽかしたこと・・・たくさんの方々に迷惑を掛けたことを完全に短期間で忘れ去っているだめな奴!と思われても仕方がないぞ!」と厳しい厳しいお叱りの言葉を受けてしまいました。そんな意味ではなかったのですが・・・・・(大泣) 関係各位の方々、ごめんなさい。今でも十分に反省しておりますので・・・・・・・・・・・・・・・・・金曜日は絶対仕事を遂行します!

反省の意味を込めて、昨日のブログの題名だけ修正させて頂きました。

「内容も変えろ!」  それでけはお許し下さい・・・・・  本当に本当に本当に反省してます
11月1日
 今日は、サンリオの子供のキャラクター「ハローキティー」の生誕30周年の日である。
本名:キティー・ホワイト。身長はりんご5個分。体重3個分。ロンドン郊外在住。パパは商社勤めのジョージ。ママのメアリーはアップルパイ作りの名人。キティーの得意なことはクッキー作りで、好きな食べものは、ママの作ったアップルパイ。血液型はA型で、好きな言葉「友情」。コレクションはちっちゃくて、かわいいもの、キャンディー、お星様、金魚など・・。得意な科目は英語、音楽、美術。双子の妹ミミイホワイトがいる。ミミイとは大の仲良し!キティと見分けがつくように、ミミイは、右のお耳にリボンをつけている。



 そんな良き日!?に生まれた貴方も、キティーファミリー!?(笑)

 


 
 話はがらがらがらっと変わり、激動の2011年も残すところあと2ヶ月となりました。

 
 今年の年の瀬をこのような状況の中で迎えようとは、誰しもが予想だにしなかったはず・・・・・

  
 本日、ある保護者の方から、こんなメールを頂いた。

「原発事故後、監督が心を砕いて色々な企画をたてて下さり、様々な体験を子供たちにさせていただいていること、心より感謝致します。ありがとうございます。」

 なんだかとっても心が温かい感じになった。そして、以下のように返信をさせて頂いた。

「21世紀を担う子供たちのために、微力ながらそばにいる大人としてできることを行っているに過ぎません。心温まるメールに感謝申し上げます。」と。


 

 子供たちにとっても、もちろん大人にとっても、大変な年となってしまったが、そんな年でも訪れてくる年の瀬を、せめて子供たちだけには、波瀾万丈ではなく心豊かな気持ちで迎えることができるように、たくさんの子供たちに寄り添うひとりの大人として、残り2ヶ月の間、精一杯の思いを込めて関わっていこう!そう思っている。

 
 余談になるが、本日、市内のとあるスーパーに行き、明後日、南会津で行う『2011秋がんばろう福島!サッカー大会』の参加賞を購入しに行った際、でかでかと掲示してあった、【がんばろうふくしま!】のポスターを目にし、なんだかと~っても熱いものがこみあげてきてしまった。

  
 悔しいけれど、キティーちゃんが誕生した30年前の福島に戻ることは決してないだろう・・・・・


 でも、この福島にも必ず30年後はやって来る。キティーちゃん生誕60周年の日に、今よりも平和な過ごしやすい福島になってくれていることを信じて、また明日からがんばっていこう! 




 「スーパーで買った参加賞って何!? まさかいつものあれ!?」 その通り!!!(笑)



なんだか支離滅裂なブログになってしまいましたが、支離滅裂ついでに最後に一言。

「キティーちゃん、そしてキティーファミリーの皆さん、お誕生日おめでとうございます♪♪ 心よりご祝福申し上げます!」