Vamos福島
遠征!?遠足!?
先週末は、土を求めて、北から南へ大移動。

29日(土)は、宮城県仙台市へ3~4年生24名が大移動!?。30日(日)は、埼玉県東松山市へ5~6年生26名(内前日に引き続いての遠征参加の4年生7名含)が大移動!?。その移動距離、720㎞。

2日間共に、グランド使用の関係上、午後からの試合であったため、午前中は、移動&遠足!?

29日(土)宮城遠征に参加した中で、県外への遠征が初めて!と言う選手がたくさんいて、その中の3年生のK君が、帰りのバスの中で(私の運転席の後ろの席に座っていた)、同席していたS君とこんな会話をしていたのを耳にした。

「遠征って楽しいね!また行きたいね!」 「うん!楽しかった~!!」

午前中、遠足!? 午後、試合(遠征試合)。

「サッカーの試合に行ってるのに、なぜ!?」

そう思われる方がいるかも知れません。でも、子供達は、サッカーも大好きだけど、やっぱり、遊びも大好きなんです! しかも、気心の知れた仲間同士なら、更に楽しい時間が過ごせるものです。(今回宮城遠征に参加した3年生の中で、ホワイトリバーの他地区のスクールの子も参加したのですが、午前中の遠足!?の時間で、すっかりみんなと意気投合し、午後の試合は、チームワークばっちり!の様子を見ていると、『遊び』は、とっても大切!!改めてそう思いました。)

 いつもいつもこのような遠足&遠征(試合)のような時間を過ごすことは難しいかも知れないけれど、今後も、できるだけこのような時間を過ごせるように、指導者としてと言うより、一大人として企画運営していきたいなあと思っています。


 最後になりますが、今回も、土の上でのサッカーが恋しい!?我がクラブの子供達のために、場の提供をして頂きましたチーム関係者の方々に、心より感謝申し上げますと共に、今後ともどうぞよろしくお願い致しますと声を大にしてお伝えしたいと思います。


『宮城遠征の一コマ』(午前中は、仙台市内の八木山動物園で社会見学!?「動物園なんて、久しぶり~!」そんな声を発しながら、みんな、とってもとっても楽しそうでした。お昼に、コーンスープを何杯も何杯もおかわりした3年生のT君、お腹こわさなかったかな!!?(大笑)午後の試合、お互い(エナブルとホワイトリバー)にドリブルドリブルの披露合戦!?楽しかったなあ・・・) 
2011-01-29 10.41.51修正
2011-01-29 10.23.30修正
2011-01-29 10.43.05修正



『埼玉遠征の一こま』(のんびりお弁当を食べ、楽しく遊んだこの後に、埼玉県内のでかくて速くてパワフルな2チームに、ちんちんにされるとは、この時はまだ知るよしもなく・・・<苦笑> それにしても、中学生間近な6年生は、本当にでかい!! それに比べて、我がチームの6年生の体は・・・<泣泣> もっともっと飯をたらふく食うべし!!)
CIMG6401.jpg
CIMG6415.jpg
CIMG6431.jpg


☆1月最後の日。ルーキー&チャレンジクラスのみんな、インフルエンザに負けないで、今日もサッカーがんばろうね!!
第10回の記念イベントのはずが・・・
 本日は、オフのはずが、朝からてんてこまい・・・。

 午前中は、こきたな~く!?なっていたバス内の大掃除。床にはいつくばっての2時間強の大作業!

 その後は、事務所で夕方の暗闇になるまで、パソコンの前にかぶりつき状態。その結果が、ホームページのトップページの変わり方に・・・。(昼食はカップヌードル1ヶ。トホホ・・・)

 平成22年度も残すところ約2ヶ月。ラストスパートと言った感じです・・・。

 夜は、月2回のガールズのスクール日。会場へ行ってみると・・・

 参加者は、な、な、なんと3名のみ!

「○○さんと○○さんと○○さんは、2月1日~2日に1期の受験だから・・・」とは、本日、中学生で唯一参加してくれたYさん談。


 みんながんばれ~!!!

 と言うことで、今日は、3名でのスクール。(と言っても、後からHさんとMコーチが1時間ほどしてから合流し、最終的には、私も含めて6名になったのだが・・・)

  
「たった3名じゃ、何もできなかったんじゃないの?」 誰でもそう思うと思いますが、ところがところが・・・

 もう、みんな、汗だくだく・・・もちろん、この私も・・・

「一体、何をしてそれほど汗だくに?」

 それはですね、え~と・・・企業秘密です!!(笑) な~んて・・・

 卓球から始まり、バドミントン、2vs2のバスケット、3vs3のバスケット、そして、3vs3のサッカーと、約2時間、超ハードなトレーニングを敢行したのです。バスケをやっている時など、本当、もう足はフラフラ状態でした。それにしても、バスケの動きは、本当にしんどい!! みな一様に、「バスケって大変だよね・・・」と絶句。Mコーチ曰く、「バスケの選手に、足技を教えたら、相当いい選手になるでしょうね。」の一言に、納得納得!!(笑)


 普段とは、ちょっと違った内容だったけど、車で40分近く掛かるところから毎回やってきている、ちょっぴりシャイなYさんが、「すごく楽しかった!!」とつぶやいて満足そうに帰って行く姿を見て、「良かった~!!」そうしみじみ思いました。

 来週は、第6回みちのくカップフットサル大会。受験生も今日風邪で休んだ子も、みんな元気に揃って楽しい2日間を過ごせるといいなあ・・・  みんな、待ってるぞ~!!




 ところで、2月13日(日)に開催予定の、『第10回スキー&そりすべりツアー』の実施が危うい状態になっています。1月31日(月)が申込期限だと言うのに、28日現在、申込みは、4家族のみ・・・(大泣)


 思い起こせば、10年前。個人的には、ウィンタースポーツは実は大っ嫌いで、と言うか、大の苦手で、雪を見ることさえ嫌だったのだが(今でもその気持ちは変わりはないのだが・・・)、「スキー場が近いこの地の理を利用しないのは損! 子ども達にサッカーだけでなく、いろんなスポーツを行わせることにより、健やかなる成長のサポートができる!」と一念発起!?し、このイベントを企画。

 グランドで見せる顔とは違う子ども達の姿をゲレンデで見ることが、毎回とても楽しくて、そして、いろんな意味で、「子どもってすごい!」と感じることができるのがこのイベントであった。

 だから、この冬のイベントは、年にたった1回のことだけれど、今まで継続して行ってきたのだが・・・

(一昨年からは、参加者全員での『雪中宝探し』も実施するようになり、大いに大いに盛り上がっていたのだが・・・)


「一人でも参加する人がいる限り・・・」と、本当は言いたいところなのだが、貸し切りバスをチャーターする関係で、人数が集まらないと個人負担のバス代も莫大なものになってしまうし、このイベントは、たくさんの人が参加してくれて初めて盛り上がるもので・・・


 このイベントを楽しみに、既に申込みをして頂いた4家族の方々には、大変申し訳ないのですが・・・


 
 と言っても、申込み締め切りまであと3日もある!!ので、実施かどうかの結論は、今は下すことはしないが、もしかしたら・・・


 第10回、つまり、10年間続けてきたイベント。今夏には、第10回奥の細道サッカーフェスティバルは実施できたのに・・・10年目のフェスティバルを・・・


「サッカーをするためだけに、このクラブに入ったわけで・・・」

 そのような声が多方面からたくさん聞こえてきそうですが・・・


 子どもの頃の様々な経験は、ものすご~く財産になるはずなんですけどね・・・ 我々大人は、そうして育ってきたような気がするのですが・・・

「家族で、普段スキーに行ってるから・・・」


 そうですよね、そう言った方には、このイベントは不要かも知れませんね。でも、子どもの頃って、友達とかと一緒にご飯を食べると、普段よりも、もりもり食べたりするもので、気のあった仲間同士でゲレンデに出たら、普段よりも、きっと、もりもり!?楽しさが倍増するような気がするのですが・・・(ご飯とスキーを比べるのは、なんだか変な気がしますが、言わんとすることをご理解頂ければ・・・)



 申込み締め切りまであと3日。果たして実施できるかどうか・・・結論は、2月1日に・・・
グッド・ルーザー good loser
 昨晩の日韓戦。それはそれはしびれた~!!

 まさに、『激闘』『総力戦』とは、あのような試合のことを言うのでしょう。

 それにしても、サッカーって言うスポーツは、本当に面白い!! 改めてそう思った瞬間でした。


 ところで、昨晩の日韓戦で、私は、試合の内容とは別に、試合終了後、ある三つのことが気になったと言うか、耳を目を捉えて離さない!?出来事(言葉)があったのですが・・・


 【一つ目】『思わず大笑いした場面』

 試合を終え、歓喜に湧く日本選手達が、日本の応援団に御礼をしに行ってベンチに戻っている際に、神懸かり的なPK阻止を行った川島選手のもとに、外人コーチ(日本代表のイタリア人コーチ。名前も、どんなことを担当している方かも分かりませんが・・・)が近寄り、肩を組んで、祝福を述べている所へ、これまた日本人のコーチ(スタッフの方かも知れませんが・・・)が近寄っていき、やはり川島選手に抱きついて祝福しようとした瞬間、その日本人コーチの右拳が、既に川島選手を祝福していた外人コーチのあごを完璧に捉えるパンチになってしまった場面。思わず勝利の感動に浸っていたはずなのに、思いっきり大笑いしてしまいました。皆さん、気づいてましたか? 「えっ!?」そんな場面あったの?と思われた方で、ビデオを撮った方は、是非ともその場面を捜してみて下さい。私は、我が家の子ども達に早速その場面を何度も再生して見せて、大爆笑のオンパレードでした。


 【二つ目】『続けることの大切さを教えられた場面』

 試合後のヒーローインタビュー。民報番組(SルジオEちごさんと、Mつきさんが相変わらず絶叫しながら解説していたテレビ局)では、ザッケローニ監督と本田選手のインタビューしか放送せず番組は終了したのですが、BS放送ではその続きをしっかり放送しており、本田選手の次に、細貝選手のインタビューが放映されていました。もちろん、この選手は、岡崎選手が延長前半身を粉にして!?PKを獲得し、そのPKを本田選手が蹴り、キーパーにはじかれ、万事休すと思われた瞬間、どこからともなく現れ、そのボールをゴールに突き刺した選手です。そのシーンを何度も繰り返し見たのですが、細貝選手の、本田選手がPKを蹴る際の位置取りが実に素晴らしく、思わず、今日の練習で、子ども達に解説してしまいました。ビデオを撮った方、またまたその場面をよ~くご覧になって下さい。本田選手に注目するのではなく、その後ろから走り込もうとする細貝選手の動きを・・・。実に素晴らしい動きをしていますので。ところで、その細貝選手のインタビューで、インタビューアーが「予測をしていたのですか?」の問いに、「あのようなことが起きるではないかと、いつも考え、今までもあのような反応を繰り返してきました。それが、今日はまりました。」と言った内容の応えをしたのです。私は、その応えを聞いて、これは本当にすごい!としみじみそう思いました。たまたまあのような行動をとったのではなく、今までもそのような行動をしていた。つまり、あのプレーは偶然に起こったことではなく、今まで何度も継続的に行ってきた努力の賜だと言うことです。まさに努力を怠らなかった(きっと今まで何度もあのような反応をしながらも、その度にPKが決まってしまい、その労苦が報われなかったことでしょう。普通なら、どうせ決まるんだから、ゴール前に全力で詰めても無駄だよなあ・・・なんて思うはずなのに、それでも、それを続けて続けて、そして、昨夜のビューティフルゴールをゲットする。まさに、これは、決してあきらめずがんばりぬいてきた細貝選手へのサッカーの神様からのプレゼントだったのだと、私は本気で信じて止みません。これって、本当に素晴らしい話で、素晴らしいことだと思い、子ども達に思わず力説してしまいました。信じて続けることの大切さを・・・(その他にもこの細貝選手のインタビューの中で、実にすばらしい!と思われる言葉があったのですが、本日は割愛します。BSを最後まで録画した方は、
是非ともこのインタビューをもう一度お聞きになってみて下さい。私は残念ながら民報番組を録画してしまっていたために、再び聞くことはできないのですが・・・(泣)それでも、脳裏にはしっかり焼き付きました。このインタビューの内容は・・・)


 【三つ目】『試合終了後、韓国人選手が日本選手に握手を求める場面でアナウンサーが発した一言』

 試合を終え、歓喜に湧く日本代表選手達。それはもちろん、死闘を制したのだから当たり前。しかも、永遠のライバル!?である韓国を下したのだから・・・。逆に、がっかりうなだれる韓国代表の選手達。PKの1本目を川島選手にファインセーブされた選手などは、ユニフォームを頭から被り号泣の嵐嵐嵐・・・それもそのはず。永遠のライバル!?に苦汁を嘗めさせられたのだから・・・しかも、自分のミスで・・・スポーツの世界の非情さ、天国と地獄等々まざまざと垣間見た光景であった。一歩間違えば、日本の選手と韓国の選手の立場が違っていてもおかしくないのだから、本当に勝負の世界は恐いものである。(そんな世界に身を投じていながらも、なぜだか非常に客観的な発言だったような・・・<苦笑>) ところで、私が思わずぐっときた場面があった。それは、韓国の選手達が、日本の選手達に握手を求めている場面であった。TVでは、ちらっとしかそのシーンは映らなかったが、永遠のライバル!?因縁の相手!?歴史的遺恨の相手!?同士の試合の後に、あのような光景が今まであっただろうかとほんの少ししか映らない場面であったが、私は思わず食い入るようにテレビにかじりついてしまった。そして、何でその光景をたくさん映さないんだろうか・・・と思わず憤慨してしまった。その時である。アナウンサーが、「ただ今、韓国の選手が、日本の選手達に歩み寄り握手をし祝福ています。すばらしいことです。まさに、グッド・ルーザーです。」と言ったような内容の言葉を発したのです。私は、思わず、「グッド・ルーザーって何!?」と思ってしまいました。雰囲気で何となくその言葉のニュアンスを感じることはできたのですが、正式な意味を知りたいと、思わず試合後に調べて見ました。すると、これはスポーツ界の用語らしく、その意味はと言うと・・・


 グッド・ルーザー good loser


・負けをきちんと認め、決して人のせいにしない
・勝った人を褒め称え、ちゃんと評価(強いと認める)出来ること
・負けた原因を分析して、何が勝利に足りなかったかを見つけ出す
・練習で、しっかりと勝つことに足りないことを克服するよう努力すること

この4つのことができる人が グッド・ルーザー good loser なのです。


 と言う意味だと言うことが分かりました。その意味を知って思ったのは、「さすが、サッカー(スポーツ)実況をするアナウンサーは、何でも知っているんだなあ。」と言うことでした。(そんなこと、知らなかったの!?と言われるかも知れませんが、全く今まで知りませんでした。でも、その言葉に含まれる意味は、素晴らしいものであると知ることができました。)


 と言う具合に、私はこの三つのことが昨晩の日韓戦で気になったというか、ものすご~く印象的なことでした。

 

 試合の内容と共に、昨晩は、本当にいろいろなことを学んだ日韓戦でした。(上記の三つ、俺も気にしてたんだよね~!と言う方は、私と本当波長が合うようです。今度、一緒にサッカー談義でもしましょう!!そして、あの右拳のシーンを何度も再生し大笑いして転げ回りましょう!!<大笑>) 


それにしても、ザッケローニ監督は、実にすばらしい。試合後、喜びを爆発させる選手とは裏腹に、韓国の監督のもとにすぐさま歩み寄りお互いの健闘を讃えるその行動ぶり、PKで負ける気持ちを痛いぐらい理解しているからこそできる行動。まさに敬服するばかりである。そして、インタビューアーに、この試合ばかりではないのだが、必ず、握手をする行動ぶり、どんな人間に対しても敬意を払うことができるその人間性にまたまた敬服するばかりである。まさに、紳士たる監督である。
救世主!?求む!!
 ただいま、救世主!?を求めています。

 どんな救世主かというと・・・


 先日、宮城での研修時にデジタルビデオカメラで撮影してきたテープを、DVDに落としたいのですが、

 機械音痴!!!の私には、その術(すべ)が見つかりません、と言うか、ノウハウがありません。


 どなたか、その作業を行って下さる方がおりませんでしょうか。

「ビデオカメラをテレビにつないで見ればいいんじゃないの?」

 その通りなのですが、実は、所有のビデオカメラが壊れてしまっていて、研修時に使えなかったため、妹に借りてとりあえず撮影してきたのですが、そのカメラを研修終了後返却してしまったため、手元にはテープのみが残っている状態で・・・

 とにかく、このテープをDVDにしないと、このまま一生!?見れないと言う、宝の持ち腐れ的なことになってしまうので・・・


 と言うことで、救世主を大大大至急募集!?致します!!


 我こそは救世主に!!と思われる殊勝な方は、ぜひともご連絡下さい。24時間いつでも結構です。


 お助け下さ~い!!(泣泣泣×100000000・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・) 


☆連絡待ちながら、まもなくキックオフする久々の日韓戦に呑気に、いや、大いに燃えようと思います!!(笑笑笑) 待ってま~す!!!!!!!
御礼そしてがんばったね!
昨日、今日と2日間、栃木県で行われた大会にホワイトリバーFC4カテゴリーの子ども達が非常事態宣言!?の中、参加してきました。

「非常事態宣言って!?」 それはですね・・・

2年生の部、4年生の部、5年生の部、6年生の部と各部門の大会が一同に介した!?ものすご~く大きな大会でした。

まずは、大会主催者の方々に、土でのサッカーに恋しい!?我々にその場をご提供頂きましたことに対し、厚く御礼申し上げます。今大会で、大会本部の方々に何度も何度も私が口にした言葉。

「たった2時間弱程度、福島から車で走ってきただけなのに、なんでこんなに陽気も環境も違うんでしょうね。これはえこひいきですよ!!(笑)」

 本当、同じ日本なのに、しかも、隣県だと言うのに、なぜこれほどの違いがあるのか・・・

 ただただ唖然茫然!?でした。

 それにしても、本当、うらましいよ~!!


 次に、今大会に4部門参加出来たのは、ホワイトリバーFCのコーチの方々の尽力はもちろんのこと(津川コーチは、大会3日前から高熱を出し、引率が危ぶまれたのですが、「気合いと根性で治します!」と宣言し、それでも、本調子ではない中、2日間の4年生の部の引率をやりきってくれました。「1日、3試合。(2日で6試合)審判5試合。(2日で10試合)死にそうでした! でも、子ども達とやりきりましたよ!」の今日の電話の一言は、冗談に受け止めることができませんでした。明日仕事休まなといいけど・・・と言うより、具合が悪くなってまた入院なんてしないといいけど・・・健太郎、VAMOS!! 本間コーチも6年生の部の引率、本当にご苦労様でした。でも、「優勝しました!」の本日夕方の声が、とても弾んでいたのが、とても嬉しく思えたし、疲れも少しは吹き飛んだかなあ・・・と思ったのですが、気のせいだったでしょうか・・・(笑))、保護者の方々にも大変大変大変×10、お世話になりました。

特に、保護者のKさんには、2年生の部の引率並びに子ども達の送迎等々を依頼し、何から何までお世話になりっぱなしだったこと、この場を借りて厚く厚く厚く御礼申し上げます。

「子ども達、すごくがんばってました。すごく楽しかったです!」と、今日の夕方お会いしたときに、目を輝かせて語ってくれて姿が、とても印象的だったし、とても嬉しい気持ちになりました。

 貴重なお休みだったにも関わらず、今大会の引率依頼を快く引き受けて下さったおかげで、2年生の部に参加した子ども達は、とても充実した2日間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

 また、本日は、これまた急遽の昨晩の依頼にも関わらず、Rさん、Oさんには、子ども達の送迎で大変大変お世話になりました。お陰様で、子ども達の移動がスムーズに行うことができました。

「こんなことならいつでもお手伝いしますから!」大げさに聞こえるかも知れませんが、その言葉、涙が出るくらい嬉しい嬉しい気持ちになりました。本当にありがとうございました。

 そして、各部門で、たくさんの保護者の方々が、2011年初の子ども達の勇姿!?を応援に駆けつけてくれたとそれぞれの引率者の方から聞きました。

 ご声援、ありがとうございました。そして、これからも、子ども達のことを、温かいまなざしで見守っていってあげて下さい。どうぞ、よろしくお願い致します。

 そして、何より御礼を言いたいのは、と言うより、がんばったね!と声を大にして言いたいのは、4部門に参加した子ども達のことです。

 上記で非常事態宣言!?と記述しましたが、以前のブログで書いたのですが、現在、インフルエンザ、胃腸炎等々がこの地区は大猛威をふるっていて、大会参加を予定していた子ども達の中から、発病者があとからあとから湯水のごとく湧いてきて!?(変な言い方ですが、まさにその言葉しか見あたらない異常発症ぶりで・・・)、4部門共に、まさにぎりぎりの人数の、と言うか、試合人数ぴったりの子ども達しかいなくなってしまい・・・「みんな、休みもなく、たくさんの試合をやりきれるかな・・・」と思っていたのですが、そんな不安もどこ吹く風!!

 「○○君、休みなの!? え~っ!!」などの泣き言など一言も発せず、各部門に参加した子ども達全員が、がんばり抜いたこと、大会では金メダルは貰えなかったかも知れませんが、そのがんばりは、どんなメダルを受賞することよりも、立派な立派な立派な勲章だったと胸をはってほしいと思っています。

 とは言っても、まだまだこれからが猛威の季節。何度も言うけど、しっかりした手洗い、しっかりしたうがい、好き嫌いなく食事をすること、十分に睡眠をとること、そして、病気に負けないたくましい体を作ること(そのためにも、一生懸命サッカーの練習をすることです!!<笑>)等々を繰り返し行っていくことが大切です。

 これは子ども達だけでなく、大人にも言えることですけれど・・・(しっかり自分にも言い聞かせています。)


 最後になりますが、5年生の部に参加した子ども達、監督が、どんなサッカーを目指し、みんなをどんな風に育てたいのか、この2日間、朝から晩まで!?耳にたこができるくらい!?言ったこと忘れないで下さい。

 君たちの今は、未来につながっている!! みんなの勝負する時は、今じゃない!!

 それってどういう意味!?  え~と・・・企業秘密です!!(大笑)

「宮城での研修かぶれしてるんじゃないのか!?」5年生の部の応援に駆けつけて下さった保護者の方々の中には、私をそう言う目で見た方もいるかも知れません。あのサッカーを見ていて・・・

「そうです。まさに研修かぶれです!!」

「あんなことあのまま続ける気なの!?」

「はい、相当長期間続ける気です!!」

「試合に勝てなくなるんじゃないの!?」

「はい、そうかも知れません!!」

「・・・・・・」

 言いたいことは大いに分かります。でも、私には、5年先に、10年先に、20年先に・・・子ども達が楽しそうにサッカーをしている姿が見えるんですよ。そして、何より、サッカーを通して、がんばることの大切さ、努力することの大切さ、仲間の大切さ等を学び、体感し、成長していく姿が見えるんですよね。あのサッカーの先に・・・

(今大会に参加していた全然知らないチームのあるお母さんに、「ホワイトリバーのサッカーっていいですね。すごくうらやましいです。」と語りかけて下さった方がいました。突然の言葉に、思わずびっくりすると共に、とても嬉しい気持ちになりました。見ていてくれる人はいる、分かってくれる人はいる・・・・ぶれることなく、迷わず突き進もうと確信した瞬間でした。) 


 とにかく、これから生まれ変わった!?私が、いや、我がチームが進む道、方向性、指導のあり方等々に関しては、後日、何らかの形でその思いのたけを公表したいと思っています。



 とにもかくにも、2日間、皆様(子ども達、保護者の方々、スタッフの方々等々)、本当にごくろうさまでした、そしてありがとうございました!! そしてそして、これからもどうぞよろしくお願い致します!!
最高の研修
2日間の研修を終え、ただ今帰ってきました。

2日間の研修の感想は・・・・・

「最高!!」  その一言でした。

 FC Enableの碓井代表には、2日間、朝から晩まで、本当に本当に本当にお世話になりました。突然の訪問にも関わらず、全てを垣間見せて頂いたことと心より感謝の気持ちでいっぱいになりました。ありがとうございました!!

 また、奥様にも、大変大変お世話になりました。美味しいコーヒーそして笹かまぼこご馳走様でした!!

 福島出身の別府コーチ、福島で培ったサッカー力を、Enableでどしどし発揮していって下さい!!


 そして、何と言ってもEnableの子ども達の一生懸命にひたむきにボールと向き合うその姿、本当に心打たれました。2日間、密着マーク!?だったけど、素の姿をありのままに見せてくれて、本当にありがとう。今度は、ひとりじゃなく、チームの子ども達と行くから、一緒に試合しようね!!


 最後に、聖和学園高校サッカー部のとことんまでドリブルとリフティングにこだわる練習、そして、最高にコンパクトな練習ゲームに心から感動すると共に、加見先生(監督)との1時間近くのサッカー談義から伝わってきたサッカー観に敬服すると同時に、うまく伝わらない表現だとは思いますが、幸せでいっぱいな気持ちになりました。

 2日間、凍りつくような寒さ(全然大げさな表現ではありません!!)の中の研修でしたが、まさに『夢見心地』のような時間を過ごすことができました。特に、今日の、小学1年生から高校3年生が一緒のグランドで、一緒のスタイルのサッカーを展開する画は、まさに圧巻、そして生唾ゴックンと言った感じでした。(この言葉の意味、分かるかな~???理解できる人は、同じサッカー観の方々だと思います。<笑>)


 この充実した研修を今後どう生かしていくのか・・・もしかしたら、人生を左右することになるかも!?


 どういう意味!?  まあ、見ていて下さい。じっくりと。


※アジアカップサッカー、『日本vsカタール』戦。後半25分で2対2。人数は、10人対11人。残り約20分、本気で応援開始します!!
百聞は一見に如かず
『小さな完成より 大きな未完成』 その真髄をとくと拝見させて頂きます。どうぞよろしくお願い致します!



☆明日のホワイトリバーFCのルーキー&チャレンジクラスのスクールは、体育館が借用できないため、オフになります。外は雪が降っているのでできないので、部屋の中で!?、いっぱいドリブルやリフティングの練習をして下さい。お母さんに怒られたらやめましょう!!(笑) 実は、2011年より、毎週木曜日に使用させて頂いている体育館が、自由に使えなくなりました。変な言い方ですが、今までは、空いていれば先着順で借りることができていたのですが、今年から、体育館の使用が抽選方式となり、他団体と使用日や使用時間が重複した場合、前月の月初めに抽選を行うようになったです。その結果、明日は使用できない状況になりました。2月は・・・後日スクール計画表でお知らせします。本来なら、他の体育館で・・・と言いたいところなのですが、なにぶんにもこの季節は、市内村内の全ての体育館が満杯状態で・・・それでも、ある程度優先的に使用させて頂いていることに、感謝感謝で・・・「体育館だめなら、グランドで!!」な~んてことは、この季節、冗談でも言いませんよね。(苦笑)


 と言うことで、明日は、自主練習に大いに励んでほしいと思っています。


 そこで、私も、自主研修に明日、明後日と大いに励んできたいと思っています。前述した魅惑的なテーマを掲げ、『今ではなく将来のための個の育成』(我がクラブの方針と全く一緒)に重きを置き、将来を見据えた熱き指導をしているあるクラブへの突撃訪問!?を2日間に渡って宿泊をしながら(48時間全てを使い研修するために宿泊をして・・・と言っても、明日の午前中は保育園の巡回指導があるので、それを終わってから向かうようになるのですが・・・)敢行してきます。(突撃と言っても、一応今日の午前中に電話を入れ、突然の訪問依頼にも関わらず快諾を頂いたのですが・・・)

 
 それってどこ?


 企業秘密ですが、今、日本中で私が今一番興味をそそられているクラブ(指導者)である!と言っても過言ではありません。そして、これから末永~いお付き合いをして頂きたいクラブ(指導者)のひとつ(一人)である!と言ったところです。



 百聞は一見に如かず! とにかく一生懸命勉強してきます。みんなも、一生懸命練習していて下さい!


※帰りは、金曜日の真夜中になり、土曜日早朝から大会参加になるため、今回の研修報告ブログは週明けに記載したいと思います。
インフルエンザ猛威!
 ここ最近、この地は、すっかり雪国特有の景色!?になっています。(な~んて、これっぽっち!?の雪で嘆いていると、優コーチに怒られそうで・・・ 優コーチのブログの写真、びっくり仰天です! 北陸地方は、今後益々ひどい豪雪に見舞われるとのこと。くれぐれも車の運転には注意するんだぞ!! それと、雪かき、がんばるんだぞ!! それとそれと、「雪国嫌い!」なんて言わずに、がんばれ~! 住めば都!!)

 特にここは、雪の量はそれほどではないのですが、那須連邦の冷たい冷たい風と、身の毛もよだつ!?ほどの朝晩の冷え込みのため、道路はすぐに凍結状態。

 凍結道路を車で走るなんて、雪国でない方は、あまり体験がないかと思いますが、例えるなら、スケートリンクを車で走ると言ったところでしょうか・・・(スケートリンクを車で走ったことなどありませんが・・<苦笑>)


 とにかく、ここは現在、北国真っ盛り!?です。グランドなど到底使えるはずもありません。土を求めて何千里の旅!?に出ないと、外での試合が、と言うか、外でボールを蹴ることが出来ません。どうか、このマルコに!?いや、我がチームに土で試合をさせてあげて下さい。雪国でない方々、どしどし連絡をお待ちしておりま~す!!


 早速、今週末は、土を求めて南下し、栃木県宇都宮市他で行われる大会に参加するのですが・・・


「久しぶりの外でのサッカー!!」大手を振って喜びたいところですが・・・


 実は、ここ最近、インフルエンザが猛威、いや、大猛威をふるいはじめ、クラブの子ども達も、バッタバッタとその猛威に犯され!?てしまい・・・


 大会参加危うし!!と言った状態になっているのが現状です。(でも、元気な子ども達もたくさんいるので、大丈夫だとは思っているのですが・・・)


 聞くところによると、子ども達の通っている学校では、学級閉鎖や学年閉鎖になっているところがたくさん出てきているようで、担任の先生までインフルエンザになっている子ども達もいるようで・・・


 実は、今日の午前中、市内保育園の巡回指導日だったのですが、保育園を訪れると、年長児21名のうち、13名がインフルエンザにかかって欠席と言うことで、今日の巡回指導は、急遽、年長児のみならず、年中、年少児も一緒に行うことになり・・・


 どんな予防をしても発病する時は発病してしまうものですが、とにかく、手洗い(ただ手を洗うのではなくしっかり入念に・・・)・うがい(ただうがいするのではなく、喉の奥まできれいにできるように・・・)・栄養のある(バランスの良い)食事・十分な睡眠等々、普通にできることを徹底的に行っていくようにしたいものです。



 雪、極寒、凍結、インフルエンザ・・・・・北国の本格的な冬は始まったばかり。


 みなさん、めげずにがんばって行きましょうね!!!
こんな週末を・・・
 この週末は・・・・・・・・・



 昨日は、5年生チームで宮城遠征の予定であった。

 出発時刻は、AM7:30。試合のみならず社会見学(何?社会見学って?・・・・企業秘密<笑>)も兼ねての遠征であったため、いつもとはひと味違ったうきうき気分!?でバスの暖機運転を開始しようとすると・・・

 な、な、なんと、う~ともす~ともしない!!!

 いつぞやもこんなことがあったので、「またか・・・」と意気消沈。しかし、出発時刻は刻一刻と迫ってくる。

 とにかく、この状況をなんとか出来ないかと、クラブバスの整備から修理から何から何までお世話になっているS整備工場の方に、早朝6時30分過ぎにも関わらず電話。しかし、やはり早すぎて誰も出ず・・・

 次に頭に浮かんだのが、S工場の方の次にバスのことならお任せ!の本間コーチに電話。せっかくの休日で寝ているにも関わらず、思わず藁をもすがる気持ちで・・・ 電話口に出た声は、やはり寝起きの声・・・本当にすみません!!と思いながら事情を話すと・・・「すぐに行きます!」とのこと。本当、ごめんなさい!!トホホ・・・と思いながらも、とにかくこの状況は自分の力ではどうにもすることができず・・・

 
 本間コーチの到着を待つ間に、都合により出発時刻が変更になることをメール連絡。もちろん事情もしっかり伝え・・・


 本間コーチ到着後、いろいろな方法を試みるがやはりバスはう~ともす~ともせず・・・

 
 そんなことをしているうちに、宮城遠征で試合を行うことになっていたチームの方から電話が入り、「雪が4~5㎝積もっていて、まだまだ降る気配なので・・・」の連絡が。いろいろ話した結果、とにかく次回、良い状況で試合をしましょうと言うことになり遠征は中止に・・・


「子ども達、試合を(見学も)楽しみにしていただろうなあ・・・」

 そう思うと、なんとかして試合ができないだろうか・・・と知り合いのチームに電話攻勢!?

 しかし、あまりに急なため・・・

「西郷のグランドで自分たちだけで試合もいいなあ・・・」

 そう思い、本間コーチとグランドを見に行くと、土が凍ってパカパカで・・・

 それでも、無理すればできるかも・・・と思っていると、空からはボタボタと雪が・・・・

「ふんだりけったり・・・」

 やむなくやむなく、「遠征中止」の連絡を・・・
  

(その間、整備工場のSさんから電話が入り、修理機械を持って既に向かっていると言うことで・・・来て貰えればすぐに直ると思ってたいたのだが、電話口から、「行っても2時間以上は直らないと思います。」の非常宣告が・・・すぐに直ると思って、既にバスは直ってなんて連絡を保護者の方に送信してしまい・・・しかも、急遽別のところに練習試合に行こうと思って段取りしようとしていたのに、練習試合が仮にできても結局はバスが動かなくては行けずじまいで・・・とにもかくにも本当にふんだりけったりで・・・)

 バスの修理を開始してからバスのエンジンがかかるまで約3時間。すぐにバスのエンジンを止めることができずに、その後2時間の暖機運転。計約5時間の復興作業!?

 思い出すだけでも、「はぁ~・・・」ため息しかでない朝からの慌ただしさでした・・・(泣泣泣)



 
 今日は昼から夜まで、サッカー及びフットサル審判の講習会。

 1年に1度この講習会を受けないと審判の資格が剥奪!?されてしまうため、この講習会出席は必須で・・・

 審判の資格がなければ、大会等何も参加することができなくなってしまうので・・・・



 13時頃会場入りして、会場を後にしたのは、19時前。辺りはすでに真っ暗闇。その中を、雪がしんしんしんしんと降り積もり・・・・


 途中極度の眠気に何度も襲われながらも、しっかり勉強し・・・(たつもりですが・・・)



 
 とにかく、こんな週末でした。チャンチャン♪♪
がんばれ受験生諸君!
 今週火曜日、ホワイトリバーFCキンダークラスの2011年の最初のスクール開始に始まり、昨日のルーキークラス&チャレンジクラスのスクール、そして、各地区(須賀川、大信、矢吹、浅川)のサッカースクール、そして今日、フットサルクラブとガールズが行われ、明日、ホワイトリバー週1回スクールが行われ・・・これでVAMOS福島スポーツクラブの2011年の全員の揃い踏み!?

 改めまして、VAMOSのみんな、新年明けましておめでとうございます! 今年も、大好きなサッカーを通して、楽しい時間を過ごして下さい! そんなみんなをスタッフ一同、どしどし応援していくからね!!

 
 ところで、VAMOSの仲間達の中に、今年は、5人の受験生がいます。フットサルクラブのO君、ガールズのAさん、Kさん、Mさん、Sさん。 

 ガールズのSさんは高校3年生。一足先に大学受験を見事突破し、今春からは晴れて大学生。おめでとう!!!

 残りの4名は、全て高校受験を控えた中学3年生。健闘を祈るばかりです・・・


 本日のガールズのスクールで、新年の抱負を一人一人述べる中で、受験生のMさんからは、

「絶対に高校に合格して、高校生になったら絶対に『素敵な恋』をします!!」と、熱い決意表明!?がなされました。


「若いっていいなあ!!」 その言葉に、おじさんは、とってもとっても羨ましい気持ちでい~っぱいになってしまいました。


 とにかく、人生最初の節目!?を見事クリアし、新しい旅立ちを全員がしてくれることを、祈ると共に、影ながら精一杯のエールを送り続けたいと思っています。


『人事を尽くして天命を待つ』 まずは、焦らずじっくりと今できることをコツコツコツコツと・・・




 考えてみれば、この私も昔は受験を体験したわけで・・・・・


 高校受験の際の思い出はと言うと・・・中学3年生の2学期の三者面談で、担任の先生から、「今の実力では、○○高校は難しいかも知れませんね・・・」と言ったようなことを言われ、その一言が起爆剤!?となり、その後、必死に一問一答式の問題集を馬鹿みたいに!?繰り返し繰り返しかじりついて!?いたような記憶が・・・


 大学受験は・・・東京で浪人生活。受験生の身ながら、親に負担をかけたくない!の一心で、バイトをしながら夜間の予備校通い。「小学校の先生になる!」この夢を叶えたくて・・・とにかく、高校時代は、甲子園目指して野球命!?だったので、勉強など自慢できるぐらい!?全くと言っていいほどしなかったので、そのつけが回り、それはそれは苦労の連続で・・・ 振り返ってみても、浪人時代ほど気が狂ったように勉強したことはなかったなあ・・・ と言っても、受験勉強なんて、記憶記憶の詰め込みの連続で、本当の勉強とは全く思わないのですが・・・(あくまでも個人的な意見ですのであしからず!<苦笑> この年になって初めて日々勉強しているなあと感じる今日この頃です!チャンチャン♪ な~んて、こんな悠長なことを言ってると受験生のみんなに失礼だよね。ごめんなさい!<猛反省>)


 

 「みんなが合格したら、カラオケ屋に行ってパーティーしよう!」 ガールズのJさんの受験生のへの励まし!?の一言がぜひとも叶いますように!!!


 みんなの『桜咲く』の吉報、首を長~~~~~~くして待ってるからね!! がんばれ、VAMOS!!!
二大ニュース
 ホームページのトップページに、二大ニュース!?を本日掲載しました。

 まず一つ目は・・・

 2月5日(土)~6日(日)にかけて開催する『第6回みちのくカップフットサル大会』に関すること。

 今年の大会開催に際し、フットサルクラブの山崎監督と、「今年はどんなチームを招待しようか・・・」と押し問答!?していた時、山崎監督から、「U12の部は、バーモントカップの準優勝チームをたくさん呼び、裏全国大会をやるっていうのも面白いと思うんだけど・・・」というグッドアイディアを頂き、早速、東日本の準優勝チーム全てに声をかけその結果・・・遠くは神奈川県、岩手県のチームから、埼玉、茨城の各県のチームに参加して頂けるようになりました。(チーム名は、トップページ参照。)福島県の準優勝チームは、もちろん我がVamos福島フットサルクラブなので、5県の準優勝チームが勢揃いすることになったのです。その他にも、福島県の優勝チームで過日行われた全国大会でベスト16に輝いたチームや、新潟県、埼玉県、茨城県のフットサル強豪チームや、栃木県、福島県内の名だたるチームに参加して頂けることになりました。その中に、我がVamos福島ガールズも紅一点で参戦!

 とにかく、チーム名を見るだけで、大会前から既にワクワク状態。一見の価値あり!と断言できるので、たくさんの方々に会場に足を運んで頂き、フットサルのすばらしさを堪能してほしい!心からそう思っています。(U8及びU10の部も開催するので、こちらもぜひぜひご覧あれ!!)


 二つ目は・・・

 2月13日(日)に、『スキー&そりすべりツアー』を開催するお知らせ。

 このイベントは、今年で10回目の開催。つまり10年目の開催になります。

 我がクラブの活動理念は、サッカー及び様々なスポーツを通して、子ども達の健全育成を図ると言うこと。

 秋のロードレース大会参加とこのスキー&そりすべりツアーは、我がクラブにとって欠かせないと言うか、とても大切にしているイベント。サッカー馬鹿!?にならずに、様々なスポーツに取り組むことは、成長段階の子ども達にとっては、とてもとても大切なこと。昨年の冬季オリンピックで、中学生ながらスピードスケートの日本代表として出場した高木美帆さんは、スケートの腕前、いや足前!?もすごいが(5才からスケートを始めたとのこと)、小学校2年生からサッカーも行い、中学校ではサッカー部に所属していたとかで、女子ナショナルトレセン選手にも選ばれ、将来のなでしこジャパン入りを期待されていたFWだったと言う。

 いろんな意味で、このスキーツアー開催は、とても重要な位置づけをしているのです。

「サッカー以外は、あまり興味がない!」などと言う諸君!! 高木さんを見習いたまえ!!!

 な~んて、参加を強要するつもりは、ま~~~ったくありませんので、あしからず!

 とにかく、とてもとても楽しいひとときを過ごせること間違いなし! サッカーの仲間達と、グランドではなく、真っ白いゲレンデを飛び回る!?のも、本当に楽しいぞ~!!

(帰りのバスの中でのビンゴ大会も最高!! 昼食後、ゲレンデを貸し切って!?行う『雪中宝探し』は、それはそれは毎年大盛り上がり!! 帰る時間も忘れるほど夢中でスキーに熱中するって最高!! 行きたいけど、スキーなんてやったことないから・・・・・大丈夫!スキーの上手いクラブスタッフや、保護者の方が、バッチリ手ほどき、いや、足ほどき!?してくれるから安心あれ! なんたって、毎年このイベントでしかスキーをやらない子ども達も、年々上達していくんだから・・・その姿には毎年、本当に驚かされるばかり!! とにかく、毎年参加している人も、一度も参加したことない人も、いろんな人が参加してくれるから楽しい楽しいイベントになるのです。昨年の様子を撮影した写真も掲載しましたので、じっくりご覧になり、参加の検討をしてみて下さい。)


 以上、二大ニュースの告知!?でした。チャンチャン♪♪


☆行方不明の先日のブログ、捜索難航しています。と言うか、保護者の○○さんが報告してくれたところによると、星屑になってしまった可能性が高いと言うことで・・・・・泣泣泣×100です。
実は・・・
「コカコーラ杯を終えて、一体どんな思いをしているのか?」

 その真意を問いたくて、多数の方々がこのブログに訪問して頂いたことと思います。しかし、タイトルと写真だけのブログに拍子抜け・・・と言った方が多かったのではないかと推測します。実は・・・

 昨日午前中、2時間ほどかけて大会を終えての思いのたけをブログに綴ったのですが、アップする際に、間違った操作をしてしまい、公開することができなくなってしまいました。

(間違った操作とは・・・このブログは、FC2ブログと言うものを使っているのですが、通常、ブログを書き上げた後、『本文の編集』の『記事を保存』というバナーをクリックして書き上げたブログを公開するようになるのですが、昨日、そのバナーをクリックせずに、どうやらその下にある『追記の編集』の『記事を保存』のバナーをクリックしてしまったのです。(どうやら・・・と言う表現はおかしいのですが、思いのたけは長文になったため、書き上げた後、相当な脱力感に包まれ、ボーッとしながらバナーをクリックしてしまったのです。) どうしてこんなに詳しく書いたのかと言うと、このブログを読んだ方で、FC2ブログに詳しい方がいて、このトラブルを解消する方法を教えて頂ける方がいないかなあと思ったので、このように記述させて頂きました。)


 2時間かけた超大作!?が、保存の手違いで公開できずに、どこかに行ってしまったこの気持ち・・・きっと想像はできないかと思います。

 その後、何とかして保存場所を探そうと気が狂ったように!?パソコンのあちこちを操作したのですが・・・

 AM11時過ぎから、気がつけば、PM4時。FC2ブログの会社に問い合わせのメールまでしたのですが、返ってきた回答は、「追記の編集に保存した場合でも、必ず記事は保存されます。万が一、削除してしまった場合には、二度と復活しません。」と冷酷な!?回答でした。「削除など絶対にしていないはず・・・」「とにかく、記事の保存のバナーをクリックしたはず・・・」その思いで、ブログを書いた後にやるべき仕事を全て後回しにし、保存場所を6時間、飯も食べずに、徹底的に捜しに捜し回ったのですが・・・


 実は、途中で捜す作業を一度あきらめ、書いたことを思い出しながら三分の一程度まで書き直す作業をしたのですが、全身全霊を打ち込んで書き上げたものだったので、(大げさに聞こえるかも知れませんが、まさに事実なのです。)どうしても思い出すことができず、更に新しい言葉で書き上げようかとも思ったのですが、書きながら、どうしても先ほど書き上げた言葉に勝る言葉が見つからず・・・とにかく、書き直し作業はやはりやめることにして、もう一度捜索を始めるといったことになり、今に至っているのです。


 FC2ブログに詳しい方、どうかお助け下さい。どうしても、あのブログは公開したいのです。そして、たくさんたくさんの方に、私がどんなことを思ったのか等々を知ってほしいのです。それなのに何度いろんな作業をしても、一向にあのブログが蘇ってこないのです。本当、泣きそうです・・・・


 「たかがブログで、何言っているの?」


 そう思われるでしょうが、私にとってこのブログは、「たかがブログ、されどブログ」で、このクラブを運営するのが仕事であるように、ブログを書くことも、私にとっては大切な仕事のひとつなわけで・・・


 と言う具合のため、タイトル『まだまだまだまだこれからこれから』のブログには、写真だけが掲載されているといった状況になっているのです。写真の下には、膨大な幻のブログがあるわけで・・・(大泣)

 とにかく、明日以降も、仕事の合間を見て、捜索作業!?を続けていきます。新しい言葉での書き直しの作業をせずに・・・何度も言いますが、今どこかにきっとあるだろうあのブログの文章には、私の全ての思いが凝縮されていて、それをぜひともご覧頂きたくて・・・・


 ブログに詳しい方、とにかくごこの状況を打開する一報頂ければ・・・藁をもすがる思いでおりますので・・・


 ちなみに写真は、今大会で宿舎として利用した所で、(10年来のお付き合いをして頂いている宿舎で、いわき方面で大会があるといつも使用する常宿なのです。)そのおばさん達(この宿舎では、ホストと呼ばれる方々)と子ども達が一緒に記念撮影したものです。


 写真を撮る前に、「おばちゃん達は、みんなのことをいつも応援しているからね。今日の試合、がんばってくるんだよ!」と励まされた後に玄関前で撮影したものでした。

 「この子達は、多くの人に励まされ、多くの人に温かいまなざしで見守られながら成長していくんだな・・・」

 カメラのバインダー越しに見える優しい笑顔の数々に、胸が熱くなった思いがしました。(そのようなことも、幻のブログには書いてあるのですが、あ~あ・・・と言った感じです。)



 最後になりますが、『幻のブログ』が皆様の目に必ずや触れることができるようにあきらめずに復興作業!?をしていきますが、万が一、お見せすることができなかったことを考え(そんなことは絶対にいやなのですが・・・)一言だけ述べておきます。


 「大会を終えて思うことは、がっかり・・・など全くしていません。それよりも、とても爽やかで、やる気に見満ちあふれている!そう言った感じです。ホワイトリバーの子ども達の未知数の『伸びしろ』を思うと、本当にやる気スイッチオン!になっているのです。ホワイトリバーのサッカーを、これからも徹底して子ども達に浸透させていきます!そして、また数ヶ月後、その成果を発揮する場に立ちたいと思っています。」


 そんなようなことを、なるべく誤解を受けないような形で、蕩々と書き綴ったのに・・・・・



 出てこい、俺の思いよ!!!
 

「書き直せばいいんじゃないの?」


「だめなんです、今回ばかりは、あのブログに全身全霊を傾けたために、書き直しができないんです!!」


ご理解頂けないでしょうが・・・・・
まだまだこれからこれから
あれから1ヶ月-準備完了-
CIMG6381.jpg

『県南地区第6代表でのギリギリでの県大会出場。「参加することに意義がある」そう言いたいところですが、県大会出場権を獲得してから約1ヶ月。「参加するだけでなく県大会で活躍すること」を目標にがんばってきました。その成果はいかに・・・』

 これは、明後日から行われる第33回コカ・コーラ争奪福島県少年サッカースポーツ少年団フェスティバルの大会プログラムに掲載されるホワイトリバーフットボールクラブのチーム紹介コメント。書いたのは、もちろんこの私。字数制限のある中、今大会への思い(意気込み!?)をなんとか要約して表現してみました。

 これって、チーム紹介!? う~む、そう言われると・・・細かいことは気にしない!!(苦笑)


 県大会へ向けての最終仕上げ!?のため(もちろん、そればかりではありませんが・・・)、本日まで行った2日間の東京遠征。

 雪の福島を脱出し、待っていたのは、寒風吹きすさむ大都会東京。その中で行われた2日間、朝から晩までの試合試合試合・・・

 詳しいことは企業秘密なので割愛しますが(笑)、『気持ちはあれども、足が前に出ない!』それほどまでに走りに走りまくった(と言うより、対戦させて頂いたどのチームもレベルが高く、走りに走らされたと言った表現の方が適切かも知れませんが・・・)子ども達の姿を目の当たりにし、言葉では表現できない気持ちになりました。


 そこまで子どもを追い込むとはけしからん!! 確かにそうかも知れません。


 けれど、2日間の遠征をやりきった子ども達のすがすがしい顔顔顔・・・を帰りのバス内のあちこちで見かけたこの気持ちは、誰にも想像はできないはずです。誰にも・・・

 あれだけクタクタになっていたにも関わらず、昨晩の90分間の夕食タイムで見せたはちきれんばかりの子ども達の笑顔笑顔笑顔・・・その光景を目にした時の気持ちは、誰にも想像はできないはずです。誰にも・・・

 昨日あれだけ動いたのだから、今日は子ども達は動けないかも知れないなあ・・・と思っていたところでの、今朝宿舎を出発する前に撮った写真(上記の写真)の元気そうな子ども達の姿(特に、昨日の全ての試合終了後、両足を引きずりながら朦朧状態!?放心状態!?でグランドを後にしていたキャプテンのT君のことがとても気がかりだったのですが、写真撮るぞ~の掛け声に、真っ先に寝ころびポーズを決めた姿にビックリ仰天!と言うか底知れぬパワーに脱帽!と言った感じでした。)をバインダー越しに見たときのこの気持ちは、誰にも想像はできないはずです。誰にも・・・


 
 「明日は、ゆっくり休むことも大事だけれでも、何より、みんなは小学生で、本業は何と言っても勉強することが大切なことなのだから、明日一日で冬休みの宿題を完全に仕上げて、更に、学校の用意も完璧にして、県大会の2日間は、サッカーに専念できるように、とにかく明日はがんばること!」(他にも健康管理の大切さ等々)と言う話を遠征の締めくくりとして本日解散場所に到着後、バス車中で行いました。



 準備万端!! 本当は声を大にしてそう言いたいのですが、いろんな事情でそう言い切れないところもあるのですが、とにかく、今日の最後の試合を見る限り、現時点でやるだけはやったと確信しているので、県大会の2日間を子ども達と大いに楽しみたいと思っています。


 クタクタになったかいがあった!! 子ども達がそう思えるように・・・・
コツコツコツコツと・・・
CIMG6296.jpg

いきなり汚い靴の写真にビックリ仰天!! 一体に何!? さあ、何でしょうね・・・

新年になり5日が過ぎた今日、第89回高校サッカー選手権の準決勝進出チームが決まり(流通経済大柏<千葉>・久御山<京都>・立正大湘南<島根>・滝川第二<兵庫>の4校。先日行われた福島代表の尚志の試合、最後の最後までゴールに向かう非常にエキサイティングな試合でしたが・・・)、

バーモントフットサル全国大会のベスト8チームが決まり(ディアブロッサ高田FC<奈良>・ファナティコス<群馬>・鹿島アントラーズジュニア<茨城>・東京ヴェルディ<東京>・ソレッソ熊本ヴィットーリア<熊本>・吹田クラブ<大阪>・マルバ浦安<千葉>・ガットフットサル<京都>の8チーム。我がVamos福島フットサルを破り全国大会出場を果たした岩瀬FCは、予選グループ第1位でベスト16入りするも、決勝ラウンドで惜しくも・・・)、

昨日から我がクラブの先陣を切って、蹴り初めを兼ねて栃木県へ3日間通いで交流会に参加しているジュニアユースの面々・・・

そんな日本全国が既にサッカー三昧!?になっている今日、ホワイトリバーFCスペシャルクラスの蹴り初めを午後行った。

当初は、天候も考慮し体育館でトレーニングを行う予定であったが、ものすご~くすばらしい天候だったため、会場を変更しホームグランドでの蹴り初めとなった。

リレー大会、キックベース大会、サッカー大会etc 1週間ぶりでの子ども達との再会であったが、みな元気そうで安心安心・・・(と言いたかったのだが、一人胃腸炎!?でダウンし・・・週末に迫った県大会は赤信号!?)

明日から5年生チームは2日間の東京遠征。早朝5時30分出発。対戦チームはどのチームも東京都の強豪チームばかり。帰ってきて1日おいて始まるコカコーラ杯県大会へ弾みをつけることができるかどうか・・・新年早々のどっぶりサッカー漬け。楽しみ楽しみ・・・


と言うことで、本日から本格始動!


☆それより、靴の写真の意味は何!!!

 同じメーカーの同じ種類のトレーニングシューズ。右側は、1年近く毎日毎日履き続け、靴底がつるつる状態になり、先端部分のスポンジ部分(白色部分)がすり減り穴が空いてしまったもの。左側は、今日おろしたばかりの新品。両者を比較すると、その違いは一目瞭然。

 すり減った靴は、本日ゴミ袋に捨てようと思ったのですが、なんだか離れがたくて、こうして写真に残すことに・・・ ほぼ毎日履いていたせいか、『靴』と言うよりは、『足』に近い状態になっていて、手放すのが本当に惜しくて惜しくて・・・もう少し履けるんじゃないの? そうなんです、でも、シューズ外部の状態はまだまだ良いのですが、穴ぼこから砂etcが侵入し放題で・・・


 2010年を伴に歩んできた愛しき一品との決別。


 左側のシューズが右側のような状態になる頃、靴が足に変貌を遂げる頃、2011年の結末を迎えることだろう。


 さて、どんな一年になることか・・・ よろしくね、赤シューズ君!!
謹賀新年
 2011年の幕開け!

 今年も一年、ご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い致します!

ill01.jpg