Vamos福島
何としてでも見た~い!
 早いもので今日で11月も終了。あと数十分で、2010年最後の月を迎える。

 いつも思うことだが、時の流れは、実に早いものである。

 
 今、読んでいる本の中で、かの有名なダンテの言葉の引用した部分がある。

 『今日という日は、もう二度とめぐっては来ないことを忘れるな。』

 1年は、365日。しかし、それは1日が365回積み重なったもの。だからこそ、その1回=1日をいかに充実して過ごすか。それによって、足早に過ぎて行った1年が重くも軽くもなるのではないだろうか・・・(なんだか意味が分からない? 書いてる私も分からない!(笑))

 また、その本の中には、こんな言葉も記されている。

 『過去と未来を鉄の扉で閉ざせ。今日一日の区切りで生きよう。』

 また、こんな詩も引用されている。(インドの劇作家カーリダーサの詩)

 『夜明けへのあいさつ』

 今日という日に目を向けよう!

 これこそ生命(いのち)、生命の中の生命なのだ。

 その短い行程の中には

 君の存在の真理と現実とがすべて含まれている。

 生まれ育つ喜び   行動の栄光   美の輝き

 昨日は夢にすぎず

 明日は予感でしかない

 精いっぱいに生きた今日は

 すべての昨日を幸せな思い出に変え

 すべての明日を希望の見取図とする

 だから目を開こう 今日に向かって!

 夜明けへのあいさつはこれだ!



 今日という日は、二度と戻ってこない。だからこそ、大事に大事に過ごしたいものである。決して後悔したり、決してやり残したことを作ったりしないように・・・


 今年も残り31日と数十分。31回、毎日毎日カーリダーサの詩を、ダンテの言葉を目が覚める度に思い起こしたいものである・・・・・


 ところで、あなたは一体どんな本を読んでるの??? う~む・・・ハードカバーで500ページ近い哲学書!? 題名は・・・企業秘密です!(笑)



 話はガラガラガラっと変わりますが、本日早朝、スペインリーグ【バルセロナvsレアルマドリード】の対決、通称『クラシコ』が行われ、結果は、5対0でバルセロナの圧勝。非常にエキサイティングな試合だったようです。WOWOWで放送されたのですが、我が家は契約しておらず・・・・・いろんな情報を耳にするだけで、目にはしておらず・・・ 情報を得るにつけ、この試合を見たくて見たくてたまらなくて、いてもたってもいられません。このブログをお読みの方で、この試合を録画した方はおりませんでしょうか。もしそんな方がおりましたら、それをDVDでもビデオでも何でも結構ですので、そこにおとして私にお貸し頂けないでしょうか。見たくて見たくて見たくて・・・・・吉報をお待ちしております!!!
少しでも様子が伝われば・・・
 2日間の茨城遠征を無事終了し、ようやく今、ホッと一安心し、ビールを片手に!?このブログに向き合っています。(ビールを飲みながら? 不謹慎な!! 2日間気を張りっぱなしで、ようやく気が抜ける時間になったので、お許し下さい!)

 その前に、本日行われた『第10回テレメディア東北カップキッズサッカー大会』が大盛況のうちに開催されたことに対し、クラブスタッフ(小松、津川両コーチ、竹内さん)そして、朝の準備から大会運営のお手伝い、そしてそして後片付けまで、ご尽力頂きました保護者の方々に心から御礼申し上げます。ありがとうございました!

 そして、昨日今日と、いわき市まで2日間共に早朝出発、往復4時間近く(2日間で8時間近く)の通いで、バスの運転、そして、大会引率を一人で行って下さった本間コーチに心から御礼申し上げます。ありがとうございました!(来週土曜日の宮城遠征も一人で行ってもらいます。本当に頭の下がる思いでいっぱいです!)

 そして、何より、それぞれの大会でがんばった子ども達に、「がんばったぞ!えらい!!」と言いたいと思います。満足した気持ちは、明日からの更なる力に、悔しかった気持ちは、明日からのバネとして発揮してほしいと思っています。今頃、どんな夢を見てるのかな・・・

 昨日、そして、今日と、いろんな意味でがんばった、クラブ関係者の方々に、心から大きな拍手を送ると共に、再度御礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました! そして、これからもよろしくお願いします!!



 それでは、私が従事した遠征を振り返ります。子ども達、どんな2日間を過ごしたのかなあ・・・と思って子ども達の帰りを待ちわびていた13名の保護者の方々に伝えることを目的に、時系列で振り返ってみたいと思います。

【11月27日(土)】
AM6:15出発。  
AM10:00頃 茨城県鹿島市到着。予定より少し早めに着いたので、鹿島アントラーズクラブハウスに寄り道。「明日アントラーズは試合だから、もしかして練習してればいいなあ・・・やっていなくても、明日の大会会場はここになるので、直接目にさせて子ども達のモチベーションをあげてやろう。」そんなことを思いながら言ってみると、案の定!?、練習を行っていた。「ラッキー!」子ども達は、それはそれはハイテンション! 「あっ、小笠原! あっ、マルキーニョス・・・」 見れただけでもラッキーだったのに、なななんとサインまでもらえることに・・・「マジックなかったのにどうして?」と聞くと、「マジックを持っていた人がいたので、その人のそばで、わざとらしく、誰かにペン貸してもらいたいね・・・と言うと、その人が貸してくれた。」とのこと。なんともたくましい子ども達だこと・・・(笑)

サイン

フェリペ・ガブリエルと言う選手。子ども達は、思わず大ファンに! 翌日の試合で、ゴールを決め、試合のMIPにこの選手がなるとは、この時は夢にも思わないことで・・・・・(練習着のみならずスパイクにまでサインをもらいまくっていました。ペンを貸して下さった方、本当にありがとうございました! もちろんサインを快く行ってくれたガブリエル選手にも感謝感謝!)


AM10:30頃 子ども達は、もっと居たかったようだったが、試合に間に合わないと大変なので、大会会場へ出発。(移動のバスの中では、子ども達は興奮冷めやらず・・・)

AM11:15分頃 大会会場到着。抽選の結果、Cブロックへ。対戦相手は、東京都から参加してきた2チーム。そのうちの1チームは、あの知る人ぞ知る元日本代表、前園選手が代表を務めるチーム。対戦がとても楽しみに・・・

AM12:00~PM4:00過ぎ 試合。 2試合を行い、3対0と7対1。予選リーグ2戦2勝で明日の1位リーグ戦へ。予選後練習試合も行った。本当は、たくさん試合を行いたかったのだが、宿舎までが遠かったので、練習試合を1試合で切り上げ出発。

PM5:30頃  宿舎到着。海の目の前の民宿だったのだが、辺りはすでに真っ暗闇。ただし、海からは波の轟音が・・・「なんか、こぇ~!」とは子ども達の声声声・・・

PM6:00~8:45頃 全員が同じ部屋に宿泊。(私も子ども達と一緒でした。)お風呂、夕食(非常に辛いカレーでそれはそれは・・・しかし、みんなおかわりもりもりと・・・)、サッカーノート、プロレス!?、テレビ鑑賞etc 朝も早かったので、強制就寝! ご飯などの世話をして下さった民宿のおばさん曰く、「こんなにしっかりしている子ども達は、見たことないですよ!」それはそれはべた褒め状態。普段の各家庭での躾が行き届いているんですね・・・(笑 と言うか、笑うところじゃなかったですね。 大笑 いや、失礼しました!)

夕食全員


PM10:00頃 子ども達の寝顔を見ながら、サッカーノートにコメントを書き、持参した愛読書を読んで、私も子ども達の隣でこの時間に就寝。こんなに早く寝るのは、超久しぶりで大感激!? 本を閉じた後、3秒後には記憶がなくなり・・・


【11月28日(日)】
AM6:15頃起床  AM6:00に目覚ましをかけておいたのに・・・ 「なんで、携帯の目覚ましがならなかったんだろう・・・」と独り言をつぶやくと、「監督、目覚ましなってましたよ! うるさくて起きちゃいましたよ!」とは子ども達談。「えっ、そうだったんだ。全然気がつかなかった・・・」とは私の談。穴があったら入りたい!とはこんなようなことを言うのかと・・・(苦笑)

 身支度を整えた者から、荷物をバスに積み込み、大好きな海へ・・・・・(この時拾いまくった貝殻を、それはそれは大事にお土産にした○○君)

海遊び

 海で大騒ぎ!?した後、朝食。その後、出発まで少し時間があると言うと、「じゃ、海に行ってもいいですか?」と言うことで、またまた海へ・・・・・

AM8:00過ぎ 出発。出発前に、民宿の顔!?で、子ども達が大好きになった『小太郎』と記念撮影。本当この小太郎の賢いことには感心しました。何が感心? え~と、企業秘密です!(笑)(聞き飽きた! そんな声が聞こえてきそうですが、じゅうじゅう承知です!(笑) 顔が見えなくなっているのは、K君かな・・・アピールアピール!!)

民宿前全員


AM9:00頃~11:30頃まで 鹿島アントラーズクラブハウス内人工芝グランドで大会2日目。その脇では、午後に試合を控えて調整を行うアントラーズの選手達。なんとすばらしい環境だこと・・・1位リーグ戦の対戦相手は、またまた東京都チームと地元茨城県のチーム。東京都のチームは、都大会常連のチームとのことで、それはそれは大変すばらしく・・・ 茨城県のチームは、アントラーズのつくばにあるスクールの子ども達で構成されたチーム。こちらも大変すばらしく・・・ 試合結果は、0対3と3対1。東京都のチームに敗戦。と言うか、完敗。前半シュート3本、後半0本。このチームと出会えたことは、今大会に参加して得た大きな大きな収穫となった。試合後、その監督さんから、「今後交流を持ちましょう!」とありがたい言葉を頂き、「勝つまでやらせて下さい!」と言い放ち・・・2011年年明け早々に、東京都府中市に出向くことに・・・それにしても、本当にいろんな意味で勉強になったチームであった。これからの交流がとても楽しみである・・・そしてそこから得られることも・・・

試合前エンジン

AM11:30過ぎ 試合会場出発。一路鹿島スタジアムへ・・・(途中、事前に昼食を依頼していたセブンイレブンへ立ち寄り。昼食メニューは、ミートソーススパゲッティと焼豚チャーシューおにぎり)

PM12:15頃 鹿島スタジアム内へ ホーム最終戦と言うことで、赤色のファンがそれはそれは・・・・・

PM12:50頃 選手入場。選手と手をつないで入場するエスコートキッズの中に見慣れた顔が・・・大会特別賞(今大会に参加した準優勝のチームから1名を大会主催者の方が選出)として、大会事務局の方が、「あの子、女の子なんですか!?すごすぎません!?」と絶賛!?されたJちゃんがエスコートキッズの大役を・・・・・

PM1:00~3:00頃 Jリーグ『鹿島アントラーズ vs 京都パープルサンガ』戦を観戦。今季のJリーグは、既に優勝が決まり、J2落ちも確定しているため、試合としてはどうか・・・と思っていたのだが、子ども達にはそんなこと関係なしなし!!(笑) サポーターからもらった赤いタオルを振りながら、思いっきり満喫・・・(ご飯をまだ食べ終わっていない○○君はタオルは振れず・・・(笑))

スタジアム応援

PM4:00過ぎ 今大会に参加した子ども達への、最後のビッグなプレゼント。ピッチに入っての記念撮影。「待ってました!」とはこのことで・・・(寝そべったり、スライディングしたり、そのうち、芝生をむしりとったり・・・はじの方の芝は持って行っていいよ!と許可されたのでご安心を!)

ピッチ内全員

PM4:30過ぎ スタジアム駐車場を後にし、いざ福島へ・・・と思ったら、観戦終了後の車で道路は大渋滞・・・(途中、事前に頼んでおいたお弁当屋さんに立ち寄り夕食を購入。メニューは、コンビ生姜焼き弁当。 少しでもロスタイムをなくそうと、バスの中で食べれるようにと考えた結果で・・・と言っても、この方法は、あるチームの常套手段で・・・パクラせて頂きました!良いことは、すぐに盗むこと!鉄則ですよね、RチームのMコーチ!!(大笑)

PM8:20分頃 福島到着。高速道路で走った2時間。特に、東北自動車での1時間は、ハンドルを握る手から、冷や汗がダラダラと・・・それはそれはものすご~い強風で、風で吹き飛んできた木の葉が荒れ狂ったように吹き飛んでいるは(あんな光景は初めて見ました! こわかった~(泣))、バスは、横に横に流れていくは・・・・・それでも、子ども達はサッカーアニメのDVDに夢中で・・・・「無事着いて良かった~!」バスを解散場所に停めた時、まず最初に思った素直な感想でした。(苦笑)

以上が、この2日間の茨城大会参加の全貌!?でした。少しでも子ども達の様子が伝わり、少しでも2日間の様子を感じ取って頂ければ幸いです。細部に関しては、子ども達から明日事情聴取!?を行って下さい。(笑)
サッカーサッカーサッカー・・・
 明日から2日間、ホワイトリバーFC6年生チームは、いわき市の大会に参加。交流を持たせて頂いている、いわき市内チームの創立10周年記念の大会に招待して頂いた。トレセンの行事があるため、トレセン以外の5~6年生で参加するのだが、記念大会にふさわしく全力プレーで一試合一試合プレーしてくれると思っている。がんばれ、ホワイトリバー!


 4年生チームは、茨城県神栖市&鹿島市(2日間それぞれの市を移動して試合を行う。)での大会に参加。片道4時間近くの大移動!? 睡眠時間を十分に・・・との依頼を各家庭に本日午後に行ったので、8時位にはきっと既に眠りについたことと思っているが・・・ 大会2日目は、鹿島アントラーズクラブハウス前にあるピッチでの試合。(プロも練習で使用するグランド)午後は、隣接の鹿島スタジアムで、Jリーグ観戦。試合終了後は、ピッチ内での記念撮影・・・ 内容盛りだくさんである。なんと、大会MVPに選ばれると、観戦するJリーグ戦でのエスコートキッズの大役ができるとのこと。果たして、我がチームからその選手が出るかどうか・・・がんばれ、ホワイトリバー!

  
 二つの大会共に、早朝6時15分出発。行き先は違えども、充実した2日間をそれぞれの場所で過ごしてほしいと願っている。


 ☆明後日は、クラブ主催の大会、『第10回テレメディア東北カップキッズサッカー大会』を開催。小学2年生以下の大会である。年に2回開催し、今年で5年目。記念の10回大会である。カップの提供や毎回毎回、参加賞や個人賞などを提供して下さっているテレメディア東北様には、感謝感謝感謝の気持ちでいっぱいである。私は、4年生大会の引率に行くので大会開催に従事はしないが、スタッフ(小松コーチ、津川コーチ、竹内さん)&ボランティア頂ける保護者の方々が力を合わせて、記念大会を大成功に導いてくれると信じている。よろしくお願いします!!


 ☆本日、ものすごくサッカーに対して熱い熱い熱い気持ちを持った女性に出会いました。その方とは・・・う~む、企業秘密です!(笑) と言っても、そのうち、クラブのいろいろな活動で会うはずです。早速、明日土曜日のホワイトリバーのスクールに現れます。「リフティングは、1000回は平気でできますよ!」とのこと。えっ、その人って、一体どんな人!? 百聞は一見に如かず。 来週は、金曜日のVamosガールズのコーチとしても現れます。興味のある方は・・・ (そう遠くない時期に、このブログで紹介したいと思います。) ※フットサルクラブの子ども達は、本日対面。と言うか、フットサルクラブのトレーニングを1時間近く一緒に行いました。「熱くなっちゃいました!また参加したいです!!」サッカーが大好きで大好きでたまらないと言うことです。感心感心!!
名言集(2)
「一人の力は微力かも知れない。しかし、決して無力ではない。」


「結果よりも大事なのは、今やれることを精一杯やること。」


「先ずおまえが動け。」


「今、生きている人が何を選ぶかで、未来の子どもたちの人生もかわる。」


「夢を持つと人は輝く。」


「自信をつけるには、千冊の本を読むより一つのことを成し遂げること。」


「自分のど真ん中にあるものとは、何だ。」


「昨日の自分を超えろ。」


「心配すんな、人間はどうせ死ぬんだ。だから精一杯生きるんだ。」


「全ては、やるかやらないか。あきらめるかあきらめないか。」


「自分に誇りを持ったとき、必ず結果が出る。」


「『今』を生きろ。」


「何かをやり遂げて泣く経験。」


「できるできないは、自分が勝手に決めているだけ。」


「心と体は直結している。」


「夢を叶えることより、夢に向かって成長することの方が大切である。」


「一人でも多くの人が感動し、笑顔になれるような人生。」


「変われない人はいない。本気で変わろうとするかどうかである。」


「今ではなく、これから先の自分の力を信じることが、夢を叶える大きな力になる。」


「一人の夢がたくさんの人の夢に灯をつける。」


「生きるとは、○○をやらなければならない!と思える大きなテーマを見つける(出会う)ことである。」




 名言集(1)も(2)も、名書からの抜粋でもなんでもなく、ある人たちが、自分の実体験をもとに私に語ってくれた言葉の数々です。(私個人と言うわけではなく、約800名の方々に語ってくれたのですが・・・<苦笑> 先日、宮城県仙台市に行き、著名人3名の方による講演会が行われ、出席してきました。その名も、『【感動】【夢】【情熱】を求める全ての人に贈る 情熱のコラボ講演2010』と言うタイトルの4時間の講演会。その中の一人の講演者にどうしても会いたくて・・・単独無酸素で、世界の7大陸最高峰のうち6大陸を制覇し、現在エベレストの単独無酸素登頂を目指し活動中の28才の若者。その名は・・・あっ、あの人か!と分かった方は、なかなかの通かと・・・。10月にこの若者の本に出会い、ものすごく感銘を受け、どうしても会いたい!と思って四方八方調べ回り、この講演会を知り・・・講演会終了後、愛読書にサインをしてもらい、握手をした時のあの分厚い手に、一瞬にして世界の大きさを感じさせらたそんな気がしました。その他の2人の講演者も、それはそれは情熱と夢の塊のような人間で・・・・・)そんな3人が語ってくれた深みのある、心の芯をぐらぐらぐらぐらと揺るがすそんな言葉の数々を2回に渡って紹介させて頂きました。



 頂戴したこれらの言葉を『絵に描いた餅』だけには絶対にしまい! 今はその思いでいっぱいです。
名言集(1)
「あなたが持っている才能を使いなさい。一番美しい声の鳥しか鳴かなかったら、森は静かになってしまうだろう。」


「どんな人にでも未来をつくりだすちからがある。」


「この世に存在する一切のものには、すべて不要なものは一つもない。」


「それを夢見ることができるならば、あなたはそれを実現できる。」


「力は知識を隠しておくことからではなく、分かち合うことから生まれる。」


「自分自身が平和でいることで、あなたはすでに平和な世界の一部になっているのです。」


「未来を予測する最善の方法は、自らそれを創り出すことである。」


「わたしたちのすることは、大海のたった一滴の水にすぎないかもしれません。でもその一滴の水があつまって大海となるのです。」


「僕の前に道はない。僕の後ろに道はできる。」


「ひとりで見る夢は夢でしかない。しかし誰かと見る夢は現実だ。」


「今日という日は残りの人生の第一日目である。」


「明日とは、明るい日と書きます。」


「自分一人で石を持ち上げる気がなかったら、二人でも持ち上がらない。」





どれかひとつでも、今のあなたの心に響き、今のあなたの生きる道しるべとなれば幸いです。(私の心には、全ての言葉が響きまくっています!!<笑>)
前進あるのみ!
 フットサルクラブの結果は・・・

 準々決勝3対2、準決勝3対1、見事決勝戦進出。残すは、福島県制覇=優勝のみ。結果は・・・

 1対3で惜敗。涙涙涙・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 『こぼれ落ちるその涙が いつでも君の背中を押してる 無駄なことは何もないよ  悔しさ数えるたび 強くなれる 昨日より強くなれる』

 『自分の夢を塞ぎ込むな 心配ないって大丈夫さ 分かり合える仲間がいると 乗り越えられるはずなんだきっと あの日の悲しみも挫折も IT’S ALRIGHT 明日は晴れるよ 大切なものはMYSOUL 君が笑顔なら最高級』


 全国大会を目指してがんばってきた13人の選手、並びに、今日の今日まで心血を注いできた山崎監督への敬意を表し、ささやかながらのメッセージ(私の大好きなミュージシャンの歌詞の一部です。)として受け取って頂ければと思っています。


 「負けはしたけど、元気があって、チームワークが抜群で、今までになく記憶に残るチームになった!」


 先ほどまで電話で話していた山崎監督が、今年のチームを評した言葉でした。

 その言葉を聞いて(それ以外にもたくさんの話をしていて)、なぜだか胸が熱くなってしまいました。



 「立ち止まっているわけにはいかない。もっともっと子ども達を磨いていかなくては・・・・・」


 明日の輝かしい未来を夢見てこのクラブに集ってきてくれている、たくさんたくさんたくさんの子ども達のために、立ち止まるわけにはいかない。


 前進あるのみ!



 改めて言わせて下さい。


 Vamos福島フットサルクラブの13名の小学6年生、そして、山崎監督、残念な福島県大会準優勝だったかも知れませんが、大いに胸を張るべき殊勲だと思います。


 この大会に向けての、並々ならぬ準備、本当にご苦労さまでした。そして、輝かしい明日が来ることを信じて、今の歩みを止めず、一歩一歩確実に着実に成長していって下さい。そんな姿を、これからも大いに大いに応援し、サポートしていこうと思っています。


 VAMOS、最高!! 
  

 
勝利への執念
 本日、会津若松市で、『バーモントカップ第20回全日本少年フットサル福島県大会』が開幕した。

 今日は、予選リーグ、明日は、決勝トーナメント。どのチームも、福島県の頂点=全国大会出場を目指し・・・


 山崎監督率いる我がVamos福島フットサルクラブの結果は・・・


 2対1・3対2・6対1の3戦3勝。明日、ブロック1位で決勝トーナメント進出。


 予選2試合を現地で観戦。(最終戦は、ホワイトリバーFCスペシャルクラスのトレーニングが夕方からあったため、電話で報告を受けました。)


 2試合共に、残り数秒での逆転弾。歓喜に湧く、選手達、応援団、そして、山崎監督をはじめ、鈴木コーチ、本間コーチ・・・

 【勝利への執念】とは、このようなことを言うのだろう・・・

 特等席!?から試合を観戦し、そして歓喜の瞬間を目の当たりにして、13名の子ども達と、山崎監督には、その何とも言えない執念に、ただただ脱帽するばかりであった。


 「今大会に思いっきりかけてるから!!」

 
 大会前に山崎監督が語った言葉。その熱き思いが、残り数秒での逆転劇を生んだんだなあ・・・本気でそう信じている。


 夢にときめけ、明日にきらめけ!! ぜひとも夢の先にあるものを、見に行ってほしいと願ってやまない。


 
 全国大会の宿泊先の手配も既にOK! 遊園地の貸し切り!?手配もOK! あとは夢のチケットを手にするのみである!!


 
 そのためにも、明日は、更なる【勝利への執念】をギラギラ、メラメラ・・・


 がんばれVamos!!
チャレンジ!!
 本日午後、ある筋の方!?から、「本宮市に、前日本代表監督の岡田武史が来て、講演会を行う!」との情報が寄せられた。「えっ、本当に!?」 しかも、聞くところによると、岡田氏だけじゃなく、メンタルトレーニングの第一人者である福島大学教授白石教授とのコラボ講演会と言うではないか。「絶対行きたい!」そう瞬時に思ったのだが、「夕方から、スペシャルクラスのスクールがある。行くわけにはいかないか・・・・・」と思い迷いに迷った結果・・・「これはまたとない機会。講演会に行かずに、スクールをそのまま行うことも良いが、指導者として、またひとつ何かの刺激を受け、少しでも成長することが子供達のためになる!」そう決断し、本日のスクールは、スクールを行う予定のなかった土曜日に延期することに・・・(今日のサッカーを楽しみにしていた子供達。学校から帰ってきて、「今日、練習突然休みになったよ!」とお家の方に聞かされて、「なんで!?」「分からないよ。突然監督からメールが来たんだから。」そんな会話が飛び交い、それはそれはガッカリしたはず。今更だけどごめんなさい。でも、君たちのこれからのことを考えたときに、今日の講演会出席は、そして、講演会から得られるものは、必ずやみんなのために役に立つ!と考えたんだ。どうか理解して下さい!)


 と言うことで、本宮市へ・・・ 

 会場となった本宮第一中学校の体育館は、それはそれは超満員。

「このイベントは、大々的に報じられていたわけでもないのに、どうしてこんなにもたくさんの人たちが・・・」

 と言うか、大々的に報じられていたにも関わらず、私が何も知らなかっただけだったのかも知れないが・・・

(聴衆の中には、先日の高校サッカー選手権大会で、福島県代表の栄冠に輝いたS高校の監督さんの姿も・・・) 
 
 講演の演題は、『チャレンジ!!』

岡田講演会新

 岡田氏と白石氏の二人の掛け合い的なトークショー的な講演会であったが、約2時間が、それはそれは、本当に、「あっ!」と言う間に過ぎ去っていった。

「もっともっと話を聞いていたい!」心の底からしみじみとそう思った。

 話を聞きながら、メモを取りまくった。A4版の用紙で5枚ほどのメモ。今、そのメモ用紙を眺めているのだが、内容盛りだくさんで・・・ 近日中に、しっかり書き起こし、きちんとした状態で保管しようと思っている。


 印象的だった言葉をひとつ紹介すると・・・

【岡田氏の言葉より】
「日本人は、なぜだか、自虐的になったり、ネガティブになったり、卑下したり・・・そんなところが結構ある。雨が降った後に、下ばかり見ていると、水たまりや、泥水ばかり見えるが、(日本人は下ばかり見る傾向があるが・・・)上を見れば、虹がかかった最高の空が見える。どちらを見るのが良いのか・・・言わずもがなである。」 
  
【白石氏の言葉より】
「心に思っているだけでは、夢は実現しない。言葉に出すこと、そうすれば、誰かがそれを感じ取ってくれる。」

 話の前後を紹介せずに、上記の言葉だけを引用すると、「えっ!?」と思われてしまいそうで残念なのですが、
ご理解頂ける方には・・・


 この講演会を主催した本宮市青年会議所理事長の冒頭の挨拶の中の一文もとても印象的だった。

 「夢を持ち続け行動すれば、夢は必ず叶う。そして、その先には、必ず感動がある!」
 

 自信と勇気を得ることができた、素晴らしい2時間でした。


 講演会の締めとして、岡田氏が、出席していたたくさんの子供達(地元の小中学生がたくさんいました。)に
このような言葉を投げかけました。

「普通に生きていては、手に入らないものがあります。それは、夢を持ち、そこに向かって、チャレンジすることです! その生き方の中から、君たちは、かけがえのないものを手に入れるはずです。そして、それが人生の宝物になるのです。チャレンジ! がんばって下さい。」


 子供達に発せられたメッセージが、なぜか、私の心に中にも、ビンビン響いてやみませんでした・・・


岡田サイン


 ☆「昨晩、あんなブログ書いたから、へこんで今日のスクール突然休みにしたんだな!」そんな思いをし、「けしからん!」とお怒りになったスペシャルクラスの保護者の方もいたのでは・・・・・

 そう思わせてしまったことは、大変申し訳ありませんでした。この場を借りてお詫び申し上げます。ただ、ブログの冒頭で記したような思いで、今日は講演会に参加してきました。今日学んだことを、今後、少しでもお子様方の成長に役立つようなものにしてお返ししていきたいと思っています。それが、お詫びの印となると信じています。目に見えるようなものではないかも知れませんが・・・・・
瞑想・・・迷想・・・迷走・・・
 一歩外に出るだけで、まさに、冷蔵庫の中に身をおいたがごとく、凍るような寒さに震えた今日一日。(冷蔵庫の中に入ったことがあるかというと・・・<笑>)

 こんな寒い一日を過ごし、また、この地から眺めることができる那須連邦の頂に見える雪を見る度に、「大っ嫌いな雪がまもなく降ってくるんだろうなあ・・・」とってもとっても憂鬱な気分になってくる。なぜ、雪が嫌いなの? う~む・・・企業秘密です!(ここで使う表現ではありませんでした!<苦笑>)


 そんな今日この頃、どういうわけか、瞑想、いや、迷想、迷走している自分がここにいます。

 その原因は・・・・・正直、いろんなことが重なって・・・・・と言うか、具体的にこれだ!と言い切れないのですが、心ここにあらずみたいな感じになっているような気がします。「なぜ?」 う~む・・・・・・・・・・



 そんな想いに苛まれながらも見えてくるもの・・・


 昨日、一昨日と行われたコカコーラ杯県南新人サッカー大会県南1次予選。1勝1分1敗で予選ブロック2位通過。
 最後の最後まで、予選通過を信じてがんばる子供達、そして、そんな子供達に声援を送り続ける保護者の方々。
 両者の精一杯の想いが通じての神懸かり的な予選通過。なぜ神懸かり的かと言うと・・・


 昨日夕方5時~9時まで行われたフットサルクラブの県大会へ向けての強化練習。
 「子供達も、山崎監督も、大きな夢に向けてがんばっているのに、バックアップしなくて良いのか・・・」
 思わず会場へ駆けつけた。と言って何をするわけでもなかったのだが、練習の様子をただ見守っていた。静かな体育館にこだまする元気な子供達の声、ボールを蹴る音、そして、連日連夜、全てをサッカーに捧げ奮闘する山崎監督の声・・・・ぜひとも夢を叶えてほしい!! そう願わずにはいられなかった・・・


 他にも、土曜日の夜に懇親を深めた某高校の熱きサッカー指導者との貴重な時間、今のホワイトリバーの子供達の様子が見たいと行って、わざわざ遠方より駆けつけてくれた古き良き仲間との貴重な時間・・・・・


 みんなみんなどの姿もまぶしく、本当にキラキラと輝いている。それはそれは、心底羨ましくなるぐらいに、まばゆい光を発し、更に、燃えたぎるような情熱にメラメラとした炎に包まれているかのごとく・・・


 それなのに、それなのに、何を俺は想い悩んでいるのだろうか・・・


 こんなことをブログに書くことは・・・・・・・


 これはプライベートなブログでなく、VAMOS福島スポーツクラブという組織の中にあるブログなのだから、私的なことを綴って良いのだろうか・・・・・


 なぜか分からないが、今まで、全く考えもしなかったことを先週から考えるようになり、そのため、パソコンにも迎えなくなってしまい・・・(そんなことを考えていたら、この前のブログも題名だけになっていまい・・・)


 自分だけの思いを綴るのは勝手だが、それを読む人もいる。

 いろんな思いを胸に秘めながら読む人も・・・ 


 そう思うと、自分だけの思いや考えを果たして大っぴらにして良いものなのか・・・・・


 勘違いして頂きたくないが、誰かに何かを進言され、忠告されてこのような思いに達したわけではありません。


 久しぶりのブログなのに、こんなくだらない内容になってしまい、本当に、「ごめんなさい!」



 今抱えている全てをさらけ出せたら、口にできたらどんなにかスッとすることか・・・・・・・・




 
 「あ~楽しかった!」今日のトレーニング終了後に、それはそれは満足げな表情を浮かべながら私の体にまとわりついてきたA君。

 
 そんな姿を見ていて、「迷っている場合じゃないよ! 悩んでいる場合じゃないよ! 僕たちの貴重な時間を、あなたに預けているんだから、しっかりして頂戴よ!!」 そんな風に言われているような気がしてならなかった。


 「大丈夫! 君たちといる時は、全てを忘れて君たちのために全精力を注いでいるから!」

 まとわりついてきたA君の頭を撫でながら、そう言葉を胸の中で発していたことを君は聞こえただろうか・・・

(聞こえるわけないじゃないか!!! そうですよね。聞こえるわけはないですよね。分かってます。)

せっかくブログを読んで下さった皆様、訳の分からないこんなブログを読ませてしまって、改めて本当にごめんなさいです。「こんなブログは、クラブのコーナーに位置づけてあるブログとしては許し難いものだ!」「こんなブログなら、書くのをやめちまえ!」「公私混同だ!」・・・・・・一日も早く、前向きなブログを書けるように、また明日からがんばろうと思います。それが出来ないようなら・・・・・おやすみなさい。
様々な変化
 本日より、ホワイトリバーFCスペシャルクラスの6年生が、毎週水曜日、Vamos福島ジュニアユースチームのトレーニングを行うことになった。今日がその1回目。

 初めての中学生との練習と言うことで、ちょっぴり緊張した面持ちだった6年生も、時間の経過と共に・・・
2時間のトレーニングを、最初から最後まで一生懸命に取り組む姿が印象的だった。と同時に、そんな小学生に対し、中学生の子供達が、いろんな声掛けをしたり、これはこうやるんだぞ!などと手取り、足取り!?教えている姿が印象的であった。

 「たくさん走ったりして大変だったけど、でも、すごくがんばれた気がします!」とは、6年生のY君の練習後の感想。

 「人がたくさんいると、練習の雰囲気が盛り上がるし、やっぱり楽しい!」とは、中学生のW君の練習後の感想。

  
 環境が変わっても(変化しても)、6年生も中学生も、みんなサッカーが大好きなのは同じ! これからも、みんなが大好きなサッカーを、大好きな仲間達と共に一生懸命がんばっていくその姿を、一生懸命サポートしていきます!! 



 本日、今週末から行われる『コカコーラ杯新人サッカー大会県南予選』の登録メンバーの発表を行った。対象は、スペシャルクラス4~5年生20名。メンバー入りできた選手は、13名。7名は、今大会落選。発表する間際まで、悩みに悩み抜いた上での人選であった。


 選ばれた者、そうでない者・・・・・

 
 それぞれの結果を、果たして20名の子供達はどのように受け止めただろうか。そして、この結果を、今後、20名の子供達は、と言うより、落選した7名の子供達は、どのようにこの逆境に立ち向かって行ってくれるのだろうか。


 良い『変化』を見せてくれることを、ただただ期待するばかりであるし、そうなることを願い、信じるのみである。

 ただし、そうなるためには、やはり【自覚】と【実行(努力)】が必要不可欠であることは言うまでもないことである。


 
 突きつけられた現実に(大げさの言い方かも知れませんが・・・)目を背けずに、「何くそっ!」の精神で、這い上がってくることを、期待しています!!
いや~、面白い!!
 昨日、今日の2日間、Regate主催の大会に参加させて頂きました。

 主催にあたり、ご尽力頂きましたRegateのスタッフ及び保護者の方々、そして、試合はもちろんのこと、会場準備及び片付けを積極的に行っていたRegateの選手のみなさんのそれぞれに対し、心より御礼申し上げると共に、2日間のご足労に心より敬意を表します。「ありがとうございました! そして、御苦労様でした!」
 
 
 6年生、5年生チームがそれぞれ2日間で10試合以上行い、今日の帰りは、さすがに、「疲れた~!!」の子供達の声声声・・・(と言っても、バスの中では、なぜかじゃんけん大会や川柳合戦!?で全員大騒ぎでしたが・・・)


 この2日間、子供達は何を学び、何を体得したのか・・・ 来週以降の練習が非常に楽しみになった2日間となりました。6年生は6年生の、5年生以下は5年生以下の、それぞれの目標に向かって、今後自分はどうすべきか、今後自分は何を考えるべきか、今後自分は何を見据えて進むべきか、今自分に足りないことは何なのか、今自分に・・・そんなことを見つめ直し、考える良い機会になったのではないかと思っています。今の自分自身を冷静に且つしっかりと分析!?し、努力克服していく姿がこれからどれくらい見えてくるのか、とてもとても楽しみでなりません。(子供達ばかりでなく、指導者としての自分自身にも十分に言い聞かせているつもりです。あしからず!!)




 話は、がらっと変わりますが、昨日、今日と2日間連続で、日本シリーズ、『中日ドラゴンズ VS 千葉ロッテマリーンズ』の試合に、思いっきり夢中になってしまいました。「それって、何の日本シリーズ?」う~む・・問題外!!(笑) 

 
 「いや~、最高に面白かった!!」

 2日間、5時間以上の試合を立て続けに行う選手達、そしてそんな選手を応援し続けるファン。

 手に汗握るとは、まさにこんなことを言うんだろうなあ・・・


 サッカーも野球も、スポーツの畑は違えど!?、やっぱり最高!! なんだか変な言い方ですが、この言葉の意味をご理解出来れば幸いです!!


 それにしても、ロッテの応援団の応援は、ものすごかったなあ・・・ 

 『26番目の選手』(登録メンバーが25人のため、応援団を26番目の選手としてロッテはそう位置づけ、ベンチ内に26番のユニフォームを掲げていたのです。)

 あれだけの中日ファンで埋め尽くされた中でも、球場内にこだまする、迫力ある声の応援。楽器も何もない声だけの応援だったのですが、その一体感のそれはそれはすごいこと、すごいこと!
 

 「オ~オオオ~♪ オオオオオオオ~♪ オ~オオオオオオオオオオオ~♪♪ ○○ ○○ ○○ ○○(選手名)」のこの応援は、最高にしびれた~!!


 サッカーの世界でも、応援団を『12番目の選手』と位置づけられている。その意味は・・・

 
 スポーツの面白さ、すばらしさ、そして、選手を後押しをする応援の偉大さを、しみじみとそして改めて感じさせられたこの2日間でした。
コカ・コーラ杯新人サッカー大会組合せ速報!
 本日、標題の抽選会が行われ、日程他が下記のように決定しましたので、速報版としてお知らせします。(後日、詳細は、参加対象者の方々に文書連絡をします。)

【第1次予選リーグ】

会 場:棚倉町町民グランド(ルネッサンス棚倉そば)

日程(組合せ):13日(土)14:00~ 第1試合 vs 棚倉FC 
14日(日)10:00~ 第2試合 vs 赤木SSS  13:00~ 第3試合 vs FCRegate

☆上位2チームが2次リーグ戦進出(参加35チームが8ブロックに分かれ試合を行います。16チームが2次リーグ戦に進出します。)

【第2次予選リーグ】

会 場:岩瀬総合グランド

日 程:21日(日)と23日(火)祝日

☆2次リーグ進出16チームが、4チーム4ブロックに分かれリーグ戦をそれぞれ行います。結果、各ブロック1位チーム(計4チーム)は、県南地区代表として福島県大会出場権を獲得します。2位チーム(計4チーム)は、決勝トーナメント日にトーナメント戦を行い、上位2チームが県大会出場権を獲得します。


【決勝トーナメント】

会 場:未 定

日 程:12月4日(土)

☆2次リーグ上位2チームがトーナメント戦を行い、以下のように順位を決します。
2次リーグ戦1位チーム(計4チーム)は、準決勝・3位決定戦・決勝戦を行い、1~4位を決します。
2次リーグ戦2位チーム(計4チーム)は、1回戦2試合を行い、勝者が5~6位を決し、敗者が7~8位を決します。

1位~6位チームが、2011年1月上旬にいわき市で開催される『第33回コカ・コーラ杯争奪戦 福島県サッカースポーツ少年団フェスティバル』に、県南地区代表として出場します。

以上、速報でした。


「がんばれ、ホワイトリバー!!」


※昨日、クラブ携帯電話の故障をお知らせしましたが、本日、電話屋さんでいろいろ見てもらい、約1時間かけて復旧!?することができました。「とりあえずこれで様子をみてみましょう。」と言った具合に、完全に直った!と言った感じではないのですが、当分の間は大丈夫かと思います。電話の不具合で、メールの誤送信を繰り返し、スペシャルクラスの方々には多大なるご迷惑をお掛けしてしまいました。この場を借りて改めてお詫び申し上げます。
緊急事態発生!! クラブ携帯電話故障!!!
 本日、日中より何が原因か分かりませんが、クラブ携帯電話が故障してしまいました。

 電話機能も、メール機能も全く使えなくなってしまいました。

 電話屋さんに行く時間がなかったので、現在も全く機能を果たせていません。

 本当は、今週末、スペシャルクラス4~6年生が参加する、『VIVA ishikawa チャレンジカップ』の大会参加文書並びに承諾書を、ホワイトリバーFC会員専用ページに掲載したのでご確認下さい!と伝えたかったのですが、それもできない状態でいます。

 このブログをお読みになったスペシャルクラスの方同士で、ホームページを確認するようにとの連絡を取り合って頂けると助かるのですが・・・・・



 明日、朝一で電話屋さんに行くつもりですが、果たしてすぐに直るかどうか・・・


 とりあえず、現在の状況をお伝えしたくブログに書き込みをしました。


 スペシャルクラスの方々全員が、このブログを読んでくれると良いのですが・・・


☆そのようなことは絶対ありえないと思いますので、是非とも、連絡を回して頂けると・・・・・人事を尽くして天命を待つ!!(こんなところで使う格言ではないのは分かっているのですが・・・<泣泣泣>)
二つのお祝い
(昨日書こうと思いながら、思わず寝てしまい書けなかったブログを、時間が空いたので、事務所から書き込みをします。)

【一つ目のお祝い】
 JA全農杯チビリンピック8人制サッカー大会県南予選会が昨日で終了し、ホワイトリバーフットボールクラブは、今大会初の県大会出場権を獲得しました。新チームになって初めての公式戦。結果は、県南地区第4位でしたが、スペシャルクラス4~5年生20名の登録メンバーが、チーム一丸となって勝ち得た県大会出場。選手のがんばりはもちろんのこと、試合のたびに、会場に足を運び、ご声援頂いた保護者の方々、そしてクラブの仲間たち(たくさんの6年生が応援にきてくれました。)、みんなみんなのがんばりの賜物だと思います。

 ただし・・・・・

「今のままでは県大会に出ても試合に勝つことは絶対に難しい。しかし、一人一人が今の自分の力をしっかり認識し、○○ができるようになりたい! ○○を毎日続ける! 普段の生活から、お父さん、お母さん、先生などから指示されなくても自分で考えて自ら進んで行動できるようにする! ご飯をしっかり食べ、すぐに吹き飛ばされない体を作る! 等々の目標を持ち、一人一人がレベルアップしていけば、1ヶ月後、成長した姿で試合に臨むことができ、満足した結果を得ることができるはず・・・」

 昨日の試合後に子供たちに投げかけた言葉。果たして結果(影響)はいかに・・・・・


【二つ目のお祝い】
 昨日、親交深い某チーム○○氏の結婚式が行われ、ご招待頂き参加してきました。

 人柄が表れた、大変すばらしい式で、3時間30分近くの時間を要した披露宴だったにも関わらず、あっという間に時間が過ぎた気がしました。

「家族円満で、末永くお幸せに! しかし、しかし、サッカーの指導はもっともっと大事!!(苦笑) これからもお互いに切磋琢磨しながら成長していきましょう!!」

☆○○氏の晴れの門出をお祝いし、『レッドベロン号』を贈呈!?させて頂きました。レッドベロンって一体何!? 誰がやってるの!? う~む、完全なる企業秘密です!!(大笑) <知りたい方は、宴に参加した方にお聞き下さい。必ずや、ビックリ仰天するはずですから!!>
チーム一丸とは・・・
 本日、ホームページを大改造!? と言うか、様々な内容を掲載しました。

 まずは、【大会情報コーナー】の更新。2011年1月上旬までの現時点で分かっている大会参加やイベント等を記載しました。

 他人事のようですが、「このクラブの活動は、本当、いろいろあるなあ!!」 そんなことを思ってしまいました。

 一つ一つの活動で、たくさんの子ども達が笑顔になり、悔し涙を流し・・・ たくさんたくさんの喜怒哀楽が生まれることを、とってもとっても楽しみにしています!!

  
 次に、【トップページ】の構成の更新。

 2010年最後のクラブ主催の大会が二つ。参加してくれるチームの子ども達にとって、今年の良き思い出のひとつになってくれればいいなあ・・・そう思って、大会を企画運営したいと思っています。

 県大会のお知らせが二つ。ジュニアユースとフットサルクラブの子ども達が、日頃の練習の成果を思う存分発揮し、悔いのない戦いをしてくれることを願うばかりです。目指せ、福島県チャンピオン! 目指せ、全国大会出場!! 直接の指導をする立場ではありませんが、クラブ代表者として、陰に陽に精一杯の応援をしたいと思っています。

 最後は、冬休みに行うイベント、ウィンターキャンプのお知らせ。小学1~3年生の子ども達が、2泊3日、親元を離れ、サッカーで知り合った仲間同士で過ごすイベント。キャンプに参加する前の子供達そして保護者の方々の大いなる不安が、終了後に、大いなる安堵感と達成感に変わるこのイベントは、冬の一大イベントと言っても過言ではありません!!(少々大げさでした・・・苦笑) 「今年もキャンプやるよね?」と先日聞いてきた3年生のK君。「もちろん、やるよ!」と応えると、「今年もぼく、絶対に行くんだ!!」と満面の笑みで応えてくれました。K君が参加した過去2回のキャンプが、しっかり良い評価を受けているんだなあと思わず嬉しくなってしまいました。「うちの子は、今まで自分だけでお泊まりしたことがないので・・・」そんな不安を抱える保護者の方も多いかと思います。しかし、その不安も、前述したように、必ずや大いなる達成感と安心感に変わること間違いなしです!! ライオンの親が、子供を強くするために、谷底に落とし、はい上がってくるのを待つかのごとく、是非とも参加させて見て下さい!!(またまた大げさでした・・・すいません。(苦笑)) ちょっぴりたくましく成長したお子さまとの再会は感動ものですよ!! ☆昨年のキャンプの様子を記録した写真をチラシと一緒に掲載しました。参考までにご覧になって下さい。きっときっとあの笑顔を、あなたのお子さんも見せてくれるはずですから・・・!!


 と言った具合に、大改造されたホームページ。2010年残り2ヶ月、まだまだ充実したクラブ活動を展開していきま~す!!




 話はがらがらがらっと変わりますが、今日夕ご飯を食べながら、長男と先日の高校サッカー選手権準決勝戦のことをじっくり話をしました。(息子の学校は、準決勝戦で敗退してしまい、息子も試合後、ピッチで号泣していて、その日から口数が少なくなっていたため、私も思わず気を遣って、その話題に触れないようにしていたのですが、なぜだか急に息子の方からその日の試合のことを話題にしてきたので・・・)

 いろんな話をしたのですが、私の方から、

「試合前にみんなが輪になって、大声をあげて歌っていたあの歌が、とっても感動的だった!!」と話すと、

「みんなも大好きで、あの歌を歌うと、みんなやるぞ!って気になるんだよね。あの日、負けて学校に帰ってから、3年生一人一人から後輩の俺たちに言葉をかけてもらった後に、1~3年生全員で輪になってまたあの歌を歌ったんだ!」とのこと。

 その歌とは・・・・・



「我ら~の~夢を~♪♪ 背負い戦え~ ♪♪ 我らの誇り~ ♪♪ ○○イレブン~♪♪」


 全員が手を握り合い輪になり、最初にチームで一番の元気者が一人でこの歌を独唱し、その後、全員が握りしめた友の手を振り合いながら、大声で歌う。歌が終わると、みんなで雄叫び!?をあげ、ピッチに・・・ベンチに・・・チーム全員の夢と誇りを胸に秘め、戦いに臨む者、それを送り出し見守る仲間達・・・その光景は、見ていて聞いていてただただ感動感動感動・・・・・・

 『チーム一丸』 まさにこんな瞬間を言うんだろうなあ・・・ そう思いました。


「うちのクラブでもこれを取り入れようかな・・・」と言うと、「いいんじゃないの。みんな燃えると思うよ。」との温かい!?アドバイスと許可!?を頂いたので、早速取り入れようと思いました。


 いつから・・・・・え~と・・・・・企業秘密です!!(笑)


「それってパクリじゃないの!!」 


 その通り、パクリです! でも、良いことはどしどしまねをする、そして、自分の力に変えていく!! これが私の生き方ですので!!! あしからず・・・(大笑)  
2010年、残り2ヶ月・・・
 時の流れとは、実に早いものである。暦は11月。あと2ヶ月で今年1年も終わりを迎えるとは・・・

 そんな記念すべき今日、いろ~んなことがあった。何があったって・・・・・・・企業秘密です!(笑)


 それにしても、今日のルーキークラスの子供達の試合で見せた闘争心は凄まじかったなあ・・・


 みんな汗だくだくになって、「負けてたまるか!!」とばかりにボールに食らいつくあの姿は、見ていてワクワクしたし、正直、ドキドキ感でいっぱいになった。「おいおい、みんなはりきりすぎてケガするなよ・・・」って。がんばりすぎて、ゴール前にへたり込むT君の姿が印象的だったなあ。それほどがんばるT君を見たのは初めてだったので、感動感動感動・・・

 
 その後のチャレンジクラスの子供達も、これまた皆一生懸命だったなあ・・・・・ 『地獄の川渡り』(宝物を狙う盗賊一味ととそれを阻止するためにライフルを所持して待ちかまえる警備員に分かれて・・・・・子供達にライフル!? 子供達を盗賊に!? なななんとけしからんことを!!! 全てノンフィクションの世界ですので、ご安心を~!!!(笑))あんなに盛り上がるとは・・・「もう1回! もう1回!」 こんな声がたくさん聞かれ、嬉しくなると共に、こんな声がたくさん聞かれる練習をもっともっと開発していかないといけないなあ・・・改めて、指導の引き出しを増やすことの大切さを身にしみて感じた今日のスクールでした。


 
 2010年の残り2ヶ月、たくさんたくさんの子供達にとって、このクラブでサッカー(フットサルも含めて)をしている時間が、何より楽しくて、何よりがんばれて、何より心地よい汗をかけて、何より躍動して、何よりこのクラブで出会った仲間達とワーワーキャーキャーできて、何より・・・・・・・ 『終わりよければ全て良し』そんな充実した時間を過ごしてもらえるように、いろんな意味でこのクラブをフル活用していってほしいなあ・・・そう心から願っています。もちろん、そうできるようにしてあげるのが、このクラブの、私の、スタッフの大いなる使命であると思っています。



 残り2ヶ月も、きっといろ~んなことがあると思いますが、子供達、そして保護者の皆様、どうぞよろしくお願い致します!!!