Vamos福島
汗びっしょり!
 5月最後の日。日中は、晴れてとっても暖かったのに、夕方からは、気温がぐっと下がり肌寒くなった。そんな中で行われたホワイトリバーFCのルーキー及びチャレンジクラスのスクール。今日は、毎月恒例の、リフティング記録会。

「先月よりも記録を出そう!」どの子も、どの子なりに、一心にリフティングを行っていた。

「チャレンジクラスに行きたい!」ルーキークラスの3年生のK君の死にものぐるいの姿!?が大変印象的であった。「朝学校に行く前に毎日練習してるんです。」そう言って今日の日を楽しみにしていたK君。結果は・・・見事日頃の努力が実り、クラス昇格の基準をクリアして、6月からのチャレンジクラス入会が決定!!!

「みんなも一生懸命練習すればできるようになるので、ぜひがんばって下さい!」ルーキークラスの仲間に最後の挨拶!?をするその表情は、とってもとっても誇らしげで、とってもとっても格好良かったなあ・・・

K君の言葉を受けて、「ぼくも、わたしもがんばろう!!」そう思う子が出現!?することをただただ期待し待つばかりである。


ルーキークラス終了後は、チャレンジクラスの記録会。


寒さが一層増して、底冷えさえ感じるようになっていたにも関わらず、どの子も、汗ビタビタ・・・・・。頭からは湯気のオンパレード!?

ルーキークラスのほんわかムードとは一変して、なにか鬼気迫る!?感じすら覚える記録会であった。そんな中、前月とは比べものにならないほど成長した子供達の姿が多数見られたのは、本当ビックリ!であった。


「絶対に、スペシャルクラスに行きたいから!!!」4年生のS君の課題をクリアした時の、それはそれはご満悦な表情は、まさに『天下をとったぞ!』と言わんばかりのものであった。また、5年生のY君・K君が、念願の記録を超え、「ヤッター!」と、汗びっしょびしょになりながら、記念の○○○を獲得した表情は、なぜか大きな感動すら覚えさえてくれるほどの瞬間であった。


 
「リティティングなんてできなくたって、サッカーなんかできるよ!」もちろんそうです。

「ただの回数だけを競うリフティングなんて、サッカーに結びつかないよ!」そうかも知れません。

「リフティングができたって、サッカーの技術の向上になんてつながらないよ!」そうなのかも知れませんね。


しかし、このリフティングを通して、子供達は目標を持ち、その目標を達成する喜びを大いに感じていることは、間違いのない事実です。そして、『やればできる!』このことを大いに体感し、そして、大きな大きな自信を得ることができているのも間違いのない事実です。


リフティングの回数、リフティングしながら○○○をすること、サッカーとは直結しないことなのかも知れません。しかし、このことを達成するために、日々努力しそしてそれを克服した時に獲得する喜び・自信・跳び上がりたいほどの嬉しさ・あきらめないで続けることの大切さを知ること等々の決して目には見えないけれども、とってもとっても貴重な経験は、サッカーというスポーツ(どんなスポーツでも同じだと思いますが)をやる上で、何よりも素晴らしい基盤になることと思うのです。なんて言ったって、「あきらめないでコツコツがんばれば、最高の喜びを感じることができるんだ!」そのことを知れるのですから。その味を覚えた者は、どんな逆境にも必ずや耐えうることができる!だって、その先にあるものが分かっているのですから・・・


 
『努力は嘘をつかない!』以前にもそんな言葉をブログに書いたような・・・  これからもたくさんの子供達が、この記録会を通じて、お金では決して買えない、自分の努力でしか決して勝ち取ることができない最高の思いを味わってくれればいいなあ・・・心の底からそう思っています。


☆6月6日(日)の記念事業の参加者が、16名になりました!! クラブ内だけでなく、栃木県のからの参加も頂きました。まだまだ参加者大募集です。ご興味のある方は、ふるってご参加下さ~い!!!  
たくさんの人に参加してほしいのですが・・・
 突然ですが、昨日のブログの『しらうおのような指』と言うのは、細い指という意味ではなくて、色白で綺麗な指であると言うことをご指摘頂きました。コメントをお寄せ頂きましたFさん、これでまたひとつ語彙力が増えました。ありがとうございました!!


 ところで、来週の日曜日の6月6日に、クラブ創設3年目事業として、音楽療法士の第一人者であるその道では大変著名な方を招聘し講演&実技講習を行います。私がこの方に直接今回の依頼をしたわけではないのですが、ご紹介頂いた方から、

「先日仕事の関係で講習会を受けてきたのですが、それはそれは心打たれる素晴らしい会でした。ぜひともVAMOS福島スポーツクラブの関係者の方々にこの感動を味わってほしいと思い、講師の方に依頼したところ、忙しい方にも関わらず快諾を受けました。ラッキーですよ!」

と言われ、本当にありがたい気持ちでいっぱいになりました。


 しかし、しかし、しかし、現時点で参加の申込みを頂いているのは、な、な、なんと、たったの5名・・・(大泣)


 これでは、せっかくご紹介頂いた方に対してはもちろんのこと、講師の方に対しても大変申し訳ないことになってしまいます。

 
 「無理にでも参加して下さい!」などとは言いません。それこそ、無理強いされた方にも失礼ですし、ましてや、積極的な意志のない方に参加されては、講師の方に大変大変失礼ですので・・・・・


「教員として人間として自分自身を磨くなら、研修には積極的に参加しなさい!今の自分を見つめ直す良い機会になるし、いろんな刺激を受けることにより、今の自分が一歩成長する良い機会になるから・・・」

 
 小学校の教員になりたての頃、おばちゃん先生、いや、年配の先生に、訥々と言い聞かされたこの言葉は、あれから二十年位過ぎた今でも、私の心には残っているわけで・・・


 日曜日の夕方の、大変大変お忙しい時間かとは思いますが、ほんのひと時、自分自身を磨きに来て見ませんか?


※申込み方法は、直接・電話・パソコンメールの三つとチラシには記載されていますが、携帯メールも開通しましたので、そちらでお申し込み下さっても結構です。趣旨をご理解された方々の申込みが、通販番組のように!?ジャンジャン来ることを願っています!!!
 

しらうおのような指がほしい・・・
 先日、クラブ携帯電話を変えた。最新鋭!?の機種の電話である。(ドコモ様にクラブの協賛社になって頂いている関係で、現在テレビCMで取り上げられているドコモ社のドコモスマートフォンのXPERIAと言う機種の携帯電話に変えたのである。)

 この電話は、全てがタッチパネル式になっていて、カタログのコメントをそのまま引用すると、『指先ひとつで直感的に操作できる高画質4.0インチフルタッチパネルが実現するのは、あなたの想像力を追い越しつづけていくエンタテイメント性能』と言うことである。

 他にも多種多様な機能が搭載されていて、使いこなせれば、最新鋭!?を実感できるようであるが、機械音痴!?の私には、到底その実感は縁遠いもののようで・・・

 
 現在、最低限の機能の把握にあくせくしているのが現状で、使い方のレクチャーを受けに、少しでも時間ができるとドコモ店を訪れる毎日で・・・(泣泣) 一日も早く、その使い方に慣れ親しみたいわけで・・・ この感覚って、サッカーを始めたばっかりの子供が、自分の思うようにボールをコントロールできずに、いらいら、もやもやetcする感じに似ている気がするなあ・・・と、電話を持ちながらいらいら、もやもや、きりきりetcしている今日この頃です。「サッカーが上手になりたいなら、ボールをたくさん触って、早くお友達になることだよ!」と口癖のように言っているが、まさに、「電話を上手く操作したいなら、いっぱいいじって、早くお友達になることかな・・・(苦苦笑)」


 特に、日々苦悩しているのが、タッチパネルの操作。指がぶっといこの体。自分が意図していないものにタッチする度に、自分が意図していない操作が開始されてしまう。先日などは、電話をかける際に、かけたい人の画面を触ったつもりが、違うところに触れてしまったため、間違い電話の連発。保護者のMさんには、大変にご迷惑をかけてしまいました。すいませんでした・・・(泣)

 メールの文字入力なども、画面にキーボードが現れ、指先でタッチして行うのだが、これまたぶっといこの指が大いに邪魔をし、自分が伝えたい言葉をほんの数文字打ち込むのにも、汗だくだく・・・(泣) 打ち込み完了と思って読み直してみると、とんでもない文章になっていること日常茶飯事。思わず、ため息が・・・

 
 銀行などでATMシステムを使って、送金などをする時に、自分が触れたつもりもない文字が入力をされてしまい、
いらいらの境地に追い込まれたことってありませんか? 経験のある方は、その時の思いを、日々味わっていると思って頂ければ・・・

 
 こんな時、しらうおのような、細~い指先の持ち主だったら、こんな思いをしなくて済むんだろうなあ・・・間違い入力や間違い操作を繰り返す度に、ぶっとい指を眺めている姿を想像してみて下さい・・・(大笑!本人は大泣!)



 とにかく、自分の思う通りにボールを扱えるように、いや、電話を扱えるように、庭でリフティング、いや、説明書と格闘し、かつ、レクチャー受講三昧になりながら、会員の方々にご迷惑をお掛けしないように連絡がスムーズにできるようにしたいと思っています。


 余談になりますが、本日のブログは、決して最新鋭機器の批判をしたわけでもなんでもありません。機器を操れない中年男の戯言と受け取って頂ければと思います・・・(泣泣泣泣・・・)

※メールの内容等、「何これ?」と思われる内容が送信された場合は、「ぶっとい指が邪魔してるんだな、これは!」と当分の間ご理解頂けると大変助かります。

ところで、『しらうおのような指』って言う表現は、今回の文章には適当だったのでしょうか??? 語彙力のなさをひけらかしてしまった場合には、「無知な奴!」と、ご容赦頂きたいと思います。チャンチャン♪♪
ド緊張!
CIMG3564.jpg

今日の午前中は、市内の保育園の巡回指導。昨晩味わった屈辱感!?はどこへやら・・・ 元気いっぱいな子ども達のお陰で、元気はつらつ~!に。それにしても、『なべちゃん』のキャラクターは、最高だ~!!!

11時に指導を終了し、後片づけは全て小松コーチにお任せして(ありがとうございました!)、自宅に戻り、着替えを済ませ、事務所に行き、講演の資料を作成し、いざ会合へ。(その間、約1時間、汗だくだく・・・)

講演の持ち時間は、30分程度であったが、【まな板の鯉】とはまさにこのことか!と心底実感させられるほど、握りしめた手の中には、汗がぐっしょり・・・

「サッカー指導との出会い」「生涯をサッカー指導に携わろうと思ったきっかけ」「サッカーを通してできる子ども達の心豊かな育成」「クラブのこれから目指すもの」等々

大変な経歴の持ち主の方々が集う会の中で(ほとんどの方がエリートの方ばかり・・・)、とにかく思いのたけを話しまくった!?時間となった。(講演の依頼をされた方から、「遠藤さんの生き様を話してくれればそれでいいんですから!」と言われていたので、どんな風に受け止められようとも構うもんか!と少々開き直り気味で話したような気がするなあ、今思い出してみると・・・)


「白河高校出身の後輩で、こんなユニークな生き方をしている者がいたなんて、驚きだよ!」

「私に何かできることがあったら、いつでも力になるから、○○に遠慮なく足を運んでくれたまえ!」

「私は今、高校を卒業して、なかなか社会になじめない子ども達をたくさん預かっています。その子ども達に、サッカーで汗を流して、スカッとできる機会を与えてくれませんか。」

「そうめんたくさん買うから、申込用紙たくさん持ってきなさい!」etc

(講演を利用して!?ちゃかりと言うか、思いっきり協賛の依頼もしてしまいました!(苦笑))



最高にど緊張はしたけれど、この地に、こんな男がいて、こんなクラブがあるんだと言うことを、少しでも知ってもらえる良い機会だったなあと思っています。こんな出会いを積み重ねていくうちに、

「ようし、VAMOSの子ども達のために、グランドをいっちょう作ってやろうじゃないか!!!」

な~んて、殊勝な投資家に出会えれば、最高なんだけどなあ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


※昨日のブログに対して、たくさんの反響を頂きました。皆さん、同じ思いなんですよね。「ワクワク」するサッカーを目指してがんばりましょうね!!!
史上最悪、空前絶後、絶望・・・
 降りしきる雨の中を一路南下し、矢のような雨に合羽を身にまとい石のように体を固めて耐えに耐え、今まで批判に批判を重ねてはきたものの、今日こそは・・・ちっぽけではあるが小さな小さな希望を抱いて訪れた埼玉スタジアム。

 そこにあったのは、夢や希望や勇気や感動とは、ほど遠い、と言うか、そんなかけらすら全く感じることのできないほどの、絶望と悲哀と落胆と嗚咽と・・・


 私のようなちっぽけな人間が、悪評をたれるのは、言語道断だと言うことは、そんなことは指摘されるまでもなく十分に分かっている。

 しかし、サッカーに魅せられ、サッカーに夢をかける子ども達に関わる仕事に就いている以上、嘆くことぐらいは許されるものと思っている。


 今の日本サッカーに大それたことを望む気もないし、提言をするつもりも毛頭無い。


 ただ、ただ、ただ、ただ一つだけ、どうしてもこのことだけは、分かっていて下さい。


「サッカーっていうスポーツは、なんてすばらしいスポーツなんだ!って言うことを、サッカー選手を夢見る子ども達から奪い取らないで下さい!!」

「日本代表をこよなく愛しどんな逆境にも声援し続け、大人のように決してマイナス思考にならないサッカー大好きっ子達をどうか裏切らないで下さい!!(今日のスタジアムでも、たくさんの大人達が不平不満を事あるごとに口にしブーイングを浴びせているその中でも、一心に声援を送り続ける子ども達がたくさんたくさんいました・・・本当に不憫でなりませんでした・・・)」

「やっぱりサッカーより野球だよな!・・・・・サッカー人口普及の邪魔をどうかしないで下さい・・・・・」


「子ども達に日々夢を持たせながらサッカーの指導に精魂を傾けている指導者が、スタジアムにサッカー観戦のライブ感を伝えたくて子供を連れて行った親が、日本代表の試合を見て勉強しないさい!とテレビ観戦を子供に強要した!?親が、いろんないろんな大人達が、試合後に子ども達に何と言葉をかけて良いのか困惑させるようなことはどうかどうかどうかお辞め下さい・・・・」


 こんなブログ書きたくも何もないのですが、今日だけはどうかお許し下さい。


いい加減目を覚ましましょうよ。今の日本サッカーは間違った方向に向かって行ってると言うことをいい加減認識しましょうよ。前を向かない、向こうとしない、システマチック(機械的に)ボールを回すだけ、あげくの果てに簡単に奪われる、平気でボールを下げる、パスが何より最優先、立ち向かえない・・・・こんなサッカーを指針にするのはいい加減止めましょう・・・


 明日(正式には今日)、午前中の保育園の巡回指導、昼間のある会での講演会(講師として講演をすることに)、夕方からのスクール、気持ちを切り替えてがんばろうと思ってはいるのだが、果たしてこのテンションで一日を乗り切れるのだろうか・・・・・


 最後の最後に一言だけ。


「あなたは、岡田JAPANをこれでもまだ擁護しますか、いや、擁護できますか・・・・・・・」
今日も一日いろんなことがあったなあ・・・
今日の午前中、地区の廃品回収のボランティアに参加してきた。2tトラックを運転し、地区内を隅から隅まで巡り歩き!?、段ボールやら空き缶やら古新聞やら雑誌やら・・・を回収してはリサイクル業者に何度も何度も搬送してきた。

恥ずかしい話だが、仕事柄週末に行われるこういった行事にはほとんどと言っていいほど参加したことがなかった。

だから、ボランティアの方が集まった場所に行っても、「あなた誰?」と言った顔をされ、正直少々居心地の悪さを感じたのだが、「今日は、今まで何も関われなかった罪滅ぼし!?に来たんだから・・・」とぐっとこらえてボランティアに一心に打ち込んだ。

またまた恥ずかしい話だが、「この地区には、こんな所まで家があったのか?」とここに住んで?十年近く経つのだが、初めて知ることがたくさんあった。(苦苦笑)

今日のような廃品回収をはじめ、地区内の清掃作業や子供会の行事等々、開催していることは分かってはいるものの、全く参加することができない。清掃作業をしている時に、その脇をバスで頭を下げながら通り過ぎるときのばつの悪さっていったらありゃしない・・・

これからもきっとそのようなことが続くかと思おうが、今日のボランティア従事で、今後はバスで素通りしても少しは少しは許してもらえるかな???????



廃品回収終了後、病院行き。「なぜ病院へ!?」


2月に手術した頭のきずが時折痛むことがあって、「一度病院へ行かなければ・・・」と思っていたので・・・

様々な検査をし、結果は・・・・・・問題なし。「ホッ!」その時の気持ちを表す最大の言葉である。痛む原因も分かったので、とにかくあと数ヶ月は、この痛みと仲良くしていかなければ・・・。ただ、医者の言った言葉の中で、「切開した部分から髪の毛が生えてくるのは、当分あとのことになるでしょう。」の一言は、なんだか妙に心にグサッと刺さった気がした。


 『待てば海路の日和あり』ってか・・・(泣泣泣大泣 エ~ンエ~ン・・・)

 
 その後は、事務所に行って明日開催する[第9回ヤマザキスポーツカップサッカー大会(小学4年生以下大会)]のプログラム作り。(午後からスクールがあったのだが、小松コーチ一任!)

 その作業中、事務所でと言うか、事務所として利用しているアパートで大変なことが・・・「何?」・・・口が裂けても言えません。あまりに大変なこと過ぎてこの場では・・・明日の新聞を見れば分かるかも・・・ヒェ~!!!(な~んて、それほど大それたことではないのですが、近所でものすごい夫婦げんか!?があったようで・・・って感じです。)


 事務所を逃げるように飛び出し!?、明日大会を開催するグランドへ。明日は、グランドを4面使用。「今日中に準備できれば・・・」と思っていたのだが、グランドは今日は他の団体が使用しているということで、明日の朝にしかできないなあ・・・と思ったものの、「もしかしたら、もう使用が終わっているかも知れない。そうすれば・・・」と思い、恐る恐るグランドに行って見ると・・・・・「ラッキー!終わってた!!」と言うことで、本間コーチに連絡を入れ、「今からグランド準備ができるんだけど、来ませんか?」の要請に、瞬時に快諾。毎度の事ながら、どんな依頼にも快く受け入れてくれるその姿に感謝感激雨霰・・・・!!


 16時頃から19時頃まで3時間、二人で黙々、蚊に刺されまくりながら!?4面のグランドの作成完了。

 蚊に刺された所もかゆいけれど、半袖半ズボンでライン引きをやっていたためか、肌が石灰荒れ!?してしまい、手や足がざらざらに・・・いち早く風呂に入らねばと思っているのだが・・・


 明日は夕方から雨の予報。それまでは、曇りの予報。大会終了時までは、なんとかもってくれると良いのだが・・・


 ♪♪ 照る照る坊主 照る坊主 明日天気にしておくれ~ ♪♪ 


※一昨日、千葉県の有名サッカークラブ『VIVAIO船橋』のホームページとリンクさせて頂きました。情報満載且つ非常に勉強になる内容満載で、特に、代表の渡辺氏の作成する【VIVAO通信】は、毎回感動感動感動・・・です。新作のVIVAIOレターには、我がクラブで取り組み始めた「素麺販売依頼」に関することが記載されています。(実は、我がクラブの素麺販売依頼は、VIVAIO船橋さんの取り組みの一端を担わせてもらっているのです。)かなりの長文にはなっているのですが、ご一読頂けると、素麺販売依頼のシステム等々がご理解頂けるものと確信しています。いろんな意味でこの素麺販売が広がっていけばいいなあと思っています。


 体の石灰臭さにGIVE UP!(泣泣) お風呂に直行しま~す!!!
まもなくワールドカップ開催
 まもなく2010年ワールドカップが南アフリカで開催される。サッカーファンにとっては、エキサイティングな1ヶ月を過ごせる時間である。昨年開催されたWBCワールドカップベースボールが日本中を大興奮させたように、果たして我がサッカー日本代表の戦士たちは、どんな姿を、どんなプレーを披露し、サッカーファンを、いや、日本国民をテレビに釘付けにしてくれるのか・・・先日発表された23名の代表選手。言いたいことは山ほどあるが、そこはぐっとこらえて、とにかく、サッカーを夢見る子供たちに、サッカーをこよなく愛する大人たちに、スポーツの力で活力を得たいと思っている人たちに、夢と希望と勇気と感動と・・・・・を与えてくれればよいのだが・・・・・・


 ワールドカップには、個人的に二つの思い出がある。


 一つ目は、日本が初めて出場した1998年フランスでのワールドカップ。今から12年前のこと。サッカーの指導に携わるようになって約10年を迎えた頃であった。

 当時、まだ小学校の教諭をしていて、石川町内の小規模学校に赴任していた。

「野球しか経験のない俺がサッカーの指導をしている。サッカーをもっともっと勉強しなければ、サッカーをもっともっと知らなければ、本当の指導者なんかには絶対なれない!」当時、なにかにつけそんなことを考えていた。そこに出現!?した日本のワールドカップ初出場の快挙。


「4年に一度のサッカーの祭典。ワールドカップをぜひこの目で見てみたい。この大会を見ずして、サッカーの何を語れるか! 本気でサッカーに関わっていきたいなら、この目で大イベントを見なくてどうする!!etc  しかし、開催時期は、6月。行くとすれば、長期の休み(1週間)が必要になる。夏休み等ならいざ知らず、子供たちが学校に来ているこの時期にそんなに長い休みをもらうのは、と言うか、ワールドカップを見に行きたいので、休みを下さいなどと言うのは・・・」

 しかし、いったんこうと思ったら、あとには引けない性分。何といっても、「やりたいことを我慢して後々後悔するなら、やりたいことを我慢しないで実行し後に後悔すればよい!」それが私の生き方のポリシー!???そのことで何度今まで失敗してきたことか・・・(泣泣笑)


 教育委員会に呼び出され、事情聴取!?を受け、その度にくじけそうになりながらも思いを伝え・・・その結果、フランスワールドカップ行きが実現した。しかし、その実現に際しては、当時の校長先生をはじめ、同僚の先生方、クラスの保護者の方々、そして子供たち他たくさんの方々の理解と協力がなければ、決して実現することはなかったと今でも思っている。

 おかげで5泊7日のフランスで過ごした期間は、まさに夢のような時間となった。その時の様子は、ここでは割愛するが、10年以上たった今でも、その時のことは、鮮明に私の脳裏に、心に、体に・・・深く深く刻み込まれている。そして何より、その時体全体で感じた【サッカーというスポーツの持つ底知れぬ魅力】は、私の生涯の財産!?になったといっても過言ではない。今こうして、教職を辞してこのような形でサッカーに関わる仕事に就いたのも、その時の思いが一要因を担っているのだと思っている・・・


 それにしても、地下鉄に乗る時に、ライフルを肩から下げた大柄な警備員!?がそこかしこに立っていたあの光景は、本当に恐ろしかったなあ・・・

 自由行動で一人でパリ市内を散策し、夜になってしまい、宿舎までの帰り方が分らなくなって、片言のフランス語!?を駆使して何度も何度もいろんなフランス人に道を聞きながら、地下鉄やバスを乗り継いでやっとの思いで宿舎に着いた時のあの感動は、思い出すだけで、今でも感涙しそうで・・・



 二つ目のワールドカップの思い出は、2002年、日本と韓国が共催で行った『日韓共催ワールドカップ』(韓国では、韓日共催ワールドカップと呼ばれていました。)
 
 新潟県で行われた日本でのオープニングゲーム、[カメルーンvsアイルランド]戦の試合を長女(当時小学5年生)と成田コーチと観に行き、奇抜なファッション!?のカメルーンの応援団と一緒に記念撮影したこと、なんだかとっても懐かしいなあ・・・

 その二日後には、またまた新潟スタジアムを訪れ、本間コーチと本間コーチの子供と我が長男(当時小学3年生)と4人で観戦した[メキシコvsクロアチア]戦。メキシコサポーターがみな美人!だったことが別な意味でとっても印象に残っている・・・(笑)

 しかし、何より、このワールドカップで思い出に残っていることは、大会期間中に韓国を訪問したことだった。


 フランスワールドカップを見てきて以来、「ワールドカップを観るなら絶対外国で!」と思っていたので、(理由はいろいろありすぎて一言では言えません!)「絶対に韓国に行きたい!」その思いでいっぱいで・・・

 しかし、しかし、その当時もまだ小学校の教員をしていたわけで・・・ただ、学校は以前の学校から地元白河市内の学校に異動していて・・・それでも、休みを取るには依然と同じ状況で・・・


 当時の校長先生に話をした際に、「以前、石川町内でも、ワールドカップを見に行くといって1週間も休みをとったと言う先生がいたと聞いたことがあったなあ。」と言われ、「それって、私のことだと思います。」と言うと、校長先生は、「・・・・・・・・・・・・・」あの時のシーンは今でも克明に覚えていて・・・


 と言うわけで、韓国行き決定!!!(今思い出すだけでも、本当に、たくさんの方々にまたまた感謝感謝・・です。)


 「どうせ行くなら、今回はツアーでなく、これを機会に韓国とサッカーの交流ができるようにしたいもので・・・」

 なぜそんなことを思ったかと言うと・・・企業秘密です!!!(笑笑)

 インターネットを駆使し、韓国国内で通訳をしてくれる現地の方を捜し、私と長男と二人だけで韓国訪問。(なぜ息子も?・・・学校はどうしたの?・・・う~む・・・教室では味わえない最高の学びの場がそこにはある!と言った感じでしょうか・・<苦苦笑>)しっかり準備して行ったにも関わらず、韓国の仁川空港(インチョン空港)で約束の時間が30分以上過ぎても通訳として頼んでいた方が来ないで待ちぼうけを食らった時には、本当に不安で不安で・・・・・「えんどうさんですか?」とたどたどしい日本語で通訳の方が声をかけて来たときには、まさに神様を見たようで・・・


 韓国滞在の6日間は、あれほどすばらしい時間を過ごしたと思っていたフランスワールドカップのものとは比べものにならないほど、毎日毎日が充実していて・・・ツアーでは絶対に味わえない時間を、朝目覚めてから夜寝るまで、本当に密度の濃い時間を堪能しました!エピソード満載で、たくさんお話したいのですが、紙面の関係で・・・(笑)

 
 その中でもやはり韓国内の小学校を訪れ、「日韓共催ワールドカップを記念して、市民レベルでの交流を図りたい!それが本当の日韓共催をした意義につながると思うのです。ぜひとも我がチームとサッカーで交流しませんか?」の投げかけに快諾頂き、その後3年間、福島県からの大きな支援を頂き行った『2002日韓共催ワールドカップ記念事業
―サッカーチームの交流―』の始まりになったことは、生涯忘れられないものとなりました。

私が小学校の関係者と話をしている間に、3年生の息子が、韓国の小学校のサッカーチームの練習に混ぜてもらい、韓国語など全く話せない息子がニコニコとした笑顔でサッカーをしている姿を目の当たりにして、「サッカーに言葉はいならい!ボール一つで国境を越えることができるんだ!!息子が感じたこの思いを、チームの子供たちにも絶対に味わってほしい!いや、味わわせたい! そうすれば、自分たちが取り組んでいるサッカーというスポーツは、ワールドスポーツなんだ!サッカーって最高に面白いんだ!etcということを、必ずや実感してくれることだろう・・・」実は、このことが、日韓交流事業を行った最大の要因と言っても過言ではありません。


 その記念事業で韓国語を教わったり、韓国文化を教えて頂いた市内在住の在日韓国人の先生(先生と言っても別に学校の先生でも何でもなく、いろいろなことを教えて頂いたので私が勝手にそう呼ばせてもらっているわけで・・・)に、昨日、市内某所でバッタリ遭遇!!

 市内に韓国料理屋さんをオープンしたとのこと。ものすご~く久しぶりの再会にも関わらず、「アンニョンハセヨ~」の挨拶で一挙に会っていなかった時間が短縮され・・・

 とにかく近いうちにお店に来ることを約束し・・・・




 ワールドカップの財産!?が、今もこうして脈々と続いているんだなあ・・・その先生との久しぶりの再会に、こんなブログを今日は書いて見ました。(本当は、昨晩、食事後に書こうと思っていたのですが、いつの間にかバタンキューで目覚めた時には既に鶏が鳴いていて!?・・・ここ最近そんな生活ぶりで・・・今日こそは絶対書こうと思っていたのですが、やはり夜になるのを待って書くとまたまたいつの間にか寝てしまって書けない気がしたので、今のうちに書いてしまおうと思い、午前中に事務所に来て事務処理をして、ひと段落したので、12時からブログを書き始め、静かな事務所で一人黙々キーボードを叩き続け、既に時計は13時45分になっていて・・・これから事務所必需食品!?のカップヌードルを食べて、夕方からのスクールに備えようかと思っています。事務所で書き上げた初めてのブログを最後までお読み頂けたことに、心より感謝申し上げます!!!)
笑顔
ものすご~く暑~い一日、皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか・・・
先週土曜日が運動会を行った学校が多かったので、「今日は学校休み!」だった子供達は、一体どんな時間を過ごしていたのでしょうか・・・

それにしても、今日のホワイトリバーFCのスクールは、大変だった~・・・

「何が大変だった?」って・・・

ここ最近の快晴続きで、ホームグランドはパカパカ、サラサラ状態。「それって、どういうこと?」そうですよね、こんな表現では分かりませんよね(笑笑)!

とにかく、グランドは乾燥状態で、子供達がグランドを走る度に、砂煙がモクモク、モクモク・・・・・

まさに、砂塵の中でのスクール活動。今こうしていても、頭がパサパサ・・・(スクール終了後に、水道で顔を洗うと、なぜかヌルヌル・・・顔に砂がついていて、水をつけた途端にヌルヌルに・・・う~む、こんな表現でその状態が伝わるだろうか・・・)とにかく、早くブログを書き上げ、風呂に入らねば・・・もしこのまま寝てしまったら、明日の朝は一体どうなってるんだろうか・・・想像するだけでも、ヒェ~って感じである。

静岡県の学校のように、スプリンクラーが設置されていれば・・・(静岡県で毎年夏に開催されている全国草サッカー大会にここ数年参加しているが、ほとんどの学校の校庭にスプリンクラーが設置されていて、試合の合間合間に水を散水する様子を見ていて、さすが本場は違うなあ・・・といつも感心させられています。)

雨が続くのはとても嫌だけれど、さすがに、あのグランド状態が続くのは・・・ あ~あ、明日もヌルヌルになるのかなあ・・・


話は変わって、先ほど、6月に行われる『第34回全日本少年サッカー大会福島県大会』のメンバー表他を作成し、大会事務局にメールで送った。参加申込書の中に、『チーム紹介』の欄があり、毎年、けっこう強気な!?メッセージを記入していたのだが、今年は、今思っている素直な思いをしたためた。「どんなこと?」え~・・・・・・・・・と、企業秘密です!!(笑笑笑)大会プログラムに後日記載されますので、その時にご覧下さい!!!

そのメンバー表と共に、チーム写真も送信。そのチーム写真は、県南地区大会を終了した後に撮影した写真。子供達がみんな、心からの笑顔を浮かべている私のお気に入りの写真。みんな、それぞれに、作り笑い!?ではない、本当の笑顔になっていて、見ていて、こちらまでなんだか笑みがこぼれてきそうになる写真。「どの写真!?」え~・・・・と
企業秘密です!!(大笑)これもプログラムに掲載されます。


県大会まであとおよそ3週間とちょっと。


どんな結果であれ、大会にチーム代表として参加する20名の子供達が、心からの『笑顔』を浮かべてほしいなあ、いや、浮かべられるようにしてあげたいなあ・・・そう思ってやみません。


その前に、とにかく、このパサパサの髪の毛を早くなんとかしないと!!(笑笑笑・・・笑)
「すべての子供は天才である!」
 5月も中旬に差し掛かっているというのに、寒いこと寒いこと・・・北日本では、雪の降ったところもあるようで、アンビリーバボー!って感じである。

 今週末と来週末、クラブの子供達の通っているほとんどの小学校で運動会が行われる。午前中自宅でバスの掃除をしている時に、近くの学校では、運動会の練習が行われていたようで、街宣車から聞こえてくるような!?大音量の音楽や耳をつんざくような先生の声!?がしばらくの間ずっと鳴り響いていた。その音を聞きながら、「子供達がんばってるんだろうなあ・・・」そんなことを思いながら、バスの床磨きに精を出していた。

 夕方からのスクール。子供達の様子は少々お疲れ気味!? それもそのはず。ここ最近は、勉強に運動会の練習にこき使われているんだから!?いや、全力でがんばっているんだから・・・

 しかし、そんな状態でも、子供達はひとつひとつの練習に一生懸命に取り組んでいた。「疲れているはずなのに、みんなよくがんばってるなあ!!」サッカーボールと真摯に向き合っている姿に、なにか感動すら覚えた今日のスクールであった。

「サッカーの神様は、みんなのがんばりを絶対に見ていてくれるよ! 運動会の時に、すごいプレゼントをくれるかもよ・・・がんばってね!」

 スクール終了後に子供達に話した言葉は、素直な私の思いであった。


 ところで、話は変わりますが、『ヨコミネ式子育て術』を皆さんは知っていますか? テレビ番組で取り上げられることが多いので、もちろんたくさんの方々がご存じかと思います。ですので、改まってこの場でそのすごさを述べるまではないと思いますが、本当にすごい!と思うと同時に、子供の可能性は無限!番組を見る度にいつもそう思っています。先日放映された『完結編』の中でヨコミネ式創始者の横峰氏が語っていた言葉が大変心に残りました。自分自身、肝に銘じるつもりでそのいくつかを記載してみたいと思います。


「預かっている子供達の将来に責任の持てる仕事をしよう!それが保育園職員の合言葉である。」


「『親』という字はどう書くのか?って、『木の上に立って見る』って書くでしょ。これは、親だけじゃなくて、すべての大人にあてはまること。大人は、子供を見る時に、いっぱい失敗させる。今の親(大人)は、みんな木の上からすぐに降りてくるんだから、木の上に乗っとけって。そこから降りて来るなって。「見守れ」って! 子供は、自分で学ぶんですよ。人間っていうのは、他の動物と違って学習できる。学べるっていう才能を、人間だけに与えたんですよ、天が・・・」


「すべての子供は天才である!」


 子供達の可能性は無限。我がクラブにも、たくさんたくさんの可能性を秘めた子供達がたくさんたくさんたくさんいる。

 その子供達の将来に責任の持てる仕事・・・・・しっかりと肝に銘じておこう!!!
5月病!?
 どういうわけか、最近何をやっていてもしっくりこないというか、うまくいかないというか・・・

 どうこの気持ちを表現してよいか、うまい言葉がみつからない・・・

 「何がしっくりこないの?」「何がうまくいかないの?」

 う~ん、その問いかけに対しても、明確な応えが導き出せず・・・

 とにかく、ぱっ!としない・・・って感じ・・・かな。

 「何を根拠にそんなことを?」

 う~ん、その問いかけに対しても・・・


 
 そんな時に、新潟でがんばっている優コーチこと我が娘のブログを読んでいると、ただ一言、「がんばってるなあ!」って思うし、生き生きとした『パワー』をもらえるような気がする。「祝 初ゴーーーーーール!!!!!!」


 今の状態って、もしかして5月病!?・・・なわけは絶対なく、とにかく、どこかでこのもやもや感を一蹴して、希望に充ち満ちた日々を過ごすようにしなければ・・・


 明日は保育園の巡回指導。パワーをもらってこようっと!!!
終わった~
 長かった1日が日付が変わりようやく終了。
 
 クラブ主催の『第9回テレメディア東北カップキッズサッカー大会』が終了してから、事務所での大仕事!? その後、中抜けしてインターハイ福島県大会県南地区予選を終えた長男の迎え。(明日、正式には本日、県大会出場をかけての試合を行います。) 迎えが終了してから、またまた事務所での大仕事!? 21時過ぎにようやく帰宅。夕食もそこそこに、本日の大会の結果集約・御礼状作成等々、23日に行う『第9回ヤマザキスポーツカップサッカー大会』の組み合わせ作り等々、(明日、正式には本日、テレメディア東北カップの結果と共にホームページに記載します。)、作業を終了し、時計を見ると、日付が変わっていました・・・

 さすがに、さすがに超クタクタ~って感じになっています。(苦笑)


 それにしても、本日は(正式には昨日)、子供達もいろいろなところでがんばっていたなあ・・・

 ①第9回テレメディア東北カップキッズサッカー大会でがんばった子供達

 ②上記の大会で、朝の会場作りから審判、後片付けまでがんばってくれたジュニアユースの子供達

 ③栃木県湯津上村で行われた大会に参加し、県大会へ向けて個人のレベルアップを目標にがんばった子供達

 ④石川町で行われた4年生の練習試合に参加し、最後は中学生とも試合を行った元気な子供達

 ⑤県南地区の中学生1年生のトレセン選考会に参加し、合格に向けてがんばった子供達

 ⑥既に行われた中学2年生のトレセン選考会に合格し、本日より練習会に参加した子供達

 ⑦公園や空き地や庭で一人で、友達と一緒に・・・練習に明け暮れた子供達


 みんなみんな、今日一日、とってもとってもがんばったね!

 
 今日からまた新しい1週間が始まります。週末のサッカーで鍛えた心と体で、今週も勉強に運動に部活に遊びに、そしてクラブの活動に、思う存分力を発揮して充実した日々を過ごしてほしいと思っています。(小学生の中には、今週末に運動会が行われる学校もあるようです。校庭を風をきって走るみんなの姿をぜひとも見せて下さい!)


 それにしても、早朝5時30分起床で始まった長い長い1日が、ようやくようやく終わった~~~(苦苦苦笑)
事務所完成御礼
 皆様のお陰で、VAMOS福島スポーツクラブの事務所が完成しました。本日はその御礼の意味で、事務所内を公開したいと思います。ご協力頂きました皆様に心より感謝申し上げます。

写真①【事務所玄関】(市内某看板屋さんよりクラブ看板を提供頂きました。)
CIMG3526.jpg

写真②【キッチン他】(皆様のお志がそこかしこにあります。)
CIMG3537.jpg

写真③【憩いの部屋】(子ども達の大会参加写真が所狭しと展示されています。)
CIMG3541.jpg

写真④【憩いの部屋】(このテレビを見ながらワールドカップは盛り上がろうと思っています。)
CIMG3550.jpg

写真⑤【仕事部屋】(パソコン2台、複合機、印刷機、スケジュール板・・・仕事がんばります。)
CIMG3539.jpg

写真⑥【仕事部屋】(チームの輝かしい功績を陳列しています。)
CIMG3532.jpg

写真⑦【仕事部屋】(ここにも皆様のお志がたくさんたくさんあります。)
CIMG3540.jpg


 皆様方のお心遣いに心から感謝すると共に、このクラブに集う全ての人たちが「幸せ」になれるように、この事務所を拠点に精一杯尽力していこうと思います。改めまして、どうぞよろしくお願い致します!!! 
暑い暑い暑い・・・
 ゴールデンウィークが終了し、久しぶりのスクール。(5月3日~5日のスクールは休みでした。)楽しい楽しい連休を過ごしてきたせいか!?久しぶりに見た子供達は、とてもエネルギッシュにボールと戯れて!?いたような気がしました。

「連休中毎日練習して、リフティングの最高記録出たよ!」「キャンプに行ってきて、そこでもリフティングしてたよ!」等々、子供達のお土産話!?にとっても心が温かくなりました。


それにしても、今日はとっても暑かった~。日中はもちろんのこと、夕方から始まるスクールでもその暑さの余韻は残っていて・・・(しかし、暑さと同時に風も強くて、ミニゴールが倒れてしまう恐れがあったため、本日は、ゴールを倒して使用したほどでした。しかもしかもその風でグランドの砂が飛び散って、髪の毛がパサパサになってしまいました。どんな感じか分かりますかね・・・)

ものすごい暑さだったため、今年初めてハーフパンツ姿になってスクールに従事しました。(寒がりで有名な私がハーフパンツを履くぐらいですから、相当暑かったわけで・・・下はハーフパンツでしたが、上はピステ姿で・・・半袖半ズボンになるには、もう少し時間がかかりそうです。)久しぶりに見る半ズボン姿の自分を見て、「足、白っ!!」と思わず独り言をつぶやいてしまいました。


褐色に日焼けした健康体を目指して、どしどし肌を露出していくぞ~!!! (しかし、紫外線に要注意!!な~んて、全く気にしたことないですけどね!(笑)) 



☆いつのまにか、ホームページアクセス件数が80000件を超えました。70000件を超えた日は・・・アクセス数100000件を超える日も、夢!?ではなくなって来ました。『情報満載のホームページ』『飽きの来ない!?ホームページ』『みんなに楽しんでもらえるホームページ』etcを目指して今後も邁進して参ります。どうぞどうぞご贔屓に!!!
力の結集
 全日本少年サッカー大会福島県大会県南地区予選の結果、我がホワイトリバーフットボールクラブは、見事『優勝』の栄冠を勝ち取りました。この要因は、全て「♪♪明るい笑顔でニッコニコ~♪♪ニ~!!」の19名の子ども達の力が結集したためです。心から、「おめでとう!良くやったね!」とお祝いの言葉を述べたいと思います。あくまでも地区予選に過ぎないことは分かっています。(たかが地区予選と思う事なかれ!この県南地区には、昨年度の全日本少年サッカー大会福島県代表チームがいたり、3月に行われたチビリンピックの福島県代表チームが2チームもいたりと、大変な激戦区なのです!)しかし、この通過点をみんなで力を合わせて通り抜けたことは、大きな大きな自信につながることと確信しています。今週末から、次のステージに向けての歩みがまた始まります(栃木大会参加)。その前に、残り少ない連休(2日間)で心も体も思いっきりリフレッシュしてほしいと思います。

CIMG3525.jpg

【県南地区第1次予選結果】 3勝1分 得点23・失点0 【2次予選結果】 2勝1分 得点9・失点0
【決勝トーナメント結果】 準決勝戦 1対0 ・ 決勝戦 1対0  「優 勝」 

 県南地区第1代表で福島県大会出場権獲得!