Vamos福島
たくさんのお叱りを糧に・・・
 4月最後の日。午前中3時間近くをクラブバスの中で過ごした。バスの中で昼寝!?なわけではなく、昨日のドロドログランドでの試合の勲章!?がバスの床にべったり・・・(何を言ってるか分かりますか?)

 バスの床及び椅子の下等々を二度入念に水ぶき、乾いた後に更に二度入念にからぶき、椅子を1席1席からぶき、その後入念に掃き掃除、試合中止の判断が下るまでバスの中で待機していた子ども達の暇つぶしの痕跡(お絵かき跡)が窓にべったりでその窓ふき、その他etc

 これだけのことで3時間近くもかかるの? どうぞ、車内をじっくりご覧になって下さい。床に顔が映るぐらいになっていますから!! (誇大表現でした!(苦笑))


 その後、事務所へ。既に仕事をしていた小松コーチと合流。週末の打合せ等々。

 その後、市内某所にて、明日のイベント『Jリーグ観戦ツアー』の移動の車内で行うビンゴ大会の景品の買い出し。今回の景品は、なかなかの掘り出し物ばかり。白熱したビンゴ大会になること間違いなし!!

 景品買い出しついでに、氷を作るパット!?をたくさん購入。事務所の冷蔵庫の冷凍室は、氷作りのパットで大変なことに・・・

 夕方からはガールズのスクール。本日は、6名のみの参加者であったが、1時間半、思いっきりサッカーを堪能したんじゃないかなあ・・・と思いました。最後のミニゲームは高校生vs小、中学生の試合を行い、私も高校生組に入ってプレーしたのだが、小、中学生のがんばりにはびっくり仰天! めきめき力をつけてるなあ・・・しみじみそう思いました。


 明日から5月。クラブの活動を通して、たくさんの子ども達と楽しい時間をたくさん過ごしていきたいなあ・・・心からそう思っています。「みんな、5月もどうぞよろしくね!」



 ところで、最近というか、今に始まったことではないのですが、お叱りの言葉を受けることがたくさんあります。電話、メール、ブログのコメント・・・・・・その度ごとに、頭を金槌で殴られたような!?気持ちになります。

「そんなつもりなど全くないのに・・・」「そんな風に受け取られているのか・・・」はたまた、「俺は、このクラブを運営する資格はあるのか・・・」等々 本当に辛く苦しくなります。

 しかし、そのお叱りの言葉は、真摯に受け止め、改善する必要のあることは素直に改善しよう!そう思っています。(以前だと、ただ腹を立てていただけの自分だったような気がしますが・・・)


 「子供ありき」このことを常に忘れず、どんなに耳の痛い言葉にも、平穏な気持ちで接していこう! 素直にそう思っています。

  
 こんなことをブログで吐露するのは・・・と思ったのですが、「おまえは、言ってることを分かっているのか!」と思っている方々に、「私なりに理解しています!」と伝えたくて、意を決して書かせて頂きました。

 素直に気持ちを述べたつもりです。素直に受け取って頂ければ幸いです。
本当、ビックリした~!
 本日、全日本少年サッカー大会福島県県南地区予選2次リーグ戦初日。グランド状況劣悪の中始まった試合。結果は・・・予選4試合が終了した時点で、荒天のため中止に。この続きは、5月2日(日)に行われることになりました。全日本の大会に関してのコメントは、気持ち的にまだ封印しているところがあるので、予選終了後、どば~っと!?はき出しますので、それまでは・・・


 帰宅後、ジュニアユースで活動している次男が、学校の部活動でバドミントン部に入部すると言うことで、ラケットを買いたいというので、お付き合いで市内某スポーツ店に行ってきました。そこで、驚くべきことを目の当たりにしました。それは・・・


「バドミントンのラケットなんて(こんな言い方はバドミントンをこよなく愛する方々に大変失礼なのですが)、たかだか2~3000円がいいとこだろう。」

 
 なんて思っていたのだが、そんな考えは大大大大大間違いだった!!!!!!

 バドミントンのラケットと言えば、2本セットで羽根(シャトル!?)付きが定番だと思っていたのに、と~んでもない!

 10000円を超えるものがざら・・・・・・・20000,30000円の物も。思わず、「はぁ~!!!」とラケット売場の前で絶叫してしまいました。

 そのスポーツ店には今まで、何度も何度も行ったことはあったのですが、バドミントンコーナーに足を運んだのは初めて。と言うか、そんなコーナーがあったことすら分からなかった・・・


 「今、バドミントンの競技人口が爆発的に増えてるんですよ!」

 「バドミントンのラケットは、高性能で、技術の集大成のようなものなのですよ!」

 「ラケットは非常に繊細なものなので、当てどころが悪いと、すぐに折れてしまうんですよ!」

 「オグシオの使っているラケットなんて、それはそれはビックリする金額ですよ!」etc

 高価なラケットがずら~っと陳列されているバドミントンコーナーに圧倒されて、呆然と立ちつくす私に向かって、店員さんは、「あんたオモチャのラケットしか知らないド素人だな!」と言わんばかりに、矢継ぎ早に説明をし続けてくれました。(苦笑)


 それにしても、本当に本当に本当に驚愕でした。『目から鱗』とはまさにこのことだと思いました。(『目から鱗』ってこんな時に使って良かったんでしたっけ!?国語の先生・・・)

 


 度肝を抜かされたためと自分の無知さにほとほと嫌気がさしたため、その後、痛んだ心を癒しに!?思わず息子と娘と3人で、山の中の温泉に行ってしまいました。(関係ないか!?(笑))
独り言
 今あなたの欲しい物は何ですか?と聞かれたら、あなたなら何と答えますか?

 私は迷わず、「バスが欲しい!」と答えます。


 「えっ、クラブバスあるよね?」


  そうです。大金をはたいて!?買った豪華な!?クラブバスが1台あります。しかししかし・・・

 
  とにかく、もう1台バスが欲しいのです。欲しくて欲しくてたまらないのです。


  今日、知り合いの中古車屋さんに行くと、「ちょうど良いのが入ったよ!」と言って見せて貰ったバスは、それはそれは、よだれがしたたり落ちるほどほしくてたまらないバスでした。豪華絢爛!?なバスでは全くないのですが、価格も手頃!?で、走行距離もまずまず。全くもって「超欲しい!」と叫びたくなるほどでした。

 しかし、しかし、しかし、その手頃な値段すら、現時点では、どう逆立ちしても出てこないのが現状です。


 「我慢しなさい!」

  分かってるんです。そんなことは・・・・・ けれど、今のクラブの活動には、どうしてももう1台のバスが欲しいんです!!!


 「そんなに言うのなら、私が買ってクラブに寄贈してあげよう!」


そんな大スポンサーが現れないかなあ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・全くの独り言ブログでした。


(事務所の品々が呼びかけで揃ったもんだから、調子にのってんじゃないの!そんな声が聞こえてきそうですが、何度も言いますが、興味のない人に発信している気はさらさらありませんので、ご了承あれ!!!)


☆明日開催する予定であった、第9回テレメディア東北カップキッズサッカー大会を順延しました。(5月9日に)理由は、悪条件の中で、小学2年生以下の子ども達にサッカーをさせたくない!と言うのが大きな大きな理由でした。参加各チームの皆さんに順延理由を伝えると、皆一様に納得して下さいました。5月9日(日)は、最高の天候の下、サッカー大好きちびっ子達の歓声が、グランドいっぱいにこだますることを願ってやみません。「え~、明日試合したかったなあ。」そう思いながらガッカリした気持ちで寝てしまったみなさん、本当にごめんなさい。でも、5月9日は、絶対絶対すばらしい天気にするからね。いや、前の日から・・・ それまで、今よりももっともっと上手になって試合の日を迎えて下さいね。楽しみにしていま~す!!!
それぞれの旅立ち
 突然ですが、本日の朝、21才の姪っ子(妹の長女)が宮崎県へ旅立って行きました。実は、この子の名付け親はこの私。だから、思い入れがたくさんあって・・・


 理由は詳しく述べるほどではありませんが、結婚を控えての嬉しい嬉しい旅立ちでした。しかし、やはりそんな旅立ちでも、涙は止まりませんでした。

 「見送られると辛いからこなくていいから・・・」

 メールでそう告げられていたのですが、そうは言われても、やはり・・・

 朝7時過ぎの新幹線で行くことが分かっていたので、私と学校に行く前の息子と娘と、私の妹(姪っ子のお母さんである妹ではなく、もう一人の妹。実は、私には妹が二人、弟が一人いて、私は4人妹弟の長男でありまして・・・そんなことはどうでも良くて、実は、姪っ子の母であるもう一人の妹は、涙涙・・・で駅まで送ってきた車の中で号泣していて出てこれないでいました。それも納得で、この4月には次女が専門学校に行くため東京に行き、続いて長女の旅立ち。一人ポツンと取り残される状態になってしまったことになり・・・そんなわけでの大号泣。)とその娘と5人で見送りに行きました。

 駅のプラットホームには、ここ白河から東京に通勤していると思われるサラリーマンがたくさん。そんな中、人目もはばからず声をあげながら、泣きじゃくりながら抱擁する姿。サラリーマンの目には、どんな光景に映ったのでしょうか・・・しかししかし、そんな目なんてどこへやら。涙涙涙・・・・・の旅立ち応援団!?でした。


 「お見送りありがとうございました。涙をこらえることは無理でした。(泣)改めて、私には、本当に素敵な家族が居るんだって実感しました。(泣泣)宮崎に行っても、くじけずに頑張ってみます。  お母さんのこと、本当に宜しくお願いします。」

 
 新幹線が出発してから1時間ほどしてから送られてきたメール。どんな言葉を送り返そうか考えて・・・


 「元気に行っておいで!Y(姪っ子の名前)の第二の人生の始まり始まり~(笑笑笑)その旅立ちに立ち会えて、本当に本当に良かったよ。見送りされることは、Yにとっては辛いことだったかも知れないけど、新たな人生のスタートを応援にしに行ったんだから・・・  一度きりのYの人生なんだから、思いっきり楽しまなきゃ、思いっきり本気で生きなきゃ、思いっきり思いっきり・・・ね!(笑笑笑)  お母さんのことは、任せて下さい。お母さんにとっては第三の人生!?になるけど、Y以上に応援していくから安心して下さい! 行ってらっしゃい!!!!(笑)」


 今頃、見知らぬ地での初めての夜を、彼女は大きな希望と少しの寂しさとちょっぴりの不安と・・・たくさんの思いを交錯させながら迎えているのだろう・・・


 Yの人生に、大きな大きな幸がありますことを、心から神様に願わずにはいられません・・・




 今から、約1ヶ月前。悲しい旅立ちに立ち会いました。

 その方は、我がクラブに非常に深い関わりを持つ方で・・・

 ホワイトリバーフットボールクラブが主催で毎年夏に開催している『奥の細道サッカーフェスティバル』。今年の夏の開催で10回目を迎えます。(今年は、7月31日<土>から8月1日<日>にかけて行います。このフェスティバルは、今まで小学生対象でしたが、今年から初めて中学生の部も行います。(ただし、中学生は、31日、1日のみの開催になり、会場も、小学生は西郷村、中学生は白河市の施設を使用しての開催になります。))

 このフェスティバルでは、毎年、白河市の伝統工芸品である、白河だるまをいろいろアレンジして参加賞として各チームに贈呈していました。その贈呈品はとても好評で、いつも参加チームの方々に大変喜ばれていました。

 そのだるまの贈呈品を作って下さっていたのは、市内の歴史と伝統あるSだるま屋さん。このだるま屋さんと私が知り合ったのは、かれこれ10年前。このフェスティバルを開催したことがきっかけでした。

「参加してくれるチームに、いろんな大会でもらえるような既製の参加賞(グッズ)ではなく、何か趣向を凝らしたものをプレゼントしたい。例えば、この白河市の何か有名なものを・・・」

 そう考え、一番はじめに思いついたのが、だるま。とは言っても、ただのだるまではな~・・・・・

「とにかく、だるま屋さんに行ってみよう!」 

 そう思い、暖簾をくぐったのが、その後10年来のお付き合いをするようになったSだるま屋さんだったのです。

 訪問したいきさつ、既製品ではなく、オリジナリティにあふれた物を渡したい等々を話すと、最初は困ったような顔をしていたご主人も、話を進めるうちに、

「何かオリジナルなものを考えてみましょう!」

 とおっしゃって下さり、見ず知らずの私の話を快く引き受けてくれました。

 そして生まれた、だるまのキーホルダー、チームのユニフォームカラーに染められただるま等々。

「毎年、夏が近づいてくると、奥の細道で今度はどんな物を作ろうか、いつも主人は楽しみにしているんですよ!」

 4~5年前、奥様がそう話してくれたことが忘れられません。


 そのご主人が、今から約1ヶ月前に、天国へ旅立って行きました。50代半ばの、それはそれは早すぎる旅立ちでした。

 突然の訃報で、本当に驚きました。お寺で行われたお別れの会(お葬式)に行き、祭壇に飾られた写真を見たときに、

 「今年は、こんな物を考えてみたんだけど、どうだい?」

 そんな声が聞こえた気がしてなりませんでした。

 
 心から心からご冥福を送ると共に、これまで、クラブのために尽力下さったことに対し、厚く厚く御礼を申し上げたいと思います。

 「ありがとうございました。そして、安らかにお眠り下さい。」



 
 これからも、いろいろな旅立ちに立ち会っていくことと思う。だって、それが人生だから・・・

 自分も、いつの日か、必ず旅立つ時が来る。だって、それが人生だから・・・

 その日が来るまで、精一杯、力の限り生きていこう!!  その日が来るまで、思う存分、一日一日を謳歌していこう!!

 だって、一度きりの我が人生なんだから・・・
事務所最新状況報告
 『異常気象』 昨今声高に叫ばれている気象状況を彷彿させる雪雪雪・・・先週土曜日の大雪に、おったまげた!?ばかりであったのに、またしても本日・・・春の代名詞の満開の桜の上に、冬の代名詞の雪が覆い被さっているこの光景を、昔の俳人達が目の当たりにしたら、果たしてどんな句を詠み上げたのだろうか。

 【 満開の 桜を見ながら 雪かきし 花見酒かな 雪見酒かな 】 もしかしたら、こんな句になるのかも・・・


 
 そんな中行われた平成22年度最初の巡回指導。第1回目の今日は、今年度で3年目の指導となる[西郷村川谷保育園]。あいにくの天候だったため、保育園所有の芝生のグランドは残念ながら使えず、近くの体育館を借用し行った。(この園の所有する芝生のグランドは、園に隣接した場所にあり、フットサルコート一面位の大きさがあり、立派なミニサッカーゴールが1組常設されていて、それはそれは本当にすばらしい施設で、昨年、サッカー指導をやりやすい環境にするために、ボールが飛んでいかないようネットまで新規に張り巡らされたのである。)第1回目と言うことで、子ども達とのコミュニケーションを図ることに重点を置いて・・・と思っていたのだが、そんなことは全く心配ご無用で、初対面したその瞬間から、子ども達は、えんちゃんこと私とこまっちゃんこと小松コーチを、心の中に全く垣根を作らずに迎え入れてくれた。それがたまらなく嬉しかった。(こまっちゃんも、きっと同じ気持ちであったと思う。)

 「体育遊び、楽しかった!!!」

 帰り際にそう言ってもらえたことが、またまた嬉しかった。(指導中、Mちゃんと言う女の子が私に近寄って来て、私の耳元で、「えんちゃんとこまっちゃんって、かわいいね!」と真顔でつぶやかれた時には、「・・・」であったのだが。(苦苦笑))


 「今年も一年、川谷保育園の子ども達の健やかなる成長の一翼を担えるように、しっかりがんばるぞ~!!!」 

☆来週火曜日は、白河市みのり保育園の巡回指導のスタート。まだ見ぬ子ども達、待っててね~!!!


《事務所最新状況報告》

①電話が来週火曜日(27日)午後に開通します。電話番号は、トップページのクラブ所在地に記載しました。事務所が留守でもクラブ携帯に転送される仕組みになっていますので、安心して!?お掛け下さい。

②本日、テレビを購入しました。DVD内蔵で地デジ対応の新品の22型の薄型テレビを、なんと、29800円で購入しました。超お買い得でした!どこで売ってるのか知りたい方は、お尋ね下さい。こっそり、お教えします。在庫があと数台しかないようなので、早い者勝ちになりますよ!(笑)

③自転車(寄贈)、新品スリッパ3ヶ(寄贈)、物干し竿2本(寄贈)、コーヒーたくさん(寄贈)、新品タオルたくさん(寄贈)、洗濯洗剤、手洗い石鹸(寄贈)、新品テレビ台(寄贈)、FAX付き電話(寄贈)、全てたくさんの方々のご厚意で揃えることができました。感謝感謝感謝感謝感謝・・・・・・言葉で言い尽くせないくらいの感謝のオンパレードです!

④感謝をしておきながら、更にこれが揃うと言うこと無し!(事務所作り完成)の、「あったら良いなこんなもの」はと言うと・・・
・掃除機 ・バスマット、トイレマット、台所マット ・なべ、フライパン、包丁、まな板等々の調理器具 皿、フォーク、スプーン等々の食器用具 ・寝袋(布団)数ヶ(数組) ・大きめのこたつ布団  ・あとは、え~と・・・・事務所に実際に来て頂き、「こんな物があるといいんじゃないのかな・・・」と見繕って頂けると・・・、そうそう、夏用の扇風機2台ぐらいと、事務所で食事会をやる時に、ホットプレートなんかあるといいかも・・・それと~~~~~古くてもいいので、マイクロバスを1台購入したいと思っています。誰かホテル等の関係者の方で、バスをリニューアルさせるので、安価で払い下げするよ!と言う方、又は、そんな関係のお知り合いの方がいれば、ぜひぜひご一報下さい!!車関係のお仕事をしている方でも結構です。ぜひぜひ情報提供をお願いします!!
(あくまでも、上記の品々は、あったら良いなあ・・・と思っているだけですのであしからず。「おまえは、まだ物乞いする気か!それっぽっちの物ぐらい、自分で買えよな!」などと憤慨しないで下さい。興味のない人に、なんとかして下さい!などと訴えているつもりは毛頭、いや微塵もありませんので。あくまでもあくまでも、クラブ事務所を一緒に作り上げていきたい!と思っている方々へ、甘えてわがままを言っているだけですので・・・しかも、新品で買うより、これは誰に頂いた物、これは誰に・・・みんなで作り上げたって感じがして、なんかとっても心地良いんですよね。しかもしかも、事務所に遊びに来たもらった時に、「これは私があげた物!」なんて思ってもらえたら、この事務所の一端を担っているって満足感に浸ってもらえるような気がして・・・ただそれだけなんです。(笑))

 
 以上が事務所最新状況です。


 明日は、2週間ぶりの完全オフ。しかし、午前中は、クラブ車の修理&事務所で仕事。午後は、協賛依頼回り&米缶依頼回り。そして、頭の中は、一日中、翌日に行われる全日本地区予選のことでいっぱいに・・・
お花見ツアー
本日、お師匠さんと二人で白河花見ツアー!?を行ってきました。

CIMG3356.jpg

昨日、急遽白河に来たお師匠さん。(別に師弟関係を結んでいるわけでもなんでもないのですが、私が勝手にそう呼ばせてもらっています。(笑))せっかく白河に来ているならと、お忙しいとは思いつつも、強引に連れだし!?花見ツアーを敢行しました。

  
 まず最初に行ったのは、『乙姫桜』見学。白河市役所のそばのお寺の桜。お寺の名前は・・・え~と・・・とにかく超有名!?な桜のようで、平日にも関わらずたくさんの観光客が訪れていました。

 次に行ったのは、『お城山公園の桜』見学。これまた平日にも関わらず、たくさんの人が・・・。そんな中を二人でぐるっと散策して来ました。桜とお城と遠くに見える雪に覆われた那須連邦の山々のコラボレーションが何とも言えぬ風情を醸し出していました。

 次は、ちょっと休憩を兼ねながら、オープンした事務所に来て頂き、部屋の中を見て頂き、「☆三つ頂きました」!?

 最後は、『南湖公園の桜』見学&食事。こちらも平日だと言うのに、人人人・・・桜の下では、会社員風の人たちが花見を・・・仕事は!?といった感じでした。そんな中、茶店で白河そば(南湖そば!?)と南湖団子を賞味しました。そしてそこでたくさんくさんの話をしました。相変わらずエネルギッシュで、たくさんのパワーを頂きました。

 「本気で一生懸命がんばっている人を見ていると応援したくなる!」その言葉に、「応援してもらえる人にならなければ・・・!」改めてそう心に誓いました。


 早速、クラブのスポンサーに名乗り出て頂きました。本当に本当にありがたいことです。ホームページ内トップページの協賛広告【うおせい】がその証です。ここは、お師匠さんが千葉県木更津で営んでいるお料理屋さんで、味は私のお墨付き!?です。昨年お店に招待して頂き、手厚いおもてなしを受けた際に振る舞われた魚料理の数々は、今思い出しただけでも、パブロフの条件反射のように、よだれがだらだらと・・・(笑)。とにかく、ブログ愛読者の方々でそちらにお出での際には、ぜひとも立ち寄って頂きたいと思っています。


 約2時間半ほどのツアーでしたが、本日の天候のように、お師匠さんと過ごしたこの時間は、とってもとっても温かでとってもとっても心地よい時間となりました。


 「がんばろう!」改めてそう思えた一日となりました。


 「師匠、見ていて下さいね。いつの日か、今日の桜のように、大輪の花を咲かせて見せますから!!!」


☆明日は、今年度初の保育園での巡回指導。先陣を切って、まずは西郷村の川谷保育園の年長児の指導。果たして、今年はどんな子ども達と出会うのだろうか・・・こまっちゃんとえんちゃんの二人で100才!?コンビでちびっ子パワーに負けないようにがんばるぞ~!! オ~!!!

(今年度の巡回指導の保育園は昨年度と同じ3園。どしどし増えていってほしいと思っています。年度途中でもいつでも受付ておりますので、幼稚園・保育園関係の皆様、ご依頼お待ちしておりま~す!小学校ももちろんOKです!)
最近気になって仕方がないこと
 最近気になって仕方がないことがある。

 アイスランドのエイヤフィヤトラヨークトル氷河の火山の大噴火は、本当にビックリ。その影響で、ヨーロッパの空の玄関は、全てシャットアウト。出ることも入ることもできないで、空港で足止めをされている方が何万人もいる。私がこんな呑気にブログを書いているこの時間にも、空港の待合室の椅子の上で、寝苦しい一夜を明かす人がどれほどたくさんいることだろうか。気になって仕方がないが、悪いけれど、一番ではない・・・(ただし、心から一日も噴火の影響が解け、我が家へ帰れることを願ってやみません。)


米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、移設先の最有力候補に挙がってきた鹿児島県徳之島で、大規模な反対集会が開かれ、参加人数は、島の人口約2万6000人の半数を超す約1万5000人となったとのこと。風光明媚な徳之島を必死で守ろうとするその姿に心打たれた。気になって仕方がないが、悪いけれど、一番ではない・・・
(ただし、この問題が、誰もが納得する形で解決することを期待してやみません。)


 中国で約10日後に開催される上海万博のPRソングが、日本のシンガーソングライターの曲と酷似していて、盗用されたのではないかと疑いを持たれている。曲を聴き比べると、素人の私が聞いても、酷似というか、言葉は悪いが、まさに『パクリ』そのものだと思った。RPソングを作ったとされる中国の作曲家のコメントは、「あの曲は、部屋の中を歩き回りながら浮かんだメロディーを書き上げたものだ。」と言っているようだが、「嘘付け!」と言った感じである。果たして本当は一体・・・気になって仕方がないが、悪いけれど、一番ではない・・・(本日、上海万博実行委員会よりそのシンガーソングライターの事務所に楽曲使用申請があり、これを快諾したとのこと。以下はそのライターのコメント。「このたび上海万博実行委員会さんより『上海万国博覧会公式PRソング』に『そのままの君でいて』の楽曲使用の依頼をいただきました。世界中が注目するイベントである上海万博に協力させて頂ける機会を頂き、とても素敵なお話で光栄です。今後も、一音楽家として頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。」きっと嫌な思いをしたにも関わらずこのコメントを発することができるこのシンガーソングライターの器の大きさに、脱帽である。見には行けませんが、いや、行きませんが、上海万博の大成功を祈ります!!(笑))



 そんな世界中を日本中を震撼させる気になる出来事が頻繁に起こっている今日(こんにち)の中で、私が最も気になっていることは・・・


 頭の脂肪種(良性)を取る手術を受けたのが、今年の2月2日。今日は4月20日なので、あれから約80日経ったことになる。術後の経過は順調かどうかあまり定かではないが(と言うのも、寒くなるとズキズキ痛んだり、時々頭皮が!?つっぱたりする感じが残っているので・・・)、それでも、手術前の頭の痛みは全く解消された。髪の毛も、『1ヶ月に1㎝伸びる』と言われているように、約2ヶ月経ったので、約2㎝伸びてきた。しかし、しかし・・・・・大きな傷口からは一本の毛も生えてこない。つまり、傷口の周辺は髪が生え、傷口の所だけ、ぽっかり穴が空いたようなと言うか、ぼこぼこの髪の毛の状態になっているのです。(想像がつきにくい表現ですが・・・とにかく不揃い極まりないのです。(大泣))なんだか、白髪も増えてきたような気がするし(本当は、髪の毛を染めようかとも思っているのですが、染色剤が傷口に悪影響を与えるような気がして染めるに染めれず・・・)・・・この髪の毛、と言うか、この頭、一体どうなってしまうのだろう・・・と、ここ最近の中で一番気になって気になって仕方がないことなのです。


 「なんだよ、そんなことぐらい!!!そんなこと気にするなら、もっと、違うことを気にしろよ!!」


 それはそれはごもっともなご意見が、火山灰のごとく、雨あられと空から降り注いで来るような気がしますが、先日、小学生の娘が、「髪の毛のいっぱいあるパパが良かったなあ・・・」と以前の私の写真を見てぽつりと一言言われてしまったこともあり、その期待!?にこのままの状態では、二度と応えられないのではないか・・・と非常に淋しい思いでいっぱいになっており・・・・・・・・・・


 このまま髪の毛が伸び続け、傷口がぽっかりしていたら、一体どんなヘアースタイルになるのだろうか・・・(泣泣泣泣泣泣泣泣泣 号泣・・・)   
焦らず 一歩一歩 着実に!
春の珍事!?金曜日の夜に降った大雪のため、週末はドタバタ劇。

①福島市で行われる予定であった『県北キッズサッカーフェスティバル3・4年生大会』中止。
②須賀川市で行われる予定であった『小学5年生&ジュニアユースの練習試合』中止。
③送迎時の事故防止のため土曜日の全クラスのスクールを中止。
④日曜日に行われる予定であった全日本少年サッカー大会県南1次予選がグランド状態悪のため24日に順延。

「サッカー大好きっ子のみんな、本当に本当にごめんね。雪だけは、止めれなかったよ~(泣泣)」

 と言うことで、土日の行動を全て公開!?

【土曜日】
 「ようし、こうなったら事務所作りを行おう!」と100円ショップに。そこで48点の品物を購入。その後、事務所へ。購入したものを取り付け、その後は、押し入れに山積みになっている大会参加時の写真の整理&部屋への展示。この作業になんと5時間もの時間を要してしまい・・・作業が終了し、(と言うか、もうヘトヘトになってしまい最後までやりきることができませんでした。)時計を見ると、午後7時。明るいうちに事務所入りしたのに、外は既に真っ暗・・・昼ご飯をカップヌードル1ヶでよくもここまでがんばったものだ!と、部屋一面に展示された写真を眺めながら、自己満足。それにしても、疲れた疲れた~!!!(お手伝いをしてくれたY君・Jちゃん、ご苦労様でした!そして、私が写真整理に没頭している間、事務作業をしていた竹内さん、本当に御苦労様でした!!)


【日曜日】
 ジュニアユースは予定通り練習試合。しかし、グランドが良くなるまで体育館でフットサルを行うことに。しかししかし、どう見ても良くなる気配もなく、グランドが使えるいわき市のチームに連絡し、急遽1時間30分かけて移動。
別世界の中で、夕方までみっちり試合。ご苦労様でした!そして、急遽の試合の要請を快く引き受けて下さった、いわき市のリベルダード磐城のチームの皆さん、そして、代表の長岡氏に心から厚く厚く御礼申し上げます。この借りは、必ず必ずお返ししますから!!!長岡氏の御礼の要望、絶対忘れませ~ん!!!

 そんな中、私は、朝5時30分出発で茨城県鹿嶋市へ。 

 優コーチこと娘のチームが新潟から昨日の大雪の中8時間かけて来て(どういうわけか、この移動には実は私も一翼を担っていて・・・どんな風に担ったかは企業秘密です!(笑))大会に参加していると言うことで全日本の予選が順延されたためオフになったので急遽見学&激励に行くことに・・・(本当はジュニアユースの試合に・・・とも思ったのですが、こんなことでもなければ、娘の試合もなかなか見れないと思い・・・・・鹿嶋にいながらにして、「グランド使えそうもないから、どこかグランドが使えるところで練習試合でもしてくれるチーム見つけてほしいんだけど・・」のそれはそれはあまりにも急遽な要請に迅速に対応したのですから、小学生の試合がなくなったのに、ジュニアユースの試合に行かず娘のもとにきたことも、小松監督、お許し下さいますよね・・・(苦笑))
  
 

「ホワイトリバーのみんな、優コーチ、一生懸命がんばってたよ!!チームメートも、対戦相手も、みんなみんな、高校女子サッカー界では天下に名をはせた強者共が集う中で、小学校まではホワイトリバーで5年間サッカーをがんばっていたけれど、中学校ではバスケット部、高校では、ほとんど活動しない女子サッカー愛好会に籍を置き、6年間と言う長い長い時間、まともにサッカーをやっていなかった優コーチが、スター軍団の中にいて、雑草魂で一生懸命汗を流してがんばってたよ!!」

以下の写真は、その様子のほんの一コマです。(背番号6が優コーチです。)

CIMG3301.jpg
CIMG3331.jpg
CIMG3316.jpg


「みんな上手くて焦る・・・自分は下手くそで、体力もなくて・・・」

前に優と話していた時に、ボソッと言った言葉の意味が、今日の試合を見ていて分かったような気がしました。

しかし、焦る必要など全くないと思います。(こんなことをいつぞやのブログで書いたような気が・・・)


試合後、監督さんと話をしました。(元女子プロサッカー選手と言うこともあってか、言いしれぬオーラがばちばち出ていて、思わず緊張しながら話をしてしまいました。しかも、格好いいし・・・)

「これだけのそうそうたるメンバーの中で、優のように経験のほとんど無い子がうちの学校に、うちのチームに入ってくれたことが、何より嬉しいんです。優は、スポンジのような子です。教えたことをどんどん吸収していってます。たった2週間で随分と成長しました。時間が全てを変えてくれると確信しています。」


優が飛び込んでいった先にあった環境、めぐり会った仲間、そして、素晴らしい指導者との出会い、どれもこれもうらやましくて仕方がありません。(これも前に言ったような・・・)

「あなたの持ち前のガッツがあれば、監督さんの言っているように、必ず時間が解決してくれると私もそう思います。
焦らず、じっくりと、目の前のことに、ただひたむきに取り組んでいって下さい。自分を信じて、仲間を信じて、指導者を信じて・・・」

 それにしても、女子サッカーのレベルが、これほどまでに高いとは、正直驚かされました!!!


 優の試合が終わっていざ帰路へ・・・と思ったのですが、その会場から5分ほどのところには、あの鹿島スタジアムが・・・しかも、今日はちょうど鹿島スタジアムでJリーグの開催日。(実は、このことは、優のチームのみんなに差し入れを買いに行った時に気がついたのですが・・・)このまま帰るのは・・・とスタジアムへ直行。鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島戦を急遽観戦することに・・・試合は0対0でしたが、中味が濃く満足満足!! やはり、スタジアムで見る試合は、テレビで見るより100倍面白い!! 5月1日のJリーグ観戦ツアーに参加のみんな、今から、思いっきり楽しみにしていて下さ~い!!!

 
 と言うことで、20時過ぎ頃白河到着。まっすぐ自宅へ・・・と思ったのですが、今日も竹内さんが事務所に来て、いろんな仕事をしていってくれていたので、その成果を拝んでから帰ろうと思って事務所に立ち寄って見ると、ジュニアユースの試合を終えた小松監督とばったり・・・思わず1時間近く話し込んでしまいました。帰りには、昨日の写真整理等ででた山のようなごみ(5袋分のごみ)を集積所に運んで、さようなら。

 それにしても竹内さんの仕事ぶりは本当にすごい。このことに関しては、クラブの仕事を見ていても、いつもそう思わされていたのですが、部屋を見てびっくり。あまりにもその迅速な対応ぶりに、改めて脱帽!でした。「貴重な休みの2日間、本当にお世話になりました。本当に本当にありがとうございました! 明日は、頂いた自転車で早速セブンに買い物行ってきま~す!」 


 以上、春の珍事の大雪で私が過ごした2日間の行動報告を終了します。


☆ 実はパソコンの調子が非情におかしくて、このブログを書き上げるのに3時間近くの時間を要してしまいました。なぜかと言うと、ブログを書いている途中に、どういうわけか、突然消えてしまうのです。そのため、もう一度書き直し。そしてある程度時間が経つとまた消えて、そして書き直し。その繰り返しで、半狂乱!?になりながらの本日のブログ作成となりました。現在深夜2時。本当は今日は早く寝るつもりだったのに・・・夕方から右側の上と下の奥歯が痛くて痛くて物が噛めない状態になっていて、「絶対寝不足!」と自覚症状満点状態。こたつで寝る日々が続いていることも影響しているような・・・早く寝るつもりで、パパッとブログを終わる予定であったのに、このパソコンのお陰で・・・パソコンも体ももう限界なのかも・・・(泣笑)
「このガスレンジですか!」
 昨年度までは毎週金曜日がオフだったのですが、今年度から完全オフの日は、2週間に1回だけの金曜日になってしまいました。理由は・・・


 本日は、午前中事務所に行き事務仕事。午後から、知人の紹介で、郡山市文化センターで行われた今流行の!?『食育教育講演会』に参加してきました。食育教育!?どうせ・・・正直そんな気持ちで臨んだ会でしたが、九州在住の助産婦さんによる2時間の講演会は、「あっ!」と言う間に過ぎ去ってしまうほど中味の濃いもので、なぜか途中何度も涙を流してしまいました。理由は・・・下記に本日の講演会で私がメモをとったものを記載したいと思います。断片的でよく分からないかも知れませんが、想像力をかき立てて、内容を察してみて下さい。

・今の子供達を、どんな子供に育てたいですか? 子供を育てると言うことは、いずれ大人になる人間を育てているんだと言う意識を持つことが大切!

・人は、そこにいるだけで価値がある。

・生まれることは奇蹟 生き続けることも奇蹟

・食べること、寝ること、遊ぶこと=子供達の生きるための権利

・あなたは、「あんな人になりたい!」と思ってもらえるかっこいい大人ですか?

・大人が笑えば、子供は必ず笑う。母親の笑顔は何よりも大切。

・子供の頃の記憶を、生きる力にしてあげよう!

・「早寝、早起き、朝ご飯」昔は当たり前だったことを、今の時代はこんなスローガンが出ると言うことは、まさにほったらかしの象徴である。

・人間は、気にしてもらえるのが最高の幸せ。

・子供は、できるんです!それなのに、大人がやらせないだけなんです!

・行動が変わらなければ何も変わらない。思うだけ言うだけでは何も変わらない。今日から何をするかが問題です!

・子供が自分で生きていけるすべをいつ教えるんですか。高校受験が終わってからですか?子供が成人になってからで すか? 子供と親がずっといれる時間など限られているんです。すべを伝えるのは、一緒にいれる今この時なんじゃ ないですか!

・大学生の食生活知っていますか?9割以上がコンビニ通い。まともに自炊できる子なんてほんの一握り。それは当たり前のこと。自炊の仕方を誰にも教わってないんですから。そのことを親は、あまりにも理解し無さ過ぎます。


・生きたくても生きれない人がいる、笑いたくても笑えない人がいる。あなたは生きている、あなたは笑える。それな のに、どうしてそれを実感しないのですか? どうして笑って暮らせないのですか?

・食べることは生きること


 本当は、こんなメモはほんのほんの貴重なお話の一端に過ぎなくて、あの感動を上手く伝えることができないのが、とってもとっても残念で仕方がありません。内田先生、本当にすいません・・・・


 講演会終了後(15:00過ぎ)、家にすっとんで戻り(16時過ぎ)、着替えをして西郷村の体育館へ(17時過ぎ)。今日は、月2回のキンダースクール(17時30分~18時20分)(今年度のキンダークラスは、毎週火曜日と月2回の金曜日の計6回を設定)とガールズのスクール日(18時30分~20時)(ガールズは昨年度まで火曜日に行っていたのですが、ホワイトリバーFCやジュニアユースとの兼ね合いから、今年度月2回金曜日に実施することになりました。)と言うことで、私の完全オフは月2回になったというわけです。ご理解頂けたでしょうか・・・


 キンダークラスは現在5名。(スタート当初は2名だったでの、1ヶ月も経たないうちに倍以上になりました!)ほとんどの子供達が火曜日に参加していたので、「もしかしたら今日は誰も来ないかも・・・」と思って体育館に行ってみると、既に、一人きているでは・・・慌てて車を降り体育館へ。参加者は、その子ひとり。「たった一人のキンダースクール」しかし、お父さんとお兄ちゃんも来ていたので、一緒に混ざって頂きスクールを行いました。お父さんとお兄ちゃんには、それはそれは大活躍してもらって、感謝感謝でした!!!


 夜、そのお父さんからメールを頂きました。内容は、息子さんが今日のサッカーが楽しくてたまらなかったと言うことを、何度も何度も家族に話しているという内容のものでした。わざわざご丁寧にそのような連絡を下さり恐縮すると同時に、とってもとっても嬉しい気持ちになりました。


 「サッカーが楽しくてたまらなくなってほしい!」「体を動かすことが大好きになってほしい!」そしてそして何より、「子供にコーチとして、いや、一人の人間として受け入れてもらい、大好きになってほしい!」その人間関係が築けなければ、どんな指導も成立しない!!改めて、子供との関係作りの大切さを認識した日となりました。何もこれはキンダークラスばかりでなく、どのクラスにも、どの関係にも言えることであると思っています。



 キンダークラス終了後、Vamos福島ガールズの今年度最初のスクール。「お待ち遠様でした!」と言った感じで、第1回目のスクールが行われました。9名の子供達が参加。(小学4年生から高校3年生まで)1時間30分の時間がこれまたあっという間に過ぎてしまいました。終了後、子供達から、「どうしてガールズの練習は、月にたった2回しかやらないの? もっといっぱいやりたい!!」との熱い熱い要望の声を送られました。「そうだよ、もっとやりた~い!!」

 この思いを何とかしてやらねば・・・心の底からそう思いました。「環境を作ってあげるのが大人の役目」全てのオフを返上し・・・でもなあ・・・でも、子供達、本気で言ってたもんなあ・・・・・・・



 そんなこんなで、オフじゃなくなった金曜日は終わりました。


 ところで、昨日、Kさん(保護者の方。ファンヒーターを頂いたKさんと食器棚を頂く予定のKさんと全く別のKさんです。)から頂いたガスレンジを、本日午前中に事務所に設置しました。ガス屋さんに来て頂き設置したのですが、その際、そのガス屋さんから思いがけない一言を聞いて、思わずと言うか、ものすご~くビックリ仰天してしまいました。


 「このガスレンジですか。保護者の方に寄贈して頂いたのは!!」


 思わず、「はっ!?」と一瞬あんぐりと口を開けたまま固まってしまいました。


 すると、全く面識のないそのガス屋さんから一言。

 「ブログ読んでますから!」


 確かに、インターネットは世界中に発進され(先日もカナダからコメントが入っていましたらから)、全く見ず知らずの方もこちらが発進した情報をキャッチすることぐらいは分かっているつもりでしたが、そのガス屋さんの一言には、本当、おったまげた!と言った感じでした。インターネット、恐るべし!!!(Kさん、それはそれは新品同様のガスレンジ、本当にありがとうございました。これで、寒い寒い冬もしのげます!?<笑>)


 最後になりますが、ガールズのスクールを終えて、体育館の外へ出て、本日2度目のビックリ仰天。な、な、な、な、なんと雪が降ってるでは、あ~りませんか!!!それも、パラパラの雪ではなく、本格的な雪が・・・・今外を見てみると、まるで冬景色のように一面、雪雪雪・・・・桜がまもなく満開の時期を迎える季節だというのに、なんなんだ、この雪景色は!!!

 明日は、福島市での3・4年生大会の引率。(5年生とジュニアユースは須賀川市で練習試合。その他の学年は通常のスクール。)バスのタイヤを今週夏タイヤに履き替えたばかりだというのに、明日、一体どうすりゃいいのだろうか・・・完全に途方に暮れています。(大泣泣泣)

 異常気象のバカヤロー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


☆本日、5月1日に実施する『Jリーグ観戦ツアー』の申し込みをAM9時~行ったのですが、27名の定員が即日埋まってしまいました。定員に達した後でお申し込み頂いた方々、本当に申し訳ございませんでした。次回のツアーの際には、バスをもう1台増やし、参加定員を増やせるようにしますので、今回は、残念ながら我慢して下さい。それにしても、反応の早さにビックリすると共に、当たり前のことかも知れませんが、このクラブには、サッカーに対する興味を持つ人が、たくさんたくさんいることを改めて感じた一日でした。

 それにしても、今日は何度ビックリすることが続いたのだろうか・・・・
ホームページリニューアルオープン!
 2008年12月に開設したクラブホームページ。あれから約1年と4ヶ月。アクセス件数約77000件。1ヶ月平均約4800件。1日平均約160件のアクセスを頂いてきました。(この数字が多いのか少ないのかは、何とも言えませんが、一人でも二人でも・・・の方が、ご覧頂いているだけで、感謝感謝の気持ちでいっぱいです。)


 そのホームページを、本日リニューアルしました。ホームページ管理会社、オフィス塩田様と協議に協議を重ねて作り上げた自信作!?となりました。(自己満足でしょうか・・・それでも満足満足!!<笑笑>)


 これからもクラブ会員はもとより、世界中のたくさんの方々に様々な情報を発信すると共に、アクセスしてくれた方に感動と喜びを与えられる内容もりだくさんのホームページにしていきたいと思っています。今後ともどうぞよろしくお願い致します!


 【リニューアルオープンしたホームページの主な特徴】

 ①大会参加等に日程等を記載した文書を会員の方々にその都度配布してきた文書(大会参加承諾書を含)を、ホームページ内に『会員専用ページ』を設け、その中にPDFファイルで記載し、いつでも自由にご覧頂けるようにしました。(印刷ももちろん可能)これで、文書配布の日に、都合によりスクールを欠席した方も、次のスクールまで待たずに文書を手元に受け取れるようになります。(インターネットを利用されない方には、今まで同様、紙文書での配布を行いますので、ご安心下さい。)ただし、この文書は、スクール計画表のように誰でもが自由に閲覧・印刷できるものではありません。『会員専用ページ』へ入るパスワードが必要になります。(ホワイトリバーはホワイトリバー専用のパスワード、フットサルクラブはフットサルクラブ専用のパスワードがあります。)このパスワードに関しては、後日、携帯メールにてお知らせをします。

 ②協賛企業の広告欄(バナーと呼びます)を一目で分かりやすい場所に位置づけました。これで、クラブをご支援下さる企業・団体の方々の存在!?を鮮明なものにできます。たくさんの方々のご協力をお待ちしております。どうぞどうぞふるってクラブのスポンサーになって下さい。よろしくよろしくよろしくお願い申し上げます!!!

 ③イベント・大会等の告知をど真ん中に大きく掲載し、誰が見てもはっきり分かりやすいものにしました。「クラブ主催でどんなことが行われているの?どんなことが行われようとしているの?」一目瞭然です!

 ④先日オープンしたクラブ事務所の所在地を記載しました。全ての窓口の拠点になります。後日、事務所の場所を記した地図も記載しますので、お近くへお越しの際は、どうぞお気軽に遊びに来て下さい。『憩いルーム』も着々と整いつつありますので、ぜひともぶらっとお立ち寄り下さい!(電話・FAX番号に関しては、現在、新規工事中ですので、番号が決まり次第、事務局所在地お知らせコーナーに記載します。)



 以上が主な特徴になっています。


 
 VAMOS福島スポーツクラブホームページを今後ともどうぞご贔屓に!!!


☆本日、市内村内の学校へのチラシ配布願いを行いました。(昨日のホームページでお知らせ済)今年は、どの学校でも門前払いをくうことなく!?快く配布の依頼を引き受けて下さいました。(ただし、各学校の考えで、児童一人一人にチラシを配布してくれる学校もあれば、昇降口のあたりに「自由にお取り下さい」のような感じでドサッと置く学校もあればその対応はまちまちなのですが・・・)この場を借りて、厚く厚く御礼申し上げます。
事務所着々!
 事務所作りが着々進行中!

 中古OS機器(大大大安価でパソコンセット2台&複合機購入)が揃い、その後、石油ファンヒーター(寄贈)、新品カーテン(購入)、新品ジュータン(購入)、こたつ<ただしこたつ布団はなし>(寄贈)、中古冷蔵庫(大特価で購入)、中古電子レンジ兼オーブンレンジ(大特価で購入)、中古洗濯機(大特価で購入)、中古書類ケース2台(大特価で購入)、中古座布団5枚セット(大特価で購入)、新品掛け時計(購入)、ゴミ箱(寄贈)、灰皿(寄贈)、食器棚(近日中に寄贈される予定)、ガスレンジ(近日中に寄贈される予定)、電気ポット(近日中に寄贈される予定)、行事予定記入板(近日中に中古品を購入予定)、カップヌードルたくさん(寄贈)、コップ10ヶ(寄贈)、事務所看板(近日中に寄贈予定)、パソコン載せ台(レンタル)等々の品が揃いました。


 徐々に徐々に、事務所&憩いの場!?になりつつあります。しかし、まだまだ完成には至らず・・・


 テレビ・掃除機・FAX付き電話・スリッパ・すのこ(お風呂に敷く物)・物干し竿・洗濯物干し器・布団・こたつ布団・ヤカン・包丁・まな板・調理器具・調味料・洗剤、スポンジ等々の洗い物用具・トイレ掃除用具・風呂セット・食器・コーヒーセット・コーヒーカップ・鏡・自転車・歯ブラシセット・トイレマット・玄関マット・台所マット・回転座椅子・ハンガー(ビブスを干したり・・・)・洗濯用洗剤・文房具セットetc


 ご寄贈、いつでもいつでもいつでもお待ちしております。

(事務所内の壁一面に、歴代チームの写真を展示し、各種大会で優勝して頂いたたくさんの優勝カップを展示する予定です。後日、事務所の住所をお知らせしますので、お近くをお通りの際には、ぜひともお立ち寄り下さい!)


 明日は、市内村内へのクラブ員募集のチラシ配布のお願い歩き。果たして校長先生方の許可が出るかどうか・・・

 「玄関で門前払いをくらってしまった。(泣泣泣)」

 昨年の同時期に行った配布願いでの小松コーチの一言。果たして、今年はその学校では玄関をくぐれるかどうか・・


 『渡る世間は鬼ばかり』じゃないはず。当たって砕けろじゃないけれど、クラブの活動理念をしっかり話し(話を聞いてもらえればだが・・・)、しっかり理解して頂き、まだ見ぬたくさんの子供達にたくさんの保護者の方々に、たった1枚の紙切れ(チラシ)を通してこのクラブのことをまずは知ってほしい!心からそう願うばかりです。


 果たして、結果はいかに・・・・・
元気で何より!
 小学校教諭をしていたのは18年間。そのうち、6年間、養護学級の担任をしていた。養護学級には、知的障害・自閉症と医師から診断された子供達が在籍していた。養護学級は、現在、特別支援学級と呼ばれている。(もしかしたら違っていたらすいません。)読んで字のごとく、特別に支援を要する子供達が集う学級である。


 最初に赴任した学校で教員をしていた頃、養護学級(その当時はそう呼ばれていた。)の先生が退職し、その学級の担当を決めるのに、校長が四苦八苦していたことを今でも思い出す。なぜなら、誰もその学級の担当をしようという先生がいなかった。なぜなら・・・ 教員3年目の私にも声が掛かった。その時、周囲の先生から、「断りなさい!」と厳しい口調で言われたことをやはり今でも鮮明に覚えている。理由は、なんとなく分かった気がした。しかし、なぜか断る自分に罪悪感というか、上手く表現できないが、嫌悪感を覚えた。結局、翌々年に定年を迎える年配の先生が担当した。


 それから8年の歳月が経ち、地元白河に戻って、市内の学校の教諭になった。その学校で、養護学級の担当だった先生が転勤することとなり、空白となった。やはり8年前と同じように、担当はなかなか決まらなかった。私に打診があった。私は迷わず担当を快諾した。その瞬間、8年前の罪悪感というか嫌悪感というか何とも言えなかった思いが、すっと払拭されたことをこれまたつい昨日のことのように思い出される。

 
 養護学級の担当を引き受けた要因は、8年前のこともあったが、その当時、3人の子を授かり、親の目線で物事を考えられるようになったことが大きなきっかけになった。


「もし、自分の子供が、何か障害を持って生まれてきていたら、親として、どんなにか辛い思いをしていただろうなあ。障害があろうとなかろうと、親にとって、子供はかけがえのない存在。そんな大切な子供を預かり、誠心誠意教育するのが教員の仕事。普通学級だろうが養護学級だろうが、そこに何の区別があるというのだろうか。大切に大切に育てられている子供にかわりはないんじゃないのか。ましてや、障害を持つ子供だからこそ、親の気持ちを十分に察し、できる限りの教育を施す必要があるんじゃないのか! もし、我が子が障害を持っていたら、どんな思いで学校に子供を通わせ、どんな思いで先生に子供を預け・・・」


 その学校を転勤するまでの6年間、ずっと養護学級の担当をし続けた。


 それまでの11年間の教員時代とは比べものにならないほど、毎日毎日が勉強で、毎日毎日が悪戦苦闘で、毎日毎日が充実していた6年間であった。本当は、こんな短い簡単な言葉で振り返るなんてできない長い長い時間であったのだが、そこで繰り広げられた様々なエピソード、様々な思い等々を語る場ではないような気がするので・・・


 しかし、これだけは言える。


 「養護学級の担当になって本当に良かった。外見的には確かに障害を持った子供達かも知れないが、心の中は、健康そのもの。純粋で清らかで、そんな子供達に6年間接していて、教員としてと言うより、一人の人間として自分の心が
綺麗に洗い流されるような感覚を常に感じていた。(どう表現して良いか、上手い言葉が見つからないけれど、いつもピュアな心で過ごすことができていた。)保護者の方の思いをそれはそれは痛いくらい感じ、自分にできることを、子供達に自分ができることを、とにかく精一杯成し遂げよう!6年間、ずっとずっとそう思い続けていた。この人になら、自分の子供を託せる!そう思ってもらえるように・・・いつもいつもそう考えていた。もし自分の子供が・・・保護者にも子供にも信頼される教師、いや、心と心がしっかり通い合える人間でいたかった。」(綺麗事を書いたつもりは全くありません。当時思っていたことを、素直に記述しただけですのであしからず。)



 なんで、突然こんなブログを書いたのかというと・・・


 今日のルーキークラスのスクール迎えを行っている時に、その当時担任していたYちゃんとMちゃん(この二人は、小学校入学から卒業まで6年間担任をしたのです。つまり、私が養護学級の担当を行ってそして終わるまでの6年間・・・)に偶然会ったのです。二人とも傘を差しながら、歩道を歩いている姿を見かけ、突然車を止め、


「Yちゃん! Mちゃん!」と呼びかけると、びっくりした顔をしながら、「遠藤先生!!」と二人とも絶叫・・・ 現在、養護学校の高等部の2年生の二人。今はその帰りであることをはっきりとした口調で応えてくれた二人。
「なんだ、その髪の毛!!」と、私の頭を指さしながら大笑いする二人の姿をみていて、なぜだか思わず胸が熱くなってしまいました。 「二人とも、元気で良かった~!」ただただそのことがなんだかとっても嬉しくて嬉しくて・・・

 
 だから、今日の偶然の出会いの記念にこんなブログを書いてみたくなったのです。以上です。

☆今日のスクールに参加した子供達を見ていて、なんだかいつも以上に愛おしくてたまらない気持ちになりました。
先生に戻った気分!?
 本日、ジュニアユースの練習試合が行われ見学!?に行ってきました。会場は、栃木県那須塩原市高林中学校。胸をお貸し頂いた対戦相手は、高林中学校サッカー部・黒磯中学校サッカー部・大田原中学校サッカー部の3校でした。会場の高林中学校のロケーションは最高で、学校の後ろにそびえ立つ○○○山(名前を聞いたのですが、忘れてしまいました。(苦笑))と学校がとてもマッチングしていて、思わずうっとり!?してしまいました。

 今日の試合は、中学2年生の2名が、地区トレセンの選考会に参加したため1年生のみでの試合。相手は、巨漢揃い!?の3年生・2年生。胸板厚っ!!の猛者達にのぞむは、細っ!!小さっ!!の我がVAMOSの面々。結果は・・・1勝2分。厳しいチャージにはるか彼方に吹き飛ぶ者、至近距離からバズーカ砲のうようなボールを体で受けふんずるかえる者、・・・・者等々続出にも関わらず、気持ちだけは決して屈することのない選手の姿を見て、「お主達、なかなかやるなあ!!」と思わず独り言をつぶやいてしまいました。

 焦らずじっくりとしかし確実に、1歩1歩成長していってほしい! いや、必ず成長していく! そう確信した一日となりました。



 ところで、本日の昼食は、高林中学校サッカー部の保護者の方々が作って下さった昼食を、中学校の職員室で頂きました。予期せぬ接待に、多少の戸惑いはありましたが、せっかくのご厚意を無にしては・・・と思い、遠慮することを控え頂くことにしました。まさに、手作りの料理の数々。初めてこのような形で昼食を頂き、恐縮するやら、感謝感激するやら、・・・・やら、本当に高林の保護者の方には大変なるお世話になりました。会場を提供して頂き、試合の相手までして頂き、更に・・・このご恩は、一生忘れません!と言うか、必ず倍返しをしなければ・・・心の底からそう思いました。「本当に、ありがとうございました!ご飯も、おかずも、豚汁もとっても美味しかったです!!ひとりで果物をバクバク食べていた我がVAMOSの小松監督は、それはさぞかしもっと感激していたことと思います!!!小松に成り代わり改めて御礼申し上げます(笑)。本当に本当にありがとうございました!!!!」


 ちなみに、食事をした場所は、中学校の職員室の中。日曜日だというのに、教頭先生を始め、たくさんの先生方が仕事をしていて、教員を辞してから4年目になるが、改めて、「先生って大変な職業だなあ!」と思わされました。そんな職員室の片隅でとった昼食。なんとなく、教員をしていた頃を彷彿とさせ、懐かしいやら、・・・やら、サッカーの試合で来た学校で、なんとも複雑な心境に陥ってしまいました。(別に悪い意味ではありません。)



 最後になりますが、本日の試合に際し、会場校となった高林中学校サッカー部顧問のY先生、何から何までお世話になってしまい、本当にありがとうございました。この場を借りて、御礼申し上げます。今年の1月末に行ったジュニアユースフットサル大会の際に初めてお会いし、「今度はぜひとも11人制のサッカーをしましょう。」のその時の約束!?が果たせて本当に嬉しかったです。今後とも、末永い交流を持たせて下さい。何と言っても、高速を使えば、移動時間は、たった30分ですから!!


 また、今回の試合の橋渡しをして下さった、高林FCのFさんにも心より御礼申し上げます。私からの申し出を快くお引き受け下さり、Y先生との交渉等、本当にありがとうございました。これからはY先生に直接お話できることになりましたので、お手を煩わせなくてすむかと思います。リーグ戦が立て込んでいて非常に、いや非情に!?大変な週末になっているようですが、時間が空いたら、ぜひともこちらにいらしてほしいと思っています。(高林小学校の場所を本日確認しましたので、もちろん伺うこともできますので!何と言っても移動時間30分ですから!!)話は変わりますが、米缶のご協力、どうぞよろしくお願い致します!!(笑)


 
 ☆明日からは日中より事務所での仕事の開始。とその前に、保育園・幼稚園回りをしてから・・・。今週は、月曜日から金曜日まで毎日のスクール。日中は、明日の園回りを筆頭に、市内・村内の十数校の学校を回っての会員募集のチラシ配布のお願い、クラブのスポンサー依頼、米缶の営業etc、鬼のような1週間になりそうです。その他にも、様々なことが・・・・・とにかく、ひとつひとつのことに全力で携わっていくことをここに誓います!!
THE 開幕!
 本日、全日本少年サッカー大会県南予選が開幕。我がホワイトリバーフットボールクラブは、1勝1分で発進。「負けはしなかったものの、この引き分けは・・・」。いろいろなことが頭を駆けめぐるが、決して状態が悪いわけではないので、子供達の歯車がしっかり噛み合うように修正してあげて、来週日曜日に行われる予選2試合では、子供達の良さを十分に引き出させてあげたいと思っている。「決して悪いわけではない」と言う言葉の裏腹にある「決して良くもない」と言う含みを「とても良い」に変えるには、やはり、全ては指導力(修正力・子供達の良さを十分に出させる力等々)であると言うことは、十分に認識していることである。「2勝を勝ち取ることができなかったことも確かに悔しさとして残るが、それよりも何よりも2試合共に、全員をピッチに立たせることができなかった。」このことが、今も悔やまれて悔やまれて仕方のないことである。

 「公式戦なんだから、そんな甘いことを言ってる場合ではないだろう!勝ちにこだわって、固定メンバーで戦え!」

 そんな言葉がどこからか聞こえてきそうだが、私は決してそうは思いません!

 「公式戦の緊張感あふれる試合だからこそ、ベンチ入りメンバー全員にその緊張感を味わってほしい。その緊張感の中でプレーする経験が、今後の力になるのだから!一部の選手だけがその味を知って、他の選手は・・・皆一様にサッカーが大好きで、皆一様に日頃から努力していて、皆一様に夢を持っている・・・上手い下手の差はあるかも知れないが、がんばっている差はどこにもないのだから・・・だからこそ、全員ピッチに立たせたいし、立たせる義務が私にはあると思っている。なぜなら、誰よりも、一人一人のがんばりを目にしているのだから・・・だからこそ、2試合目に一部の選手のみでの試合になってしまったことを、今こうしていても悔やまれて悔やまれてならない。来週こそ、全員の力を結集して戦いたいと思っている。なぜなら、サッカーはチームスポーツなのだから・・・ベンチに座って応援していることだけを好む選手は絶対に存在しないのだから・・・チームだけが勝てばよい!我が子がピッチに立ってがんばる姿を見なくてもいい!と思う親はどこにもいないのだから・・・」

 「みんなが一歩一歩確実に成長する、そしてそんなみんなで勝利を目指す!」このことを改めてしっかり肝に銘じたい。(もちろん、この思いや考えが時として達成できない場面もあるかも知れない。ただ、常にこの思いを念頭に置くことを決して忘れたくはない。)



 ホワイトリバーが第34回の全日本福島県県南予選の開幕を迎えた日に、ホワイトリバーOBである高校生の息子も、『福島県F1リーグ』(このリーグのことについての詳細な説明は割愛するが、高校生のリーグ戦は、東北地方で言うなら東北6県のトップクラスの高校が集まる【プリンスリーグ】を筆頭に、その次の位置づけとして、各県の上位チームの高校が集まる【F1リーグ】、その下のリーグの【F2リーグ】、そしてF1・F2リーグ入りを目指し凌ぎを削る【各地域リーグ(県南・県北リーグ等々)】に分かれていて、息子の高校は、昨年F2リーグで上位となり、今年からF1リーグに進出した。本日はその初戦。2対0の完勝だったとのこと。試合後には、近年めきめき力を付けてきた高校としてクローズアップされ、テレビ局からの取材を受け、来週月曜日に何かの番組で放送されるとのこと。

 「優勝を目指します!」(これは今年1年でプリンスリーグ入りを目指します!と言う言葉の表れ)と先日の新聞でチーム紹介コーナーに記載されていた短くも決意がこめられた監督のコメント。

 影ながら、心から応援したいと思います。「がんばれ、学法石川高校サッカー部!!!がんばれ、走!!!」



 新潟に武者修行の旅!?に出かけたホワイトリバーOGの優コーチこと我が娘の開幕(北信越リーグ戦)もいよいよ明日から行われるとのこと。(先ほど、ブログで確認)6年ぶりの本格的なサッカーに、多少戸惑いながらの日々をこの短期間送ってきたようで、心も体も、少々悲鳴をあげていたようであるが、ようやく落ち着きを取り戻し、焦らずじっくりとしかし着実に歩み出したようである。細かいことに一喜一憂せず、自分がその扉を開けて飛び込んだ初心を忘れず、自分が抱いた夢に向かって、ひたむきに、まっすぐに、脇目もふらず、前進あるのみの精神で突き進んでいってほしいと思っている。迷ったり、悩んだり、悔やんだりするのは、やるべきことをとことんやった者だけが感じること。あなたは、まだ、そのスタートに立ったにすぎない。とにかく3年の時間を有意義に過ごしてほしいものである。石の上にも3年。まずこの1年は、悩むより先に、がむしゃらにただひたすらがむしゃらに、大好きなサッカーボールと共に過ごすべき!!!ただただがむしゃらに・・・


            「がんばれ、CUPS!!!がんばれ、優!!!」



 THE 開幕! 全てのサッカー大好きっ子達に幸あれ!!!



☆本日夕方、事務所にOS機器が完備。これで、とりあえず明日から事務仕事が事務所で行うことができる。オフィス塩田様(社長さん・野口さん)には、何度も言いますが、感謝感謝・・・です。また、クラブ保護者のKさんからは、石油ファンヒーターの差し入れがありました。お陰様で、暖かいところで仕事ができます。これまた感謝感謝・・・です。別の保護者のKさんからは、後日、食器棚他を寄贈してもらえることに。本当にありがたいことです。しかし、まだまだ憩いの場にはグッズが不足状態です。先日ブログで記載した『欲しい物一覧表』を寄贈して頂ける方を随時大大大募集しておりますので、遠慮無く(笑)お申し出下さい。お待ちしておりま~す!!!掃除機やカセットコンロなども追加募集します。「この番組は、みなさんのご依頼から成り立っています!」(これは金曜深夜のテレビ番組ナイトスクープで司会の方が毎回コメントすることでした。そんな番組知らない!?え~っ!!!)じゃなくて、「我が事務所は、みなさんのご厚意により成り立っています!!!」   チャンチャン♪♪♪
平成22年度初のオフの一日
 AM 8:40~9:10 次女の授業参観出席 4年生の算数の授業を見て、その内容にただただ感心。

「98-87=9 76-67=9 43-34=9  97-79=18 64-46=18 53-35=18
96-69=27  74-47=27 52-25=27  95-59=36  62-26=36 51-15=36」この計算式からどんな法則が見つかりますか? 見つかった人は、○-○=45の○に入る数をすぐ見つけられるはずです! 

 思わず目から鱗の授業でした!


 AM 9:30 事務所入り  幼稚園・保育所回りをするためのチラシ印刷 1袋50枚入りのチラシを、15袋作成。

 AM10:15 事務所出発 (最初の保育園に向かう途中、事務所に電話回線を引く業者から電話が入り、20分以上立ち往生)

 AM11:00 最初の保育園訪問 なんと園長先生は、我が娘息子が保育園時代にお世話になった先生で、チラシ配布でお邪魔したにも関わらず、昔話で30分以上大盛り上がり。次の予定があるのに・・・(苦笑)

 AM11:40~PM3:00 その後、六つの幼稚園&四つのの保育園を回り事務所に到着。昼食もとらずに回っていたので、おなかペコペコ・・・(泣)本当は、まだまだ回る予定であったのに、予定外の園訪問が続き、チラシと名詞がなくなってしまったため、本日の園巡り!?はひとまず終了。ただし、まだまだ回るところがあるため(来週月曜日に実施)、その分のチラシ20袋を更に印刷作成。ただ、印刷機がきーきー鳴っていたのが気になって気になって・・・


 PM3:30 帰宅  遅い昼食(カップヌードル&納豆ご飯)に大満足!しかし、こんな食生活を続けていたら果たして・・・と少々不安に・・・

 PM4:00~6:30 事務作業開始。眠気に襲われながらも必死に・・・

 PM6:40 自宅出発 フットサルクラブ会場へ(息子を送り)

 PM6:55 会場へ息子をおき、スタッフの竹内さんと少々の打ち合わせをして、ホームページ管理会社へとんぼ返り。

 PM7:20~8:40 管理会社で、ホームページの打ち合わせ(近日中に、ホームページをリニューアルさせるため、そのための入念な打ち合わせを行う。その後、事務所に置くパソコン等の話をし、なんと、その場で会社にあるものを安価で譲り受け、明日、事務所内に事務作業ができる環境機器が全て揃ってしまいました。オフィス塩田様、毎度のことながら、本当お世話になりありがとうございます!!!)

 PM9:00  打ち合わせを終え、ダッシュでフットサル会場へ。指導を終えた山崎監督と水野谷コーチと立ち話。事務所を1500円でお貸しすることに決定!なんのために・・・(冗談ですから!!!)

 PM10:00 自宅到着 娘の入学式で昨日から家内が留守のため、実家で遅い夕食を食べさせてもらう。私的なことながら、実家の母親には、本当にお世話になりっぱなしで感謝と同時に本当申し訳ない気持ちでいっぱいで・・・長生きしてもらってたくさん親孝行しなければ・・・


 PM10:30過ぎ 自宅の居間に戻ると、明日の試合に備えてユニフォームやら何やらを自分できちんと用意して一人で寝ている次女の姿に気づき、なんだか胸が熱くなるのを感じる。2日間、朝から晩まで母親がいなくてそれでも自分のことは自分で全てこなす娘を見ていて、ただただ感心。「そんなことは当たり前!」なのかも知れないが、だらしない父親には、出来過ぎた娘の姿が、それはそれはまばゆく光り輝いていたのです!!!!!!!


 以上、平成22年度初のオフの一日でした。チャンチャン♪♪♪


 それにしても、今日はたくさんたくさんの園長先生方と、たくさんたくさんの話をしたなあ・・・

☆明日は5時過ぎに起床。どうかどうか絶対に起きれますように・・・(泣泣)布団で寝たら、絶対に起きれないので、このままこたつで・・・朝起きたときに、体中痛いんだけど、熟睡したらきっと起きれないから・・・あ~あ・・  
事務所開設!
 昨日の暖かな陽気とはうってかわって、今日一日の寒いこと寒いこと・・・夕方から行ったホワイトリバーFCのスペシャルクラス&ジュニアユースのスクールに参加した子供達は、気候の移り気さを思う存分体感した2日間となったのではないでしょうか。明日は、いよいよホワイトリバーFCのルーキー&チャレンジクラスのスタート日。果たして、グランド(屋外)でできるのか、はたまた、体育館(屋内)でできるのか、果たして結果はいかに・・・


 話は、一転して、VAMOS福島スポーツクラブ創立3年目にして、事務所を開設することになりました!
今まで、事務所というものはなく、遠藤宅(自宅)を事務所兼用にして活動してきたのですが、石の上にも3年目にして、ついに事務所を持つことにしました。

 と言っても、事務所を建てたわけではなく、市内のアパートの一室を借りての開設になるわけですが・・・

 所在地に関しては、後日、ホームページ上でお知らせするようにしますが、とにかくどんな形であれ、事務所を持てたことは、クラブ発展の第1歩だと自負しています。

 しかし、クラブ資金が潤っているわけでもないので、なんとか安い安い物件を探していたわけで・・・

「ホワイトリバーさんのことは、前から存じてました。力になれるのであれば・・・」と、今回事務所としてお借りすることになったアパートの大家さんの言葉。毎月の家賃も○○円位しか支払うことができないので、それぐらいの物件を探しているのですが、なかなかなくて・・・と話をすると、なんと、大家さんはその金額でお部屋をお貸ししますよ!とのこと。それはそれは、ビックリ仰天!!!と同時に、その大家さんが神様に見えたわけで・・・○○円はご想像にお任せしますが、部屋の大きさ、駐車場の広さ(バスも常駐させても構わないと言われるほどの広さ)等々を考えても、この金額では絶対にありえないこと。

「いつもいつも一生懸命がんばっているのを拝見していますので、低料金で部屋をお貸しすることで、私にも一役かわして下さい!」

こんな人がこの世の中にいたなんて・・・今まで、続けてがんばってきて良かった・・・捨てる神あれば拾う神あり!?・・・とにかく、またまた温かいご支援を頂き、VAMOS福島スポーツクラブの事務所を開設することができる運びとなりました。


 しかし、しかし、部屋は借りたはいいが、資金不足のため、事務所としての機能を果たすには、あとどれくらい掛かるのか・・・つまり、事務所らしくするために、物を揃えていかなければならないのですが・・・・・


 部屋は、二間あり、一間をパソコン等を置いて仕事部屋に。もう一間は、お客さんが来た時などに接待する応接室(兼スタッフミーティング室&憩いルーム&ワールドカップ観戦室&飲み会で帰れない人のための宿泊所等々)にしていこうという構想を練っています。(アパートなので、ちょっとした台所も、トイレも、お風呂もあります。ただし、光熱費を少しでも軽減するために、それらは必要最小限しか使用しないつもりでいますが・・・)


 事務所開設に伴い、恥も外聞も顧みず、このブログの愛読者の方々に、お頼み申します。

「各家庭で不要になったもので、安価でいや、ただ(無料)で、事務所のために生活必需品をお譲り頂ける方を、大大大大大募集致します!下記にざっとあったらいいなあ・・・と思う物を書き記しますので、お恵み頂ける方は、遠藤までどうぞお申し出頂ければ・・・と思っています。哀れな子羊をお助けたま~え!!(泣泣笑)」

 
・デスクトップパソコン2台 ・プリンター ・電話(FAX付) ・こたつ ・ヒーター ・扇風機 ・カーテン 
・絨緞 ・お風呂マット ・照明器具 ・冷蔵庫 ・洗濯機 ・物干し竿 ・コップ ・茶器用具 ・ 戸棚 
・事務机 ・書類棚 ・布団 ・ソファ ・本棚 ・座布団 ・事務所看板 ・スリッパ ・時計 ・洗剤 ・食器
・電気ポット ・ヤカン ・ガスコンロ(LPガス用) ・テレビ ・ビデオ ・灰皿 ・行事予定表板  
・う~ん、あとはなんだろう・・etc とにかく事務所(仕事場&憩いの場)らしくなるためのものが・・・

 ブログ愛読者の方々の反響があることを信じて待ちたいと思います。『家宝は寝て待て』(こんな時に使うことではないような気がするのですが・・・)

 もちろん、全くクラブで調達しないわけではありませんので・・・ただ、たくさんの理解者の方々がたくさん集い、そんな人たちの支援の固まりが、事務所内を形作っていったら、どんなにかすばらしいことかなあ・・・そんな風に思って、『言葉にするのは一時の恥、言葉にせぬは一生の恥』との自作の格言をモットーに、今日のブログを綴ってみました。チャンチャン♪♪


 ☆クラブの子供達も保護者の方もたくさん遊びに来てもらえるような、そんな事務所にしていきたいなあ・・・場所は、白河市の青果市場の道路を挟んで向かい側の辺になります。そのうち、4号線の白河大橋(多分そんな名前だったような・・・)から、クラブのバスが見える日が近いと思っていて下さい。(郡山方面から東京方面に向かって橋を渡ると左下の方に見えるはずです。) 明日の午前中は、事務所兼用だった我が家から、重たい重たい印刷機(大会参加文書や大会プログラム等を印刷する機械)を運んで移動させます。ぎっくり腰にならないことを願って・・・
ホワイトリバーFC発進!
 4月6日(火) 公立の小中学校の平成22年度の開幕日!?

 そんな良き日を祝うかのように、春爛漫の絶好の天気。ピッカピカの1年生♪♪の皆さん、明日から楽しい楽しい学校生活を送って下さいね!!


 学校の開幕日にあわせて!?、ホワイトリバーフットボールクラブのスクールも本日からスタート。まずはその先陣をきって、キンダークラスから。参加者は2名。「えっ、それしかいないの?」そうです。それしかいないのです。しかし、私から言わせれば、2名の子供達が参加してくれただけでも万々歳!と言うのも、昨年度までキンダークラスだった子供達は、全員小学生になったため、21年度終了時点でキンダークラスの会員数は0名。新年度になってから、もしかしたら、キンダークラスは開店休業状態になるのでは・・・と思っていたのですが、最初のスクールから2名の方が体験に訪れてくれて、しかも、体験後、即入会。本当に感謝感激でした。キンダークラスは、前年度同様、スクールの半分の時間を親子で行うことにしています。(もちろん、保護者の方が望むことが条件で、親子で活動することを強要するものではありませんので、あしからず。)

 「最初から、こんなにも楽しそうに活動してくれるとは思っていませんでした。ぜひ入会しますので、どうぞよろしくお願いします!」

 こんな言葉を、他のクラスでもたくさん聞けるようにがんばろう!!っと。


 その後は、スペシャルクラスのスクール。昨年度チャレンジクラスだった中から選抜された者9名が新たに加わり31名でのスタートとなった。最初は緊張した面持ちに包まれていた新加入者の面々も、時間を追う毎に伸び伸びとしたプレーを随所に見せ、これからの活動がとても楽しみになった。

 「チャレンジクラスとは違って、大変なこともたくさんあるけど、その分、どんどんレベルアップできる気がするので、明日からもがんばりたいと思います!」

 今日初めてスペシャルクラスで練習してみてどうだった?の問いに新4年生のM君がはきはきと応えてくれた言葉。

 「今日の練習楽しかったなあ。明日はどんなことするの?」と帰りがけに私に問いかけてきたM君(上記の子)の期待を裏切らないメニューをしっかり考えなければ・・・・・


 本日最後のスクールの締めは、ジュニアユースの練習。本来は11名なのだが、1名が先日の練習試合で故障してしまったため、10名に。(T君、先はまだまだ長いよ。今は、じっくり静養して、一日でも早く完治させることに専念して下さい。君の大好きなサッカーボールは、どこにも逃げはしないから!!)「10名しかいないの?それで練習になるの?」なるんですよ、十分に!小松監督のきめ細かい指導の下、2時間びっちり繰り広げられるトレーニング。「この練習を積み重ねていけば、きっと素晴らしい選手が育ち、素晴らしいチームになっていくだろうなあ。」様子を見ていて、しみじみとそう思いました。と同時に、「この指導を、もっともっとたくさんのサッカー大好き中学生にも受けてほしいものだなあ。」とも思いました。

「本格的にサッカーをやってみたい中学生諸君! 指導の経験豊富なサッカーの専門家から専門の指導を受ける場が、ここにはありますよ!将来君が夢を叶えるための基盤作りをするのに大切な中学生年代の輝かしい時間を、Vamos福島ジュニアユースで過ごしてみませんか。君のサッカー人生が、バラ色になること間違い無しだよ!!」


 スクール終了後、早速昨日紹介した米缶のプレゼント。既に、夕ご飯で食べた人もいるのかな?  間違っても、顔に落書きなんかしてないよね・・・・(泣泣泣)
VAMOSオリジナル米缶完成!
 『米缶』って何!?

 読んで字のごとく、お米の入った缶のことです。


 『米の入った缶』って何!?

 小サイズのコーヒー缶の大きさの缶に、お米が入っているんです。


 『お米が入っている』ってどんなこと!?

 既に洗浄されたお米が、真空状態の缶の中に入っているんです。


 『それって食べられるの!?』

 もちろん、食べれます。無洗米(既に洗浄されているため、通常お米はとぎますがその必要はありません。)ですの で缶を開け、水を入れて炊くだけなのです。(美味しい食べ方は、缶に記載されています。)福島県産のコシヒカリ が入っていますので美味しいこと間違いなし!


 『製造元はきちんとしているの!?』
  
 もちろんです!須賀川市にあるお米を扱う農林水産省認可会社が製作したものですの、バッチリお墨付きです!!
 缶にきちんと所在地が記載されています。(缶底には賞味期限もしっかり印字されています。)


 『VAMOSオリジナル』ってどういうこと!?

 缶のラベルが、この世にたったひとつしかない、オリジナルなデザインになっているのです。百聞は一見にしかず! 写真をご覧あれ!!!

CIMG3296.jpg


 『この米缶をどうするの!?』
 
 平成22年度VAMOS福島スポーツクラブ継続入会及び新規入会の方々に、入会記念にプレゼントします。
 (と言っても限定200個ですが・・・・・変な顔が写っているから、いらないよ!などと言わずに、ぜひとも受け 取って下さいね。<泣笑>)


 『どうしてこんな米缶を作ったの!?』

 細かく言えばきりがないのですが、一言でいうなら、この米缶でクラブの発展をサポートしていくためです。それ以 上は説明するよりも、今後の活動状況をご覧頂けると一目瞭然になるかと思います。「米缶が、VAMOSを成長さ せる!」なんのことだかわけがわからないかも知れませんが、とにかく、VAMOS福島スポーツクラブの発展拡充 のためのひとつの切り札!?と思って下さい。


 以上、『VAMOSオリジナル米缶』の説明でした。チャンチャン♪♪


※いよいよ明日から平成22年度ホワイトリバーフットボールクラブのスクールの開始。まずはキンダークラス2名の新規入会の子ども達との出会いから始まり始まり~!!! 
 
桜咲く季節
 先日、千葉遠征(千葉県野田市)に行った際、グランド周辺の桜が満開に近い状態で咲き誇っていました。子ども達は、その見事な咲きぶりに、ただただ感嘆の声声声・・・

 それにしても、ここ福島の桜の開花は、まだまだ先のことなのに、千葉県では・・・狭い日本、されど、広い日本!


 本日、ホワイトリバーフットボールクラブ【スペシャルクラス選抜チーム】は、昨日の千葉遠征を終えたばかりで多少の疲れの残る中!?、同じ白河市内のチーム主催の大会に参加。(実は、選抜チームは、3月26日~今日4月4日までの10日間の間に、東北大会(3日間)・千葉遠征、埼玉遠征(各1日間)・そして本日の大会参加と10日間中6日間、サッカー漬けになっていました。)津川、本間両コーチのもと、疲れなんてなんのその!の意気込みでがんばり、優勝の栄冠に輝きました。サッカー漬けでがんばった春休みのご褒美を、サッカーの神様がくれた!本気でそう思っています。今週土曜日から始まる全日本少年サッカー大会県南地区予選、神様が微笑んでくれるようなプレーをたくさん披露してくれることを、期待するばかりです。


 ホワイトリバーFCが地元で活躍している頃、私は、茨城県日立市で行われたフットサル大会(新中学1年生対象)に鈴木コーチと12名の子ども達と共に参加してきました。と言っても、私の仕事は、バスの運転とほんのちょっと応援することだけでしたが・・・  ただ、久しぶりにフットサルの試合を見て、と言うか、フットサルクラブの子ども達の試合を見て、とってもワクワクした気持ちになったり、感心させられたり、○○○たり・・・・なんだかとっても新鮮な気持ちになると共に、こんな子ども達を育てることができる、フットサルクラブ担当の山崎監督・鈴木コーチのその手腕に、ただただ「お見事!」の言葉をかけたい気持ちでいっぱいになりました。大会結果は、圧巻の優勝!相手がどうのこうのと言うより、フットサルの醍醐味を思う存分披露できたことに対し(もちろんまだまだの部分も多々あるとは思いましたが)、『圧巻』という言葉を敢えて使わせて頂きました。近日中に、新6年生を対象に新規の説明会を開催します。(中学生対象の説明会は行いませんが、随時中学生も募集しています!)「Vamos福島フットサルクラブ、最高ですよ!」声を大にして言いたいと思います。技術向上間違いなし!人間形成間違いなし!入会、お待ちしております!!!(もちろん、ホワイトリバーFCもジュニアユースもガールズもサッカースクールも、みんなみんな最高ですので、こちらもたくさんたくさんたくさんのサッカー大好きっ子達の入会をお待ちしておりま~す!!)



 
 寒い寒い冬に耐え、そんな中でも脈々とそして確実に生き、そして春の訪れを今か今かと待ち続けた福島の桜も、まもなく千葉の桜と同じように大輪の花を咲かすことでしょう。いや、厳しい寒さに耐えた分、千葉の桜の比ではないぐらいすばらしい花を咲かすことと思っています!(千葉の桜を愚弄したわけではありませんので、千葉の方、お怒りなく!(苦笑))


 この桜を福島の子ども達に例えると・・・厳しい冬の間、雪に閉ざされ、氷に閉ざされ、グランドは使えず、狭い体育館の中での活動を余儀なくされ、週末は土を求めて南へ南へ三千里!?の旅旅旅・・・・・


 さあ、いよいよ春。子ども達は、どんな花を咲かせてくれるのでしょうか。
平成22年度キックオフ!
 3月30日~4月1日の3日間、平成22年度の先陣をきって、小松監督の下、ジュニアユースの活動が開始された。(石川町の施設で2泊3日の合宿し、その間、県南地区の中学校サッカー部、県北地区の強豪クラブとの練習試合を行ったり、走り込みを行ったり・・・練習試合のお相手をして下さったチーム関係者の方々、胸をお貸し頂きありがとうございました。そして、宿泊・グランド等々でお世話になった施設の皆様、ありがとうございました。お陰様で、ジュニアユースが本格的に始動することができました。これからもいろいろとお世話になることと思います。どうぞよろしくお願い致します。と同時に、このブログをお読み頂いているジュニアユース<中学生>チームをお持ちのクラブ及び中学校関係者の方々、試合のお相手、並びに、大会等がありましたら、ぜひぜひお声を掛けて頂きますようよろしくお願い致します。明日は、関東では知らない人はいないであろう茨城県の強豪クラブが我がジュニアユースのホームグランドに来て、胸を貸してくれます。本当にありがたいことです。ちなみに、我がVamos福島ジュニアユースは、11名<新中学2年2名・新中学1年9名>で活動を開始しました。随時入会者を募集中ですので、ご興味のある方は、ぜひともお仲間になって下さい。サッカーが大好きで、皆とっても気のいい子ども達の集まりです。体験入会も随時行っていますので、ぜひ一度遊びに来て下さい。問い合わせは、09051820517<クラブ代表遠藤>まで)


 本日、4月2日は、山崎監督の下、フットサルクラブの活動が始まりました。18名の方(遠くは南会津や郡山から)が前年度より継続して下さり、本当にありがたい気持ちでいっぱいになりました。これもひとえに、山崎監督はじめ、鈴木コーチ、水野谷コーチの一人一人を大切にしながらのきめ細かい指導の賜物であると共に、「フットサルを通して、技術はもちろんのこと、心も体も鍛え抜き、夢の実現を図りたい!」というモチベーションの高い子供達、そして、その子供達を温かい心で支える保護者の方々がいてくれるお陰と思っています。フットサルクラブの新6年生対象の新規説明会を、石川町と西郷村でそれぞれ近日中に行います。18名の中学生と有能な指導者と共に、自分磨きをしたい子ども達、集まれ集まれ~!!!


 明日、4月3日は、ホワイトリバーフットボールクラブスペシャルクラス選抜選手が、千葉県野田市への遠征を行い、ホワイトリバーFCの先陣をきって活動を開始します。日曜日は、市内大会参加、月曜日は、4年生の選抜選手が東京都荒川区の大会参加、そして、翌日よりスクールの開始。「早くサッカーしたいよ~!」と思っている皆さん、今しばらくの辛抱です!それまで、ぜひとも自主練習を!!!(ジュニアユース並びにフットサルクラブ同様、ホワイトリバーでも新規入会者、大大大大大募集です!幼児~小学6年生までのサッカーが大好きな君、体を動かすことが大好きな君、お友達を作りたいな~と思っている君、○○○・・・な君、いつでも待ってます!本当に待ってるからね!)


 他にも、VAMOS福島サッカースクールが、7日(水)の浅川校をかわきりに、8日(木)大信・矢吹校、9日(金)須賀川校と続々始まります。また、小学校中学年~一般の女子を対象にしたVamos福島ガールズのスクールは、16日(金)に今年度の初めてのスクールを実施します。スクール並びにガールズも随時入会者を募集しています!!!巡回指導は、4月22日の西郷村川谷保育園が最初の指導になります。今年はどんな子ども達が待っているんだろう・・・



 と言う感じで、平成22年度のVAMOS福島スポーツクラブの活動が始動しました。「このクラブに入って良かった~!このクラブに子供を預けて良かった~!このクラブに園児を託して良かった~!etc」1年後に、そこかしこからこんな声が聞こえてくるように、スタッフ一同がんばっていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。


☆本日、オフを利用して、新潟に3年間のサッカーの修行の旅!?に行った優コーチこと、我が娘の優のもとを訪れてきました。学校を訪れた際は、けがのため別メニューでトレーニングをしていましたが、心配していた気持ちとは裏腹に、マシーンで筋トレをしたり、大好きな!?ダッシュ走をしたりと、とてもがんばっている姿を目の当たりにし、とても安心しました。それにしても、学校は、まさに、サッカー版『虎の穴』といった感じがしました。大好きなサッカーに思いっきり没頭できる環境が整っていて、とっても羨ましい気持ちになりました。3年後の優が本当に楽しみになりました。学校も住まいも高速からすぐ近くで白河から車で2時間半ぐらいで移動できるので、ちょくちょく足を運んで様子を見に行きたいなあと思ってしまいました。『親ばか』だと思わないで下さい・・・(苦笑)


 優の所へ行く前に、アルビレックス新潟のプロの練習場やクラブハウスがある【アルビレッジ】と言う施設に立ち寄りました。それはそれはすばらしい施設で、ただただ感動してしまいました。本当にただただ感動感動・・・でした。「新潟県は、サッカーが文化になっているなあ・・・」感動と共に、心底羨ましくなりました。レストハウスで食べたバイキングもそれはそれはとっても美味でした。

 実は、ここを訪れた際、みちのくカップフットサル大会に来て頂いた新潟県のチーム代表のK氏と待ち合わせをし、施設を案内して頂きました。(実は昨晩、急に電話をし今日新潟に行くことを話すと、ぜひ一緒に食事でも・・・ということになり、この施設で会うことになったのです。1998年までアルビレックス新潟のプロ選手であったK氏は、どこに行っても声をかけられ、プロの練習場にも一般の方は立ち入り禁止でも、平気で・・・K氏の凄さをまさに体感させられた時間となりました。実は、8月16日~19日の3泊4日で、このアルビレッジを使ってジュニアユースの大会をK氏及び新潟県サッカー協会の方(その方にも今日この施設でお会いすることができ、ものすごい人脈を持つ方で名刺交換をし、思わず、今日ここに来て良かった~!と思ってしまいました。)そして、アルビレッジが共催し開催すると言うことで、我がVamos福島ジュニアユースも参加できることになりました。17日の夜には、ビッグスワン(アルビレックス新潟のホームスタジアム)でアルビレックスvs?のJリーグの試合も観戦させてくれるとのこと。韓国遠征は本当に実施できるかどうか・・・ですが、この大会には確実に参加できることになりましたので、ジュニアユースの関係者の方々、ぜひぜひお楽しみに!!!

 K氏、本日は本当にお世話になりました。仕事が忙しいにも関わらず、アルビレッジのあとには、娘の学校にまで一緒においで頂き、いろいろな話をお聞かせ頂き、本当に本当に頭の下がる思いでいっぱいになりました。これからもご指導ご鞭撻の程、どうぞよろしくお願い致します。新潟に行くときは、また連絡しますので、バイキング一緒に食べましょう!!!




 明日は早朝出発の千葉遠征。ブログを書いて遅刻!なんて忌まわしい出来事を繰り返さないように、寝酒など絶対にしないで寝ます!!!!!(実はあれ以来、遠征前はトラウマになっていて、寝るのが怖いのですが・・・大丈夫、絶対大丈夫、きっと大丈夫・・・(泣笑))